searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Something-Newさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
Something-New
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/something-new710
ブログ紹介文
710は私の好きな数字。 西海岸をDATSUN710で走った記憶・・・ その道は今も続いている。
更新頻度(1年)

62回 / 365日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2015/01/02

本日のランキング(PV)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Something-Newさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Something-Newさん
ブログタイトル
Something-New
更新頻度
62回 / 365日(平均1.2回/週)
読者になる
Something-New

Something-Newさんの新着記事

1件〜30件

  • 1週間の歌 (終活ってやつを考える編)

    参勤交代とはワタシの場合毎週日曜日の午後に実家にいき母やワタシたちフウフや実家の近くに住んでいる妹の夕食の支度をして食べて片づけて帰ってくることです。しかしお休みが日曜日しかないワタシにとって日曜の午前などはちょっと寝坊をすればあっという間に昼になってしまうもの。どういうワケかは知らないがやけにお休みの多いオットにはわからないだろう。やり繰りをしてようやく得た2日間の連休の楽しさが。今日は灯屋2の【継ぎ裂展】に行ってきました。図録で見ていた道中着にココロ魅かれていきます。が。お店の人がトルソーに着せてディスプレイされていた着物を纏わせてくれました。着て行った自分の着物の上に展示されていた着物を纏っているので袖から袖が出ていたりプカプカした着姿にはなっていますが・・・こんな感じです。さてさて。今年はコロナの感染拡...1週間の歌(終活ってやつを考える編)

  • 1週間の歌 (シアワセな日曜日編)

    日曜日がワタシだけの日曜日であるようにシゴトを片づけ日曜日の実家への「参勤交代」も土曜の夜にプリンを作って届けることでなんとかクリアしてようやくやってきたワタシの日曜日。山本工藝さんを会場にした茶杓削りの会に行ってきました。この会場での茶杓削りは3回目になります。まっすぐな茶杓に見えますが先生がろうそくの火で炙って反り返るようにカタチをつけて下さると・・・あ~ら不思議。茶杓に趣がでてきます。先生は森脇泉先生。作業はここまでですでにお昼。先生ご持参の三田(さんだ)ビールがテーブルに。茶杓削りの会はお稽古ではなくて先生のお話しを聞きながらココロおおらかにゆっくりと茶杓でも削ってみますか…くらいの気持ちで人との出会いにも心しながら1日を過ごすそんなふうにワタシは思って毎年末席に加えていただいています。この茶杓削りの会...1週間の歌(シアワセな日曜日編)

  • rose hip

    この2週間土曜日の職場のシゴトの大半は地域活動だ。そして具体的には花壇や畑での作業。ふだんは目立たないがずうっと目をつけていたものがある。rosehip。昨日は十分のその実の色が濃くなったので刈りとってきた。瀬沼健太郎作ガラスの花瓶に挿す。この薔薇は花は小さかったが実は大きい。秋も深まってくるとこんな色が空気になじむ。<ahref="https://blog.with2.net/link/?id=1536213&cid=4431"><imgsrc="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_4431_1.gif"title="カメラ女子ランキング"width="110"height="31"></a><br><ahref="https://blog.wi...rosehip

  • 1週間の歌 (里芋編)

    自分で育てた里芋を収穫して皮をむく(洗って泥を落としておいたから今日は楽)親芋の外に付く子芋は小さかったが親芋も小さめ。お茶うけに出す。指をさしているその先には・・・・時代劇チャンネル(ワタシの趣味である)剣客商売の主人公を演じる藤田まことがいる。カメラ女子ランキング→長野県のお菓子【雷鳥の里】は大変に美味しい。生協で買ってしまった・・・しかも2箱。1週間の歌(里芋編)

  • 手帳

    シゴトのスケジュール管理はワタシは断然「手帳派」。過去からこれから先への連続性は視覚だけでなくページの厚さに触れられる手帳でなくてはならない。このごろはスマホ派も多くなっているようだがワタシの時間はワタシの手帳がいい。毎年この時期に翌年の手帳を買うのだが「いったいいつまで手帳を使うセイカツをするんだ」と思う。つまり手帳はシゴトをするために必要なのだ。まれに手帳を自宅に忘れたりするとスマホを忘れるより困る。(一番忘れて困らないのは財布である)さて先日はワタシの誕生日であったが。こんな誕生日はすごいことだ。この日に起きたことをワタシは忘れないだろう(多分)何があったかは言えないがこれだけは言える。ワタシはのほほ~んとしている人より思いっきりドジを踏むジンセイにココロを魅かれる(今は)このドジは(申し訳ないがドジとし...手帳

  • 1週間の歌

    同じ職場の人に尋ねられた。「やり残したことって何なんでしょうね」と。今月はワタシの誕生日だ。そしてここ数年はシゴトの引退時期を現実的に考えるオトシゴロにもなっている。それでその引退について申し出たあとの「やり残したことって何なのでしょうね」につながっているのだが。それは想定外のシツモンだったのだがanswerはシンプルだ。やり残したことなどない!やり終えたとかやり残したなどと言えるほどシゴトというものは甘くはない。ワタシはいつも精いっぱいにシゴトをする。上を目指そうとする。よせばいいのに手をつける。素直にそう答えた。昨日は土曜日だった。土曜はかかってくる電話もほとんどないし予定された動きでシゴトができるから職場の畑に出た。今が植え時の野菜の苗や花の苗を近隣からもらったから急いで植えなければ野菜がポットの中で徒長...1週間の歌

  • 資生堂

    資生堂のファンである。今年も買ってしまった。期間限定のお化粧品そして去年はこちら外箱を開け次にアイシャドウの蓋を開けると夜の湖のような色今年もいい。資生堂。<ahref="https://blog.with2.net/link/?id=1536213&cid=4431"><imgsrc="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_4431_1.gif"title="カメラ女子ランキング"width="110"height="31"></a><br><ahref="https://blog.with2.net/link/?id=1536213&cid=4431"style="font-size:0.9em;">カメラ女子ランキング</a>→光陰矢の如し。加...資生堂

  • 野葡萄

    畑の端で育てている野葡萄。この蔓性植物は水揚げが悪いので一晩たっぷりと水につけたあと鉢の下に敷く大きな皿に置くようにしていける。土曜日だというのにシゴトを仕舞うのが遅くなってしまい薄暗くなった畑でざっくりと刈ってきた野葡萄。水をあげたあとに茎や葉を整理した。そうしたらこんなにかわいいツルが見えてくる。木化した茎は比較的水揚げもいいのでワインのデキャンタに挿す。花や実を活けたり挿したり写真をとってわたしの朝がはじまる。カメラ女子ランキング→シゴトでセイシン(精神)がヘトヘトになってしまった・・・このブログだけみていると花に癒されてもいそうだが百合やチューリップの球根を植えこまなければならずまたもやヘトヘトなワタシなのであった。野葡萄

  • 米寿

    母の米寿のお祝いをしました。米寿のお祝いはどこかでお食事でも…と計画をしていましたが外にでなくても…ということで自宅にて。母はワタシが毎週日曜に作るような献立でよいと言っていましたが・・・ワタシだって誰かに作ってもらったものが食べたいな。そこでお弁当を取りました。それなのに…作っちゃうんですよね何かしら。グラタン。とていねいに出汁をとったおつゆ。妹が持ってきたシャンパンを飲みすぎてこの後眠ってしまったワタシなのでした。カメラ女子ランキング→ごはんの支度がないというだけでこんなにもこんなにもあ~シアワセ。米寿

  • fresh juice

    日曜の朝はfreshなjuiceからわたしの1日は始まるの。今日は日頃のお野菜の足りない分を頂きたいわ。パリパリパリ…カラダの内側でビタミンを補給したら今度は外側。お化粧にも手は抜きません。わたし。そうしたら最終のしあげ。きれいな衣装で身を包む。これでかんぺき。カメラ女子ランキング→毎日マスク。口紅減りません。freshjuice

  • ほととぎす

    植物をいうのはぜひ自分の近くで育ててみたと思う品種があったとしても自分の住む場所の気候や日当たりの制限がその植物に適していないということはよくある。そうではないとしてもなぜか自分の庭では育たないことだってよくある。そのひとつは「ほととぎす」だった。結婚して10年を過ごした借家の庭に毎年きれいに咲いていた。その思い出というわけでもないが引越しきた今の家に苗を買って植えてはみたが見事に枯らしてしまったことも何度かある。今度はいかがか…と思って場所を変えて植えてみたら苗が頑丈だったらしく開花を楽しみにしていたら「ポキ」っと折ってしまってほととぎすとはつくづくそういうカンケイなのだと思った。それでもどうかな…と思ってガラス瓶に挿しておいたらほととぎすは強くもあったようで花が開いた。花の下の葉は虫に食われていたがそれも愛...ほととぎす

  • antique beads

    はじまりは黄色のantiquebeadsのネックレスだった。夏気分の植木鉢を探しにいったインターパーツの店内にTシャツが売られているのだがグレーのTシャツの首元にこのネックレスがかけられていた。それを買っちゃったのがはじまり。ピアスは毎日つけているがそうそうお気に入りは現れない。シゴトにもなじみ重たくなく取り外しが簡単であることも条件だ。その点においても一重のネックレスは(シゴトと)セイカツになじむ。撮影するのでクルクルと2重にしていますがどれも長さの違う一重のネックレスです。わたしはそこそこの年齢だし骨格も頑丈なので40から42㎝くらいの長さだと短い。「首輪」みたいに見えちゃう。もう少し長さのあるものを選ぶ。もうひとつ大事なのが留金だ。留金部分にやけに装飾を施したものはやぼったい。(個人的な感想です)できるだ...antiquebeads

  • 継ぐ

    ジンセイのセンパイがご自分の着物を「もらってくれる?」と言ってわたしに下さった。この方は、時々着物の上にコートや塵除けをお召しになってお出かけする姿を見かける。今でも着物を大切に纏う人だ。そしてその方は古くなったものではなく「少し整理しようと思って」という良きお品を何枚か選んでわたしに下さる。着物に合う帯も一緒で写真の着物は塩沢紬(単衣)で帯も単衣に合うよう選ばれていた。帯揚げ帯締めは手持ちの物から合いそうなものをわたしが選んだが・・・ひと様に自分の物を差し上げるというのは難しいものだがこんな風にさりげない中にあって良きものを何枚かという選択もさすがなのである。「継がせていただきます」<ahref="https://blog.with2.net/link/?id=1536213&cid=4431"><imgsr...継ぐ

  • 国勢調査

    国勢調査・・・って何?よくわからないけどマジメに書く。鉛筆で書く。マジメかどうかを判定するのは・・・・コザクラインコの「おばちゃん」なのだった。カメラ女子ランキング→インコの眼力ってスゴイ。国勢調査

  • 目覚めれば朝も8:30・・・こういうことなら・・・かぼちゃのスープでも作っておくか・・・いただきもののバターナッツという品種のかぼちゃを切る。最初にバターで炒めるのは玉ねぎ。焦がさないようにでもちゃんと炒めるかぼちゃをいれたらまた炒める。焦げそうになったら蓋をして鍋の中に蒸気をためて焦げないようにしてまた炒めるそれを何度か繰り返す。そしてかぼちゃが十分に柔らかくなったらミキサーにかけられるだけの牛乳をたしてガーっとやる。今はここまで。だってかぼちゃのスープは実家に持ち込んで夕飯にするんだもんね。その時にまた加熱して生クリームを足す算段。次にオットが起きてきてコザクラインコの愛称「おばちゃん」が偉そうにしているいつもの朝なのだった。カメラ女子ランキング→いつもの8:30はとっくに仕事している時間だ朝

  • 昨日。思わぬ出会いで買ってしまった中国螺鈿の卓伏台。買ってしまったのはわたし。それを持ち帰るのもわたし。お店の人は電車に乗ることを想定して卓伏台をプチプチで包みさらに段ボールを凹字型にして下から包んできっちり紐をかけて下さった。今ではモノに紐をかけられるなんていう人はそうそう居はしない。きれいに持ち手もつけて無事帰宅したわけだがその紐のありがたさが捨てられず今日は再び芒(すすき)を取ってきて新聞紙で包み紐で結んで職場に持ち込んだ。.さっそく玄関に活ける。そんな事をしていたら近くのお寺から太鼓の音が聞こえてきた。いけないいけない今日は彼岸法会。その前の護摩に行くんだった。午後の数時間をお寺で過ごす。この疫病が早く収まりますように。カメラ女子ランキング→ココロを清めて早くお家に帰ろうっと。紐

  • 昨夜の見た夢に「野村幸代」さんが出てきた。昨日の気持ちそのままの夢の中のワタシの頬に触れあの口調で励ましてくれるのだった。これは夢だとわかっているがわたしは野村幸代さんいいな!と思っていたのでなんだかうれしかった。その夢に励まされて今朝は出かける「気」が自分の中にあることを確かに感じた。家の中の鏡磨きや掃除はもう充分だ。着替えて外に出よう。一年のひと月にだけ締める「萩」の模様の帯。今年も締めることができました。出かけたのは【KIYAANTIQUES】買ってしまった…のはこれ。中国の螺鈿の卓伏台(ちゃぶだい)だ。(自宅で撮影しています。店内は撮影禁止)もちろんお持ち帰りです。お店の人が持ちやすくしかも傷つけないように梱包してくれました。そしてKIYAANTIQUESはBARNEYSNEWYORKの近くにあるからお...萩

  • 休憩中

    新型コロナウィルス感染症への対応はワタシの職場にとっても大変重要なことで昨日などは頭の中が1日「コロナ」になっていた。自分の脳の回転を表現するなら洗濯の脱水機。クルクルクルクル回ってコロナ以外の情報を脳から脱水する。そうして脳の中心をコロナ対応だけにしぼってできるだけ対応の精度をあげていく感じだった。しかし今日は日曜日だ。家の近くで芒(ススキ)をとってきて部屋に飾ってみた。それを同じ床の高さでみている「おばちゃん」のインコ。何にでも興味を示してシゴトに付き合ってくれる存在です。カメラ女子ランキング→最近、インスタを始めました。カメラに通信機能があるのでスマホに転送するとあら簡単!しかしインスタはなんとなく「感」ってやつで作業をしているので、これでいいのかは「?」そしてインスタってアドレスみたいなものが…ないのか...休憩中

  • 日曜の朝

    こういう体調の時にもしかしたら「ノウコウソク」とかになるんじゃないかしら・・・と思うような週末でした。ようやくやってきてくれた土曜日の夕方。4時に仕事をあがって美容院に行って仕上がった頃にはあたりは夜の気配。おすし(1人前1,300円!)を二人分買って白ワインとともに夕食。こいうの大好きだ!そして夜も9時半過ぎには眠ってしまい気がつけば朝も6時。ワインのデキャンターが輝いていた。2月に活けた木五倍子(きぶし)の花もドライフラワーになっている。今日はいい気持ちで過ごせますように。カメラ女子ランキング→注)ワインはいちいちデキャンターに移したりはしません。わたし。あくまで花器として使っています。ワインは瓶ごとテーブルに出します。注)オシゴト大変だったんです。週末には【こんなこと】もやってみましたが、こういうことは疲...日曜の朝

  • 熊野神社

    新型感染症予防のひとつとしてシゴトに必要なものを店舗に行かずネット上で頼んで配達してもううことがとても多くなった。しかしその代金の支払い方法は限られていてとにかく現金。もしくはコンビニや郵便局から振り込みかのどちらかなのであった。というわけで近くのコンビニから支払うことも多くコンビニへの途中にある熊野神社への長い・・・個人的には夏には00段くらいあるように感じるし冬には102段くらいに感じるな。・・・階段を登っていると参道の葉が落ちてきたり脇道の木々の枝がきれいだったりもする。なんという名前の植物かは知らないがこの実がもう少しすると藍い色になることはもう知っている。その前のこんなに若い蒼の色も美しく一枝いただくことにした。(私はこの参道のお掃除や枝葉のお手入れにもご奉仕しています)この植物は手折ってしまうと水揚...熊野神社

  • おおらかに

    この写真・・・見ても何が言いたいのかわかりませんよね。それではほぼ1年前のこの写真。壊れてしまった器をいつか金継ぎをしようとしまってありましたがようやく今年の夏NOW!夏休みの宿題最終追い込みのように手を付け始めました。欠けた器のピースをつなげてみると欠損している部分も多くてちゃんと教えて下さったセンセイごめんなさい。今年はエポキシのパテを使っちゃう!この花器のまるでプレッツェルのような取っ手。これはひとたびワタシの手につままれたら絶対ポキっと折れちゃうねって思ったら本当に折れちゃった。(構造にも問題あり)しかしエポキシ様の手にかかればくっついちゃうもんね。この何だかわからない器。蘭の鉢を置く台にぴったしなのでワタシはこんな風に使っていますが本来これは何なんでしょね。かなり欠損した部分をパテで作りました。こうい...おおらかに

  • pudding & Pancake & corn 

    夜…プリンを作る。プリンはたいてい大きな容器でBIGサイズで作るからこんな個別サイズはずいぶんと久しぶりだ。個別サイズの方が無駄なスペースなくきっちり鉄板に収まってオーブンで焼く回数も少なくて済む…と思ったがそうでもない。小さく個別の方が焼き時間も短いと思ったが…鉄板にきっちり並べると隙間も少ないからこれも変わらない…ようだ。ジンセイとはこれでうまくいくと思ってもたとえばこのガラス瓶は蓋も同じ数だけあったはずなのに数年ぶりに取り出してみると蓋が足りなくなっていたりする。これはたとえばジンセイにおけるチャレンジと結果のように。あるいはジンセイにおける収入と支出のバランスのように。(だって髙島屋大好きだし)あるいはジンセイにおける理想と現実のようなものだ。これ。「焼きとうもろこし」じゃないですよ。オットが自分で育て...pudding&Pancake&corn

  • 仕舞う

    週末の2日間に纏った着物を「仕舞う」。襦袢の衿をはずして洗濯機で洗う。干して乾かし今度はスチームアイロンをかける。そうしてようやく畳む。胴まわりに巻き付けた紐や帯は汗を含んでいるので洗えるものは洗い帯は2日分の2本を干しておく。ここまでくればあとは箪笥に仕舞うだけ・・・とはいかない。箪笥の引き出しの中の着物と着物の上下関係というものがありまして引き出しの中はまさにニンゲン社会と同じなんです。当然その時の気分でいちばんエライ着物がいちばん上にきます。そうだった・・・この週末は押し入れに仕舞ってある草履や下駄も風にあてて虫干しをしている。それらもまた箱に収めて仕舞う。これでも西洋風の服に合わせて持っている靴やサンダルの数よりずうっと多い。そして西洋の服に合わせて持っている靴より草履の方がずうっと高額である。【黒田商...仕舞う

  • 施餓鬼

    季節は巡り今年もお施餓鬼がやってきた。この夏は上布の着物をあらたに購入した。羽のように軽い宮古上布。着物の支度をしようと衣紋かけにかけておくだけで部屋の中のわずかな風を感じて動く。帯は「蝉」夏のある期間だけしめる帯。そして日影茶屋でお清め。・・・サービスのお姉さん・・・ちょっとこわい・・・<ahref="https://blog.with2.net/link/?id=1536213&cid=4431"><imgsrc="https://blog.with2.net/img/banner/c/banner_1/br_c_4431_1.gif"title="カメラ女子ランキング"></a><br><ahref="https://blog.with2.net/link/?id=1536213&cid=4431"sty...施餓鬼

  • ガラス

    少しだけ迷ったふりを自分にして買ってしまった瀬沼健太郎の花器。まったくの透明感ではなくガラスなのにまるで土器のよう。透明は透明でよく花器の半分より下に水をはり緑の茎が水に浸るサマも涼しくてよい。さてこの花器に何を挿すか。庭の甕から蓮の葉を選んできた。今年の春は自宅と妹の家にあたらしい蓮の苗を買って植えてみた。妹の家の庭にわたしが甕を運びわたしが植えこんだ蓮の花。4つどころか今や8つの花が咲いているという。それなのにわたしが甕に水をはりわたしが植えこんだ自宅の蓮の花。春も初夏も今もただただ沈黙。うんともすんともいいません。どうなっているんだ!と泥に手をつっこみ手でさぐってみたらちゃんと硬い「はす」が大きくなってそこにあるんです。それなのに芽も出ず葉も出ず沈黙中。※撮影の蓮の葉は隣の甕の葉ですいつかはきっと咲くんじ...ガラス

  • 果物(かぶつ)

    さて。突然ですがシゴトソウジセンタクゴミ出し庭のミズヤリ入浴のあとのメンドウなドライヤーメンドウナニンゲンカンケイをつなぐのは音楽とかぶつ(くだもの)である。そうは言っても「桃」に関してはちょっと「う~ん」ではある。毎年母が山梨の桃農家に頼んで私たちフウフ私たちのムスメたちに送ってくれる。でもむずかしいのよ受け取るのが。いやいやありがたくちゃんと受け取っています。がしかし一発で受け取れ!っていうことが難しいの。家に居て受け取るっていうのが難しいの。2発目か3発目で受け取るともうわたしの目的達成であり桃も前にアンド感でいっぱいになる。外に出た時くらいはそういう心配なしでかぶつ(果物)を愉しむ。このお店の夏柑糖は特別においしい。車で往復した京都土産も夏柑糖と決めていてお店に行ったら他のお客様との会話が聞こえてきまし...果物(かぶつ)

  • セイシンリョク(精神力)

    先週末の泊りの勤務…というわけではないがこの頃思うのは今の自分のシゴトは実にセイシンリョクを使うということだ。次々に困難が襲ってくるときはあるにはあるが冷静に考えれば日々ではない。それなのに何なのこれ?と何日か考えてわかったことは自分のシゴトは「感情」を使うという結論だった。もう少しだけ踏み込めば「感情の制御」かと思う。いろいろと連絡報告等々次々と電話は入って答えたり調整したり書類を作る。相手に「何というか」「どんな表現で答えるのがよいか」これでも考えていてそういうことを連続させていくのに精神力を使い果たしそうになる。そしてこの方殿!出番でござるぞ!<ahref="//blog.with2.net/link/?1536213:4431"><imgsrc="https://blog.with2.net/img/b...セイシンリョク(精神力)

  • 京都 の 灯り

             週末を使って京都へ行ってきました。新型コロナウィルス感染のリスクを考慮してオットと交代しながらの車での往復です。       「憧れの」あぶり餅。夕方の今宮神社は人もまばら。      ゆっくりと味わいました。京都暮らし4年目に入った次女と。     「疫病」の終息と      ヒトガタに「わたし」の無事を願う。     今日の夕食まで京の灯りを愉しむ。                                                    外は雨。     カメラ女子ランキング⇒やっぱりワタシは新幹線が好き。京都の灯り

  • こちらでお願いします

    新型感染症の拡大はわたしたちのシゴトの本質が人と人との関わりの中で実践するものだということと情報の発信いおいてはこういうこともあり!だトライしてみようというチャレンジもまた実現することになった。そういうわけだけではないのですがこのところカメラを持つ機会が減っています。一眼レフカメラはお休みしていますが代わりにチェレンジしたのがこれです。「OSMOMOBILE3」それで撮影したのが「こちら」しばらくはこんな感じでお願いします。カメラ女子ランキング→次にしなければならないのが「LINE」なんですが、好きじゃないんです。こちらでお願いします

  • 昼?

    目覚めたら時計の針は12時の少し前。?さっき寝た時も12時。今も12時。まさかの12時。自分が信じられない12時間睡眠。ぐちゃぐちゃの頭を目覚めさせるようにぶどうとバナナを食べて紅茶を飲んだ。やっぱり12時間寝ちゃったんだ・・・たった1日のお休みの始まりが昼の12時ですよ。まもなく夕方じゃないですか。松尾三希子作の茶碗をみてため息をつく。たまに実家に戻ってくる子どもが「わたしもこの作家の〇〇持ってるよ」とわたしのお気に入りを並べている棚を見て言う。こういうところがオヤコってところでしょうか。こちらは振り出しです。あっという間に午後3時はやってくる。カメラ女子ランキング→何なんだこれ・・・昼?

カテゴリー一覧
商用