searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE
ブログタイトル
アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶ(^O^)
ブログURL
http://nvtomosoccer.hatenablog.jp/
ブログ紹介文
アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶな札幌在住のSEが語ります。
更新頻度(1年)

112回 / 365日(平均2.1回/週)

ブログ村参加:2015/02/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶさんの読者になりませんか?

ハンドル名
アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶさん
ブログタイトル
アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶ(^O^)
更新頻度
112回 / 365日(平均2.1回/週)
読者になる
アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶ(^O^)

アントラーズらぶコンサドーレらぶJリーグらぶさんの新着記事

1件〜30件

  • 【2020 J1 第1節】柏レイソル 4 - 2 北海道コンサドーレ札幌 前途多難なペトロヴィッチ体制3年目の船出

    4点取られては勝つのは難しいですよね。 2点を返しはしたものの、完敗と言って差し支えない敗戦でペトロヴィッチ体制3年目は前途多難な船出となりました。 スタメンは、初の公式戦となった6日前のルヴァンカップ グループステージ第1節鳥栖戦から2名変更。 檀崎、高嶺に代わり、キムミンテ、白井が入りました。 ■ハイライト www.youtube.com www.youtube.com ■総評 ・札幌対策の上をいかないと高みは望めない ・キムミンテvsオルンガが勝負の分岐点 ・荒野の成長 ■感想 今年はリーグ戦に先駆けて一足早く開幕したルヴァンカップ。 その初戦は3-0の完勝ではあったものの、伝え聞く話で…

  • 過密日程の五輪イヤーを制するのは... 明治安田生命J1リーグ 2020シーズンプレビュー

    どうもです( ´ ▽ ` )ノ 鹿島アントラーズ、北海道コンサドーレ札幌に続いて、明治安田生命J1リーグのシーズンプレビュー。 横浜F・マリノスの連覇なるか?はたまたFC東京が昨年の雪辱を果たすのか? 明治安田生命J1リーグ、2020シーズンプレビューは~じま~るよ~( ´ ▽ ` )ノ なお、昨年までは忖度入りまくりでしたが、今年は忖度なしのガチ予想です( ー`дー´)キリッ ■昨年の予想振り返り あまり振り返りたくありませんが...振り返りも大事ですので... nvtomosoccer.hatenablog.jp 1位:北海道コンサドーレ札幌 → 10位2位:鹿島アントラーズ → 3位3位…

  • 何より結果が求められる総決算の3年目 北海道コンサドーレ札幌2020シーズンプレビュー

    こんばんは( ´ ▽ ` )ノ リーグ戦では低迷したものの、ルヴァンカップではクラブ初タイトルまであと一歩と迫り、クラブとして順調に階段を上っている北海道コンサドーレ札幌。 <<2019シーズン振り返り>> nvtomosoccer.hatenablog.jp ペトロヴィッチ体制3年目を迎え、Jリーグ史上類を見ない継続路線に、今年にかける意気込みが感じられます。 継続路線の先に見える景色はいかなるものか? 何より結果が求められる総決算のペトロヴィッチ体制3年目。 北海道コンサドーレ札幌の2020シーズンプレビュー始めますよ( ´ ▽ ` )ノ ■登録選手 GK 1 菅野 孝憲21 阿波加 俊太…

  • トラッキングデータで振り返る2019年明治安田生命J1リーグ

    間もなく2020シーズンが始まるというタイミングで、今頃かよ(*`Д´)ノ 的な内容で申し訳ございません( ゚∀゚)・∵. ガハッ!! ■2019年 明治安田生命J1リーグ 最終結果 2019年の明治安田生命J1リーグは、横浜F・マリノス 15年振りの戴冠で幕を閉じました。 トラッキングデータから見えてくる横浜F・マリノス優勝の要因、そしてチームごとの特徴などを分析していきたいと思います。 順位表にトラッキングデータを追加してみましょう。 本題に入る前に1つ重要な補足を。 今年の全試合の中で、1試合だけトラッキングデータを取得できなかった試合があります。 第18節の清水-神戸戦です。 取得で…

  • 【ACLプレーオフ】鹿島アントラーズ 0 - 1 メルボルン・ビクトリー ザーゴ体制の船出

    ザーゴ体制の船出は厳しい結果に終わりました。 短いオフ、短い準備期間に加えて、新監督で一発勝負を勝ちあがるのはさすがに無理ゲーでした。 新戦力6名が名を連ねたスタメン。 元日の天皇杯決勝スタメンだったのは4名。 ■総評 いろいろなエクスキューズを抜きにすると、さっぱりな内容に終始した必然の格下への敗戦と言っていいと思います。 守備面はしっかりしていたメルボルン・ビクトリーですが、攻撃面は全く怖さを感じさせず、1失点もリフレクションしてコースが変わったことが影響したラッキーなゴールでした。 南半球のオーストラリアはシーズン真っ只中で試合間隔が短いとは言え、特に後半動きが重くなった鹿島と比べると、…

  • 「変革」 鹿島アントラーズ2020シーズンプレビュー

    元日の天皇杯決勝から1か月も経っていませんが、鹿島アントラーズの2020シーズンが始まります。 <<2019シーズン振り返り>> nvtomosoccer.hatenablog.jp 一時は四冠を狙える位置にいながら結局無冠に終わり、大岩監督も退任。 どのチームよりもシーズンオフが短い中で、新しい監督を迎え、初戦がいきなりACL出場をかけた大事な試合。 大きな変革期にある鹿島アントラーズの2020シーズンプレビュー始めます( ´ ▽ ` )ノ ■登録選手 GK 1 クォン スンテ21 曽ケ端 準31 沖 悠哉38 山田 大樹(※) DF 2 内田 篤人 3 奈良 竜樹(※) 5 杉岡 大暉(※…

  • 大岩体制の終焉 鹿島アントラーズ 2019シーズンを振り返る

    鹿島アントラーズの2019シーズンが終わりました。 2月19日のACLプレーオフから始まり元日の天皇杯決勝まで、どのチームよりも多い55試合を戦い抜き、一時は4冠を狙える位置にいた中で結局無冠。 そして2017年途中就任した大岩監督も今シーズン限りで退任。 そんな鹿島アントラーズの2019シーズンを振り返りましょう。 シーズン初めに書いたプレビュー記事もご参考に。 <<関連記事>> nvtomosoccer.hatenablog.jp ■継続路線の先に見えた景色は...焼け野原 シーズン前のプレビューで抱いていた懸念は現実のものとなりました。 まあ、試合をしっかり見て客観的に判断すれば、誰もが…

  • 【天皇杯 決勝】鹿島アントラーズ 0 - 2 ヴィッセル神戸 大岩体制有終の美を飾れず...

    2/19から始まった鹿島アントラーズの2019シーズン最後の試合は完敗で終わりました。 他のどのクラブよりも長かった2019シーズンは結局無冠に終わり、大岩監督もこの試合で退任。 肝心なところで結果を出せなかった今シーズンを思い起こさせるゲームでした。 スタメンは天皇杯準決勝 長崎戦から1名変更。 土居に代わり、名古が入りました。 www.youtube.com ■総評 ・準決勝と異なったのは相手だけ ・完敗 ・どうしてこうなった? 下位ディビジョン相手に地力の差で辛うじて勝ちあがった準決勝から10日あまり。 チーム状態は全く変わっていませんでした。 準決勝と異なっていたのは相手が同じディビジ…

  • 【天皇杯 準決勝】鹿島アントラーズ 3 - 2 V・ファーレン長崎 内容は酷くとも勝つことが正義

    リーグ戦終盤の出来を引きずるような酷い内容の試合を地力の差で何とか制して、元日決勝へと駒を進めました。 勝つことが正義ではありますが、この内容でとても優勝できるとは思えず...不安を抱えたままの年越しとなります。 スタメンは2週間前のJ1最終節名古屋戦から1名変更。 遠藤に代わり伊藤が入りました。 ■総評 ・勝利以外に何ら価値がない酷すぎる内容 ・枠内シュート2本で3点 ・このままでは優勝なんてできない 開始早々に先制していなかったらどういう結果になっていたか想像したくない、体たらくな90分でした。 立ち上がり、長崎のディフェンスラインが下がり過ぎていて、スカスカだったバイタルスペースからのミ…

  • 躍進と停滞 北海道コンサドーレ札幌 2019シーズンを振り返る

    北海道コンサドーレ札幌の2019シーズンが終わりました。 クラブ初タイトルにあと一歩まで迫ったルヴァンカップ準優勝という躍進の一方で、リーグ戦は大躍進を遂げた昨シーズンを大きく下回る10位。 天皇杯も下位カテゴリ相手に初戦敗退と停滞した面もありました。 躍進と停滞、両面が見られた北海道コンサドーレ札幌の2019シーズンを振り返ります。 シーズン初めに書いたプレビューもご参考に。 <<関連記事>> nvtomosoccer.hatenablog.jp ■躍進~チーム力の底上げを示したルヴァンカップ準優勝 www.youtube.com 昨シーズンは一敗地に塗れたルヴァンカップ。 複数大会を並行で…

  • 【2019 J1 第34節】名古屋グランパス 0 - 1 鹿島アントラーズ 現在地が垣間見えた最終戦

    ウノゼロで勝ち切ったと言えば聞こえはいいですが、両チームぐだぐだの凡戦をオウンゴールの1点で何とか勝ったに過ぎない、チームの現在地が垣間見えたリーグ最終戦でした。 スタメンは前節から5名変更。 伊藤、名古、内田、チョンスンヒョン、クォンスンテに代わり、遠藤、白崎、三竿、ブエノ、曽ヶ端が入りました。 www.youtube.com ■総評 ・これが鹿島アントラーズの現在地 ・スピードで局面を打開できる選手がいない オウンゴールで先制こそできたものの、全体的には両チームとも攻守にミスが多く、見どころの少ない凡戦であったと言えます。 名古屋は守備面こそフィッカデンティ監督になって改善されてきた感じで…

  • 【2019 J1 第1~34節合計】スプリント回数ランキング100【トラッキングデータ】

    twitter上でBEST5を発表している全節合計のスプリント回数ランキングの上位100位までを紹介します。 明治安田生命J1リーグ スプリント回数BEST5(2019第1~34節 合計) 1位:860回 2796分 仲川 輝人 FW (横浜FM) 2位:826回 2322分 永井 謙佑 FW (FC東京) 3位:784回 2875分 鈴木 武蔵 MF (札幌) 4位:721回 2970分 山口 蛍 MF (神戸) 5位:704回 2259分 古橋 亨梧 FW (神戸) — j1tracking_data (@j1tracking_data) December 7, 2019 順位決定基準は以…

  • 【2019 J1 第1~34節合計】総走行距離ランキング100【トラッキングデータ】

    twitter上でBEST5を発表している全節合計の総走行距離ランキングの上位100位までを紹介します。 明治安田生命J1リーグ 総走行距離BEST5(2019第1~34節 合計) 1位:383.636km 2965分 喜田 拓也 MF (横浜FM) 2位:378.724km 2965分 川辺 駿 MF (広島) 3位:370.001km 3060分 橋本 拳人 MF (FC東京) 4位:366.947km 2970分 進藤 亮佑 DF (札幌) 5位:358.934km 3041分 柏 好文 MF (広島) — j1tracking_data (@j1tracking_data) Decem…

  • 【2019 J1 第34節】スプリント回数ランキング【トラッキングデータ】

    twitter上でBEST5を発表しているスプリント回数ランキングの全順位版になります。 明治安田生命J1リーグ スプリント回数BEST5(2019第34節) 1位:42回 古橋 亨梧 FW (神戸) 2位:41回 藤春 廣輝 DF (G大阪) 3位:38回 永井 謙佑 FW (FC東京) 4位:36回 小野瀬 康介 MF (G大阪) 5位:36回 町田 也真人 FW (松本) — j1tracking_data (@j1tracking_data) December 7, 2019 順位決定基準は以下の通り。 ・データはJリーグ公式サイトより取得・スプリント回数0回は対象外・スプリント回数が…

  • 【2019 J1 第34節】総走行距離ランキング【トラッキングデータ】

    twitter上でBEST5を発表している総走行距離ランキングの全順位版になります。 明治安田生命J1リーグ 総走行距離BEST5(2019第34節) 1位:13.093km 奥埜 博亮 MF (C大阪) 2位:13.047km 柴戸 海 MF (浦和) 3位:12.741km 水沼 宏太 FW (C大阪) 4位:12.618km 藤田 直之 MF (C大阪) 5位:12.527km セルジ サンペール MF (神戸) — j1tracking_data (@j1tracking_data) December 7, 2019 順位決定基準は以下の通り。 ・データはJリーグ公式サイトより取得・出…

  • 【2019 J1 第34節】北海道コンサドーレ札幌 1 - 2 川崎フロンターレ 今季の課題が表れた2019ラストゲーム

    ルヴァンカップ決勝そして昨シーズン大敗の雪辱は果たせませんでした。 ルヴァンカップ準優勝はあるものの、リーグ戦は昨シーズンを下回る10位に終わった今シーズンの課題が表れた2019ラストゲームでした。 スタメンは前節から2名変更。 ジェイ、キムミンテに代わり、アンデルソンロペス、荒野が入りました。 www.youtube.com ■総評 ・気合が空回りした試合の入り ・試合巧者の差が結果に出ただけ ・またも機能しなかったトリプルタワー 前のめり過ぎる試合の入りで負った2点のビハインドが全てと言える試合でした。 前半そして後半の入りはどうしても守備が安定しない危険な時間帯であるのがサッカーというス…

  • 【2019 J1 第33節】鹿島アントラーズ 1 - 3 ヴィッセル神戸 V逸も霞むほどの酷い内容...どこで歯車は狂ったのか

    イニエスタもビジャも飯倉もいない、 控えメンバー中心の神戸に優勝の可能性を絶たれました。 後方からのビルドアップすらまともにできない相手の出来は決してよく見えませんでしたが、だからこそその相手に3失点の完敗と言う結果には、V逸すら霞んでしまうほどの落胆と衝撃を感じてしまったのでした。 スタメンは前節から2名変更。 白崎、ブエノに代わり、名古、犬飼が入りました。 www.youtube.com ■総評 ・控えメンバー相手に完敗 ・今日も機能しなかった鹿島の生命線SB ・攻撃陣に目立つ疲労感 最終節に控えているホームゲームに向けてなのか、イニエスタもビジャも飯倉もいない、 控えメンバー中心で臨んで…

  • 【2019 J1 第33節】サガン鳥栖 0 - 2 北海道コンサドーレ札幌 早い時間の先制点が最大の勝因

    早い時間に奪った先制点こそ最大の勝因といっていい内容のゲームでした。 結果が伴っていなかったここ数試合と大きく変わった部分はありませんが、早い時間にリードを奪えたことで落ち着いて戦えたことが大きかったのかなと。 変に受け身になりすぎず戦って勝利できたことはチームとしての成長の証とも言えます。 スタメンは前節から3名変更。 アンデルソンロペス、白井、荒野に代わり、ジェイ、ルーカスフェルナンデス、キムミンテが入りました。 www.youtube.com ■総評 試合全体を総括すると、スコア差以上の完勝と言っていいと思います。 パワープレー気味に放り込み始めた70分過ぎからの10分ぐらいが一番厳しい…

  • 【2019 J1 第1~33節合計】スプリント回数ランキング100【トラッキングデータ】

    twitter上でBEST5を発表している全節合計のスプリント回数ランキングの上位100位までを紹介します。 明治安田生命J1リーグ スプリント回数BEST5(2019第1~33節 合計) 1位:835回 2706分 仲川 輝人 FW (横浜FM) 2位:788回 2232分 永井 謙佑 FW (FC東京) 3位:757回 2785分 鈴木 武蔵 MF (札幌) 4位:704回 2697分 室屋 成 DF (FC東京) 5位:691回 2880分 山口 蛍 MF (神戸) — j1tracking_data (@j1tracking_data) November 30, 2019 順位決定基準…

  • 【2019 J1 第1~33節合計】総走行距離ランキング100【トラッキングデータ】

    twitter上でBEST5を発表している全節合計の総走行距離ランキングの上位100位までを紹介します。 明治安田生命J1リーグ 総走行距離BEST5(2019第1~33節 合計) 1位:372.121km 2875分 喜田 拓也 MF (横浜FM) 2位:367.43km 2875分 川辺 駿 MF (広島) 3位:358.479km 2970分 橋本 拳人 MF (FC東京) 4位:356.346km 2880分 進藤 亮佑 DF (札幌) 5位:352.521km 2922分 東 慶悟 MF (FC東京) — j1tracking_data (@j1tracking_data) Nove…

  • 【2019 J1 第33節】スプリント回数ランキング【トラッキングデータ】

    twitter上でBEST5を発表しているスプリント回数ランキングの全順位版になります。 明治安田生命J1リーグ スプリント回数BEST5(2019第33節) 1位:40回 藤春 廣輝 DF (G大阪) 2位:39回 マルティノス FW (浦和) 3位:35回 田中 隼磨 MF (松本) 4位:35回 エリキ FW (横浜FM) 5位:34回 小川 慶治朗 DF (神戸) — j1tracking_data (@j1tracking_data) November 30, 2019 順位決定基準は以下の通り。 ・データはJリーグ公式サイトより取得・スプリント回数0回は対象外・スプリント回数が同じ…

  • 【2019 J1 第33節】総走行距離ランキング【トラッキングデータ】

    twitter上でBEST5を発表している総走行距離ランキングの全順位版になります。 明治安田生命J1リーグ 総走行距離BEST5(2019第33節) 1位:12.824km 藤春 廣輝 DF (G大阪) 2位:12.483km 道渕 諒平 MF (仙台) 3位:12.402km 米本 拓司 MF (名古屋) 4位:12.142km 小川 慶治朗 DF (神戸) 5位:12.138km 田中 隼磨 MF (松本) — j1tracking_data (@j1tracking_data) November 30, 2019 順位決定基準は以下の通り。 ・データはJリーグ公式サイトより取得・出場時…

  • 【2019 J1 第32節】北海道コンサドーレ札幌 1 - 2 ジュビロ磐田 持つ者と持たざる者の差が出た終了間際のPK

    J1残留の崖っぷちにいる磐田とは、この1試合に掛ける重みがあまりにも違い過ぎました。 内容的には悪くない立ち上がりでしたが、最後の精度のなさでチャンスをふいにするとワンチャンスを決められて先制され、後半終了間際に何とか追いつくも、ラスワンプレーで献上したPKを決められての敗戦。 J1残留と言う目標を持つ磐田と、7位以上という何とも中途半端な目標しか見出せない札幌との勝利へのモチベーションの差が出た試合かなと感じました。 スタメンは2週間前のJ1第31節横浜FM戦から3名変更。 ジェイ、ルーカスフェルナンデス、キムミンテに代わり、アンデルソンロペス、白井、宮澤が入りました。 www.youtub…

  • 【2019 J1 第1~32節合計】スプリント回数ランキング100【トラッキングデータ】

    twitter上でBEST5を発表している全節合計のスプリント回数ランキングの上位100位までを紹介します。 明治安田生命J1リーグ スプリント回数BEST5(2019第1~32節 合計) 1位:811回 2616分 仲川 輝人 FW (横浜FM) 2位:765回 2175分 永井 謙佑 FW (FC東京) 3位:732回 2695分 鈴木 武蔵 FW (札幌) 4位:674回 2607分 室屋 成 DF (FC東京) 5位:670回 2766分 ディエゴ オリヴェイラ FW (FC東京) — j1tracking_data (@j1tracking_data) November 23, 20…

  • 【2019 J1 第1~32節合計】総走行距離ランキング100【トラッキングデータ】

    twitter上でBEST5を発表している全節合計の総走行距離ランキングの上位100位までを紹介します。 明治安田生命J1リーグ 総走行距離BEST5(2019第1~32節 合計) 1位:360.646km 2785分 喜田 拓也 MF (横浜FM) 2位:356.411km 2785分 川辺 駿 MF (広島) 3位:346.923km 2880分 橋本 拳人 MF (FC東京) 4位:345.289km 2790分 進藤 亮佑 DF (札幌) 5位:341.017km 2832分 東 慶悟 MF (FC東京) — j1tracking_data (@j1tracking_data) Nov…

  • 【2019 J1 第32節】スプリント回数ランキング【トラッキングデータ】

    twitter上でBEST5を発表しているスプリント回数ランキングの全順位版になります。 明治安田生命J1リーグ スプリント回数BEST5(2019第32節) 1位:46回 藤春 廣輝 DF (G大阪) 2位:35回 室屋 成 DF (FC東京) 3位:32回 古橋 亨梧 FW (神戸) 4位:31回 マルティノス MF (浦和) 5位:30回 道渕 諒平 MF (仙台) — j1tracking_data (@j1tracking_data) November 23, 2019 順位決定基準は以下の通り。 ・データはJリーグ公式サイトより取得・スプリント回数0回は対象外・スプリント回数が同じ…

  • 【2019 J1 第32節】総走行距離ランキング【トラッキングデータ】

    twitter上でBEST5を発表している総走行距離ランキングの全順位版になります。 明治安田生命J1リーグ 総走行距離BEST5(2019第32節) 1位:13.37km 藤春 廣輝 DF (G大阪) 2位:13.006km 柴戸 海 MF (浦和) 3位:12.941km 岩上 祐三 MF (松本) 4位:12.345km 道渕 諒平 MF (仙台) 5位:12.301km 井手口 陽介 MF (G大阪) — j1tracking_data (@j1tracking_data) November 23, 2019 順位決定基準は以下の通り。 ・データはJリーグ公式サイトより取得・出場時間4…

  • 【2019 J1 第32節】サンフレッチェ広島 0 - 0 鹿島アントラーズ 優勝が大きく遠のくスコアレスドロー

    優勝が大きく遠のく痛恨のスコアレスドローとなりました。 残り2試合で首位とは勝ち点4差となり、可能性はゼロではありませんが、限りなくゼロに近づいたと言っていいでしょう。 スタメンは前節の川崎戦から変更なし。 www.youtube.com ■総評 ・優勝目前で勝負弱さを露呈...どこかで見た既視感 残り2試合で1勝すれば優勝という状況から2試合連続のスコアレスドローで優勝を逃した2017年がフラッシュバックしてくるここ2試合での勝負弱さです。 敗れた前節の川崎戦より内容的には酷かったですかね...特に前半。 守備から入った相手につきあう形で、互いの良さを消しあい主導権の握り合いが続いたと言えば…

  • 残り3試合となった2019年 明治安田生命J1リーグ 優勝争いと残留争いの行方

    2019年の明治安田生命J1リーグも残り3試合。 いよいよ大詰めですね。 <<関連記事>> nvtomosoccer.hatenablog.jp こちらに引き続いて残り3試合時点での優勝争いと残留争いの現況を見ていきましょう。 ■三つ巴の優勝争いから一騎打ちへ? 順当に勝ち点6を積み上げたFC東京、横浜F・マリノスに対して、川崎に敗れた鹿島アントラーズが3位に後退。 最終節でFC東京、横浜F・マリノスが直接対決を控えており、これ以上の勝ち点取りこぼしは即脱落となり得るだけに、鹿島アントラーズは厳しい立場に追い込まれました。 3連勝して運を天に任せるのみですかね。 鹿島推しの私はもちろん鹿島アン…

  • 【2019 J1 第31節】横浜F・マリノス 4 - 2 北海道コンサドーレ札幌 完敗の中に見えた未来

    立ち上がりに喫した2失点が全てと言っていい完敗でした。 完敗ではありますが、ハイラインハイプレスの横浜F・マリノスが得意とするハイペースのサッカーで十分に渡り合えていたことは誇ってよく、まだ若いこのチームの未来は明るいかなと感じた一戦でした。 スタメンは前節から1名変更。 アンデルソンロペスに代わり、ジェイが入りました。 www.youtube.com ■総評 ・90分オープンな展開のど突きあい ・もったいない試合の入り ・マリノスとの差は・・・ 負けたことを抜きにすれば、攻守の入れ替わりが激しく、オープンな展開が90分続いたど突きあいで、試合としては超絶面白かったですね。 勝負であることを考…

カテゴリー一覧
商用