searchカテゴリー選択
chevron_left

メインカテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

冠ゆきさんのプロフィール

住所
フランス
出身
兵庫県

日本を出て20年が過ぎました。 フランスのほか、ヨーロッパやアジアの複数国で暮らし培った視点を武器に、単なる観光情報の提供だけでなく、フランスという国をいろんな角度から切り取って紹介しています。 読み物として書いたものは『コラム』と名づけてあるので、読書気分のときにどうぞ。

ブログタイトル
地球の歩き方フランス・トゥルコアン特派員ブログ
ブログURL
https://tokuhain.arukikata.co.jp/tourcoing/
ブログ紹介文
フランスの北端より、フランス・ベルギーの旬情報や、歴史、民俗、文化に関する考察をお送りします。
更新頻度(1年)

26回 / 365日(平均0.5回/週)

ブログ村参加:2014/10/25

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、冠ゆきさんをフォローしませんか?

ハンドル名
冠ゆきさん
ブログタイトル
地球の歩き方フランス・トゥルコアン特派員ブログ
更新頻度
26回 / 365日(平均0.5回/週)
フォロー
地球の歩き方フランス・トゥルコアン特派員ブログ

冠ゆきさんの新着記事

1件〜30件

  • No.616フランス、外出時必須の証明書について変更!

    昨日外出時に携帯しなければならない証明書についてご案内しましたが、その後変更があったので、ここに改めて記します。...

  • No.615フランス北部ほか16県の再ロックダウンについて

    書くのも読むのも嬉しくないニュースですが、3月18日カステックス首相がフランスの三度目のロックダウンを発表しました。 3月のすみれ ©Kanmuri Yuki 理由は、なによりも感染拡大のスピードが上がっていること。実際、発表のあった18日には一...

  • No.614必見!パトリック・デュポンの『白鳥の湖』ネットで公開中

    今月3月5日パリ・オペラ座の元エトワール、パトリック・デュポン死去のニュースが流れ、バレエ界は悲嘆に暮れました。なんといってもまだ61歳と、訃報を聞くには早すぎる年齢。 パリ・オペラバスティーユ © Paris Tourist Office - P...

  • No.613家から訪れるフランス北部のミュージアム&展覧会

    パンデミックをきっかけに、世界各地の美術館や博物館がヴァーチャル見学を導入したニュースは何度か記事にしてきました。そのリストに、フランス北部から更にいくつかの美術館・博物館が加わりましたので、ここにお知らせします。 1) シャルル・ド=ゴール生家 ...

  • No.612フランス:週末ロックダウンと特別警戒地域20県

    ダンケルクは週末ロックダウン No.611で予告したように、フランス北部のダンケルクも感染者急増により、ニース同様今日から週末のロックダウンを行うことになりました。「ダンケルク」と書きはしましたが、厳密には範囲はもう少し大きく、周辺の自治体も合わせ...

  • No.611フランス:新型コロナ感染が急増している県はどこ?

    フランスの新型コロナウイルス感染状況についてはツイッターなどでお知らせしていますが、一言でいえば高止まりが続いている状況です。全国的な都市封鎖を何とか避けたい政府は、1月16日から、全国的に夕方18時から翌朝6時までの夜間外出禁止令を施行中です。 ...

  • No.610ダンケルクのカーニバル、今年はオンライン開催!

    フランス北部の港町ダンケルクとその周辺は、17世紀から続くカーニヴァルの伝統で知られる地域でもあります。 ダンケルクの海辺©KanmuriYuki カーニヴァルというのは、復活祭前の40日間(日曜を入れると46日間)にあたる四旬節に先立つ期間に行わ...

  • No.609ジブリの名作がフランスでタピスリーに!

    フランス地図のまん真ん中より少しだけ南に下りた場所にオービュッソンという人口3300人ほどの小さな町があります。ミシュランで有名なクレルモン・フェラン(Clermont-Ferrand)と、磁器で有名なリモージュ(Limoges)の丁度真ん中あたり...

  • No.608フランスを代表する駄菓子カランバール、品薄の危機!

    フランス人で食べたことがない人はいないのではないか?というお菓子にカランバール(Carambar)があります。「No111フランスの子どもはみんな大好き!Carambarの魅力」でも以前紹介しましたが、元祖は細長いミルクキャラメルという感じで、素朴...

  • No.607ベルギー:1月27日~3月1日まで必要不可欠でない国外移動を禁止

    フランス北部在住者にとっては、隣の国というよりも隣の町という感覚のベルギーですが、パンデミックにより、距離が遠くなってしまいました。 ベルギーとフランスを繋ぐ橋(手前がベルギー)© KanmuriYuki ・...

  • No.606フランス:リルーパリ間のローカル電車が復活!

    フランスの北リル(リール)がパリとTGV(高速鉄道)で結ばれたのは1993年のこと。両都市を1時間で結ぶTGVの開通は画期的なことでしたが、それ以来、リルとパリの鉄道は直通のTGVのみとなって"しまい"ました。当然ながら従来の鉄道と比べ運賃は高く、...

  • No.605仏エピファニーのお菓子ガレット・デ・ロワ

    1月6日は、カトリックではエピファニー(公現祭)と呼ばれる日にあたります。イエズス誕生のあと、東方の三博士が贈り物をもって訪れたとされる日です。(参照:「No.63公現祭(1月6日)のお菓子galette des rois」)キリスト教徒の多い国で...

  • No.603新型コロナの変異種:ブレグジット完了を前に孤立するイギリス

    ブレグジット後の移行期間が終わるまであと10日。No deal(通商取り決めなし)の離脱を避けるべく、コロナ禍においてもイギリスとEUの最後の詰めが続いています。そのあたりのフランス北部への影響を今日は書こうと思っていました。ところがなんと、先週イ...

  • No.602ベルギー入国に新型コロナ陰性証明書が必要になります!

    ご存じの通り、フランスの北にはベルギーがあり、トゥルコアン市などは国境にぴったり接しています。場所によっては、同じ通りの向こう側とこっち側で国が違うというようなところもあり、フランス北部に住んでいると、ベルギーは隣の国というよりも隣の町という存在で...

  • No.601クスクスがユネスコの無形文化遺産に!

    北アフリカの代表料理クスクス(couscous)が12月16日ユネスコの無形文化遺産に登録されました!アルジェリア、モロッコ、モーリタニア、チュニジアの四カ国共同での登録となります。北アフリカの料理ですが、フランスではすでにピザと同じくらい市民権を...

  • No.600【速報!】仏リルのグランプラスに大観覧車の設置許可が下りました!

    フランス北部リルのグランプラスには、32年前から毎年この時期大観覧車とクリスマスツリーが設置されるのが恒例となっています。グランプラスからすぐ近くのリユール広場にはクリスマスマーケットが立ち、クリスマスを待つ暗く寒い季節の気分を温かく盛りあげてくれ...

  • No.599明日解禁!仏ボージョレ・ヌーヴォー

    毎年11月第三木曜に解禁となるフランスの赤ワイン、ボージョレ・ヌーヴォー。名前通りボージョレ地方で作られる一番乗りの「新酒」で、赤ワインには珍しく若いうちが飲み頃。一般的なフランスの赤ワインより、軽くフルーティな味を特徴とします。 ルビー色のボージ...

  • No.598フランス11月11日11時 今年も鳴ります!アルミスティスの鐘

    無名戦士の墓があるパリ凱旋門 ©Kanmuri Yuki 今日11月11日は、1が並ぶことから、中国では光棍节(独身の日)と呼ばれる大大大セールの日。一方日本では、ポッキー&プリッツの日というのどかな日でもあります。 ・ フランスの11月11日と...

  • No.597「博物館の夜」今年はオンライン開催と決定!

    今年16回目になるヨーロッパ博物館・美術館の夜(Nuit Européenne des Musées)。本来であれば、例年通り5月に催されるところ、今年はパンデミックの影響で、11月14日に延長されていました。ところが秋になって訪れた第二波!再ロッ...

  • No.596再ロックダウンのフランス、ハロウィーンにはブルームーンを

    昨晩10月28日、フランスは全国の再ロックダウンを決めました。発表は昨夜20時のこと、マクロン大統領による約20分間のスピーチです。スピーチ全容は、こちらから視聴できます。...

  • No.595夜間外出禁止令のフランス北部:オンラインでマッピング鑑賞!

    みなさん、ニュースなどでお聞き及びのことでしょうが、10月14日の夜マクロン大統領が10月17日からの非常事態宣言を行い、パリやリルを含む9都市での夜間禁止令(21時~6時)が、これも10月17日から施行されることになりました。今のところ6週間続く...

  • No.594フランス&ベルギー:あなたの髪、リサイクルできます!

    パンデミックの影響で、美容院から足が遠のいた方も多いと思います。伸びた髪をバッサリいく前に、ちょっとお耳を拝借。ロングでもそうでなくても、髪のリサイクルは可能です!下に主な情報をまとめてみましたので、ご覧ください。 そのカットちょっと待って!© K...

  • No.593十月の色は、なぜピンク?仏北部リルのモニュメントも染まります!

    10月に入りました。10月と言えば、フランスに限らず「 ピンク」がクローズアップされます。というのも、毎年10月は世界規模で「乳癌に関する啓発キャンペーン」が行われており、そのシンボルがピンクのリボンなのです。 リル市のOctobre Rose イ...

  • No.592トゥルコアンのエマウス3日間の大セール!

    今日は住民向け、しかも非常にローカルなお知らせです。トゥルコアンのエマウスが10月2,3,4日と三日間大セールを行います。 トゥルコアンのエマウスに貼ってあるピエール神父の写真(顔にぼかし加工をいれてあります) エマウスについては、こちらでも何度か...

  • No.591ニュイ・ブランシュKYOTO:日仏アートが京都を染める夜

    旅行にも行けないし、イベントはキャンセル続きだしとへこみがちだった方に朗報です。京都では今年も「ニュイ・ブランシュKYOTO」が開催されます。参加アーティスト140名以上。そのうち約半数はフランス人アーティストです。この機会にフランス現代アートの息...

  • No.589仏北部リルにヴィデオマッピングが戻ってきた!

    2018年春からフランス北部各地で開催されてきたヴィデオ・マッピング・フェスティバルについては、これまでも毎年紹介してきました。 過去記事例: No.410今週末(3/23-24)は、リールのマッピングフェスティバルへ!  No.420フランス北部...

  • No.588フランス北部マスク義務ゾーン拡大のお知らせ

    フランスでは、新型コロナ新規感染者が再び増加の傾向にあり、屋内屋外を問わず、全国的にマスク着用義務ゾーンが増えています。9月に始まる新学年度を前にして、学校でのマスク着用、またオフィスでのマスク着用のガイダンスなども発表されました。 © Kanmu...

  • No.587フランス北部2020年9月のブラッドリー事情

    No.583でお知らせしたように、9月第一週末予定されていた欧州最大の蚤の市と言われるフランス北部リルのブラッドリーは、今年2020年は中止となりました。 ただし、商店による小規模なブラッドリーが開かれる予定です。 今年は期待できないこのごちゃごち...

カテゴリー一覧
商用

フォローできる上限に達しました。

新規登録/ログインすることで
フォロー上限を増やすことができます。

フォローしました

リーダーで読む

フォロー