chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

arrow_drop_down
  • どうして理解できないのだろう

    自家用車の車検が来週に迫っている。毎回、車検のタイミングでスタットレスタイヤに履き替えをしている。少し早いが、一緒に頼むとサービスでやってくれるので、このタイミングにしているのだ。今日、タイヤを用意しておく予定だったが、雨なので延期した。確かに延期という話はしていないが、●車検は来週である●用意するといっても、裏庭から出して、車に積むだけ●今日は雨だから、言わなくても分かるだろう。さらにタイヤは重いので、私がやるほか無い。と思っていたので、延期は「私の予定」である。が、これが理解してもらえなかった。すでに真っ暗で、相変わらず雨なのに「これからタイヤを運ぶの?」と聞いてきた。「今日は運ばないよ」と言ったら、不機嫌に「買い物に行ってくる!」と吐き捨てて出て行った。タイヤを運ぶのを待っていた、という事なのだろう...どうして理解できないのだろう

  • 知らん顔

    探し物は無事に見つかった。が、散らかした部屋は、片づけに時間が掛かりそうだ。こどもは納得していない。それもそうだ、自分で散らかしたのではないし、探してくれと頼んだわけでも無い。妻が勝手に介入し、散らかしただけなのだ。そこで私が手を貸した。と言っても、片づけやすいように空き箱を用意しただけだ。箱に入れると、また見つからないものが出てくるリスクも増すが「整理整頓」を身に着ける為、箱に何が入っているかを書きながら片づける事にした。こどもは不本意ながら、従ってくれた。その間、妻は知らん顔をしている。自分が余計な事をした自覚は無い。それどころか、手を貸す私に不満があるという空気を出している。呆れたものだ。知らん顔

  • 探し物

    妻は探し物が苦手だ。おそらくだが、会話が成り立たないのと同じ、何かしらの特性なのだろうと思う。探し方は各々やり方がある。私は少しずつ、皮を剥がすように探す。置いてあった、片づけた記憶を頼りに、少しずつ進めていく。対して妻は、その場所を全てオープンにする。引き出しなら、中のものを全て出してから探す。100%引き出しに入っているなら正解だと思うが、その引き出しが不正解だった場合は、時間の無駄である。まぁ、ここは各々の考え方であり、否定すべきでは無いだろう。先ほど、こどもが探し物をしていた。小学生の探し物だから、下手である。ウロウロしているだけにしか見えないが、それも訓練である。なるべく手を貸さないようにしている。対して妻は、手を出すのではなく「自分のやり方を押し付ける」のである。積み重なった荷物を全て散らかし...探し物

  • 銀行口座

    仕事関係の口座が6つもあります。一つにまとめたいですけど、相手方の事情があるので無理なんですね。最近、デジタル化が進んだお陰でラクになりましたけど、それでも記帳は必要です。中には、デジタルが有料、しかもけっこう高い(その分、振込手数料は安い)ところがあって、そこは仕方なくアナログ管理になっています。やっぱり、ネット銀行は便利だと思いますよね。そちらに顧客が流れるのは自然な流れです。安い、金利が良い、使いやすい。デメリットは通信障害くらい?それでも、某大手銀行のシステム障害に比べればマシですよ。デジタル化が進むと人員が不要になります。大きな建物も要らないでしょう。ATMだけなら、コンビニがありますからね。と、考えながら、自分の仕事の将来を考えています。技術にデジタルは無い?とも言い切れません。こだわりを無く...銀行口座

  • 結局

    銀行には私が行った。ただ、毎回これでは困る。私に万が一があれば、妻が管理せねばならないのだ。毎度、この話をするが、まるで耳に入っていない。興味が無いのだろう。塾の冬期講習の話になり、やはりカネがかかるものだと思ったが、ここでも不可解な話になった。妻は「2倍になる」と言うのだ。2倍。それには、基準になる数値が必要だが、基準は示されていない。が「2倍」である。いったい、何に対して2倍なのだろう?話を詰めていくと、公立高校と私立高校の負担の比だと分かった。学費そのものは無償化になっているが、教材費、部活等の差を出すと、2倍という事なのだ。・・・・・だから?2倍だから出せるのか?出せないのか?出すべきなのか?ここがスッポリ抜けるのだ。そもそも、「2倍」と比較する事がオカシイ。重要なのは「何万円」という具体的な数字...結局

  • カネの管理

    皆さんのご家庭は、家計の管理はどうされていますか?私の考えだが「誰が管理」というのは誤りだと思っている。「任せている」と言えば聞こえは良いが、これは責任放棄である。「妻が家計簿をつけている」としても、お互いが把握すべきだと思っている。収入がいかほどであり、食費がどの程度、水道光熱費の増減。1円単位とは言わないが、おおよそでも把握していなければ、節約もできないし、豪遊した自覚も無い。「貯金している」としても、これが「収入、支出のバランスを考えた貯金」なのか、特に計画も無く「余ったカネ」なのかで、意味合いが大きく違う。さて、我が家の家計管理だが、かなり杜撰だと思っている。妻に何度も「家計簿をつけて」と頼み、義母からも説教されて、ようやく昨年からアプリで管理するようになった。が、これは「記録している」だけである...カネの管理

  • 予定の確認

    今日、こどもの三者面談がある。が、カレンダーは空白である。家族で共有すべき予定はカレンダーに書くルールにしている。これは、妻が私の予定を伝えない為に設けたルールだ。履行されるのは、よくて5割。相変わらず書かないが、妻にすれば「オマエ(私)と共有する予定では無い」という考えなのだろう。被害は私とこどもに来るが、妻には理解ができないのだ。昨晩、カレンダーが空白だから「明日、銀行に行ける?」と尋ねると「PTAの打ち合わせだと“思っていた”」という、なんとも不可解な回答があった。再度「明日の予定は?」と聞くも「来週になった」妻の会話には主語が無い。それと、テレパシーでも使っているのか?重要な話が抜けるのだ。改めて「銀行に行けるの?」と聞くと、黙って私を見ている。まただ、私が一番嫌いな顔。顔かたちの話では無い。この...予定の確認

  • まっ、余計なお節介ですよ(笑)

    社交辞令っていうのかな?思ってないけど「こう言ったほうが喜ぶだろう」って話、ありますよね。お互いが「思ってないけど」を何となく理解しているから、愛想笑いで終わる話です。が、今日は、やっちまいましたよ。自称デザイナーのおばさんに捕まりました。私の作ったホームページを見たらしく「上手につくってるじゃない!」と上から目線(笑)Webアドレスを見ればフリーだと分かりますからね、プロが作ったものでは無いと知った上での話でしょう。私「この道に詳しいのですか?」おばさん「昔ね。こういう仕事を手伝った事があるの」稀に、謙遜して話す人もいるから「手伝い」を鵜呑みにはできませんね。もしかすると、その道では有名な人かもしれないです。調子に乗ったおばさん。次々と改善点を指摘してくるのですが・・・・・・ホントにプロか?戯言にしか聞...まっ、余計なお節介ですよ(笑)

  • 犬は嫌いだ! それ以上に・・・・

    ウッカリ仕事用のブログに書きそうになってしまった(笑)今日の訪問先での話ですよ。こ汚い犬×2を飼っている家だったのですが、犬がチョロチョロ邪魔ばかりしやがる。飼い主に「危ないから隔離してくれ」と言っても通じねぇ!私、動物が大嫌い!苦手では無い!コ〇シたくなるほど嫌いです。と書くと「動物を虐待するのか」なんてコメントをする奴がいますがうっせぇ!いつ虐待した!?あっ!?言ってみろよ。俺は大嫌いだから、近づかないんだよ。コロ〇たくなるとは書いたけど、実行なんかしない。なぜなら、触るのも嫌なほど大嫌いだから。「なぜキライなの?」って言ってくる奴もいますがうっせぇ!なんで理由が必要なんだ!?あっ!?言ってみろよ。俺がキライな事で、誰かに迷惑を掛けたか?オレの人生だ、勝手にするだけだろ。それと、動物以上に大嫌いなのが...犬は嫌いだ!それ以上に・・・・

  • 慈善団体の闇(笑)

    コッチは愚痴ブログなので、遠慮なく書ける良さがありますね。商売で使っているブログでは、絶対に書けない内容になります。私、ある慈善団体とお付き合いがあるのですが、そこには、なんていうか「オレのほうが正しい」という主張争いがあるのです。同じ慈善事業でも、団体Aと団体Bでは考え方が違う、そういう意味です。で、慈善事業はテレビでも取り上げられる事がありまして、そこに「その界隈で有名なA」が、ゲストとして呼ばれる事があります。先に書いた通り「オレのほうが正しい」という主張争いがありますが、テレビでは「みんな、Aの考え方だ」という筋書きになります。私も、そうだと思っていました。が、Aとは違う団体Bと付き合うようになり、Aが、とんでもなく厄介な奴だと知りました。Bを介してC、Dと知り合ったのですが、みんな、異口同音にA...慈善団体の闇(笑)

  • 時代遅れを感じています ③

    SNSが情報発信基地だとして、今度は「興味を持つ方法」が分かりません。ブログなら分かるのか?と言われると難しいですけど、この愚痴しか書いていないブログでも、ある程度の閲覧数があります。でも、更新をサボると閲覧数は下がって、カネの話を書くと上がる(笑)「このブログを見る方の興味はカネなんだ」と理解できます。ステマっていう言葉がありました(まだあるのか?)けど、あれは、「有名人が使う」という事だけでは無くて、有名人が「使い方を説明して」というところを「ステルス的に」だと理解しています。例えば料理をするとして「新しく買ったオーブンレンジだと、ボタン1つで終わっちゃうんですよ~」って書いて、写真に某メーカーのレンジが映っている。商品名、メーカー名は言わなくても、今のネット社会なら、すぐに調べる事ができますよね。こ...時代遅れを感じています③

  • 時代遅れを感じています ②

    今、デジタル技術の急激な進化があって、「タイパ」という言葉まで生まれてきました。動画コンテンツは倍速視聴。映画は、あらすじと結末を調べて、面白そうだったら見る。「余計な時間は使わない」という時代です。ニュースも、テレビで視聴すると「興味が無いもの」もありますが、ネットであれば、それを排除できます。AIが自動判別して、絞り込んでくれます。どんどん「興味が無いもの」を知る術がなくなっていきます。「選択」という行為そのものが「タイパ」の悪いものという時代です。そこに生き残るためには「興味がある」というターゲットに、どれだけアピールできるのか?という事になります。それがSNSなのだと思いますが・・・・・ついていけない(涙)技術論ではありません。今、みんなが「何に興味を持っているのか?」を知らないのです。この「何に...時代遅れを感じています②

  • 時代遅れを感じています

    サラリーマン時代は、努力しなくても流行に気づく事ができました。事務所にいれば流行の音楽がかかっていて、若い社員が流行りの話題をしていました。映画、エンタメの話題も聞こえてきたし、SNSだって、自然に使えるようになっていたでしょう。私がサラリーマンの頃は、ブログが情報発信の中心、mixiは使ってましたね。まだスマホは珍しくて、ガラケーがメイン。当時、日本の技術力は世界と・・・・・と、書きたいのは、これでは無いです。歳をとった事もあり、時代の流れを掴めなくなってきたと痛感しています。一昨年まで、仕事、利益で悩む事はありませんでした。一過性の売り上げ減はあるものの、工夫で対応できました。が、何度も書いていますが、下請けの急減です。色々な要素が絡んでいるのだと思いますが、結果「減り続けている」のは事実。産業革命、...時代遅れを感じています

  • 10月度 売上報告

    10月度の売上報告をさせていただきます。■直近5年平均との対比:105(51%)■基準年度(2018年)対比:99(48%)■直請け65%(82%):下請け35%(18%)(カッコ内)は先月末時点での売上見込売上総額として、10月単体で考えたら、まぁ、こんなものかなぁと。ただ、仕事量としては80%程度で、ヒマなんですよ。ヒマだけど利益が出る、これは悪い事では無いのですが、必死に集客をしても80%しか届かなかったと考えるべきなのです。ですが、これは課題と考えつつも、ある程度、改善傾向にあるので、悲観はしていません。直請けと下請けの比率ですが、ここで補足ですけど、この割合は「売上」であって「利益」ではありません。原価率を出せば細かい計算ができますが、材料などが混ざっている部分もあるので正確に出すのが難しい(面...10月度売上報告

  • 直販の難しさ その⑥

    広報は、どちらかというとプロセスを説明するものになると思います。最初にゴール(家族でドライブ)があって、そのために「広い」とか「乗り降りしやすい」という、性能ではなく「必要性」があって、それを開発する「キッカケ」があるという話です。全く同じ車の話でも、全く違う説明になりますね。では、車の展示場に行って「キッカケ」の話は必要でしょうか?要らないですよね。すでに「家族でドライブという目的」が決まっていますから、「必要性」は、お客様が分かっているのです。それなら「性能」をアピールする、そういう事です。私の商品はどうだろう?すでに「目的」が決まっているかな?いや、そういう人もいるけど、ほとんどが、ボンヤリしかイメージしていないのです。そこでプロセス。キッカケがあって、必要性があってという広報のほうが重要で「伝わり...直販の難しさその⑥

  • 直販の難しさ その⑤

    私が扱う商品、私は「上質」がアピールポイントだと思っていました。今までは、これでうまくいっていたのです。が、これは「個」であり「集」にはならなかった。個人的に喜んでもらえても、誰かに教えてあげようと思わないです。Rさんの商品は、間違いなく上質です。でも、おそらく購入者は、Rさんから買いたいのです。全く同じ商品を雑貨屋に並べても、それほど売れないと思います。これは、Rさんの人柄、これは否定しませんけど、この商品(作品)に掛ける思いが、消費者に伝わっているからだと思います。Rさんの広報活動を見れば、それが分かります。と、ここで「広報」と書いてきましたが、これが、まさにという事です。「宣伝」ではないのです。似て非なる、とまで離れていないですが、少し毛色が違うという事です。宣伝は、結果に対する説明。車だったら「カ...直販の難しさその⑤

  • 直販の難しさ その④

    そこから、広報活動を見直しました。今までは「上質」を前面に出す広報をしていたのですが、それとは「別に」広報を開始したのです。この「別に」が重要。同じ広報ではなく、別媒体を使ったのです。「別に」は、Rさんに手ほどきをしてもらいました。単純に言えば、Rさんの真似をしたのです。すると、ポツポツと反応が出てきました。形にならないまでも、反応があるというのは、前向きな気持ちになります。そして先月。ついに大きな魚が釣れました。時間の経過が成果となった可能性もありますけど、とにかく釣れたのです。そして、その方にチラシをお渡しし、すでに4件のお問い合わせ、1件が成約になっています。(契約率的に、この程度の商品です)まだ1か月足らずでの実績ですが、かなり好感触です。ただ、この類の話は、最初は大きいのですが、徐々に目減りする...直販の難しさその④

  • 直販の難しさ その③

    動きがあったのは、ターゲットではない人(Rさん)がキッカケ。Rさんが作る工芸品。個人的に欲しかったのですね。趣味に近い工芸品、手芸品を扱うサイトで知った方です。買うにあたり、メールでやり取り。モノづくりをするという共通点もあり、Rさんと仲良くなりました。(お会いしてませんけど)話の流れから、Rさんがチラシを置いてくれる事になりました。と言っても、ターゲットとは違うので、あまり期待はできないのですが。(結果、今のところ反応はゼロです)ですが、ここにヒントがありました。Rさんには、仕事が来た場合に見返り(手数料)をお渡しする話をしたのですが、それは要らないと。見返りよりも「自分の作品を気に入ってくれた人に利益が出れば、私も嬉しい」と言ってくれました。なんて、できた人なんでしょう。と、ここを掘り下げて考えてみま...直販の難しさその③

  • 直販の難しさ その②

    今をさかのぼる事★★年前、開業初期、チラシを作ってポスティングするという手法で直販を獲得できていました。だから、チラシを作る事にノウハウはある(つもり)ただ、今の商品はポスティングには合わない(ターゲットが狭い)ので、ターゲットが集まる場所にチラシを置いてもらおうと活動してみました。結果、ゼロですよ。全部断られました。悲しい現実。10件はやってみようと思ってましたが、6件で心が折れました。というより、10件連絡した内、責任者(決定権者)に取り次いでもらえたのは6件だけで、それ以外は取り次いですらくれず、あまりしつこく連絡するのも控えようと思い、2回だけ連絡を入れるも、反応が無かったのです。そして6件もNO。チラシを見てもらう事すらできませんでした。せっかく良いチラシを作っても、見てもらえないなら意味がない...直販の難しさその②

  • 直販の難しさ

    まだ難しさを語るほど経験を積んでいないですが、今のところ、と書き残しておきます。備忘録という形ですね。と、余計な話ですけど、最近は「忘備録」という言葉も散見します。これ、誤りなんですけどね。そのうち、どっちも正しいになるのでしょうね。日本語の難しさと曖昧さ、だから国際競争に負けるのですよ。と、道がそれましたが、話を戻します。直販の難しいところは「広告宣伝」です。下請けでは不要とは言いませんが、ある程度実績を積めば、宣伝は減らしていけます。宣伝も、集客ではなく販促にシフトしていけます。直販は、常に集客が必要です。リピートが見込めないニッチな市場なので、必死に獲得したお客様の工事が終わると、ここでゼロになります。これの繰り返し。ある意味、新築住宅に近いですね。ただ、スタート時期から取り組んでいた事、ここは具体...直販の難しさ

  • 計算すると、恐怖です

    今月の売り上げも厳しいです。と言っても、目標額に届かなそうという意味で、食べていける利益はあります。まぁ、巷では物価上昇が叫ばれているので、不景気という要素もあるのでしょうね。ただ、ここからが恐怖という話。何度も書いていますが、最近は個人客への直販を強化しています。これは、言葉を変えれば下請けが限界であるという事。で、今月も、下請けだけだったとしたら・・・・食べていけないなんてレベルではありません。住宅ローン、水道光熱費、学費、、、、くらいで終わりです。さすがに廃業ですよ。本当は、下請けで最低限の生活を支えて、直販で儲け(贅沢)と考えていたのですが、想像以上に下請けは厳しい。でも、相手方の売り上げはそこそこで、9月に至っては過去最高だったらしいです。時代の変化。この言葉しか出てきません。直販があってこその...計算すると、恐怖です

  • 難しい判断

    今の仕事、中心軸は昨年の同時期とは全く異なっています。技術的な部分は同じですけど、アプローチが違うという意味です。「手打ち蕎麦」という店でしたが「ゆっくり寛げる店で、蕎麦が食べられる」というアプローチに変えた、こんなイメージです。蕎麦だけをアピールしていた時は、周辺道路に交通量が多かった時代。看板さえ出しておけば、ある程度の客数は見込めて、それなりの味を提供していればリピーターがあったという事です。今は、大きなバイパス開通に伴い、交通量が激減してしまった。それでも「リピーター」がいたので細々と経営はできていたけど、利益は少なくタイトロープのような経営になってしまった。そこで「交通量が少ない」を逆手に取り「静かな環境」として「ゆっくり寛げる」とアピール。料理もコース中心に変えて、客席も間引き、個室を増やした...難しい判断

  • 助けるというエゴ

    前に〇〇ファースト(続き、続き②)という記事を書きましたけど、今回は野良猫の餌やり問題。私の作業場周辺は高齢者が多くて、一人が寂しいからなのか、野良猫に餌をやっている人が多いです。去勢、避妊なんてしませんから、どんどん増えます。家に入れませんので、外で暮らすネコが病気になっても知らん顔です。ずいぶん前の話ですが、ある保護団体の方が老人を訪ねてきたのですが「ワタシが助けてあげている」と、まるで話が通じなかったそうです。殺処分に反対するなど、これも理解に苦しむ屁理屈を並べていたらしい。それも、老人単体ではなく、複数の老人が絡んでいるから厄介なんです。これ、人伝の話なので誤解もあると前置きしますが、ネコは「室内で飼わないといけない」という法律は無いので、餌をあげる=その人が飼っている「モノ(法的に)」とみなされ...助けるというエゴ

  • 悩むところ

    コロナ渦の終わりが見えてきたようで、いろいろなイベントが再開されるようになりました。そこに商売のチャンスを賭ける方も多いようで、私も、多少ながら期待している部分があります。来月、中規模なイベントがあり、参加しないか?と誘いをうけました。建築やリフォームのイベントとは関係ない、フリーマーケット主体のイベントですけど、過去は『リフォーム相談会』というテントが出ていたのは知っています。(閑古鳥でしたけど)可能性はゼロでは無い、程度のイベントだと思います。数年前の私なら、迷うことなく断ったと思います。確かに、イベントとしての直接的な売上は期待できないと思います。ただ、参加する事で実績ができて、違うイベントへの参加も可能になるかもしれません。そういう「人脈づくり」という点では、参加すべきなのかなぁと考えています。回...悩むところ

  • 大きな動き

    下請けから、直請けに移行している途中。色々な課題が出てきましたが、明るい兆しのほうが多い(と思うようにしています)そんな中、大きな動きと決断をしました。それは「販売エリアの切り替え」です。切り替え?馴染みのない言葉かもしれませんが、要するに、従来のエリアを「切り」新しいエリアに「替え」るという事。拡大では無いという事です。「客が多いエリア」を中心にしただけなんですね。ただ、このエリアは自宅からは遠くて、今まではエリアにしていなかったのです。ここを攻めなくても、充分な仕事があったという事です。なんか、漁業に似ているかな?潮の流れが変わったから、今までの場所では収穫が無い。だから、少し遠いけど「未開の漁場」に攻めるという事です。そして、今までの漁場は切り捨て。たまに状況を見に行くだけです。課題も多いですよ。何...大きな動き

  • 止める勇気

    事業を開始して15年以上。多少の浮き沈みはありましたが、順調と言える経営を続けてきました。が、コロナ渦もあったのか、時代の流れなのか、明確な理由は分からないとしても、1年以上の苦戦が続きました。ここで、一番気を付けたいのが「15年やってきた」という部分なのです。もし、一時的な苦戦だったとしたら、15年の信用、信頼が揺らぐことは無いので、下手に動くことのほうがハイリスクです。が、出口の無い苦戦だったら、15年など過去の話と割り切らねばなりません。この判断、恐怖ですよ。中途半端に過ごせば、機会を失う事もあります。先手必勝。これだけは不変なのです。「動かない」という決断も、早いほうが良いです。判断、決断は、過去との決別です。今までのやり方を変える事。これで、過去のお付き合いが切れるリスクがありますけど、仕方ない...止める勇気

  • 価値を合わせる 2

    「正しい」に共感してもらえると、同じ価値観だと知りますね。「外食なんて、誕生日くらいだ」と思っている友達だったら、弁当持参のピクニックは楽しいです。でも、弁当を作るのが面倒、持ち歩くのが大変と思っていれば、現地で「高いかもしれないけど」外食のほうがラクです。コストなのか、それとも「労力」なのか。これが価値ですね。ここで、労力という部分に集中した戦略を立ててみました。「私が労力を肩代わりするから、アナタ(お客様)はお金を出してね」という事です。そこに「何のための費用」という、弱みを攻めます。一昔前なら「お葬式を値切るなんて不謹慎」でしたので、言い値で払っていましたね。でも、今は事前見積が当たり前。「コストを抑えても、気持ちが大事」という価値に変わったからです。が「お葬式をあげない」という価値は、まだ少ないで...価値を合わせる2

  • 価値を合わせる 1

    名前を隠しているブログだから書ける話。絶対にお客様に読ませられない内容です(笑)営業のコツとして「共通の価値を探す」という話があります。例えば甲子園(高校野球)でも、自分の地元を応援しますよね。そのチームに縁もゆかりも無いのに(笑)地元が敗退すれば地方(関東とか、東北とか)こうやって「どっちを選ぶ」とした場合、自分に少しでも関係があるほうを選びます。これが「信頼関係の構築」に役立ちますので、優秀な営業マンは、この関係を「自ら」探すのですね。例えば、釣竿をみつけたら「釣り、お好きなんですか?」と。自分も釣りをやっていれば、あるある話で盛り上がります。たくさん会話すると、仲良くなります。これが、契約の近道だと、営業マンは知っています。(無意識にできる方もいるそうです。生粋のホスト気質なんでしょうかね)こうやっ...価値を合わせる1

  • 少しずつ成果が出ていると信じたい

    直請けの難しいところは、需要が掴めない事です。これは、既存の市場ではなく、潜在の市場を発掘している為です。また、リピートが望みにくい、売り切りの商品である難しさもあると感じています。一番難しいのは、広告宣伝です。需要の少ない商品を扱っているので、ターゲットを絞る事が難しいのです。ターゲットを間違った広告宣伝をすると、ただ疲れるだけになってしまいます。試行錯誤。この言葉がピッタリです。ただ、一番分かってきたのは「自ら動かないと、何も始まらない」という事です。これ、性格の部分も大きいと思います。誰にでも遠慮なくグイグイ行けるタイプの人、人の輪に入るのが上手な人。私、真逆なんですね。できれば人に会いたくないし、お付き合いも嫌(笑)受け身では仕事なんか来ないのです。分かってますけど、苦手なので・・・・が、苦手なり...少しずつ成果が出ていると信じたい

  • 9月度 売上報告

    9月度の売上報告をさせていただきます。■直近5年平均との対比:53%(44%)■基準年度(2018年)対比:67%(57%)■直請け5%(0%):下請け95%(100%)(カッコ内)は先月末時点での売上見込色々問題しか見えない数字です。まず(カッコ内)から増えていない。通常、先月末の見込み(カッコ内)から今月で2倍が目安ですが、微増でした。「時代が変わった」これは受け入れねばならない事実のようです。競争に負けたのではなく、需要、供給が変わってしまった。だから、下請けでは維持できないという事。そこに、直請け。たった5%ですが、ゼロで終わらずによかったと思いたいです。あまりネガティブな事ばかり書いていると、そっちに引っ張られてしまうので、思考だけはポジティブに考えたいです。現段階の10月度達成状況(売上見込み...9月度売上報告

  • 価格と契約率

    難しい。契約率が右肩下がり(そもそも低いのかもしれません)価格を下げれば契約率が上がるのか?これが、とても難しい問題ですよね。そして値下げには「元値との比較」が重要で、高価なものが安くなっているのか、それとも、最初からこの価格だったのか、これでお客様に与える印象も変わってきます。ここも難しいです。相場もありますね。仮に「10%引けば契約者が増える」としたら?これも、とても難しいのです。商品の利益が30%だとしたら、30%の10%、要するに3%の値引きなら容認できます。が、「売価の10%」としたら、利益が20%になるという意味です。利益を2/3(67%)にして、契約率が1.5倍になったとして0.67×150%=100.5何も変わってない。仕事量が増えただけ。そもそも、10%引いたら1.5倍という計算そのもの...価格と契約率

  • 〇〇ファースト 続き ②

    野良猫の平均寿命は3年前後だそうです。対して、家で飼育されている猫は15年を超え、20年以上でも珍しくないそうです。これだけ比較すると「家のほうが良い」となりますが、「なんで猫だけ?」という疑問も出てきます。カラスは?ドブネズミは?まぁ、この議論は別になります。里親の条件が厳しいのが「猫のため」という誤解があるように思うのです。「猫が安心して暮らす」が目的であれば、条件を緩めて「幅広い人に里親になってもらう」というのも手だと思いません?100点満点の親を探すほうが良いのはわかってますけど、その数と、猫の数のバランスです。里親が少なく、猫の行き場がないのであれば、条件を緩めてでも猫の行き場を確保すべきという考えもあると思います。結果、飼育放棄、虐待という問題も出るのだと思いますが、現段階で、この問題を防げて...〇〇ファースト続き②

  • 〇〇ファーストの続き

    前に書いた記事ですけど、私が無知だったのですね。その後、いろいろな方面から、「里親の条件として妥当だ」というお話をいただきました。そうなんですね、申し訳ありませんでした。で、私なりに調べたんですけど、緩いと書くと誤解がありそうですが、キレ社長ほど厳しくないところが多かったですが、少数ながら、キレ社長以上もありました。さらに調べたら「里親詐欺対策」なんてものまであるのですね。詐欺っていうので、てっきり転売でもするのかと思ったら、虐待目的。これを考えると、厳しくなるのは頷けます。ただ、引っかかった部分の「〇〇ファースト」は、やっぱり解せません。ネコを第一に、だから「子供がいたらダメ」いや、子供がいると「〇〇だから大変だよ」「共存は難しいよ」なら理解できますよ。でも「子供ファーストになるから」というのは理解でき...〇〇ファーストの続き

  • 8月度 売上報告

    8月度の売上報告をさせていただきます。■直近5年平均との対比:71%(47%)■基準年度(2018年)対比:83%(51%)■直請け0%(0%):下請け100%(100%)(カッコ内)は先月末時点での売上見込恐れていた結果です。直請けがゼロ。それが、この売上という形です。下請けだけでは経営が成り立たないという現実を、改めて考えさせられました。直請けがゼロも、8/10以降、問い合わせもゼロ。宣伝方法に問題があるのか、偶然なのか、これも判断が難しいです。ちなみに、5月から7月までの平均問い合わせ件数は7件。そもそも少ないのです。契約率は40%に満たないです。母数が少ないので、偶然ゼロ(初旬は2件)でもおかしくないし、でも、「減少してゼロ」という可能性も否定できないし。悩んで、悩んで、そして悩んで・・・・そして...8月度売上報告

  • 〇〇ファースト

    最近「〇〇ファースト」という言葉を耳にする機会が増えました。トランプさんのアメリカファーストが起源でしょうか?都民ファースト、選手ファースト・・・・4番ファースト清原(おっとっと)本日の話なんですけど、提携を持ち掛けてきた業者(以降、キレ社長)と打ち合わせをしたのですよ。結論から書けば破談です。こんなヤツがいるんだと驚きました。キレ社長は不動産屋ですが、同時に保護ネコ活動をしています。で、保護ネコ活動の話で疑問があったので、提携を断りました。仕事とは関係無い部分でしたけど、どうしても理解できなかったのですよ。と言うのが、里親の条件が「猫ファーストである事」だったのですね。まぁ、言葉的には理解できますけど、詳しく聞くと、キレ社長のエゴなんですよ。驚いたのが「こども禁止」こどもがいると「どうしても、こどもファ...〇〇ファースト

  • 価格設定 ②

    希望小売価格より大きく下げて「お買い得」をアピールする事。虚偽とは言いませんが「分かりにくい部分」を隠して「同じスペックでもこんなに安い」と売る事。正しい、間違っているという「正義論」ではなく、商売として「どっち、または両方」を採用したほうが消費者にウケるのかなぁという意味で、悩んでいます。自分が消費者の立場だと「お買い得」は、やっぱり選択肢の中で重要になっています。ホテル予約でも「通常4万のコースが、ヒマな時期だから2万」と「通常3万が、ヒマな時期だから1.8万」だと「2000円の差額で、1万円のランクアップ」と考えて、2万(4万のコース)を選んでしまいます。1万のコース差がどれほどなのか、あんまり調べません。売り手の掌で踊ってますね。後者の「同じスペックで」に関しては、ちょっと調べると「同じスペックで...価格設定②

  • 考える

    夏期休業中、日帰り旅行に行きました。密を避ける為、ほぼ個室になるBBQ会場を抑えました。コロナ渦になってから、何度も訪問している施設です。食材の持ち込みはNG(飲み物はコースによる)で、事前にコースを選び、不足分は追加可能という仕組み。焼肉屋で食べるより割高ですけど、旅行ができない時代ですので、思い出作りとして受け入れています。ここでは、飲み物のコースを「飲む分だけ買う」か「持ち込み」「呑み放題」から選びます。持ち込みプランは、1人当たり1000円(こども半額)、呑み放題は1人2500円(同)です。ここから、算数が始まりますが、細かい計算(条件)を省いて考えます。現地でビールを買うと500円。(缶ビールをコップに移すだけですので、市販なら200円前後)生ビールは1000円。この前提で考えます。私のように、...考える

  • 打ち切った

    慈善団体への寄付、打ち切りました。敢えて「紹介手数料」という形での継続を打診したところ、それでは都合が悪いという話になりました。何が違うか?それは、手数料であれば「請求書」が必要になるという事です。対して、寄付は領収書すら無く「報告書」で終わり。極端な説明をすると、私が10万、Aさんが10万寄付したとして「今月は1件10万」と報告してもバレないのです。私とAさんに接点さえなければ。で、Aさんと接点ができてしまったのですよ。接点ができたのは偶然としか言いようが無いのですが、何か運命的なものを感じます。Aさんも同じような疑問を持っていて、ある月の寄付金を照らし合わせたら、私とAさんの合計金額より、報告金額が下回っていたのです。仮に翌月に回していたと仮定しても合わないのです。ただ、団体の収入は寄付以外にもあるの...打ち切った

  • 記録

    片付けが終わり、帰路につく。近くに日帰り温泉があるが、コロナもあるので「混んでいなければ」入ろうという話をした。駐車場を見ると、そこそこ混んでいるように見えたが、施設で直接聞いたほうが良いと判断した。施設に聞くと、それほど混んでいないという事だった。食事も楽しめる施設なので、食事客が多いようだ。(結果、混んでいたのだが、これは仕方ない)私と子供は男湯。妻は女湯だ。別れ際「休憩所は混んでいるから、風呂が済んだら、外で待っている」と伝えた。細かい場所は伝えなかったが、今はスマホと言う通信機器があるのだから、余計な心配は無用だ。風呂が済んだが、その時には休憩所が空いていた。そこで、子供達とアイスを食べる事にした。妻には「休憩所にいる」とLINEを送った。ただ、スマホを見ない事が多い妻の事もあって、子供達がアイス...記録

  • 記録

    肉を焼き、楽しく食べた。氷の事など些末な事。ここは空気を悪くしないよう、黙っておこう。食べ終わって、少し寛ぐ事にした。まず片付ける。「飲み物だけ残して」おき、それ以外を撤去する事にした。撤去中も、猛暑である。飲み物を飲みながら作業してるのだが、気が付くと、私のコップが無い。妻が洗って片付けていた。私は「まだ飲んでいるから、片付けないでくれ」と言うと、妻は「私は缶のままだから」いや、オマエの事はどうでもいい。私は、コップに移して、氷を入れて飲んでいるのだ。目の前で見ているだろう。氷でひと悶着あったばかりではないか。ようやく片付けが終わり、クーラーボックスを探すと・・・・・無い。妻「車に入れたよ」私「氷が入っていたでしょ?」妻「私は缶のままだから」私に間違いがあれば教えてほしい(2回目)記録

  • 記録

    私は、缶チューハイをコップに移し、大量の氷を入れて呑むタイプだ。「何の話だ?」と思うかもしれないが、この前提を頭に入れて置いてほしい。家族でBBQに行ったのだが、道中で、飲み物を調達する事になった。氷を探したのだが、その店には「砕くタイプの氷」か、「2㎏」という大容量しか売っていなかった。2㎏でも良かったが、クーラーボックスに入らないと思い「コンビニで買おう」と、その店では買わなかった。少し移動したら100円ショップがあった。トイレ休憩も兼ねて、店に寄った。そこで「氷があったら買おう」という話をした。氷はあった。私が買っても良かったが、妻が「〇〇を買うから」というので「氷も買っておいて」と伝え、私と子供たちは、店の外で待機した。妻が戻り「氷は買っているもの」と思い込んで出発。氷は買ったと「思い込んでいた」...記録

  • 新商品 ③

    試食で満腹にする。そして「次」では、もっと良いものを買ってもらう。これが理想です。でも、90%は「次」は無いです。何しろ、満腹なんです。が、満腹に付帯する「満足」は、私の商売に還元してもらうつもりです。(ここは掘り下げません。この商品の肝になる部分です)本当は、これを「多くの業者で同時に」発信したいのですけど、ここが古い慣習が強く残る業界なので「新しい挑戦」を毛嫌いする人も多いのですね(と、問屋が言っていました)だから、私の力が及ぶ範囲だけで挑戦します。その分、時間は掛かりますけど、利益も大きいかもしれません。こういう想像、作戦を練っている力がある内は、まだまだ健康なのだと思います。今日から夏期休業ですが、どこに行く予定も無いので、考える時間はたくさんあります。つまらない夏休み、こども達にも我慢を強いてい...新商品③

  • 新商品 ②

    熟練の職人が聞いたら腹が立つかもしれませんが、新商品は、技術の安売りです。細かく書けないですけど、プライドがある人なら嫌がるかもしれません。寺社を手掛ける宮大工さんに、ゴミを入れる物置を作ってもらう。ここまででは無いですけど、まぁ、イメージとして近いかと思います。なぜ技術を安売りするのか?これ、誤解が無いように補足しますけど「利益が少ない」という安売りではありません。利益は出ますが「オレの技術が、こんな事に使われるのか!」と、面白くないという意味です。私は面白いと思いますけどね。話を戻しますと、技術をカネに変えるには、体験してもらうしかありません。体験は「見る、触る、聞く、嗅ぐ」ですが、この中で「見る」を考えた場合、ある程度は写真で対応できます。が、勝手に「ウチには合わない」と決めつけてしまう事だってあり...新商品②

  • 新商品

    顧客のニーズが変わっている。これは、自分が客の立場で考えれば、容易に察する事ができます。簡単に、瞬時に情報が手に入る時代です。わざわざ店(実店舗)に行かなくても、スマホをポチッとするだけで買い物もできます。重いものを運ばず、玄関まで届けてもらえます。コロナ渦もあって、この生活に拍車がかかったと思います。だから、自身の商売も同じように考えねばなりません。おそらくですけど、今、苦戦している工務店、リフォーム屋さんとかも、このデジタルな部分に苦戦しているのだと思います。アナログも重要ですけど、アナログだけでは通用しないのかなぁと感じています。だから、ホームセンターの下請けなどで糊口をしのぐ形になりますけど、「手数料の分」利益は目減りするのです。と、元請けとの話はここまでとして、当店の新商品の話になりますが、ここ...新商品

  • 方向性 ⑥

    今、ニーズに応えるべく「新商品」を開発しています。うまくいけば、仕事の半分をこれで賄えるかと考えています。かなりの方針転換ですが、時代に合わせると、こっちの生き方がラクなのかなぁと思います。ハッキリ言って、職人の技術ではなく「ニーズに合わせたアイデア」で勝負です。「今のところ」ネットで探しても見当たらない、わりと「大きな隙間」です。まぁ、簡単に模倣されてしまうので、長く続けるのは難しいかもしれませんが。このような「今のところ」を、何度も繰り返す事になりそうです。今はラーメンだけど、だんだんとラーメンと餃子になって、気が付いたら餃子がメインになって、セットのラーメンがチャーハンになって、気が付いたらチャーハンがメインで・・・・この変化を受け入れないと対応していけないのだと思います。だから、提携先には「変化」...方向性⑥

  • 方向性 ⑤

    売上に苦労している業者も多く「具体的な話」を持ちかけると、二つ返事でOKとなった話もありました。思ったよりも順調に話が進んだのです。そうするうちに、改めて問屋との関係を考えるようになりました。業者との提携は、問屋経由でも可能です。なので、まずは問屋に声を掛けたのですが、まったく前に進まなかったのです。「業者が」あまり乗り気じゃない、柔軟な対応は難しい、と言ってました。が、「問屋が」乗り気じゃないし、柔軟な対応が難しいという事かもしれません。そうなると「ピーマン抜き」は、もしかすると問屋経由で無ければ容易なのかもしれません。問屋が話をこじらせている可能性もあるのです。これは証拠が無いし、問屋経由で取引している業者に直接聞く事はできませんので、真相は不明です。いずれにせよ、問屋を経由して製品を作り続ける事に、...方向性⑤

  • 方向性 ④

    製造の外部委託。これは効率、品質を考えた上で「今までは」変えるつもりはありませんでした。が、時代の変化もあります。変えねばならないのかと、ここは結論が出ずに悩んでいるところです。今から設備投資して自社製造にする事は、費用面、技術面でも難しいのです。私が作る?そもそも技術的に難があります。それ以上に、私が「営業として」活動できなくなれば、本末転倒なのです。そこで着手したのが、提携先の見直しです。今までは、問屋を経由して「完成品」を仕入れていました。だから、弁当で言えば「大盛」程度のアレンジは可能でも「ピーマン抜き」という類のアレンジは、やってくれる時と、ダメな時があったのですね。それを「料理前の材料だけ」仕入れるという事を目指しました。ただ、「米」とか「野菜」ではなく「炊いたご飯」「下ごしらえした野菜」の仕...方向性④

  • 方向性 ③

    直請けにシフトしていく中で、当店と問屋の関わりを見直す必要を感じました。本題はここからです。久々にエンドユーザーと関わるようになり、市場の変化を感じました。と言うか、顧客層が多様化していると気づいたのです。ネット通販などもあり、選択肢が増えたことが要因かもしれません。そこで「既製品」と「オーダー品」の違いを感じました。既製品は、余計な手間を考えず「見た目と数字」で選び、すぐに手に入ります。オーダー品は、細かい打ち合わせを行ってから作るので、納期も長くなりますが「こだわり」を反映できます。今まで当店が扱っていた製品は、オーダー品にも関わらず「こだわり」を反映できないのです。ほぼ既製品に近いのです。そうなると、既製品では無いのに納期は掛かる、ずいぶん待ったのに、それほどこだわりが無い、中途半端な製品になります...方向性③

  • 方向性 ②

    下請けは、元請けの運営に左右されます。サラリーマン時代の話ですが、私が入社した時、建材の仕入れ先はR産業一択、ほぼ独占状態でした。R産業内に、私がいた会社専属の課ができたほどです。数年後、どういう経緯があったか忘れましたが、T建材と取引が始まると、一気にT建材が独占状態になりました。R産業は大きな会社でしたが、それでも痛手が大きかったようで、事業縮小を余儀なくされたようです。さらに、その後、会社の方向性が大きく変わって、仕入れそのものが大きく減りました。言うなれば、ラーメン屋から、地産地消のレストランに変わったようなイメージです。これで考えるのは「他社との競争」だけでなく「運営方針」にも左右されるという事。元請けだって生存競争がありますから、当たり前なんです。だから、直請けにシフトしていく。この方向性は「...方向性②

  • 方向性

    自分の頭を整理する事、あとで読み返す為に書き残しておきます。今、目指しているのは、請負の80%を直請け(エンドユーザーから直接請け負う)にする事です。これは「下請けを20%にする」という意味ではありません。パーセントで書くと分かりにくいのですが、おカネで書くと見えてきます。今、下請けとして50万、直請けとして50万とします。これで「50%対50%」ですね。で、目指すところは、下請けで40万、直請けで160万という事です。要するに「下請けはちょっと減る。直請けを大きく伸ばす」です。下請けは「減らす」ではなく「減っていく」だと考えています。付き合いの長いA工業は、以前は月に2~3件。ゼロは滅多に無かったのですが、昨年から1件ないしゼロになり、今年に入って、3月を最後に仕事がありません。これは、同業他社に仕事を...方向性

  • 親友だと思っていたけど

    もう30年以上の付き合いになる友人から、呑みに誘われました。これほどコロナが蔓延しているのに・・・・・呑みに行く事は否定しませんけど、私は行かない。怖いのは、感染の苦しさでは無く、感染判明後の行動制限です。こども達が、何もできなくなってしまうのは避けたい。だから、私は「できるだけ感染確率が低い行動をとる」という考えなんですね。親友も、同じような考えだと思っていたけど、違いました。だからといって、ここまでの縁が切れる事は無いですけど、ちょっとモヤモヤしています。親友だと思っていたけど

  • 悩んでいます

    ある慈善事業団体(以降、団体)に寄付をしています。「寄付」と書くと聞こえが良いですが、要するに、仕事を斡旋してもらっている紹介料みたいなものです。慈善事業なので、寄付という形式なのですね。最近、寄付について悩んでいます。いや、紹介料だと思えばいいだけ、大きな負担ではありませんので、金額の大小での悩みではありません。悩みは「寄付が当たり前だと思っている姿勢」なんです。元々、紹介料の話は無かったのですが、活動内容をみて「少しでも手助けになれば」と、私から申し出ました。ハッキリ言えば「紹介料を払うから、たくさん仕事を斡旋して」という下心もあったのです。だから、寄付したお金を何に、どう使うかは考えないようにしていました。先日、支援している方に、初めてお会いしました。その方は、物資の支援をしているのですが、最近の値...悩んでいます

  • 記録

    子供が大きくなり、教育費にカネが掛かるようになってきた。年間、百万以上のカネが掛かる(らしい)このカネは、どこから捻出するのだろう?という「疑問」を、妻は持っていないようだ。熟の夏期講習に10万単位のカネが掛かると知ったのは、先月の話。行く事は、妻と子供の中では決定事項になっていて、カネの事は後回しだったようだ。正確な金額は、まだ知らされていない。(夏期講習は来週である)10万単位のカネを「イキナリ」用意できる家庭がどのくらいあるだろう。殆どの家庭が「夏期講習がある」「試験、受験に備える」という考えの元、少しずつ積み立てて確保しているのではないだろうか。収入の多い、少ないでは無い。「備えておく」という計画があるかどうか、である。ここで、私がカネの話をしたところで「だったら、私(妻)の貯金で払えば良い」と逆...記録

  • 記録

    旅行に行く計画は、私の休日と、子供の予定に問題が無い「夏休み期間」で考えた。盆休みを除けば、問題が無いのは2日しか無かった。だから、私は「僅か2日だけ」の時間を貴重だと思い、慎重に計画を立てた。子供にも「貴重な」を理解してもらえば、旅行を断る事は無かったと思う。現に、すでに1日は終わってしまったが、そこは反対もせず、素直についてきた。だから、今回も「誘い方を間違わなければ」断る事は無かったと思う。まぁ、結果論だから、ここは仕方ないと割り切ろう。で、断られた日以外の別日に空きは無いのかと、改めてカレンダーをチェックした。「書き忘れていた」を防ぐ為、妻と一緒にチェックした。(結果、無かったのだが)「夏休み期間」だから、当然、始業式の前日までになる。説明不要な話である。が、妻が「空いている」と指差した日付は、新...記録

  • 記録

    家族で出かける予定を「仮に」立てた。仮に、としたのは、ここ数日の豪雨があり、行けないリスクもある為だ。当日好天でも、前日が悪ければダメかもしれない。だから「仮」なのだ。「行き先は当日判断」と伝えたハズだ。が、妻は子供に行き先を告げた。なぜだろう?さらに、親離れが顕著な(反抗期とも言う)子供に「何所そこに行くか?」と聞けば、「行かない」と答える率が高いのは、分かり切っている。だから「〇日、出掛けるぞ」と伝え、予定を確保してから行き先を言うべきだ。これは「連れて行く戦略」ではなく、子供が「何となく反抗してしまう年齢」という行動を理解し「本当は行きたかったのに」と思わせない為の「配慮」だ。いや、反抗されるのは悪くない。意地を張った結果、自分に不利益になる経験も大切だ。が、コロナ渦もあり、いつでも行ける時代ではな...記録

  • 7月度 売上報告

    7月度の売上報告をさせていただきます。■直近5年平均との対比:115%(61%)■基準年度(2018年)対比:138%(73%)■直請け(49%):下請け(51%)(カッコ内)は先月末時点での売上見込結果には満足しています。やはり直請けは大きい。売上の約半分が直請けです。何度も書きますが、昨年まではゼロだった部分です。行動をせず、ゼロのままだとしたら、売上も半分だった。そう考えると、とても恐ろしいです。しかし、ポジティブに考えれば「行動が結果になっている」という事。正しい方向性だと言えます。まだまだ課題はありますが、続けていければと思っています。それから、件数(請負量)の比率を考えると■直請け(22%):下請け(78%)となり、直請けの利益が大きいと分かります。ここで欲張りたくなりますけど、ぐっと我慢。た...7月度売上報告

  • 脳が錆びているのか(笑)

    狭い世界の住人で書いたヤツ(面倒だから、ヤツにします)私とそれほど歳の差は無いと思いますが、やはり狭い世界でしか生きていないので、情報が乏しく、そして狭い。コロナの話で「リスクがあるのは飲食」だと。いや、否定しませんよ。でも、それだけの理由で、こんなに増えないでしょ。逆を言えば「そこだけ気を付けていても」完全には防げないんです。ヤツは、また会議をしたいのです。が、コロナの感染拡大があって、会議は延期になったのが気に入らない。「会議で感染は広がらない」と。では、なぜ会社でクラスターが起きる?みんなで一緒に食事した?ヤツに「私の友人は、コンビニと自宅の往復しかしていないのに感染したけど」と言ったら「どこかでマスクを取ったからだ」と。だから、否定はしませんよ。でも、マスクと取った「だけ」で感染しますか?相手(ウ...脳が錆びているのか(笑)

  • もう一息

    昨日は、熱中症とみられる症状が出ました。睡眠不足もあって、それほど暑く無かったのに・・・・急激なだるさと震え(痙攣)で、ペットボトルのフタすら開けられない状態になり、ちょっと怖くなりました。少し休んだら落ち着きましたけどね。イライラしながら作業している事もあるのでしょうね。実は、作業場の前の道路を工事しているのですが、なにかとウルサイのです。騒音という事だけでは無く、いきなり訪問してきて、ダラダラ喋る(役所です)急に「通行止めになる」と言われて、離れた場所に車を停めるハメになる。車に荷物を積むだけでも一苦労。こういうイライラも体にダメージを与えてくるのでしょうね。もう一息で休みになります。気を引き締めて頑張ります。もう一息

  • ルール

    プロ野球でコロナ陽性者が続出、チーム編成もままならない状態になっています。が、聞けば無症状が多いそうで、検査をしなければ気づかなかった選手もいたと思います。さらに、濃厚接触でも出場見合わせ。これが「平等な条件」で争うペナントレースと言えますかね?コロナ感染のリスクは、どのチームも同じだから「平等」というのは、戦略を知らなすぎる素人の話です。と、プロ野球の話はさておき、我々の実社会でも「感染や濃厚接触は社会活動を制限する」というルールがあります。私、このルール自体は否定していないのです。問題なのは、このルールに対するプロセスなんですね。学校は、感染抑止の為に行事を中止、延期。文科省が「マスクを取れ」と言っても、学校側は非難を恐れて外さない。それに対して、大人社会は、リモートワークも終わらせ、対面の会議も再開...ルール

  • 狭い世界

    会社組織にいれば「駆け引き」というものを知ります。やりたい事を主張するだけではダメなんだと。我々が恐れるのは、会を荒らす事で「ハウスメーカーが面倒な話を出してくる事」です。確かに、身内以外が議長になれば、我々に有利なカネの使い道を選べるかもしれないです。が「その代わり」が出てくる可能性だってあります。一番のリスクは、運営費を減らす、または「徴収」になる事です。コロナ渦であり方が変われば、運営費も変わって当たり前です。意味が薄い会なのに、そこに会費まで取られたら、ただの負担増なんです。そうなると「現状維持」が一番リスクが低いのです。余計な事をしないでもらいたい、そう考えているのは、私だけでは無いでしょう。狭い世界で生きていると「自分が正しい」を主張したくなるのかもしれませんが、残念ながら、100点満点の主張...狭い世界

  • 狭い世界 3

    噛みついたのは、「金の使い道を勝手に決めるな」という事ではなく「この権利(権限)が議長にある事がオカシイ」という事。そして、議長が身内から出ている事もオカシイと。いやいや、確かに正論かもしれませんが、会そのものは「ハウスメーカーが作ったもの」であり、登録業者は「参加が必須」というだけなんですよ。会則を業者で変更できるという規定も無いし(変えられないという規定も無い)そもそも、ハウスメーカーが「労災防止」という点で、事故や危険の情報を共有する為に作った会であり、そこに「せっかくだから、業者間の親睦も」となっただけ(だと思う)だから、費用はハウスメーカー側が捻出しているのです。(正確には、年間6000円払っていますが)さらに「会を正しい方向に導きたい」なんてヌかしてましたけど、オマエの力じゃ無理だ(笑)そもそ...狭い世界3

  • 狭い世界 2

    嘗ての安全会は、親睦会がセットになっていました。会は形式的なもので、その後の呑み会が楽しかったそうです。(私は参加したことが無いし、これからも、参加する事は無いでしょうけど)が、コロナ渦になって親睦会どころか、安全会すらも開催できなくなりました。そうなると「そこに使っていた予算」の問題が出てきます。この予算は「ハウスメーカーから支給されている運営費」から捻出されていて、その運営費を何に使うかは自由なんです。(長年、親睦会で使っていたので、だれも気にしなかったのですが)当初、コロナ渦がここまで長引くとは予想していなかったので、「その内に」とプールしておいたようですが、それが年単位になって、かなりの金額になったのです。そこで、議長は「なにかしらのモノで還元したい」と発案しました。例えば熱中症対策の空調服とかで...狭い世界2

  • 狭い世界

    人間社会で生きていくには、人間との関わりが大切だと考えます。多ければ良いという話では無いですが、少ない事はリスクなのかな、と思っています。斯く言う私も、交友関係は狭く、リスクを感じております。リスクと言うのは、考えが偏っていく事です。少しのズレ、遅れに気が付かず、時を経ていくうちに戻れないほどの偏となる。最近、世間を賑わす宗教などは、人間の「数」は多いですが、同じ意識、価値の「押しつけ」なので、ズレに気づかないのと、ズレを認めない集団なのかなぁと思っています。さて、先日、あるハウスメーカーで開催される安全会に参加したのですが、そこでも「狭い世界の住人」が騒いでいました。安全会は、過去1年で発生した労災や、報道があった現場事故などの情報共有が行われます。(リモートで充分だと思いますが)そこに、対策を協議する...狭い世界

  • 記録

    先日、妻に「夏休みの計画を立てる為」「カレンダーに予定を入れてくれ」と伝えた。学校の用事、熟の用事などが無い日を選ぶ為だ。書き入れた事を確認し、予定が無い日を選んで予約を入れた。予約を入れる前に「〇〇日=××がある日」と伝えた上で、だ。が、昨日「その日は塾がある」と言い出した。カレンダーを見ると、確かに「塾」と書いてある。オレが見落としたのか?いや、よく見ると、ペンの質が違う。ほかの予定とは、明らかに違うペンで書いている。後から書き足したと考えるほうが自然だ。書き忘れたのか、オレが見落としたのかは、証拠が無い話だから、議論はできない。オレが見落とした事にしておく。が「〇〇日」と伝えたのは一週間も前だ。それも「××がある日」とまで添えたのだ。妻に「××がある日に塾がある」という意識があれば、その場でNGを出...記録

  • 矛盾、、、なのか?

    知人がYouTubeデビューを果たしました(今は事情があって休止中)本業では無いのですが、本業に支障が出るほど、のめり込んでいました。キッカケはコロナ渦。一昨年の話になります。ステイホームとなった事がキッカケで、ネコを飼う事にしたのですね。それも、保護ネコ(元野良猫)です。まだ子猫だったのを譲り受けて、それを動画で撮っていたのです。現在、すでに大きくなっていますが、動画では、子ネコ時代のものを編集して投稿していました。その動画の事を、娘さんが学校で話したそうです。友達同士、カワイイ動画に癒されていたようですが・・・・・先日、自宅敷地内にダンボールが!そう、捨て猫です。知人に飼う余裕はありません。。。。。最初にお迎えした団体さんに相談すると、快く保護してくれたそうです。団体さんの話では「動画を見ただけで家が...矛盾、、、なのか?

  • また値上げ

    また、材料の値上げがアナウンスされました。おおよそ20%だそうです。昨年の4月、10月と、短い期間で上がりつけているので、数年前の2倍近くまで跳ね上がっています。まぁ、どの業界も同じでしょうから、仕方ないと諦めています。そこで打つ手は「販売価格を上げる」です。が、私はすでに30%という大きな値上げを断行しているので、さすがにこれ以上は無理です。(今のところは、です。そのうちに上げます)そうすると、利益が少なくなります。では、どうしよう?ここで考える手は「売り方を変える」になります。これが直請け、一般客への直接販売になっています。こうする事で、ハウスメーカーやリフォーム屋に払っていたマージンの分、利益が確保できます。お客様の支払額は同じ、いや、僅かかもしれませんが、安くなります。が、これには大きな問題があっ...また値上げ

  • 打ち止め

    主要取引先であるHリフォームが、夏期休業前の工事受け入れを打ち止めにしました。(水漏れ、漏電など緊急作業を除く)8/13から夏期休業なので「無理な工程を組まず、熱中症などの災害を防ぎながら、顧客満足を高める」という理由から、1ヶ月前で止めるという判断になったようです。今年が初の試みなので、顧客満足に繋がるかどうかは見ものです。(繋がって欲しいです)見習うべきですね。「無理な工程を組まず」容易にできるリスク管理ですけど、営業成績、利益を考えれば、一番難しい部分ですよ。ただ、下請けからはブーイングが出ているそうです。無理な工程は組んでほしくないですけど、仕事量を減らされるのは困るという事。確かに。仮に、受け入れを停止する事が機会損失になれば、仕事量は減ります。お客様を待たせるというのは、相応のリスクが伴うので...打ち止め

  • 値上げ

    近所のスーパーで、399円の鉄火丼が420円に値上げされていました。680円の揚げ物セットも740円。これでも、原価分の上乗せにすらなっていないのかもしれません。建築系の材料も上がっていますが、ちょっと厄介なのが「定価は変えないけど、掛け率を変える」というものです。請求書が来てから驚くパターンですね。まぁ、文句を言うつもりは無いですけど、もう少し配慮があっても良さそうだと思います。さて、近所に、川魚料理の店があるのですが、コースの値段は変えずに、手土産を止めるようになったそうです。今まで手土産があったのか(笑)高級すぎて行った事が無いのですが、これでも「サービスが悪くなった」と言われるのでしょうかね?元々が高級だと、ちょっとくらい値上げしても影響は無いと思いますけど、このへんの判断は難しそうです。私も、思...値上げ

  • 6月度売上報告&上半期の統括

    6月度の売上報告をさせていただきます。■直近5年平均との対比:129%(89%)■基準年度(2018年)対比:75%(62%)(カッコ内)は先月末時点での売上見込2か月続けて、少しホッとできる結果です。2018年と比較すると物足りませんが、直近5年で考える事、合わせて、この売上が12ヶ月続いたと考えた場合、まずまずだと言えます。ただ、昨年より続いている「下請けとしての仕事」は回復しておりません。6月は、直請け51%、下請け49%と、直請けが上回りました。仮に直請けがゼロだったとしたら、129%×49%ですので、63%という悲惨な結果になっていたという事です。やはり、下請けだけでは維持できません。もっと早く気づけば違った結果になったかもしれませんが、これは悔いても仕方ないです。7月以降の糧としていきたいと思...6月度売上報告&上半期の統括

  • 差が激しい 続

    大手2社は、敢えて伝手を頼って連絡を入れたのですが、「Webサイトから直接申し込んだほうが良い」と教わり、その通りにしました。今のところ2社とも回答はありませんが、おそらく「ある程度までは」メールでやり取りできると思います。で、友人から、某新車販売店を教わりました。仕組みは分かりませんが、色々なメーカーの新車がお得に買える店なんですね。新車だけでなく、登録済み車両(若い頃は新古って呼んでましたけど、今は違うのかな?)も扱っています。早速ネットで無料見積を申し込むと、数時間後、メールで見積書が送られてきました。どうやら「その店のプラン」という方式のようで、車の色は選べるけど、グレードとかは選べないようでした。(多少、誤解があるかもしれませんが)回答までが早い事、分かりやすい事もあって「同じ金額だったら、コッ...差が激しい続

  • 差が激しい

    そろそろ営業車の寿命です。15年、15万キロには届きませんが、業務に支障が出てからでは遅いので、早めに手を打ちます。新車、、、、予算面でキツイかなぁ。昨年の売上減さえなければ、まぁ、これは言っても仕方ないです。で、車検から逆算し、新車なら3ヶ月前には注文したほうが良いのかと考えています。これでも遅い?それならもう1年我慢、若しくは中古で繋ぐつもりです。3ヶ月前=7月末ですので、そろそろ慌てる必要があり、某大手2社に資料請求しました。この手の車を扱う会社は少ないのでバレてしまいますが、T社、N社です。私は、2社に「車両のパンフレットと、おおよその見積が入った『書類をメールで』欲しい」と要望しました。まずT社ですが「対面で打ち合わせをしながら見積をする」と返信があったので、「違う営業所に替える」と伝えると、対...差が激しい

  • 時代遅れ 17

    師匠が10年前から取り組んでいるものを、今、私が追い付けるかと言われれば難しいかもしれません。ただ、SNSなどは年数が大きな意味を持たないツールです。工夫次第で、今すぐに成果に繋げる事も可能なのです。ここで考えるのは「ツールを」ではなく、「師匠が10年間、工夫、改善を続けていた感覚」という意味です。私は、独立してから、それほど大きな壁に当たらずに経営ができていました。これは、独立した時に「時代に合った感覚」があったからだと思います。それから時がたち、時代から遅れていたのに気づかなかった。これが、師匠との違いだと考えています。戦争や災害で、技術は急激な進歩、進化をします。平和が続くと、無理な変化は求められず「現状維持」を求めます。日本全体は現状維持ですが、世界を見渡せば、急激な進歩、進化をしていると気づきま...時代遅れ17

  • 時代遅れ 16

    今、SNSなどのデジタルツールが跋扈しています。アプリも進化し、気が付けば時代遅れのものまで出てきていますが、SNSが時代の中心にいるという事実は理解せねばなりません。下請けであれば、元請けがSNSも駆使しての集客を行っているので、それほど重要視しなくても仕事に影響は出ないのかもしれません。が、一般ユーザーから仕事を得ようとすれば、SNSは避けて通れないと感じています。師匠に教わる前からSNSは使っていましたが、師匠に言われて「そうか!」と驚く内容も多くあり、間違えていたとまでは言いませんが、工夫が足りなかったと感じました。もちろん、師匠に言われたものが、そのまま私に使えるモノばかりではありません。アレンジも必要ですし、使えない内容もあります。ただ、使い方の「根本」にズレがあったと気づかされました。教わり...時代遅れ16

  • 時代遅れ 15

    師匠が10年近く前にぶつかり、乗り越えていた壁を、私は「今」ぶつかり、乗り越えようとしていました。が、乗り越える方法が、師匠が言う「10年前の方法」でした。これは、私の思い込みと「自信過剰」の結果だと思っています。師匠も私も、同じような客層を相手にしています。10年前の60歳は、今、70歳。今の60歳は、10年前は50歳なんです。当たり前ですけど、この感覚を正しく理解せねばなりません。感覚として「同じ歳」と思ってしまい「60歳なら新聞読むだろう」と勘違いしてしまうのですが、10年前、「50歳なら半分くらいしか新聞見ないよなぁ」と思っていたハズです。電車でスポーツ新聞を広げる人も減り、スマホでニュースを見ていている人が圧倒的に多いのに「60歳だから」は通用しません。当たり前ですよね。私は、新聞折り込みを入れ...時代遅れ15

  • 時代遅れ 14

    さて、私の話になります。昨年より下請けに限界を感じつつも「その内に回復するだろう」「コロナの影響もあるだろう」と油断してしまい、散々な結果になってしまいました。ここで「一般ユーザーから仕事を請けよう」と考えるに至りました。ただ、単独で立ち向かうのは難しいと感じ、協力してくれる人を探しました。私が「ラーメン屋」だけど、広告は「寿司、カレー、洋食」も載せて、色々な需要に応じたほうが、客を逃がさずに済むだろうという考え方です。そこで会ったのが、カレー屋の師匠でした。ここで「寿司、洋食はもちろん、カレー屋と組む事も奨めない」と言われ、ここまで書いた師匠の歩みを教わりました。集客方法さえ間違えなければ「弱い者同士」が組む必要は無い。かえって「足の引っ張り合い」になる。県(仮)の協力を受けろとは言わないけど「別の目線...時代遅れ14

  • 時代遅れ 13

    相変わらず折りこみチラシは続けていたのですが、このあたりからユーザーの反応に変化が出てきました。「〇〇の隣にある店だよね」「◇×のところもやったんでしょ?」初めて会うのに、自分の店を知っている人が増えたのです。が、単価は上がらず・・・・・ここで、県(仮)に相談すると「ホームページのリニューアル」を提案されました。ここにも補助が出て、かなり安く作ってもらえると知りました。ただ、業者は県(仮)が指定するところになるので「大丈夫かなぁ」と心配もありましたが・・・・結果、今でも成果が出続けているホームページになりました。もちろん、サイトだけが成果を出しているのではありません。そこに繋がる、いろいろな手法を組み合わせての結果ですが、これも、県(仮)の指導によるものです。これが、10年近く前の話です。続きます。時代遅れ13

  • 時代遅れ 12

    県(仮)の補助、助成金は、色々な条件がありました。その条件に合えば申し込めるのですが、師匠の店は該当しませんでした。それを職員に相談したら「今、該当している必要はなく、これからを考えて」と指導されたのです。正直、条件に合わせる必要性を感じていなかったのですが、店の修理の為、条件に合わせるしか無かったのです。それが「デジタル化」に繋がりました。補助、助成金を受け、自己資金も足して「ギリギリの資金」でお店の修理、改修を行いました。ここで、今までは「お客様に見せなかった厨房」から「ガラス張りで見せる厨房」になりました。これこそ、補助、助成金の条件だったからです。(例えるなら、です。要するに「人目に触れる」とご理解ください)キレイになった店を、県(仮)のホームページで「補助金を受けている事業」として紹介してもらえ...時代遅れ12

  • 時代遅れ 12

    県(仮)の補助、助成金は、色々な条件がありました。その条件に合えば申し込めるのですが、師匠の店は該当しませんでした。それを職員に相談したら「今、該当している必要はなく、これからを考えて」と指導されたのです。正直、条件に合わせる必要性を感じていなかったのですが、店の修理の為、条件に合わせるしか無かったのです。それが「デジタル化」に繋がりました。補助、助成金を受け、自己資金も足して「ギリギリの資金」でお店の修理、改修を行いました。ここで、今までは「お客様に見せなかった厨房」から「ガラス張りで見せる厨房」になりました。これこそ、補助、助成金の条件だったからです。(例えるなら、です。要するに「人目に触れる」とご理解ください)キレイになった店を、県(仮)のホームページで「補助金を受けている事業」として紹介してもらえ...時代遅れ12

  • 時代遅れ 11

    ある時、お店の修理をする事になりました。長年使っている店で、あちこち老朽化が進んでいたのです。ただ、一括で払う程、資金に余裕は無く、融資を受ける事になりました。これが転機になったのです。融資を受ける際、事業計画を出す必要がありました。担当職員に教わりながら計画書を記入。結果、融資NG・・・・簡単に言えば「この商売では貸せない」「回収できない」と判断されたのです。悔しい、いや、無力を悟りました。が、担当職員さんに恵まれた、この一言に尽きるのですが「この方法も検討したらどうか?」と教わったのが、県(仮です。公共団体とお考え下さい)の補助金、助成金でした。続きます。時代遅れ11

  • 時代遅れ 10

    ここで感じたのが、新聞折り込みでは「仕事量は獲得できる」という良い面と「単価が安い仕事しか獲れない」という悪い面です。考えを深めると「チラシを見る人は一定数いる」けど「品質にこだわっていない」となりました。ここで「新聞折り込みという手法」は良いけど、「チラシの内容」が悪いと結論付け、広告会社を変える事にしました。が、どこに行っても、同じようなチラシしか作ってくれません。今になって思えば理解できる「広告会社も、この仕事を理解していない」のですが、当時は「広告のプロが言うのだから、これが正しいのだろう」と思っていました。会社を変えて折り込みを入れる。結果は変わらない。どんどん厳しくなっていきます。続きます。時代遅れ10

  • 時代遅れ 9

    下請けの仕事が目減りし、一般ユーザーから直請けを考えた師匠。しかし、方法が分かりません。何しろ、先代、先々代と続く老舗なので、広告宣伝などせずとも「昔からの付き合い」で仕事があったのです。時代の流れに呑まれながら、工夫が必要になっただけなのです。そこで、地元の広告会社に相談。新聞折り込みを行う事になりました。結果、仕事は獲得できたのですが、費用対効果が薄い事、広告を入れた直後に仕事が殺到するという問題に直面。仕事量と利益のバランスが悪く「これなら下請けと変わらない」と思いました。しかし、折り込み以外の広告が思いつかず(広告会社も教えてくれず)訪問先で「できるだけ単価の良い商品」を提案するしか工夫できない状態でした。が、広告を見て連絡をくれる客の殆どが「一番安いもの」と、商品の良さ、品質ではなく「価格」を重...時代遅れ9

  • 時代遅れ 8

    ある程度の仕事量は回復したものの、値引きをした事もあり利益は薄くなりました。そこに追い打ちをかけるような材料費の値上げがありました。さらにリフォーム会社から50円の値引き要求。師匠は「限界だ」と感じ、値上げを拒否。結果、仕事は激減。と、ここまでが「下請け」としての歴史です。ここから「直請け」となっていくのですが、そんな簡単に切り替えはできません。アナログとデジタル、この使い方が違うという事から「勉強」が必要だったのです。ここで「勉強」と書いたのは、私から見て、師匠が「この人は勉強しているなぁ」と感じたからであって、師匠が「勉強した」と言った訳ではありません。上から目線みたいですけど(笑)余談ですが、私は「人生は勉強の連続」とか「何事も勉強だ」という類の話をする人を信用していません。こういう方は「勉強してい...時代遅れ8

  • 時代遅れ 7

    師匠も、元々は下請け中心だったそうです。転機になったのは10年ほど前で、あるリフォーム会社との請負です。リフォーム会社の価格(ユーザーへの販売価格)は、師匠の希望額と同額。そうすると、リフォーム会社のマージンが入る分、何割か安く請ける形になるのです。が、時代の流れであり、安定供給が受けられると思って容認した(せざるを得なかった)のです。しばらく安定供給があったのですが、ある時、リフォーム会社から値引きの要請があったのです。金額は100円。「たった100円?」と思うかもしれませんが、すでにギリギリの利益だったので、100円は大きい。「申し訳ないけど、100円は厳しい」と回答すると・・・・リフォーム会社からの仕事がピタッと止まりました。週に数件あったのに、月に1件あるかないか、という有様です。リフォーム会社に...時代遅れ7

  • 時代遅れ 6

    師匠は、同業者と言って良い方です。同じランチ営業をしている、私はラーメン屋で、師匠はカレー屋。提供する食事は違うけど、顧客ターゲットは同じ、こんなイメージです。ちなみに1歳違いで、私が年上です。師匠は「下請けの仕事は無いもの」という経営に切り替え、すでに仕事の9割がユーザー(一般消費者)との直請けです。そして、ユーザーからの仕事の殆どが、自社Webサイトからの申し込み。リピーターも多いですが「しっかり営業活動をしないと、他社に入られる」と考え、OB顧客へのフォローも徹底しています。「自社Webサイトだけで仕事が獲れるのか?」と思うかもしれませんが、ここが師匠のワザであり、私が尊敬している部分です。詳しくは書きません。いや、書けません。師匠の教えは大金を積まれても教えられない「恩と義理」がありますので。ただ...時代遅れ6

  • 時代遅れ 5

    手書きのパンフレットをワードソフトでキレイに作る。これは、アナログをアナログに変換しただけですね。ここで考えるデジタルは「人と人」という対面、対話ではなく「会わず、喋らずに仕事を獲る手段」です。簡単な例では、Webサイトがあります。Webサイトには営業時間がありませんから、移動中だろうが、就寝前だろうが、好きな時に見る事ができます。もちろん無料です。ここを強化して「土俵に上がる」事を目指すのです。まずスマホアプリを理解する事から・・・・・大苦戦です。ここまでポンコツだと思いませんでした。が、苦戦しながらも「とりあえず始める」としただけで、それなりに結果が出ました。考え方、方向性は間違いでは無かったようです。そして「師匠」との出会いがありました。続きます。時代遅れ5

  • 時代遅れ 4

    余談が長くなりましたが、自身の仕事に当てはめても、デジタルという部分が弱いと気づきました。元請けが苦戦している、これはユーザー(一般の消費者)が、ネット検索、無料のプラン作成など、対面せずに交渉ができる時代だからです。そこで「比較をして」ようやく対面ができるのです。ただ、アナログを全否定しているのではありません。ここは改めて。で、私の取引先が比較の土俵にすら上がれていないとなれば、「土俵に乗っている会社と組む」か「自分が土俵に乗る」という2択になります。前者も考えましたが、当たり前ですが、前者は「組んでいる同業者がいる」か「この業界を必要としていない」事が多く、隙がありません。そこで後者である「自分が土俵に乗る」を選ぶ、いや、選ぶしか無かったのです。が、気がついたらデジタル弱者のグループに属していた私。パ...時代遅れ4

  • 時代遅れ 3

    人口が減っていく国ですから、市場は狭くなると考えるべきです。いや、新築やリフォームの市場規模は大きくなっているのですが、ここに「人間の手が必要な市場」は反映されていません。どんどん人手が不要になり、資金力が強い大手が強くなります。もちろんスキマは残りますが、どんどん狭くなるのです。その結果、下請け中心の私が苦戦していたのですが、ここまで書いた「デジタル」という部分に気が付きませんでした。いや、気づいていたのですが、ここまで大きな影響があると思わなかったのです。「少しずつ進むだろうから、こちらの少しずつ変化、順応すれば良い」と考えていたのです。スマホが登場した時、「将来、1人1台スマホを持つ時代が来る」とは思いませんでした。遠い将来、そうなるのかなぁ程度の認識でした。おそらく、日本全体がそうだったと思います...時代遅れ3

  • 時代遅れ 2

    一昨年の10月頃から、下請けの仕事が急減したのです。不景気という事情から全体的に減った部分もありますが、特にT社、G社の仕事が減りました。共通して言えるのが、デジタルと提案力が弱い会社だという事。他社はタブレットを持ち歩き、リフォームの展開を「その場で」提案していますが、両社とも持ち帰って図面作成。それも、モノクロの平面図と、住設メーカーが作ってくれる立体図面(3Dとは程遠い)で提案しているのです。以前なら、それで「おおよそのイメージと価格」を把握し「ショールームに行って最終決定」ができていましたが、コロナ渦のライフスタイル変化で、「ショールームに行かずに決定」も増えてきたと感じます。生命保険や金融商品などもそうですが、以前は「よく分からないから、保険代理店(窓口)に行く」だったと思います。そこに手数料が...時代遅れ2

  • 時代遅れ

    昨年からの売上激減を受け、どうやったら回復、いや、さらに売上を増やせるかを猛勉強中です。で、今さら気が付いたのが「時代遅れ」だという事です。独立したのは「直感的に」流行に乗れる年齢。さらに、勤めていた会社が若く、時代を先取りするような戦略をとっていた事もあって、同業者より数年先のアドバンテージがあったのかもしれません。「時代遅れの同業者」が苦戦する中、容易に仕事が取れました。そこから10数年。おそらく数年前にアドバンテージが消えていたのかもしれません。ただ、売上結果が出ていたので、気が付かなかったのです。そしてコロナ渦。疫病や戦争は時代を急加速するのに十分な理由になります。特に、今は諸外国との競争があって、日本は太刀打ちできない状態です。輸出文化から輸入に頼る国になり、技術や頭脳を鍛える事を怠ってきました...時代遅れ

  • 売りたいモノと、売れるモノ 2

    数年前、芸術家から筆箱を購入し、私の顧客にプレゼントしました。契約のお礼、顧客紹介のお礼に使ったのです。筆箱としてだけでなく、小物入れ、キーケースと使い道が幅広いと「私が」判断し、導入しました。結果、あるリフォーム会社が、大量購入をしてくれました。これも、筆箱としての購入ではなく、サンプル入れとしてでした。ここで重要なのは「私が(リフォーム会社さんが)」使い道を考えて、使えると判断したから買ったのです。筆箱として売りたかったかもしれませんが、サンプル入れとして売れた。結果「売れた」のですが、ニーズとは少し誤差があった事を理解する必要があります。で、芸術家が「ブックスタンドを売って欲しい」と言ってきたのですが・・・・私の顧客に、ブックスタンドを買い求める需要は無いし、話のネタにもなりません。さらに、ブックス...売りたいモノと、売れるモノ2

  • 売りたいモノと、売れるモノ

    商売をする上で判断すべきは、既に市場に出ている認知されている商品なのか、若しくは、これから売れる可能性がある商品なのか、という点だと思います。前者であれば、需要は分かっているので、セールスポイントさえしっかりしていれば「競争に勝つ」事ができます。後者であれば「今のところ競争が無い」ので、勝つ、負けるはありませんが、市場が広がるにつれ競争が発生し、後発に負ける可能性も出てきます。特許で守れる事業であれば良いですが、そうでなければ「将来の競争」は肯定すべきですね。今、私が取り組んでいるのは、後者になります。昨年より強化し、今年に入って実を結びつつあります。そこに、将来の競争に備えた戦略も加えておきたい、それが芸術家とのコラボだったのですが・・・・芸術家は、自分が売りたい(作りたい)モノをアピールしてきます。私...売りたいモノと、売れるモノ

  • 枯渇

    遂に、運転資金ショート。。。。。と言っても、月末の入金さえあれば全く問題無いのですが、商売上、買掛金の支払いが先行する為、一時的なマイナス⇒入金後にプラスを繰り返すのですね。で、「もし月末の入金が無かったら」「遅れてしまったら」翌月の買掛金が払えない可能性があるという状態が、今現在という事です。計算上、6ヶ月分の買掛金、経費を運転資金として確保しています。買掛金はバラつきがあるので、おおよその平均値ですが、買掛が多い⇒翌月の売掛金の入金が多いとなるので、平均値として6ヶ月分あれば充分なのです。仮に3ヶ月分を超える買掛になっても、まだ余裕がある計算ですね。この6ヶ月分に狂いが生じたのは、昨年の4月です。そこから遡る事半年、一昨年の10月から仕入れが減ったのです。要するに、売上が減った⇒仕入れも減る⇒平均が下...枯渇

  • プライド 2

    その時の相手は、すぐに引き下がってくれました。が、数日後、今度は違う人から同じような電話があったのです。別件(M設計とは全く関係ない話)でイライラしていた事もあり、「忙しいから」と電話を切ったのですが、少しして「今、大丈夫でしょうか?」と、しつこく掛けてきたのです。今回も同様に「仕事を増やす考えは無い」と言ったのですが、「今回だけ(この物件だけ)でも構わないから」と食い下がってきました。要するに、引き渡しに間に合わないという事なんでしょうね(その事実は認めませんでしたが)困っているなら、とも思ったのですが、やはり過去の因縁は消せないのです。この人は悪くないし、今のM設計は違うのかもしれませんが、10年前、こちらの主張を一蹴し、一方的に取引を止めたのはM設計なんです。そんな私に、どのツラ下げて、ですよ。当時...プライド2

  • プライド

    10年以上前になると記憶していますが、M設計という新築会社との取引を停止した事がありました。「停止した」と書きましたが、ハッキリ言って喧嘩別れです。相手方の「オレ達の言う事を聞け」という態度に耐え兼ね、こちらの主張をした結果、「相手から」停止を言い渡されました。当時、売上の2割近くあったのですが、ストレスはそれ以上あったので、後悔は無かったです。ちなみに、M設計は、今は名を変えていますが、ここでは旧名称のまま書きます。多角経営も行い、かなり大きな企業になっています。M設計が事業規模を拡大するのに伴い「職人募集」という勧誘のFAX、DMが送られて来るようになりました。この不景気の中、事業拡大はスゴイと思いますし、M設計と取引がある知人に話を聞いたところ、支払いに不信は無いという事で、募集に応じる職人も多いか...プライド

  • 考えが違う?

    工芸家と書きましたが、実際は同業者です。私は機械で作った「どれも同じ製品」ですが、工芸家はオーダーメイドで、さらに「素材にこだわる」ので、「同じ製品は無い」というもの。どちらも協力する事で、売上を上げて行こうとなったのです。私の目的は「顧客の満足=売上に繋がる」です。もっと言えば「売上に繋がっているのだから、顧客が満足しているハズ」なので、売れる事こそ重要なんですね。が、工芸家は「良いものを作れば欲しい人がいる」なんです。ニーズ云々は関係なく、良いものを作るという「自己満足」から始まって、そこに「それを理解する人」が買うという事。売れないのは「理解者がいないだけ」なんです。今回、オリジナル製品も、私からの要求を無視したワケでは無く、自分なりに「良いもの」という解釈をしたのですね。「この商品を金庫として使え...考えが違う?

  • 頼んだ私が悪いのですが

    ある工芸家に、当店オリジナル製品の作成を依頼しました。これは販売目的では無く、看板として使うつもりだったので「滅多に無いデザイン」と、ある「特殊な使い方」が可能なものと指定しました。特殊な使い方=金庫だと考えてください。(実際には違いますけど、もし、工芸家がブログを見たらマズイので)金庫ですから、当然、通帳や現金が入らなければ意味が無いですよね。また「中身が見えない」という事も重要です。が、これら「当たり前」だと思ったので、指定しなかったのですよ。完成品を見て絶句。。。。。スカスカ。丸見えで、サイズも中途半端。フタもガタガタで、上下どちらが正しいか分からない。これを「金庫だ」と言っても、誰も理解できないですよ。いや「面白い」という見方もありますよ。「これが金庫なの!?」と驚かれる、話題になるという事も考え...頼んだ私が悪いのですが

  • 個人客からの直請け

    直請けは「いつでも獲れる」という自信があります。広告方法さえ工夫すれば、集客は容易なのです。ただ、儲かるかどうか、これが難しいのです。下請けの場合、「元請け(ハウスメーカーなど)の信用度」が仕事に繋がります。直請けでは、信用度という点で後塵を拝す事になります。「地元で100年続いている」とか「有名施設に携わった」という類の訴求はできますが、問題なのは「その武器をどうやって伝えるか」なんですね。検索サイトで「〇〇市リフォーム」で出てくる上位のサイトは、広告宣伝費を投じているか、大手企業になってしまいます。さらに、引っ越しサイトに代表されるような「一括見積」まで出てきたので、ネット集客は難しいと感じて「いました」そう、過去形なんですよ。ちょっと工夫しただけで、閲覧数を増やす事に成功しました。撒き餌を変えたら魚が寄っ...個人客からの直請け

  • 5月度売上報告

    5月度の売上報告をさせていただきます。■直近5年平均との対比:130%(84%)■基準年度(2018年)対比:152%(98%)(カッコ内)は先月末時点での売上見込少しホッとできる結果です。先月末時点から1.5倍の上積。想定通りの結果ですね。が、今までの減少分を取り返すには、全く足りません。これを維持、継続、いや、これよりも高いレベルでの結果を求めたいです。この結果の中には、自身で工夫した取り組みが反映されています。売上全体の30%は個人客からの売上です。これが無かったら、ごくごく平凡な結果に終わりました。下請けに限界があるという事ではなく「下請けだけでは維持できない」と気づいた事。それから、個人客からの売上は「まだまだ期待できる」という事。これを考えた戦略を練っていくつもりです。現段階での6月度達成状況(売上...5月度売上報告

  • アンガーコントロール 後日談

    敢えて、名称を「ガキ」のまま書き進めます。ガキは、精神面で不安定な為、学校を休む事が多いそうです。これは、同じクラスに粗暴なヤツがいて、ターゲットにされているからだと。我が子とは学校が違うのですが、ガキと同じ学校に通うママさんに聞いたら、どうやら事実のようです。両親は勤めに出ているので、学校を休む時はUさん宅に預けられている。今年に入って、毎日に近いほど、Uさん宅に来ていたようです。あんな小さい体にストレスをため込んでいて、さぞかし辛かっただろう・・・・・と、素直に同情できませんでした。その事情があっても、他害はダメです。そして、保護者の管理下に無い状態がダメなのです。我が家に害を為した時、ガキは一人でした。Uさんが見ていた訳では無く、ホッタラカシだったのです。Uさんも高齢ですから、一日中つきっきりは不可能だっ...アンガーコントロール後日談

  • アンガーコントロール 6

    今回、自分自身にショックだったのが、怒りをコントロールできなかった事です。相手は10歳に満たないガキ。それに対して「コロシタイ」という感情が生まれた事が、何よりショックでした。そして、母親に対して「ブサイクだなぁ」と。子を思う愛情が、ちょっとズレていただけだと思いますが、それに気づきながら冷めた目で見ていた事、これも少なからずショックでした。私、我が子を甘やかしたとは思っていませんが、今回のように、暴力に近い形で抑制したり、怒鳴った事はありません。自分の中では「こんな厄介な事をしなかった」と思っていますが、もしかすると、我が子が相手だったので、なだめ方が違っただけかもしれません。さらに言えば、私が知らないところで(誰も見ていないところで)同じような事をしていた可能性だってあるのです。こどもを信じたい。そうなると...アンガーコントロール6

1件〜100件

arrow_drop_down

ブログリーダー」を活用して、脱サラして一人親方になりましたさんをフォローしませんか?

ハンドル名
脱サラして一人親方になりましたさん
ブログタイトル
脱サラして一人親方になりました
フォロー
脱サラして一人親方になりました

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用