searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ザイルと焚火と焼酎とさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ザイルと焚火と焼酎と
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/1940sachiko
ブログ紹介文
ザイルを使う登山にちょっぴり憧れ、山中に泊まると焚火を囲み、下山後は焼酎でほのかに酩酊。いい加減なの
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2015/03/13

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ザイルと焚火と焼酎とさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ザイルと焚火と焼酎とさん
ブログタイトル
ザイルと焚火と焼酎と
更新頻度
集計中
読者になる
ザイルと焚火と焼酎と

ザイルと焚火と焼酎とさんの新着記事

1件〜30件

  • 南秋川小坂志川を久し振りに遡行。その美しさを見直しました!

    2018/7/14沢登りが上達するにはとにかく数多くの沢へ入ること。これが僕の考えです。人はより有名で美しい沢、すなわち一般的に遡行価値が高いとされる沢に入渓したがります。でも、僕は遡行価値が高評価でない沢でも、登ってみた価値は同等だと思います。つまり、連れて行ってもらう、お客さんなら高い対価を求めても仕方ありませんから、遡行価値が高いとされる沢へ向かうのも当然かもしれません。客なんですから。しかし、沢屋として自立したい者ならば、学ぶべき事柄はどんな沢にでも無限に転がっているのです。まあ、そんな理屈は別にして、今回の小坂志沢ではS上さんとT橋Kさんにトップを任せ、いろいろな判断を委ねたのです。僕は沢登り初めてのK端さんと沢の経験は少しあるもののYYDでは初めてのS藤さんをフォロウすることに。ところが、翌日から越...南秋川小坂志川を久し振りに遡行。その美しさを見直しました!

  • 北秋川の月夜見沢はやっぱり佳い沢でした

    2018/7/1僕が月夜見沢へ初めて入ったのは1983年5月15日のこと。あまり山行記録を残さない僕が、『東京周辺の沢』(昭和54年発行)という当時としては珍しい沢のルート図集の月夜見沢のページに鉛筆書きで書き留めてありました。僕が沢登りを本格的にスタートさせたのはこの本を発見してからです。仲間もおらず、ザイルワークも出来ない僕が、このルート図を精読して「ザイルが不要な易しい沢」のみに季節をかえて、幾度も訪れたのです。その最初は鷹ノ巣谷でした。1980年5月3日のことです。翌々日に何故だかもう一度入ってますね。この年には他にも逆川、水根沢谷、棡葉窪、石津窪、海沢も登っています。ノーザイルで登れない滝はすべて高巻いています。上記の沢と比べると、月夜見沢は易しい沢なのに登ったのは遅いですね。交通の便が悪かったからで...北秋川の月夜見沢はやっぱり佳い沢でした

  • 春の熊本城へちょっと散歩に

    2017/4/4これを書いているのは1年以上経過した2018年6月ですから、記憶はすでにあやふや。思い出そうとしてもほとんど何も出て来ません。熊本に行ったときは必ず熊本城へは行くことにしていますから、この時は天気も良くて急に出かけてみたのかもしれませんね。▲この日はいつもとは違う場所から巡ることにしました。14:09ころ。▲前回、2016年の年の暮れにここを訪れた際、この長塀には工事用の柵がありました。でも、今回はありません。少しずつ何かが進んでいるのでしょうね。14:14ころ。2016年12月28日の長塀の様子が下の写真です。▲ここも崩れ落ちていた建物の破片や城壁の岩が片付けられていました。崩壊したところもそれ以上崩れないようにコンクリで固められています。14:25ころ。▲場所によっては桜も満開です。14:2...春の熊本城へちょっと散歩に

  • 黒島 ――― 黒島へ渡りましたが、天候がよくなくて

    2017/3/29民宿を後にして、硫黄島港へ向かいいました。▲この家が硫黄島唯一のお店です。中央のガラス戸が開いていれば営業中。もちろん、昼間しか開いていません。このお店があったせいで、僕たちの硫黄島での食生活がとっても豊かになりました。12:59ころ。▲ほぼ定刻通りフェリーみしまが入港して来ました。13:18ころ。▲今日もジャンベでお迎えしてくれますが、春休みのせいでしょうか?人数が少ないですね。13:21ころ。▲島の男衆の手でフェリーに乗降用の通路が設置されます。13:23ころ。▲おーらんぽクッキーは長命草(ぼたんぼうふう)の入った硫黄島で作られているクッキーです。13:35ころ。▲定刻の出港です。今日は少し寂しい見送りでしたが、硫黄島は本当に楽しく過ごせる島でした。13:40ころ。▲恋人岬への途中にある岬...黒島―――黒島へ渡りましたが、天候がよくなくて

  • 硫黄島4~5日目 ――― 硫黄島最後の夜は民宿で過ごしました

    2017/3/28  硫黄島での僕たちが泊まる民宿は「マリンハウス 孔雀の里」です。今晩の宿泊客は僕たちだけのようです。夕食までの間、お風呂をいただき、洗濯機で洗濯をしたりしました。のんびりと過ごします。▲美味しい手作り料理でした。18:53ころ。▲島の山菜、ツワブキの入っている料理。18:56ころ。▲葉っぱの天ぷらは同じく島の山菜であるボタンボウフウだったと思います。さっぱりと美味しい味。18:57ころ。▲トカラ列島でもこの「伊佐錦 黒」が多く出回っていました。遠慮なく何杯も飲みました。でも翌日、支払いの際にはこの焼酎の料金が入っていませんでした。「焼酎呑みましたよ」と言うと、女将さんは「お酒なんかいいのよ。お酒でお金なんていただけないわ」と。一般的には、お酒で儲けを出すのが普通なんでしょうけれど・・・・。こ...硫黄島4~5日目―――硫黄島最後の夜は民宿で過ごしました

  • 硫黄島4日目 ――― 硫黄岳に大接近して来ました(下山後は・・・・)

    2017/3/28  硫黄島で必ず訪ねてみたかったのは東温泉と硫黄岳です。今日、硫黄岳に登ることが出来ました。山頂までは登ることは出来ませんでしたけれど、噴煙を間近で眺めることが出来て感動しました。▲硫黄岳からの帰り道、舗装道路上にジョウビタキがいました。何やらつついています。食べるものでもあったのでしょうか。12:03ころ。▲冒険ランドいおうじまにも寄りました。往きとは反対側の西側の入り口からです。小さなツリーハウス(でも、樹に架かっているわけではありません。キャンプ場のロッジみたいなウッディハウスです)にそれぞれ付いている外のテーブルで昼食をとりました。12:39ころ。▲幾つかある炊事棟の中はこんな感じです。12:40ころ。▲シャワー棟は閉まっていましたから中は分かりません。12:45ころ。▲トイレは使えま...硫黄島4日目―――硫黄岳に大接近して来ました(下山後は・・・・)

  • 硫黄島4日目 ――― 硫黄岳に大接近して来ました

    sati2017/3/28  今日もいい天気が続いています。S子の足腰の状態も戻ってきたようです。今日は硫黄島でのハイライトのひとつ、硫黄岳登山。噴気を常に噴出させている活火山ですから、どこまで登れるのでしょうね?  ▲みしまジャンベスクールには病院で見るようなこんなトイレもあります。車椅子の人でも楽に使えるトイレです。テント暮らしでこんなに綺麗なトイレを使えるなんて、実に快適でした。6:43ころ。▲右のなだらかな稲村岳の西の麓にみしまジャンベスクールはあります。ちなみに左の山は矢筈山。6:48ころ。こんな小さくて人も少ない島に何故こんなに立派なジャンベの学校があるのか? これまで不思議に感じておられた方も多いことでしょう。少し長くなりますが、三島村のHPからの引用を読んでください。1994年夏、三島村は遠く西...硫黄島4日目―――硫黄岳に大接近して来ました

  • 硫黄島3日目 ――― 恋人岬なのにS子はいませんでした

    2017/3/27今日は硫黄島の3日目。島旅初日からは6日も経ちました。自覚は出来ないような疲労が知らず知らずに蓄積されているようです。と言うわけで、S子は今日は休息日。腰や膝に疲れが溜まって、少し痛みもあるようです。▲昨日、お店のおばさんに教わったツワブキとボタンボウフウの下処理をしています。ツワブキは若い茎を摘んで皮を剥いてさっと茹でます。ボタンボウフウも同様。9:07ころ。▲ちょっと遅い朝ご飯はアルファ米の松茸御飯を雑炊っぽくして食べました。あく抜きしたツワブキとボタンボウフウをきざんで加えます。ボタンボウフウは長命草とも呼ばれている山菜だそうですね。癖もなく美味しいです。9:51ころ。▲午前中をのんびりゴロゴロと過ごしてから、僕ひとりで島歩きに出かけました。僕たちの黄色いテントが見えています。13:12...硫黄島3日目―――恋人岬なのにS子はいませんでした

  • 硫黄島2日目 ――― 島の中央の道を北の端へ散歩しました(その2)

    2017/3/26硫黄島は周囲19.1kmしかない小さな島です。しかも、硫黄岳のある島の東半分にはほぼ道はありません。ですから、島中すべてを歩き回ることはそんなに難しいことではないのです。坂本温泉を訪ね、次に島の北端、平家城跡を巡れば、島の北部はほぼ歩ききったことになるのです。▲硫黄岳の山肌のあちこちから噴煙が上がっています。13:30ころ。▲硫黄島でもクサイチゴの花は大きいですね。13:46ころ。▲Y字路へ戻り、今度は右の道を進みます。13:48ころ。▲途中、こんな看板がありましたから、入ってみることにしました。それにしても、大願成就の島とはどういう意味なのでしょうか?13:50ころ。▲山道のような急な道を下って行くと、波が打ち寄せる荒々しい海岸が見えて来ます。沖の白いのは坂本温泉からの温泉水でしょうか?13...硫黄島2日目―――島の中央の道を北の端へ散歩しました(その2)

  • 硫黄島2日目 ――― 島の中央部の道を北の端へ散歩しました(その1)

    2017/3/26昨晩は「みしまジャンベスクール」で快適な一夜を過ごしました。椅子に座って食事ができますし、Wi-Fiも自由に利用できます。蛇口をひねれば水は出ますし、水洗トイレもあるのです。快適でないわけがない!そして今日、硫黄島での2日目が始まります。▲朝、スクール前庭の小高くなった土手から港を眺めました。堤防で釣りをしている人たちがいました。7:23ころ。▲「みしまジャンベスクール」の全景です。後ろに見える山は稲村岳236.2m。7:23ころ。▲スクールの食堂に戻って朝食タイム。熊本で購入したクラムチャウダーが美味しかったです。8:08ころ。▲海藻サラダの乾燥した海草を水で戻します。それを温めて・・・・8:23ころ。▲海草サラダを具にして、インスタントラーメンを作りました。サラミも入っているようですね。結...硫黄島2日目―――島の中央部の道を北の端へ散歩しました(その1)

カテゴリー一覧
商用