ハンドル名
四日市高校・四日市南高校受験専門塾『四日市ゼミ』さん
ブログタイトル
四日市高校・四日市南高校受験専門塾『四日市ゼミ』
ブログURL
http://pass4south.seesaa.net/
ブログ紹介文
四日市・四日市南高校を本気で目指す生徒のための受験専門塾です。
自由文
意欲ある生徒たちは、多くの興味を持ち、知識を得ようとしています。 最終的に自分の力で考え、答えを出すのは本人であることは間違いのない事実ですが、疑問に対して納得のできる答えを提供できる空間を作りたい。 その思いが、四日市高校・四日市南高校受験専門塾『四日市ゼミ』を創りました。
更新頻度(1年)

55回 / 236日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2015/02/05

四日市高校・四日市南高校受験専門塾『四日市ゼミ』さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 03/21 03/20 03/19 03/18 03/17 03/16 全参加数
総合ランキング(IN) 49,143位 49,280位 49,202位 圏外 圏外 圏外 圏外 953,051サイト
INポイント 0 0 10 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
教育ブログ 577位 586位 574位 圏外 圏外 圏外 圏外 9,089サイト
中学校教育 19位 18位 15位 圏外 圏外 圏外 圏外 317サイト
受験ブログ 660位 661位 665位 圏外 圏外 圏外 圏外 7,817サイト
高校受験(塾) 10位 11位 11位 圏外 圏外 圏外 圏外 112サイト
地域生活(街) 中部ブログ 531位 528位 531位 圏外 圏外 圏外 圏外 13,212サイト
四日市情報 4位 4位 4位 圏外 圏外 圏外 圏外 138サイト
今日 03/21 03/20 03/19 03/18 03/17 03/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 95,034位 95,341位 95,232位 95,573位 79,176位 79,829位 96,961位 953,051サイト
INポイント 0 0 10 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
教育ブログ 1,270位 1,290位 1,309位 1,301位 1,209位 1,213位 1,305位 9,089サイト
中学校教育 38位 42位 41位 39位 39位 41位 44位 317サイト
受験ブログ 1,542位 1,553位 1,572位 1,575位 1,437位 1,463位 1,631位 7,817サイト
高校受験(塾) 30位 31位 31位 32位 27位 29位 34位 112サイト
地域生活(街) 中部ブログ 1,240位 1,243位 1,233位 1,241位 909位 891位 1,269位 13,212サイト
四日市情報 8位 7位 5位 6位 4位 4位 9位 138サイト
今日 03/21 03/20 03/19 03/18 03/17 03/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 953,051サイト
INポイント 0 0 10 0 0 0 0 10/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 10 0 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
教育ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 9,089サイト
中学校教育 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 317サイト
受験ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,817サイト
高校受験(塾) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 112サイト
地域生活(街) 中部ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,212サイト
四日市情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 138サイト

四日市高校・四日市南高校受験専門塾『四日市ゼミ』さんのブログ記事

?
  • 後期選抜合格おめでとう!

    後期選抜、合格発表の日です。 こちらで関わらせていただいた、 四日市南高校の志願者2名と、 四日市西高校の志願者2名、 桑名西高校の志願者1名の 全員が合格です。 おめでとうございます! 個別単科からの対応なので、 苦手教科のみの生徒も含んでいますし、 そん…

  • 利用可能な再生エネルギー

    何の苦労もなくできること。 例えば、字を書く。 言葉を話す。 上手い下手はあっても、 まずまずはこなせそうです。 自分の中に入れ込めているのかどうかは どうやってわかるのだろう。 どれだけ、説明されても、 手取り足取り教えられても、 自分でたどり着かなくては、…

  • 思いは、その向こうに。

    受験が終わり、 発表を待つばかりのこの時期。 これから、今までの何倍もの時間を この受験での学び以上の知識を そして、経験をしていくのでしょうから、 目標はもっと先にあってほしいと思うのです。 その過程で、どれだけのものを入れ込むのか。 安易に流れていくことが、 人を高めるとは限…

  • 成長の時

    高校受験の願変も終わり、 卒業式も終わり、 いよいよ明日は後期選抜受験日です。 この1か月余りは、 たぶん学校では、 前期で決定した生徒との 意識の格差もあり、 かなり精神的な面で、 辛いながらも、 成長する時期でもあると 毎年感じています。 よい人生に 動…

  • 受け入れられる範囲を広げる柔軟さ

    高校の古典で、 論語が出てきました。 中学でも出てきているのですが、 「学びて思わざれば則ち罔し、 思いて学ばざれば即ち殆うし」。 学んでも、 その学びを自分なりにかみ砕いて理解して入れ込まなければ、 身につかない。 自分で考えるだけで、人の考えや意見を学ぼうとしなければ、 考えが凝…

  • 募集人数と志願者数から読み取る、自分の居場所。

    三重県高校入試後期受験選抜志願者状況が発表されました。 四日市高校は、10名ほど去年に比べて志願者は減ったけれど、 募集人数が、40名減っているので、倍率は高くなっている模様です。 去年と比べると、南高校は少し倍率が少なくなっていますが、 逆に川越高校が、倍率が上がっている感じです。 桑名高校も、少し少ないようですが、 …

  • 自分に役立ち、周りに必要とされる社会への認識。

    人の感性は様々で、 一方的に意見を言ってしまう人や、 周りの言動に過敏に反応する人もいます。 子供たちの中でも、 のめり込むタイプと、 周りから影響を受けて視野を広げるタイプなど、 いろんな様子を見るにつけ、 感じることがあります。 本来、とてもうまく物事を考えられて、 理解力はかなりあ…

  • 補助なしで使えるようになるために。

    只今、学年末テスト週間です。 学年末にもなると、 テスト範囲が、かなり広くなっていきます。 新しい単元などが入ってくると、 どんどんと進むわけにもいかないところもあるし、 1年生は特に、 小学校の時とは違った進め方や、 基本の部分を確実に入れるため、 始めに時間がかかるということもあ…

  • ほどほどの緊張感と、達成感。

    普段、余裕をもって対応しているように見える人が、 切羽詰まった時には動揺しているように見える時があります。 逆に、いつも用心深くいる人が、 危機に瀕すると、開き直ったように変貌する時もあります。 舞台に出る人を裏側から見る番組がありました。 本来、こちらから見たら大ベテランで、 当たり前になんの緊…

  • 受け付けるものと受け付けないものの選別を考える。

    人から情報を得たり、知識を得ること、 ちょうど先生が生徒に指導をすることもそうですが、 仕事上で上司から支持を得る時も然り、 しっかりと自分の中にとどめられるかどうかは、 話し方はもちろんですが、 相手がどれだけ親身になっているかが、 かなり重要な位置を占めていると考えます。 一方的な押しつけだったり、

  • 手に入れたいものがあるならば。

    目標を持つということは、 その目標に対してのある程度の情報や知識があるからであって、 単に誰かからの受け売りや、 やむを得ない選択ではないだけでも、 持つべきに値するように感じます。 ただ、目標を持っても、 向こうからやってくるわけでなく、 それに向かって進んでいく過程で、 なかな…

  • 成長の証

    前期選抜の日です。 当ゼミでは、面接と作文での前期の生徒はいませんが、 関わっている生徒はいるので、 面接指導もしています。 本気で、その高校を目指す生徒ももちろんいる中、 何とか早く楽になりたいという意識で、 前期を希望する生徒も 少なからずいるのではないかと 感じる時がありま…

  • 私立高校、サクラ咲く。

    私立高校の合格のお知らせが、どんどん舞い込んできています。 受けた高校、全員合格!! おめでとうございます。 さあ、公立高校受験へ向けて、 もうひと頑張りです。 鈴鹿高専はそのままマークシートですが、 県立高校は、筆記になるのです、 が、 学校のテストとはまた違った、

  • 受験って何だ?

    近辺の私立高校の試験は、ほどほど一段落した様子です。 その中で、生徒も持ってきてくれるのですが、 私立高校で、出題したてほやほやの試験をいただいてきて、 毎年、やってみます。 もちろん終わってからですが。 昨日も夜中に一人、黙黙と。 解くことそのものも面白いのですが、 生徒によって、少し手ご…

  • 小さな箇所からコツコツと。

    毎年のように 私立高校が連日受験日となります。 生徒によっては、3連続という強者も表れます。 毎日5時間ほどの緊張を強いられますから、 こちらからお勧めするものでもありませんが、 受験自体に慣れるために、 あえて挑戦する生徒もいるようです。 このあたりの私立高は、 6校ほど。

  • 言葉としての表し方次第で。

    私立の過去問を確認しなおしていたら、 ある私立の『国語』の長文に、 スティーヴ・ジョブズの話がありました。 私も以前ユーチューブで動画を見て、 内容も感動しましたが、 そのスピーチ力というのか、 人を引き付ける構成力に、 コンピューターを作る能力以外にも、 有り余る能力を秘めた人だったのだと、 <…

  • 目標を持つことから始めよう

    望むものを持つということは、 毎日に目標ができて、 生活の中に、やりたいことへの計画を 入れ込むために、 その日の時間をどう使うかを

  • 効率がよい勉強法とは。

    現代国語のテキストの中で、 興味深い内容のものがありました。 例えば定期テストの時、 筆者は、 いつもテストが1教科終わった後で、 「さっきの問題の答え、◯◯だったよね。」 「あれ、◇を求めているのかと思って、△って書いてしまった。」 等と、話している人たちの会話を 無意味なものだと思っていた。…

  • 夜空を見続けると、星の数が増えていく不思議。

    次の生徒まで、一息つける時間があったので、 近くの自販機まで、飲み物を補給に出掛けました。 ふと空を見上げると、三日月の横に、煌めく星が一つ。 寄り添うように輝いています。 あの星は何だろう。 あれほど明るい月の光の横にいても、 消え入る…

  • 計算式を順序良く「下ろす」ことの必要性

    小学校の算数と、 中学校の数学の違いで、 最初に一番大切なのが、 計算式を書くことだと考えます。 小学校で、かなり計算が得意だった生徒が、 中学になって、点数が取れなくなり、 理解はあるのに、 あまり点数にならない状態が現れることがあるようです。 小学校で行うくらいの四則計算は、 簡単に頭の中でできてしまっていた人は、 中学の初めの計算式を書かずに、 頭の中で処理…

  • 生活の中から、学習内容に気づく。

    日常の中で、勉強から学びを得る時が多くあります。 気づきを得るというのでしょうか。 体験が重なると、たくさんの気づきも増え、 それが生活に生かされて、人生を豊かにすることにつながるのでしょうが、 学校生活と家庭生活の往復から得る気づきは、 学校の勉強と重なる部分になってくるのでしょうか。 冬になると、お風呂に入る時、 お風呂の室温を温めてから入るのですが、 湯船につかっていると…

  • 我が身は社会に包まれている。

    個人的な所用で、東京へ行きました。 新宿の都庁の近くです。 ちょうどお昼時です。 何だろう、道行く人の ビジネススーツに身を包み、さっそうと歩く姿。 どうもこちらの方が、勝手にそう思っているだけかもしれませんが、 晴れた青空に、そびえたつ都庁、 自信に満ちた様子に見えるのは私だけではないはず。 もちろん、それぞれに抱えるものは、いろいろあるでしょうが、 待遇とし…

  • 一方向からの眺め

    真夜中にふと目覚めてしまい、 多分何もやっていないとは思いつつ、 なんとなくテレビをつけると、 工場の夜景の動画が流れていました。 これはどこの夜景なのだろうか、 そういえば、四日市にも工場夜景が見られます。 一度仕事帰りに夜景を見に行ったことがあります。 あまり行かない不慣れな場所なので、いろいろ迷いましたが、 神秘的な輝きに、 工場というイメージでなく、一種のイル…

  • 億万長者の印鑑

    人は、今の自分の才能や、技量や、可能性を ある程度見極めて、目標設定をすれば、 そこまではたどり着くものです。 後、何が足りないのか、どれだけのことをすればよいのか、 判断できるのでしょう。 結局、人にすべてをゆだねて、手に入れられるものとは何なのか。 何もしなくても、簡単にすべてが手に入るようなフレーズが飛び交う世の中。 昔、印鑑を作るために印鑑屋さんへ行きま…

  • 受験までの流れをイメージする。

    新年から卒業テスト、私立、前期、後期、の受験日や合格発表日などの日程表を渡しました。 卒業テストは、学校ごとに違うので、少しずれているところもあったかもしれません。 ある程度、どこで何が起こるかがわかっていたら、そのために対処できます。 もし自分に降りかかる災いが、もっと早く、いつどこで、どれくらいのものかを知ることができたら、 それに備えるために、きっと準備をするはず。 …

  • 知ることが楽しくなると、少年は大志を抱く。

    知識を勉強として蓄積するのか、 興味のあるものとして楽しみ応用できそうな覚え方ができるのかで、 やはり、使い道が変わってくるのだと感じる時があります。 実際自分自身でも、 勉強としてとらえていた時は、 どうにも納得できないと、無理に覚えられない質なので、 かなり苦しんだものでした。 一度ある程度「勉強」として覚えこんだものを いろんな観点から理解できるようになると、…

  • 「学問の神様」への合格祈願

    受験生にとって、初詣で神社に行って、合格祈願をした人も、 また、これからの人もいるかもしれません。 合格祈願を推奨するつもりも、否定するつもりもありませんが、 「北野天満宮」や「太宰府天満宮」といった天満宮は、 菅原道真が、神様として祭られているのは知っていますよね。 歴史の教科書にも、遣唐使を廃止することを提案した人として出てきます。 とてもエリートな官僚として活躍し…

  • お正月に、万葉の世界を訪ねる。

    お正月だからということで、 少し古典を散策です。 古典の和歌の部分に最近よくかかわることがあって、 和歌の中で、『枕詞』や、『掛詞』、『縁語』などが巧みに組み込まれている歌を見ると、 言葉のセンスにもう感服してしまいます。 多くの和歌がある中、 たくさんの言葉の駆け引きとして面白いものの中に、  大江(おほえ)山 いく野の道の 遠(とほ)ければ      まだふみも…

  • 新春を表す言葉から、意味を知る。

    新しい年の始まり。 『元旦』と『元日』と『お正月』の違いを知っていますか。 『元旦』とは、1月1日の朝のこと。 「旦」は、地平線から朝日が昇る様子を表しているそうです。 『元日』は、1月1日を表します。 「元」が『物事の起こり。始まり。』を表すので、  漢字と言うのは、それだけで意味が見える。 『お正月』は、「月」とあるくらいですから、1月のことです。 とても惜しい漢字のミ…

  • 大晦日の年籠りを待つこの時に。

    大晦日です。 言葉の歳時記も数多くありますが、 行事としての「大晦日」をひも解いてみます。 元旦には「年神様(としがみさま)」という新年の神様が、 1年の幸福をもたらすために各家庭にやってくるため、 年末大晦日は、年神様を寝ないで待つ日とされていました。 寝ないで待つという理由には、 年神様は初日の出とともにやってくるという説もあるため、 大晦日の夜に寝ないで「年神様」…