searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ミラーボールさんのプロフィール

住所
杉並区
出身
杉並区

シングルマザーの私が、30歳の娘を心配して結婚相談所などに顔を出し、娘の結婚相手を見つけようとして、恋をしてしまった・・・。「娘や「母子との関係」や「やりとり」などについて

ブログタイトル
ミラーボール
ブログURL
http://mirar.sblo.jp/
ブログ紹介文
もう、一生恋なんてしないと思っていた。 なのに、恋をしてしまった・・・。
更新頻度(1年)

280回 / 365日(平均5.4回/週)

ブログ村参加:2015/03/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ミラーボールさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ミラーボールさん
ブログタイトル
ミラーボール
更新頻度
280回 / 365日(平均5.4回/週)
読者になる
ミラーボール

ミラーボールさんの新着記事

1件〜30件

  • ・・・鋭い

    彼を怒らせてしまい・・・。 私は、1人海岸で過ごしていました・・・。  どのくらい時間が経過したのか? わからないけど・・・あたりは陽が落ちてきた感じでした。 そして、ふと、携帯電話をみると? 着信アリの表示がありました。 誰かしら?と思ったのですが・・・。  全く身に覚えのない電話番号でした。  こうゆうのって無視すべき…

  • 日常

    彼を怒らせてしまい・・・。 私は、1人海岸の方へ。 しばらく海をみていました・・・。 ・・・ ・・・ ・・・ 時間の感覚はありませんでした。 ゆったりとした時間の流れを感じていました。 この見知らぬ離島に来て良かった事は? 歩いて、すぐ海がある事でした。 都内にいた時は、 少々のお時間が掛かるので 海をみるなんて、 ほんとに、極まれな事でしたが・・・。 …

  • 海岸の方へと歩いていきました・・・。

    「少しの間、俺を1人にしてくれないか?」 彼からの言葉に 私は、なにも返せず・・・。 しばし・・・沈黙をしました。 でも、この場にいるよりも・・・。  一旦、離れる方が良いだろう・・・。  そう思い・・・  「ごめん。言い過ぎたわ・・・少し頭を冷やしてくるね」 そう言い、 この場を離れました。 でも、この見知らぬ離島で  誰も知らな…

  • 思わず出てしまった一言に激しく後悔

    「じゃ、採用されないのは?どうして?」 と、私は、余計な一言を言ってしまったのでした・・・。 彼(舘林さん)は? ・・・ ・・・ ・・・ 口を閉ざしてしまいました・・・。 見知らぬ離島で、 唯一協力し合わない関係だといけないのに・・・。 私は、思わず出てしまった一言に激しく後悔したのでした・・・。

  • 一言で十分な時があるのです・・・。

    私の住み込みのお仕事が決まったのは良かったのですが・・・。 彼(舘林さん)の お仕事がなかなか決まりませんでした・・・。 それでも、2人で遊んでいるワケには行かず・・・。 まずは、 私が先にお仕事(住み込みでの)を始める事になりました。 ですが・・・ここから? 私たちの関係が少しづつ変化していきました・・・。 彼(舘林さん)は、仕事を探すも…

  • 彼と一緒にいられれば、なんでも良かったのですが・・・。

    離島での住み込みのお仕事は? 調理補助などの宿泊施設が多かったので 調理には自信があったので、 そういった求人を中心に応募しました。 中には? カップルや夫婦でもOKなんていう求人もありました。 実際、私は? 彼と一緒にいられれば、なんでも良かったのですが・・・。 彼(舘林さん)は 調理補助は、ダメだという事で 別々の仕事を探す事になりました。

  • 小さな自信

    東京にいた時・・・。 アルバイトの面接に落ち続けた時もありました・・・。 http://mirar.sblo.jp/article/187535948.html?1598922431 でも、採用され、仕事を始められた事は 私にとって、小さな自信でした。 ※結果として、バックれた形になってしまいましたが・・・。 つまり、同じ方法をたどれば? 「必ずお目当ての「住み込み」のお仕事は見つかる!!!」 そん…

  • 「住み家」と「お金」

    翌朝・・・。 私たちは、今後の生活について話合いをしました。 テーマは? 「この離島で、どう生活していくか?」 でした。 東京を離れる前は、 少々怯えるような表情をみせていた彼(舘林さん)ですが・・・。 この見知らぬ地に着き メンタル面に落ち着きが出てきたのでしょう。 だいぶ以前の 彼(舘林さん)に近い 表情をみせるようになっていました。

  • 旅行に来ているワケではなく・・・。

    夕方頃・・・陽が落ちてきて 少し肌寒くなってきたので・・・。 街のようなところで ひとまず、宿を探す事にしました。 とはいえ・・・お金はそれほど多くありませんでした。  できるだけ安価なところを探す事にしたのです。 ホテルなどは、まず選択肢から外し 民宿など安価なところを探す事にしました。 旅行に来ているワケではなく・・・。 …

  • 終始無言

    見知らぬ離島にて、 私は、舘林さんと? 携帯電話の電波チェック? という名のお散歩を始めました。 つまらない事だけど・・・。  何の心配もなく、2人でいられる事って  東京にいた時はなかったですから・・・。 ※彼の母に追われるという恐怖もありません。  たったこれだけの事が?  とても幸せに感じました♪ そして、海辺に着き…

  • 気にする機会なんてなかったけど・・・。

    娘の『かのん』との 簡単な電話を終えると? 舘林さんが?  「あれ?君のは繋がるんだ・・・」 と一言、言いました・・・。 ふと、私は、気づきました。 それは?私と彼の携帯電話のキャリアの違い・・・。 ※これは、少し前のお話なので・・・今は違うかもしれないので、あえて伏せます。  私は A社の携帯電話  彼は、B社の携帯電話 …

  • 存在すら忘れていたのですが・・・。

    お金どうしようかしら・・・? という現実に返った時・・・。 音がしていました。 その音は?携帯電話でした・・・。 見知らぬ離島で、存在すら忘れていたのですが・・・。 で、着信相手は? 娘の『かのん』でした。 私が電話に出ると? かのん「やっと出た!!!!!!!!!!」 と電話越しに、 大きな声でそう言われまし…

  • 夢というのは実現してしまうと・・・?

    私たちは、未開の見知らぬ地に着き ゆっくりとした時間の流れを感じました。 それは、他人からみれば?  きっと・・・とても些細な幸せな時間でした・・・。 離れ離れになり・・・。 1年以上の時を経て・・・。 ようやく、掴んだ かけがえのない2人だけの時間でした。 それは?私にとって夢でした・・・。 でも、夢というのは実現してしまうと・・・?…

  • 「希望しかありませんでした」

    そして、フェリーが? とある離島に到着しました。 それは? 全く何も知らない土地でした。 ただ、それでも? 私と舘林さんにとっては?「希望しかありませんでした」  1年以上も離れ  お互いを求めていたのですから・・・。  これは当然なのかもしれません。  なによりも、  彼の母の影を心配しなくて良い この事が2人…

  • 全てを忘れて・・・。

    さて、どこから書きましょうかね・・・。 えーと・・・。 まずは、彼(舘林さん)とフェリーに乗り込み 東京を離れたところから・・・。 国内のいわゆる離島に到着しました。 (あえてどこかは書きません) フェリーに乗っている間は、 携帯電話の電波はなく、連絡は取れない状況でした・・・。 携帯電話の電源も落としていました。 ※一部、繋がるところもあったようですが・・・・。 …

  • 「少しブログの続きを書こうかしら?」

    ご無沙汰しております。 数年ブログを書いてきたもので・・・。 なにかブログを書かないと 逆に変な感じだったのですが・・・。  意外と多忙だったり、  新型コロナウィルスの影響なんかもありますので・・・。  実は、ゆっくりできませんでした。 で、「少しブログの続きを書こうかしら?」 なんて思い始めてます。 以前より、ゆっくりなブログの更新にはなり…

  • 今まで読んでくれて、ありがとうございます。

    私は館林さんとフェリーに乗り込みました。 そして、東京を離れました。 私と館林さんの話は、ここで終わりになります・・・。  とても幸せに暮らしています・・・。 彼(館林さん)と一緒だからです。   今まで「ミラーボール」を読んでくれて、ありがとうございます。  少…

  • 東京を離れたのでした・・・。

    彼(館林さん)が? 「そろそろ乗船はじまるよ?」 と声をかけてくれました。 館林さんから 「なにを考えていたの?」 と聞かれました。 彼は、私が無言な時に、 黙って様子をみていてくれたようです。 私「ここまで、ほんといろいろあったわよね?」  「いろんな人に支えられてきて、今、私たちはいるのよね?」 と。 彼「…

  • 少し男性的なところがあるけど・・・

    佐伯先生にも ほんとお世話になったな・・・。 少し男性的なところがあるけど・・・ 彼女は素敵な女性 結婚が決まって ピアノ教室を退職する予定だったのだけど・・・ まさか?私が先にヤメる事になるとは? 想像できませんでした・・・。 きっと彼女が選んだ人だから、素敵な人なんだろうけど・・・。  婚約者って?どんな人なんだろう?<…

  • 外からみて、絶対合うと思うのですが・・・?

    シングルマザーの遠山さんと 白髪の紳士こと相沢さんの2人はどうなったのかしら? ふと、フェリーを待つ間 そんな事を思いました。 大人な2人だけど・・・。 ちょっぴり子供みたいところがある シングルマザーの遠山さん。 そして、大人な男性の 白髪の紳士こと相沢さん。 この組み合わせは、 外からみて、絶対合うと思うのですが・・・?…

  • 誰と一緒に食べているか?

    彼(舘林さん)が? 「これ?飲みなよ」 と、ブラックの缶コーヒーを手渡してくれました。 正直、いぶし銀のマスターや美人女店長さんの コーヒーには敵わないけど・・・。 とても美味しく感じました。 きっと?食べ物や飲み物って? なにを食べるのか?ではなく 誰と一緒に食べているか? これで、全然別のモノになるのか…

  • 息子さんがお見合いをしなかったら?

    フェリーに乗るまでの時間・・・。 ここまで、 いろんな人に助けってもらった事が走馬灯のように巡りました・・・。 もし?玉城さんの  息子さんがお見合いをしなかったら?  そして、その話を聞かなかったら? 私は、隣にいる彼(舘林さん)と出会う事はなかった・・・。 そうだ。あの時は? いぶし銀のマスターの喫茶…

  • たまたまか?はたまた運命なのか・・・?

    私たちは? フェリーに乗る直前に お世話になった 田辺さんに、お礼の連絡だけはしようとしました。  ですが・・・たまたまか?はたまた運命なのか・・・? その時、田辺さんへの 連絡がつきませんでした・・・。 フェリーに乗ってしまえば ほぼ、携帯電話の電波が繋がらない状況になりますので 私たちは、やむなく・・・田辺さんに、お礼の連絡を断念しました。

  • この人だけには・・・。

    フェリーに乗る直前 娘への連絡すら、断念した私ですが・・・。 この人だけには・・・。 なにも言わずに東京を離れるワケにはいかない・・・。 そう思っていたのが? 〓田辺さんでした・・・。 この時・・・。 http://mirar.sblo.jp/article/187481656.html なにも事情を聞かず、 私たちに、お金を貸してくれた方ですし ここまでお世話になりすぎている・・…

  • フェリーに乗る直前まで悩みました・・・。

    彼とフェリーに乗る直前・・・。 お世話になった方々の顔が浮かびました。 まずは、娘の『かのん』  正直、娘には連絡すべきか?  フェリーに乗る直前まで悩みました・・・。 そもそも、私が?  彼(舘林)さんと、出会ったきっかけは?  娘の『かのん』のお見合い相手 としてでした・・・。 …

  • フェリーに乗り込みました。

    彼の母から逃げて、 私たちは、タクシーに乗り込みました・・・。  目的もなく、ただ出してもらったタクシーの中で、 館林さんがこう言いました。 「とにかく、遠いところへ行こう。そこで一緒に暮らそう」  反対する理由がありませんでした。 私は、大きく頷きました。 そして、その日のうちに、 私は館林さんとフェリーに乗り込みま…

  • そこには、彼の母が倒れていました・・・。

    大きな物音がしました。  振り返ってみると?  そこには、彼の母が倒れていました・・・。 私は? パニックになって、彼の母の方へ歩いて行こうとしたのですが・・・ 「ダメだ」 なんと?彼(館林さん)がそれを止めました。 私たちは、 そのまま、タクシーを捕まえて乗り込みました。  目的もなくただ…

  • 大きな物音がしました。

     「待ちなさい! 待て!」 新宿の街に・・・ 彼の母の怒号が響きました・・・。  待ちません!!!絶対にい!!!  彼と必死に逃げました・・・。 でも、狭い路地は、2人横に並んでは走れません。  縦になって、彼の母から遠ざかりました。  でも、お店の大きなバケツや、  仕入れ商品にぶつかっ…

  • 待ちません・・・絶対に。

    彼の母が? ゆっくりゆっくり近づいてきました・・・。 もしかすると? あまりの緊張で・・・ ゆっくりに見えただけかもしれませんが・・・。 今度は私が? 彼(館林さん)の手を握って逃げました。  「待ちなさい! こら!!待て!!」 背中から、 再び、新宿の街に・・・ …

  • そんな・・・ウソでしょ・・・。

    「絶対に館林さんを守るからね」  私がそう伝えた時、  路地の入口にタクシーが停まりました・・・。  そんな・・・ウソでしょ・・・。 タクシーから降りて来たのは? 〓彼の母でした・・・。  鬼の形相をしていました・・・。 タクシーに乗ってきたのに、 身体からは、湯気が出ていました・・・。  怒りです・…

カテゴリー一覧
商用