アートプラス京めぐり
読者になる
住所
右京区
出身
右京区
ハンドル名
アートプラス京めぐりさん
ブログタイトル
アートプラス京めぐり
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/korede193
ブログ紹介文
京都の探索中、記事数5200、まち歩き・寺院神社・石碑道標・陵墓・看板 京都府南部も始めました
自由文
-
更新頻度(1年)

672回 / 331日(平均14.2回/週)

ブログ村参加:2015/02/19

アートプラス京めぐりさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 全参加数
総合ランキング(IN) 14,660位 12,609位 11,354位 10,362位 10,389位 11,342位 12,485位 975,487サイト
INポイント 0 0 0 20 40 40 20 120/週
OUTポイント 0 0 0 20 10 30 10 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 430位 396位 356位 342位 344位 352位 394位 11,858サイト
散歩・散策 10位 9位 9位 8位 9位 10位 10位 205サイト
歴史ブログ 161位 147位 138位 134位 129位 135位 143位 4,192サイト
史跡・神社仏閣 35位 35位 30位 27位 27位 29位 32位 709サイト
地域生活(街) 関西ブログ 126位 109位 94位 79位 79位 83位 95位 13,877サイト
京都府情報 4位 4位 4位 4位 4位 3位 3位 417サイト
今日 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 42,367位 42,443位 40,496位 38,593位 40,503位 40,558位 44,921位 975,487サイト
INポイント 0 0 0 20 40 40 20 120/週
OUTポイント 0 0 0 20 10 30 10 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 1,138位 1,163位 1,123位 1,060位 1,133位 1,141位 1,196位 11,858サイト
散歩・散策 24位 24位 22位 22位 25位 19位 19位 205サイト
歴史ブログ 220位 220位 226位 205位 221位 222位 249位 4,192サイト
史跡・神社仏閣 55位 53位 53位 51位 55位 57位 62位 709サイト
地域生活(街) 関西ブログ 336位 334位 319位 301位 315位 317位 369位 13,877サイト
京都府情報 9位 9位 9位 9位 11位 10位 11位 417サイト
今日 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,487サイト
INポイント 0 0 0 20 40 40 20 120/週
OUTポイント 0 0 0 20 10 30 10 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,858サイト
散歩・散策 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 205サイト
歴史ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,192サイト
史跡・神社仏閣 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 709サイト
地域生活(街) 関西ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,877サイト
京都府情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 417サイト

アートプラス京めぐりさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、アートプラス京めぐりさんの読者になりませんか?

ハンドル名
アートプラス京めぐりさん
ブログタイトル
アートプラス京めぐり
更新頻度
672回 / 331日(平均14.2回/週)
読者になる
アートプラス京めぐり
  • 祠北052 石仏と不動明王 

    祠前回の記事⇒向日051祠北052石仏と不動明王

  • 寺院北0640 常徳寺 常盤地蔵 牛若丸

    常徳寺当寺は明応2年(1493)に知足山とし改号され、寛永5年(1628)日奥(にちおう)上人が金工後藤氏の帰依を得て中興した日蓮宗妙顕寺派の寺で、当時、妙覚寺住職だった日奥は、京都のすべての寺に法要を求めるなど弾圧を強めた豊臣秀吉に反発。寺を追われて常徳寺に身を寄せた。信者以外に施しを受けない「不受不施」の主義を貫き、それがもとで弾圧にあったという。日奥は不受不施派の派祖であり、教えは今も息づいている。本堂には常盤御前が牛若丸の安産を祈願したとつたえる木像・常盤地蔵を安置し、寺の再興には刀装金具の彫刻を職業とする後藤家が財政支援をし、特に後藤演乗が日奥の教えにより真言宗から改宗、寺の基礎が整った。境内墓地には後藤演乗(七代)以下、近世の後藤氏一族の墓があり、また寺宝に後藤長乗夫妻像(江戸時代)を有する。「知足...寺院北0640常徳寺常盤地蔵牛若丸

  • 神社北0190 貴船神社

    水徳を司り給う神様で人間の生活は素より動植物宇宙の生きとし生けるもの悉くの生成化育の生命力となって不断に活動されています。本社は鞍馬山麓、貴船神社と共に水難厄除の御神であり家内安全と商売の隆昌を希い願う人達特に多く万民の崇敬をあつめている。尚古来一般の神社に見る建築と異なり珍しい北向きに祀られた御神殿となっており古くから北向きの御神は霊験殊の外あらたかなものがあるごとくはよく衆人の知るところである。この地方は古くから賀茂別雷神社の荘園であった関係上同社の摂社で貴船谷に鎮座せられる延喜式内社たる元官幣中社貴船神社の御祭神を勧請したのである。鎮座年代は明らかでないが、恐らく鎌倉時代の初期ごろの鎮座と思われる。その間、時代の変遷と共に盛衰はまぬがれなかったが氏子との関係は極めて密接なるものがあって現在に及んでいる。神...神社北0190貴船神社

  • まち歩き北1084  彫刻 「寒」  山崎正義

    まち歩き前回の記事⇒まち歩き左1083岩倉石座(いわくら)神社の幟下の地図のユーザー地図の囲みをクリックすると付近の記事が探せます運動記録10月18日11回目階段昇降14段3mを100往復月合計1100往復この日より背負うリュックの重さ⁺2㎏、計11㎏に増量まち歩き北1084彫刻「寒」山崎正義

  • 寺院北0639 東坊 浄土真宗本願寺派

    東坊当寺は蓮蔵院ともいい、親鸞上人の直弟子蓮願坊信光により、寛喜3年(1231)に創建された名刹である。蓮願坊は聖人から59歳時の御自作の御木像を授与せられ近江国長浜に道場を建立し日夜布教した。その後、東坊はなし本願寺御堂衆として、山科石山・鷺森・貝塚・天満の諸地を経て、天正19年(1591)に現在の西本願寺境内地に移った。慶長16年に当寺の本尊阿弥陀如来像を西本願寺へ寄付したが、これが現在の西本願寺(これがね現在の西本願寺阿弥陀堂の御本尊である。西本願寺からは代わりの阿弥陀如来像が下付されたこれが現在までの当寺の御本尊であり、聖人御自作の御木像と共に安置されている)西本願寺の報恩講法要では1月10日は当寺住職が御頭人導師として出仕することが恒例となっている。当寺では明治以降衰退したが昭和17年(1942)当地...寺院北0639東坊浄土真宗本願寺派

  • 神社北0189 石井神社  御土居の跡に建つ

    石でできたベンチ神社前回の記事⇒神社長岡0188神足(こうたり)神社長岡京市下の地図のユーザー地図の囲みをクリックすると付近の記事が探せます神社北0189石井神社御土居の跡に建つ

  • 京の通り003 北山通 その3・最終  から 千本北大路まで 東から西へたどる

    昭和24年卒業記念現在82歳昭和23年卒業戦争が終わってわずか3年だ現在84歳紫竹西北町待鳳(たいほう)小学校祠不動明王像と石仏がありました小学校常徳寺牛若丸の母常盤御前が牛若丸の安産祈願に訪れた紫竹東栗栖町次の信号大宮通との交差点交通道路案内標識子ども用の運動靴ケニアに届けるそうだここらあたり京都駅が眼下に見える西向寺裏門紫野東蓮台野町西向寺千本通に入る佛教大学府立盲学校幼少中学部佛教大学正覚寺紫野花ノ坊町千本北大路交差点京の通り⇒京の通り・北山通その1白川通から北山大橋まで東から西へ京の通り002北山通その2北山大橋から大徳寺通まで東から西へたどる京の通り003北山通その3・最終から千本北大路まで東から西へたどる

  • 右書き看板左131  双鳩堂  京の生菓子

    右書き看板前回の記事⇒右書き看板左130月游和菓子下の地図のユーザー地図の囲みをクリックすると付近の記事が探せます右書き看板左131双鳩堂京の生菓子

  • 右書き看板左130 月游  和菓子

    和菓子店游月(ゆうづき)右書き看板前回の記事⇒右書き看板下129〇丸屋茶道具舗下の地図のユーザー地図の囲みをクリックすると付近の記事が探せます右書き看板左130月游和菓子

  • 京の通り002 北山通 その2  北山大橋から 大徳寺通  まで 東から西へたどる

    北山大橋橋から北を見る橋から南を見る橋の下南側の川沿い加茂街道橋より北方衣棚通北石井神社北区小山元町北山通西を見る何でも買いますの店浄土真宗顕真学苑親鸞聖人ご御像新町通元町小学校ポスター北山モザイク北山通に面した元町小学校門道路標識堀川北山紫竹下芝本町東坊北山通より南に少し下がる彫刻「寒」北消防署山崎正義北山大宮角の家たばこの看板が残っている電柱に貼られた広告大徳寺通上がる貴船神社ポスター時代まつり今年は10月26日毎年22日だが即位の礼と重なるため26日になる次回続きは北山通3回目・最終前回の北山通⇒京の通り・北山通その1白川通から北山大橋まで東から西へ今回の出発点京の通り002北山通その2北山大橋から大徳寺通まで東から西へたどる

  • 神社長0188 神足(こうたり)神社 長岡京市

    神足神社旧神足村の産土神。式内社で、「延喜式」にのる乙訓19座の1つで「神足神社」とみえる。また、文徳天皇の斉衡元年(854)に国の官社にあげられている。祭神は「舎人親王(天武天皇の子)」であるといわれている。当社には「桓武天皇の夢」として次のような伝説がのこっている。<田村(神足村の旧名)>の池に天から神が降り立ち、宮中を南から襲おうとした悪霊を防いでおられた夢を見られたという。天皇は目覚められ、田村にこの神を祭る社を建てさせ、太刀と絹を秘蔵させた。>以後、この社は「神足神社」と、田村は「神足村」と呼ばれるようになったといわれる。付近の小畑川の近くには弥生時代から古墳時代におよぶ集落遺跡があって、この地の開発の古さがしのばれる。今は本殿と摂社埜神社があるにすぎない。境内にある凝灰岩と社務所の沓脱石は、ともに付...神社長0188神足(こうたり)神社長岡京市

  • 京の通り・北山通 その1 白川通から北山大橋まで 東から西へ  

    北山通の東の端白川通北山ここから千本北大路まで続いています修学院離宮・赤山禅院・曼殊院の案内があります修学院鹿ノ下町(かのしたちょう)西を見る修学院離宮赤山禅院曼殊院の位置案内鷺森神社の案内和菓子店游月(ゆうづき)叡山電鉄修学院駅踏切東大路の始まり北の端道標明治24年9月建立道路標識双鳩堂大文字送り火妙法の法の文字妙は草書法は楷書松ヶ崎橋高野川北を見る高野川南をみる以前ホテルが建っていたが玄関この辺り民家の前に石仏があるといわれかなり歩いて探したが見つからなかった令和元年10月6日撮影グランドの境界北山通りから南に少し外れたところ縞模様のある岩石まだ収穫されていない稲大学のグランド塀に食い込んだ街路樹北山通に戻ってきたもちろん西を見ています出発地は下の地図運動記録10月14日10月9回目階段昇降14段3mを10...京の通り・北山通その1白川通から北山大橋まで東から西へ

  • 神社左0187 山住神社 岩倉

    山住神社には社殿がなくそびえ立つ山を神南備山(かむなびさん)と仰ぐ巨石を、神々の降臨する場「磐座(いわくら)」と崇めた古代信仰の遺跡である。前方の木柵を囲らした、立石の後の高く廣い巨石が神々の座「磐座」である。「三代実録」陽成天皇元慶4年(880)の頃に(山城国正六位石座神授従五位下)と記され、千有余年を経る古社である。天禄弐年(971)この地に鎮座の石座明神は、大雲寺鎮守の神として上蔵町(今の石座神社)に遷座以降この古社は、山住の神と号し、石座神社の御旅所となる。10月23日の石座神社例祭には、早朝神輿の渡御があり、祭典が行われる。神社前回の記事⇒神社左0186一言神社下の地図のユーザー地図の囲みをクリックすると付近の記事が探せます神社左0187山住神社岩倉

  • 石仏左036 岩倉 台座と屋根があります

    石仏前回の記事⇒石仏左035岩倉三尊石仏大きい鎌倉時代下の地図のユーザー地図の囲みをクリックすると付近の記事が探せます石仏左036岩倉台座と屋根があります

  • 蔵のある風景左0384回 岩倉 山住神社 付近

    蔵のある風景前回の記事⇒蔵のある風景左0383回岩倉実相院付近蔵のある風景左0384回岩倉山住神社付近

  • 道標左0251 岩倉観世音  天保6年(1835) 建立

    上の方に絵が描かれている岩倉観世音くわんおんミくわんおんミ天保乙未初冬建立道標前回の記事⇒道標左0250岩倉陵実相院宮墓参道下の地図のユーザー地図の囲みをクリックすると付近の記事が探せます運動記録10月10日7回目階段昇降14段3mを100往復月合計700往復道標左0251岩倉観世音天保6年(1835)建立

  • 愛宕灯籠左074 岩倉の風景と愛宕灯籠 

    平成30年10月8日撮影左上アサギマダラが飛んでいました愛宕神社遥拝所遥拝所とは珍しい明治かな関連記事➡愛宕燈籠一覧下の地図のユーザー地図の囲みをクリックすると付近の記事が探せます愛宕灯籠左074岩倉の風景と愛宕灯籠

  • 運動記録 足腰の衰えを防止するため

    家の階段14段を往復しています。1リットルの水入りペットボトル9本入りの9㎏リュックをう背負う。利点雨の日でも、風の日でも、酷暑のときでも、夜でもいつでもできるどんな服装でもできる暑さ対策、寒さ対策、紫外線対策、雷に対して不安なくできる筋力がつく、体力がつくなにかといいことが多い。このほかにダンベルを使って腕・上半身の筋力アップ・維持を120回しています。継続するかがポイントテレビをちらちら見ながら、聞きながら、音楽を聴きながら水分補給をしながらします。15往復ぐらいから汗が出てきます。汗をなるべく落とさないようにタオルでぬぐう。時間は後始末まで2時間ほどかかります。今は、夕食後~就寝に実施しています。このやり方になったのは4月から4月の月合計3573往復5月の月合計5055往復このころから軽いリュックを背負う...運動記録足腰の衰えを防止するため

  • 墓所左009 藤原藤房 遺髪塔 

    中納言藤原藤房は後醍醐天皇に仕えた建武中興の功臣であるが、建武元年(1334)10月、宮中を出て、出家した。その後諸国修行の旅に出る。この地は大雲寺の掛所不二房の旧址とつたわり、藤房の遺髪塔がつくられた。塔は南北朝時代の典型的な石造宝篋印塔で、相輪が無い。傍らに、寛政2年(1790)に建てた藤房顕彰碑があるとのこと。墓所前回の記事⇒墓所左008源義経供養塔下の地図のユーザー地図の囲みをクリックすると付近の記事が探せます運動記録10月1日開始1回目階段昇降14段3mを100往復10月3日2回目階段昇降14段3mを100往復月合計200往復10月4日3回目階段昇降14段3mを100往復月合計300往復6日4回目階段昇降14段3mを100往復月合計400往復7日5回目階段昇降14段3mを100往復月合計500往復8日...墓所左009藤原藤房遺髪塔

  • 石仏左035 岩倉三尊石仏 大きい 鎌倉時代

    大きい迫力あります高さ1.9m厚さ53cmの巨大な花崗岩の表面に定印の姿のおだやかな阿弥陀座像を厚肉彫にあらわし、右側面に11面観音立像、左側面に地蔵立像を浮き彫りになっている。岩倉に現存する石仏中でもっともすぐれている。11面観音は大雲寺の古くからの本尊である。鎌倉時代。こちらは右側面ほとんど読めない石仏前回の記事⇒石仏右034石仏台座がありますちょっと珍しい下の地図のユーザー地図の囲みをクリックすると付近の記事が探せます運動記録10月1日開始1回目階段昇降14段3mを100往復10月3日2回目階段昇降14段3mを100往復月合計200往復10月4日3回目階段昇降14段3mを100往復月合計300往復6日4回目階段昇降14段3mを100往復月合計400往復7日5回目階段昇降14段3mを100往復月合計500往石仏左035岩倉三尊石仏大きい鎌倉時代

  • 神社左0186 一言神社

    一言神社『岩倉村誌』(1905)によると、祭神は一言主(ひとことぬし)大神です。「由緒勧請創立年月不詳」ですが、一言主神社の総本社(奈良県御所市)が賀茂氏本拠地の高鴨神社近くにあるので、賀茂氏の移動に伴い、一言主神をまつる人たちがやってきてまつるようになった可能性が高いと思われます。地元では願いを一言だけきいてくれる神として親しまれています。元の一言神社は当地から北北東へ約1㎞離れた村にありました。元の社殿は護水尾天皇の娘で岩倉の万年岡茶屋に住んでいた女三宮が寛文8年(1668)に明治11年(1878)に現在地へ遷座。石座神社敷地内に再営したものです。明治11年(1878)に現在地に遷座。石座神社敷地内に鳥居を持つ別の神社があるのはそのためです。10月23日に近い土曜日に行われる祭の時、一言主神をのせた子ども神...神社左0186一言神社

  • 神社左0185 石座(いわくら)神社

    石座神社岩倉町の産土神として崇敬される旧村社。本殿は八所明神社(右側)と十二所明神社(左側)の二社からなっている。社殿は新しいが、勾欄には天正20年(1592)在銘の擬宝珠をはめ、社前の四角形石燈籠には慶長19年(1614)の銘があるので、それ以前の建物をのちに一部補修したものと思われる。境内には猿田彦社・一言主(ひとことぬし)社をはじめ、多くの摂社・末社がある。いずれも付近にあったものを、近世にこの地に集めた。明治以前は大雲寺の鎮守社であったが、後に石座神社と改めた。当社の旧鎮座地は、現在御旅所となっている西河原町の山住神社の地にあたるが、その創祀年代が不明。当社の例祭は毎年10月23日に行われるが、その前夜の松明の神事には、雌雄大蛇の形をした松明を点じ、五穀豊穣の祈願が盛大に行われる。神社前回の記事⇒北01...神社左0185石座(いわくら)神社

  • 道標左0250 岩倉陵 実相院宮墓 参道

    岩倉陵実相院宮墓参道昭和4年11月建立大坂皇陵巡拝会道標前回の記事⇒道標右0249如是院・福寿院妙心寺大坂皇陵巡拝会の道標⇒まとめ043大阪皇陵巡拝会の道標下の地図のユーザー地図の囲みをクリックすると付近の記事が探せます運動記録10月1日開始1回目階段昇降14段3mを100往復10月3日2回目階段昇降14段3mを100往復月合計200往復10月4日3回目階段昇降14段3mを100往復月合計300往復道標左0250岩倉陵実相院宮墓参道

  • まち歩き左1083 岩倉 石座(いわくら)神社 の 幟

    平成30年10月撮影まち歩き前回の記事⇒まち歩き左1082宝が池国立京都国際会議場まち歩き左1083岩倉石座(いわくら)神社の幟

  • 蔵のある風景左0383回 岩倉 実相院 付近

    蔵のある風景前回の記事⇒蔵のある風景八幡0382回安居橋付近蔵のある風景左0383回岩倉実相院付近

  • 地蔵尊左058 岩倉 延命地蔵尊

    地蔵尊前回の記事⇒地蔵尊八幡056地蔵尊前に石が祀られている下の地図のユーザー地図の囲みをクリックすると付近の記事が探せます地蔵尊左058岩倉延命地蔵尊

  • ポスター0107 石座神社(いわくら)のお祭り 

    平成30年の案内ポスター前回の記事⇒ポスター0106上京茶会大徳寺塔頭芳春院ポスター0107石座神社(いわくら)のお祭り

  • まち歩き左1082 宝が池 国立京都国際会議場

    宝ヶ池公園宝暦13年(1763)に灌漑用水池としてつくられた。池の周囲は1.8キロメートル、はじめ溜池または北浦溜池とよぶ小さな池であったが、その後2回の拡張工事を経て現在の大きさになり、明治の末期ごろに宝ヶ池と名付けられた。松ヶ崎村は水不足と干ばつによる稲作の不作は毎年大きな被害を蒙っていたが、この池の出現は正に宝にひとしい存在であったから、宝ヶ池と呼ばれるようになった。池は昭和6年(1931)松ヶ崎村の京都市編入によって、市の所有になった。終戦の昭和24年池の周辺の風致を生かして多目的の公園を建設することになった。国立京都国際会議場昭和41年(1966)5月に開館されたわが国唯一の国立国際会議場である。地下1階、地上6階、日本古来の合掌造りを取り入れている。同時通訳を完備した会議室が7室。他に大小90室以上...まち歩き左1082宝が池国立京都国際会議場

  • 寺院北0638 浄福寺 西山浄土宗

    寺院前回の記事⇒寺院宇治田原0637大道寺信西入道ゆかりの寺下の地図のユーザー地図の囲みをクリックすると付近の記事が探せます寺院北0638浄福寺西山浄土宗

  • まち歩き北1081 西村家庭園 上賀茂神社 社家の庭園

    西村家庭園西村家庭園は、上賀茂神社の社家であった錦部(にしごり)家の旧宅の庭園であり、明神川から庭園内に水を導入し再び川に戻すというこの地域の社家庭園特有の水利用形式をとっている。もっとも、他の社家庭園では、導入した水を池とする例がほとんどであるが、この庭園では幅広い二筋の遣水としており、軽快な印象を受ける。また、庭園の一隅にある深さ1メートル余りの円形のくぼみは、水垢離(冷水を浴び身体のけがれを去ること)の場として用いられたものとみられ、この庭園の特色の1つとなっている。更に、上賀茂神社の御神体山である神山(こうやま)の降臨石をかたどったと伝えられる石組みも、社家の庭園らしい。このように、西村家庭園は、上賀茂の社家庭園ならではの意匠を持つ貴重なものである。西村家社家庭園は、上賀茂神社18代目の神主(現在の宮司...まち歩き北1081西村家庭園上賀茂神社社家の庭園

カテゴリー一覧
商用