searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

自然発見・自然遊びさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
自然発見・自然遊び
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/goo0223-1945
ブログ紹介文
自然の中で感動を発見し、自然観察の目を高め、自然遊びに生かす。
更新頻度(1年)

679回 / 365日(平均13.0回/週)

ブログ村参加:2015/02/19

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、自然発見・自然遊びさんの読者になりませんか?

ハンドル名
自然発見・自然遊びさん
ブログタイトル
自然発見・自然遊び
更新頻度
679回 / 365日(平均13.0回/週)
読者になる
自然発見・自然遊び

自然発見・自然遊びさんの新着記事

1件〜30件

  • イノコズチ

    花と葉を追加しまし。イノコズチ

  • オオバコ

    オオバコの花を追加しました。オオバコ

  • キンミズヒキ

    果実と葉を追加しました。キンミズヒキ

  • チチブハネゴケ?

    このコケは富士山麓の愛鷹山連峰の須津川渓谷の奥に生えています。毎回調べても、トサハネゴケかなと思ったりして納得がいきませんでした。葉縁の歯が8あることからチチブハネゴケに狙いを定めて調べましたが、なかなか似ているようで・・・・ただ腹葉が線形ですので→チチブハネゴケの腹葉が線形ならば自信をもって言えるんですが・・・どなたか教えていただきたと思います。チチブハネゴケ?

  • ホウオウゴケとトサカホウオウゴケ

    葉縁の明るさでも判別できます。明るいのがトサカホウオウゴケです。ホウオウゴケとトサカホウオウゴケ

  • 変形菌の生える風景2

    変形菌の子実体の季節になりました。子実体を探していて決まって見られるコケを見ました。変形菌の生える風景2

  • キダチヒラゴケ

    こちらはヒラゴケの仲間でキダチヒラゴケです。富士市須津川渓谷には多いコケです。キダチヒラゴケ

  • キダチヒダゴケ?

    オオトラノオゴケかな?と思って調べてみると葉形が違います。しっかり確認するためには茎を調べる必要があるようですが、そこまで調べませんでした。コケのブログを書かれている方々は、皆さん丁寧に調べています。いい加減な私に対して、クレームをつけないで我慢してくれています。キダチヒダゴケ?

  • トラノオゴケとシタゴケ

    コケにも似た者同士がいるものです。このトラノオゴケとシタゴケは、両方ともに見た目は丸みがあってごつごつした感じです」。トラノオゴケとシタゴケ

  • 今日の浮島が原自然公園

    ツル性の花を中心に咲き出しています。今日の浮島が原自然公園

  • 岸壁の自然

    この岸壁には、コケ類シダ類や岸壁が好きな植物が咲いています。岸壁の自然

  • 粘菌・子実体に生える風景

    いよいよ子実体の生える季節になりました。粘菌・子実体に生える風景

  • 十里木高原の平日観察会

    今日も大勢の方々が参加してくれました。十里木高原の平日観察会

  • 倒木につくコケ類

    やはりコケの居場所が一番は、倒木の上です。粘菌までいました。倒木につくコケ類

  • ここにもオカムラゴケ

    最近覚えたオカムラゴケですが、よく見るといろいろな幹に付いています。今日は、根元にまとまって生えていることに気が付きました。ここにもオカムラゴケ

  • オトギリソウ

    花のもガクにも葉にも黒点があります。オトギリソウ

  • ヤマキツネノボタン

    花は、田んぼのキツネンノボタンに比べて小さい。ヤマキツネノボタン

  • こどもの国の癒し

    孫にせがまれて、悩んだ挙句、富士山こどもの国へ向かいました。マツムシソウなど秋の花も咲いていて、結構楽しかったようです。我が家から25分で着くこどもの国は私の観察ポイントでもあります。こどもの国の癒し

  • オオシノブゴケ

    タヤマシノブゴケに似ていますが、少しすんなりしています。葉先が透明でないことと細胞のパピラの違いでオオシノブゴケとしましたが、どうでしょうか?いつも甘い観察です。オオシノブゴケ

  • オオフサゴケ

    見ただけでオオフサゴケと分かる大型のコケです。標高1500m付近に多いです。オオフサゴケ

  • 十里木高原の自然

    残念ながらコウリンカが終わりに近づいていました。この高原から富士山展望の山:越前岳に登る人が関東一円から集まっていました。手ごろな山です。十里木高原の自然

  • 富士山水が塚道のコケ

    今年は、富士山へは登ることが出来ません。そのため標高1200m付近の西臼塚や水が塚には大勢の方々が訪れています。目的は、涼みに来た人が多いようです。富士山登山道水が塚道では、エゾノチョウチンゴケ・コセイタカスギゴケ・オオスギゴケなど見た目でわかるコケが道沿いを占めていました。ゆっくりコケ観察には涼しくて楽しめて最高の場所になっています。富士山水が塚道のコケ

  • 夏の浮島ガ原自然公園

    目立ちませんが、小さな花も咲き出しています。ミズオトギリの花は15:00過ぎにはたくさん見られます。夏の浮島ガ原自然公園

  • 富士川水辺観察会

    今日の水辺観察会には何と100名以上の参加がありました。三蜜を避け広がって採取しました。テナガエビ・スジエビがたくさん捕れました。ウナギも2匹・・・大変な収穫でした。元の場所にかえしてあげました。富士川水辺観察会

  • 頼朝の井戸周辺の自然

    歴史のあるこの場所ですが、今から900年以上も前にもウバユリなどが咲いていたのでしょうか?頼朝の井戸周辺の自然

  • オカムラゴケ

    初めラセンゴケと思いましたが、まったく違っていました。オカムラゴケですが、初めての確認となります。今後、出会えば忘れられないコケとなります。オカムラゴケ

  • 石碑の裏側の自然

    石碑は、地衣類やコケ類の宝庫ですが、今日は珍品オオクボシダを見ました。石碑の裏側の自然

  • 夏の雑木林の自然

    富士山南麓には、このような雑木林が残っています。下草を刈っていますので、歩くのも快適です。花は背丈の低いシロバナイナモリソウなどが見られました。夏の雑木林の自然

  • 富士山こどもの国の8月の花

    いよいよ梅雨明けです。富士山南麓のこどもの国の花の谷に花の季節がやって来ました。富士山こどもの国の8月の花

  • ヤマユリの坂

    富士山麓は、ヤマユリの花盛りです。その花の隙間にいろいろなものが生えています。ヤマユリの坂

カテゴリー一覧
商用