bookstanax
住所
出身
ハンドル名
TANAXさん
ブログタイトル
bookstanax
ブログURL
http://bookstanax.hatenablog.com/
ブログ紹介文
飲食で使える接客技術、メニューの心理などのまとめ。人材育成やマーケティングにもおすすめ!
自由文
-
更新頻度(1年)

22回 / 149日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2014/10/18

TANAXさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,462サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
グルメブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 29,614サイト
フードライター 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 67サイト
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,462サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
グルメブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 29,614サイト
フードライター 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 67サイト
今日 08/21 08/20 08/19 08/18 08/17 08/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 969,462サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
グルメブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 29,614サイト
フードライター 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 67サイト

TANAXさんのブログ記事

  • 「鏡の迷宮のドラゴン」試作品が遊べます!

    先日「鏡の迷宮のドラゴン」試作品を置いてもらえないか、ボードゲームカフェに営業に行ってきました! 事前にアポイントを取るべきでしたが、急遽、作れた時間だったので、えいやと飛び込み営業をいたしました。にもかかわらず、皆さまちゃんと話を聞いてくださって、ありがとうございました! しかも最初のお店で、ゲーム制作者用の名刺がない事に気づき(失礼ですよね汗)今日は諦めようと何度も思いましたが、諦めないで良かった^ ^ 休日という事もあり、どのお店もほぼ満席。忙しい中、2、3分でもと、お時間をいただきましたが、本当は週始めの平日の夜にお伺いして、しっかりインストさせていただくべきだったなぁと、反省もありま…

  • 製品に対しての憧れ

    なぜ自分がボードゲームの制作をやりたいと感じたのか考えてみると、製品に対しての強い憧れがあります。 今はやってないけど、長らくグラフィックデザインに携わり、何かをより魅力的に伝える仕事をしていました。 けれどそれは価値の中心ではなく、仮に雑誌だとしても、内容そのものが主役、エディトリアルデザインはサポートに過ぎません。 アーティストになれるほど、飛び抜けた能力もなく、広く浅くのスキルコレクターのように仕事をする中で、何か出来ればと思うけれど、その何かが見つからない。 ほどほどで良ければ、何かを出来る人なんて、幾らでもいるんです。だからスキルだけでは競争に負ける。やはり製品を作ってみたい。 スキ…

  • 個人情報が必要ない「ぷれりり」

    クラウドファンディングのアクセス数をアップさせようと思い、プレスリリースを配信したかったのですが、1回だけ無料配信できる「valuepress」でも、住所など個人情報が出てしまうんですよね。 いえ、それが悪い訳ではなく、むしろ普通なんですが、個人的活動で自宅住所を晒すのは、生理的に受け付けない訳です。 そこで見つけたのが「ぷれりり」でした。 正直、どのくらいの効果があるのかは、不明確ですが、例えば個人的な活動をしていて、被リンクが欲しいとかであれば、良いのかなぁと思います。 それでなんとなく作ったプレスリリースがこちら。 https://www.prerele.com/releases/det…

  • プレイ動画制作は難しい!

    「鏡の迷宮のドラゴン」のプレイ動画を用意しました。と言っても、子供と遊びながらハンディカムで撮影しただけの、撮りっぱなしです。 本当は編集して、文字を入れたりしたかったのですが作業時間が取れず、撮影したままのデータをアップすることにいたしました。 改めて見てみると、色被りもさる事ながら、声が全然拾えてない。いや、私の滑舌が非常に悪いので、想像はしてましたが(笑) プロとの歴然とした差を感じつつ、やっぱり動画制作はお金がかかりますね。大光量LEDライトや集音マイク、古いパワーブックを使って作業しているので、動画編集ソフトも欲しいですし。 ぜんぜん資金が足りない(笑) 今後、ボードゲーム制作を趣味…

  • 好きだから、観察する。

    「鏡の迷宮のドラゴン」のパッケージイラストを描きました。正直、自分のイラストは好きじゃないので、ココナラでイラストレーターさんを探し交渉したのですが、ギリギリ予算オーバー。自分で描くということになりいました(ココナラ、結構いいですね!予算があれば、ぜひ、お願いしたいです) 私自身、小学校低学年の頃はお絵かきが上手いと乗せられて、嫌いじゃなかったはずなんですが、いつの頃からか描くことが苦手になりました。 必要に迫られてなんとなく描いてみるものの、基礎ができていないからか、やっぱり自分の絵がしっくりこない。もう一歩、資料を集め、ちゃんと観察してクオリティを上げる事ができない。 たぶん、本当に絵が上…

  • ダイスの奥深さを感じる「Under Falling Skies」

    「プリントアンドプレイ」ゲームを紹介をされている「TKDK PNP」というブログで発見した「Under Falling Skies」。ソリティアのダイスプレイスメントゲームなので子供と一緒にできると思い、早速作ってやってみました。 tkdkpnp.hatenablog.com 2019年のBGGのカード9枚縛りのコンテストで総合1位なった作品みたいですが、初めてのダイスプレイスメントでもあったので、とても勉強になりました。 ダイスを使いながら戦略要素を重視するには 個人的にダイスを使うゲームが好きです。カードのシステムは引くと出す(使う・捨てる)がセットになっているのに対して、ダイスはプレイの…

  • 失敗でも成長する。

    息子との会話で「ゲーム欲しい人、何人になった?」って聞かれます。 「うーん、6人かな。100人集まったらちゃんと作ろうと思ってたけど、6人でも凄いよね!」って答えています。 本当に6人でも凄い!息子の反応を見ていると、自分で作ったゲームが売れるなんてって、目を丸くして驚いています(笑) 息子はまだ小学校低学年。子供の割に見通しが効くから、失敗するかもと思ったら、挑戦しなくなる慎重タイプ。 まるで自分の子供の頃を見るような気がして、失敗なんて恥ずかしくないよ、むしろ失敗した分、色々思いついて賢くなるんだよ。と言葉で伝えてはみるけど、なかなか伝わらない。 それなら試行錯誤をする自分の姿を見せるのが…

  • 支援者募集のためにできること。

    ボードゲーム「鏡の迷宮のドラゴン」のクラウドファンディングを開始して、ほぼ10日が経ちました。現在の支援者は6名ほど。やはりそう甘くはないですね。支援者様の応援のコメントに、なんだか不甲斐なくて申し訳ない気持ちです。 何かできることはないかと考えてみたのですが、友人は少ないですし、思うようにPRができておりません。 そこで手作りの「鏡の迷宮のドラゴン」を、どなたかに差し上げて、PRを助けてもらおうと思ったのですが、手伝っても良いよと言う方、いらっしゃいますでしょうか? ーーーーーーーーーーー ボードゲームブログを運営されていて「鏡の迷宮のドラゴン」について、書いてあげてもいいよと言う優しい方。…

  • 分かりやすい説明書

    「鏡の迷宮のドラゴン」を制作した当初から、説明書を書いていました。テストプレイをし、ルールが変更になる度に、何度も書き直したのですが、これが地味に時間がかかります(笑) ただ、分かりやすく書こうとする中で、ルールへのフィードバックもあり、この作業はとても大切なんだなぁと感じました。個人的に分かりやすい説明書について、考えた事を書きたいと思います。 省略は信じること 電化製品の説明書的な文章をメールで書く方っていますよね(笑)読み手に間違えて捉えて欲しくない、正確に伝えたいという気持ちの表れだと思いますが、概ね読みづらいです。 一つの文章で判断するのでもなく、前の段落や流れを考慮して、客観的に読…

  • クラウドファンディング開始!

    試作品Ver.2 ボードゲーム「鏡の迷宮のドラゴン」のクラウドファンディングを、ようやく開始することができました。 準備を進めていて、途中、大幅なルール変更や試作品の再印刷もあり、なかなかハードでした。しかも、PRのためにやろうとしていた事の半分もできていません。 いいわけになってしまいますが、私生活の仕事が忙しく、毎日ほぼ終電なので、仕方がないと言えば仕方がない。本来、もっと情報を盛り込んでから、クラウドファンディング開始した方がいいのでしょうね。 それでも大体の入校日は決まっていて、これ以上、スタートを遅らせるのはいかがかと、自分会議をした結果の決断でありました。 ボードゲームとクラウドフ…

  • いざ、テストプレイ!

    先日、試作品として完成した「鏡の迷宮のドラゴン」をテストプレイをかねて、会社近くのボードゲームカフェで遊んでもらいました。ご協力いただいた店長さんと、相席で遊んでくれたお客様には、本当に感謝です!! 15分で終わるゲームだからと遊んでもらって、結局30分以上プレイ。営業終了間際にも関わらず、その後、30分もアドバイスをいただきました。詐欺ではありません(笑)それ以上に、ボドゲ好きはみんな優しいですね。 大人の、しかもボドゲ通のお客様に遊んでもらえた事で、意見やアイデアをいただきました。本当に、いままで自分と子供の二人でしか遊んで来なかったので、言われるまで気づかなかった事、沢山ありましたね。 …

  • 「鏡の迷宮のドラゴン」試作品完成

    ゲームマーケット2019春が終了し、皆さんのプレイ記事がアップされる中、初めて制作した「鏡の迷宮のドラゴン」の試作品が完成しました(自分で拍手) このゲームはゲームマーケット2019秋の出店を目指して(受かるかどうか分からないけど)制作したものですが、ゲームマーケット自体、まだ行ったことがないので、ウェブから入ってくる皆さんのクオリティの高さを見て、正直、愕然としています。やっぱり外注はマストかなぁと。 でも、苦労して試作品完成までたどり着いたので、とりあえず記事にまとめてみたいと思います。もしかしたら、誰かのボードゲームの作り参考になるかもしれませんね。 自分で作る方法 初めてボードゲームを…

  • なぜ子供は「ドレスレ」が好きなのか。

    最近、子供は時間があるとすぐに「ドレスレ」をやりたがります。ゴールデンウィークに改訂版となった「アンドールの伝説」もやってみたのですが、やっぱり一番好きなボードゲームは「ドレスレ」との事。 ファンがいる一方でAmazonなどでは運ゲーと言われ、好き嫌いが分かれるこのゲーム。何が子供を引きつけるのか、考えてみました。 ダイスの振り直し 30分戦ってレベルアップしたのに、ドラゴンに丸飲みされてしまう問題ってあると思います(笑)ですが、我が家では丸飲みになったことがありません。それはダイスの振り直しをしているから(笑) このゲームを始めたばかりの頃、子供は完璧に勝ちたくて、振り直しばかりをしていまし…

  • ボードゲームの印刷ロットと価格について

    先日、秋のゲームマーケットで販売を考えている、ボードゲームの見積もりをいただきました。 無料相談ができるということで、東十条の印刷会社さんを訪ねたところ、時間をかけて、一緒に仕様を考えていただき、本当に感謝でした! ただ、予想通り。いや予想を若干上回る印刷代金で、その予想も予算を大幅に超えるため、改めてどうしたものかと考えています。 印刷ロットについて 初めてのゲームで、いくつ作ったら良いのかと思案した時に、やはり30~50個という数字と、100個という数字が見えてきます。 30個の場合 30個で印刷を外注してしまうと、印刷原価がとんでもなく高くなってしまいます。4000円とか普通に行くんじゃ…

  • 「宝石の煌めき」の研究

    会社の最寄り駅近くに、ボードゲームカフェが出来たので、仕事帰りにふらっと立ち寄り(実は初めて)相席OKで教えてもらったのが「宝石の煌めき」です。 大差で負けてしまいましたが、すっかりゲームの虜になりました。帰りの電車で早速アプリを購入し、通勤時間で楽しくプレイしています。 ようやく僕なりの攻略法が見えてきたので書いてみたいと思いますが、初心者ですし、分析と実力は全くの別物なので、ご了承ください(笑) 2種類のリソース ゲームを一言で説明すると「いかに宝石というリソースを活用し15点を先に取るか」というゲームです。宝石のリソースにはトークンとカードの2種類あり、トークンは1回使い切りですが、カー…

  • 「禁断の砂漠」の運に負けない戦略

    協力ゲームを探していて「禁断の島」と出会い、面白すぎるので「禁断の砂漠」も購入。年末年始は「禁断シリーズ」のヘビーローテーションでした。 特に「禁断の砂漠」は繰り返し遊んでいます。ルール紹介ではないので、個人的な意見になりますが、大好きなこのゲームの魅力を伝えられたらと思います。 砂嵐の動き なんと言っても砂嵐の動きがゲームの魅力です。ランダムに動く砂嵐に合わせて、プレイヤーは行き先を検討する。毎回違う展開になるので何度も挑戦したくなる高いリプレイ性があります。 砂マーカーが枯渇したらゲームオーバーなので、積んでおいて、頃合いを見計らって砂丘ブラスターで一掃か?と企んでいると予想を裏切られます…

  • 相談禁止?SOSダイナソー

    「おばけ屋敷の宝石ハンター」の次に購入したのが「SOSダイナソー」でした。息子が好きな協力ゲームですし、ふうかさんのブログや、サイコロテーブルさんのブログから伝わってくる楽しそうな雰囲気に、購入を決めたのでした。 ただ、やってみると色々と惜しい。何かが足りない。あまり批判的なことを書くのはよくないと思いつつ、でもせっかく購入したので、感じたことを正直に書いてみたいと思います。 誰がどの恐竜なのか? 甥っ子、姪っ子が集まり、子供4人で遊んでもらった時もそうだったのですが、年上の子による奉行問題が起きやすい構造になっているような気がします。 通常のゲームの流れは次の通りです。 ・巾着袋から溶岩タイ…

  • ボードゲームを作ろう!

    2018年の夏頃にボードゲームに出会いました。息子と遊びながら、趣味として自分に合っていると感じたのですが、物足りなさもありました。 「子供でも分かりやすくインストが簡単で、短時間で楽しめて、ロマンを感じる協力ゲームがもっとほしい!」 想いは募り、徐々に自分でも作れるのではと思いました。幸い長年グラフィックデザインの仕事に携わり、現在、企画っぽいことをやっているので、きれいなイラストは描けないけど、そこはエイヤでやってみようかなと。 そういう訳で現在、2つのボードゲームを制作中です。モックを作り、息子とテストプレイをして(ほぼ、ぼっちプレイですが。笑)アートワークも進めながら、修正を繰り返して…

  • おばけ屋敷の宝石ハンター、良い協力ゲームの条件

    息子と遊ぶために、はじめて「すごろくや」で買ったボードゲームが「おばけ屋敷の宝石ハンター」でした。息子はとにかく直接勝負が嫌い。負けるのが死ぬほど嫌い(笑)なので初めから協力ゲームを探していて、事前にルールを説明し、お店で選んでもらいました。 このゲーム、アートワークも素晴らしいですが、細かい所まで良くできていて、メカニクスに感動した覚えがあります。 良い協力ゲームの条件 協力ゲームをすごろく形式で表現しようと考えると、タワーディフェンス的な要素が強くなります。どこかにおばけが出現して、沢山増える前に倒しながら宝石を集める。その中で、いかにプレイヤー同士のつながりを作り出すか、このゲームの場合…

  • 「オニリム」攻略法

    息子と遊べる協力型ボードゲームを探していて見つけたオニリム。お試しでアプリを入れてみたのですが、実にハマりました。結局、ソリティア(一人遊び)として息子に内緒で遊んでいます(なんかすみません笑) けれど「オニリム」の良さが分からないという評判も理解できます。何をどうしたら良いというヒントが無さすぎなんですよね。傾向を見つけだし、自分なりの攻略法を思いつくというのが醍醐味のような気もしますが、私なりの攻略法を書いてみたいと思います(ネタバレ注意!) 枚数の違い オニリムでは、同じマークのカードを連続して場に出せないのですが、マーク、色で山札にある枚数が違います。太陽は赤9枚、青8枚、緑7枚、白6…

  • 「金星の商人」スピードアップ術

    「金星の商人」は宇宙を舞台にしたピックアンドデリバリー。「Board game Map」さんの記事を読み、これはSF好きには外せないと、プレイスタイルが14歳以上とあるにも関わらず(息子7歳)思い切って購入。当然、そのまま遊べるわけでもなく、ルールを簡略化して遊ぶことになります。 ※通常のゲーム紹介記事は他の方のブログをご覧くださいませ。 http://boardgamemap.com/ 時間短縮のための省略のポイント もともとこのゲーム、メカニクスはオーソドックスなすごろくで、プレイ感は軽いはずなのに、時間がかかりすぎるという懸念点がありました。そこで簡略化できるポイントの洗い出しをしました…

  • ボードゲームブログ

    いま小学生の息子がいます。息子と遊ぶため、様々なボードゲームに出会い、自分でもボードゲームを作りたい!と思うようになりました。 でも、幾つかアイデアはあるのですが、上手く形になりきれない。それ以前に、ボードゲームのメカニクスに詳しくない(笑) そこで、ボードゲームを自分なりに分析し、アウトプットしていこうと思います。