searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ミラーボールさんのプロフィール

住所
杉並区
出身
杉並区

シングルマザーの私が、30歳の娘を心配して結婚相談所などに顔を出し、娘の結婚相手を見つけようとして、恋をしてしまった・・・。「娘や「母子との関係」や「やりとり」などについて

ブログタイトル
ミラーボール
ブログURL
http://mirar.sblo.jp/
ブログ紹介文
もう、一生恋なんてしないと思っていた。 なのに、恋をしてしまった・・・。
更新頻度(1年)

33回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2015/03/27

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、ミラーボールさんをフォローしませんか?

ハンドル名
ミラーボールさん
ブログタイトル
ミラーボール
更新頻度
33回 / 365日(平均0.6回/週)
フォロー
ミラーボール

ミラーボールさんの新着記事

1件〜30件

  • 彼の母の容態は?

    舘林さんが、 そのまま、着の身着のままで 東京へと向かいました。 そして、その日の夜に電話がありました。 簡単にまとめると? こんな感じでした。 彼の母の容態は? ・命に別状はないけど、右半身に痺れがあり、失語障害である。 ・お義父さんや舘林さんを見ても?認識しているのか?微妙 との事。 いずにしても、 短期で戻ってくるのは、難し…

  • 圧倒的に、情報不足

    「俺、一旦、東京に行こうと思う」 という彼の決意はホンモノでした。 「私も行くわ」 そう言いましたが・・・。 舘林さんは、 「いや、一旦様子をみて、すぐ戻るよ」 「せっかく、ここでの生活も安定してきたんだし・・・」 「今は、とにかく情報(母親の容態)を確認してくる」 たしかに、そうです。 今の状況でなにかを判断するの…

  • 彼の目に決意を感じました。

    彼(舘林さん)との会話がなくなって数日後・・・。 突如、私の携帯電話が鳴りました。 LINEに一言 「今から、話せる?」 と・・・。 私は「もちろん」 と、LINEを返信しました。 そして、数分後 かなりやつれた 彼(舘林さん)が私の目の前にいました・・・。 この時、私には彼の目に決意を感じました。

  • あの時の判断が・・・

    彼(舘林さん)に、 彼の母の容態を伝えた時・・・。 正直かなりのショックを受けているようでした。 なぜなら? あの時・・・・。 http://mirar.sblo.jp/article/187659696.html?1606094448 手を引いて、彼の母から 逃げようと決断したのは、  舘林さんだったからです・・・。  あの時の判断が・・・  残酷な結果を招いてしまったのか…

  • 私だけが悩んで選択すべき事ではない・・・。

    彼の父からの手紙を受け・・・。 正直、数日悩みました・・・。  彼(舘林さん)に、  彼の母の容態について伝えるべきか・・・? 直接ではないかもしれないけど・・・。 彼と私が、あの時、逃亡しなければ?  彼の母は、ここまでの容態にはならなかったのではないか?  正直、憎しみしかない相手でも・・・。  少なからず原因が  私たちにあるとするなら…

  • 彼の父からのお手紙

    彼の母についての一報が思わぬところから、 入ってきました・・・。 思わぬところとは? 当時、住んでいた家に 彼の父からのお手紙が届いていたようです・・・。 娘の『かのん』が たまたま?都内に来た際に、 チェックしてくれたようなのですが・・・。 最近は便利な時代です。 娘に、その手紙を画像データにしてもらい LINEで受取ました。 彼…

  • ある一報から事態は大きく変化していきました・・・。

    ご無沙汰しちゃいました・・・。 ちょっと疲れていて お休みしてしまった。 ごめんなさい。 で、続きを・・・。 ・彼(舘林さん)との新生活 ・田辺さんから、お借りしたお金の返済 ※娘の『かのん』との関係も進展?? と、とっても穏やかで平凡な生活が少し続きました。 ですが・・・ある一報から事態は大きく変化していきました・・・。 その一報とは? 彼の母…

  • 落ち着き幸せな時が続きました・・・。

    私と舘林さんは、東京離れ 離島での2人での生活がようやくできるようになりました。 そして、 田辺さんからお借りしたお金を 娘の『かのん』経由で返済する方向で、 落ち着きました。  それから、数か月ぐらいでしょうか?  とても精神的にも、経済的にも、  落ち着き幸せな時が続きました・・・。  ある一報がくるまでは・・・。 人…

  • これにて一つの戦後処理が終わった形

    田辺さんにお金を返済しようとするも? やんわり断られそうな感じ。 そこで、娘にお金を渡し(振り込み) から、田辺さんに返済する形を取ろうと思いました。 で、娘の『かのん』に連絡をしてみました。 そして、この時、娘に電話で説明しました。  あの時・・・。 http://mirar.sblo.jp/article/187474485.html?1604278738  彼と私が困っていた時に、  …

  • ・・・このままだと返済させてもらえないかもしれない。

    田辺さんにお金を返済しようとしたのですが・・・。 入院していたため、 連絡が取れず、1ケ月が過ぎたぐらいの頃 ようやく連絡が取れました。  実に、7か月ぶりぐらいに電話でお話ができたのでした・・・。 私「ご無沙汰しております。入院されていたそうで、お身体大丈夫ですか?」 田辺さん「いやいや、ご心配おかけしました。はい。もう大丈夫です」 といった形で…

  • 驚きの一報

    娘の親友である美咲ちゃんからの留守電に 私は耳をあてました。 すると?驚きの一報が入ってきたのでした・・・。 なんと? 〓田辺さんが緊急入院してしまった との事でした。 そして、娘の親友である美咲ちゃんに 折り返しの連絡をしたところ たまたま、娘のかのんが田辺さんに連絡したところ この状況が発覚。 娘は、即座に、 有休を取り、東京に戻り、お見舞いに…

  • 音沙汰がなく10日ほど過ぎました・・・。

    お金を返そうと? 田辺さんに連絡をするも・・・。  連絡が繋がらず・・・。 娘の『かのん』に連絡をするも・・・。  連絡が繋がらず・・・。 その間、仕事の合間をぬって連絡をしてみたのですが 音沙汰がなく10日ほど過ぎました・・・。 そして、仕事の休憩中 スマホをみると?  着信がありました!!!  田辺さん?…

  • 娘とも連絡が繋がりませんでした。

    ようやくお金を貯めて 彼との2人暮らしをできるだけの余裕ができ 田辺さんにお金を返そうと連絡をしたのですが・・・。 なかなか連絡がつかず・・・。 私は? 娘の『かのん』に連絡をしたのでした・・・。  ですが・・・娘とも連絡が繋がりませんでした。  LINEは未読のまま・・・。  電話にも、留守電を入れたのですが・・・折り返しはありませんでした。 たま…

  • なかなか連絡が繋がりません・・・。

    彼と別々の住み込みの仕事をはじめ 半年後、二人で暮らせるだけのお金が貯まりました。 そして、ここに来るまでに なにも言わず・・・お金を貸してくれた 田辺さんに連絡をする事にしたのです。 ところが・・・?  なかなか連絡が繋がりません・・・。  LINEをしても、既読にはならず・・・。  電話をしても、着信になりますが・・・ …

  • 彼と離れての生活から半年後・・・。

    彼と離れての生活から半年後・・・。 ※とっても、ほぼ毎日会ってましたが。 ついに、住み込みしているところを出て 2人で暮らせる状況になりました♪ 住み込みって ほとんどお金を使わないので 彼との約束通り 半年である程度のお金が貯められたのでした。 で、ここに来るまでに・・・。 私たちは、絶対にお金を返さないといけない人がいま…

  • 一旦、離れて暮らす事にはなりましたが・・・。

    住み込みでの仕事がスタートした私。 それから数日後 彼(舘林さん)も仕事が決まりました♪ 当初は、同じ職場も考えたのですが・・・。 たまたま、カップルや夫婦での住み込み不可だったため 別々の仕事をする事になったのでした。 一旦、離れて暮らす事にはなりましたが・・・。 近くですし、適度な距離感になった感じでした。 ささやかな努力目標として 「…

  • 彼なりに・・・反省したのでしょう。

    海岸から 彼(舘林さん)の元へ戻ると? 「さっきは、ごめん」 「でも、面接決まったよ!!!明日行ってくるよ」 と。  彼なりに・・・反省したのでしょう。 もちろん、私も、少しキツイ言い方をしてしまった事を きちんと彼にあやまりました。 彼(舘林さん)は 「いや、俺が甘かったよ。むしろ、ありがとう」 と。 …

  • ・・・鋭い

    彼を怒らせてしまい・・・。 私は、1人海岸で過ごしていました・・・。  どのくらい時間が経過したのか? わからないけど・・・あたりは陽が落ちてきた感じでした。 そして、ふと、携帯電話をみると? 着信アリの表示がありました。 誰かしら?と思ったのですが・・・。  全く身に覚えのない電話番号でした。  こうゆうのって無視すべき…

  • 日常

    彼を怒らせてしまい・・・。 私は、1人海岸の方へ。 しばらく海をみていました・・・。 ・・・ ・・・ ・・・ 時間の感覚はありませんでした。 ゆったりとした時間の流れを感じていました。 この見知らぬ離島に来て良かった事は? 歩いて、すぐ海がある事でした。 都内にいた時は、 少々のお時間が掛かるので 海をみるなんて、 ほんとに、極まれな事でしたが・・・。 …

  • 海岸の方へと歩いていきました・・・。

    「少しの間、俺を1人にしてくれないか?」 彼からの言葉に 私は、なにも返せず・・・。 しばし・・・沈黙をしました。 でも、この場にいるよりも・・・。  一旦、離れる方が良いだろう・・・。  そう思い・・・  「ごめん。言い過ぎたわ・・・少し頭を冷やしてくるね」 そう言い、 この場を離れました。 でも、この見知らぬ離島で  誰も知らな…

  • 思わず出てしまった一言に激しく後悔

    「じゃ、採用されないのは?どうして?」 と、私は、余計な一言を言ってしまったのでした・・・。 彼(舘林さん)は? ・・・ ・・・ ・・・ 口を閉ざしてしまいました・・・。 見知らぬ離島で、 唯一協力し合わない関係だといけないのに・・・。 私は、思わず出てしまった一言に激しく後悔したのでした・・・。

  • 一言で十分な時があるのです・・・。

    私の住み込みのお仕事が決まったのは良かったのですが・・・。 彼(舘林さん)の お仕事がなかなか決まりませんでした・・・。 それでも、2人で遊んでいるワケには行かず・・・。 まずは、 私が先にお仕事(住み込みでの)を始める事になりました。 ですが・・・ここから? 私たちの関係が少しづつ変化していきました・・・。 彼(舘林さん)は、仕事を探すも…

  • 彼と一緒にいられれば、なんでも良かったのですが・・・。

    離島での住み込みのお仕事は? 調理補助などの宿泊施設が多かったので 調理には自信があったので、 そういった求人を中心に応募しました。 中には? カップルや夫婦でもOKなんていう求人もありました。 実際、私は? 彼と一緒にいられれば、なんでも良かったのですが・・・。 彼(舘林さん)は 調理補助は、ダメだという事で 別々の仕事を探す事になりました。

  • 小さな自信

    東京にいた時・・・。 アルバイトの面接に落ち続けた時もありました・・・。 http://mirar.sblo.jp/article/187535948.html?1598922431 でも、採用され、仕事を始められた事は 私にとって、小さな自信でした。 ※結果として、バックれた形になってしまいましたが・・・。 つまり、同じ方法をたどれば? 「必ずお目当ての「住み込み」のお仕事は見つかる!!!」 そん…

  • 「住み家」と「お金」

    翌朝・・・。 私たちは、今後の生活について話合いをしました。 テーマは? 「この離島で、どう生活していくか?」 でした。 東京を離れる前は、 少々怯えるような表情をみせていた彼(舘林さん)ですが・・・。 この見知らぬ地に着き メンタル面に落ち着きが出てきたのでしょう。 だいぶ以前の 彼(舘林さん)に近い 表情をみせるようになっていました。

  • 旅行に来ているワケではなく・・・。

    夕方頃・・・陽が落ちてきて 少し肌寒くなってきたので・・・。 街のようなところで ひとまず、宿を探す事にしました。 とはいえ・・・お金はそれほど多くありませんでした。  できるだけ安価なところを探す事にしたのです。 ホテルなどは、まず選択肢から外し 民宿など安価なところを探す事にしました。 旅行に来ているワケではなく・・・。 …

  • 終始無言

    見知らぬ離島にて、 私は、舘林さんと? 携帯電話の電波チェック? という名のお散歩を始めました。 つまらない事だけど・・・。  何の心配もなく、2人でいられる事って  東京にいた時はなかったですから・・・。 ※彼の母に追われるという恐怖もありません。  たったこれだけの事が?  とても幸せに感じました♪ そして、海辺に着き…

  • 気にする機会なんてなかったけど・・・。

    娘の『かのん』との 簡単な電話を終えると? 舘林さんが?  「あれ?君のは繋がるんだ・・・」 と一言、言いました・・・。 ふと、私は、気づきました。 それは?私と彼の携帯電話のキャリアの違い・・・。 ※これは、少し前のお話なので・・・今は違うかもしれないので、あえて伏せます。  私は A社の携帯電話  彼は、B社の携帯電話 …

  • 存在すら忘れていたのですが・・・。

    お金どうしようかしら・・・? という現実に返った時・・・。 音がしていました。 その音は?携帯電話でした・・・。 見知らぬ離島で、存在すら忘れていたのですが・・・。 で、着信相手は? 娘の『かのん』でした。 私が電話に出ると? かのん「やっと出た!!!!!!!!!!」 と電話越しに、 大きな声でそう言われまし…

  • 夢というのは実現してしまうと・・・?

    私たちは、未開の見知らぬ地に着き ゆっくりとした時間の流れを感じました。 それは、他人からみれば?  きっと・・・とても些細な幸せな時間でした・・・。 離れ離れになり・・・。 1年以上の時を経て・・・。 ようやく、掴んだ かけがえのない2人だけの時間でした。 それは?私にとって夢でした・・・。 でも、夢というのは実現してしまうと・・・?…

カテゴリー一覧
商用