chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
サッカーおでんのブログ https://blog.socceroden.com/wp/

日本人の高い身体能力を活かすサッカー技術を紹介しています。偉大な選手達が使う技術を手に入れよう。

日本人の高い身体能力にあったサッカー技術が必要です。 今使っている技術は日本人には小さすぎる。 偉大な選手達が使う技術に変える時期がきています。 ブラジルからはロナウド選手、ロベルトカルロス選手。アルゼンチンからはマラドーナ選手。他にもガリンシャ選手等。無回転やシザース等も有り。 偉大な選手達の技術を改良した「おでん式(日本式)キック」で、W杯最多優勝国になりましょう。

サッカーおでん
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2015/02/27

1件〜100件

  • 指導者の常識が正しいか、成長出来ないときほど確認しよう

    指導者の知識が間違っていると、教え子は全滅します。自分の努力や才能に関係無く、サッカー人生が終わります。自主練習も頑張り、様々なことも試したが結果が出ない。頑張る前に、指導者や教科書が正しいか確認しましたか。間違った九九を覚えても算数は得意になりませんよ。

  • 勝つべき試合。知性が光るエクアドル戦

    2022年9月27日。エクアドル戦がありました。知性が光るプレーや参考にしたいプレーを紹介。点が欲しい試合でしたね。

  • ボールを蹴るのではなく投げる発想

    足でボールを飛ばすと聞くと、蹴る動作を連想しますよね。蹴る動作も正しいのですが、実は投げる動作も正解になります。足でボールを投げたことはありますか。

  • 選手の能力を決める機体選びとシュート性能

    サッカー選手の能力は選手の機体選びで決まります。高性能な機体を選ぶ選手は能力が高く、平凡な機体を選ぶ選手は性能も普通。能力を自由に選べるとしたら、どの機体を選びますか。

  • 指導者が教えないシュートの決め方、点の取り方を覚えよう

    シュートの決め方、点の取り方を指導者から教わりましたか?おそらく、教わっていないのでは。指導者が教えないなら、個人で学びましょう。

  • もっとシュートと圧力が欲しいアメリカ戦

    前半。日本が得点する前の場面。時間帯は不明ですが、素晴らしいプレーがありました。誰のプレーか分かりませんが、日本側が相手ゴール近くでボールを繋げた場面。育成年代の指導者が押し付けるであろう単純なボール扱いなら相手に奪われた場面でしたが、勝負に間に合うプレーで日本ボールになる。

  • 「うまいのはペレだけ。あとは同じ」指導者のセンスとは

    うまいのはペレだけ。あとは同じ。非常に興味深い言葉ですね。指導者のセンスが問われる文章。この文章を、どのように解釈するか。サッカー初心者に質問されたとき、どのように答えますか。

  • ボールの扱い方は2つだけ。指導者に内緒で上手くなろう

    サッカーに必要なボールの扱い方は2つだけ。ボールの芯を撃ち抜く、芯をはずす。この2つだけです。指導者も習っていないと思うので、指導者に内緒で上手くなりませんか。

  • 蹴り足の振り方を変えて指導者が正しいか確認する

    指導者から蹴り足の振り方を指定されませんか。「この振り方は正しいが、別の振り方は間違いである」と言われたことはありませんか。蹴り足の振り方に正しいものと、そうではないものが存在するのでしょうか。

  • ボールに慣れる遊びで上手くなる

    サッカーボールに慣れると、様々なことが出来ます。まだ慣れていない人は、早めに慣れるようにしましょう。今回は、ボールに慣れるための遊びを紹介します。

  • サッカー選手が成長中に忘れやすいこと

    上手くなる方法を探す人は多いと思いますが、成長中の人向けの情報を探す人はいるでしょうか。成長中は手応えを感じるため、あまり気にしないかもしれませんね。結果が出ているときこそ、自分が見落としていることがないか考えましょう。

  • 指導者は常に正しいのか

    指導者は常に正しいと思いますか。サッカーを正しく認識しているか。そもそも、正しいとは何なのか。考えたことはありますか。

  • 最初に選ぶ技術で成長速度が決まる?

    サッカーで一番目に習うことは何でしょうか。習うとは、初心者が自分で生み出すことではなく、指導者に押し付けられることです。最初に何を押し付けられるかで成長速度が決まるかもしれません。

  • 指導者の伝える能力が低いと成長が遅くなる

    指導者の日本語が変だと、成長速度が遅くなります。選手の頑張りでは変えられない部分があると、チーム全体の能力が下がる。当たり前のように使用される言葉でも、指導者の能力が低ければ選手を混乱させてしまいます。指導者の日本語能力は平均以上なのか。

  • サッカーに必要な動きと相手を騙す動き

    身体の使い方を学ぶときは、それが必要か考えましょう。動作を意識するあまり、次の予定が動きに出ることがあります。サッカーは相手がある競技なので、出来るだけ考えを読ませないようにしましょう。

  • サッカーで使う前後左右への動き方

    試合中に、様々な方向に動くことがあります。前への移動は普段から使用しますが、左右や後ろへの動きは慣れないと不自然になります。サッカーが上手くなりたいなら、前後左右への動きを確認しましょう。

  • 浮かせるシュートで相手の動きを止めよう

    シュート練習をするときに、浮かせるシュートも試していますか。毎回左右に飛ばすだけの練習だと、試合で良い結果を出せませんよ。相手GKの動きに対応してシュートを使い分ける判断力を磨きましょう。

  • 積極的なシュートと消極的なシュートを分けるもの

    同じシュートでも、積極的なシュートと消極的なシュートがあります。積極的なシュートを撃つには何が必要か。何が必要か分かりますか?

  • 優秀な指導者は学ぶ側の負担を減らす

    サッカーの説明を読むとき、情報が足りないと学ぶ側の負担になります。趣味で情報発信を行う場合は足りないことがあるかもしれませんが、仕事として選手に教える場合は別です。仕事をせずに報酬だけもらう指導者が多くないか。

  • サッカーで大きな違いを生み出す自然な加速

    サッカーでは速い動きと遅い動きを使います。速度の変化が不自然だと、次の狙いを予測されることがあります。相手に考えを予測されないように、速度の変化を自然にしましょう。

  • 歩き方が悪いとサッカー上達に影響するのか

    サッカーが上手くなるために、色々なことをしているのに成果が出ない。お手本は簡単そうにしているのに、実際に試してみると出来ない。なぜなのか。もしかすると、使用していない動きがあるかもしれませんね。

  • ドリブルでボールを触るときに意識したいこと

    ドリブルをするときには、触る必要があるか考えるといい。ボールを触ると動きが変わるため、変化に対応出来ない人もいるかもしれない。無駄に触り続けてボールを失わないように、触る理由を探すといい。

  • 泥臭い得点も格好良い得点も同じ1点

    理想のシュートを決めたい人は多いと思います。完璧なものを求める前に、何があるか確認するといいでしょう。思い付くだけシュートを考える。想像出来たシュートの中から良いものを選ぶ。良いシュートとは、点を取れるシュートのことです。

  • サッカー上達には何軸がいいのか?

    サッカー指導者から、身体の使い方のことで何か言われませんか。「何とか軸」を使うと上手くなる。「何とか軸」を覚えると上達する。サッカーに適した身体の使い方は何でしょうか。サッカーおでんは、八百万軸(やおよろずじく)を採用しています。

  • サッカー上達で気を付けたいシュートのこと

    サッカーが上手くなりたいなら、シュートを覚えてください。ただ、1つ注意点があります。それは、シュートの考えを確認すること。シュートに対する考え方が違うと、生まれるサッカーも別物になります。

  • 上達したいなら言葉の意味を確認しよう

    サッカー上達のために指導者の話を聞くことがありませんか。指導者だけでなく、他の人の話も聞くでしょう。相手の話を聞いたが、実は受け取り方が間違っていた。話す人と聞く人の言葉の意味が違うと、余計混乱するかもしれませんね。

  • 自分の勝ち点3を増やすために意識したいこと

    試合に勝つと勝ち点3を得る。勝ち点はチームだけでなく、自分の成長にも影響を与えます。優勝チームは勝ち点が多い。そして、上手い選手も勝ち点が多くなる。ならば、自分の勝ち点を増やすことを意識しましょう。

  • サッカーで成長が遅い人の特徴

    サッカーで成長が遅い人の特徴は何だと思いますか。色々な意見があると思いますが、最大の特徴は教科書を読むまでが遅いでしょうか。周りは教科書を読んでいるのに、まだ読んでいない人は成長が遅くなると思います。では、なぜ教科書を読むのが遅れるのか。それは、指導者が原因だから。

  • サッカーで正解と間違いを共有する意味

    味方が気付いていない情報を伝えることでチーム全体が有利に戦える。自分は気付いているのに味方には教えない選手がいると、戦力が落ちるでしょう。これは指導者でも同じことが言えます。指導者が選手達と正解と間違いを共有出来ているか。周りとの情報交換は大事です。

  • 足を動かしながら相手の考えを予想する

    その場に止まっていると相手からは守りやすい。ボールと足を動かすと、守る側は難しくなります。相手が他者を攻撃するプレーを選択したとき、その場にいると怪我をしやすい。次の試合でも活躍出来るように、動く癖をつけましょう。

  • サッカーの正しい答えは試合中に変わる

    サッカーに正しい答えがあるとしたら、それを追求することは正しいかもしれない。ただ、その正しい答えが毎回同じとは限らない。足し算や引き算のように、どの時代、どの時間帯でも答えが同じものと、じゃんけんのように、答えが変化するものがある。サッカーは、じゃんけんと似ている。サッカーの答えは変わる。

  • 記事投稿が少し遅れた

    基本的に5時30分を目標にしていますが、今日は遅れました。歯磨きに時間がかかってしまった。ときが経つのは早いですね。

  • 左利きと右利きの違いは何か

    左利きと右利きの違いを意識したことはありますか。運動部だと、左利きか右利きを意識する機会が多いでしょうか。私は意識したことはありません。どちらが良いかではなく、相手の良いところを取り入れるようにしてください。

  • シュートまでの作業を飛ばそう

    シュートを撃つまでに作業が多くなると相手に止められることが増えます。流れが来ているときに確実に点を取れるように、作業を減らしましょう。意外と作業量が多い人が少なくない印象です。作業量が多いと、成長も遅くなりますよ。

  • サッカーで出来ないことを増やす方法

    サッカーで出来ないことを増やすには、禁止を増やすといい。禁止することで考えること自体しなくなり、それについて想像することはなくなる。これを繰り返すことで選手の未来を確実に潰せる。では、出来ることを増やしたいなら、何をすればいいか。

  • 積極的な日本人を消極的にするのは誰か

    積極的な日本人がサッカーで消極的になるのは、どの世代の指導者が原因か。失敗を恐れず積極的に行動する日本人が、サッカーになると別人のようになる。なぜ、日本人選手の幸せを願わない指導者が存在出来るのか。

  • シュートコースを広げよう

    シュートコースが広がると、勝ち点3を取りやすくなります。勝ち点3はチームだけでなく、自分にも自信を与えます。サッカーは相手より多く点を取れば勝ちなので、まずはシュートを考えましょう。点を取ることを考える。そうすれば、成長も早くなるでしょう。

  • 覚えたことはサッカーボールで試そう

    新しいことを覚えたときは、必ずサッカーボールで試すようにしましょう。頭の中では理解したつもりでも、意外と理解していないことがあります。何となく分かった、ではなく、確実に分かったと言えるようにしましょう。一つひとつ積み重ねることで出来ることが増えます。必ず自分のものにしましょう。

  • サッカーを始めて、最初に習うキックで楽しさが決まる

    最初に覚えるキックが、サッカーの楽しさを決めます。遊びの中で覚える自然な蹴り方ならサッカーを楽しくしてくれる。習い事としてサッカーを始めるなら、指導者の好みに合わせないといけない。最初に習うキックが退屈なら、その選手にとってサッカーは嫌な時間になる。

  • 失敗が持つ情報量と指導者が持つ情報量の違い

    失敗はしたくないものですが、失敗から得られる情報量は結構多いです。前にも扱いましたが、動画が準備出来たので確認します。失敗を終わりとすると価値が無いように思えますが、失敗を消去法の途中だと考えると非常に素晴らしいものになる。情報を集めていますか。

  • 選択肢を減らすには選択肢が多くないといけない

    サッカーの道があったとします。何も考えずに進んでいたら、右に進む道と左に進む道と出会う。どちらを選ぶか悩みますよね。選択肢が見えているから悩むことが出来る。もし、左に進む道しか見えていないとしたら、悩むことは出来ません。

  • 出来ることが増えると楽しい。楽しさと苦しさ

    出来ることが増えると楽しい。簡単に出来ることは楽しくないのか。苦しんだ方が出来たときに嬉しさが増えるのか。どう思いますか。

  • まずシュート。次もシュート。最後もシュート。

    サッカーではシュートのことを考えて欲しい。一番大切なのはシュートです。最高のシュートと呼ばれる条件は点を取ること。点を取ることが最高と呼ばれる条件です。シュートのこと、考えていますか。

  • 情報量が多い失敗と価値の無い成功

    失敗と成功を比べたとき、一般的には成功の方が価値があります。これは正常な環境での話。運動部が育つ環境は正常なのか。おそらく、正常ではないでしょう。異常な環境は、成功の価値を奪います。(価値を奪うのは指導者)

  • 邪魔な指導者、選手を妨害する教育

    指導者が成長の邪魔をする。指導者の妨害で困っていませんか。選手の能力が高くても、指導者に邪魔されたら成長出来ませんよ。まともな指導者に出会えないと成長速度が遅くなる。本人の努力不足ではありませんよ。

  • 何をするか決めていると判断が早くなる

    試合中に何をするか考えるよりも、試合前に今日することを決めている方が判断が早くなります。作業量を減らすことで負担が軽減出来る。外出先で料理を作るとき、自宅で準備していると楽ですよね。それと同じです。サッカーはシュートを決めて勝つ遊び。シュートを撃つと決めているといいでしょう。

  • シュートを撃てないときは蹴り足の避難経路と非常口を確認する

    試合中に、シュートを撃てないことがありませんか。相手が近くにいて蹴り足を振るのを止める。相手からの圧力に弱いのはシュート能力が足りないからかもしれません。人が近くにいるとシュートが撃てないなら、蹴り足の避難経路と非常口を確認してください。

  • 一度慣れると違和感に気付きやすい

    サッカーは相手がいる競技。違和感に先に気付いた方が有利になりやすい。何かが違う。何となくでもいいから、違いに気付けるようにしよう。慣れることで違和感を覚えやすくなる。

  • 右と左、どちらを選ぶ?上手い人は両方選ぶ

    サッカーでシュートを撃つとき、右と左、どちらを選択しますか。右と左と聞くと、足を連想しますか?今回扱う右と左とは、右に曲がるボールと左に曲がるボールのことです。両方共扱えますか。

  • バランスを崩すことで分かること

    サッカーでは、バランスを崩さないことを求められませんか。体勢が悪くなると褒められることは少ない。これだけ聞くと常に良い状態が好ましいと思ってしまいます。実際は違いますよ。体勢が崩れることで学べることがあります。

  • 相手の狙いが分かれば、それを利用出来る

    相手の狙いが分かれば対応するのが楽になります。サッカーの試合で相手が近付いてくる。何をするために近付いてくるのか分かれば対応が楽になります。攻撃を遅らせたいのか。それとも、ボールを奪いたいのか。狙いは何か。

  • 動く習慣は、疲れで足が止まる時間帯に強さを発揮する

    常に止まっている人は変化が少なく守りやすい。逆に、常に動き回っている人は守備が難しいが、勝手に疲れて守りやすくなる。どちらにするか悩みますね。(使い分けが大事でしょうか)

  • サッカーで出来ること、出来ないこと

    サッカーで出来ることを増やすには何をするか。まずは、出来ることと出来ないことを知ることから始めるといいでしょう。何が出来るのか分からないと、時間を大事に使えませんからね。既に出来ることでも、更に上が無いか探すのもいいです。

  • 勘違いしやすいボールと足の大きさ

    サッカーボールを蹴るときに、ボールの中心を意識するでしょう。中心を意識する前に、ボールと足の大きさを確認したことはありますか。意外とサッカーボールは大きいですよ。大きさを勘違いしていると試合で苦労します。

  • シュートを決めるには失敗を増やせば良い

    完璧に攻撃出来ることは少ない。サッカーは失敗の連続です。相手も失敗、こちらも失敗。両方共失敗を重ねて成功を掴み取る。当然ですが、シュートを決めるためには多くの失敗が必要になるでしょう。

  • 予備動作を減らしてシュートを磨く

    シュートを撃つときに予備動作が多いと飛ばすまでに時間がかかります。予備動作が無いと相手が反応する前に撃てるでしょう。勝負に遅刻しないシュートを手に入れるために、ボールを撃つ機会を増やしてください。

  • シュート練習で意識したいこと

    試合でシュートを撃つときは結構必死かもしれません。余裕が無い状態では普段出来ることも出来なくなるため、試合前からシュートを工夫しましょう。良い場面でも力まずシュートを撃てるように、自分の能力を確認しておきます。シュートで、その日の体調も含めて、調子を確かめましょう。

  • バランスを取るために上半身と下半身を別々に動かす

    体勢が悪いときにバランスを取るために手を使う人は多いですよね。日常生活では体勢を崩すことは少ないですが、サッカーでは結構多いかもしれません。体勢を整えるために上半身と下半身をバラバラに動かすといいでしょう。

  • 小さい振りで強烈なシュートを撃つには

    シュートを撃つときに予備動作が大きいと相手に止められます。予備動作を小さくすると威力が落ちる人はいませんか。蹴り方を工夫することで小さい振りでも強烈なシュートを撃てますよ。

  • サッカーは相手の考えを予測する遊び

    試合だけでなく普段から相手の考えに興味を持っていますか。他人への興味が無い人は、相手が何を考えているか分からないでしょう。人付き合いで手抜きをしても、周りが指摘してくることは少ないと思います。ただ、サッカーでは別です。手抜きをすると周りから何か言われるでしょう。

  • 今いる場所は危険地帯。これから向かう場所が安全地帯

    サッカーでは接触があります。正常な接触だけならいいのですが、そうではないものもあります。特に悪意のある攻撃を受けると大怪我をしてしまう。怪我をするとサッカーが出来ない。サッカーが出来ないと活躍出来ない。なら、怪我をしない選手になればいい。

  • まだ使用していない足の動かし方を確認する

    サッカーで使用する横への移動。日常生活では横への移動は少ないため、動きが不自然になる人も多いでしょう。自分の動きが滑らかなのか確認しましょう。

  • 滑らかな動きでサッカーを楽しむ。自分を苦しめるのはやめよう

    歩き始めるときに助走が必要ですか。一歩目で速度を出すために後ろに下がる人はいないでしょう。一歩後ろに下がることは、一歩分ゴールから遠ざかること。毎回自分を苦しめる意味はあるのでしょうか。苦しみから始まるサッカーは、サッカーと言えるのでしょうか。

  • その場から移動すると安全

    ボールを扱うときに、その場に止まると危険です。少しでも移動していると、相手の修正作業を増やせる。自分は簡単に、相手は難しく。相手の良さを消すことも大事です。

  • 男子E1選手権、3試合目と日本優勝

    E1選手権の3試合目。3対0で、日本代表の勝利。男女共、日本が優勝。試合の感想や気になったことを紹介。

  • なでしこ、E1選手権、3試合目。

    2022年7月26日。E1選手権、3試合目。前半。時間帯は分かりませんが良いシュートがありました。シュートは入らないものですから、積極的に撃ち続けたい。複数のシュートを見ていて気になったのがボールの回転。男子でも似たような回転になることがありますが、女子の場合は違う気がする。

  • シュート前の無駄を確認する

    シュートはサッカーで一番大事な技術。シュートが上手ければ出来ることが増えます。同じ威力のシュートでも、撃つまでの時間が違えば得点力が変わる。撃つまでに時間がかかる人ほど点が取れない。

  • シュートが足りないE1選手権、2試合目。

    2022年7月24日、E1選手権、2試合目。全体的にシュートが少ない印象。パスを第一に考えているのか、シュートで相手の心を揺さぶる回数が少なく感じた。撃てそうな場面でもパス優先になっているからか、味方を探して得点が遠ざかる感じ。

  • なでしこ、台湾戦。上達の鍵は台湾にある

    2022年7月23日、台湾戦がありました。観戦が遅れ後半から。サッカー上達に関係する大事な知識も紹介。

  • 難しいことを選ばない賢さ

    試合中、難しいことが出来ると凄いですよね。簡単なことと難しいこと、自由に選択出来るとしたらどちらを選びますか。私なら簡単なことを選ぶと思います。

  • 試合では、動き続けると安全になる

    サッカーでは止まることを意識しませんか。動くことも意識していますか。ボールを扱うときに自分の位置が同じだと意外と危険です。日本人同士の試合なら軸足を狙われることは少ないと思いますが、外国との試合の場合、危険かもしれません。安全のために動くことも考えましょう。

  • シュートを撃つまでの速さが全てを決める

    シュートを撃つまでの速さを意識していますか。速く撃てる選手ほど能力が高くなります。シュートを撃つ速さが全てを決めます。勝負に間に合う選手は、全ての能力が上昇する。

  • 男女、E-1 サッカー選手権

    男女共、試合がありました。E-1 サッカー選手権の感想。まずは女子の感想から。なでしこ、E1選手権、1試合目

  • サイト表示が早くなるように移動先を携帯・スマホ版に修正

    サッカーおでんへの移動が快適になるように携帯・スマホ版への移動に修正。今まではパソコン版への移動でしたが、携帯・スマホ版への移動になります。内容はパソコン版と同じなので大丈夫。ただ、装飾が少し控えめになるだけです。表示速度に問題が無い場合は、パソコン版での表示がおすすめ。

  • 胸トラップでボールを左右に動かす発想

    胸でボールを扱うときに左右への動きを意識していますか。ボールを胸トラップで左右に動かせるようになると、ボールの扱い方が上手になります。相手より有利な状況を生み出せる選手ほど試合で活躍出来ます。胸トラップが出来る人はボールで遊んでみませんか。

  • 情報を扱う練習をすると判断が早くなる

    指導者や報道関係者等から一方的に押し付けられる情報を鵜呑みにすると、正しい答えが見つけられなくなります。日本人の幸せを願う人の情報を吸収し、他者の不幸を願う人の情報は避けましょう。取り入れる言葉が人格や人生を左右することがあります。

  • 価値観の違いが生むサッカーの完成形

    価値観が異なると理想のサッカーも変わります。自分が何を重視しているか考えたことはありますか。その人の価値観がサッカーの形を決める。普段通りの自分でもいいですし、理想の自分をサッカーに重ねるのもいいでしょう。

  • シュートの滑らかさを確認する方法。理想の蹴る動作とは

    ボールを扱うときに動きが不自然だと、相手に警戒されます。特にフェイントの場合、違和感が大きくなるほど相手は騙されないでしょう。シュートとキックフェイントが同じになるように、動作の確認をするといいです。

  • 選手の能力を台無しにする指導者の考え方とは

    素晴らしいケーキが完成しても、地面に落としたら意味がありません。選手が努力して能力を高めても、台無しにする指導者の考え方がある。それが何か分かりますか。

  • 日本国民に知って欲しい記事を追加

    サッカー選手だけでなく、保護者や指導者にも知って欲しい知識を「選手を大切にするのが指導者、壊すのが死導者。E-1 サッカー選手権」に書きました。今は理解出来なくてもいいので、一度読んでください。君を守ってくれる祖父母の日の丸です。自分では分からない苦しみにぶつかったとき、何かを掴むきっかけになると思います。

  • 選手を大切にするのが指導者、壊すのが死導者。E-1 サッカー選手権

    指導の現場で日本人の子供を壊すことに熱心な生き物を見たことがありませんか。日本人の子供を壊すとは、日本人の家庭を壊すこと。日本国民や日本国に悪意を持った生き物が指導者になると滅びの道を歩むことになる。日本国民や日本国に悪意を持った生き物が指導者になると滅びの道を歩むことになる。

  • 下手で無能な指導者に潰されないために

    本人が頑張っても指導者に見る目が無ければ潰されます。選手が努力して能力が上昇しても、指導者が見る気が無いなら下手な選手として扱われる。指導者が最新情報を確認しているか調べたことがありますか。下手で無能な指導者は、一度適当に確認しただけで評価を変えないでしょう。

  • 投稿が遅れた

    普段は5時30分に公開されるようにしていますが、6時過ぎに「失敗の扱い方で指導者の質が分かる」を公開しました。

  • 失敗の扱い方で指導者の質が分かる

    サッカーは失敗の連続です。その失敗を上手に扱えるかで、指導者の質が決まります。人の不幸を願う指導者は、選手を罰する理由を探し続ける。罰を与えるために存在する指導者は、選手の悪いところを探し続けます。褒める行為は罰を遠ざけてしまうため、絶対に褒めることはしない。

  • サッカー日本代表の試合と選挙結果で喜ぶ人と激怒する指導者

    サッカーの試合で激怒している指導者を見たことがありませんか。試合が無くても常に機嫌が悪い指導者もいるかもしれませんね。相手の成長を願うなら、相手を壊すことはしないでしょう。しかし、相手の不幸を願うなら、精神面への攻撃も含めて暴力的な指導を積極的に行うかもしれません。自分の指導者は正常なのか。気になったことはありませんか。

  • [記事]シュートを撃てないときへの移動先

    記事投稿が反映されていない気がするため、「シュートを撃てないとき」への移動先を紹介。これなら表示されるだろうか。

  • シュートを撃てないとき

    シュートを撃てない場面。なぜ撃てないと考えたのか、理由を探したことがありますか。相手ゴールまで距離がある、目の前に相手がいる、そもそも、ボールが無い等。撃てない理由を考えると、次に何をすべきか分かりますよね。

  • 正しい助言が選手と勝ち点3を守る

    周りの声が正しいなら良い判断を下せますが、情報に嘘が含まれているなら正しい答えを選べません。味方の発言を信じたら実はフリーではなかった……。こうなると大変ですよね。情報を発信する側に敵が紛れ込むと困ります。サッカー選手が吸収する情報に毒が含まれている場合、正常な速度で成長出来ません。

  • シュートやドリブル、身体の使い方、試合感想等の過去記事を有効にしました

    サッカーおでんを生み出す前に公開していた過去のサッカー情報等を有効にしました。シュートやドリブル、身体の使い方等が読めるように。つま先シリーズ等が復活。

  • 苦しい時間と楽しい時間、どちらが成長するのか

    サッカーが上手くなるために必要なものは何か。苦しい時間と楽しい時間。どちらが選手を成長させると思いますか。

  • 7月7日、7時7分7秒

    7月7日、7時7分7秒です。特に意味はありませんが、何となく投稿してみました。予約投稿。

  • 蹴り足の振り方を考える

    蹴り足を振るとき、何か考えますか。インステップキックやインサイドキック、アウトサイドキックを使うとき、蹴り足は、どのように動くか。キックで使用する動きが1つだけなら、インステップキックやインサイドキック、アウトサイドキック等は全て同じような動きになるはずです。実際はどうですか。違うのでは?

  • 胸トラップとシュートは同じ

    胸トラップをするとき、上半身を、どのように動かしますか。胸を後ろに引く。後ろに引くとは、どのような意味か。後ろに引くには、2つ意味があるのではないか。

  • 自然な動作でボールを扱うことの意味

    ボールを扱うときに不自然な動きをすると相手に警戒されます。不審者を見ると警戒するように、周りに違和感を持たれると守備側がやる気を出します。自分の動作が自然になったか確認しましたか。

  • ヘディングでボールを高く飛ばす、地面に叩きつける

    ヘディングをするときはボールの扱い方を意識していますか。ボールを高く飛ばすときと、地面に叩きつけるときは扱い方を変えるといい。同じヘディングでもボールの扱い方を理解すると質が変わりますよ。

  • 動くボールに慣れるためにボールを止めない

    サッカーの試合で、ボールが止まっている時間は少ないです。余裕があるときは足元でボールを寝かせても問題ありませんが、相手が奪いに来ているときは早く次の選択肢を選んだ方が良い。カウンターで相手が戻り切る前にシュートまで持っていきたいときも、ボールは止めない方が良いでしょう。無駄な作業を減らして一気にシュートまで撃つ。

  • 怪我を防ぐシュートを覚えて才能と軸足を守ろう

    サッカーが上手くなりたいならシュートを覚えましょう。シュートとは答案用紙に答えを書く行為。自分が出した答えが正しいか採点してもらい、今の能力を確認する。今、何が出来ているのか確認することで、自分の武器と今後の課題が見つかります。

  • スポーツをする人が減っているのだろうか、気配を感じない

    スポーツをする人が減っていませんか。個人の感想ですが、スポーツをする機会が減っているのか、それとも運動する機会を奪われているのか、スポーツの気配が弱まった気がする。私はサッカーサイトを運営しているのでスポーツ人口が多い方が好ましいが、スポーツとは関係無い場所でも人の気配を感じない。インターネット上で感じた人の気配すら消えた気がする。

  • 怪我をしないサッカー選手は何が違う?

    怪我をしないサッカー選手は何が違うのか。健康であることが試合で結果を出す最大のコツかもしれない。怪我予防のために何かしていますか。準備運動を大事にする。整理運動を大事にする。他にもありますよね。

  • サッカーに必要なインサイド回転とアウトサイド回転

    サッカーに必要なインサイド回転とアウトサイド回転。両方使えますか。インサイド回転はインサイドキックでかける回転。アウトサイド回転はアウトサイドキックでかける回転。インフロント回転やアウトフロント回転でもいいですが、分かりやすいようにインサイド回転とアウトサイド回転と呼びましょう。

ブログリーダー」を活用して、サッカーおでんさんをフォローしませんか?

ハンドル名
サッカーおでんさん
ブログタイトル
サッカーおでんのブログ
フォロー
サッカーおでんのブログ

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー
clear この画面を閉じる

フォローしてブログ村リーダーで
このブログをチェック!

サッカーおでんのブログ

日本人の高い身体能力を活かすサッカー技術を紹介しています。偉大な選手達が使う技術を手に入れよう。

フォロー