searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

朗読、絵本、読み聞かせ、ボランティア募集(経験者歓さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

知識が重要視される時代に成功する秘訣は何か?!

ブログタイトル
朗読、絵本、読み聞かせ、ボランティア募集(経験者歓
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/red_cross2015
ブログ紹介文
朗読<読み語り>ボランティア募集(経験者歓迎)♪ 神奈川県、横浜地域中心に活動予定<都内近郊の方も
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2015/04/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、朗読、絵本、読み聞かせ、ボランティア募集(経験者歓さんの読者になりませんか?

ハンドル名
朗読、絵本、読み聞かせ、ボランティア募集(経験者歓さん
ブログタイトル
朗読、絵本、読み聞かせ、ボランティア募集(経験者歓
更新頻度
集計中
読者になる
朗読、絵本、読み聞かせ、ボランティア募集(経験者歓

朗読、絵本、読み聞かせ、ボランティア募集(経験者歓さんの新着記事

1件〜30件

  • アンデルセン童話(絵本・読み聞かせ)

    <朗読、絵本、読み聞かせ、ボランティア、横浜>アンデルセンの童話がはじめて世にでたのは、1835年、アンデルセンが30歳のときでした。それは、「子供に話して聞かせるお話」というタイトルをもつ62ページのそまつな本で、「小クラウスと大クラウス」など3編の民話にもとづいた話と「小さいイーダの花」という創作童話がおさめられていました。アンデルセンの文名は、その1カ月前に発表した小説「即興詩人」によって、すでに高められたものの、童話は子供だましにすぎないとして、当時はあまり評価されていませんでした。しかし、子どもたちによって愛読されていることを知って、アンデルセンはそれ以後も童話を書きつづけるのです。そして、3冊目の童話集におさめられたアンデルセンの代表作である「人魚姫」によって、童話もすばらしい文学でありうることがみ...アンデルセン童話(絵本・読み聞かせ)

  • 2015絵本(読み聞かせ)③『聞く力』親と子どもの『共感』の時間

    <朗読、絵本、読み聞かせ、ボランティア、横浜>■言葉はまず「耳から聞く」のがいい「字が読めるようになったら、自分で本を読めばいい」という意見もあるが、幼児期はとにかく「耳から聞く」のが大切だという。「読む、話す、書くなど言葉の学習において最も早く発達するのは『聞く力』です。『耳育ち』とも言っています。言葉はまず耳から覚えるもの。幼児期に美しい日本語をたくさん与えてもらった子は、言葉の発達も早く、表現力も豊かになります」さらに、ある脳科学の実験では、自分で本を読むと、その行為によって前頭葉の言語をつかさどる部分だけが反応したのに対し、耳から聞くと脳幹から反応して脳全体が動いたという。「人の話を聞いていると、不思議と色々なことに考えを巡らせたり、時には記憶の断片が掘り起こされたりする経験は誰でもお持ちだと思います。...2015絵本(読み聞かせ)③『聞く力』親と子どもの『共感』の時間

  • 2015絵本(読み聞かせ)②「くじけない心」人生を豊にする「人間としての賢さ」育てる

    <朗読、絵本、読み聞かせ、ボランティア、横浜>■親子が楽しんでできる、究極の早期教育では読解力の高さが意味するものは何か?「豊かな語彙を使って思考・想像し、話の本質をつかみとる力」だと言う。自ら読書をする子は、必ずといっていいほど幼児期に物語(フィクション)にたくさん触れている。「幼児期はまだ字が読めませんから、親ないしは信頼できる身近な大人に絵本を読んでもらいます。特に昔話を語れるおばあちゃんと同居している場合など、想像力が大いに育ちます」まず身につくのは、語彙力。「語彙力がつけば、物語の内容を想像するスピードがより速くなり、起承転結を追うだけでなく、頭の中で絵(イメージ)を描き、映画のフィルムのように連続させてどんどん展開させることができます。もっと続きを聞きたい、物語を聞きたいという知的好奇心もかき立てら...2015絵本(読み聞かせ)②「くじけない心」人生を豊にする「人間としての賢さ」育てる

  • 2015絵本(読み聞かせ)①子どもの「自己肯定感」を伸ばす

    <朗読、絵本、読み聞かせ、ボランティア、横浜>絵本の読み聞かせが子どもの感性を豊かにし、想像力を育てることは広く知られていますが、他にも様々な効能があることをご存知でしょうか。特に重要なのが、幼児期における絵本の読み聞かせ。司書による選書や本棚づくりなどの図書支援はこれまで、主に公立の小中学校で行われてきました。それを、2007年から区内の幼稚園や保育園にまで広げたのは画期的。幼児期から本や図書館に親しめる環境をつくり上げてきたのです。子どもの語彙力や知力アップにとどまらない、現場から浮かび上がってきた読み聞かせの意外な効能「自己肯定感」について。■「毎日10分以上読書をする」子の読解力は高い昔から「本を読む子は頭がいい」「絵本の読み聞かせをすると賢い子が育つ」と言われてきた。そのことを裏付けるデータや検証はこ...2015絵本(読み聞かせ)①子どもの「自己肯定感」を伸ばす

  • 幼児・子ども向けの歌(幼児期は右脳優先期)

    <朗読、絵本、読み聞かせ、ボランティア、横浜>歌は絵本と同じく、昔から子ども達の教育には欠かすことのできない重要なものとして認識されてきました。リズムや曲に合わせて楽しいフレーズが飛び出してくる子ども向けの歌や童謡は、言葉・心を育て、幅広い感性を得ることができます。歌を沢山聴いて育った子どもは歌や音楽に対する関心が高く、様々な音楽に興味を持ちます。語彙力にも優れ、聴きなれた歌なら何も見ないで色んな歌を歌えるようになります。英語の教育にも歌は、大変良いとされ、普段の生活で英語の歌を毎日聞かせることで、英語の導入にも繋がるようです。子ども達は歌や音楽が流れると、耳を傾け、体でリズムをとったりしますが、赤ちゃん期(0歳児)~幼児期にかけてリズムやビート(拍子)で体を動かす(動かしてもらう)ことが、リズム感などの発達に...幼児・子ども向けの歌(幼児期は右脳優先期)

  • シェークスピア戯曲(フランシス・ベーコン説)バベルの塔「言葉を統一する」

    <朗読、絵本、読み聞かせ、ボランティア、横浜>シェイクスピアの著作が実は複数の人間によって書かれたという説は有名である。シェークスピアが戯曲を書いたのではなく、真作者は、フランシス・ベーコンと、ベーコンが雇った人々であった。ベーコンがこれらの戯曲を書いた目的は、英語の諸方言を統一するため?!オックスフォードの伯爵(エリザベスⅠ世の子供説あり)と同一人物?!という説もある。。。ベーコンの聖書は、英語を完全に変えた。1611年のキング・ジェームズ訳聖書と1623年のシェークスピアの『フォリオ』の出版によって、英語はたったの12年の間にその姿を完全に変えたらしい。現代英語は、シェークスピアとベーコンの仕掛けが施された言語という説。。。16世紀にフランシス・ベーコンが薔薇十字団のトップに座った。そして、新大陸にニュー・...シェークスピア戯曲(フランシス・ベーコン説)バベルの塔「言葉を統一する」

  • 幼児向け推薦絵本リスト!ベスト100:絵本の専門店『子育てナビ』

    <朗読、絵本、読み聞かせ、ボランティア、横浜>”子育てナビ”は全国の都道府県立図書館54館にお願いし、推薦絵本リストの資料請求したところ、44館からの返信があり、その中の26館がリストを作成していました。http://kosodatenavi.com/ranking.htmlその「幼児向け推薦絵本リスト」や、現在日本が世界に誇るリストと言われている東京子供図書館の「私たちの選んだ子どもの本」などを集計し、複数回推薦されていた絵本を集めてみました。その結果を集計したものが図書館ランキングです。公立図書館の司書の方々の厳しい基準で厳選された収納絵本は、子供に読ませたい良本リストそのものではないでしょうか。”子育てナビ”は皆様がお子様に素晴らしい良本を選んで、与えていただきたいと思いましてこれらのランキングを公表する...幼児向け推薦絵本リスト!ベスト100:絵本の専門店『子育てナビ』

  • 名作絵本の罠(絵本、読み聞かせ、ボランティア)2015年6月③

    <朗読、絵本、読み聞かせ、ボランティア、横浜>名作絵本とは「古典的な名作を極端にダイジェスト化した絵本」です。500ページからなる物語を、何十分の一に縮めれば、話の筋の単なる解説にしかすぎないことは常識的にみてもわかります。いわゆる名作絵本は、ダイジェスト版であり、原作とはほど遠いものになってしまっているのです。「名作絵本」というのは、「原作が名作である絵本」という意味で、絵本そのものは偽物ということになってしまいます。安心してください。小学校の高学年にもなれば「本物」が子どもたちを待っています。本物の名作に出会う前に童話の世界を楽しむことが大切ですし、童話の世界の前に幼年童話の世界があります。そして幼年童話の世界の前に絵本の世界があるのです。年齢に合った良質の絵本を体験する事が将来の読書生活の入り口です。◇お...名作絵本の罠(絵本、読み聞かせ、ボランティア)2015年6月③

  • 朗読、絵本、読み聞かせ:ニューヨークのフォード財団<安倍 昭恵 総理夫人の防潮堤スピーチ>

    <朗読、絵本、読み聞かせ、ボランティア、横浜>最近、安倍昭恵夫人の知人の方から、彼女の素晴らしい海外でのスピーチの話を聞いたので、<Facebookより>引用しご紹介いたします。(参考)安倍昭恵(あべあきえ、旧姓:松崎(まつざき))衆議院議員・安倍晋三(第90代、第96代内閣総理大臣)の夫人。父は森永製菓元社長の松崎昭雄氏。聖心女子専門学校卒業。卒業後は電通に入社、新聞雑誌局に配属。立教大学大学院21世紀社会デザイン研究科修士課程修了、修士号(比較組織ネットワーク学)取得。<Wikipediaより><Facebookより>2014年9月25日、ニューヨークのフォード財団で、防潮堤のことをお話しました。英語でスピーチをしました。アップしたのは、その日本語訳です。これから私の、短い話を聞いてください。日本語でも、私...朗読、絵本、読み聞かせ:ニューヨークのフォード財団<安倍昭恵総理夫人の防潮堤スピーチ>

  • テレビを消した子育て:絵本の大切さ(絵本、読み聞かせ、ボランティア)2015年6月②

    <朗読、絵本、読み聞かせ、ボランティア、横浜>このサイトを訪れて来られたあなたは、絵本に興味をお持ちの方だと思います。でも、一歩進んでなぜ絵本が子供に必要なのでしょうか?どんな絵本を与えれば良いのでしょうか?米国の小児科医会は、1999年「2歳児まではテレビを見せるべきではない」という提言を出しています。日本小児科医会も2003年に「子供とメディアの問題に対する提言」を発表し、乳幼児がメディア(テレビ、ビデオ、ゲーム)に接する時間を制限するよう呼びかけました。同会によると、言葉が遅れていたり、視線を合わせられない、友達と遊べないといった乳幼児が最近臨床現場から数多く報告され、そうした家庭ではテレビやビデオを長時間見せている例が目立つそうです。「いま、こどもたちがあぶない!」(古今社)の著者で、仙台国立病院小児科...テレビを消した子育て:絵本の大切さ(絵本、読み聞かせ、ボランティア)2015年6月②

カテゴリー一覧
商用