chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel

1件〜100件

  • ザ・コピーライティング 心の琴線にふれる言葉の法則

    ザ・コピーライティング 心の琴線にふれる言葉の法則

  • フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました。

    題名:フリーランスを代表して申告と節税について教わってきました。著者:きたみりゅうじ《 概要 》個人事業主として活動をすると、必ず関わらなけらばならないのが税金に関することです。主に関連する税金の種類から、社会保険、青色申告などの用語から初

  • 超ストレス解消法

    題名:超ストレス解消法著者:鈴木祐《 概要 》メンタリストのDaiGoさんのビジネスパタートナーでもある著者鈴木祐氏がハーバード大学、ケンブリッジ大学などの研究論文で効果が実証されたストレス解消法を紹介しています。各ストレス解消法には「手軽

  • トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術

    題名:トヨタで学んだ「紙1枚!」にまとめる技術著者:浅田すぐる《 概要 》世界のトップ企業であるトヨタ出身の著者が、トヨタ在社中に学んだA4用紙1枚にまとめて提案したり、仕事を進めていく方法を書いています。《 要点 》・トヨタの社員が会議の

  • 世界史を動かした 思想家たちの格闘

    題名:世界史を動かした 思想家たちの格闘著者:茂木 誠(もぎ まこと)《 概要 》ギリシャの賢人ソクラテスやフランス革命の原点となったルソーなどの思想家・哲学者などの視点から法や戦争、理性などを記した書です。《 要点 》・法と正義について、

  • 小さな習慣

    題名:小さな習慣著者:スティーヴン・ガイズ 訳:田口美和《 概要 》ホントにばかばかしいくらいの小さな習慣を心に決めて、継続することで筋トレやダイエット、勉強などを成功させるノウハウが書かれています。《 要点 》・小さな習慣とは何か?・脳を

  • 経済で読み解く日本史 平成時代

    題名:経済で読み解く日本史 平成時代著者:上念司《 概要 》経済的な側面、特に貨幣流通量を主眼として日本史を解説したシリーズの平成時代編です。昭和生まれの人なら、実体験と重なるために読みやすい書籍です。《 要点 》・バブル崩壊の引き金と日銀

  • 「1日30分」を続けなさい! 人生勝利の勉強法55

    題名:「1日30分」を続けなさい! 人生勝利の勉強法55著者:古市 幸雄《 概要 》勉強の習慣がない人に対して書かれた、目標設定方法から時間の使い方、食事睡眠まで具体的な勉強法がかかれています。著者が英語習得などの経験から体得した勉強に関す

  • 経済で読み解く日本史 大正・昭和時代

    題名:経済で読み解く日本史 大正・昭和時代著者:上念司《 概要 》貨幣の発行量を主眼とした経済からの視点で日本史を読み解いています。大正時代の金本位制によるデフレ圧力や昭和初期の戦時経済、戦後の復興・高度成長期も記されています。《 要点 》

  • 経済で読み解く日本史 安土桃山時代

    題名:経済で読み解く日本史 安土桃山時代著者:上念司《 概要 》経済で読み解く豊臣秀吉を再構成した作品で経済を主眼として日本の歴史を書いています。織田信長の末期から豊臣秀吉の全国統一の過程からの朝鮮出兵までの貨幣の流通量に特に注目し、経済政

  • 書くことが思いつかない人のための文章教室

    題名:書くことが思いつかない人のための文章教室著者:近藤勝重《 概要 》文章を書くことは今までの記憶から体験を引き出して描写することであるが、そのためのうまい引き出し方や伝わる文章にするための方法を記しています。《 要点 》・いい文章とは

  • REITなら、ほったらかしでもやっぱり儲かる!

    題名:REITなら、ほったらかしでもやっぱり儲かる!著者:櫻井英明《 概要 》2001年から日本にも導入されたREITについての歴史からメリット購入や売却を判断するための指標、リスクなどについて書いた書籍です。《 要点 》・東京オリンピック

  • トラウマを消す技術

    題名:トラウマを消す技術著者:マイケル・ボルダック《 概要 》7歳の時、父親が母親を殺害するという大きなトラウマを抱えた著者が、トラウマに対する接し方により消す方法と人生を成功に導く方法が書かれています。《 要点 》・成功者は生れつきでなく

  • 自分を変える魔法の口ぐせ ポケット版

    題名:自分を変える魔法の口ぐせ ポケット版著者:佐藤 富雄《 概要 》健康科学者として長年に渡って、大脳や自律神経を研究してきた著者が、口ぐせが人の行動や脳に与える影響を与えて、人生を思い通りに換えていく方法を述べています。《 要点 》・脳

  • お金を稼ぐ読書術

    題名:お金を稼ぐ読書術著者:午堂 登紀雄《 概要 》お金を稼ぐ読書をするための、仕組作りや本の選び方から、実際の読書方法、読書のアウトプットをする方法が書かれている本です。《 要点 》・本に答えは書かれていない。答えは無くてもヒントが隠され

  • 中古ワンルームマンションで収益を上げる!

    題名:中古ワンルームマンションで収益を上げる!著者:重吉 勉《 概要 》東京都内(23区内)の中古ワンルームマンションを購入して、収益を上げていき将来的に個人年金を築き上げる方法を管理会社の立場から書かれた本です。《 要点 》・都内中古ワン

  • 「アパート事業」による資産形成入門改訂版

    題名:「アパート事業」による資産形成入門改訂版著者:大谷 義武《 概要 》アパート事業(賃貸用共同住宅を差し、鉄筋コンクリート、鉄骨造、木造など構造は問わない)による、インカムゲインを目標の中心おいた資産形成の方法が述べられています。《 要

  • 主婦建築家が考えた住みやすいリフォーム114の知恵

    題名:主婦建築家が考えた住みやすいリフォーム114の知恵著者:竹岡 美智子《 概要 》主婦であり建築家である著者がこれまで行ってきたリフォームの経験から、老人から子供まで家族全てが住みやすくなるリフォームの方法が述べられています。《 要点

  • 自由と自己規律 ビジネスパーソンのための

    題名:自由と自己規律 ビジネスパーソンのための著者:金児 昭《 概要 》人間は自由を10求めるが、自由が9で自己規律が1であるべきで9の自由を守るために1の自己規律が必要である。そのために必要なことがらが述べられています。《 要点 》・「自

  • よい世襲、悪い世襲

    題名:よい世襲、悪い世襲著者:荒 和雄《 概要 》世襲のメリット・デメリットから、各業界・日本や海外の世襲の状況や特徴が述べられています。《 要点 》・よい世襲と悪い世襲の典型例。悪い世襲 - 小泉元首相、よい世襲 - 株式会社デリー。・家

  • マンション管理組合理事になったら読む本

    題名:マンション管理組合理事になったら読む本著者:貴船 美彦《 概要 》分譲マンションを購入すると思いがけなくやってくる理事への就任。理事の主な仕事や区分所有法の概要を管理組合の視点から書かれている本です。《 要点 》・分譲マンションの歴史

  • あたりまえだけどなかなか書けない文章のルール

    題名:あたりまえだけどなかなか書けない文章のルール著者:堀内 伸浩《 概要 》正確に物事を伝える、相手の心をつかむために必要な101の文章のルールが記載されていて、読んだ後に「○○さんの文章わかりやすくなったね」といわれるようになるための本

  • 「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った?

    題名:「未納が増えると年金が破綻する」って誰が言った?著者:細野 真宏《 概要 》数学的思考能力を高めて、経済問題、特に年金問題の本質を理解できるようになりためにどうすればよいかが書かれている本です。《 要点 》・どうすれば「思考力」が身に

  • 超簡単!ブログ入門

    題名:超簡単!ブログ入門著者:増田 真樹《 概要 》ブログについての入門書です。ブログがいかに簡単に始められるかをブログサービスの選び方からブログを利用したアフィリエイトやビジネスへの活用の仕方まで基本的なことが述べられています。《 要点

  • 50円のコスト削減と100円の値上げでは、どちらが儲かるか?

    題名:50円のコスト削減と100円の値上げでは、どちらが儲かるか?著者:林 あつむ《 概要 》万年赤字のファミレスを舞台に、コスト削減、客数・客単価をアップする数々の手法による売上アップをバランススコアカードを使って小説風に書いてあります。

  • 日本国紀

    題名:日本国紀著者:百田尚樹《 概要 》ベストセラー作家である著者が、古代から平成までの日本の通史を書いています。《 要点 》・古代日本が倭と呼ばれていたわけ・足利義満の皇室簒奪の野望・ジョン万次郎の才能と日本史に与えた影響・戦後のGHQに

  • インタンジブルが会社を変える

    題名:インタンジブルが会社を変える著者:山川 和子《 概要 》結果である数字などばかりを追い求めるタンジブル主義でなく、無形なものや数字で表しにくいインタンジブルなものに目を向けて経営をしていく方法について述べられています。《 要点 》・M

  • 最新不動産ファンドがよ~くわかる本 第2版

    題名:最新不動産ファンドがよ~くわかる本 第2版著者:脇本 和也《 概要 》不動産ファンドの概要と仕組から市場の概要、関係者・プレイヤー、組成・運営プロセスと言った入口から出口までの不動産ファンドの一連流れが述べられています。《 要点 》・

  • 会社が黒字になるしくみ

    題名:会社が黒字になるしくみ著者:坂口 孝則《 概要 》会社が利益を出すしくみ - コスト、固定費・変動費、経済と景気、新たなビジネスモデルなど話とあわせて、個人や会社の「稼ぎ方」について述べられています。《 要点 》・「価格差」と使って稼

  • 超実践!ブログ革命

    題名:超実践!ブログ革命著者:増田 真樹《 概要 》市場価値が高まってきたブログの魅力、ブログで起こるいろいろなトラブルといった、ブログの可能性や問題点について述べられています。《 要点 》・ブログの役割。実社会と個人を結ぶインターフェイス

  • ドラッカーの実践経営哲学 新版

    題名:ドラッカーの実践経営哲学 新版著者:望月 護《 概要 》ピーター・ドラッカー教授の著作を、日本語にない考え方や概念をわかりやすい言葉に換えて解説した本です。《 要点 》・モノが不足していた時代は「売り手本位」だったが、モノが一通り行き

  • 怒らない技術

    題名:怒らない技術著者:嶋津 良智《 概要 》怒らないという習慣を身につけることに「心」や「感情」がコントールできるようになります。怒らないために、イライラを感じなくなる習慣やイライラした時の対処法について述べられています。《 要点 》・シ

  • 「お金」と「自由」を手に入れる!経済自由人という生き方

    題名:「お金」と「自由」を手に入れる!経済自由人という生き方著者:本田 健《 概要 》好きなことをビジネスにして年収3000万円、資産規模1億円を得て、経済自由人のライフスタイルを実現するために必要な条件や習慣が書かれています。《 要点 》

  • 情報をムダにする人活かす人

    題名:情報をムダにする人活かす人著者:速水 遼《 概要 》使える情報だけを確実に手に入れ、上手に整理し、不要な情報に翻弄されない「情報の達人」になるためには情報にどう接すればよいかが述べられています。《 要点 》・上手な立ち読みの方法。目次

  • 経済で読み解く日本史 室町・戦国時代

    題名:経済で読み解く日本史 室町・戦国時代著者:上念司《 概要 》気鋭の経済評論家である上念司さんが書く、通貨量から見る経済の歴史について書かれた書です。「経済で読み解く 織田信長」を大幅に書き直したそうです。経済で読み解くシリーズの第1巻

ブログリーダー」を活用して、れっくさんをフォローしませんか?

ハンドル名
れっくさん
ブログタイトル
読書日記 - 読んだ本について、なんだかんだつぶやく
フォロー
読書日記 - 読んだ本について、なんだかんだつぶやく

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用