searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

female and human enlightenment さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
female and human enlightenment
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/g7152g55s
ブログ紹介文
旅・短文
更新頻度(1年)

105回 / 365日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2015/02/12

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、 female and human enlightenment さんの読者になりませんか?

ハンドル名
female and human enlightenment さん
ブログタイトル
female and human enlightenment
更新頻度
105回 / 365日(平均2.0回/週)
読者になる
  female and human enlightenment

female and human enlightenment さんの新着記事

1件〜30件

  • 90,000,000 yen

    ゼロをいくつつければよいかためらうほどの数字、これがお葬式代だそうで、それも党からの出費だそうだ。党会計だとしても、少なからずかかわりがある税の行方に猛烈に反応している。記事を見つけると、反対する、呆れている庶民のコメント内容で、同意の意味、書きこんだ意思にたいして同意のいいねを押している。変わらないかぎり、再び記事のコメントにアクションをとるつもり。コロナ経済応援対策は終わったわけじゃないのに。90,000,000yen

  • コロナと個人情報

    公共の場所にでかけても、個人店に出かけても個人情報をもとめられる。きちんと管理されていることを期待している。いつまで、何がどうなればの基準も知らされてもいない。コロナと個人情報

  • 写真はまずいが 作品はとても綺麗

    青花釉里紅花蝶紋瓶172-1735絵葉書美術館No.33写真はまずいが作品はとても綺麗

  • 圧倒されました

    絵葉書美術館32ジョバンニベルリーニSt,Francisinthedesert 1480圧倒されました

  • 香り生姜

    今の時期に嬉しい白い花で、数日は香っています。試してみました。香る花を蜜や塩で閉じ込める話題をドラマから知り、氷砂糖20%で数日置くと不具合だったので、そのまま煮て飴煮のようにしてみました。香りは十分残っていてお茶請けに楽しめます。栄養面はわかりません。もうひとつはそのまま豆乳に生姜を入れてゼラチンで固めました。香りは飴煮に負けます。お試し後の不具合はあなた任せに香り生姜

  • 歴ドラと発見

    王朝での地位獲得は現代アレンジドラマでも楽しませてくれます。片付け物をしているときに、ぱらぱらと写真に目を向けると、おやっヒュレムがお墓に入っている!スレイマンよりも関心を向けられたのは役どころではないでしょうか。まったくふがいないスレイマン!寛大で詩人でもありそうな描かれ方のドラマでした。本に掲載された写真は綺麗で買っておいてよかったです。IsramicartbyBarbaraBrend歴ドラと発見

  • すごいしくみ

    大百科へ~鳥のV字飛行知らなかった。気流の関係で人間の目にみえるって。蜘蛛の巣放射状糸と横はり糸性質が違うそうで、破れたあとの加重にも耐えるってすごい、とストッキングを思い出していた。MVNO?見たことがあるマークだったけれど、よく格安をうたい文句にして言う通信手段かな?混雑時には繋がりにくそうです。鮭は淡水で生まれ、海水で育ち、再び淡水で産卵する。塩との浸透圧を調整する能力があるそうで、だから身に価値がある?と科学コーナーで見つけた本に驚かされている。すごいしくみ

  • シリカ改めて知るtabshiir

    売り場で竹に巻かれた練り製品を見た。そこで思い出したのが竹と食物の扱われ方。筒塩やら筒に入って焚かれたご飯。さらになんとTabshiirという言葉が私に再来したのだった。「Sinoiranica」のページを開いたり、検索すると、シリカとして健康に益な情報があり、古くはインドからアラブに交易され、もともとはアーユルベーダで重宝に扱われた竹から作られる結晶(?)物だと知った。私が面白いと感じたのは、ポプラの茎ほど大きくて,葉はオリーブの葉より大きい。古くはペルシャやアラブでは発熱他あらゆる初期症状に対応して銀と同等の価値を置いていたそうだ。さらに再び、身に着けると刃物からでも傷が防げるそうで、ボルネオの古い話が書かれていた。いったいどんな戦いだったでしょうね。竹から食べ物?それも健康価値?中国では漢方として扱われて...シリカ改めて知るtabshiir

  • 黒檀の馬?!

    絵葉書美術館No.31アラビアンナイト黒檀の馬エドモンドデュラック引手を操作すると多いのままに大空を飛べる。-西尾哲夫(国立民族学博物館教授) <ペルシアの新年祭でのこと。インドからやって来た博士が空を飛ぶ機械じかけの木馬を王に贈った。世にも珍しい木馬を得て王は大喜び。ところが木馬に試し乗りをした王子は、操縦法を知らぬままにどんどん空を飛び、ついには遠く離れたベンガル国の王女と恋仲になる……。アラビアンナイトに入っているこの話は『黒檀(こくたん)の馬』という題名でも知られているのだが、どの写本から訳したのかいまだにわかっていない。アラビアンナイトは18世紀に出版されたガラン版と呼ばれるフランス語訳をきっかけとして世界中で読まれるようになったのだが、このフランス語訳のもとになったアラビア語写本には『黒檀の馬』は入...黒檀の馬?!

  • 豪快でファンタスティック!

    絵葉書美術館No.30シンドバッド航海記レオンカレ豪快でファンタスティック!

  • どんな話口調でしょう~  聞きたくなります

    絵葉書美術館No.29アラビアンナイトシェヘラザードの物語レオンカレ細かく描きこまれ、装飾も楽しめます。どんな話口調でしょう~聞きたくなります

  • こんな頂上ならきっと涼しいはず! 女性がいます、どこ~?

    絵葉書美術館No.28casterdavidfiedichMogenim Riesengebige18101810年の7月11日から1週間ほどポーランドとチェコにまたがるクルコノシュと呼ばれる1603m(5259ft)に絵描きの友人と出かけてスケッチし、油絵で描いたそうです。手持ちの絵葉書ではわからなかったけれど、十字架の傍には白いドレスを着た女性がいて、左手には黒っぽい男性を左手で引っ張っています。 こんな頂上ならきっと涼しいはず!女性がいます、どこ~?

  • お月さんは、けして何かを語りはしない

    絵葉書美術館No.27vollmondopfer 1933 sacrificeatfullmoonお月見という言葉があるけれど、そんな意味でしょうか。文化圏の違う作品題名に何と捧げましょう。1933年はナチス政権の影響が始まり、芸術への弾圧もあり、家宅捜査を受けたそうです。故郷のスイスベルンに逃げたけれど、ドイツの口座が凍結され、困窮していたそうです。満月の犠牲者とは、まさに当時の社会でひょっとしたら身を潜めていた家々の人々でしょうか。彼を取り巻く環境では震えていたに違いありません。何も知らずに、ピカソ美術館で開催されていた展覧会の入り口で絵葉書だけを買って、その日宿泊先の帰路に向かいました。個人の作品と人生の関り、一枚の絵ハガキに今になっていろいろを知り想像しています。お月さんは、けして何かを語りはしない

  • うたたねの美女

    絵葉書美術館No.26うたたねの美女

  • だきしめたくなる 

    絵葉書美術館No.25PAULKLEE題名忘れっぽい天使1939クレーが亡くなる前年の作品。だきしめたくなる

  • かわいいねえ~ どこの子?

    って、絵葉書美術館No.24PaulKlee(1879-1940)  題名X-chen,1938はてなちゃんLittleXあるいはLapetiteXかわいいねえ~どこの子?

  • ギリシャ神話?それともクレーの自己表現?

    絵葉書美術館No.23クレー気ままに調べてみると、ギリシャ神話のある地域を描いたとか、クレーが皮膚病に罹ったとかあります。Paulの文字があるところがご本人らしいです。作品名はinsuladulcamaraとあり、その病気に青ざめた顔で、赤い点は題字に示された植物の実のようです。ただ、真似て色を置いて行くと、地中海やら陸に育つ草地や山や花を浮かべるのは個人的な感想ではあります。ギリシャ神話?それともクレーの自己表現?

  • お話がはじまりそうです

    絵葉書美術館No.22HansThomaフランクフルトアムマインのホルツハウゼン公園の眺め  窓辺に置かれた本がアクセントになって、場面からお話が始まりそうです。#夏休みの課題を開いているうちに私は何やらある夏の記憶に入って行った。学校のないまどろみがそうさせたのか、草木の季節の同じ香りがそうさせたのか・・・#婦人は開けたページをそのままにして紅茶の皿を左手に持ち、カップの絵柄を少しばかりずらして口を当てひとすすりした。普通より上背の背中のカーブを書棚に預け、#開けたページに何を驚いたのか、ぺリロは汚れ染みのついた言葉を別のページでもみつけ取り掛かったことのある事件を思い出していた。彼の頭の中には連想が像となって次々と繋がり始めて行った。#「ママ~ロミエッタの車はまだ見えないねえ~」夏休みを一緒に過ごすの楽しみ...お話がはじまりそうです

  • 勝利の女神の声援  熱さを乗り切りましょう~

    絵葉書美術館No.21古代ギリシャ展で顔がついたニケ。ポーズも力強く格好いい。勝利の女神の声援熱さを乗り切りましょう~

  • こんなツアーに参加したいね、今年は!

    絵葉書美術館No.20LouisShinレミさんのお父さん?軽快に空を飛びかい、水中ウォーキング?ああ、今年はこの猫に代わりた~い。絵は涼しそう、涼しくなれば・・・こんなツアーに参加したいね、今年は!

  • 猛暑のあとのお風呂 

    いでゆ」小林古径絵葉書美術館No.19日本画のコバルト色は独特な味わいがあり、顔をうずめたくなりそうな温泉のように見えてきます。女性の体から沸き立つ湯気は暖まった体温さえも感じさせます。猛暑のあとのお風呂

  • まあ、綺麗なお尻!

    ピグマリオンとガラテアジャンレオンジェローム1824-1904絵葉書美術館No.18微笑ましい姿です。メトロポリタンで初めて見て買い求めたのがこの絵葉書で、印刷が暗いので、男性の後ろ姿に見えました。描かれていた彫像は女性で、アートの対象はなんと息を吹き返し、表現者と抱き合っているではありませんか。タラララララ♪タラララララ♪メトロポリタンミュージアム(^^♪)とバックグラウンドのメロディーを聞きながら彫刻家と彫刻が気持ちを通わせ始めました。アーティストは他にも実際に彫刻と絵画で表現してます。ルドンがジェロームに師事していたようです。まあ、綺麗なお尻!

  • ピカソ  こんなにシンプル    

    ピカソ絵葉書美術館No.17ピカソこんなにシンプル

  • ピカソも楽しそう~  でもないですかね! 

    ピカソとフランソワーズジロー1945年8月キャパが写した写真。若い女性(ピカソとの間に子供あり)にサービスして、女性はご機嫌。ピカソさん、これ罰ゲーム?絵葉書美術館No。16ピカソも楽しそう~でもないですかね!

  • 食品の凝固剤について

    ゼリーをしきりに作り続けている。食品廃棄を避けるためでもあるけれど、それが効果的だったのだろうか?決まって指の爪がある長さになると指の力によって亀裂を生じていた。が、つい最近気づいたのが、すっかり解消されたようだ。ゼラチンの効果だろうか?450グラム入ったのが、なくなろうとしている。そこで商品を探すと、植物由来のアガー(海藻の寒天だろうか?)があった。それぞれの特性と体への効果を成分表から比べようとしている。アガーマメ科の種子の抽出物 食品の凝固剤について

  • 絵葉書美術館No.15

    1690-1710の作品。ラーマヤーナによるとラーマの結婚式にダサラータが従者と進んでいる様子。神話によるとダサラータが乗るシャリオはあらゆる方向に動け、空も飛べるとか、それで戦いでは百選の王となり、王国の四方から妃3人がいたそうです。が、神話は良いことばかりでもなく、象の物音を見誤って見ず知らずの少年を矢で射貫いて命を奪う事故をおこしたそうです。お好きな方はhttps://en.wikipedia.org/wiki/Dasharatha更に楽しむにはhttps://www.metmuseum.org/art/collection/search/38010絵葉書美術館No.15

  • 絵葉書美術館 No.14

    7月の長い雨続きが8月になってがらっと夏の猛暑に様変わりした。大気が不安定になると、雷でも起きてそのあとは涼しくなるだろうにと、期待するほどの本日は猛暑日だそうだ。インドのカングラ渓谷で花開いたこの派のミニチュア絵画はmanakuとnainsukhuの息子たちによって受け継がれた。1780頃の作品。高位の男女が宮廷音楽家を聞いていたのか、雷に気づいて手を取り合ってそちらに視線を向けた。これからふたりの恋の変化・発展を意味しているようです。絵葉書美術館No.14

  • 絵葉書美術館  No.15

    クリシュナが牛飼い女たちと戯れてラダの涙をそそるミニチュア絵画と呼ばれるインドの19世紀王朝のカングラと呼ばれる手法の絵画。作者はpurku-パークー。鉱物や野菜などを使った顔料に手を加える。記述に即したスタイル。クリシュナは最高神で、色黒かったり青い色(名前が意味する)で、黄色の腰布・クジャクの羽の王冠・横笛などが添えられて描かれる。クリシュナの恋人がラダで、この絵では嘆いている右端の女性でしょう。何故?クリシュナがゴピ(牛飼いの娘たち)と戯れているからです。神様が住む世界は理想郷本当に綺麗。絵葉書美術館No.15

  • 絵葉書美術館 No.14

    任熊(1805-1864)大梅の詩をもとに描かれた空中女性がブランコをする情景「大梅詩意」宋王朝につくられた漢服を着ているそうです。男性の服装をした女性がいて、赤い革の腰ひもをつけています。この女性は武芸の達人をほのめかしているそうです。ドラマのように剣舞でしょうか、訊いてみたいものです。雲か岩は昔ながらの中華スタイルで、色の濃淡や自然風景は西洋スタイルだとか。絵葉書美術館No.14

  • 絵葉書美術館  No.13

    築嶋物語絵巻部分30x77416世紀神戸海港の時に女性が人身御供になって読経の元、海に進む平清盛が納めていた頃なかなか残酷なのをゆるりと残したようです。絵葉書美術館No.13

カテゴリー一覧
商用