searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

バス運転士の後ろ姿さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
バス運転士の後ろ姿
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/gogomatsu20141107
ブログ紹介文
バス運転士の手本となるように… 否、見本となるように頑張ります。
更新頻度(1年)

365回 / 365日(平均7.0回/週)

ブログ村参加:2014/12/21

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、バス運転士の後ろ姿さんの読者になりませんか?

ハンドル名
バス運転士の後ろ姿さん
ブログタイトル
バス運転士の後ろ姿
更新頻度
365回 / 365日(平均7.0回/週)
読者になる
バス運転士の後ろ姿

バス運転士の後ろ姿さんの新着記事

1件〜30件

  • あれも忘れ、これも忘れ、それも忘れ…

    先週、「来月は車検だから」とオー●バックスへ電話を掛けたところ、私の希望曜日が“昨日の午後2時半~”しか空いてなかったので、OKするしかなった。テニススクールが午後2時20分までなので「間に合わない」と思った私は、昼12時前にオート●ックスまでマイカーに乗って行き、そこから徒歩でテニススクールへ行くことにして…一緒にレッスンを受ける仲間に「帰る時、ちょっとだけ遠回りしてくれない?」とラインでお願いした。すると「行く時も乗せてあげる」と返事が来たので「ありがとう」と御礼を言ったのだが…昨日、オートバ●クスの車検受付で「お金を忘れた!」と気が付き…帰る時は、某金融機関にも寄ってもらうことになったのだった。あぁ…今日は“某眠剤クリニック”へ行くことになっていた。午前9時過ぎ、「まだ電車の時間まで余裕があるな」と思いな...あれも忘れ、これも忘れ、それも忘れ…

  • ここまで涙もろいとは…

    今、巷で話題のアニメ映画…その元となっている漫画やアニメが好きで映画館へ行く人が多い中、「“これだけ話題になるアニメって、どんなもんだろう?”と思って、何の予備知識もなく見に行った」と言う職場仲間の女性が、映画について“涙のなの字”も感じさせずに淡々と話していた。そこで私が「テレビの総集編を見たけど、何度も泣いてしまった」と言ったら、「例えばどんな場面で?」と聞かれたので、私は「最後…倒された鬼が死ぬ直前に、人間だった頃のことを思い出して…(中略)鬼になってからの悪行を振り返り…(中略)その両親が出てきて…ううっ…」と、説明しているだけで泣けてきてしまった。昨日、いつもの床屋へ行ったら、そこでもそのアニメの話になり…店主のお婆さんが「私も一度は見てみようと思って、テレビの総集編を録画しておいたんだけど…見ないで...ここまで涙もろいとは…

  • 予想外の展開は突然に…

    先日、私が機械を使って荷物の仕分けをしていた時のこと…突然、一人の契約リーダーがやって来て、「松井さん、すいません。これから1分間で何個の荷物を仕分けできるか数えますので、宜しくお願いします」と言ったので驚いた。そこで私は「発表されている“生産性ランキングの数値”もそうだけど…封筒だけやっていれば(荷物と荷物の隙間に突っ込むこともできるので)数値も上がるけど、段ボール箱だけやっていると(“仕分け用の大きな箱”の中を整理する必要があり)数値は下がるんだよねぇ~」と言った。すると、契約リーダーが「そうですね、それは分かってますけど…一応、(正社員から)やるように言われたので…」と小声で呟いたので、「私はヘソ曲がりだから、数えているって分かっていると、段ボール箱しかやらないよ。ハハハ…」と笑ってから仕分け作業を再開し...予想外の展開は突然に…

  • さすがに通勤時は…

    昨夜、出勤した時…ちょうど昼勤の正社員2人と擦れ違ったので「お疲れ様です」と挨拶をしたのだが…ちょっと前まで夜勤だった“一段階上の男性正社員”から「あれ?松井さん…短パン&半袖じゃないんだね。長袖も着るんだ」と言われたので、驚いた私は「えぇ…一応…」と答えるのが精一杯であった。予期せぬ質問をされると、何と答えていいのか分からない時があるんだよねぇ~(警察の職務質問でも、妻の浮気調査でも、すぐにバレるタイプだな。あ、妻はいないか。ハハハ…)浮気はしないし、警察も来んわぃ!さて、現在…私と同じ出勤時間に3分の1が、その1時間後に3分の2が出勤することになっている。だから、最初の1時間は少ない人数で仕分け作業をやることになるのだが…その時間は荷物の流れも緩やかだし、それまでに“昼勤の遅番”がかなりの数を仕分けしてくれ...さすがに通勤時は…

  • 男職場での記憶が…

    先週は、“弊社のなんちゃらセール”で注文された大量の荷物が倉庫に溢れ、メチャクチャになっていた(他社倉庫で働いている知人がいる職場仲間の話では、本来は我が倉庫で処理しなければならない荷物が大量にそちらへ回されていたらしい)のだが、今週の半ばからはセール前のような感じに戻り…今朝は、8時退勤の人たちに限り「7時退勤でも(給料が1時間分減っても)いいですか?」と聞かれているほどであった。さて、先週よりも余裕がある状態で“コンベアーから荷物を取り上げるポジション”だった私は、コンベアーの反対側で同じ作業をしている契約男性と“度が過ぎない程度に”会話をしながら作業をしていた。そんな中、彼が「この小さな段ボール箱、いつもたくさん流れてきますけど、何なんでしょうね?」と言ったので、私は「以前、誰かが“サプリメントか何かだろ...男職場での記憶が…

  • 基準がおかしい? 生産性ランキング

    昨年の8月頃だったか…「機械を使って仕分け作業をする場合の“一人一人の生産性(一時間当たりの処理数)”を出して発表する」という話が出た時、入社したばかりの男性が「そんなことするんですか?」と言ったので、私は「全員が同じ条件で作業するわけじゃないんだし…意味がない。気にしなくていいですよ」と言ったのだが…僅か2~3日で姿を消してしまった。当時のメンバーから「無意味だ」「また辞めちゃうよ」などと大ブーイングが起こり…数値の発表は中止になったと記憶している。しかし、秋頃から…“まだ全員が一斉に取っていた食事休憩後の中礼”で、生産性上位3名のみが口頭で発表されるようになったのだが、その後、荷物がどんどん増えていき…「時間の無駄だ」と言わんばかりに、作業開始前の準備運動や連絡事項の伝達などがなくなり…当然のように“中礼”...基準がおかしい?生産性ランキング

  • 集音器が使えるのは…

    以前から「聞き間違いが多い」と感じていた私は、先日、超大手通販サイトで補聴器…ではなく“集音器”というモノ(約5000円)を買ってみた。とりあえず通勤時に装着してみたところ…道路を走っている車の音、側溝の中を流れている水の音、自分が着ているウインドブレーカーの擦れる音などなど…ずっとセミが鳴いているかのようにウルサイったらありゃしない。電車に乗っている時なんて書くまでもないだろう。テニススクールでも試してみたのだが…相変わらずセミが鳴いているかのような雑音が常に聞こえている上に、隣のコートで走り回っている子供の声、エアコンの音などがウルサイウルサイ…逆に、準備運動中にお喋りをしていた仲間の声が聞こえにくく、会話に参加できなかったのである。一体、何のための補聴…否、集音器なのだ???さらに、テニスボールを打つ音が...集音器が使えるのは…

  • ピッタリ! ビックリ&ガッカリ…

    買ってすぐに秒針が外れてしまった500円のアナログ腕時計の使用を断念した私は、1980円も出してデジタル電波腕時計を購入した。当然、自動的に時刻を修正してくれることになっているのだが、説明書に“午前3時に電波を受信する設定になっています。南側の窓際などに置いておいて下さい”と書いてあったので、「そんな時間は倉庫の中で仕事中だがや」と諦めていた。が、「休日の夜にやればいいんだがや」と気が付いた私は、先週末、南側の窓際に腕時計を置いておき、翌朝に確認したのだが…時刻は修正されていなかったのである。「なんで?室内じゃ駄目なのか?」と思った私は、昨夜、南側の屋外…物干し竿にぶら下げておいた。すると今朝、時刻がピッタリと修正されていたのだった。めでたしめでたし…(カラスに持って行かれなくて良かったな!ハハハ…)さて、昨日...ピッタリ!ビックリ&ガッカリ…

  • 寒さで目覚め、夢みて目覚め…

    昨日の朝、食事の後に「せっかく女性医師が“休日用に”と処方してくれたんだし…“また(使った時の)話を聞かせて下さい”と言われたんだし…ま、どうせ次は男性医師に戻るんだろうけど…万が一、次も同じ女性医師だったら申し訳ないもんなぁ~」と思って午前10時半頃に“強めの眠剤”を飲み、「これまで以上に長く寝られるのだろうか?楽しみだなぁ~」とドキドキワクワクしながら“寝床ではない場所”で寝ることにした。天気予報のお姉さんが「昼間も雨雲に覆われたままなので、最低気温も最高気温も15度です」と言っていたのを忘れた私は、全開にした窓の内側で横になり、タオルケットも掛けずに半袖&短パンでzzz…午後4時半頃に寒さで目覚めた時、頭がボォ~~~ッとしていたので、「さすが強めの薬は違うなぁ~ん?まさか風邪を引いたのか!?」と心配になっ...寒さで目覚め、夢みて目覚め…

  • 二度三度と行ったり来たり…

    我が職場にはキャ●ディキャンディがいる。老若男女不問、どんな立場の人であろうと関係なく、多くの人に飴を配っている若い派遣女性Aさんのことである。いつ頃からか、Aさんがお世話になったと感じた人たち(ハッキリとした基準は不明なので、あくまでも私の憶測なのだが…)の誕生日をチェックして、その前後の出勤日にプレゼントとしてスイーツなどを贈っているようで…昨夜、私もその恩恵を受けたのである。また、今回もらったスイーツのお店(フー●コントロールショップゼロ・Nu●ca)の“ヒレカツサンド”が極上だそうで…明日にでも買いに行こうと思っている。さて、弊社のセールは終わったものの…配達指定日がセール後にズラされている荷物が多いのか、配達しても不在(しかも置き配不可?)だった荷物が多いのか、急激に増えた荷物を配達するだけの配送ドラ...二度三度と行ったり来たり…

  • 仲間たちの愉快な発言

    一昨日の夜勤が朝までグダグダになり、私は1時間の残業をしたのだが、希望者は4時間もの残業をしたそうで…昨夜、その4時間残業をした一人である契約女性Aさんが「昨日は大変だった。いつ頃だったか、同じように長い残業をした時には、正社員男性Bさん(銀行で言うところの副支店長のようやポジション?)がパンを買って来てくれたのに、昨日は“みんなに配っても、まだ余っているお菓子”1個だけだった」と元気よく大きな声で…あっちこっちで…何度も何度も言っていた。今朝、1時間の残業を終えてAさんを含む仲間たちと一緒に帰る時、出入り口の検温所にいた正社員男性Bさんが、一つの大きな段ボール箱を指差して「あ、これ…好きなパンを一つずつ持って帰って下さい」と言ったので驚いた。パンを手にして玄関へ向かって歩いている時、女性たちが「これ、昨日じゃ...仲間たちの愉快な発言

  • 大量の荷物と作業の遅れ… &追伸!

    新型ウィルスによる自粛ムードの影響で増えていた荷物も、ウィルスに対する“いろんな意味での慣れ”が定着してきたせいか、徐々に荷物の数も落ち着いて…先週までは鼻歌であった(それは言い過ぎだろう)。が、先々週から「10月中旬にはセールがあるから大変だぞ」と言われていた通り、一昨日の出勤時には、検温所の正社員から「今日は荷物が多いよ」と言われ、「えっ!?それじゃあ残業ですか!?」と言ったところ、「いや、昼勤の遅番の人を増やしてやっていたから大丈夫だと思う」と言われたのだが…荷物が多いのは事実なので…いくら“仕分け作業”を前倒しで進められたとしても、その後の“トラックへ荷物を渡すための作業”まで前倒しすることはできず、嫌な予感…。。。過去にも同じくらい大量の荷物を処理したことはあったけれど、その時と違って、作業員の数が大...大量の荷物と作業の遅れ…&追伸!

  • バ●ジョブ!?

    先日、帰りの電車の中で“バ●ジョブ!”という広告を見た。帰宅後、すぐにネットで検索…どうやら厚生労働省が日本バ●協会に委託、そこと関係の深い某社が運営を任されている企画のようだ。「バスの運転士になりたい」と思っている人に、大型二種の免許を僅かな負担額で取らせてくれて、希望のバ●会社へ正社員として入社するまでサポートしてくれるらしい。「免許取得費用は弊社にて負担!」という誘い文句は以前からあるけれど、それをやりたくてもできないバ●会社もあっただろうから、その不公平感(?)を解消することが目的なのかも…???さて、その中には“バ●運転士という仕事の魅力”を訴えているページもあり…「重要な役割」「意義ある仕事」「お客様からありがとうと言われる仕事」「安定して長く働ける」等々…“やり甲斐”を感じさせるような言葉が並んで...バ●ジョブ!?

  • 私と同じ種族?

    先日、トラックへ荷物を渡すための作業の中で、「珍しいですね」「初めて見ました」などと仲間たちに驚かれながら、私が二度目の“トラックのドライバーへ荷物を渡すポジション”をやっていた時のこと…初めての時と同じように、自分の担当地域の荷物が置いてある場所へ行って、運搬車へ積み込む作業を手伝おうと思った。その日、その地域で“荷物をまとめる作業”を行っていたのは男性Aさんと女性Bさん、“運搬車へ積み込む作業を手伝うポジション”は男性Cさんだった。私が手伝いに行った時、たまたま男性Cさんが男性Aさんの手伝いをしているところだったので、私は女性Bさんの手伝いを始めたのだが…その時、男性Cさんから「松井さんは“トラックのドライバーへ荷物を渡すポジション”でしょ。私が“積み込みを手伝うポジション”なんだから、やらなくていいよ」と...私と同じ種族?

  • 二度あることは? 否、三度目の!

    今日は調整公休ということで、大小様々な予定を入れていて…まずは“騙された感じを引きずっていて行く気がしない某眠剤クリニック”へ行った。「また月曜日のオッサン医師か…」と思っていたところ、受付の女性から「本日は担当医師が不在ですので、代わりの医師が~」と言われたので、私は「一昨日の土曜日は、男性コーチが不在で若い女性コーチに代わったんだよなぁ~その流れからすると、ひょっとして…」と急にドキドキワクワクし始めた。もう一人の私が「二度あることは三度ある!」と言うのを無視して、「三度目の正直!」と自分に言い聞かせる私…しばらくして番号を呼ばれて診察室へ入ると、そこには3人の女性が…そう、今回はアシスタントだけでなく医師も女性だったのである。その瞬間、心の中でガッツポーズをしたのだが…推定40代の女性医師の左横に座る形に...二度あることは?否、三度目の!

  • 新しいラケットと必要な名札

    先週の日曜日のレッスンで、担当の男性コーチから一本のラケットを手渡された。「えっ!?くれるの?ありがとう」と冗談で言ったところ、「ずっと、松井さんにお奨めできるラケットがあればと探していたんですけど、なかなかいいのがなくて…ようやく、これならと思えるのが出ました」と真面目に言われたので、私も「正直なところ、最近、テニスを2~3日続けてやった時に、手首が痛くなることがあるんですよ」と真面目に答えてから、手渡された新製品のラケット(言うなれば展示品)を使ってみたのだが…こんな私でも「今のラケット(2014年に購入)と明らかに違う」と分かった。てっきり私は「今のラケットを重く感じてしまうほど、腕の筋力が衰えたのかな?」と思っていたのだが、コーチが「やはりラケットも経年劣化して硬くなるんですよ。だから、ボールを打つ瞬間...新しいラケットと必要な名札

  • …のはずだったのに、…のつもりだったのに

    今日は土曜日ということで、いつものように空腹&睡魔と戦いながらのテニス…のはずだったのだが、スクールに到着するや否や私の眠気は吹き飛んだ。なぜならば、いつもの男性コーチが所用で不在、土曜日にはいないはずの若い女性コーチ(高校を卒業して半年余り)が担当になっていたのだ。そういえば先週、男性コーチが「来週は臨時で女性コーチが~」と言っていたのだが、てっきり私は冗談だと思って忘れていたのである。ただコーチが変わっただけで、いつもと変わらぬ私…のつもりだったのだが、レッスン仲間の女性陣から「松井さん、良かったね」「いつもよりテンション高いよ」「いいとこ見せようとして張り切っちゃって~」「こんなに分かりやすい人いる?」などと言われ放題…私がレッスンの進め方について質問しようものならば「またそうやって話すきっかけを作ろうと...…のはずだったのに、…のつもりだったのに

  • 重量の誤表記が多発!

    昨夜、“仕分け作業・第一ラウンド”が始まって間もなく…機械を使って仕分けするポジションだった契約男性が驚いたような顔で仲間に何か話し始めたので「何事か?」と思ったら…まだ荷物が2つしか入っていない“仕分け用の大きな箱”に、1つの荷物を「ピッ、ピッ」とチェックして収納したところ、エラー音が鳴り響いて「この箱は、もう荷物で一杯だがや!規定重量オーバーになったもんで、さっさとこの箱を抜き出して、新たな空箱と交換してちょ~!」という意味のメッセージが出たらしい。原因は、以前にも何度か見かけた“荷物の重量誤表記(例えば、とても重いのに表記は0.5kgとか、とても軽いのに表記は5kgとか…)”である。もっと言うと、誤っているのは表記だけでなく、入力されている荷物の重量データが間違っているから困るのだ。例えば、実際には1kg...重量の誤表記が多発!

  • 我が子の成長を願って…???

    昨夜、私は“機械を使って一つ一つの荷物をチェックして仕分けるポジション”であった。作業中、ある契約リーダーがやって来て「松井さん、後でここに研修中の正社員(しかも一段階上の立場で入社)が入りますので…」と言ったので、私は「なるほど…一段階上の正社員となれば、実際に仕分け作業をやるのは今回限りの可能性が高い。せっかくだから、仕分け作業の厳しさを体感してもらおう」と思った。そこで、コンベアーから取り上げられた様々な荷物が載っている棚を見た私は…いつもは大きなダンボール箱を先にピッとやって“仕分け用の大きな箱”の奥へ入れ、その後に小さな段ボール箱や封筒類をピッとやって手前に置くのだが…あえて封筒類を先にピッとやって大きな箱の手前に置くようにしたのである。というか…実際にそうなる場合が圧倒的に多く、「みんなが苦労してい...我が子の成長を願って…???

  • 開始直前の配置変更! 速度重視の配置戦争!?

    まずは、前日の続き…。。。「よ~し!どうやら女性たちと組める流れになったようだ」と思った瞬間、正社員女性のHさんから「松井さ~ん!“悪の組織”へ移動して作業して下さい」と呼ばれてしまったのである。私が「えぇ~!?せっかく“いい流れ”になったと思ったのに…“悪の組織”なんかで作業したくないなぁ~」と冗談で呟きながら歩き出したところ、爺さん…否、婆さん…否、否、Gさんが「私なんて悪の組織ばかりですよ」と言った。そこで私は「そうだ、そうだ。頭痛の原因はそれだ。ずっとあんな…空気の悪いところにいるからだよ」と答えたのだった…(そんなこと言ってると…オマエがずっと“悪の組織”に配置されるぞぉ~ハハハ…)そして、嫌々ながら“悪の組織”へ行ったみたところ…なんと!「女性が多い」というイメージだった“悪の組織”に、なぜか男、男...開始直前の配置変更!速度重視の配置戦争!?

  • 初めての作業、久々の作業、ヤバイ作業?

    昨夜、某コンビニへ“超大手通販サイトで注文した商品”を受け取りに行った時、やや強めの風が吹いていたので「さすがに短パン&半袖では涼し過ぎるなぁ~」と思った。そこで、出勤時には長いジャージとウインドブレーカーを着て家を出た私である。今朝、作業を終えたばかりで体が温まっていたせいか、昨夜ほど風が強くなかったせいか…うっかり短パン&半袖のまま外へ出てしまったけれど、全く寒さを感じることがなかったので、そのまま電車を乗り継いで帰宅したのだが…道中、同じ服装の人はいなかった。(ま、週末になれば、運動部の若者がいるんだろうけどな)また、昨夜は“三代目フェイスシールドブラザーズ(なんじゃそりゃ?変な名前を付けるなよ!)”を持って行き、試着してみたのだが…作業開始前の休憩室にいた仲間(私より5~6歳下?)から「その写真、誰?知...初めての作業、久々の作業、ヤバイ作業?

  • たまには写真付きでブログらしく…

    先月、職場での着用が義務付けられたフェイスシールドに楽しみを求めてシールを貼り始め【写真1の上】、その翌週にはシールの数を増やして“やりがい”を感じていたのだが…(仕事にやりがいは感じないくせに!)おでこに当たるスポンジ部分が汗で変色して異臭を放ち、鬱陶しく感じるようになったので、先週、メガネタイプのフェイスシールドを購入…新しいシールドに新たなシールを貼って使っていた【写真1の中】。すると、仲間たちから「次は何を貼るの?」「綺麗なお姉さんの写真でも貼れば?」などと提案された。そこで、自宅にあった某週刊誌(超大手倉庫への潜入ルポが掲載されていたもの)をパラパラとめくってみたところ、綺麗なお姉さんの写真がいくつか載っていたのだが…お風呂に入っている姿だったり、一糸まとわぬ姿だったり、生まれたままの姿だったり…(要...たまには写真付きでブログらしく…

  • 2m監視員と女性たちと私

    先日、“仕分け作業・第一ラウンド”が終わって間もなく、私が“第一ラウンドで仕分けされてはいけない荷物”を探して抜き出す作業をしていたところ…たまたま同じ区画で“仕分けされた荷物が詰まっている大きな箱”のフタを閉めている女性Aさんがいて…ちょうど近くを通りかかった契約リーダーBさんが私に向かって何か言ったので「なんじゃらほい?」と思ったら、「2m以上、離れて下さいね」と注意されてしまったのだった。その後、私が別の区画へ移動して同じ作業をしていたところ…さっきとは別の女性Cさんが私と同じ作業をしていて…再び近くを通りかかった契約リーダーBさんから「2m以上、気を付けて下さい。できればチェックしたくないので…」と言われてしまった。そう、いわゆるソーシャルディスタンスを保っていないと“コードネームチェック”をされて、3...2m監視員と女性たちと私

  • よりによって… 何のために…

    今朝、帰宅して…いつものようにパンツ一枚になって体重計に乗ったところ、超久々に66.8kg(ちなみに体脂肪率は平均的な12.5%)と67kgを切ったので素直に喜んだ。決して痩せようと思っているわけではなく、特に鍛えているわけでもないのだが…なぜだろう?まさか…私の体が徐々に“この世からあの世”へ移動を開始しているなんてことは…(ないない!あったら怖い!)どうせ移動するなら“この湯からあの湯”へ…(はいはい!やったら逮捕!)さて、いつも行っている床屋のお婆さんは「面白そうな番組を録画しておいて、ドラマなどは食事をしながらしっかりと見て、それ以外は家事をしながらテキトーに見ている(音声だけ聞いている)」そうだ。さらに「お笑い番組は見ない」と言ったので、私が「いつ頃からか私も見なくなりましたけど…以前、サン●ウィッチ...よりによって…何のために…

  • 睡眠薬と跳躍と伝説の女医?

    昨夜は、“コンベアーから取り上げた荷物を仕分けするポジションの人に渡すため、コンベアーと仕分け区画の境界に置いてある棚の上に荷物を載せるポジション”だったのだが…なぜか荷物が手に付かず…決して、それが「重い!」とか「大きい!」というわけでもないのに、ついポロッと落としてしまうことが何度かあったので、仕分けするポジションの若い女性から「大丈夫ですか?」と心配されてしまった。そこで私は「まだ睡眠薬が残っているのかなぁ~?いや、飲んでから12時間くらい経っているから、そんなはずないか!」と言って笑った。その後、荷物の流れが落ち着いた瞬間に、私が通い始めた“女医がいるはずなのにいないクリニック”と“私が飲んでいる睡眠薬”の話をしていたら…コンベアーの対岸から「あぁ~松井さん、ナンパしてる!」と言われたので、「違うって!...睡眠薬と跳躍と伝説の女医?

  • 契約期間の変わり目に…

    出勤日の昼間は、睡眠薬を飲んで寝ているのだが…相変わらず短時間で目が覚めてしまう(長くて3時間、短くて30分)。ただ、以前のように“パッチリ”ではなく“ボンヤリ”しているので、寝床から出ることなく二度寝に突入…それを何度か繰り返しているうちに、アラームセットした時刻を…否、それより少し前に起きている。だから、薬の効果がないわけではない!はずなのだが…今日の早朝、勤務終了の2時間くらい前から強い睡魔に襲われて動きが鈍くなり…途中、「こうなったら奥の手を使おう」と思って、冷水器の水を首筋から背中に流してみたのだが、水温の設定が夏ほど低くなっていないのか、以前のような「ひぇ~~~~~っ!」という感激?感動?感覚?がなく、思ったほどの効果が得られなかった。さて、今日から10月ということで、契約社員は新たな期間へ突入…時...契約期間の変わり目に…

  • 少ない荷物と置き配

    昨夜、出勤したらたまたまエレベーターで一段階上の正社員と一緒になり、「今日は荷物が少ないよ。毎年、来月中旬に行われるセールの前には、買い控えが起こって荷物の数が減るんだけど…今年はこんな時期から…しかも減り方が半端ないんだよね」と言われたので、私は「そうなんですか…だからと言って、我々が街頭で勧誘できるもんでもありませんしねぇ~」と答えた。倉庫入口の検温所にいた正社員からは「今日は本当に荷物が少なくて…さっき、昼勤務の遅番の人たちに早く帰ってもらったくらいだから、夜勤も早上がりがあるだろうね」と言われた。「そっかそっか…また早朝5時に開放されて、51分の電車まで待つことに…それでもいいから早く帰りたいなぁ~」と思いながら作業を開始した。実際、荷物の少ない仕分け作業・第一ラウンドは楽チンで、早々に作業終了…トラッ...少ない荷物と置き配

  • 仲間の叱責に感謝

    真夜中の倉庫に届く“新しい荷物”…以前は早めにトラックが来ていたようで、我々が仕分け作業をする頃には多くの荷物が倉庫にあったのだが、到着するトラックが重なってゴチャつくことがあったのか、正社員が各ドライバーに「予定時刻通りに来てもらいたい」と伝えたそうだ。その後、トラックが順番にパラパラと来るようになって、ゴチャつくことはなくなったようなのだが…ちょっと前から、昼勤務の遅番の人たちが仕分け作業を早め早めに行うようになったので、我々が仕分け作業をやっている最中に「もう新しい荷物がない!」という状況になることが当たり前になってしまった。仕方がないので、できれば最後の方で仕分けしたい“大量の封筒類(仕分け用の大きな箱の中へ先に入れると邪魔になる)”を全て仕分けすることになり…その後、新しい荷物が届き、大きな段ボール箱...仲間の叱責に感謝

  • 男の勧誘に連敗

    昨日の夜、テニススクールのイベントの後、男性コーチが「テニスの日の記念缶バッヂを発売中ですので、是非お買い求めください。1レッスンを1100円で受けられるお得なクーポン券付きです。好評につき、在庫を増やしました」と言ったので、「先週から…いや、先々週から…ずっと言ってないか?」と思った私は「在庫を増やしたって…他校で余っているバッヂを回されたんじゃないの?」と冗談を…そこまで言ったからには責任を取って「1個ちょうだい」と言って220円を払ったのだった。(1個だけかよ!10個くらい買わんかい!)今日は、午前中に“某睡眠薬クリニック”へ「先週は火曜日、今日は月曜日…医師が女性に変わっていたらいいなぁ~」と期待して行ったのだが…またもやオッサン医師だったので、思わず私は「どこに女医がいるんだよ!ウソばっかりだなぁ~」...男の勧誘に連敗

  • 週末の睡眠と冬のファン付きベスト

    昨日は土曜日…ということで、前日の夕方から連続30時間くらい起きている日だったのだが…いつもと違っていたのは“睡眠薬を飲み始めている”という点だった。睡魔と戦いながらブログを更新、「これで寝られる!」と思った時、仕事が休みで睡眠時間を気にする必要がなかったし…そんな状態で睡眠薬を飲もうものなら、それこそ永遠に…???不安になった私は薬を飲まず、22時頃にzzz…パッと目覚めた時、「あんまり寝た気がしないなぁ~どうせ深夜1時か2時頃だろう」と思いながら時計を見たら、22時18分だったので驚いた。「職場仲間の男性たちが出てくる夢を見ていたから、起きてしまったのかな?」と思いながら寝床でゴロゴロ…いつの間にかzzz…再びパッと目覚めた時、「職場仲間の女性たちが出てくる夢を見ていたから、グッスリ寝られた気がするなぁ~」...週末の睡眠と冬のファン付きベスト

カテゴリー一覧
商用