searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

富山マネジメント・アカデミーさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
富山マネジメント・アカデミー
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/toyama0811
ブログ紹介文
富山新聞文化センターで2015年4月から開講します。教科書、参考書、講師陣の紹介、講座内容の紹介をいたし
更新頻度(1年)

38回 / 365日(平均0.7回/週)

ブログ村参加:2015/03/09

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、富山マネジメント・アカデミーさんをフォローしませんか?

ハンドル名
富山マネジメント・アカデミーさん
ブログタイトル
富山マネジメント・アカデミー
更新頻度
38回 / 365日(平均0.7回/週)
フォロー
富山マネジメント・アカデミー

富山マネジメント・アカデミーさんの新着記事

1件〜30件

  • 金沢大学と富山大学の法人経営統合の可能性

    富山大学の事務職員の間で、富山大学は金沢大学に統合されるという噂が根強く広がっている。というのは、名古屋大学と岐阜大学の関係において、後者が前者と上位で経営統合したからである。それに対応し、金沢大学に本省からキャリアー官僚が、理事・事務局長として赴任してきたと、理解されている。そこで、富山、金沢大学を「国立大学法人北陸大学HD」の統括経営の傘下にまとめる構想が具体化されるだろうという観測である。金沢には、やっかいな国立大学がある。それは、金沢大学である。素人筋は、金沢大学では、産学共同型の研究が進み、学生が産業界で即戦力に対応できるように教育されていると想像する。そして、その水準は、富山大学よりはるかに上にあると想定する。しかし、金沢大学は学部・学科の専攻追及の細分化された教育とは逆に、主専攻・副専攻をバランス...金沢大学と富山大学の法人経営統合の可能性

  • 渋沢栄一「論語講義」09/01

    原文は、「曽子いわく、終わりを慎み遠きを追えば、民の徳に厚きに帰す」とある。実は、この句は、漢王朝の時代から誤解されてきた。「終わりを慎み遠きを追う」とは、先祖の祭祀を盛んにすることだと誤解されてきた。孔子学派の教材である「管子」を調べると、「終わり」とは、Goleゴールのことを意味しています。「未来の目標を慎重に定め、民衆に示したら。民衆は慕い寄ってくる」という意味です。今、SDGsのGsが、それに当たります。これは、2200年間、誤って解釈されてきました。仏教も中国化して、先祖祭祀になったのも、この章の間違った解釈に原因しています。この章は、渋沢先生の解釈に従う必要はありません。渋沢栄一「論語講義」09/01

  • 渋沢栄一「論語講義」08/01

    <君子には、重厚さがいる。忠義に欠ける人を友とするなかれ。間違いを正すに、ためらいはするな。>渋沢先生は、3項目に分けて理解されているが、根本は、友人論である。適切な友人から忠告ないようでは、君子といわれる立派なリーダーになれない。渋沢栄一「論語講義」08/01

  • 渋沢栄一「論語講義」07/01

    子夏は、孝悌の行いがきちんとできれば、それだけでも、学んだと評価してもよい、と言った、渋沢栄一さんは、何事も実行が先に立つと、この子夏の言葉を誉める。なお、原文の「賢賢易色」は、賢を賢とし色に易る、と読み、「色」を好色と解釈するが、中村の研究では、顔色を変える、つまり、食事と日常の倫理により、顔つきも顔色も変わってくることを意味している。好色とすれば、渋沢さん、相当な好色家だったそうだ。賢人を賢人として敬い、食事と気持ちの張りにより顔つきを良くするのも、孝悌の一つだという。渋沢栄一「論語講義」07/01

  • 渋沢栄一「論語講義」06/01

    最初に、数字記号の意味を説明します。◆/01は、第一篇の学而を意味します。06は、学而編の第6章を意味します。この番号は、底本である渋沢栄一の「論語講義」の講談社学術文庫の章だてに会せています。論語の原文は、ここでは繰り返さないで、中村哲夫が原文の意味を要約します。<弟子はまず孝悌の行いを身に着け、多くの人に博愛の精神で行動しなさい。そして、余力があれば、読書して学びなさい、と。>渋沢栄一さんは、まず実学の実践を先に、そして学問をしなさい。空理空論の学問を諌めている。さて、この章は、孔子の知行学説をはっきり述べたもので、全てが孝悌の実践に始まるという。この孝悌を基本とする思想は。「管子」に起源している。孔子は、あの膨大な「管子」の思想命題から、未熟な青年がなすべき道として孝悌の実践を教育の柱とした。これは、パク...渋沢栄一「論語講義」06/01

  • 朱子学の謎:理と気の二元論

    朱子学は、理学とも呼ばれるが、普通は、孔子の儒学の継承ではなく、宋王朝の時代に易学から導いた「理と気」の概念を基軸とする哲学である。そのため、孔子の儒学にたいし、異質な「新儒学」と理解されている。しかし、「理と気」の、特に「気」の概念は、孔子に先駆ける管子に始まる。朱子学では、管子との関係を一切、断絶しているが、管子の「宙合」篇にみられる「気」の概念は、孔子にはほとんどみられない。孔子の易学は、「道と器」の二元論の哲学に帰結している。つまり、朱子は孔子の「道器」論ではなく、管子の易学から「理気」論を引き出している。また、朱子は、「孟子」をもちあげて、初心者が学ぶべき四書として、大学、中庸、論語、孟子を挙げており、孟子のみ「気」の概念を展開していることから、孟子を省くことができなかったと思われる。いずれにせよ、朱...朱子学の謎:理と気の二元論

  • 安倍元総理の「底値」を評価する

    安倍元総理は、アメリカとの同盟において現実的に有効な役割を果たしてきたが、どうやらトランプ外交が終焉しそうになり、日本外交の切り札としての安倍前総理の外交カードは、大きく暴落した、さらに、桜を見る会の前夜祭の「議員個人後援会」の運営をめぐり、公設秘書が略式起訴となり、安倍氏本人が検察の事情聴取をうけることになった。政治評論としては、このまま安倍株が大暴落し、岸田、石破レベルまでダウンするかどうか、そこが12月上旬の焦点となる。安倍氏の評判の暴落の「底値」がどこにありり、その「底値」がさらに底割れするかどうか、そのあたりを見極める必要がある。結論的には、総額700万円、しかも「収賄」ではなく、「後援会」の維持費として、政治資金報告書の記載義務にかかわるので、安倍氏が公設秘書を指揮して行った行為でないことが、検察の...安倍元総理の「底値」を評価する

  • 荀子における君子と小人

    孔子が、君子と小人を論じると、小人にはなんの取り柄もないように切り捨てる。ところが、同じ儒学者でも、荀子は、君子を二分し、善人の君子と、悪人の君子とに分ける。さらに、小人も二分し、善人の小人と悪人の小人とに分ける。小人の善人は、悪人の君子よりも、はるかに社会に貢献すると説く。孔子には、宰相の経験がない。荀子には、宰相としての経験値がある。経営学とすれば、荀子の論が妥当である。我々は、小人と卑下するに終わらず、善人として小さな善を尽くすことだ。荀子における君子と小人

  • 富山県、新田県政の課題(4)公共交通

    新幹線と並行在来線の整備の時代から、加越能を俯瞰し、北陸を東西の横断的に結ぶ鉄道をX軸とすると、縦軸に当たるY軸の交通をいかに充実させるのか、それが北陸十字路の構想である。まず、東では、新幹線黒部駅を活かした連携、西では、新高岡駅を活かした鉄道の十字路化が大きな課題となる。また、単に鉄道だけでなく、バス交通の連携が大きな課題である。さらに、物流のための道路整備、渋滞ネックの解消など様々な交通経済の総合政策が期待される。また、物流のラスト・ワンマイルにつき、10年ー20年先の超高齢社会を見据えた対応が期待される。加越能を俯瞰する公共交通の充実には、石川県政とのすり合わせが、問題の解決には欠かせない。富山県、新田県政の課題(4)公共交通

  • 富山県、新田県政の課題(3)データ県政への道

    石井県政のもとでは、統計は、まず石井県政の宣伝、広報に利用され、県政の道筋を検証するデータサイエンスではなかった。さらに、統計の数字は、単純な都道府県のランクや、中学数学のレベルで行われていた。新田県政では、多変量解析を駆使し、回帰、重回帰、主要因分析など、最先端の政策科学のデーターサイエンスを目指すことになる。それには、富山大学と提携し、データーサイエンスを軸に統計の高度化を目指していくことになるだろう。富山県、新田県政の課題(3)データ県政への道

  • 富山県、新田県政の課題(2)

    ゲーム理論の使い方、組み立て方の違い石井県政では、サッカーのセンターバックの目でゲームを作る。ミスは、ゴールキーパーに回す。この最後の守備ラインからのゲーム感覚を少年時代にセンターバックを経験すると、攻撃陣に、あるいは、キーパーに、ゲーム勝敗の責任を問う意識が残る。石井県政では、知事がプレーヤーとして、ゲーム参加しすぎた。10歳代のゲーム脳は、70歳でも残る。新田県政では、ラグビーのゲーム経験、特に強くない同好会のゲーム経験者なので、勝敗よりも、まず仲間意識を高めることを最優先する意識がある。そのうえで、11人のサッカーと、15人のラグビーでは、ラグビーのほうが選手の専門性、分業が細分化されているから、経営のトップは、優れたラガーマンから学ぶことが多い。新田さんは、個々のプレーヤーを信頼して仕事するので、指示待...富山県、新田県政の課題(2)

  • 富山県、新田県政の課題(1)

    県民の県政参加の意識改革石井県政は、中央官僚への要請、請託を県知事が請け負う「請託」型の県政であった。タウン・ミーティングといっても、地域の要請を聞いて、知事が要請の優先度を自己判断する「目安箱」に過ぎない。結果として、石井県政の集票にも機能しなかったから、県民に任せてくださいという逆の哀願になった。大衆を蔑視することと、大衆に追従することとは、実は同じ円を一周するだけである。新田県政は、基本理論が経営学にある。県を一体の総合企業体になぞらえて、営業の展開により、富山の人口が自然に増えていくための経営改善の運動である。統治の対象として県民を見るのではなく、県民が一課題でも、富山県の繁栄のために公益に寄与できる人材として県政の参加する主体に成長する、新田知事が並走、伴走するイメージである。したがって、新田知事の代...富山県、新田県政の課題(1)

  • 中沖知事の時代にあったアメリカオレゴン州との提携を活かす

    富山県は、中沖知事の時代にあったアメリカのオレゴン州政府との姉妹提携が、石井知事の時代に途切れました。新田八朗候補は、選挙公報で、この姉妹提携を復活すると約束しています。富山の大学から、多くの学生の英語研修を支援、オレゴン大学の薬学部との関係を復活したいものです。中沖知事の時代にあったアメリカオレゴン州との提携を活かす

  • 中国共産党は、北朝鮮への支援を強化

    10月19日,党和国家领导人习近平、李克强、栗战书、汪洋、王沪宁、赵乐际、韩正、王岐山等在中国人民革命军事博物馆参观“铭记伟大胜利捍卫和平正义——纪念中国人民志愿军抗美援朝出国作战70周年主题展览”。人民日報の報道は、引用の通り。注目すべきは、王岐山の党内地位が危惧されていたが、第8位で国家副主席の地位を保持している。多くの中国観察者の分析とは異なり、中共の外部的な危機が、チャイナ7の内部闘争に休止符を打たせた要因である。中国共産党が外部世界が期待する方向に解体するには、世代交代を経て、2060年代を待たねばならない。軽率な判断が、大きな誤算を招く。中国共産党は、北朝鮮への支援を強化

  • 軍事研究は、戦争を実行するためより、敵対勢力を抑止するため

    日本の学術研究者は、軍事研究を戦争実行のためと短絡して理解している。そうではない。戦闘は最悪の事態であり、それを避けるには、敵国が戦争を諦めるほどの国力を増強することである。抑止力を高めるために、軍事研究はある。その抑止力の一部に、アニメ文化のように日本文化が、外国人に広く親しまれるためのソフト・パワーも含まれる。宇宙研究も、しかり。短絡的な戦争観では、自国は守れない。先に攻め込む先制攻撃では、国際世論から孤立する。外交も大事な軍事研究を含んでいる。だから、駐在武官の制度がある。日本にある中国大使館には、人民解放軍が派遣する駐在武官がいる。反対に、北京には、日本の防衛省の派遣する駐在武官もいる。軍事研究は、戦争抑止力を高めるための備えである。軍事研究は、戦争を実行するためより、敵対勢力を抑止するため

  • 菅政権ー経済団体連合会ーSDGs

    経団連が11月をめどに、菅政権の新型コロナウイルス感染拡大収束後の経済政策への反映を目指す新成長戦略を取りまとめる。企業が社会的な課題を解決することで収益をあげ、存続、発展していくことを経営の根幹に据え、持続可能性を重視するSDGsつまり「サステナブル資本主義」への転換を強く打ち出す。社会のデジタル化や気候変動対策技術などを、新たな成長分野と位置付ける。富山県も、経済界からリーダーを出し、持続可能な富山経済の検討をしたから起こしていかねばならない。菅政権ー経済団体連合会ーSDGs

  • 菅政権ー経済団体連合会ーSDGs

    経団連が11月をめどに、菅政権の新型コロナウイルス感染拡大収束後の経済政策への反映を目指す新成長戦略を取りまとめる。企業が社会的な課題を解決することで収益をあげ、存続、発展していくことを経営の根幹に据え、持続可能性を重視するSDGsつまり「サステナブル資本主義」への転換を強く打ち出す。社会のデジタル化や気候変動対策技術などを、新たな成長分野と位置付ける。富山県も、経済界からリーダーを出し、持続可能な富山経済の検討をしたから起こしていかねばならない。菅政権ー経済団体連合会ーSDGs

  • 中国共産党は、政党として最新鋭の空軍機を運用

    中国という国家は、機構のうえで、行政の宰相には軍隊の指揮権は一切ない。中国共産党の総書記が、軍と国家の軍事委員会を掌握している。私的な組織である中国共産党が、国民国家の上位に君臨している。いまや中国空軍は、ロシアからの軍事技術の供与をうけ、太平洋の西半分の制空権をえるために、台湾を武力統治する準備を怠ってはいない。中国共産党は、政党として最新鋭の空軍機を運用

  • 中国共産党は、政党として最新鋭の空軍機を運用

    中国という国家は、機構のうえで、行政の宰相には軍隊の指揮権は一切ない。中国共産党の総書記が、軍と国家の軍事委員会を掌握している。私的な組織である中国共産党が、国民国家の上位に君臨している。いまや中国空軍は、ロシアからの軍事技術の供与をうけ、太平洋の西半分の制空権をえるために、台湾を武力統治する準備を怠ってはいない。中国共産党は、政党として最新鋭の空軍機を運用

  • #尖閣諸島を含め、台湾をめぐる中国共産党軍の動静

    日本国にとって、アメリカ空軍と中国共産党軍との空中戦が、かってない深刻な状況にある。これは、アメリカの大統領が民主党の政権になっても、議会筋は一致して、中国共産党軍への警戒レベルを上げてきており、この趨勢は、これから10年くらいは続きそうである。日本は、イギリスとの通商条約の締結、インド、オーストラリアとの軍事提携がすすみ、全体としてアメリカの同盟国として台湾を自由主義の砦として守る側にある。このことは、富山県にとり国際環境の重大な変化を意味している。#尖閣諸島を含め、台湾をめぐる中国共産党軍の動静

  • 日本の未来:最後尾にも行列できない弱者へのケアー

    自由民主党が進化してきた。行列の最後尾にも並べない人を切り捨てない経済社会を、財政制度として確立することに国民政党としての自覚が生まれた。どんな野党でも、まねのできない社会保障の仕組みと、具体的な支援の施設を整えてきた。これは、富山県の県知事選挙の争点にはならないくらい、この50年、富山県は進化してきた。自由民主党は、行動する福祉政党として、公明党をしのいでいる。では、こうした福祉の元となる資金は、法人からの税と、個人からの税と、大別できるが、元気で生き生きと働くひとの力にある。では、この50年、富山県政は進化したのか?進化したのは、すべて民間企業であり、大学など高等教育機関である。ところで、民間主導といえば、営利主義だと拒否する方は、実は石川県には多い。この官尊民卑の風潮は、富山県にもある。この50年、富山で...日本の未来:最後尾にも行列できない弱者へのケアー

  • 地方自治体の起業支援策の間違い

    地方自治体は、起業塾を設置し、志願者を教育支援し、さらに融資の紹介とか、PRの支援んとか、あれこれ支援するが、実は、成功率に直すときわめて低い結果におわる。それで、僕は企業のなかの起業でないかぎり、地方自治体の起業塾には、否定的である。理由は、市場での開拓的な新サービスの営業、制作、販売などの事業のコアーと、企業主を含めた健康保険、失業保険、その他、社会保険の事務、さらには、大事な経理、金銭管理などの定型の業務という「非営利の義務作業」とが並行する負担である。これをうまく突破したのは、北陸コカ・コーラボトリングさんで、持ち株会社のもとの10社の分社を機能させ、リサイクル事業は本社業務以外の領域に自立起業する方式である。起業して煩わしいのは、企業としての固定業務で経費ばかりを食う非営利部門に苦しむことになる。これ...地方自治体の起業支援策の間違い

  • 国難と国運

    国難と国運ともに、忘れられた言葉だ。僕らが「日本の」、といった場合、国民が先に浮かび、国家が思いつかない。国家には、国家としての生命があり、まるごと国家を失ったり、いきなり国家が建国されたりする。近い事例では、大韓民国がそれである。中国も中華を復興する革命で1912年に建国されてからの国家である。軍事が国家の要にある。日本国では、1945年以降、経済復興が最優先となり、国家の安全保障をアメリカに委ねたまま、経済大国となり、経済主義が最優先されている。問題は、周辺の国家が、日本の経済優先の弱点を実力で侵しはじめたことである。これに対し、国民は年金制度、健保保険、失業保険などの国営の保険制度が、誰のものでもない国民保険資産と個人資産が日本銀行券に一元的に集約され、ついに抽象的な国民経済国家として、みんなの国家として...国難と国運

  • 石井知事、得意な分野でありえないミス

    コロナ禍にあたり、安倍内閣は、地方自治体にも臨時交付金を支出した。ところが、石井知事は、臨時交付金を県財政が受領するまでに時間がかかるので、県独自に蓄えた財政基金からコロナ対策費を支出した。そのとき、政府から後日に下付される臨時交付金を県の財政基金の穴埋めにもどせるはずだと信じていた。しかし、臨時の災害の給付金は、制度の趣旨からして県独自の蓄えである財政基金に繰り入れることは許されないことが後日、明らかになった。それで、全国知事会の役職の立場から、臨時交付金を県の財政基金に組み入れられるように、政府に「要請」すると公表しているが、全国の知事で同じミスをした知事は少ないので、知事会の会長を含め知事の総意で、政府には「要請」できない。安倍内閣は、そんな臨時交付金の制度趣旨に反することは認められない。得意の分野で、人...石井知事、得意な分野でありえないミス

  • 富山県、石井県政16年の決算

    五選、20年の石井県政を目指す勢力は、過去16年の決算を2点に集約する。1つは、北陸新幹線の県の負担額を軽減したこと、2つは、350憶超の赤字財政の構造を解消したことである。ところが、決算は、得たものと失ったものをプラス・マイナスの両面をみることが必要だ。1つは、北陸新幹線の開通で、県営の事業である富山空港の衰退を招き、金沢から敦賀まで延伸すると、石川の小松空港の利便性が向上し、北陸空港の昇格し、富山空港の存続余地はなくなる。つまり、県民資産の大減殺となった。新幹線の負担額の軽減分のプラスは、富山空港の存続条件を失う負債と相殺される。2つ目の赤字は、支出面でのカットであるが、他方で、県有資産の大幅な減少がある。それは、戦前の県営電力事業の北陸電力への移管の代償として得た北陸電力の膨大な保有株が、3000円近くか...富山県、石井県政16年の決算

  • 富山県知事選の選挙の科学

    最も単純な選挙の科学は、候補者と有権者との接点のポイント数だという。これは、田中角栄さんの持論である。これを現代的に言い換えると、「影響力のある人物」と候補者とを結ぶ線の線分の形である。一人一人は、1票しかない。だから、ある市長が支持を表明、その影響力を拡大しても、結ぶ線分の数は増えない。左の図のようであれば、自ずと拡張の限界がくる。つまり、上位下達の構造である。反対に、右の図ように、影響力のある人物から、一人の有権者への二本から、三本の認知関係の線があれば、横へ横へと広がる。これを現実の地図に落とし、緻密に組み上げる思考は、日本海ガスの供給網と相似する。写真の人物は、真ん中は、高橋はるみ参議院議員さん、左は中村、右はM氏。中村は富山マネジメントアカデミーとして、県下の15の優良企業の総務人事に連絡網がある。影...富山県知事選の選挙の科学

  • 過去に経験のない税収の崩壊:石井知事の経験則の限界

    x軸を地域互恵型の経済原理、y軸を市場経済原理、zを指令型経済原理とすると、コロナウイルス恐慌は、確実に世界市場の交易を縮小させるから、均衡点のmは、x軸とz軸とで囲まれる面に引き寄せられる。y軸とz軸とで作られる面は、市場経済が最大限に機能する時、均衡点mが接近する。そして、市場経済と税収とは正比例するので、大幅な税収の減少が想定される局面では、均衡点mはZ軸から離れる。このように、地域の互恵型経済に依存するならば税収の大幅な縮小が生じる。それをカバーするためには、国の補助金に頼るのが、あたかも正解に思える。しかしながら、国の税収が減る以上は、国の補助金の依存は限界に達する。そこで、期待されるのが、縮小する世界市場のなかで、富山と台湾との地域限定の国際市場の相互開放など、中国大陸に依存しすぎた富山経済の方向転...過去に経験のない税収の崩壊:石井知事の経験則の限界

  • 新田八朗さんに捧げる

    新田八朗さんに捧げる天下、県下に師を求める旅人たれ海には、漁撈の名人が山には、製材の名工がそして、街には販売のプロたちがこの富山を支えている。彼、彼女らの耳鳴りの声、聴いて、聞き飽きない旅人たれ新田八朗さんに捧げる

  • 政策科学の基本形:3種の経済原理の均衡

    X軸は、互恵型の経済原理である。太古の部族社会に強くみられるが、現代でも、地域の互恵の共助にみられる。日本の場合、明治以来の小学校区に強くみられる。さらに、里山の入会地という共有地の利用にもみられる。Y軸は、市場型の経済原理である。太古は、部族と部族の間の物々交換として現れる。利害が常に均衡しないから、互恵型の経済原理とは区別される。Z軸は、指令型の経済原理である。徴税、兵役、貢納などの国家による収納と、道路、橋、水路などの公共事業への公共投資により、X軸、またはY軸への一元化を避けて、点mにおける3軸の均衡点が生まれる。これは、太古の部族社会の静態から、現代の先進国から未開部族社会の地球的規模の共存を説明することができる。太古→古典的な帝国→封建領主制→資本所有制→資本の所有者の社会からの離脱という発展ととら...政策科学の基本形:3種の経済原理の均衡

  • 共同事業体「地域商社とやま」を創る

    富山県は、日本で最初の「地域商社」を企画してもより地域である。理由は、海産物、林産物、農産物、そして包装、輸送の産業がすべてがそろっているからだ。それを建築産業のように、共同事業体をつくり、特定の事業企画ごとに会計帳簿をつくり、事業単位ごとに清算する仕組みである。これは、長崎の華僑のやりかたで、ルーツは寧波にある。商社は「号」として登記し、香港では英文で登記していた。プロジェクトは、「記」と呼び、参加する「号」がいくつか集まり「記」という会計帳簿をつくる。現在、伏木ー香港をコンテナの共同利用で輸送するそうだが、運送業者さんの知識では、運ぶだけで、仕向先の相手国に、それを売りさばく「地域商社とやま」がない。だから、コンテナを往復させて、帰りの便で、香港から富山に輸出する仕組みがないので、片道の貿易となる。これでは...共同事業体「地域商社とやま」を創る

カテゴリー一覧
商用