chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

cancel
wiseman410
フォロー
住所
未設定
出身
未設定
ブログ村参加

2014/11/01

1件〜100件

  • 指数の疑問 その12【これからどうして是正して行くか『実行案』】

    指数の疑問その12【これからどうして是正して行くか『実行案』】従前指数の疑問を数々述べて来たのだが、つまるところ指数でも工数でも良いが、ある基準を設けたとしても、特に小数ロッドの生産とか一つの作業工程がある程度の複雑さを持つほど、どんなに高精度な時間計測などを行っても、ある程度のバラツキを生じることは、不確定要素が増えるだけ不安定にならざるを得ないと云うことが云える。従って、この指数でも工数でも良いが、これが相当に信頼度高く有効化できるのは、比較的作業工程が単純で総作業時間が短い場合の同じ作業の反復作業の場合のみ成立する、つまりマスプロダクションによる流れ作業の様な局面と云えるだろう。自動車の一般整備もだが車体整備において、相手部位は正常でなおかつ比較的新しい車両で錆や汚れも少ない車両という標準条件、また...指数の疑問その12【これからどうして是正して行くか『実行案』】

  • ルポルタージュ・損害調査員 その16【損保の歴史②】

    ルポルタージュ・損害調査員その16【損保の歴史②】16回目のルポルタージュとして、前回に続き損保の歴史②として、今回は物損事故調査の歴史を記したい。損保商品の収入保険料の半分強が自動車保険だ。この自動車保険は、収入としてのマスが大きいが、ロスとしてのクレーム(事故)件数も多く、特に物損事故の件数は非常に多い。前回、損保の歴史として昭和30年代後半より急激なモータリゼーションで自動車保有台数も急進したが、交通戦争と云われる様に、往時は交通事故死亡者が16千名に達することもあった。この人身事故より10倍は多いのが物損事故であり、この多量な事故を如何に適正に支払うかということが、保険会社の命運を握ると認識されて来たのが昭和45年頃のことの様だ。これまでの間、自動車保険はロスが悪い(損害率が高い)と云うことで、何...ルポルタージュ・損害調査員その16【損保の歴史②】

  • 選挙期日前投票に行く

    選挙期日前投票に行く昨日(7/2)午前中に、来たる7/10投票日の参議院通常選挙の期日前投票に市役所に立ち寄って来た。今回の参議院選挙も、最終的な投票率は50%台前半程度のものなのかも知れない。しかし、選挙という行為は、ある意味で一番簡単でかつ確実な民意を国政に反映させ得る最大の国民に与えられた権力行使であり、これをむざむざ捨てることは、国民に与えられた権利を捨て去ることであるという自覚を持つところで、投票し続けて来た。なお、この10年という期間は、ほぼすべて期日前投票で行っている。と云うのは、正式期日に何か所用ができるかもしれず、そうなればまあいいかと投票を非優先しかねないという思いもあり、期日前投票ならゆっくり確実に自分の都合の良い日時でできるという思いがあるからなのだ。それと、数年前から、選挙掲示版...選挙期日前投票に行く

  • ボデー部材としてのアルミ化への潮流

    ボデー部材としてのアルミ化への潮流ここでは、広く車をメカニカルとボデーという車両全般に眺める視点で、ボデーのアルミ化という流れで眺めてみたい。なお、アルミ化が主な目的として比重が鉄の概ね1/3という軽さがあるのだが変形し易さ(ヤング率)も概ね1/3だから、製造加工品としての重量は概ね2/3程度の軽量化となる。この様な点で、コストに糸目を付けないレーシングカーとか航空機では、長尺カーボン繊維を熱硬化性樹脂に混浸させて焼き固めたドライカーボン材が使用されるが、1品づつの製造ラニングタイムを要するとか、樹脂の経時変化で長期間の安定性が保証しかねるとか、部分修理が困難とかで、大型製品への使用は限定されることがある。それとアルミにしてもドライカーボンにしても耐熱性の限界が低く、あるみの場合で温度200℃で30%も引...ボデー部材としてのアルミ化への潮流

  • これもウインテル独占の弊害

    これもウインテル独占の弊害ウインテルというワードは最近はあまり聞かれなくなくなったが、Windows(マイクロソフト)とインテルの市場独占を皮肉った言葉だろう。企業でも、国家行政組織でも同様だが、市場占有が極端に強まったり、デモクラシー体制が劣化し不透明化すると、何をやるにも唯我独尊(ゆいがどくそん)で本来の受益者の利益より、施工者の利を強くしてしまうのは、世の真理だろうと思う。だから独占禁止法とか、情報の公開制度が取り入れられたりしているのだが、まだまだ充分ではないと感じられるところだ。さて、マイクロソフトWindowsにバンドルされているディフェンダーというウイルスチェックソフトがあるが、このプログラム設計が悪く、インテル製CPUでムダにCPUリソースを消費することでパフォーマンスが5%程ほど低下して...これもウインテル独占の弊害

  • ルポルタージュ・損害調査員 その15【損保の損害調査の歴史➀】

    ルポルタージュ・損害調査員その15【損保の損害調査の歴史➀】15回目のルポルタージュとして記したい。今回は損保の歴史を含め主に損害調査の歴史を記してみたい。ただし、元一調査員の立場での記述だからして、何処まで客観妥当なものとできるかは保障の限りではない。そもそも、保炎という制度が生まれたのは、スペインとかポルトガルが世界の覇権を握る大航海時代と云われる時代おける海運保険がことの始まりの様だ。コロンブスとかマゼランとか云われる歴史に名を刻む者達が登場する時代だ。この時代、世界に未知の豊富な資源を求めて、大航海に乗り出すのだが、その費用の投資家達にとっては、無事に成果を上げて帰って来るか、おそらく難破でもしてまったく音信不通で返って来ないという賭けであったのだが、その賭けを商売にして保険という制度が生まれる切...ルポルタージュ・損害調査員その15【損保の損害調査の歴史➀】

  • 福岡県警・一時停止の誤摘発34件

    福岡県警・一時停止の誤摘発34件先ほど見た報(下記)だが、図の様な道路形状の交差点で左折車両の一停標識もないのに、過去5年で34件も誤摘発していたという。警察の活動を国民としては、ありがたく思いたいところではあるが、こういう間違い摘発に、過去5年も誰も異議申立しなかったと云うことに驚くところだ。何でもかんでも国家権力に反感を持つつもりは一切ないが、頭ごなしの決め付けに隷属するのではなく、自ら確認して納得して反則切符に署名捺印する必用があるだろう。----------------------------------------------------------一時停止は必要ないのに…34人に反則切符福岡県警が5年にわたり誤摘発西日本新聞7/2(土)10:49配信福岡県警は30日、同県うきは市浮羽町朝田の交...福岡県警・一時停止の誤摘発34件

  • 福山・信号ありの交差路で右折の軽4と対向直進のフェラーリの衝突(フェラーリに大幅な速度超過の疑いあり)

    福山・信号ありの交差路で右折の軽4と対向直進のフェラーリの衝突(フェラーリに大幅な速度超過の疑いあり)この事故は6/18福山市・JR福山駅近くの片側3車線の交差点で、右折の軽4と対向直進のフェラーリが衝突し、軽4の後席乗者の小学生が車外に放出され死亡。運転車が重傷とのことである。フェラーリの運転車に怪我はない様だ。一般での右折者と直進車の事故では、直進車優先の原則があるため、7:3程度で右折者の責任が大きくなるという判例がある。ただし、今次の事故の場合、フェラーリの最終停止地点が衝突場所を起点として計測すると約55m先に停止しており、何らブレーキ制動していないならともかく、フェラーリも左廻りのスピンモードでこの55mを滑走しており、いわば横滑りした状態であるので、ほぼ限界制動したのと同等の制動効果を持つも...福山・信号ありの交差路で右折の軽4と対向直進のフェラーリの衝突(フェラーリに大幅な速度超過の疑いあり)

  • ワイヤリングの断線&ショートの目の付け所

    ワイヤリングの断線&ショートの目の付け所プロ整備士でもない私が、なんで現代のプロと云えるべき者達に向かって講釈を垂れることができるのかという思いもあるところであるが、各種マニュアルを見てもこういう記述が少ないとか、集約なされていないことからあえて書き留めたい。ところで、NetやYoutubeでさまざまなプロ自慢みたいな話しを見聞きする時、損害調査員としてさまざまな事故車や故障車の事案を見てその各担当者と話しをする時、なんとも不満足と云うか思考が欠落しているという思いを持つことが多い。これは、40年程以前、トヨタディーラーサービス担当者として経験したことや、以後も数少ないが幾らかの故障車や事故車の対応を自ら行う時に経験してきた、あまりマニュアル化なされていない事例を幾らかまとめてみたものだ。1.スキャンテス...ワイヤリングの断線&ショートの目の付け所

  • 豊橋・タンクローリー下に押し込まれ追突事故

    豊橋・タンクローリー下に押し込まれ追突事故6/29に豊橋市の国道で生じたという合計7台が絡む追突事故だが、最後尾の大型トレーラーが原因者の様に見える。この事故で驚くのは、タンクローリー車の後部から2台の乗用車が押し込まれ、下敷きになっているという状態である。多くの追突事故の事例を過去に見てきたが、高速道路の追突事故などで、大型車の後部から押し込まれた乗用車は、正にせんべいの様にという表現が適切かどうかだが、ボデーの床から上の部分がなくなり、どう見ても乗員は即死しているという状態の事故車を、主に高速道路の主要IC付近の事故車保管場所で何度も見てきたものだ。今回の場合、下敷きになった乗用車が潰れてはいるものの、上部ボデーがさほどにペシャンコにならず現状を保っているのは、事故の瞬間にタンクローリー車も急減速で前...豊橋・タンクローリー下に押し込まれ追突事故

  • ルポルタージュ・損害調査員 その14【損保の組織構成と現実】

    ルポルタージュ・損害調査員その14【損保の組織構成と現実】14回目のルポルタージュとして記したい。今回は損保の企業体制とか社風と云うことを中心に記してみたい。現在、金融監督庁(旧大蔵省で省庁再編で金融庁と金融監督庁に分割された)管下に入る業種は金融業に区分けされ、具体的には銀行業、証券業、保険業(生保or損保)という担当分野に分かれている。金融監督庁の行政権限は極めて強く、なんからの問題で是正指導などが下命されると、最優先でその問題について改善対応を求められるという点では、旧大蔵省時代から変わってはいない。これは、自動車などは国交省の管轄だが、昨年辺りから急激に認知件数が高まり、全国各地で指定整備工場などの行政処分か下されていることがあるが、これは全国各地にある地方運輸局の許認可権と裏腹にある監査権限によ...ルポルタージュ・損害調査員その14【損保の組織構成と現実】

  • 工数策定にはさまざまな考え方がある(レーティングという思考例)

    工数策定にはさまざまな考え方がある(レーティングという思考例)今回、共同で時間計測を行ったと云うことだが、どうやらその作業は会場を自研センターとして、作業者は自研センター職員が行ったそうだ。それを、日車協と損保協会側が時間計測する。こういう時間計測というのは、競技会の時間を前提としてはならないことは理解できるだろう。つまり、ベテランで躊躇なく作業が追行できる程度なら良いが、正に競技会の精神状態と作業者は予め予行演習を積み重ね、一切の遅滞なく作業が完了したからと、その時間を前提とされてはたまらないということがある。こういう思想に作業時間の研究者としては、予め作業者の動作の速い遅いを別の手法でサンプリングしておき、計測時間を補正すると云うことが必用だと述べている。この考え方をレーティングという。また、一般に作...工数策定にはさまざまな考え方がある(レーティングという思考例)

  • 今夏電力需給逼迫を嗤う

    今夏電力需給逼迫を嗤うこの夏、主に東京電力管内が多い様だが電力逼迫が危機だと東電はほざいている。確かに梅雨明けで熱い夏が続くことを見込んだり、ウロ戦争の関係で石油や石炭価格の高騰もあるのだろうと想像するが、11年前の東北大震災+東電福島原発1の大崩壊時の教訓をまったく反省していない東京電力の親方日の丸体質を改めて指摘しておきたい。日本には地域別に9電力会社があるが、日本列島の富士川を境に、電力周波数が異なる問題を何時までも放置してきた責任はどうなのかと云うことだ。このことは、福島原発大崩壊の際にも、緊急予定停電などで乗り切ったのだが、そもそも異なる周波数地域間で大電力のやりとりが困難という問題がそのまま放置され続けているのだ。我が沼津市は東京電力管内で50Hzであるが、となりの富士市は富士川を境に、西側は...今夏電力需給逼迫を嗤う

  • PC代替検討中だが、どのタイミングを見計らうか?

    PC代替検討中だが、どのタイミングを見計らうか?実のところ、我がPCの代替を検討しているところなのだ。現在使用しているPCはCPUにインテルCorei7(860)というもので、2009年登場時、約10万円を投じた最新CPUだったものだ。基本スペックは駆動クロック2.8GHz、4コア、4スレッドというもので、プロセスルール(CPU内の微細回路線幅)45nmだ。これ以前の、Core2に比べれば、4コア8スレッドと大幅に性能向上しているが、約10年を経て最新のCPUでも駆動クロックは3GHz前後で大差はないが、今や最新型CPUでは16コア、24スレッドなどというレベルで、各種CPUベンチテスト(性能を比較するソフト)では、大きく区分してシングルタスクとマルチタスクの2種があるが、最新CPUではマルチタスク性能が...PC代替検討中だが、どのタイミングを見計らうか?

  • ルポルタージュ・損害調査員 その12【アジャスターという名称に関わる嫌悪】

    ルポルタージュ・損害調査員その12【アジャスターという名称に関わる嫌悪】12回目のルポルタージュとして記したい。このことは、私の過去ログでも何度か記して来たのだが、私および私が見習うべきだと過去感じて来た一部諸先輩とも話してきた中で、このアジャスターという名称は現業に不一致だし、大げさだが嫌悪を感じるということでは意見は一致してきた。そういう意味でも,私は元アジャスターとしての表現に恣意的にアジャスターという名称を使わず、調査員という言葉を使って来ているところなのだ。ただ、誤解をしないでもらいたいのは、調査員にしても嫌悪するアジャスターにしても、仕事の内容自体を嫌悪しているものではない。保険会社が公式に定め絵明示した約款に基づき、保険会社のためでもなく、保険契約者に組みするのでもなく、中立的な立場で正しい...ルポルタージュ・損害調査員その12【アジャスターという名称に関わる嫌悪】

  • 火災事故 車両保険の対象だが・・・

    火災事故車両保険の対象だが・・・車両保険では、契約時に特定した自動車(以下「被保険自動車」という。)が偶然な事故によって損害を受けたときに保険金が支払われるが、この「偶然な事故」とは、交通事故だけではなく、衝突、接触、墜落、転覆、物の飛来、物の落下、火災、爆発、盗難、台風、洪水、高潮など、あらゆる偶然な事故で、被保険者の過失によって発生した偶然な事故も含む。と云うことで、車両火災すわ保険の支払い対象と思いがちなのであり、請求すれば保険金は支払われるものの、保険を使用すれば3等級ダウンで翌年以降の保険料は増加する。また、保険金が支払われた場合であっても、支払い保険会社は代位求償権というのが生じるので、他の者に責任が生ずるとすれば、その者に請求を行う。と云うことで、車両火災が生じた、すわ車両保険の請求でなく、...火災事故車両保険の対象だが・・・

  • ルポルタージュ・損害調査員 その12【情報を見る聞く視点】

    ルポルタージュ・損害調査員その12【情報を見る聞く視点】12回目のルポルタージュとして記したい。今回は情報を見る聞く視点ということで記してきたい。世の戦いというべきか弱者が強者の中で生き延びて行くには情報という要素は欠かせない。この情報とは、ただそのことを知っていることが意味を持つ場合もあるし、ある情報が示すものが、ある意志決定権者の方向を示すという様な場合がある。国家とか企業における戦いでは、この相手の意思決定の方向、つまりそれは戦略といべきものとなろうが、それを掴むため情報というより諜報というべき様相を持ち、それなりの専門家集団がインテリジェンス機関として活躍している様だ。ここでは、そういう大層な話しはさておいて、調査員という事故の専門家たる者のインテリジェンス感と云うべきものを論じてみたい。そもそも...ルポルタージュ・損害調査員その12【情報を見る聞く視点】

  • 民意とはなんだろう

    民意とはなんだろう選挙が近づいていたが、多くの国民は何も変わりゃしないし、投票するだけムダと思っていると想像する。かといって、現世国民の多くが、現在の政治のあり方に満足している何てことはまったくないのも事実だろう。つまり、口調は穏やかだが、何ら実行力が感じられない現首相、従前の長期政権首相は、未だにさまざまな影響力を行使し、今後隙あれば三選を狙う魂胆ありありだ。また、あの狂ったT女史など、軍事費倍増して、日本の国防を固めなくちゃ何て本気で息巻いているが、戦争始まったら自分の息子も出兵させるつもりあるのかと正気かと疑う。正味本当のところは、既存政権たる自民や公明などは、得票率が上がらない方が良いと思っているに違いない。彼らには組織表があり、それなりに現金は流石にバラまいちゃいないが、それなりに手懐けた大企業...民意とはなんだろう

  • ルポルタージュ・損害調査員 その11【調査員としての電話対応】

    ルポルタージュ・損害調査員その11【調査員としての電話対応】11回目のルポルタージュとして記したい。あなたの損保会社。損害査定部署でも電話の多い曜日とか時間帯などがあるだろう。現在は、休日夜間でも事故受付を集中して行う部門がどこの保険会社にも用意される様になったので、昔に比べれば集中度は低下したとはいえ、やはり通常であれば週末休み明けの月曜午前中などの電話は多いだろう。その他連休が続いた休み明けとか、過日関東から東北各地でひょう害が生じたが、この様な地震も含め天災の後の、電話は多くなるものだ。冒頭、何故こんな電話の話しを記したかというと、今から10数年前損保の大合併があり、私より5才程先輩の他社調査員であるが、日頃からその思考とかに共感を感じている方が、ある時大合併で大手損保に吸収される立場になってから聞...ルポルタージュ・損害調査員その11【調査員としての電話対応】

  • 新潟トヨタ不正車検の行政処分

    新潟トヨタ不正車検の行政処分この問題は本年4/1付けで新聞報道もなされていたが、今日現在でも国交省のWebサイトに公示なされていないのだが、新潟トヨタのWebサイトに処分内容が6月21日付けで公示なされているので書き留めておきたい。しかし、何故、こうも公示が遅れたのであろうか。なお、再発防止策については、今までの例に漏れず、検査員に関わる権限とか発言力の強化という視点では一切の言及がなされていない。この当たり前のことを、何故記さないのだろうか。-------------------------------------2022年6月21日新潟トヨタ自動車株式会社不適切な車検整備に関する行政処分のご報告本年3月30日に判明、公表いたしました弊社新潟店・レクサス新潟・新津店・豊栄店・三条店の5店舗における不適切...新潟トヨタ不正車検の行政処分

  • まったく山本太郎の節操のなさには呆れる

    まったく山本太郎の節操のなさには呆れる山本太郎氏の情熱には感心するところだが、こんなチンケなお笑い芸人(お笑い芸人すべてがそうではない、まともな方もいる)を、ただただ集客力があると見込んでの起用だろう。呆れてものがいえない。ただし。間違っても自民、公明、維新、立民のエセ保守政党には投票するつもりなどない。これ以上日本を徘徊されてはまっぴらだ。-------------------------------------------------------------------------ツイッター海乱鬼@nipponkairagi·16時間皆さん真剣に考えてください。こんなふざけたお調子者に年間2180万の給料、月100万の経費、秘書3人分の給料を税金で払ってやってもいいんですか。政治を利用してるコメディア...まったく山本太郎の節操のなさには呆れる

  • 藤沢武雄が予想したより遙かに激しい世の変化

    藤沢武雄が予想したより遙かに激しい世の変化藤沢武雄氏と聞いて知らない方も多いだろう。ホンダ技研の黎明期から大企業に育つまでの間、実質的にホンダの社長業を取り仕切った人物だ。ご存じの様に、ホンダは本田宗一郎氏が創業者だが、とんと商売に対する能力欠如を自覚しつつ、盟友として藤沢武雄氏を選択したのだった。宗一郎氏曰く、「俺は会社の実印を使ったことがない」と断言する様に、企業組織本田技研は、藤沢武雄氏のオペレーションで発展し続けていたのだ。もちろん宗一郎氏も遊んでいた訳でない。毎日、本社でなく技術研究所へ出社しつつ、現場を見回りつつ、当時の現場担当者を知った激励、ある場合は雷を落としつつ、魅力ある商品作りに奔走してたことが、数々の本に書き記されている。そんな藤沢武雄氏が周辺に繰り返し発したという言葉に「万物流転の...藤沢武雄が予想したより遙かに激しい世の変化

  • 「侮蔑賞状って?」・呆れた企業があるものだ!

    「侮蔑賞状って?」・呆れた企業があるものだ!今朝、この報を見て「侮蔑賞状ってなんだ?」と訝ったのだが、こんなマンガみたいなことをやってる企業があること自体が信じかねる。同社の橋本吉徳社長は「余興の域を越えていたと深く反省しております」との見解を示したと云うが、モラルの欠如というか、およそ人間性に相当な欠落がある人物だろうと思える。おそらく、オーナー社長なんだろうが、従業員に愛情を持つ何てことはまるでなく、およそ下位に位置するペット以下の存在として認識していたのが、この橋本吉徳氏だろう。ハシモトホーム(弊社に関する一連の報道について)https://www.hashimotohome.com/----------------------------------------------------------...「侮蔑賞状って?」・呆れた企業があるものだ!

  • ルポルタージュ・損害調査員 その8【調査員に求められる能力】

    ルポルタージュ・損害調査員その8【調査員に求められる能力】既にこのシリーズも10回目となったが、この損保調査員に求められる能力ということで記してみたい。まず一番に求められるのは、保険約款に規定された各種要件に合致する間違い事実関係かを判断し、そのことを単なる疑わしいではなく、第三者に証明できる科学的および合理的な物証なりを示して説明できる能力であり、そのことを突き詰めるべく努力していくモチベーションを有しているかと云うことだろう。昨日、「自動車検査員に告ぐ」というブログを記したが、自動車検査員は検査員という国の権限を移植された職種であり、いかなる局面であっても、その権限行使においては、企業の序列に関係なく判断なければならないという宿命がある。こういう点では損保調査員はそこまでの権限も規定もないのだが、損害...ルポルタージュ・損害調査員その8【調査員に求められる能力】

  • 日野自の型式指定取消と今後予想される流れ

    日野自の型式指定取消と今後予想される流れ国交省が3/29付けで日野自動車(トヨタといすゞ宛てにも処分が下されているがエンジンOEM先メーカーで販売中断だが直接の責任はない)に対し、エンジン型式が4型式搭載車の型式指定取消という重い処分が下された。恐らく型式指定取消という処分は日本で初のものだろう。従来までの日本の国交省および通産省と車両メーカーの関係からだと、この程度ではここまで重い処分とならなかったのだが、数年前の三菱自の燃費データ虚偽報告事件を受けて、法令を厳格化させていたこともあり、恐らくだが国交省や通産省では、こんな重い処分を下すことは大メーカーでないだろうと考えていたところに、見事にジャストマッチして下さざるを得なかったというところだろう。この型式指定の取消のとなった4機種エンジン搭載車だが、違...日野自の型式指定取消と今後予想される流れ

  • これも3D・CAD設計と試作の不足によるリコール

    これも3D・CAD設計と試作の不足によるリコールちょっと以前のリコール(2018年9月)だが、現行プリウス50が登場(2015年)してしばらく後のリコールだが、エンジンルーム内のPCU(パワーコントロールユニット:インバーター)へ接続するワイヤリングの取り回し不良で、ショートする可能性があるという内容だ。昔のクルマでは、実車のモックアップ(木製ダミー)などの試作を行い、それに合わせて各付属機器やパイピングやワリヤリングの取り回しを決め、採寸したりしてワイヤリングの設計諸元を決めていた。ところが、今や3D・CADでティア1サプライヤーも同時にネットワークで、3D・CADを使用して、相互干渉や取り回しや、組付け性などの確認をしつつ、ほとんど試作を行わないまま最終仕様が確定してしまう。だから、ワイヤリングなどち...これも3D・CAD設計と試作の不足によるリコール

  • ルポルタージュ・損害調査員 その9【見積屋の御用聞き調査員を嗤う】

    ルポルタージュ・損害調査員その9【見積屋の御用聞き調査員を嗤う】第9回目のルポルタージュとして記したが、もしやしてこういうことがあっちゃイカンという警告を込めた意見として記したい。そもそも、現在でも昔を懐かしみつつ、現状を眺めるについて、こんな体たらくでいいのかという意見は、私より余ほどの大先輩とも話すのは常なのだが・・・。その3でも触れたことだが、損保調査員(技術アジャスター)とは断じて見積屋であってはならず、修理工場とか車両所有者の思いを聞き、それに沿う御用聞きであっては意味がないと思っている。そこで、アジャスター規則に記されているアジャスターの業務を下記に示すが、正直この文言は曖昧で判り難く、会社によっては事故受付との整合性とか勝手に解釈して後輩を指導しているのだから、まあ保険金を詐取しようとする悪...ルポルタージュ・損害調査員その9【見積屋の御用聞き調査員を嗤う】

  • 世の自動車検査員に告ぐ

    世の自動車検査員に告ぐ指定工場(特にディーラー)の車検不正など行政処分が止まらない。この要因について、国交省やトヨタ自動車、そして処分を受けた企業など、さまざまないい訳を述べているが、私は嘘を付くなと断じている。不正車検を惹起する要は自動車検査員にあることは確かだろう。自動車検査員は、自動車検査における国家権限を個別検査員に委嘱したみなし公務員となされている。つまり、こと自動車検査における検査の合否は検査員の良心に委ねられているという重大な責任があるのだ。だから、行政処分の中には、検査員の解任命令というのがあるが、これは以後2年間、検査員をすることができないといういわば個人罰なのだ。ただし、現在生じている不正車検がすべて自動車検査員が業務を放棄したとか不真面目だとは思っていない。さまざまな会社の圧力とか、...世の自動車検査員に告ぐ

  • この記事を見ると考え込んでしまう・小中学校のエアコン普及率

    この記事を見ると考え込んでしまう・小中学校のエアコン普及率全国の公立小中学校のエアコン普及率に大きな格差があることを知った。最新の2017年調査では、全国平均で49.6%だそうだが、都道府県別に集計したグラフを見るとどうしてここまで格差が生じるのかと憤然とする。全国の大企業本社がひしめく財政豊かな東京都とが100%なのは理解できるが、香川県などもさほど財政豊かとは思えないが100%近い。一方、我が静岡県などでは、大平洋ベルト地帯の一翼を担う程度に、そこそこの財政力はあると思えるが、異常に低いという現実を知る時、これは単に自治体の財政力の差ではないという姿が見えてくる。教育行政に対する差も大きくありそうに見える。それと、このグラフは2014年と2017年の増加分を分離した積み上げグラフとなっているが、201...この記事を見ると考え込んでしまう・小中学校のエアコン普及率

  • 指定工場の最悪処分 認証取消

    指定工場の最悪処分認証取消国交省のネガティブサイトでは、管理下の業種について、行政処分を下した関係業種を公示している。自整業の場合、指定工場絡みの処分が、定期監査も含め多くなる訳だが、その処分のを小さい方から記すと、➀適合証の発行禁止(15日とか有機期間)、②検査員の解任命令(該当検査院は2年間検査院に選任不可能となる)、③事業停止(15日とか有機期間)、④指定取消、⑤認証取消という順序になるだろう。これは行政処分だが、捜査機関として悪質な場合は検察庁への書類送検もしくは告発という場合もありえ、この場合は刑事処分が下る可能性もある。と云うことで、指定工場で指定取消であっても認証取消でなければ、車検などの持ち込み受検により事業継続はできるのだが、認証取消となると事実上事業継続は不可能となる。そんな認証取消ま...指定工場の最悪処分認証取消

  • トヨタに続きホンダでも不正車検が摘発

    トヨタに続きホンダでも不正車検が摘発そもそも、当ブログ4/15付けの「トヨタに限らず不正車検多発問題・国交省への意見」でも記しているが、昨年のトヨタの車検不正の多発があったが、今年(2022年)3月単月で不正車検摘発が15件という急増していることがある。この3月の15件だが、昨年の同月は6件であり明かな異常多発であるが、15件中の14件がディーラーということがある。これは何を示しているのか?これは、昨年のトヨタの反省文とての「整備要員の環境だとか入庫のコントロールの不適切など」と結論付けているが、それはあえての付随的な要因を上げていると考えざるを得ない。トヨタ以外の主にディーラーで不正車検が多いだろうことは予想ができていた。それは何故かと云うことだが、今回の下記記事でもそのことは触れられてないが、私の見る...トヨタに続きホンダでも不正車検が摘発

  • トヨタ bZ4X & スバル ソルテラ、タイヤ脱落の恐れで使用停止を要請

    トヨタbZ4X&スバルソルテラ、タイヤ脱落の恐れで使用停止を要請6/23付けリコールでトヨタの「bZ4X」とスバルの「ソルテラ」について、タイヤの取付ハブボルトが緩む恐れがあるとして、「恒久対策が決まるまで、使用者に対し使用停止を要請する」というリコールが公示された。つまり、現時点で対策が決まっていないとなると、ハブボルトが緩む原因も判明していないと云うことが想像できる。リコール公示内容を見ると、不具合件数および事故はゼロで、何処で緩むのが判明したのか不明だが、原因が判らぬままリコールせぬまま推移すると、大きな事故でも起きたら大事になるとのことで、こういうリコールに踏み切ったと思える。ボルトの緩みとして一番あり得るのはトルク不足が一番であろうが、それなら製造工程のタイヤ&ホイールセットの締め付け機のプリセ...トヨタbZ4X&スバルソルテラ、タイヤ脱落の恐れで使用停止を要請

  • ルポルタージュ・損害調査員 その8【出入り禁止に内在する問題】

    ルポルタージュ・損害調査員その8【出入り禁止に内在する問題】第8回目のルポルタージュとして記すが、これは私が損保調査員になって1年程のことと記憶するが、ある工場に立会をしたのだが、その際の言動や態度に不満があったのが要因だろう。私の帰社を待つまでもなく、その該当工場から勤務先になんやかんやと連絡が入り、「あいつ」(私)を調査に来させるなという話しがあった様なのだが、帰社した私にそのことは何ら責任者(損調センター長)から話しもなく、以後のその該当工場との立会を別の調査員が継続していたと云うことがあった。このことを知った際は、正直なところ、その責任者のことや、黙って私の代わりに立会を云った調査員のことを恨んだことがあった。こういう事案は現在でもあるだろうが、その時の私は周辺を恨むと共に、なんでその工場がそこま...ルポルタージュ・損害調査員その8【出入り禁止に内在する問題】

  • 検察特捜部は見直すべき

    検察特捜部は見直すべき特捜部というのは、検察庁の組織だが、日本に3カ所しかない。それは、東京、大阪、名古屋と云うことなのだが、いわゆる国策捜査と云われる様な国政に関与する事件を扱うことでも知られている。そのくせ、安倍なにがしの森友加計とか桜の会などのあれだけ疑わしい出来事には着手しようという気配はない。つまり、マスコミは、正義の味方みたいに場合よっては持ち上げるが、検察特捜におよそ正義などありはしないのだ。ただただ時の政権に寄り添い、検察最高位の検事総長に昇り詰めようという上昇志向だけが異常に強い者達に集団と云ったら云い過ぎになるだろうか。そして、この最高位たる検事総長レースに落ちこぼれた者が、あの悪名高い「ヤメ検」の筆頭として、大企業各社の顧問弁護士になり、大物被疑者の刑事弁護を引き受け、冤罪を晴らすん...検察特捜部は見直すべき

  • なんとも安っぽい「液晶コンビネーション」パネル

    なんとも安っぽい「液晶コンビネーション」パネル最近の自動車で多くなって来たのが、運転席前にあるスピードメーターなどのコンビネーションパネルの液晶化が一段と増えたことがある。このコンビネーションメーターの液晶化は日本車が世界で一番速く取り入れていて、2008年のクラウン(S200系)で世界初採用されていたのだ。この液晶メーターだが、ソフトウェアで、メーター配置やデザインを切り替え出来るとか、画面の一部に前方のナイトビジョン動画を表示できるとか、そもそも数(ロッド)が増えれば従来のハードウェアメーターよりコストダウンできる余地もあることがこのところ増えている理由だろうと思える。しかし、真正面とか写真写りは一見良い様だが、実際にそのクルマに乗ったり、助手席とかちょっと斜め視するとまるで立体感がなく、安っぽく見え...なんとも安っぽい「液晶コンビネーション」パネル

  • 酒気帯び運転で事故だが負傷者なしで懲戒解雇とは酷ではないか?

    酒気帯び運転で事故だが負傷者なしで懲戒解雇とは酷ではないか?サービスマネージャーが酒気帯び運転で電車とぶつかり事故という記事だ。運転車にも列車の乗客にも怪我はなかったのだろうが、列車遅延が生じてそれなりの営業損害金の賠償が請求されるだろう。こんなローカル線でも、数百から運休時間によれば数千万にはなんるだろう。これは酒を飲んでいても対物賠償金で支払える。しかし、酒気帯び運転だが、呼気のしきい値が0.15mg以下はおとがめなし、0.15-0.25mgは酒気帯び運転で違反点数13点、0.25mg異常は減点5点で免許取消。2年間欠格で免許取得できずだ。電車と衝突したと云うところで重大事故には違いないが、もし0.15-0.25mgの範囲であり、列車の乗客も負傷もないという事故であれば、懲戒解雇までするのは酷ではない...酒気帯び運転で事故だが負傷者なしで懲戒解雇とは酷ではないか?

  • ルポルタージュ・損害調査員 その7【賠償額の確定も一種の示談ということ】

    ルポルタージュ・損害調査員その7【賠償額の確定も一種の示談ということ】第7回目のルポルタージュとして記すが、昨今の損保調査員(技術アジャスター)は自他ともに見積屋であることを認識しているということがある。それと、私が損保在職中に、先輩もしくは後輩で、この仕事を継続するのが精神的に辛く、退職を決断するという機会を何度か見てきて、その中には理由を聞き、説得を試みたケースもあるのだ。この様な中で、退職を決意した理由に「示談の心労が辛い」という理由があるのだが、このことについて論じてみたい。つまり、この退職決意者は損害見積の調査であれば、被害者などとの当事者から罵声を浴びされることもなく、分損で大概の場合、修理工場と修理費の合意(これを損保では協定と呼んでいる)するのであれば、互いに専門知識の中で多少の非難の応酬...ルポルタージュ・損害調査員その7【賠償額の確定も一種の示談ということ】

  • 整備白書R3年度より その1-7【私の解釈】リンク集

    整備白書R3年度よりその1-7【私の解釈】リンク集ここでは、2022年3月に発刊された日整連整備白書R3年度版において、白書内に日整連のエリート達の記述がなされているが、非エリートの実務家たる私の解釈として記述した事柄を記した。整備白書R3年よりその1総論2022-05-21https://blog.goo.ne.jp/wiseman410/e/1c5d52b8e04087a14d074ff422e148b1整備白書R3年よりその2見えて来るもの2022-05-22https://blog.goo.ne.jp/wiseman410/e/23e07afe6c50f50ec457d6519a04d03f整備白書R3年よりその3指定工場の適合標章発行の注意2022-05-30https://blog.goo.n...整備白書R3年度よりその1-7【私の解釈】リンク集

  • ルポルタージュ・損害調査員 その6【損害保険会社におけるテーブルファイアとは】

    ルポルタージュ・損害調査員その6【損害保険会社におけるテーブルファイアとは】第6回目のルポルタージュだが、必ずしも調査員に限らないが、現在は死語化している損保業界言葉で「テーブルファイア」といのがあることを記してみたい。ここで云うテーブルファイア(机上火災)とは、主に保険会社組織が起こしてきた事故の生成による組織的な裏金作りのことを指す。同様の裏金作りのかなり信憑性が根強くあることが、全国都道府県警や検察組織にもあるとウワサされている。昨今はテーブルファイアの話しは聞かなくなったが、損保組織の構成員が犯す業務上横領は時々報じれてる。そもそも、損保における総合職(昨今は全国型とも呼ばれるは、数年で転勤するが、この業務上横領とか地域社会構成員との癒着を所持させない目的もあると聞く。それでも、総合職も含め、一般...ルポルタージュ・損害調査員その6【損害保険会社におけるテーブルファイアとは】

  • 自賠責保険のデタラメ

    自賠責保険のデタラメ下記の報道は、過去の自賠責保険の積立金が財務省(旧大蔵省)に貸付られてきたが、未だ6千億円分未返還のまま、自賠責保険料を値上げする国会審議が通ったことをおかしいじゃないかと指摘している記事だ。このことは、自賠責を管理する国交省は、財務省を告訴しなければいかんのじゃないだろうか。それを官僚仲良し組織でいいわいいわにしている官僚組織は許せないと感じる。一般民衆が告訴しても、検察は本気で動くことはないだろうから、日弁連とか公共の福祉を自認するのなら、組織体として告訴すべきだ。さすれば、検察もおうように不起訴とはできまい。------------------------------------------------------------------------「自賠責保険」値上げでドライバ...自賠責保険のデタラメ

  • 書評 ヤメ検(森功著)・ヤメ検にも格がある

    書評ヤメ検(森功著)・ヤメ検にも格があるこの本の多くは、故人元検事たる田中森一(1943年6月8日-2014年11月22日(71没))のことを中心に検察上層部に上り詰めたもしくは特捜部(東京、大阪、名古屋の3部署しかない)で指導的立場にあったヤメ検を描いている。作者は本書内で繰り返し問う。検察時代は刑事事件に法の適用を巧みに操り、一転弁護士になると犯罪者ニーズ視点で、巧みに検察の思考を推論しつ犯罪者の利を勝ち取る。著者は、同じ人物として正義感とかモラルはどうなのと。私の解釈は、そもそも検事時代の正義感が何処まで本当にあったのか疑問だと思ってる。つまり官僚世界で功成り名を売り地位を上昇させるのがモチベーションであり、それなりのスキルとか大局観が地位を上げて来たのだろう。しかし、やがて同様のライバルも現れるし...書評ヤメ検(森功著)・ヤメ検にも格がある

  • ルポルタージュ・損害調査員 その4【対物相手車全損全売事案】

    ルポルタージュ・損害調査員その4【対物相手車全損全売事案】第5回目のルポルタージュだが、対物全賠事案(100:0)で相手車全損という場合のことを記してみたい。約10年ちょっと以前の現職当時は、こういう事案は損害調査員(アジャスター)が行っていたのだが、昨今は分業化が進んでいて、女性担当者が苦労して電話で何度も話しをしていると云うが、気の毒だと思う反面、ムダなコトやってると思うところもある。そもそも損害調査員たるアジャスターは車両の単独調査で全損となれば、相手との示談のことなど大して気にもせず、レッドブック値か、およそ古いクルマは新車の10%見たいな考え方で報告書を作成してるんだろうが、中にはこれで止むないと諦めてくれる方もいるのかもしれないが、早々納得する方は少ないだろう。私の考え方だが、事故が被害者近郊...ルポルタージュ・損害調査員その4【対物相手車全損全売事案】

  • 何故ヘッドライトとCAN通信しているか

    何故ヘッドライトとCAN通信しているか昨今、盗難手口にCANインベーターなる手法が広まっていることが知られてきた。この盗難の手口を監視カメラの動画がYoutubeなどで公開されているが、犯人はフロントバンパーのサイド部を両手で外側に引き出す様な動作をしている。最近の車両のバンパーカバーは、その取付が昔の様に大きなボルトで固定されているものはなく、小さなボルト(M6程度数カ所)と後は幾つかのクリップ、バンパーサイドは差し込み式のクリップリテーナーという部品に嵌合しているだけだ。だから、多少のバンパーの変形やボデーのキズ付きを無視すれば、強引に外側に引き出せば、バンパーサイドのクリップリテーナーは外れて、バンパーとボデー間に手が入る隙間を作ることができる。この後は、想像も含めての話しだが、犯人が目を付けている...何故ヘッドライトとCAN通信しているか

  • ルポルタージュ・損害調査員 その4【損害保険会社に公的捜査権限はない・だからある意味民主的】

    ルポルタージュ・損害調査員その4【損害保険会社に公的捜査権限はない・だからある意味民主的】第4回目のルポルタージュだが、損害調査会社の調査権限のことに絡んで記してみたい。およそ、国家司法とか行政機構では、捜査機関という名で、その役割に応じた公的な捜査権限が持たされている。一番身近に感じるのが、警察だとか検察の刑事事件に関する捜査権限だろう。その他に。税務署などは政務調査について捜査検眼を持つし、労働基準監督署では、労働災害事故とか労働基準法に関わる疑義があれば捜査権限を持つ。国交省とか財務省では、監督官庁として許認可に関わる業種について、捜査権限を持つ。海上保安庁は、やはり関わる業務について、捜査権限を持つ。その他、地方自治体でも、許認可に基づいた捜査権限を持つ。これら捜査権限は法令に基づいたものであり、...ルポルタージュ・損害調査員その4【損害保険会社に公的捜査権限はない・だからある意味民主的】

  • 憲政史上初の「国会事故調」無視か、裁判官には良心があるのか?

    憲政史上初の「国会事故調」無視か、裁判官には良心があるのか?福島原発事故避難者訴訟国の責任「認めない」判決については、裁判官も政府から給与を得ている官僚であり、人事権は政府にあるのだから予想された判決なのだが・・・。本来は裁判官は三権分立の原則に基づき「独立した個人の権限で良心に誓って判決」することになっている。しかし、今回の最高裁裁判官15名は、まさか2012年7月5日に発表の国会事故調「東京電力福島原子力発電所事故調査委員会」を読んでいないとはいえまい。この事故調の「はじめに」の序文で、事故調・委員長「黒川清」氏は、『この事故が「人災」であることは明らかで、歴代及び当時の政府、規制当局、そして事業者である東京電力による、人々の命と社会を守るという責任感の欠如があった。』と断言している。また、同はじめに...憲政史上初の「国会事故調」無視か、裁判官には良心があるのか?

  • ルポルタージュ・損害調査員 その3【運転者虚偽申告・26才未満不担保】

    ルポルタージュ・損害調査員その3【運転者虚偽申告・26才未満不担保】第3回目のルポルタージュだが、損害調査員(技術アジャスター)の業務を車両の損害額だけだと思っている方が一般人にも自整BP業の方にも多いので、正直私はこのことを「違う」と否定しているところだが、昨今は分業化がますます進んで当の技術アジャスターそのものが、そういう意識でいるからどう云うことだろうと思っているのだ。そんな中、先日もあるBP工場主と会話している中で、今後自整BP業も業務量も少なくなり大変だと云う話しから技術アジャスターの存在価値も問われる時代になるだろうという話しになったのだった。このことに異論はなく、現状の見積屋たる技術アジャスターも、AI見積だとか、そもそも事故数が減って来れば、必用数の要求は落ちるはずだ。現に外資系Net損保...ルポルタージュ・損害調査員その3【運転者虚偽申告・26才未満不担保】

  • 試作を減らし・・・、だから面白いクルマはできない訳だ!

    試作を減らし・・・、だから面白いクルマはできない訳だ!下記の日経クロステックの記事だが、試作を25%減らしたとかいう、今の時代を象徴するごもっともな意見だという感想を持たれる方が多いと思う。つまり、試作を減らすことは、開発のリードタイムを減じるのみならず、様は原価の低減に結び付くことで、ここに記してあるマツダだけでなく、およそ世のすべてのカーメーカーだけでなく、製造業ならほとんどそれをやってきたのだろう。その手法は、コンピューターを使用し、シミュレーションしたり、実走しての感応評価を減じて、台上テストの様々な変動数値(パラメーター)をそれなりに理由付けて評価することを繰り返すということが当たり前になっている。プラットフォームの共用化とか云うのも当然だの手法で、そのクルマのフロントコンストラクションおよびリ...試作を減らし・・・、だから面白いクルマはできない訳だ!

  • 整備白書R3年より その7【国内ディラーラーの終焉】

    整備白書R3年よりその7【国内ディラーラーの終焉】整備白書は整備関係の諸データの集約なのだが、そこには母集団となる自動車保有台数とか新車販売台数などのデータもある。こらデータとか、今後のASVとか、近日記したテスラの大幅大型ダイキャスト品を使った自動車の製造手法の大変化などを見渡すと、結論としては国内ディーラーの終焉が見えると結論付けるしかないだろう。そんなことで、以下に幾つかエビデンスを上げてみよう。1)自動車保有台数の頭打ち自動車販売台数は現在の8千2百万台でほとんど平行線をたどっているかにも見えるが、1992年に一気に貨物車が減り続け、現在往時の2/3のラインまで、つまり市場の1/3が失われたのだが、この姿はこれから先の乗用車にも現れるだろう。ここで、整備白書に新車販売台数の推移が示されるているが、...整備白書R3年よりその7【国内ディラーラーの終焉】

  • 大手損保は新たな戦略・そこに見える背景を読む

    大手損保は新たな戦略・そこに見える背景を読むこれはダイヤモンドオンラインのトップページだけ見て、その背景が見えてくることを記したい。ダイヤモンドなどの記事によると、大手損保としてあいおいや東京海上にも同様の動静が見えると云うが、新たに「中核代理店制度」というのを導入する方向性が動き出しているという。この「中核代理店」とは、それなりに規模(収保)の大きな法人組織体がしっかりした大手プロ代理店と解してよいだろう。それを選別して、そこに新たな役割を持たせる、つまり新たな権利も与えると共に、それ以下の小規模代理店の指導もさせようという魂胆が透けて見える。当然、この中核代理店には、代理店マージンを増やしたりメリットもなければ受け入れないだろう。では、何故こういう思想が生まれてくるのかを述べてみたい。過去、大手損保の...大手損保は新たな戦略・そこに見える背景を読む

  • 損保は火災保険料の値上げ方向を示すが努力不足ではないか

    損保は火災保険料の値上げ方向を示すが努力不足ではないか損保の国内事業の過半を占めるのが自動車保険、次いで火災保険と続くが、この2種目で売り上げの約7割を占めるそうだ。その主力の自動車保険の縮小が目前に迫っているのに加え、自然災害の増大で火災保険は大赤字だ。ここで、火災保険料は値上げの方向を向いていることだろう。ところが、ちょっと待ったと云いたい。と云うのはおびただしいNetCMで「火災保険で給付金が受けられる」とか「火災保炎で自動車が買えた」とかいう、ホントかいなという疑惑を感じる現状がある。損保は以下記す疑惑の案件を、充分な調査もしないまま払い続け、そもそも善良な契約者を対象とした保険を「自然災害でロスが悪化した」との理由付けだけで保険料を値上げしてようのだろうか。そこには、およそ査定正義とか保険会社が...損保は火災保険料の値上げ方向を示すが努力不足ではないか

  • 沼津・盗難車で暴走、その後男女逮捕 06/13

    沼津・盗難車で暴走、その後男女逮捕06/13過日6/13に生じた事件だが、まず東名沼津インター付近で盗難車が追尾されていたパトカーを振り切ろうとして、前方の一般車両や真後ろのパトカーにぶつけるなどして逃走、その後同場所から離れた「ららぽーと」店舗内で職務質問しようとした男女が捉えられたという事件が発生している。なお、同容疑者は覚醒剤も所持していたという。盗難車のランドクルーザープラドは、名古屋ナンバーで6/12前後に盗難された様だが、今回捕まったランクルと同一車両とみられるがナンバーは異なる様だ。他車両のナンバーが偽造ナンバーを付けているのではないだろうか。本件については、特にランクルおよびレクサスLXなどのSUV系の盗難事案が多い愛知県で、しばらく前に盗難団の首謀者と見られる2名が捕まっているが、このグ...沼津・盗難車で暴走、その後男女逮捕06/13

  • 「損保」指数の疑問 その1-11【様々な疑問】リンク集

    指数の疑問その1-11【様々な疑問】リンク集ここでは、2022年4月26日~6月14日までの間、その1~その11まで、「損保」指数の様々な疑問をテーマに記して来たリンク集をまとめました。賢明なる自整BP業および損保関連、その他関係者の参考になれば幸いに思います。指数の疑問その1【問題点から思う改善手法の提言】2022-04-26https://blog.goo.ne.jp/wiseman410/e/e5d90bc7427fb445a03636bcb3505a8c指数の疑問その2【指数導入までの歴史】2022-04-28https://blog.goo.ne.jp/wiseman410/e/63ef6e4a61b841b51c19377e8046a9d3指数の疑問その3【標準時間は少量小口生産には不確実性を...「損保」指数の疑問その1-11【様々な疑問】リンク集

  • ルポルタージュ・損害調査員 その2【免許・資格の欠落】

    ルポルタージュ・損害調査員その2【免許・資格の欠落】私は損保に所属する元損害調査員(技術アジャスターと云われる)だった(現在でも資格は保持している)が、断じて見積専門屋の意識はない。これは拙人が損保所属になってからの教育だとか自己の読む書籍から確信していることなのだが、損害保険とは営利企業ではあるものの、多数の善良な契約者を前提にして、妥当な保険料を集め、ある確率で存在する不幸な事故が生じた時、その契約者の損失をカバーするという性質の商品なのだ。だから、そもそも保険を詐取しようとしたり者や、保険約款で支払えないとした要件を虚偽もしくは欠落した者に対し不適当な処理するとは、善良な契約者への裏切り行為であり、保険制度が持つ社会的な公益性から許されざる問題と認識している。このことを最近はあまり聞かなくなった様に...ルポルタージュ・損害調査員その2【免許・資格の欠落】

  • 福岡・一方に一時停止のある交差路路での出合い頭事故

    福岡・一方に一時停止のある交差路路での出合い頭事故よくある交差点の出合い頭事故なのだが、おそらく軽4後続車のドライブレコーダーの動画が付けれているので、何度か繰り返し見た。この事故、裁判所が関わった「判例タイムス」の類型に当てはめると、一時停止完全無視の軽4が80-90%、バスが10-20%過失となるとされるのだが・・・。しかし、軽4は一時停止標識を見落としたのかまったく減速もしないで、交差点に入りバスが至近に近づいたところでブレーランプが点灯している。それに対し、バスは交差点内で止まれる速度(制動距離が交差点入口至近から停止が出口至近なので6.0mとすると時速32km/h)で走行しており、多数の乗員の負傷を考えると急制動をなるべくしたくないのが当然のバスの雲梯者の思いだろう。こんな事故状況が見て取れる事...福岡・一方に一時停止のある交差路路での出合い頭事故

  • ルポルタージュ・損害調査員 その1【アフロス】

    ルポルタージュ・損害調査員その1【アフロス】損害保険の収入保険料(収保)は約60%程が自動車保険であると云われている。これが、昭和30年(1955)代前半まで、未だ庶民が自家用車を持てる時代でなく、現在のいい手損害保険会社名が○○海上火災とか付されている様に、損害保険の収保は自動車は極少なく、海上船舶保険と火災保険に大きな比率があった。ところが、昭和30年代後半以降に至り、正にモーターリゼーションという名で日本の自動車保有台数はうなぎ登りに上昇し、それに伴い自動車事故も著しく増え、年間死者が昭和45年には年間死者が16千名を超える事態に至った。つまり、自動車の事故率は、そもそも船舶とか火災保険に比べると事故率が桁違いに高いところに来て、その保有台数が著しく増加したのでこの様な事態になり、各損害保険会社も自...ルポルタージュ・損害調査員その1【アフロス】

  • 日産アリア製品販売の遅れ

    日産アリア製品販売の遅れ日産アリアだが、日産のリーフに次ぐ、全EV車SUV車だが、一部車種の販売が開始されてはいる様だが、生産は予定より大幅に遅れているいる様だ。報道では例によって半導体製品の供給遅延によると説明されているが、それだけが本当なのか、いささか疑念をいだきつつ見ている。過去の事例を見てみると、テスラが当初のモデルSの次作として大幅な安価量産モデルとして、モデル3およびモデルYの製品立ち上がりで、約1年程の量産立ち上がりが遅延したが、これはコロナ病変以前で、半導体不足ではなかった。どうやら量産システムのプロダクション部門での問題が大きかった様だ。しかし、最近知ったのだが、テスラのボデーの作り方は、内板骨格にアルミ部材を大幅に採用しているのだが、従来はアルミ材としてプレス加工品が主であり、そのジョ...日産アリア製品販売の遅れ

  • 鍛造と転造

    鍛造と転造鍛造(英語でForging)とは、金属材料加工法のひとつで、切断された炭素鋼などの金属材料を加熱したり、または、加熱しない常温のまま、打撃したり加圧力を繰り返し与えたりの塑性加工を繰り返し、素材の目的の形状に近づけるものだ。ここに記した様に過熱して熱間でおこなうものと、常温で行う冷間鍛造に区分されると共に、自由鍛造という特別型がなく、素材を大まかに目的に形状を包含する様な形状に持っていくものと、鍛造用の専用型を使用し、目的の型に成型して行く型鍛造という二種がある。鍛造と聞くと、古来から生産されてきた日本刀がもっとも古い鍛造製品なのだ。この素材に使う鉄も現在の様に鉄鉱石から作られる鉄ではなく、河などで採取される砂鉄を集めて、それを「たたら」という薪を焚いてふいごで火力を調節しながら丸一昼夜の操業を...鍛造と転造

  • 嘱託鑑定事例(吉川鑑定の刑事事件ルポ)

    嘱託鑑定事例(吉川鑑定の刑事事件ルポ)世には様々な専門分野の学識経験者たる専門家に主に訴訟事案などで、事件当事者が自らの正当性を立証もしくは補強するために、当事者本人とか関わる弁護士を経由して鑑定書もしくは意見書としての提出を求められる場合がある。また、警察など捜査機関や訴訟になってから、被告弁護士から裁判官への要請や、裁判官自らの判断で必用を感じ鑑定人を指定してなされるものを嘱託鑑定と呼んでいる様だ。今回紹介するのは、前にも下記の事例で紹介した吉川泰輔氏による鑑定だが、ある地方裁判所からの依頼による嘱託鑑定の案件だ。1.事件当時の報道と主な事件状況2002年12月某日午前、○○市で警察の追跡を受けて逃走していた盗難車が歩行者をひき逃げし、死亡させるという事故を起こした。このクルマはその30分後に警察の検...嘱託鑑定事例(吉川鑑定の刑事事件ルポ)

  • 指数の疑問 その11【これからどうして是正して行くか】

    指数の疑問その11【これからどうして是正して行くか】過日報告した指数と米ミッチェル工数との比較表で、予想を超えた工数の乖離が生じている問題が把握された。これはある意味、元損保調査員として指数はある意味正当な科学的な数値だという意識を持っていたのでショッキングなことでもあった。また、従前の様々な工数策定とか過去に触れ合って来た指数策定に関与してこられた方々との触れ合いを通じて得られた教えというのが、様々な工数策定に関する論理条件を改めて知ると、かなりの欠落したもしくは知識不足の上でなされた所業があったと回想せざるをえないのだ。ただし、これら方々が恣意的もしくは作為的に意図してその様なことをしたとまでは思ってはいない。つまるところは、デモクラシー社会においては、説明責任だとかそれなりの論拠がある意見があれば、...指数の疑問その11【これからどうして是正して行くか】

  • 虹の記憶

    虹の記憶ここでは、この20年ぐらいの間に見てきた「虹」で、たまたまPC内の写真に記録されていた事例4つを紹介してみたい。1.安城市の当時の赴任先居宅にて2004/9/302.安城市の立会先修理工場にて2005年月日不明3.沼津市自宅にて2008/8/194.沼津市西浦の海外線道路沿いにてAM7頃2018/10/14#虹の風景虹の記憶

  • 損保会社内で云う「接近事故」とは

    損保会社内で云う「接近事故」とは元損保調査員として、ルポルタージュ的な内容を過去にも記して来たのだが、今回は損保業界内でいう「接近事故」について記してみたい。この接近事故とは、保険の新規加入とか担保種目追加(例えば車両を付保していなかったのを追加など)、車両入替などの端緒から比較的日数を経ていないで事故が報告される事故のことを指し、保険会社により多少の取り扱いは異なるが接近事故要件に当てはまると、接近事故のスタンプが事故受付票に付されると共に、あらゆる調査項目に注意を払うということになっている。この保険契約の加入や変更などなどの端緒から事故日までどの程度までが接近事故になるのかは、取り扱う保険会社により多少異なるだろうが、一般には14日(2週間)~30日(1月)程度の場合が多かろうと思う。つまり、同じく保...損保会社内で云う「接近事故」とは

  • ダイカストの最新技術 その2

    ダイカストの最新技術その2先日、現在日本でもトップクラスの最大クラス(型締力)のダイカストマシン製造メーカーである芝浦機械(本社沼津市)の方と若干話す機会があったことと、それを基に「ダイカスト最新技術」のことを記したのだが、聞いた内容を含め関連情報と共に記してみたい。ダイカストとは、金型内の空間(キャビティ)に高圧溶湯(アルミなど)を短時間で注入することで、高サイクルで製品を作る記述なのだが、どうしても溶湯が充分廻り切れない欠陥が複雑形状製品ほど生じてしまうという問題があるとのことだ。この湯廻り不良をなるべく改善するために、注入圧力を高めると共に、金型の随所に様々な工夫が凝らさている、代表的な例では、キャビティの末端部には、故意に本来成型型とは別の湯溜まりという空間を作ることで、内部の空気をオーバーフロー...ダイカストの最新技術その2

  • 【書評】冤罪弁護士(今村核著)

    【書評】冤罪弁護士(今村核著)拙人はルポルタージュ(仏語)というジャンルは読み物として好きなジャンルと意識している。だから、図書館を訪れる時は、リポルタージュのジャンルの書棚を見廻し、自分の関心ある仕事だとか経験の本を抜き出し読むことが多い。今回の書評に上げた「冤罪弁護士」がルポルタージュの書棚に分類されていた訳ではないが、一読して思うのは、著者が弁護士活動をやってきて、冤罪事件を無罪として勝ち取ってきた、正にルポルタージュとしてのエッセンスに満ち溢れた本というのが読後感だ。【著者略歴】今村核(いまむらかく)略歴1962年生まれ(60才)1992年(39)で弁護士登録旬報法律事務所所属(弁護士29名)https://junpo.org/つまり、過去の担当することになった刑事事件の弁護事案で、当初の当番弁護...【書評】冤罪弁護士(今村核著)

  • 中央道下りで道路左側のガードレール外に事故車がの不思議

    中央道下りで道路左側のガードレール外に事故車がの不思議これは昨日(6/10)の事故として報じられた動画なのだが、中央道下り石川PA手前2km付近の事故だが、事故車が進行方向左側のガードレール外側にあるという不思議を感じる事故だ。報道では、そんな不思議など一切伝えていないのだが、事故車(ベンツCLS?)の停止位置より数十m手前の中央分離帯のガードレールに衝突により生じた曲損があり、まずここに衝突してバウンスして、外側線外のガードレール側に移動したことだけが伝えられている。拙人の一般的な知見としては、一般的に高速道路の中央分離帯とか外側線外のガードレールやガードロープは、ほぼ切れ目なく連続しているのが当たり前という意識がある。とすれば、中央分離帯に衝突してから該当ベンツは飛翔して外側線ガードレールを飛び越した...中央道下りで道路左側のガードレール外に事故車がの不思議

  • 改めて90年バブルショック以来の時代の変容を思う

    改めて90年バブルショック以来の時代の変容を思うこれは従前も掲載した自動車保有台数の年度別、車種別推移を示した表とグラフなのだが、今回は総台数より「貨物車」(トラック)の推移に注目して欲しい。貨物車がピークとなるのは1992年でおよそ2100万台だ。その後減り続け、2014年以降は1400万台程度で安定化している。つまりピークの66%程度まで減って安定化したということだ。つまり大まかに云えば、貨物車市場は往時の1/3が失われ2/3の市場となりほぼ頭打ちになったという訳だ。これは何を示すかと云えば、主に企業が総需要の低減から利益を確保するために設備投資を抑制したことに他ならないからと思える。なお、この間に物流量が2/3になったかと云えば、例えば今まで最大積載量20トンだったのが25トンまで許容されたり、運送...改めて90年バブルショック以来の時代の変容を思う

  • 首都直下地震で死者6100人!・そんなバカな!

    首都直下地震で死者6100人!・そんなバカな!下記の報を読んで、相も変わらず狂った行政発表とかメディアのミスリードが目立つなあという思いをいだく。報によれば、東京都の防災会議が「首都直下地震」等が起きた場合の、都の「被害想定」を5月25日発表したという。これによれば、最も被害が出ると想定されたのは「都心南部直下地震」。その名の通り、都心の南部を震源とし、マグニチュードは7.3。空気が乾燥し、火を使う器具の利用が多いことが見込まれる冬の夕方、風速8メートル/秒の条件でこれが発生した場合、死者は6148人、負傷者は約9万3千人、避難者は約299万人、帰宅困難者が約453万人出るとしている。被害を受ける建物は約19万4千棟だ。死者が6千余名とか負傷者が10万弱とか、誰がどう考えてもあり得ない見積だろう。こういう...首都直下地震で死者6100人!・そんなバカな!

  • 刑罰・懲役と禁錮の違い・拘禁刑に1本化に法令改定

    刑罰・懲役と禁錮の違い・拘禁刑に1本化に法令改定刑事裁判によって下される刑罰には、懲役と禁錮の二種がある。どちらも刑務所という環境内に閉じ込められ、行動の自由を奪われるのは変わらないが、懲役刑では所内労働があるのに対し、交通事故などの過失事案罪では、禁錮刑として労働は伴わないという違いだ。今次の刑法改正案は、作業を伴う従来の懲役刑を止め、どちらも作業を伴わない拘禁刑という名(実質的な禁錮刑)に一本化すると云う内容だ。ただ、この報にある記述で、この目的が作業が伴う懲役刑だから、充分な再犯防止教育ができなくて再犯率が高まった(驚くべきことに2020年で49.1%再犯率)だと云うが、何処まで再犯防止教育の効果があるのか疑問な点を感じるところだ。なお、私見だが、現在の日本は極刑としての死刑を止める気振はないが、欧...刑罰・懲役と禁錮の違い・拘禁刑に1本化に法令改定

  • 積み荷 鉄筋鋼材が対向車に接触事故

    積み荷鉄筋鋼材が対向車に接触事故昨日(6/8)の報だが、今年3月の東京都足立区の大型トラックが道路左側の信号柱などに衝突する事故だが、当初大型トラックの単独事故として扱われていたが、その後の捜査で対向車の2トンダンプに積まれていた長尺鉄筋の束が斜めに対向車線にはみ出しており、これが主因と判明して、対向車線の2トンダンプの運転車を書類送検したと報じている。この事故報道では、大型トラックの運転手は、鉄筋が右肩を貫通する重傷を負っており、これを不自然として捜査した結果、付近の監視カメラの画像から、この対向車線の鉄筋のはみ出しの事実が判明したと思える。この件は、警視庁の交通隊の極めて適切かつ地道な捜査が目立つ事故であると感じるところだ。おそらく、書類送検されたと云うことだが、検察は重傷事故として起訴すると想像でき...積み荷鉄筋鋼材が対向車に接触事故

  • 指数の疑問その8【損保と修理実施者との意見の相違】

    指数の疑問その8【損保と修理実施者との意見の相違】このことは指数に関わらず、修理の実施者となる自整BP工場側では、修理費の支払い側となる損保に対し、修理費の値下げもしくは払いしぶりがあるのではないかという意見が日本においてもあるが、同様意見は諸外国でも相当にある様だ。このことは、昨日記したミッチェルの工数表を見ていくと、例えば以下の様な記述があることでも頷ける。➀パネルの部分カット取替に際する注意■重要事項■■■パネルの部分的切除による修理は、自動車メーカーによっては推奨されていない場合があります。このような修理手順は、車両の正常機能を損なわずに作業できる、資格を有する知識豊かな整備士が確認した場合にのみ実施するようにしてください。②ガラス周辺パネルの取替の際に記されている注意■重要事項■■■インナーパネ...指数の疑問その8【損保と修理実施者との意見の相違】

  • 指数の疑問その7(米ミッチェル工数との対比考察)

    指数の疑問その7(米ミッチェル工数との対比考察)損保指数については、日本の場合損保の運営指導が良かったのかどうか、BP作業の主に脱着もしくは取替作業については実態上かなり普及がなされている。ただし、国産小型車車のみの普及であり、輸入車でも一部指数は作られている様だが普及には至っていない。なお、中・大型車などの車体整備については、主にキャブ(運転台)が中心となるが全大協(全国大型自動車整備工場経営協議会)工数というのがあり利用されている様だ。なお、メカニカル関係については、これも大型車は除くが、日整連の点数表というのが作成されており、ご利用の工場も多いのではないだろうか。さて、従前のその5で、指数値は実態に合っているのという疑問】のことを触れた。また、その5では、指数策定の手法として、海外の類似の工数策定機...指数の疑問その7(米ミッチェル工数との対比考察)

  • テスラ今度はファントムブレーキで苦情多発

    テスラ今度はファントムブレーキで苦情多発この報の「ファントムブレーキ」とは”ファントム”(phantom)とは、幻影、まぼろし、亡霊とかいう意味だが、半自動運転で走行中に、運転者が予期しない突然の急制動が掛かるということを指している様だ。これが、いつそうなるのか、何がきっかけで起こるのか判らないことから、ファントムという名称を付けたのだろう。今回の報はテスラ車で、700件を超える苦情で、米当局(NHTSA)はテスラに報告を求めているという。実のところ、この衝突被害軽減ブレーキ(略称自動ブレーキ)だが、既に20年近く前のクルマから装備し始めているのだが、当初は結構起きていたことをウワサとして聞いていた。どんな状況かと幾つか聞いたのが2、3記してみると以下の様な案件だ。①地下駐車場へ下りスロープを降りて進行し...テスラ今度はファントムブレーキで苦情多発

  • 日本の冤罪事件はさらに増える要素が多分にある

    日本の冤罪事件はさらに増える要素が多分にある法治国家として、刑法で定めた法(おきて)の元に裁いて、断罪することは、国家の秩序維持上から絶体に必用なことを疑う者はいない。これがなされないとしたら、国家や組織は、疲弊荒廃するのは当然として、幾らモラルを訴えたところで、正直者がバカを見る世界になることは確かだからだ。ただし、冤罪としての裁きはあってはならない。特に国家の裁きにおいては、その捜査機関(警察や検察)の捜査権限の強大さとか、裁判所は極刑としての人の死を命じることや無期懲役までの、正に人生を終わらせる刑までを合法的に国家権力として行うことができるからだ。また、冤罪事件には、➀被疑者が当初から一貫して否認している場合、②捜査段階で一旦認め裁判になってから否認に転じる場合、③捜査段階および裁判でも認めていた...日本の冤罪事件はさらに増える要素が多分にある

  • 近未来の乗用車

    近未来の乗用車昨日ダイカスト製品のことを記して、現在のエンジンとかトランスミション、これはEVになってもモーターとかリダクションギヤのケースは同様だと想像するが、ダイカスト製品になる方向なのだ。そして、恐るべきはテスラの野望は、単にEVカーと作るという前提よりもっと大きな野心を持っていることが判り、ある意味で驚きを感じる。この写真を見てくれた自整BP業の方なら、これが衝突して潰れるというより割れたのを修理できる訳もないことを理解できるだろう。こうなると、車体骨格が変形した場合、一般の自製BP業がまったく不可能とまでは思わないが、手間暇や部品代を考慮すると、とても修理の受託に結び付かないことになると思える。#テスラの野望はEVや自動運転だけにあらず#車体の作り方を変える近未来の乗用車

  • あじさい巡り

    アジサイ巡り過去記事ですが紹介します。https://blog.goo.ne.jp/wiseman410/e/85410c074a7a66357d431ec6fc4025b6あじさい巡り

  • 東名あおり石橋被告の「おかしい」発言に思う その2

    東名あおり石橋被告の「おかしい」発言に思うその2拙人は元損害調査調査員(アジャスターと呼ばれる)だが、決して見積屋の意識ではない。つまり、業務範囲を事故車の確認という損害額だけで眺めて来た訳でなく、事故の原因とか、過失割合、そもそもこの事故は起こり得るのか?という事故そのもの全般を眺める視点で活動して来た。そういう視点で、若干物理の公式も使用しながら、石橋被告が後続車を煽って停止させた後、後続の大型トラックが追突する場合の、大型トラックの物理公式から検討してみたいと思う。車両の急制動における制動停止距離の公式は以下が該当する。V(速度m/s)=√2・μ・g・s※速度はkm/hをm/secに変換する、μは路面とタイヤの摩擦係数一般に舗装ドライ路面で0.7-0.8、gは重力加速度(9.8m/s^2)、sは制動...東名あおり石橋被告の「おかしい」発言に思うその2

  • 裁判員制度と裁判のこと

    裁判員制度と裁判のこと裁判員制度化が開始されて、既に10年程経ているのか、この間に実際に裁判員に選任されて参加された方も多いと思うのだが、Netなどにその様子などがほとんど少ない。これについては、裁判員は、守秘義務が課されており、違反すると刑法犯であり、罰金刑などまでがあると云うこともあるのだろが、何から何までダメという守秘義務ではなく、評決の内容とか自分はこう思ったのに判決はこうなったみたいな自己意見との乖離を記してはいけないということの様だ。この守秘義務は正式裁判官にもあるが、ただ正式裁判官は、義務はあるが罰則規定はないと云うことらしい。正式裁判官の守秘義務違反としては、清水事件(袴田事件・一度死刑判決で未だ控訴中)の一審裁判官だった方が、私は異論として無罪を主張したが、3名の裁判官による評決としてそ...裁判員制度と裁判のこと

  • ダイカストの最新技術

    ダイカストの最新技術ダイカスト(キャスト)という技術は、鋳造の一種で溶融金属を鋳型の空間(キャビティと呼ぶ)内に注入して冷間硬化させ、製品を取り出す点では、昔からとか現在でも鉄製品など溶融温度が高い金属では使われている砂型鋳造という技術を、砂型の場合は毎回砂型を壊して取り出すのだが、ダイカストでは砂型ではなく精密金型を使用し、溶融金属の注入も極めて高圧で行うと云う違いがある。このことは、製品のサイクルタイムが極めて速いことや全自動化が図れるとか、寸法精度が高く、製品表面波だが美しいなど利点が多く、現代のマスプロダクション製品の金属製品には数多く使用される。一方、金属ほどの応力は不要で、しかも軽くて安価な成型品には、射出成型という工法が多用されている。この代表例が、プラモデルというのがあるが、組み立て前のプ...ダイカストの最新技術

  • 東名あおり石橋被告の「おかしい」発言に思う

    東名あおり石橋被告の「おかしい」発言に思うこの事件、ヤフコメなどを見ていると、石橋被告が「おかしい」というのを、「お前がおかしい」程度ならいいが、そもそも懲役18年は軽すぎる、無期懲役が相当だと、世論は正にもっと強い厳罰を求めているのが判り、ちょっと異常な心理が働いていると感じる。拙人は法律の専門家ではないが、長年交通事故の過失割合など実務に携わって来たのだが、今回事故における2名死亡の責任のすべてを石橋被告に求めるのは、従来の一般的な道交法判例から考えておかしい様に思えてならない。すなわち、被告も弁護士も主張したそうだが、後続から追突せしめて被害者夫婦および石橋被告にも負傷を与えた大型トラックの運転手が、遅滞なく安全運転の義務の限りを尽くしていたと云うことがなおざりにされたまま、本判決を下されたことは本...東名あおり石橋被告の「おかしい」発言に思う

  • 伊勢湾岸道・キャリアカーがまた炎上 6/6

    伊勢湾岸道・キャリアカーがまた炎上6/6キャリアカーが”また”炎上と記したのは、下記リンクに記録した記事があるが、2020年10月29日に奈良の国道で、そして同年10/31も同じく伊勢湾岸道で6台積みのキャリアカーが炎上事故を生じていることを知っている故のことからだ。今回添付写真は報道動画から切り取った画像を3枚載せるが、何れも消防隊が到着し放水して消火活動を行っているところだ。そこで、もっと以前のなるべく出火直後の画像はないかとツイッターで探したところ、”チム@残念さん@nanairo6260”という方が投稿した未だ消防隊が来る前の写真を1枚見つけたので、4枚目の写真として転載させて戴いた。このツイッター投稿写真を見ると、火災は既に相当の火勢になっているし、気付いた運転手がトラクタへの延焼を防止するため...伊勢湾岸道・キャリアカーがまた炎上6/6

  • 静岡県東部でオレオレ詐欺が目立つと云うこと

    静岡県東部でオレオレ詐欺が目立つと云うことこのところ市の広報とか呼びかけで、静岡県でも特に東部地区のオレオレ詐欺被害などが増えているとの情報がある。以下記事を参照。そんなことも含め、静岡県警のHPから静岡県の犯罪というデータを概観してみたのが添付の2つの表だ。1つめの表は、犯罪の大区分した時の県内各警察署毎の犯罪認知件数表だ。静岡県は東西に広く、東、中、西と3区分で語られることが多い。この区分の中で、オレオレ詐欺など、詐欺犯罪は「知能犯」に区分されている様だ。これから見ると、特に知能犯が多いといういう携行が顕著に表れているとは見えない。2つめの表では、特殊詐欺に類する犯罪速報をR2年からR4年4月までを集計したものだが、各年合計は大差ないが、年計を見てもらえば判るがR2年と比べR3年は、オレオレ詐欺は2倍...静岡県東部でオレオレ詐欺が目立つと云うこと

  • 東名あおり・石橋に再度懲役18年の判決下るに思う

    東名あおり・石橋に再度懲役18年の判決下るに思う本日(6/6)午前中に横浜地裁で、東名あおり運転事故の石橋被告の差し戻し裁判の判決が言い渡されたそうだ。判決は検察の求刑通り懲役18年だ。この裁判について、過去から何度か記しているが、まずは石橋を擁護しようと云う思いはないが、この裁判は異様に感じている。そもそも、高速道路本線上で停止させる行為が極めて危険な行為であることは確かだが、事故とか故障で止まらざるを得ないケースは多々あると思える。その場合、後方から走行してきて車両の責任が直ちに否定されるとはおよそ考えられない。停止してから後続車に衝突を受けるまでの時間や、後続車が遅滞なくブレーキを踏む回避処置を取ったかどうかという点で、相当程度後続車の過失が問題にされるケースが多いと思える。しかるに、検察段階で後続...東名あおり・石橋に再度懲役18年の判決下るに思う

  • 226事件ドキュメント

    226事件ドキュメントたまたまYoutubeで「全貌226事件」と称された過去のNHKBSでの録画があり、断続的に関心深く眺めた。予備的知識としては226事件が、陸軍の青年将校が舞台を動かし、天皇中心の軍事国家樹立を目指した一種のクーデターとされている事件で、この事件の7年後に真珠湾奇襲攻撃に踏み切るなど、日本の軍部独走が強まった事件だということ程度は知っていた。本ドキュメントは、本反乱を起こしたのは陸軍将校だが、本事件を明細に記録した海軍機密文書が見つかったということで、そこに一定の驚きはあったが、軍隊ともなれば、情報戦としての機能は欠かせないから、特別の不思議さと云うものはない。それより、本ドキュメントの最終章で、この海軍秘録の中に、事件の7日前に、ほぼ事件のあらましや首謀者名までが特定されていたのに...226事件ドキュメント

  • 整備白書R3年より その6【自整業将来はどうなるのか】

    整備白書R3年よりその6【自整業将来はどうなるのか】前回、「自整行の様々な限界」とのことで記したが、「いったいこの業界はこれから先どうなるのか?」というのが関心持たれる内容だろうと思うので、この辺りを中心に記してみたい。ただし、この記述は拙人の知りうるところの個人的見解に過ぎないというところは承知願いたい。1.保有台数の推移保有台数の車種別推移表と対応するグラフを添付1として示す。この表に見る通り、1966年から正にモータリゼーションと云われる通り、一方的に保有台数は急成長してきたのだが、グラフで判る通り上昇率は90年のバブル崩壊で鈍化し、2007年ぐらいからさらに上昇率は鈍化したことが判る。これが、巷云われる失われた20年とか中には30年と云われる日本の成長というか、GDPという指標は伸びているのだが、...整備白書R3年よりその6【自整業将来はどうなるのか】

  • 指数の疑問 その5【指数値は実態に合っているのという疑問】

    指数の疑問その5【指数値は実態に合っているのという疑問】今回は数値そのものに内在すると思われる問題について、記してみようと思う。端的に云って、拙人は十数年前まで損保調査員として従事ており、現在も自整BP業社と触れ合い続けているが、指数値が実情に合わないのではないか、何故この指数値が決められたのかという諸問題は、指数策定項目のすべてではないが、存在することを認識し続けている。この問題のすべてが自整BP業の思考が正しいとまでは思っていないが、損保調査員だった頃から、指数策定を行っている自研センターという組織の諸データの開示不足にも原因はあるのではないかという疑念は持ち続けていたのだった。そんな中、現業当時は、データ開示の不十分さはあるものの、自研センターに質して、こういう前提条件だとか、そもそも標準的な工数と...指数の疑問その5【指数値は実態に合っているのという疑問】

  • 整備白書R3年より その5 この業界の様々な限界

    整備白書R3年よりその5この業界の様々な限界整備白書をR2年およびR3年と見てきて思うのは、この業界の様々な限界が見えるということがある。整備白書によれば、R2年およびR3年で大局的は大きな差異はないのだが、年間総売上で5兆5千5百億円と、単一の業種としては、それなりの売上額を上げている。しかし、そこに関わる総従業員数は545千名(工員+間接員含む)ということは、1名当り売上を計算すると約1千万円(555億/545千)となる。【添付:自整業の概要参照】また、同じく整備白書で集計されている【年間整備売上高と原価を添付】するが、ここでは系維持事業形態(専業、ディーラーなど)別に売上と、部品および外注費を原価として集計されているのだが、この表を見ていて判ることだが、整備売上総額-部品外注原価が工賃売上として集計...整備白書R3年よりその5この業界の様々な限界

  • ひょう害損害について

    ひょう害損害について6月2日、3日と、東京郊外、千葉、埼玉、宇都宮、群馬、宮城などの一部地域で天候の急変と共に雹(ひょう)が降ったとのことだ。この雹だが、大きさは数ミリから直径2cmや3cmという場合もあり、大きいものが当たると、人体でも負傷する場合があり得る。それと、走行中の車両の場合は、得てして垂直に当たると云うより、斜めに弾き飛ばされるのと、比較的早期に雹を降らす雷雲を抜け出るので、さほど被害がでたという話しは聞かないが、駐車中のクルマの場合、主に水平面となるボンネットやルーフパネルがボコボコに凹みだらけになる場合がある。また、ガラスが割れる場合は案外少ないのだが、フロントガラスなどは、合わせガラスでかつ生板ガラスを使用しており、割れるケースもあるだろう。この場合も、急傾斜したフロントガラスほど、そ...ひょう害損害について

  • 千葉・バス火災報 6/2

    千葉・バス火災報6/2この情報は、マスメディアに報じられておらず、発生場所は地番県としか判らないが、国土交通省自動車局が監修しているメールマガジン「事業用自動車安全通信」第660号(R4.6.3)にて報じられている以下内容として書き留めておきたい。乗合バスの火災事故6月2日(木)午前11時40分頃、千葉県のバス事業者の待機所において、同県に営業所を置く乗合バスの運転者がDPFの手動再生を行っていた際、エンジンが停止したため再始動を数回試みていたところ、車両後方のエンジンルームから出火した。出火後、当該バス運転者は、消防に通報し、消火活動を行い、火災はその後駆けつけた消防の消火作業により鎮火した。なお、当該バスに乗客はおらず、ケガ人はなかった。補足損害の程度は不明であるが、全焼するまでには至っていない様にも...千葉・バス火災報6/2

  • トヨタPDA装備車で速くもリコール

    トヨタPDA装備車で速くもリコール6/3リコール公示によると、トヨタのノア・ボクシーの新型(ZWR9#系)で、今回知ったのだがPDA(プロアクティブドライビングアシスト)装備車というのがあるそうだが、それについてブレーキ制御が完全に開放されないままになって、いわゆるブレーキ引きずりの状態でブレーキ過熱から最悪車両火災になるというリコールだ。対象車両は、新型ノア、ボクシーのR3年12月~R4年5月まで製作の19千台弱で、不具合認知件数(あくまでメーカーが認知した件数)は8件あると云う。このPDAだが、衝突被害軽減ブレーキの機能も含んでいるのだが、その機能を拡大したものの様だ。衝突被害軽減ブレーキの場合は、ここままではぶつかると認知すると警告音を発し、速やかにブレーキを踏むなりして減速しない場合、自動でブレー...トヨタPDA装備車で速くもリコール

  • 稼働率が与えるレートへの効果

    稼働率が与えるレートへの効果先日(6/1)の記事で「レバーレートを損保が決める」で記したが、整備工場の思考として、損保と巧く付き合って行こうという思考を一概に否定するものではないが、自己の立場に立脚した論理的な思考を十分保持している必用があると思える。そんな中思うことが、賃金センサスなどの官公庁資料から採用される消費者物価指数と稼働率の2つの変動要素について考え方を記してみたい。1.消費者物価指数とかく損保主導の計算だとかでは、昨年のレバーレートが良しとして、消費者物価指数がどうだから今年はこの値みたいな論があるが、これには大きな問題が内在すると思っている。と云うのは、レバーレートは、基本は以下の算式で計算される。レバーレート=(年間もしくは一定期間の)工賃総原価(直接工員1名当り平均)/(年間もしくは一...稼働率が与えるレートへの効果

  • セルフGSで携行缶に給油出火

    セルフGSで携行缶に給油出火セルフスタンドで携行缶へのユーザー自身での給油は法令で禁止されているが、それを行い出火したという事件だ。ただ、この出火の主因は、軽トラ荷台に厚手のゴムシートが敷いてあり、その上に携行缶が乗っていたと云うとことが出火の原因となったことが読み取れる。すなわり、ゴムシートで車体と完全に絶縁されており、ゴムシートに帯電した電荷が溜められて携行缶に集中しており、それが給油ノズルを近づけたところでスパークして点火したということなのだろう。従って、もしスタンド店員が、同じ状況で行っても着火したと思える。怖い現象で、注意する必要があると思える。----------------------------------------------------法律で禁じられる…ガソリンスタンドで79歳の男性...セルフGSで携行缶に給油出火

  • 熱海市伊豆山の土石流災害・旧土地所有者に措置命令

    熱海市伊豆山の土石流災害・旧土地所有者に措置命令Net記事で知るが、新聞記事で昨年生じた熱海市伊豆山の土石流災害で、そもそも残土を捨てていたとされる旧土地所有者(新幹線ビルディング・小田原市・休眠中)に、安全対策の措置命令が出されていたと報じている様だ。この問題は、現土地所有者でなく、旧土地所有者に措置命令を出すという不思議も感じるところだが、そもそも残土を捨てていたのは、旧所有者だったというところから生じていることと、この措置命令は土石流発生以前の9年、11年に熱海市で措置命令の発令を検討していたことがある様だ。ただし、報道によると親所有者に転売後も、残土の投棄は続いていたとの話しもあり、旧所有者だけに措置命令を出すというのも不思議には感じるとことだ。なお、本件問題は、そもそも旧所有者が熱海市に認可を取...熱海市伊豆山の土石流災害・旧土地所有者に措置命令

  • 法曹関係者の犯罪

    法曹関係者の犯罪家庭裁判所(もしくは高等裁判所)において、各種事実関係の調査を行うのが家裁調査官という職種であることを今回知った。今回報じられている前橋地裁の裁判結審は、この元家裁調査官が職権から知った関係者の住所を把握し、盗撮目的で家宅侵入を繰り返していたとされる事件だ。本犯罪は、法曹関係者として社会の信用を落とす許されざるものと思うところだ。ただ、記事の最後で、弁護側は、被告は職場や家庭のストレスで精神的に追い詰められていたとして執行猶予付き判決を求めたとか記してある。しかし、世の仕事にストレスの大小はあるのだろうが、およそストレスのない事後とはあり得ず、それをこういう性犯罪的な要素に結び付ける根拠などまるでなく、およそ理由にならない失当した理由付けで、如何にもこの担当弁護士の能力欠如なのかやる気のな...法曹関係者の犯罪

  • ジアコーサドライブとイシゴニスドライブとの違い

    ジアコーサドライブとイシゴニスドライブとの違い前にも記したことがあるが、日本の車両部品等も多く出品されている某ネットオークションは、その出品写真を見ることで、過去の知識を実物として目にする機会を持てて勉強になるケースが多々ある。今回見た、元祖ミニ(クラシックミニ)のエンジンとトランスミッションの配置が良く判る出品だが、エンジンがあって、その真下にトランスミッションがあり、後部中央にトランスミッションのアウトプットとしてファイナルギヤ(デフ内蔵)が飛び出して、左右のドライブシャフト嵌合部があるという構造が良く判る写真を興味深く見た。元祖ミニは、未だFRとかRRが多い時代の中にあって、一時ホンダが提唱していたMM(マンマキシマム、メカメニマム)を最大限追求する中で、メカニカルデザイナーたるアレック・イシゴニス...ジアコーサドライブとイシゴニスドライブとの違い

  • 福岡・最新型ベンツ(S580)でクリニック玄関に突っ込む事故

    福岡・最新型ベンツ(S580)でクリニック玄関に突っ込む事故報道写真を見ると、どうやら最新型のベンツSクラス(S580)だと判る。余程の富裕層だろうが、例によって報道の論調は高齢だから・・・、ペダルの踏み間違いで・・・てな論調だ。ただ高齢と云えども、運転車は67才と記してあり、個人差は大きいのだろうが一概に高齢者と決め付ける年齢層ではない様に思える。そもそも、日本は人口が高齢にシフトしており高齢者の事故が増えているのは確かだが、それでも事故の全体から見れば、若年齢の安全運転を無視した行動による事故の方が多いし、その1事故の大きさも酷い場合が多い。それと、今回の最新型ベンツ(W223)は、ちょっと調べて見ると2020年9月の発表で日本での販売は2021年1月28日から開始されたとある。てなことを知ると、この...福岡・最新型ベンツ(S580)でクリニック玄関に突っ込む事故

  • 東京国税省員ら7名を持続化給付金詐欺で逮捕

    東京国税省員ら7名を持続化給付金詐欺で逮捕数日前には三重県の一家で持続化給付金詐欺18千万摘発の報があり、昨年には通産若手官僚2名が関わる持続化給付金などの詐欺が摘発されている。この通産官僚については、昨年末に主犯の1名は実刑判決が下されている。この様な中にあり、今日の報では東京国税局の若手職員ら7名が摘発で、総額2億とか気してあるが、この国の官僚のモラルは相当に低下しているんじゃないかと思わざるを得ない。---------------------------------------東京国税局職員ら7人逮捕コロナ対策の給付金2億円を不正受給か朝日新聞大山稜2022年6月2日6時46分新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金をだまし取ったとして、警視庁が東京国税局職員、塚本晃平容疑者(24)=横浜市=ら男女...東京国税省員ら7名を持続化給付金詐欺で逮捕

  • 高知・新たな無罪主張裁判が結審・判決は7月13日

    高知・新たな無罪主張裁判が結審・判決は7月13日この報で知るが、2021年に高知県土佐市の郵便局で600万円強盗事件の犯人として、高知地裁で裁判が行われていたが、昨日(6/1)の検察の論告求刑懲役7年求刑で結審したという。被告人(32)は、裁判長から最後に何か云いたいことは問われ「僕は犯人ではないありません」と答えたという。この事件、詳細だとか証拠の内容は承知していないが、内容によっては新たな冤罪事件に発展する可能性があり注目すべきものだ。なお、高知県と聞けば真っ先に思い浮かぶのが、「高知白バイ事件」だ。小学校のスクールバスが路外レストラン駐車場から右折して片側2車線の国道へ出ようと、センターライン付近まで進入していたところへ、右方向から進行してきた白バイが激突して即死した事件だ。警察や検察の主張は、バスが時速...高知・新たな無罪主張裁判が結審・判決は7月13日

  • こりゃまた酷い詐欺・NHK子会社社員

    こりゃまた酷い詐欺・NHK子会社社員元NHK子会社社員が、旅行券を旅行社から詐欺って、ここ4年の間で18千万円の不正と記す報だ。新幹線などの乗者チケットで、幾ら4年とはいえ18千万にも登る金額になるのかと不思議に思い、幾つかのメディアを見たところ、朝日が一番突っ込んだ内容を記していた。購入の単位が桁違いで、一遍に100枚とかの単位で購入し、すかさず払い戻ししていたという。つまり1犯行で100万単位の詐欺を行っている訳だから、200回も行えば2億となる。しかし、これだけの金額を詐欺って、請求は会社宛に来ていたはずだろうが、見逃されていたと云うことは、このNHK子会社の経理管理は節穴というか、まるで管理ができていない。もっともコイツが庶務・経理担当で44ともなると課長職かもしれないので、それなりの決算時などの隠蔽工...こりゃまた酷い詐欺・NHK子会社社員

  • レバーレートを損保が決める?

    レバーレートを損保が決める?最近相談を受けた案件だが、ある整備BP工場がある損保から、レバーレート(対応単価と同じと考えて良いだろう)を6,500円でやってもらえないと協定できないと申し入れられたという。日頃強気なことを述べている工場だが、どうなんだろうと不安げに相談を受けるのだが・・・。ここで拙人の答えは、あのねその申し入れだが、強圧的なものなの、例えば「私共として考えるに、この地区の一般的な単価として、6,500円程度で行ってもらっているので、考慮してもらえる余地はありませんか?」てな申し入れなら判るが、「それでやってもらえないなら協定できませんから」みたいな云い方しているなら、今回添付の「H6年10月の公取委から損保が受けた警告を知っているのかと質す必用があるでしょ」てなことをまず述べた。その上で、過去運...レバーレートを損保が決める?

  • 整備白書R3年より その3 車両から見た日本の窮乏化

    整備白書R3年よりその3車両から見た日本の窮乏化今回は今年3月に発刊されたR3年整備白書から、世のマスゴミが云うんではなく拙人なりに注目したいEV普及率だとか、車齢の高齢化と云った、改めて日本の窮乏化を示すデータとして記してみたい。1.車種別の自動車保有数日本の車両保有台数が約8千2百万台であるところは良く知られた数値だが、近年この値は極微増しているに過ぎなく、今後の人口減、サブスク、ライドシェア、益々の低所得化という世の動きである時から人口減より急速度に減少する時代が将来来るだろうことは予測できるところだ。なお、この自動車保有台数は検査対象外の軽自動車などすべてを含んだ車両保有数だが、検査対象の軽自動車の保有台数は全国平均で約28%だが、地方に行くほど50%を越えている場合もあるのはご存じの通りだろう。2.登...整備白書R3年よりその3車両から見た日本の窮乏化

  • 岐阜・高速道で検診車から転落死亡

    岐阜・高速道で検診車から転落死亡この事故は、高速道路上において、健康診断車という特装車から、人が転落して死亡するというあまり聞いたことのない特異な事故として書き留めておきたい。この事故報だが、健康診断車という特装車なんで、どういう状況でドアが開いて人が外部に落下したのか想像もできない。つまり、事故を再現する状況がさっぱり想像もできない事案だ。報道動画で見ていると、開いて落下したとされるドアは、車両の左後部にあるのだが、このドアヒンジはドアの後部側にある。一般的にドアのヒンジは、昔は進行方向後部にあるものも多かったが、現在では圧倒的に前にある方が多い。これは、走行中に誤って開いた場合に、車両後部だと風圧により全開してしまうが、前側だと風圧で全開することなく安全性から好ましいとかあるのだろうが、特装車ではどうしても...岐阜・高速道で検診車から転落死亡

ブログリーダー」を活用して、wiseman410さんをフォローしませんか?

ハンドル名
wiseman410さん
ブログタイトル
私の思いと技術的覚え書き
フォロー
私の思いと技術的覚え書き

にほんブログ村 カテゴリー一覧

商用