searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

しおんの部屋さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
しおんの部屋
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/sion_shade
ブログ紹介文
3DCG とか…
更新頻度(1年)

33回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2015/01/03

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、しおんの部屋さんの読者になりませんか?

ハンドル名
しおんの部屋さん
ブログタイトル
しおんの部屋
更新頻度
33回 / 365日(平均0.6回/週)
読者になる
しおんの部屋

しおんの部屋さんの新着記事

1件〜30件

  • 微笑んだ唇[Blender 3DCG]

    最近あまり時間がとれず、3DCGをしばらく放置していたのだが、久しぶりに水着まちゅり2020参加[Blender3DCG]を見たら、毎日見ている時はきにならなかった唇が淡泊に見えるようになってしまった。もともと唇は表情によって形や厚みがダイナミックに変化する。例えば笑顔の場合、口角が左右に広がるとそのぶん唇が左右に引っ張られ、さらに厚みそのものも薄くなる。という事で今回の微笑みの表情でも唇を薄めにしたのだが・・・実は軽く微笑んだときは口角は軽く上がるがそれほど左右に広がらない為、唇の厚みもあまり変化しないようなのだ。それを意識しすぎて薄くした結果「もともと唇が薄い人」に見えてしまったようだ。という事で、唇の厚みを保った状態(左)にしてみた。水着まちゅりの時(右)と比べると・・・・・・(麻痺してだんだんわからなく...微笑んだ唇[Blender3DCG]

  • 水着まちゅり2020参加[Blender 3DCG]

    今年も水着まちゅりに参加した。前回の水着まちゅり2019は少し落ち着きすぎた感じになってしまったので、今回はパステルカラーをベースにライトな感じをめざしてみた。最近いかにも水着というものが少なくなってきているので、水着とセットになっているTシャツとスカートを作ってみた。といっても普通の素材だとカジュアルな普段着になってしまうので、Tシャツとスカートをシフォンやオーガンジーのような薄手のものにした。イメージ通りさわやかな感じになった!が・・・一見おとなしそうなのに意外と大胆?街歩きは無理かも^^;水着まちゅり2020参加[Blender3DCG]

  • 足の指が器用になった?[Blender 3DCG]

    次は足[Blender3DCG]の続きと言えば言えなくないかも?土踏まずで棒を踏むと、特に意識しない場合足の指が何かを掴むようにとじるようなのだが…足の指がひきつったみたいになってしまった(左の画像)。なぜこうなったかというと、各指が根元しか曲げられなかったからなのだが^^;そこで、すべての関節を曲げられるように、右画像の水色のボーンを増やしてみた。やっと足の指が曲げられるようになり(真ん中の画像)、指がつりそうな感じがなくなった^^;足の指が器用になった!足の指が器用になった?[Blender3DCG]

  • クロスシミュレーションしてみた その3 [Blender 3DCG]

    クロスシミュレーションしてみたその2[Blender3DCG]の続き。今回はスカート。材質は初期設定の「silk」を利用した。型紙は使わず、その代わりに円のような形状を使用した。縫合が不要になったのでTシャツよりは単純かと思ったが…やはりそう簡単にはいかなかった。スカートが体に食い込んで取れなくなる。スカートが棒に食い込んで取れなくなる。スカートの布同士が交差して取れなくなる。silkの設定はしなやかな感じになるが、形状が乱れやすいようだ。初期形状を上下逆の円錐のような形にして、シミュレーション速度を落とし、コリジョン判定の品質を上げ、その他いろいろと試行錯誤した結果、やっと収まった。仕上がりはこんな感じかなりリアル?ボトムスの淵がうっすらと確認できる。途中経過はこんな感じ数字はフレーム数を示す。0:初期状態。...クロスシミュレーションしてみたその3[Blender3DCG]

  • クロスシミュレーションしてみた その2 [Blender 3DCG]

    クロスシミュレーションしてみた[Blender3DCG]の続き。人間用(いきなり妙な言い回しだな…)の型紙を使い、初期設定の「cotton」を利用してクロスシミュレーションしたが…最初はさっぱりうまくいかなかった。袖が腕を包み込む前に閉じて、腕の上にのっかってしまうとか肩が閉じずにずり落ちて脱げてしまうとか途中で体にひっかかっていくら待っても縫合されないとか布と体や布同士が交差して離れなくなってしまうとかとかとか…^^;クロスシミュレーションは重力や縫合の速さや接触判定で結果が変わるため、縫合の力やシミュレーション速度やコリジョン判定の品質等のパラメータを変更したり、縫合途中のedgeに中点を置いたり、型紙のscaleを動的に変化させたり、試行錯誤すること数時間…なんとか縫合が完了し、まぁまぁ良い感じのTシャツ...クロスシミュレーションしてみたその2[Blender3DCG]

  • クロスシミュレーションしてみた[Blender 3DCG]

    Tシャツを作りたくなった。丸く横に広いラウンド襟と先に行くほど広がる裾(または袖)がいいかな。ただ、このようなタイプの服は大きめの皺ができるので、意識して作るのがめんどくさい、というより、どう作っていいのかわからない。それならクロスシミュレーションをしてみよう!テキトーに型紙相当のMesh作り、クロス(+クロス縫合)設定とコリジョン設定をして実行してみた。経過はこんな感じだ。左上の数字はアニメーションのフレーム数。1が元々の型紙の状態。実行開始直後2,3といい感じに進んだのだが…50で袖の下と裾の横の部分がぐちゃっと皺になり、100200で完全に寄り集まった状態になってしまった。約1時間かけてこの結果か。本来服ではない麻袋に穴をあけて頭と腕を通したみたいだ。それでも1から手で作るよりはよっぽどましだ^^;そこそ...クロスシミュレーションしてみた[Blender3DCG]

  • 2年半前と比べてみた [Blender 3DCG]

    ひとつひとつの変化は僅かなのであまり意識していなかったが、2年半前と比べるとかなりかわっていたので驚いた。一番上が最近で一番下が2年半前。ちなみに歳をとったというわけではない。電脳空間(なんだか懐かしい響きだな…)の住人なので^^;2年半前と比べてみた[Blender3DCG]

  • 肩のねじれを防ぐ Quaternion を求める[Blender 3DCG]

    Quaternionの回転式の展開[Blender3DCG]の続き今回は肩のねじれを防ぐY=0のQuaternion(W,X,0,Z)を求める。もう少し具体的に説明すると肩をy≠0のQuaternion(w,x,y,z)で回転させた時と肩をY=0のQuaternion(W,X,0,Z)で回転させた時で、腕の方向が一致するようなW,X,Zをw,x,y,zから求める。(英文字の小文字と大文字の違いに注意)腕の方向は、肩のBoneのY軸方向(0,1,0)と同じなので、(0,1,0)を回転させた結果が一致する場合について考える。前回求めたQuaternion(w,x,y,z)の回転式の展開結果に(p,q,r)=(0,1,0)を代入すると、qの項目のみ残るので以下となる。(w,x,y,z)(0,0,1,0)(w,-x,-...肩のねじれを防ぐQuaternionを求める[Blender3DCG]

  • Quaternion の回転式の展開[Blender 3DCG]

    Quaternionの積の展開[Blender3DCG]の続き今回はQuaternionの積の展開結果を利用してQuaternionの回転式の展開を行う。Quaternion(w,x,y,z)で点(p,q,r)を回転した後の点(P,Q,R)を求める式は(O,P,Q,R)=(w,x,y,z)(o,p,q,r)(w,-x,-y,-z)O=0,o=0この式を展開用に、前回求めたQuaternionの積の展開結果①と①を変形した②を準備する。(w,x,y,z)(o,p,q,r)(a,b,c,d)(w,-x,-y,-z)=(wo-xp-yq-zr=(+aw+bx+cy+dz,wp+xo+yr-zq,-ax+bw-cz+dy,wq-xr+yo+zp,-ay+bz+cw-dx,wr+xq-yp+zo)…①,-az-by+cx...Quaternionの回転式の展開[Blender3DCG]

  • Quaternion の積の展開[Blender 3DCG]

    肩のポージングは難しい[Blender3DCG]で予告したが、方向を変えないでquaternionのY=0にするための計算方法方法について数回に分けて説明しようと思う。まずは最も基本となるquaternionの積から始める。webを見れば展開後の式が見つかるのだが…色々と方向性を探る段階である程度自力で展開してみたので、その過程を示す。とは言っても…詳しい理論に踏み込む気はない(本質的には理解できていない^^;)Quaternion(w,x,y,z)は、ijk=ii=jj=kk=-1を満たす基底元i,j,kを用いてw+xi+yj+zkと示せる。この時quaternionの積の展開は、一般的な積の展開に近い形で行うことができる。但し、基底元i,j,kは掛ける順序が重要であるため、展開時i,j,kを掛ける順序を崩し...Quaternionの積の展開[Blender3DCG]

  • 肩のポージングは難しい[Blender 3DCG]

    肩のポージングは難しい。例えば、以下の順にポーズを変えたとする。①上腕を真横に伸ばした状態②正面から見た状態で上腕を45度、下に下げる。③真横から見た状態で上腕を45度、前に上げる④真横から見た状態で上腕をさらに45度、前に上げる④のとき、わきの下が上腕の付け根で前方にねじれあがって皺のようになってしまう。この状態を直すためには、上腕の方向は変えないまま上腕をねじる必要がでてくる。具体的には腕のBoneのrotation_quaternionのYが0(※1)になるように調整する。④の時、Y≠0では肩の付け根にあるわきの下が広がったような縦方向の皺が、Y=0の時は消えている。(④Y=0は①から上腕を前に曲げた結果と一致する。)と…ここまでは簡単そうに書いたが…単純にY≠0のみをY=0に変えると、腕の方向が変わって...肩のポージングは難しい[Blender3DCG]

  • 次は足[Blender 3DCG]

    次はおなか[Blender3DCG]の続き?順番から行けば脚なのだが、急に足の形が気になったので…足は、じっくり見れば見るほど形がとりにくくなる感じがして、なかなかうまくいかない。という事でかなり長い間放置していたのだが、気になる点がいくつか出てきた。・足首の骨の出っ張りが白々しい・指のバランスが悪い・足がひらべったく見えるなどなど…そこで以下のような変更をした。・足首の骨のでっぱりの上側をなだらかにする・足首を少しだけ上に移動する・足の甲の厚みを増す。・足の両側の指を少し足首側に移動するようにバランスを取り直す。)・親指の先端を少し細くする。・薬指から小指までの指の付け根側を細くする。直した結果はこんな感じ相変わらず足の形は難しいが、少しは良くなった気がする。次は足[Blender3DCG]

  • 次はおなか[Blender 3DCG]

    また背中・・・[Blender3DCG]の続き上半身で最後に残ったのがおなか周辺。一見単純そうに見えるが、腹壁脂肪体と腹直筋・外腹斜筋と肋骨が重なっている。この流れを意識してリトポロジしてみた。みぞおちあたりがなかなかうまくいかないが、そこそこ良い感じに影ができるようになった。次はおなか[Blender3DCG]

  • また背中・・・ [Blender 3DCG]

    上腕が棒・・・[Blender3DCG]の続き背中に時間をかけても殆どわからないと思いつつ、前回のリトポロジ後の微調整に時間をかけてしまった…ポイントは背骨肩甲骨わきの下の見た目の改善。なかなか難しくまだ完全に納得できていないが、横から光を充てるとひとまずこんな感じになった。ちなみに従来の光の当て方をすると相変わらず殆ど違いがわからない^^;また背中・・・[Blender3DCG]

  • 上腕が棒・・・ [Blender 3DCG]

    今度は背中![Blender3DCG]の続き前回、カラー版の背中がなぜか気に入らなかったのだが、なんとなく理由がわかった。上腕が棒…この違和感のせいで他の微妙な違いが全て吹っ飛んでいた^^;そこで以下の項目に着目して直してみた。・肩は太目・上腕中央部は細目・ひじは太目・ひじの先端は少しとがらせて、外側と内側で勾配を変える腕は動く範囲が大きいためなかなか思い通りにならないが…実は背中も以下を意識してリトポロジしたのだが・肩甲骨・僧帽筋・広背筋・ミカエルの菱形・腹側脂肪体・臀部脂肪体違いが殆どわからないのでこれ以上はふれないでおこう。上腕が棒・・・[Blender3DCG]

  • 今度は背中! [Blender 3DCG]

    上半身が太って見える[Blender3DCG]の続き鎖骨周辺が少し良くなると、今度は背中の方が気になりだした。ちょっとのっぺりした気がするので、前回と同じように筋肉などを調べてその境目を強調すると…なんだかボディービルダーみたいになってしまい、変更前の方が良く思えてしまう結果となった。そこでさらに調べると…女性の場合背中の筋肉があまり発達していない人が多く、その結果筋肉の下の鎖骨などの形状が見えやすいらしい。また皮下脂肪も多いため、さらに形状が変わってくる。簡単に言えば、太り方や筋肉の付き方で人それぞれという事に^^;そこで一般的に影が出やすい3か所を直してみた。・肩甲骨上に、肩甲骨のハの字型の淵と平行にできる影・鎖骨の下側にできるハの字型の影・腰あたりにできる逆ハの字型の影これをみるとちょっと白々しい感じがす...今度は背中![Blender3DCG]

  • 上半身が太って見える [Blender 3DCG]

    肩幅が気になる2[Blender3DCG]の続き?女の子のモデリングに少し行き詰まり感があったので月着陸船でも作ってみようと思ったのだが、違う事を始めた途端に鎖骨あたりが太って見えることに気が付いた。そこでいろいろ調べてみると…肩から胸の部分は、三角筋(赤)・大胸筋(黄)・皮下脂肪(緑)があり、各々の境目は谷線(凹んだ線)状になっているようなのだ。ところが今はこの境目がはっきりしていないのと、大胸筋の部分のボリュームがあるために、太目に見えていたらしい。これらを意識し変更してみた。左が変更前で右が変更後なのだが、肩から胸の部分しか変えていないのに、かなり華奢な感じになった気がする。(ちょっとやりすぎたきもする^^;)上半身が太って見える[Blender3DCG]

  • 月着陸船 [Blender 3DCG]

    月を調べている時、アポロ計画の月着陸船の写真をいくつか見つけた。昔見たイメージとはちょっと違う感じがした。記憶の中のイメージはこんな感じモアイ像のように彫の深い丸顔のウルトラマンの顔の下に蜘蛛の体をくっつけた感じだったような^^;見つけた写真をもとに顔の部分を作ってみた。なぜこんなデザインになったのか不思議だ^^;月着陸船[Blender3DCG]

  • 月?[Blender 3DCG]

    境内の背景用に用意したのに全く出番が無かった「月?」です。なぜ"?"が付くかというと、実はBlenderで描画した作り物だからです。NASAのWEBページから月の色データと高さデータを拾ってきて、球に張り付けただけなのです。良い時代になりましたねぇ^^;月?[Blender3DCG]

  • 巫女装束作れるかな? その12.1 [Blender 3DCG]

    巫女装束作れるかな?その12[Blender3DCG]の…境内の絵でアドバイスをうけた^^;・画像が全体的に暗い。・巫女さんの位置が右に寄りすぎ?画像だけを見ていると気が付かなかったが、サイトにアップするとサイトの色合いや他の画像との関連で画像が暗く見える。巫女さんの位置は水着まちゅりと似すぎたためあえてずらして失敗した。ということで直してみた。変更点は…・巫女さんを左に寄せるこれで表現したいものが灯篭ではなく巫女さんだということがはっきりしたかも?・巫女さんの上半身のライトをわずかに強くする。画像全体のコントラストがあがり、少し明るい感じになった・左上の葉に当てる光を少し強くした。左上隅が少し寂しかったので・建物中央のライトを少し弱くした。目立ちすぎたので結果はこんな感じ全体的に明るくしすぎると暗い境内のイメ...巫女装束作れるかな?その12.1[Blender3DCG]

  • 巫女装束作れるかな? その12 [Blender 3DCG]

    巫女装束作れるかな?その11[Blender3DCG]の続き前回からの変更点はあまりない。ちょっと白衣の生地がYシャツっぽかったので細かい凹凸を強くしてみたくらいだろうか。せっかくなので、夜の境内(?)で記念撮影。ふむ、感想は…今の時期こんな格好で外にいたら風邪をひくな。じゃなくて、ちょっと白衣がまだのっぺりした感じがする。上腕あたりに大きめの皺があるとよさそうな気がするのだが、難しいので気が付かなかったことにしよう^^;でも、全体的な雰囲気はなんだかよい感じ!巫女装束作れるかな?その12[Blender3DCG]

  • 巫女装束作れるかな? その11 [Blender 3DCG]

    巫女装束作れるかな?その10[Blender3DCG]の続きついに袖にボーンを入れた!試しに水着まちゅり2019のポーズにしてみるとなんだか良い感じ!帯の蝶結びが袖と干渉してしまっているのが残念だが…それにしてもこのポーズ、少し手直しすれば正式に使えそうだ…(手抜きと思われそうだが、良い感じなので仕方ない^^;)巫女装束作れるかな?その11[Blender3DCG]

  • 巫女装束作れるかな? その10 [Blender 3DCG]

    巫女装束作れるかな?その9[Blender3DCG]の続き巫女装束の緋袴には、行灯袴と馬乗袴がある。違いを例えるならスカートとキュロットスカートだろうか。馬乗袴は脚の間にも布地があるため、干渉したり突き抜けたりしてちょっと難しい。そこで手始めに比較的手軽な行灯袴をプリーツスカートを元に作ったのだが…行灯袴はコスプレにも使われることが多く、やはり少しイメージが軽い。(じつはかなり前にコメントでもご指摘頂いていた^^;)そこで、馬乗袴にすることにした。ついでに生地に皺もつけてみた。直した結果はこれ。やはり緋袴はこちらの方が良いかも!巫女装束作れるかな?その10[Blender3DCG]

  • 巫女装束作れるかな? その9 [Blender 3DCG]

    巫女装束作れるかな?その8[Blender3DCG]前回で髪は終わりと思っていたのだが、また些細なことが気になってしまった。・もみあげが濃すぎる・こめかみあたりの前髪がまっすぐすぎて、洗ったあと放置したようにみえる。この髪型でのおしゃれポイント(?)を全て外している気がする。あと一つ、・髪をまとめて縛っているところで、髪が折れているように見える直した結果がこれ。ちょっと良くなったかな。全体のイメージはほとんどかわらないな…白衣が難しいのでちょっと髪を直す事にしたのに、髪にもかなり手間を取られてしまった。巫女装束、いつ終わるのだろうか^^;巫女装束作れるかな?その9[Blender3DCG]

  • 巫女装束作れるかな? その8 [Blender 3DCG]

    巫女装束作れるかな?その7[Blender3DCG]の続き。前回に髪形を変えたが、なんとなくしっくりこない。例えば額から髪をまっすぐ後ろに流しているせいで前髪が浮いた感じがするとか、髪のしばり方がものすごく昔の映画の中で見たような感じがするとか・・・そこでちょっと変えることにした。・頭頂部から髪を左右に流すようにしてみる・髪を結ぶ位置をうなじの少し上にしてみるこれにより前髪がなじむとともに、きちっとした感じは保たれたまま硬さが和らいだようだ。次に丈長だが、一枚の紙を折って作るので、真後ろから見た時の縦の部分が正方形になるようにした。さらに丈長とつけ髪をするための筒状の和紙を混同していたため、縦長の筒状の部分は無くした(丈長の輪のみにした)。巫女装束作れるかな?その8[Blender3DCG]

  • 巫女装束作れるかな? その7 [Blender 3DCG]

    巫女装束作れるかな?その6[Blender3DCG]の続き今回は巫女の髪型に挑戦!(白衣が難しいので現実逃避^^;)前回までの高い位置でのポニーテールもそこそこよかったのだが…サブカルチャーっぽいため手を加えることにした。といって当初の目標である「桔梗」の髪形もコスプレ感がぬぐえないので、泣く泣く方針変更…ロングストレートを低い位置で一つ結びにして丈長をつけてみた。ちょっと堅いイメージになりすぎたかも?巫女装束作れるかな?その7[Blender3DCG]

  • 巫女装束作れるかな? その6 [Blender 3DCG]

    巫女装束作れるかな?その5[Blender3DCG]の続き白衣が白衣に見えない理由が何となくわかってきた。洋服とは違い、すべての個所が体のサイズにピッタリというわけではないようだ。例えるなら、お相撲さん用の特大のシャツを、普通の女の子が着たような感じだろうか。胴も腕も当然ぶかぶか。それを、なるべく前後に皺が出ないように腰の左右でうまく折り込んで帯で縛ったような状態…だと思う。さらに、・白衣のわきの下は帯の少し上・袖の一番下は帯よりも下となるように調整してみた。まだ腰の左右の折り込みができていないが全体的なイメージが和服っぽくなってきたようだ。後姿はこんな感じ。ぴんとした背筋や、腰から放射線状に伸びる袴のラインが良い感じ!巫女装束作れるかな?その6[Blender3DCG]

  • 巫女装束作れるかな? その5 [Blender 3DCG]

    巫女装束作れるかな?その4[Blender3DCG]の続き今回は蝶結びの部分の帯の幅が狭すぎたのを直してみた。帯の幅が細くなるのはおかしいので…あと、袖も少し引っ張られる感じを出してみた。まだ根本的に何か違う気がするが。袖は試行錯誤中という事で^^;結果はこんな感じ巫女装束作れるかな?その5[Blender3DCG]

  • 巫女装束作れるかな? その4 [Blender 3DCG]

    巫女装束作れるかな?その3[Blender3DCG]の続き今回も白衣をほったらかして緋袴に手を加えた。主な内容は以下。・帯の部分を前後に分け、前の帯の上から後ろの帯を巻くように変更。・帯の前部に蝶結びを追加・帯の下の部分に点線のように見える白い紐を追加・ひだの数を前後とも4に変更(間違いに気が付いた…)蝶結びは白い線の下で結ぶと袴が下にズレるのを防ぐ効果があるそうだが、あまり動かない場合は白い線を隠すように結ぶこともあるようだ。ということでこんな感じにしてみた。それにしても、そろそろ袖をなんとかしたいなぁ…巫女装束作れるかな?その4[Blender3DCG]

  • 巫女装束作れるかな? その3 [Blender 3DCG]

    巫女装束作れるかな?その2[Blender3DCG]の続き今回は袴のわきに切れ込み(?)を入れてみた。また暫定的に袖もつけてみた。が・・・どうもコスプレっぽく見えてしまう・・・原因がわからないまま和装のサイトを見ていると「重ね着」という言葉を見つけた。和服のおしゃれのひとつらしい。そういえば歌舞伎役者や和服の人形なども服に厚みを感じた事を思い出した。巫女装束もそれなりに重ね着をしている。和装下着襦袢白衣袴前の腰ひも後ろの腰ひもということで全体的に服のサイズに余裕を持たせてみた。なんだかよい感じになった。巫女装束作れるかな?その3[Blender3DCG]

カテゴリー一覧
商用