searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
さむらい小平次のしっくりこない話
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/topstartkana
ブログ紹介文
世の中いつも、頭のいい人たちが正反対の事を言い合っている。 どっちが正しいか。自らの感性で感じてみ
更新頻度(1年)

58回 / 365日(平均1.1回/週)

ブログ村参加:2015/03/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、さむらい小平次のしっくりこない話さんの読者になりませんか?

ハンドル名
さむらい小平次のしっくりこない話さん
ブログタイトル
さむらい小平次のしっくりこない話
更新頻度
58回 / 365日(平均1.1回/週)
読者になる
さむらい小平次のしっくりこない話

さむらい小平次のしっくりこない話さんの新着記事

1件〜30件

  • インド放浪 本能の空腹⑳ コナーラクへ小旅行

    こんにちは小野派一刀流免許皆伝小平次です30年近く前の、私のインド放浪、当時つけていた日記をもとにお送りしております。本日はインド放浪本能の空腹⑳コナーラクへ小旅行をお送りいたします。前回、キ〇タマの大合唱となった宴の翌日、朝からウ〇コの山を乗り越え散歩、ホテルへ戻るとバブーとロメオが私を待っていた、そして世界遺産の太陽神神殿スーリヤ寺院へ行こうということになり、ベスパもどきのスクーターに3人乗りをして出発をした、というところまででした。では、続きをどうぞ***************************************軽快とは言えない加速で走り出したスクーターであったが、徐々にスピードに乗るとなかなかに快適に風を切り始めた。スクーターは街の東側の集落を抜け、荒涼とした赤茶けた土の広がる場所へ出た。...インド放浪本能の空腹⑳コナーラクへ小旅行

  • 初めての世論調査

    こんにちは小野派一刀流免許皆伝小平次です先日、小平次の女房殿宛てだったんですが。ある有名通信社から、世論調査の協力のお願いと言った郵便が届きました世論調査なんて初めてでしたので、謹んでご協力させて頂きたいとご返事申し上げました数日後、世論調査のアンケートが送られてきました初めての世論調査どきどきわくわくです内容は二つのことについて一つはまあそうだろうと思いましたが、新型コロナウイルス(武漢ウイルス)の感染についてで、もう一つがなぜこの時期に?って感じの、いわゆる第二次世界大戦における日本の戦争加害、その他戦争に関連するものでしたどんな内容だったのか、ご紹介したいと思いますまず、全体的な感想として、回答の選択肢が極端すぎて答えようがない質問が多いと感じました質問によっては『その他(具体的に)』みたいな選択肢もある...初めての世論調査

  • 毎日毎日コロナ感染者数の発表はもうやめろ!

    こんにちは小野派一刀流免許皆伝小平次ですそれにしても、相変わらずコロナ(武漢ウイルス)、コロナ、今日の感染者数、などを連日マスコミが報道しておりますが、もういい加減やめたらどうですかね不思議なことに、ほとんどのマスコミは感染者数は発表しても『死者数』を合わせて発表していませんなぜかほとんど増えていないからですそれがわかってしまうと、幻影のような恐怖を売りに視聴率などを稼げなくなるからです小平次は今回のコロナ(武漢ウイルス)騒動が始まってから、すでに2月の時点でインフルエンザと比して脅威とは言えない、と度々申し上げてきましたブログ以外の実生活でも事あるごとに言ってまいりましたもはや経済的損失、とかそれ以前の話です職を失い、結果収入がなくなり、家庭崩壊寸前、自殺まで考えている人が身の回りにもいます明るかった人が鬱に...毎日毎日コロナ感染者数の発表はもうやめろ!

  • 釣り記事3連発 ③ 江戸前キスとアナゴ釣り

    こんにちは小野派一刀流免許皆伝小平次です釣り記事3連発のラスト3回目、東京湾のキス、アナゴのリレー船に乗って来たのでレポートしますこのキスとアナゴのリレー船、日中13時にゆっくりと出航、17時ころまでキス釣りをしてそこから夜のアナゴ釣りに切り替わる、この季節限定の東京湾の風物詩的な釣りであります小平次は数年前まで毎年必ず行っていたのですが、とんとご無沙汰しておりまして、去年行こうと思いましたらなにやらアナゴが絶不調で出船していないとかで断念、今年ようやく繰り出すことができましたアナゴは梅雨の雨を吸って一段と美味くなる、と言われ、まさに旬、とは言えこの日は大雨、なかなかに辛い釣りになってしまいましたいつもは川崎の船宿さんを利用していたのですが、東京に引っ越したため、今回は浦安の老舗船宿さんにお世話になりました東京...釣り記事3連発③江戸前キスとアナゴ釣り

  • 釣り記事3連発 ② 聖地東伊豆ボート釣り

    こんにちは小野派一刀流免許皆伝小平次です本日は『釣り記事3連発』の第二弾東伊豆でのボート釣りレポートです5月中旬から6月初旬、この季節、これまでこの場所でなかなかの実績を残してきたシーズンです1日にヒラメ4枚、大型カサゴ類多数、釣ったキスを活餌にヒラメを狙っていたら80cmクラスのカンパチを釣ったこともあります前日は遠足へ行く子供のようにワクワクしながら床につきました午前3時起床、首都高から東名、海老名のSAで朝食、小田原厚木道路から海岸線へとでますいつもの釣り侍でホタルイカと青イソメを購入しようと立ち寄ります店に入った途端『マスクしてください!!』と店主さんえっと…、大海原で一人ボート釣り、マスクなんかしてきませんでした『えっと…、無いんだけど…、これじゃだめ?』シャツを伸ばして口を覆って見せます『ダメです!...釣り記事3連発②聖地東伊豆ボート釣り

  • 釣り記事3連発 ① 荒川でテナガエビ

    こんにちは小野派一刀流免許皆伝小平次です本日から釣り記事3連発をお送りいたします一回目は、ずっと昔からやってみたくて、昨年初めてチャレンジ、思いのほか釣れた荒川のテナガエビ今年も行ってまいりましたのでご報告です昨年は2回ほどの釣行で、2回とも曇りでした、ですが今回は上記の写真のように快晴、気分の良い釣行となりました場所は昨年同様平井大橋の平井側、石積み護岸です昨年は2回とも干潮時で、石積みの護岸の水没部分がわずかしかありませんでした結果的にはむしろそれでテナガエビがそのわずかな水没部分に集まり、仕掛けを落とせばアタリがある、というような感じになりましたしかし今年は満潮ではなかったものの、やや潮位は高め、水没部分が昨年に比べ多く、水深がありますエサは赤虫、ガン玉を重めにつけ、ウキ下を50㎝ほどで、まずはとにかく仕...釣り記事3連発①荒川でテナガエビ

  • インド放浪 本能の空腹⑲  『ウ〇コ』の山を乗り越えて

    プリー東側海岸線インド放浪本能の空腹⑲『ウ〇コ』の山を乗り越えて30年近く前の、私のインド放浪、当時つけていた日記をもとにお送りしております。前回、バブーとロメオ(オーズビー)、彼らの中学時代の先生を交え飲み会、日本語で男のアレは何と言うのか、と言う話題になり、そのままKINTAMAの大合唱となり、大いに盛り上がった、というところまででした。では、続きをどうぞ*****************大いに盛り上がった宴の翌日、朝の7時におれは目を覚ました。今日もバブーとロメオが遊びに来る、とは言っていたが、何時に来るのか、ということは聞いていなかった。そんな大雑把な約束だったから、とりあえずこんな朝早くから来ることはないだろう、おれは朝食をとりがてら散歩に出ることにした。ホテルの前の通りを東へ向かう、昨日、ホタルを見...インド放浪本能の空腹⑲『ウ〇コ』の山を乗り越えて

  • インド放浪 本能の空腹⑱ 『掘立小屋の宴』

    プリーの海岸(西側)30年近く前の、私のインド放浪、当時つけていた日記をもとにお送りしております。一日だけのホームステイの後、オーズビーの友人、バブーの伯父の経営するホテルへ。夜にはオーズビーとバブーの中学校時代の教師を交え宴をしようということにその前にオーズビーと中華料理を食べ、その後ちょっと一人で通りを歩いてみた、というところまででした。では続きをどうぞ****************************夕方の5時にオーズビーとバブーが迎えに来てくれることになっていた。10分前、おれはバルコニーに出て、ホテルの前の通りを見下ろし、オーズビーたちがやってくるの待っていた。5時を回ったころ、東の方からオーズビーがベスパもどきに乗ってやって来るのが見えた。後ろにはバブーが乗っているようだ。オーズビーがおれに気...インド放浪本能の空腹⑱『掘立小屋の宴』

  • 普段賛同しない人になぜか同意できるコロナ騒ぎ

    こんにちは小野派一刀流免許皆伝小平次ですさて、ようやく緊急事態宣言が解除されましたしかしながら皆の生活が元通りになるのには大変な時間を要することになるでしょう小平次は、当ブログで何度もインフルエンザとの比較から、武漢ウイルスはそこまでの脅威ではないのではないかと、問いかけてまいりましたが、それを言うのはごく少数、特にメディアはその主張をコロコロと変え連日恐怖を煽り続けてきました。その後、様々なデータが出されましたが、ことごとく武漢肺炎がさほどの脅威ではなかったことを物語っていますテレビとうさんさんのブログ「死因COVID-19」と「武漢ウイルス関連死」私なんぞよりはるかにわかりやすく、かつ面白く記事にされていますぜひ、ご覧になってみてくださいこの度の騒動を見て感じるのは、やはりメディアは信用ならないということ、...普段賛同しない人になぜか同意できるコロナ騒ぎ

  • インド放浪 本能の空腹⑰ 『インドで中華料理』

    30年近く前の、私のインド放浪、当時つけていた日記をもとにお送りしております。前回は、1日だけのホームステイをさせてもらったオーズビーの友人、バブー、と出会い、バブーのおじが経営するホテルにしばらく泊まることに…バブーからのお誘いでその日の夜は、オーズビーとバブーの中学時代の先生を交え食事をしようと…。今回は、その夜の宴の始まる前までのできごとです。********************************『昼は中華料理にしよう』とオーズビーが言った。中華!まだバングラディシュ、インド、とやって来て数日だが、BimanBangladeshAirlinesの機内食から始まり、食ったものと言えば、カレーか、カレーのようなもの、ばかりであった。美味かったし、飽きたというようなことは決してないのだが、日本の国民食...インド放浪本能の空腹⑰『インドで中華料理』

  • 隅田川のいきものたち③

    こんにちは小野派一刀流免許皆伝小平次です本日は隅田川のいきものたち③、をお送りいたしますまあ、世間は不要不急の外出を避けよう、自粛自粛ですが、小平次の武漢ウイルスに対する考え方はこれまで述べてきたとおりですそれを別にしても、絶好の釣りシーズン、仕事でストレス溜めて、ジメジメと家の中にいたら気が滅入ってしまします風邪やインフルエンザの予防、免疫力の向上には日光を浴びることが大切だと言います家の中でジメジメしているよりは、一応、小平次も三密を守り、広いところでいきもの調査場所は、初回と同様、都立公園の近くの人工入り江、前にも述べましたが隅田川は護岸が整備されすぎていて、生きものが生息するには少々のっぺりとしすぎていますここは葦も植えられ、上記画像のように、石も積まれ、干潮時にはご覧のように干潟となります本流側隅田川...隅田川のいきものたち③

  • 緊急事態宣言 いつ解除?

    こんにちは小野派一刀流免許皆伝小平次です多忙のため、更新も滞ってしまいましたまた、フォローさせていただいているみなさまのところへもお邪魔できておりませんが、ゆっくりと拝読させていただきますさて、ようやく緊急事態宣言の解除について少しずつ話が出てくるようになりました小平次がこの武漢ウイルス(新型コロナウイルス)騒ぎが始まった当初から申し上げていたこと、これはきっと終息などせず、いずれ『折り合い』をつけなくてはならないと言っていたことが現実になりつつあります小平次からすれば緊急事態宣言そのものに反対でしたので、遅すぎだ!、というのが率直な感想ですですが、ようやくここまできたので、今後私たちはどうあるべきか、まあできればこれを最後にしたいですが、武漢ウイルス騒ぎについて小平次の思うところを書いてみたいと思います何度も...緊急事態宣言いつ解除?

  • インド放浪 本能の空腹⑯ 『バブーとの出会い』

    画像引用元:そうだ、世界に行こう。【美しき青い街並み】ジョードプルを観光してわかった本当の見どころこんにちは、インド放浪インド放浪本能の空腹⑯『バブーとの出会い』をお送りいたします。前回は、プリ―行の夜行列車で知り合った、オーズビーの自宅に招かれ、ご家族と一緒に、夕食をごちそうになった上、一晩泊めたもらいすっかりご満悦だった私。ところが、翌朝、目覚めてみると、プレゼントなどした覚えもないのに、なぜかオーズビ―が私のスニーカーを履いて、『ありがとう』と礼をいう、解せないながらも、諦めたところへさらに追い打ち、私のカメラを父にプレゼントしたい、インド製だけど良いものを代わりにプレゼントするからとオーズビ―。カルカッタで完全に私が大損しただけの『仲良くなった証の物々交換…』がここでも!?30年近く前の私のインド放浪、...インド放浪本能の空腹⑯『バブーとの出会い』

  • ホリエモンさん たまには同意できることもある

    堀江氏、過度の外出自粛は「人間であることを放棄」画像・記事日刊スポーツこんにちは小野派一刀流免許皆伝小平次です本来はシリーズでお送りしている『インド放浪』の続きを書きたいんですが、これだけ武漢ウイルス(新型コロナウイルス)騒ぎが続きますと、どうしてもそれ関連のことが気になりますので本日は、小平次が日頃あまりそのご主張や考えに同意することのないお二人が、珍しく小平次が賛同できる論を述べていらっしゃるので、ご紹介いたします。さて、上記記事ですが、ホリエモン、こと堀江貴文さんが武漢ウイルス(新型コロナウイルス)騒動に関してコメントしてますホリエモンさんは、記事の中で『新型コロナ感染していない人の方がおおい状態で感染者数を抑え込もうとしてるわけだから長期戦になるわけよ。そしたら、経済が崩壊しないレベルで必ず折り合いをつ...ホリエモンさんたまには同意できることもある

  • 絶句 ! 志村けんさん死去 70歳 新型コロナに感染

    絶句!志村けんさん死去70歳新型コロナに感染毎日新聞ニュース絶句…言葉もありません。私のなかでは、志村けんさん以上のコメディアン、後にも先にもいらっしゃらないと思っております。心に大きな穴が開いたようです…。ただやすらかに、ゆっくりとおやすみください追伸しかしながら、これまでこのブログで述べてきたとおり、今回の武漢ウイルス騒ぎが過剰な反応である、という想いに変わりはありあせん。絶句!志村けんさん死去70歳新型コロナに感染

  • 隅田川の生きものたち②&カレイ狙い!

    こんにちは小野派一刀流免許皆伝小平次です本日は、だいぶ暖かくなってきましたので、隅田川生きもの調査第二段をお送りいたしますというより、この季節限定で、隅田川は両国付近、40cmクラスのカレイが釣れる、と東京に引っ越してきたばかりのころに聞いて、去年初めてチャレンジ、今年もやってきましたもう少し海のほうへ行けば釣れる気配も高くなりますが、あくまでも『隅田川』で釣る、というシチュエーションにこだわりたいと思いますカレイを狙いながら隅田川の生きものを調査したいと思います前回の調査と、これまで釣り等により生息を確認している生きものを先にご紹介しておきます①スズキ(釣り)②マハゼ(釣り)③ボラ(目視、玉網)④ウグイ(釣り)⑤モクズガニ(前回調査)⑥オタマジャクシ(ウシガエル・前回調査)⑦ベンケイガニ(目視)⑧カレイ(マコ...隅田川の生きものたち②&カレイ狙い!

  • インド放浪 本能の空腹 ⑮  『インド家庭料理にご満悦』

    30年近く前の、私のインド放浪、当時つけていた日記からお送りいたしております前回、オーズビーと共に掘立小屋で甕の水で割ったウイスキーの水割りを飲み、一晩泊めてくれるというのでオーズビーの自宅へ、ベスパもどきのスクーターに二人乗りして到着、家族に挨拶をして、夕飯までの間、前夜の満員夜行列車の長旅の疲れから、男同士でベッドに横になり、泥のように眠ってしまった、と言うところまででした。つづきの前に、私がフォローさせて頂いているブロガーさん、「25時間目日々を哲学する」さんが、しばらく更新がなかったので気になり、訪れてみたら、お亡くなりになっていたようです心よりご冥福をお祈り申し上げますでは、つづきをどうぞ*********************************************************...インド放浪本能の空腹⑮『インド家庭料理にご満悦』

  • さすがドクター中松大先生!

    ドクター・中松氏コロナ対策の新発明「3兄弟」公開日刊スポーツおお!!さすがドクター中松大先生!!これ、厚労省で公認して、全国へ配って欲しいですね先生、早く日本全土を覆う、対核ミサイルバリアーを作ってください!!失礼ながら、まだご存命でいらしたのですねこれからも長生きして頂き、日本国のため、世界のために発明を続けてください!さすがドクター中松大先生!

  • あーーーやだやだ!コロナパニック!

    毎日毎日毎日、コロナコロナコロナ!なんだってこんな大騒ぎしてんだ!?そんなに怖いんですかね不幸にも亡くなられた方のご冥福はお祈りするものの、そのほとんどの方は80歳以上の高齢者であると聞きます高齢者だから良い、なんてことがあるはずもありませんが、80歳超えれば、元気なおじいちゃん、おばあちゃんもいらっしゃいますが、多くの人は衰え、体力も落ちます小平次の父も、80超えてしばらくは元気で、散歩なんかもしてましたが、去年ぐらいから急激に衰え、ちょうどコロナの発生したころ、風邪をこじらせ、肺炎、入院となり、その他の病気も併発し、今年の2月に亡くなりました病名は心筋梗塞、って病院で言ってましたが、元々は風邪をこじらせたところから始まったんですコロナコロナって、風邪とどう違うんです?コロナでなくとも、小平次の父は風邪が元で...あーーーやだやだ!コロナパニック!

  • インド放浪 本能の空腹⑭ 『1日だけのホームステイ』

    画像引用元そうだ、世界に行こう『インドの田舎村でホームステイしたらカルチャーショック祭りだった』インド放浪本能の空腹⑭『1日だけのホームステイ』30年近く前の、私のインド放浪、当時つけていた日記からお送りいたしております前回、どういういきさつでそうなったかはわからないまま、カルカッタからプリー行夜行列車でともに旅をしたオーズビー、彼と共に彼の愛車、ベスパもどきのスクーターに二人乗りし、海を見て、ヤシの葉でできた掘立小屋のオンボロレストランで卵焼きと、甕から汲んだ水で割ったウイスキーの水割りを飲んだ、というところまででしたでは続きを*******************************************卵焼きとウイスキーだけの簡単な食事を済ませ、おれたちは再びスクーターにまたがり走り出した。プリーの...インド放浪本能の空腹⑭『1日だけのホームステイ』

  • 新型コロナウイルス 雑感

    こんにちは小野派一刀流免許皆伝小平次です新型コロナウイルス…ちょっととりとめのない雑感…さて、新型コロナウイルスの感染拡大、連日大騒ぎです死者も出ているのでわからなくもないのですが、ちょっと騒ぎすぎじゃありませんかねあちこちで人が集まるイベント事が中止やら、延期やらになっているそうです人気アーティストのEXILEのライブも中止だそうで、残念がるファンの様子などが報道されておりました小平次の今の地元でも、行政の企画したイベント事が次々と中止になっています女房殿の勤める福祉施設でも、企画していたイベント事の中止要請が行政から来ておりましたが、女房殿、このイベントを楽しみにしていた高齢者なんかは、もしかしたら来年はもうこの世にいないかもしれないのだから、と言ってイベントを強行実施しちゃいましたイベントの中に、間もなく...新型コロナウイルス雑感

  • 新型コロナウイルスの感染拡大から垣間見える日本の現状

    こんにちは小野派一刀流免許皆伝小平次です本日は『新型コロナウイルスの感染拡大から垣間見える日本の現状』と題してお送りいたしますこのコロナウイルス、発生当初の報道番組なんかを見てましたら、日本全国の観光地で中国人客が激減し、閑古鳥が鳴いている、なんて報道ばかりが目につきました政府の対応も、感染拡大の危険とその防疫よりも、経済的な損失をいかに抑えるか、外交的な配慮をどのように行うかに重きが置かれていたように見えましたこれはつまり、死者まで出ているウイルスの感染拡大の危険とその防疫、国民の生命よりも経済的な損失と外交的配慮の方が重要だ、って風に見えますそれはさておき、以下のニュース『日本の観光、3か月間で1415億円損失…中国人観光客大幅減で』コロナウイルスの感染拡大により、中国人観光客が激減し、その経済的な損失が1...新型コロナウイルスの感染拡大から垣間見える日本の現状

  • インド放浪 本能の空腹⑬ 『オーズビーに連れられて』

    画像引用元(そうだ、世界に行こうインドの田舎村でホームステイしたらカルチャーショック祭りだった)インド放浪本能の空腹⑬『オーズビーに連れられて』前回、超満員の夜行列車で、押し合いへし合いどうにか一晩かけてやって来たプリー、その南国情緒あふれる静かな田舎の街並み、オーズビーのスクーターに二人乗りして風を切り走り出す、カルカッタとは天国と地獄ほどの差を感じる、プリー、にすっかりご満悦な私、というところまででしたでは、続きをお読み頂ければ幸いです*********************************閑散とした駅前からの一本道を南へ向かう、朝食(時間的に昼食?)の前に海を見に行こうとオーズビー、軽快にベスパもどきのスクーターを加速させる。道の両側には広い湿地のような空き地や、地震や台風が来たらひとたまりもな...インド放浪本能の空腹⑬『オーズビーに連れられて』

  • 英国 祝!!EU離脱

    こんにちは小野派一刀流免許皆伝小平次ですあのイギリスが、ついにEUを離脱いたしました小平次としてはタイトル通り『祝!!EU離脱!』という思いなのですが、報道等を見ているのどうも世間はあんまり歓迎していないように見えます先日もNHKのニュースを見てましたら、現地から中継の特派員さんが『この度のイギリスのEU離脱は、自由貿易や民主主義、という点においてEUと価値観を共にする日本にも、深刻な影響を与えることが懸念されます』はい?いつから日本は自由貿易なんて、強いものだけが勝ち残ればよい、儲かりさえすれば自国の国土に住んでいるのはどこの国の人間でもかまわない、なんて価値観を共有する、って国になったんでしょまあ、戦後なんでしょうねさらに、この特派員さん『トランプ大統領による自国第一主義の台頭…、云云かんぬん』日本は太古の...英国祝!!EU離脱

  • インド放浪 本能の空腹⑫ 『夜行列車』

    こんにちはインド放浪本能の空腹⑫『夜行列車』30年近く前の、私のインド放浪、当時つけていた日記からお送りいたしております前回、ほぼほぼ無理やりにカルカッタを脱出、その際に出会った男と少女、乗客名簿に自分の名前がなかった私は、とりあえずはこの2人に店のオーナーが何かを言ったおかげで、なぜだかはわかりませんが、いよいよ夜行列車に乗って南の街、プリーを目指しますでは、続きをどうぞ***********************************おれは、男と少女と向かい合わせに長椅子に座った。『ハロー、ジャパニー、ボクはオーズビーと言うんだ、キミは?』そう言って男はおれに握手を求めてきた。『ボクはコヘイジ…』おれも右手を差し出す。続けてにこやかに右手を差し出す少女とも握手を交わす。この客室?、にいるのはオーズビーと...インド放浪本能の空腹⑫『夜行列車』

  • インド放浪 本能の空腹 ⑪ 『カルカッタ脱出?』

    こんにちはインド放浪本能の空腹⑪『カルカッタ脱出?』30年近く前の、私のインド放浪、当時つけていた日記からお送りいたしております前回は、思わぬ150,000円もの出費に意気消沈しながら、ラームと好青年と共に派手なインド映画を鑑賞、その後ラームと別れ、好青年に連れられプリー行夜行列車に乗るためカルカッタハウラ―駅へ向かう、というところまででしたでは、続きをどうぞ*******************カルカッタのハウラ―駅に着いた時はすでに辺りは暗くなっていた。1000万人もの人が犇めく大都市のメイン駅、なかなかに大きな駅だ。決して人が少ないわけではなかったが、街の喧騒を思えば、夜ということもあってか、思いのほか駅の構内は静かで落ち着いていた。イギリスの植民地時代の首都であっただけに、駅の造りも英国風に見える。イン...インド放浪本能の空腹⑪『カルカッタ脱出?』

  • グレタちゃん 訪日?

    グレタさん、初訪日に意欲「今年も権力者に圧力」出典写真・記事共同通信こんにちは小野派一刀流免許皆伝小平次です本日は、あの国連演説で一躍有名になったグレタちゃんが日本に来たがっている、というニュースを見て、ちょっと思うところを書いてみたいと思いますグレタちゃんと言えば、国連、という世界中が注目する場において、いつまでもCO2の削減に取り組まない世界中の大人たちに向かって、強い言葉で非難した少女ですところで、今や地球温暖化はCO2の排出が主な原因であり、各国ともその排出削減に取り組まなければならない、というのが当たり前のように言われてますが、本当に地球温暖化の主な原因はCO2の排出によるもので間違いないんでしょうかそうではない、と言う人も決して少なくはありません温暖化についても、実は今地球は寒冷期に入っている、とい...グレタちゃん訪日?

  • 新年あけましておめでとうございます 今年の目標 若者と語ろう!

    新年あけましておめでとうございます本年もよろしくお願いいたしますさて、振り返ってみますと、小平次がブログを始めてから、前のブログも合わせますと、通算で10年ほどになります多くの方々にご訪問、コメントやフォローをいただき大変ありがたく感謝をしておりますブログを始めたことにより、他のブロガーさんから学ばせていただいたり、ゆうすけさんのように実生活でお会いできるようなこともあり、やはり感謝しかありませんなぜブログを書くのかと言えば、当たり前のことですが、自分の内心、感情を発信したいからに他なりません特に時事や歴史についての記事を投稿するのは、少なからず今の世の現状を小平次なりに憂う気持ちがあるからでしょうところが、10年もそういったことについて発信してきたにもかかわらず、今の日本は良くなるどころか、悪くなる一方のよう...新年あけましておめでとうございます今年の目標若者と語ろう!

  • インド放浪 本能の空腹 ⑩ 『なぜかインド映画鑑賞』

    応援クリック30年近く前の、私のインド放浪、当時つけていた日記からお送りいたしております。前回、ラームに誘われ買い物、支払いをインドルピーでしようとしたところ、これまで提示した金額は全部アメリカドルだと聞かされ、まさかの150,000円に意気消沈していた私…、ダッカで知り合ったK君も約束のSホテルにたどり着いておらず、私はその日の夜行で次の目的地プリーへ無理やり旅立つことに。夜行列車の出発までの時間、ラームたちとともに映画を見ることに…というところまででしたさて、つづきです***********************今夜のプリー行の列車の予約に好青年が走り、おれとラームは近くの映画館へ。賑わう映画館の前で好青年を待つ。ちなみにこの時のおれの格好は、インド男の民族衣装、丈の長いシャツにズボン、ピチピチの偽カシミ...インド放浪本能の空腹⑩『なぜかインド映画鑑賞』

  • インド放浪 本能の空腹 ⑨ 『ラームと買い物 衝撃的な結末』

    応援クリック30年近く前の、私のインド放浪、当時つけていた日記からお送りいたしております。前回は、カルカッタ到着早々知り合ったラームという男に連れられ買い物へ。そこで家族や友人、知人、付き合っていた彼女へのお土産を買い、買い物のお礼にと、店が出してくれたインド料理とビールにすっかり機嫌をよくした私…。調子に乗って森進一の『襟裳岬』まで歌ってしまった…、というところまででした。では続きをどうぞ!******************************おれが『襟裳岬』を、ワンコーラス歌い終えると、場は一息ついた雰囲気になり、そろそろこの宴も中締め、といった空気が流れていた。その空気を察し、おれは言った。『ラーム、そろそろ、ボクはダッカで日本人の友人と待ち合わせの約束をしたSホテルへ行きたいんだけど…。』『ああ、...インド放浪本能の空腹⑨『ラームと買い物衝撃的な結末』

カテゴリー一覧
商用