searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

しっぽなのうつうつさんのプロフィール

住所
旭川市
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
しっぽなのうつうつ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/kentaikibou24128
ブログ紹介文
<宇宙(そら)>に魅せられて・・・ お写真、勉強中♪
更新頻度(1年)

12回 / 365日(平均0.2回/週)

ブログ村参加:2014/10/24

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、しっぽなのうつうつさんの読者になりませんか?

ハンドル名
しっぽなのうつうつさん
ブログタイトル
しっぽなのうつうつ
更新頻度
12回 / 365日(平均0.2回/週)
読者になる
しっぽなのうつうつ

しっぽなのうつうつさんの新着記事

1件〜30件

  • 旅日記~阿寒摩周国立公園編~最後の宿と4日目の家路

    阿寒の宿は、北海道の人なら誰もが知っている(?)ニュー阿寒ホテル!この有名どころのホテルに自分が泊まることになるとは、思ってもみなかった!おひとり様コースが意外とお安くて、つい申し込んでしまったのじゃ!本当は、さびれた温泉宿が好きなんですよ、・・・本当に!感染予防のため、ディスタンスを保ちながらのチェックイン。鍵を渡され、案内表示を見ながら部屋を探したのに、迷ってしまった!笑またまた、広縁付きの10畳間。一人なのに・・・しかもレイクビューよ!遊覧船の傍!一人でこんなお部屋を独占するなんて、本当に申し訳ない気分になる。と言いながら、さっそっくお風呂に入って散歩の疲れを癒しましょ!大きなホテルだけあって、大浴場は広いし、アメニティーも充実している。そして、このホテルの屋上には、天空ガーデンスパ!なるプールのような露...旅日記~阿寒摩周国立公園編~最後の宿と4日目の家路

  • 旅日記~阿寒摩周 国立公園編~3日目の夢散歩

    大きな落胆はあったけれど、美しい景観の中に身を置ける幸福が、心を救ってくれる。展望台から駐車場に下りると、眼下には、昨日訪れた硫黄山が朝日を受けていた。気象条件によっては、こちら側にも雲海を期待できる。そして第1展望台に下りて、違う角度からの摩周湖を見た。摩周湖を色々な角度から見ることが出来た。撮影の立ち位置に色々思うところはあるけれど、それは次回の教訓、課題としよう。次回・・・、いつだ?笑(3年後くらい?)さて・・・、予定としては、このまま太陽が高くなるのを待って青い湖を撮る、はずだった。けれど、足湯のおじさんが言っていた「オンネトー」が、脳の隅っこに引っかかっている。オンネトーは、阿寒湖の先だけれど、地図で見ると、それほどの距離ではない。神秘の摩周でもう少し遊びたい気もするけれど、先にあるまだ見ぬ風景にも心...旅日記~阿寒摩周国立公園編~3日目の夢散歩

  • 旅日記~阿寒摩周 国立公園編~誘われて3日目の朝

    弟子屈町「道の駅摩周温泉」には、足湯がある。ここで体を温めて、お風呂代わりにしようと考えた。(足湯の様子を撮っていない、というのが、私のダメさ加減なんだよなぁ・・・悲)もう暗くなりかけた夕方、観光客の姿はなくタオルを片手に足湯コーナーに行くと、お湯の出口近くで一人のおじさんが足を浸していた。遠慮して少し離れて座って足を入れる。「余計なお世話かもしれないけど、こっちの方が温かいし、綺麗だよ。」せっかく声をかけてくれたので、近づいて向かい側に座った。「先にこんなおっさんが居たら、離れて座るよね?ははは。」気さくな感じのおじさんだ。「邪魔しちゃ悪いと思って、遠慮しちゃうんですよ。」「どっから来たの?」「旭川です。」「地元の人かぁ。」「地元・・・、えっと、どちらから?」「奈良だよ!」「奈良?!どれくらい、居るんですか?...旅日記~阿寒摩周国立公園編~誘われて3日目の朝

  • 旅日記~阿寒・摩周 国立公園編~2日目の迷走

    2日目の予定を考えながら、宿の朝食はバイキング。バイキングは、食べ放題、ご自由にどうぞ!というスタイルですが、これが私、意外と苦手。何をどれだけ取れば良いのか、分からなくなるんだもん!・・・で、こういうことになる。中途半端なおかずに、パンとご飯が一緒って!もちろん、この後、もっとちゃんとおかずを取って、デザートとコーヒーもいただきました。本当に、こちらの御宿の食事は美味しいよ!もう一度お風呂に入る時間もあったけれど、あまり湯に浸かり過ぎても疲れるので、出発することに。8時30分。宿のおじさんにお礼と挨拶をして、向かうは、屈斜路湖を上から展望できる場所。まず、昨日も通った湖畔線を屈斜路湖沿いに一度南下して、国道243号に乗ってから北上すると、右手に屈斜路プリンスホテルが見えてくる。通り過ぎて直ぐ、左に曲がると道道...旅日記~阿寒・摩周国立公園編~2日目の迷走

  • 旅日記~阿寒・摩周 国立公園編~2日目の朝

    早朝3時、携帯のアラームで目が覚めた。夢も見ずぐっすり寝た。枕が変わっても平気なタイプ、宿のお布団は気持ちが良かった。早く寝たとはいえ、やはりまだ眠い。ゆっくりと体の覚醒を促しながら、外出の準備を始めた。まだ初秋とはいえ、山の上はかなり寒いはず。第3展望台は吹きっさらしの場所だったから、風が強くなる可能性がある。やわらかいスキニージーンズの上に、風を通さないカーゴパンツで保温対策。ハイネックのTシャツで首元を保護してフリースを重ね着、その上は薄手のジャケット。そして、出発。つづら折りの道を登る軽自動車のエンジン音が、暗闇の林に響いている。前からも後ろからも、他の車は来ない。光るものを見つけたら、それはエゾジカの目。大きな角をはやした雄や小鹿かな?と思うような可愛らしい子も居た。彼らにとって自由な夜の時間を、私は...旅日記~阿寒・摩周国立公園編~2日目の朝

  • 旅日記~阿寒・摩周 国立公園編~初日

    前回投稿した通り、道東方面の旅に出かけ、そして戻ってきました。その行程をブログアップしますが、これは観光案内やご当地の魅力発信という類の情報提供ではなく、個人の旅の記録に過ぎないことをあらかじめお知らせしておきます。仕事を辞めて傷心の中年女。心を癒すのは、旅しかない。稚内方面のドライブは、その序章。そして・・・メイン舞台は、阿寒摩周国立公園に設定した。理由は・・・特にない。お天気とか、宿の空き状況とか、期待する景色とか、色々考慮して旅程を決めた。9月22日、早朝4時。あらかじめ荷物を積んでいおいた愛車、緑のタントのハンドルを握り、道道140号当麻愛別旭川線から高規格道路-旭川紋別線(無料)の愛別ICに入り、遠軽へ向かう。休憩なしの高速運転に疲れ、丸瀬布ICで一般道に下り、丸瀬布の道の駅で朝食とした。持参したパン...旅日記~阿寒・摩周国立公園編~初日

  • ぐるっと宗谷、ドライブ♪ その2。

    相変わらず、無計画の行き当たりばったりで、同じ道を行ったり来たり。全く観光案内の役には立たないブログを更新中であります。道の駅猿払公園。30分の日周運動を撮影した後、カメラのデータ読み取りも30分かかるのです。買っておいたパンをかじりながら悩んでおりました。このまま、ここで夜明けを待つか?30分間撮影できないのだから、その間にもっと南下して、雄武町の日の出岬を目指すか?パンをごくりと飲み込んでから、後者を選択することに・・・事前に調べておいた天気予報では、南側の方がお天気が良かったから・・・しかし!猿払から日の出岬までの距離感を、私は完全に間違っていた!何の根拠もなく、1時間くらいで着くだろう、と安易に考えていた!!地図見りゃ分かるだろう!!!!そんな訳ないって!!!!海沿いの真っ暗な道を走り始めて、サイドのド...ぐるっと宗谷、ドライブ♪その2。

  • ぐるっと宗谷、ドライブ♪

    小さな、けれど長~いドライブの旅に出かけてきました。三つ葉で育った青虫が、いつの間にかベランダの発砲スチロールに張り付いて蛹になり、ある日突然羽化してました!そんな我が家を朝5時に出発し、深川-留萌道(高規格道路、無料)を通って日本海に出る。それは、9月19日土曜日のことでした。それから、海岸線のオロロンラインを走り、途中から内陸に入るもサロベツ原野は雨。そのまま稚内へ到着。宗谷岬公園、あけぼの像稚内公園、氷雪の門稚内公園から見える遠く霞む景色に、たくさんの風力発電の羽が回る。宗谷地方は、本当に風力発電が盛んです。ノシャップ岬では、イルカが皆様をお待ちしております。そのあと、サンセットロードを南下して、利尻島と夕焼けがセットで見られる浜勇知展望休憩施設・こうほねの家駐車場へ。ここは、浜勇知原生花園があり、波打ち...ぐるっと宗谷、ドライブ♪

  • 歳を重ねても人生の旅は続く。

    私、もうすぐ58歳なんです。いきなり年齢暴露って、なんですかね?笑とんねるずの石橋貴明さん、どうやら同い年らしいです。長寿の冠番組が終了して燃え尽き症候群になってたけど、YouTubeチャンネルを始めて、死んでいた脳が動き始めたって、そんな内容の動画付き記事を目にしました。私、とんねるずはあまり好きじゃなかった。特に石橋さんの乱暴な雰囲気が嫌いだった。でも、当時は超人気だったから、番組はそれなりに見ていました。好き嫌いは別にして、同じ年代の人が人生を振り返り語るのを見ていると、何故か切ない感情が湧いてきてしまいます。そして、新しい世界に出会い、そこで生き生きと活動を始めていることに、さすが、ひとつの流行を作った人はエネルギーがあるな、なんて羨ましく思ったりします。だからと言って、石橋さんのファンになったわけでは...歳を重ねても人生の旅は続く。

  • 自然自粛?の春

    最近の世の中、不安で不穏で、空気が淀んで感じます。控えてください!と言われなくても出かける暇はなく、ついに、桜を見に行く機会を失いました。涙それでも、日当たりの悪い庭先にも、小さな春は来ています。黄色いカタクリ、増えてきました!嬉しい。もう少しお天気の良い日に、もっと明るいお花が撮りたいな・・・自然自粛?の春

  • 早春の朝遊び♪

    白鳥の撮影は、早起きが肝心です!白鳥は、毎朝、餌場に向かうために寝床の川を飛び立つのですが、それは7時ころから始まって9時ころにはほとんどが出発してしまうからです。水を蹴って飛び立つ様子を見るなら8時くらいには川に到着していたいものです。朝のお出かけとなると、少し早めに家を出たくなるのが、私の悪い癖。日の出前のまだ暗い空を狙いたいので・・・。朝の3時起きで出掛けても、撮影場所を見つけた頃には、すでに東の空は白み始めています。本当に日が長くなりました。もう、春なんだなぁ。これからは、早朝に星空を求めるのは無理になるでしょう。ブルーアワーの故郷の空。キトウシ高原駐車場より。日の出前や日没後に、空が青く写る時間帯をブルーアワーというそうです。星空と遊んでから永山新川に向かい、堤防の端に停めた車の中で、家から持ってきた...早春の朝遊び♪

  • 残念な冬。

    久しぶりの投稿。昨年の秋から今まで、何もしていない。本当に残念な気持ちの中で冬が終わってしまいます。木々に霧氷が付く様子を眺めながら出勤する切ない朝を繰り返し、何か一つだけでも思い出を残せないかと考えていたところに「忠別川の自然に親しむ会」から、鮭の稚魚の放流会のお知らせが来ました。3月22日の日曜日。日曜日は、他のパートさんが家庭の都合でお休みするので、私はいつも出勤なのですが、この日は希望休をねじ込んでみました。今回は写真ではなく、動画撮影に挑戦したので、興味がある方はご覧ください。古いコンパクトカメラの動画機能なので、画質は粗いです。編集が下手くそなのは、仕方ないので我慢してください。動画ソフトが重くて、作業に四苦八苦!白鳥は、できればもう一度撮りに行きたいと思っています。川岸の撮影スポット、良い場所を見...残念な冬。

  • 怪奇現象的、星景?

    諸事情があり、上富良野方面へ走る機会が増えている、今日この頃。そんな時お天気が良ければ、やはり空が気になります。明るいうちは、こんな感じ。古潭の煙は、いずこへ・・・笑単なる野焚ですね。「帰りは遊んでくるね。」と言って家を出るとき、母は怪訝な顔をする。「気をつけなさいよ!」と、少し呆れた口調が背中に刺さる。女の夜遊びに苦言を言いたいのは、母の価値観では仕方ない。でも、うちの場合、夜遊びで気を付けるのは「男」ではなく「熊」。娘が、熊の出そうなところに行くことを心配するのは、まあ、普通か・・・。娘といっても、50代・・・それも還暦に近いほうだけどね・・・ははは(汗日が沈むと、真上の空は晴れているけれど、山には雲がかかってしまった。そこで凝りもせず、、再び深山峠の観覧車を撮ることに・・・今日は少し時間に余裕がある。とい...怪奇現象的、星景?

  • 深山峠にて

    先日、少しだけ立ち寄った深山峠の風景が綺麗だったので、昨日、足を延ばしてみました。山の雪が少し溶けていますね。美瑛と上富良野町を隔てる峠から、山の風景が見られます。ああ・・・、もう少し早く来られたらよかったのに・・・日が傾いて、谷間の風景が暗くなってしまいました。その後、いろいろ試し撮りをしたのですが上手くいかず、不貞腐れながら居残って・・・もやがあったり、薄雲が流れてきたり、それでも、試し撮りは次回への教訓になりそうです。ほんでもって、こんなの撮ってみた。ちょっと青すぎるかな・・・でも気持ちとしては、その時の雰囲気。明るすぎるのかなぁ・・・、現場でも、ちゃんと天の川は見えていました。星はこんなに見えていなかったけど・・・。上手に調整したくて四苦八苦。やればやるほど、どうしたらいいのか、分からなくなってきて降参...深山峠にて

  • 動画編集も練習しましょ♪

    先日、ちょいと用事があって、上富良野まで行ってまいりました。用事のため余計な時間は取れなかったのですが、山があまりに綺麗だったので急いで写真を撮りました。帰りは暗くなり、少しだけ試し撮りをしたくて星を撮り・・・星を撮るときは、いつも広角レンズを使うのですが、明るいレンズも使ってみたいと以前から考えていたので、初めて試してみたのです。私が持っている明るいレンズは、50mmと90mmの単焦点。50㎜望遠は、絞りが1.8まで開ける。90mmは、2.8それで星を撮ったらどうなるのか、以前からやってみようと思いながらも手を付けずにいたのは、星空は、やはり広がりが一番だと思い込んでいたから。試し撮りなので、ほんの少しだけ・・・月も昇ってきたのですぐに中止したし・・・その帰り道、また「遭遇」があったので、動画をアップします。...動画編集も練習しましょ♪

  • 夕景と月

    久しぶりに旅行をしたおかげで、撮影意欲が回復したかもしれません。昨日の夜。会議があったので一度帰宅した後、再び出社したのですが、少し早く家を出て夕景を撮ってみました。会社は街の郊外にあって、良い風景に囲まれているのです。白いお月様が綺麗に浮かんで、ここは雪が降ったら満月を狙いに来たいな、と思いました。振り返ると夕日が沈むところ。電線が映っているのもご愛敬。大雪山の雪はまだ少ないので、夕日に赤く染まる様子は薄いです。ここからの大雪山は、木の位置がイマイチなので、雪が降るまでに別な場所を探しておきましよう。この丘で少し位置を変えると、良いところがありそう。そうこうしているうちに時間になって会議に出席。帰りは真っ暗になる時間なので星がどんな風に見えるか?と、家とは反対方向へ車を走らせました。しかし、見上げた月はかすん...夕景と月

  • ドラレコ編集!

    内地からのお客様を千歳空港までお送りして、帰り道、南富良野町で出会ったコロポックルを動画でアップしましたが、もう少し編集したくて、動画編集アプリをゲットすることにしました。前記事に書いた通り、以前はノートパソコンにAdobeのソフトが搭載されていたのです。それをアンインストールしてしまい、再インストール出来ないのは、おそらくサポート期間が過ぎている。Dellのパソコンは安価だけど、その辺の所、シビアなんだよな・・・。あらたにソフトを手に入れようと色々試してみたものの、フリーソフトは機能が限られているし、有料の体験版でも購入意欲をそそられるような魅力を感じなかった。有料版なら使い勝手が向上するのかもしれないけれど、買ってしまってから後悔したくない。そこで、無料版ながら評判が良い、しかし導入が面倒、と言うソフトに挑...ドラレコ編集!

  • 北海道観光、ご案内と自分旅行!その⑤完結編

    南富良野町、金山湖の風景とお別れする前、辺りをぐるりと眺めました。以前ここでユキウサギに会ったことがあるので、もしかして…と期待してしまいます。そんな偶然は、そうそうあるモノではありませんが、ここはきっとコロポックルが遊ぶ湖だと、しっぽなは信じているのです。少し高い位置から湖を眺められる道路沿いに休憩駐車場があり、そこで一度キツネに会ったこともありますし。けれど今日は、近くで橋の工事をしていたので、動物たちはどこかに逃げているでしょう。・・・と思って、車を走らせていた時です。ドライブレコーダーは広角撮影なので、小さくしか見えませんが・・・何か、道路を横切って、草むらに隠れましたよ。草むらをかき分けて、こちらに近づいてきますよ。急峻な崖は登れないので、背中を見せないような態勢で警戒しているのでしょうか?うう・・・...北海道観光、ご案内と自分旅行!その⑤完結編

  • 北海道観光、ご案内と自分旅行!その④

    お客様を千歳空港にお送りする時は、旭川から一気に南下して鵡川町を経由して海辺を通ったのですが、帰りは山の中を通ることにします。支笏湖から再び千歳へ行き、一度千歳空港方面へ南下してから東に進路変更して安平町へ。この日、安平から厚真方面は濃い霧が発生して、道路の経路案内標識を読むのに苦労するほど。本当は安平の道の駅で休憩する予定が、見えないうえに慣れない道に四苦八苦して、結局道の駅を見つけられず案内板に導かれるまま、厚真へ向かうことになりました!厚真にも競走馬の牧場があります、お馬さん、10頭くらい居ました。やっとたどり着いた厚真のコンビニに車を停めて、昨夜あまり寝ていないので1時間ほど仮眠をとり、再び出発。山や畑道を通り平取に入ると、もう走り慣れた道となります。平取には新しく出来たアイヌ文化博物館があります。その...北海道観光、ご案内と自分旅行!その④

  • 北海道観光、ご案内と自分旅行!その③

    鹿との遭遇に驚いた後、しっぽなは支笏湖へと向かいました。お天気が良ければ星が撮れるかもしれないし、朝の風景も面白いかもしれないと思い、支笏湖畔の駐車場で車中泊を計画していたのです。温泉ホテルや飲食店が立ち並ぶ湖畔の駐車場は、観光客相手なので有料となっていて、日没後は利用できないはず。そこで、鬱蒼とした林の中に建つ支笏湖休暇村と言うホテルの前にある駐車場に狙いを定めて向かいます。そこには小さなログハウスのような形をしたトイレがあったから。到着すると、ホテルのガラス窓から、中で食事をしている人の姿が覗けます。「うらやましいぞ!」と思っていたら、大変な事実が発覚しました。「トイレが閉鎖されている!」明らかに使用不可の様相。トイレも水場も使えないとなると、ここに停まるのは無理。ややしばらく考えて、千歳の道の駅へ向かうこ...北海道観光、ご案内と自分旅行!その③

  • 北海道観光、ご案内と自分旅行!その②

    父方の祖母が眠るお墓は、苫小牧から支笏湖に向かう道路沿いにあります。雑木林の丘を切り開いて造成したところなので、特に入り口は大きく育った木々に囲まれ薄暗くなっています。仏花を買って霊園に着いたのは、もうすぐ日も暮れようとする時間帯。お彼岸が過ぎているし、こんな時間にお墓参りをする人も居ないでしょうから、きっと静けさに包まれている。と思っていたのですが・・・ははは・・・鹿の群れです。鹿のお尻って、白いね!向かってきたら車がへこむ・・・、なんて心配する必要もなく、ゆっくり車を進めると、彼らは林に消えました。この状況は昔からの事なのか、最近の現象なのか、よく分かりません。ま、自然の中にお墓を作ったのは人間の勝手なので、鹿たちを追い払うのは理不尽かもしれません。段々畑のように造成された中腹辺りに、祖母のお墓があります。...北海道観光、ご案内と自分旅行!その②

  • 北海道観光、ご案内と自分旅行!その①

    待ちに待った、その日!がやって来ました!ずっと会いたかった知り合いが、私の故郷を訪ねてくれたのです。インターネットの交流で人生の色が変わるなんて信じられないことだったのに、それを実現してくれた人と嬉し恥ずかしの対面を果たすことが出来て、感無量。本当は、私の方から会いに行くとずっと言っていたのに、今回、偶然にも来道する機会があり、ここ旭川に足を延ばしてくれました。奥様を同伴されていましたが、案内は私しっぽなに任せるとのこと。奥様は北海道が大好きで、しっぽなの写真撮影の場所を見たい、なんて嬉しい事を言ってくださって、その言葉に調子に乗って、あちこちと私の思い付きの場所を案内することになりました。定番の青い池とか、十勝岳連邦を眺めるとか、特に変わった観光案内ではありません。それでも、お二人とも私の故郷を褒めてくださり...北海道観光、ご案内と自分旅行!その①

  • 初冠雪ですが・・・

    大雪山系に雪が降ったと言うニュースは、本州の方にも届いていると思います。観光客が寒そうに体を震わせて、山の散策を諦めた、って言ってました。以前の記事にも書いた気がしますが、初冠雪と言うのは、初雪の事ではありません。麓の観測所から雪が見えたら、初めて初冠雪を確認!となります。そして今朝、白い山の姿を麓から見ることが出来ました。綺麗に白く覆われた山頂、青い空をバックに眩しく光っていたのですが・・・午後になると雲に隠れてしまいました!(;∀;)朝、撮っておけば良かった!そして、少し標高の低い十勝岳連邦にも白いものが・・・この画面に写る十勝岳のどこかで、男性が遭難しています。まだ、救出の報は聞いていません。どうか、無事に見つかりますように・・・初冠雪ですが・・・

  • 下見のドライブ、いわゆるロケハン?

    前回投稿した腰痛、けっこう調子がよろしいようです。まだ椎間の硬さはあるものの激痛が走ることはなく、追加で痛み出した足の付け根は、神経痛の薬で改善しております。さて、本日はお休みだったので午前中は洗濯と掃除。やけにお天気が良かったので、庭の手入れはほどほどに、午後はちょいとドライブに出かけてきました。実は、9月の末に本州からのお客様をお迎える予定があり北海道の風景を案内するにあたり、少し道路の確認をしておきたくて美瑛方面へと車を走らせたのです。写真を撮るために丘を走り回ったのも随分と前になるので、記憶を取り戻したかったのです。稲穂が金色に色づく風景を見ながらのドライブは気持ちがいい。旭川からセブンスターの木に行く道は憶えていました。そこからケン&メリーの木も大丈夫。大雪山と十勝岳連邦を眺められる北西の丘からマイル...下見のドライブ、いわゆるロケハン?

  • ゴッドハンド?

    腰痛が長引いている。以前なら、痛み止めを飲んだらある程度痛みが引いて、そのうち回復する、と言うのが常だったけれど、今回はダメ。薬局でロキソニンと湿布を買って騙し騙し出勤していたけれど、一週間過ぎても痛みは増すばかりで、ついに耐え切れず整形外科を受診することにした。X線撮影で確認、骨に異常はないけれど、仙骨から上4~5か所は椎間が狭くなっている。これは以前から指摘さていたことだけれど、年齢を重ねて悪化したのだろう。座骨付近から腸骨付近にかけて痛みが走り、前屈が辛く、脚を鋭角に上げるこが出来ない。つまり、靴下が履けない、ということ。この一週間ほど、苦痛に顔をゆがめながら、七転八倒で履いていたのです。骨のゆがみも多少あり、医師にリハビリを勧められ、週二回ほど通うことを決心した。本日、初回のリハビリ。まずは問診で細かく...ゴッドハンド?

  • 今年も青虫!

    前回の投稿。リニューアルの事を言っても、管理画面の変化なのでブログを見ているだけの方には何のことやら、でした。大変失礼いたしました。さて・・・今、庭の片隅がこんなことになっています。写真では分かりにくいでしょうか?植えっぱなしに放置している三つ葉なのですが、そこに虫よけネットをかけているのです。三つ葉が大好きなキアゲハ。蝶の姿はなかなか見られないのですが今年も黄色い卵を産み付け、現在3匹の青虫がムシャムシャと三つ葉を食しております。で、どうしてネットが必用なのか?と言うと、昨年、青虫が次々と消失する、と言う事件がありました。青虫たちは大きくなるとサナギになる場所を探しに三つ葉の畑から旅立つのですが、明らかに旅立ちにはまだ早い小さな青虫たちが消えてしまったのです。これはカラスか何かに食べられているのではないか?と...今年も青虫!

  • リニューアル、知らなかった!

    ビックリした~!ずーっと放置していたら、gooブログがgooblogになってる!汗)管理画面とか、ちょっと変更されていますね。自分のブログなのだから、たまには点検せんといかんよ、はい!反省・・・写真を全然撮っていないし、ブログ書くネタも無くてね。4月から始めた仕事、初めは楽勝と思っていたら、だんだんキツくなってきて、今日は腰痛と足の付け根の痛みがひどくなって、仕方なくロキソニンを飲んだよ。でも頑張るぞ!!!老後のために”2000万”は無理だけどさ~、少しは貯めなくちゃね。庭の三つ葉に今年もキアゲハが来たみたい。姿は見ていないけれど、卵を産み付けいき、青虫が今2匹育っています。でも、スズメが狙っている気配、何とか守ってあげなくちゃいけないから、次の休みにネットで囲もうかな。向かいの家は植物で溢れています。春の素敵...リニューアル、知らなかった!

  • 秋、旅へ⑤

    室蘭から苫小牧は一本道。迷いようがありません。けれど、何も考えずに走っていると、また眠気が来てしまいます。何と言っても2時起きですから!苫小牧に近づくと、お天気が怪しくなって来ました。雲が広がっていますが、それでもまだ明るいので、お墓参りに支障はないでしょう。祖母の墓は、苫小牧の郊外、支笏湖に向かう道の途中です。そこは行き慣れた道なのですが、途中で大きな道路工事があって迂回したので、少し迷ってしまいました。苫小牧の市内も、昔と比べると道路の拡張があったりして、雰囲気は変わっています。高岳霊園。どんどん拡張され、第二墓地もある大きな霊園なのですが、祖母の墓がある古い方の第一墓地は、9月の震災で地割れなどの災害がありました。そのことはニュースで知っていたのですが、今もまだ、復旧工事は続いていたのです。入口から完全に...秋、旅へ⑤

  • 秋、旅へ④

    室蘭市、道の駅みたら。スッキリ目が覚めたのは、真夜中の2時。昨夜8時に横になり、9時には寝入っていただろうから、睡眠時間としては十分かな?車の外はシーンと静まり返り、車中泊のおじさん達は夢の中か・・・?もちろん、外はまだ真っ暗。けれどここで二度寝をしてしまえば、日の出を見逃すことになりかねない。シートを戻して毛布を片付け、地球岬へと向かうことにした。途中コンビニでコーヒーとサンドウィッチを買い込んで、国道37号を苫小牧方面へ向かって走る。住宅街へ右折するのは、母恋駅の目の前。そのまま道なりに行けば岬に到達できる。駐車場に着くと、昨日と暗さは変わらないのに怖さはない。3時ともなればもう朝の感覚となっているから。同じ暗さでも、夜だと怖くて朝なら平気。自分の中の防衛本能が、いかにいい加減なのかが分かるのだ。朝だって、...秋、旅へ④

  • 秋、旅へ③

    無謀なドライブの開始。大沼公園を出発して、国道5号を北に向かって走ります。右手には勇壮な駒ヶ岳の姿、頂上までくっきりと見えていました。しばらく走ると、右手の景色は海に変わります。眩しく光る青い風景は、気持ちの良いものです。穏やかな天気、それほど混んでいない道路。信号もあまり無くて走りやすい・・・、すると、だんだんと脳ミソが緩んでくる。昨日の長距離運転の疲労、昨夜の寝不足、1時間の散策の疲れ。それらの要因が、ドライバーの眠気を誘い、意識を保つのが苦しくなってきた!!!どうにも眠気が治まらず、やっとパーキングエリアを見つけて少し休憩。道の駅で買ったアップルパイをジュースで胃に流し込み、脳に糖分を送り自分を鼓舞!再び走り始めても時々襲う眠気に、コンビニを見つけては停まる、と言うことを繰り返しました。「こんなで、室蘭に...秋、旅へ③

カテゴリー一覧
商用