searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

naozouさんのプロフィール

住所
愛知県
出身
愛知県

自由文未設定

ブログタイトル
介護職員の独り言
ブログURL
https://www.kaigo-staff.net/
ブログ紹介文
高齢者介護に関わる事、介護・認知症・食事・健康・病気等を掲載していきます。
更新頻度(1年)

32回 / 194日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2014/10/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、naozouさんの読者になりませんか?

ハンドル名
naozouさん
ブログタイトル
介護職員の独り言
更新頻度
32回 / 194日(平均1.2回/週)
読者になる
介護職員の独り言

naozouさんの新着記事

1件〜30件

  • なぜ日本人に寝たきりが多いのか?

    日本人に寝たきりが多い3つの考察 1.終末医療に対する考え方の違い 2.生活環境の違い 3.カルシウム摂取量の違い 日本では欧米に比べると、寝たきりの高齢者が非常に多い国です。 一方欧米では、同じ先進国であるにも関わらず、寝たきりの高齢者はずい分と少ないようです。 今回は、なぜ日本人には寝たきりが多いのか、という問いについて考えてみましょう。 日本人に寝たきりが多い3つの考察 日本は「寝たきり大国」と呼ばれるほど、寝たきりの高齢者が増えている国です。厚生労働省の推計によると、2000年に120万人であった寝たきりの高齢者は、2025年にはその2倍の約230万人に増加すると見込まれています。 一…

  • 認知症患者の行動を自分の立場でイメージすることで理解しよう!

    認知症患者体験で視野を広げよう 受容する心が介護の質を高めていく 通常、私たちは介護士という立場を通じて認知症患者様と係わり合いを持ちます。 しかし、どれだけ介護技術や認知症に対する知識を付けたとしても具体的にイメージすることができていなければ現場で戸惑うことが多くなってしまいます。 認知症患者様がどのような想いを感じ、行動に移しているのか。 その一連の流れを自分の立場に置き換えてイメージする練習を行いましょう! 認知症患者体験で視野を広げよう もしもあなたが突然直前までの記憶を失ってしまい、全く見覚えのない場所で過ごしている自分に気付いたらどのような行動を取るでしょう? 多くの人は、今居る場…

  • デイサービスで行う1月のレクリエーション

    1月のレクリエーション 1年の始まりである1月。レクリエーションでは何を行いますか? みなさんでお正月をお祝いするのは、言うまでもありませんね。 お餅をべる・食べないは施設によって様々あるようですが、私が勤めていたデイサービスではお餅は止めて、小麦粉を水で練って、すいとんにして雑煮をお出ししていました。 気付かない方や気にしない方がほとんどではありますが、数名の方は「お餅じゃないのね」と残念そうにされていました。どちらを選ぶか…何を優先するか…慎重に判断したいところですね。 遊びも羽子板、かるた、福笑いなど、昔からの遊びがたくさんあるお正月。 本当に昔から変わらない遊びが多いですから、ルールは…

  • 1月の季節行事!高齢者のためのレクリエーション

    1月の行事とレクリエーション 1月は「お正月」や「冬」などのテーマをレクリエーションの中に取り入れていきます。 お正月におこなう「福笑い」やすごろくなどの遊びをそのままやってもいいと思います。 また音楽療法では初夢に出てくる縁起物の「富士山」の歌やその他冬にまつわる歌を取り入れていくと楽しいでしょう。 音楽レクリエーション「お正月すごろく」 高齢者レクリエーションとして部屋でおこなう「すごろく」は、床に広げて駒を動かしていくものではなく、少し変化させたすごろくゲームです。 特に施設など人数が多い場合や、足腰が弱い方に向けた椅子に座りながらおこなうもので、大きなサイコロを振って、いくつかのお題を…

  • エンディングノートをつかって希望の介護を!

    エンディングノートの基本 エンディングノートを記入する時の注意点 エンディングノートを介護に利用する。 エンディングノートの基本 最近、世間ではエンディングノートと言う言葉が当たり前のように聞こえてくるようになりました。 書店に行けば特設コーナーが設けられるほどノートの種類も増えており、数年前から比べるとその認知度も飛躍的に上昇しています。 なぜこれほどまでにエンディングノートに注目が集まっているのでしょうか。 そもそもエンディングノートは「終活」と言う、自分自身の最期に向けた活動を記録し、まとめておくノートのことです。 自分自身の最期について考えるので、その内容については、死んだ後のことだけ…

  • エンディングノートをつかって希望の介護を!

    エンディングノートの基本 最近、世間ではエンディングノートと言う言葉が当たり前のように聞こえてくるようになりました。 書店に行けば特設コーナーが設けられるほどノートの種類も増えており、数年前から比べるとその認知度も飛躍的に上昇しています。 なぜこれほどまでにエンディングノートに注目が集まっているのでしょうか。 そもそもエンディングノートは「終活」と言う、自分自身の最期に向けた活動を記録し、まとめておくノートのことです。 自分自身の最期について考えるので、その内容については、死んだ後のことだけでなく、例えば、介護をされる側になってしまった時、どのような介護を誰に何所でして欲しいかや、認知症になっ…

  • 高齢者の嚥下や誤嚥について

    高齢者が注意したい病気の中に肺炎がありますが、ウィルスの感染による発症だけではありません。 嚥下や誤嚥が元で肺炎になってしまう事もありますので、この2つは極力おこさないように注意しなくてはいけません。 そこで嚥下障害や誤嚥についてある程度知識を得ておく事で肺炎の予防にもつながっていきます。 誤嚥はおこさないようにする事が必要 誤嚥というとあまりピンとこないという人もいるかもしれませんが、食事の時の食べ物、飲み物、そして唾液などが気管の方に入ってしまって咳き込んでしまったという経験、ありませんか? それが誤嚥です。 気管に入ってしまった飲食物、唾液などに菌やウィルスが入り込んでしまうことが原因で…

  • 高齢者だからこそ歯磨きが大切!口腔ケアの重要性を学ぼう

    歯磨き不足が感染症や誤嚥性肺炎を招く!? 介護士が行えること 介護士が行えないこと(医療行為) 口腔ケアを怠ることによるリスク 簡単なのに効果的な口腔ケアを積極的に活用しよう! 「食事の後はちゃんと歯磨きしなさい!」って、子供の頃よく親に言われましたよね。 それじゃ大人はちゃんと毎食後に歯磨きをしているのかというと…実は高齢者になればなるほど習慣的に歯磨きをしている割合は減少しているのです。 「総入れ歯であれば虫歯になることも無さそうですし、無理に磨かなくても良いのでは?」と思ってしまいますが、決してそんなことはありません。 高齢者の方々が歯磨きを怠ることによって発生する様々なリスクを学び、歯…

  • 高齢者だからこそ歯磨きが大切!口腔ケアの重要性を学ぼう

    「食事の後はちゃんと歯磨きしなさい!」って、子供の頃よく親に言われましたよね。 それじゃ大人はちゃんと毎食後に歯磨きをしているのかというと…実は高齢者になればなるほど習慣的に歯磨きをしている割合は減少しているのです。 「総入れ歯であれば虫歯になることも無さそうですし、無理に磨かなくても良いのでは?」と思ってしまいますが、決してそんなことはありません。 高齢者の方々が歯磨きを怠ることによって発生する様々なリスクを学び、歯磨きの重要性について正しく理解しましょう。 歯磨き不足が感染症や誤嚥性肺炎を招く!? まず初めに、介護士が提供できる口腔ケアと医療行為となってしまう口腔ケアについて確認しておきた…

  • 発熱は命に関わる!?高齢者の発熱時に取るべき対応

    発熱は年齢・性別問わず様々な原因で起こりますが、免疫力が低下している高齢者の場合は重篤な症状へ発展してしまうケースもあり、発熱時は適切な対応が求められます。 高齢者の発熱の原因やその対応について書いていきます。 発熱の定義と発熱の原因になる疾患について 高齢者が発熱した場合、まずどうして発熱したのかを考えますよね。そこで簡単に発熱の定義について紹介し、発熱の原因になる事の多い疾患をまとめたいと思います。 発熱とは? 体温は1日のうち朝が一番低く、夕方に最も高くなります。一般的には37~38℃が微熱で、38℃以上計測されると高熱と判断されます。体温には個人差があり、平均よりも子供はやや高めで高齢…

  • 介護職による医療行為について

    多くの介護職が医療行為を行っている現状 介護職が医療行為を行うことは、皆さんがご存じであると思いますが違法行為になります。 しかし実際には、多くの介護職が何らかの医療行為を経験したことがあるのが実情であり、今後も増加する高齢者を取り巻く問題の一つであると言えるでしょう。 私の周囲でも医療行為を介護職が行ってしまい、問題になることがしばしばありました。大きな事故に繋がってしまう事例は是非避けたいものです。 介護職が医療行為を行う理由 違法である医療行為をなぜ行ってしまうかという理由は、様々なものが挙げられます。 一つは、現場で依頼されることがあります。 私は実際に依頼されて悩んでいる介護職に何度…

  • 高齢者の命を奪う!気をつけたい食中毒対策

    気をつけたい食中毒対策 手洗いを正しく行う 手のケガや傷がある人は調理を行わない 食材を流水で十分に洗う まな板・包丁を、野菜と肉類で替える 食材の適切な保存温度を保つ 調理後2時間以内に食べてしまう 中心温度75℃で1分以上の加熱を行う 消毒用エタノール、台所用漂白剤を利用する 特別な注意が必要なノロウィルス対策 1年を通して猛威を振るう食中毒。 体力や抵抗力の弱った高齢者では、命に関わる危険があるため注意が必要です。 気をつけたい食中毒対策 食中毒予防には、3原則と呼ばれる対策の方針があります。 菌をつけない :食材に付着した細菌を洗い流す、新たに細菌を付着させない 菌を増やさない :温度…

  • 高齢者の命を奪う!気をつけたい食中毒対策

    1年を通して猛威を振るう食中毒。 体力や抵抗力の弱った高齢者では、命に関わる危険があるため注意が必要です。 気をつけたい食中毒対策 食中毒予防には、3原則と呼ばれる対策の方針があります。 菌をつけない :食材に付着した細菌を洗い流す、新たに細菌を付着させない 菌を増やさない :温度管理を徹底し、細菌の増殖を防ぐ 菌を殺す :加熱などによって細菌の感染力を失わせる これらの基本方針に沿うことで、体内に入る細菌やウィルスを減らし、食中毒のリスクを下げることができます。 以下、原則に沿って、気をつけたい食中毒対策を考えてみましょう。 手洗いを正しく行う 手洗いは、もっとも基本的で効果の高い食中毒予防…

  • 介護職に多いうつ病の症状と予防法、セルフケアについて

    うつ病とは? こんな症状は要注意!うつ病の症状 心の症状 身体の症状 自分でできるセルフチェック 介護職がうつ病を発症してしまう原因 慢性的な人手不足 人間関係 リフレッシュできない環境 うつ病にならないためにできること うつ病かも…と思ったら 超高齢化社会に伴い、多種多様な高齢者支援施設が続々とオープンしていますが、背景には介護をする職員のうつ病発症が隠れているケースも少なくないという事はご存知でしょうか。増え続ける高齢者を支える世代が体調を崩していては、元も子もありません。 うつ病は1度発症してしまうと仕事の継続が困難になるケースもあり、仕事を辞めたとしてもその後の生活に大きな影響を与える…

  • 介護職に多いうつ病の症状と予防法、セルフケアについて

    超高齢化社会に伴い、多種多様な高齢者支援施設が続々とオープンしていますが、背景には介護をする職員のうつ病発症が隠れているケースも少なくないという事はご存知でしょうか。増え続ける高齢者を支える世代が体調を崩していては、元も子もありません。 うつ病は1度発症してしまうと仕事の継続が困難になるケースもあり、仕事を辞めたとしてもその後の生活に大きな影響を与える事にもなり兼ねません。 通院や内服治療が続く事で、仕事どころか外出もできなくなってしまうなど、うつ病はみなさんが思っている以上に治療や完治が難しい疾患と言えます。 介護職に多いうつ病について理由などをまとめると共に、予防法やセルフケアの方法につい…

  • 化粧療法は認知症の症状が和らぐ新しいケア方法

    化粧で認知症の症状が和らぐ? 心理面や身体面、周囲との関わりでプラスの効果 心理面での効果 周囲との関わりについての効果 身体的な効果 普及には課題が残る化粧療法 化粧療法という言葉をご存じでしょうか。 認知症を患った高齢女性に化粧療法を実施することで、心や体に良い効果があるという報告がされています。 新しい認知症高齢者のケア方法である化粧療法についてご紹介します。 化粧で認知症の症状が和らぐ? 化粧療法は、病気が原因で心理的な問題を抱える患者さんや、認知症を患った高齢者に対して、「化粧を行う」という新しいケア手法です。メイクセラピーやコスメティックセラピーとも呼ばれています。 とくに、認知症…

  • 化粧療法は認知症の症状が和らぐ新しいケア方法

    化粧療法という言葉をご存じでしょうか。 認知症を患った高齢女性に化粧療法を実施することで、心や体に良い効果があるという報告がされています。 新しい認知症高齢者のケア方法である化粧療法についてご紹介します。 化粧で認知症の症状が和らぐ? 化粧療法は、病気が原因で心理的な問題を抱える患者さんや、認知症を患った高齢者に対して、「化粧を行う」という新しいケア手法です。メイクセラピーやコスメティックセラピーとも呼ばれています。 とくに、認知症を患った女性の高齢者では、化粧をすることで、気持ちが前向きになったり、会話が増えたりといった、心理面でプラスの効果があることが報告されています。 さらに、精神面だけ…

  • 高齢者の方たちが出会う場所、充実した生活で楽しい人生を!

    高齢者の生活について 高齢者が出会いを求める理由 自分の体調に関して 老後のパートナーとして 友人として 高齢者の出会いの場について質問して見ました。 インターネット上でも、高齢者向けの出会いの場などのサイトが増えつつあります。 悪質なサイトには気をつけて 高齢者の出会いの場とはどういったものなのでしょうか。 高齢者と聞くと、時間に余裕があるイメージを持っている人も少なくないですよね。 仕事をリタイアしても元気な高齢者が多い中で、出会いの場が少なくなってしまうのは仕方のない事かも知れません。 出会いが少ない中で人間関係を構築するためには、どうしたら良いのでしょうか。 自分の残された余生を充実さ…

  • 高齢者の方たちが出会う場所、充実した生活で楽しい人生を!

    高齢者の出会いの場とはどういったものなのでしょうか。 高齢者と聞くと、時間に余裕があるイメージを持っている人も少なくないですよね。 仕事をリタイアしても元気な高齢者が多い中で、出会いの場が少なくなってしまうのは仕方のない事かも知れません。 出会いが少ない中で人間関係を構築するためには、どうしたら良いのでしょうか。 自分の残された余生を充実させた方が認知症などの疾患予防に繋がるという研究結果も出ています。 高齢者の生活について 高齢者の生活と聞いて思い浮かべるのは、仕事をリタイアして自分の時間を悠々自適に満喫しているイメージでしょうか。 まだまだ働きたいと仕事を続ける人も多いですよね。 健康面や…

  • 高齢者の脱水に注意!なぜ高齢者は水分が不足しやすいのか?

    なぜ高齢者では脱水を起こしやすいのか? のどの渇きを感じにくくなる 腎臓の働きが落ちる 食事量が減る 脱水の兆候は体のあちこちに現れる 皮膚の張りがなくなる(ツルゴールの低下) 口の周りや口の中が乾いている(口腔粘膜の乾燥) わきの下が乾燥している(腋下乾燥) 爪の毛細血管に血液が戻るのが遅くなる(毛細血管再充満時間の延長) 高齢者では、体の機能の衰えにより、食事量が少なくなり、栄養不良を起こしやすいことが言われています。 中でも、水分は、不足すると脱水を起こし、時に命に関わる状態を引き起こします。 高齢者でもっとも不足しがちな栄養素、水分についてお話します。 なぜ高齢者では脱水を起こしやすい…

  • 高齢者の脱水に注意!なぜ高齢者は水分が不足しやすいのか?

    高齢者では、体の機能の衰えにより、食事量が少なくなり、栄養不良を起こしやすいことが言われています。 中でも、水分は、不足すると脱水を起こし、時に命に関わる状態を引き起こします。 高齢者でもっとも不足しがちな栄養素、水分についてお話します。 なぜ高齢者では脱水を起こしやすいのか? 高齢になると、水分の不足に気づきにくくなり、いつの間にか脱水を起こしているケースがあります。 なぜ加齢とともに、水分が不足しやすくなるのでしょうか。その理由をご紹介します。 のどの渇きを感じにくくなる 通常、体の水分が足りなくなると、脳の中心部にある口渇中枢(こうかつちゅうすう)という水分量センサーが反応します。 口渇…

  • 高齢者に不足しがちな栄養素

    高齢者に不足しがちな栄養素のポイント タンパク質 タンパク質を多く含む食品 ビタミンB6、ビタミンB12、鉄分 ビタミンや鉄分を多く含む食品 カルシウム カルシウムを多く含む食品 年齢を重ねられると、食事や健康面でのさまざま問題が生じてきます。 とくに、食事が満足に食べられない、病気のために思ったように活動できないといった悩みは、ご高齢者から毎日の喜びを奪うとともに、生活の質を大きく下げてしまう要因となります。 そのようなお悩みの解決やさらなる喜びの発見に少しでもお役に立てればと思っております。 この記事は高齢者に不足しがちな栄養素についてポイントをまとめました。 栄養的な内容に少し踏み込んだ…

  • 高齢者に不足しがちな栄養素

    年齢を重ねられると、食事や健康面でのさまざま問題が生じてきます。 とくに、食事が満足に食べられない、病気のために思ったように活動できないといった悩みは、ご高齢者から毎日の喜びを奪うとともに、生活の質を大きく下げてしまう要因となります。 そのようなお悩みの解決やさらなる喜びの発見に少しでもお役に立てればと思っております。 この記事は高齢者に不足しがちな栄養素についてポイントをまとめました。 栄養的な内容に少し踏み込んだ食事を考える手助けになりましたら幸いです。 高齢者に不足しがちな栄養素のポイント 高齢者では、食べ物を消化・吸収する力が衰えたり、噛んだり飲み込んだりする力が衰えることで、食事の量…

  • 高齢者の食事で気を付けたい4つのポイント

    高齢者の食事で起こりがちな問題 水分の摂取が少なくなる 水分をこまめに摂取 食べ物を噛む力が弱まる 入れ歯を調整する&噛み切りにくい食材を避ける 食べ物をうまく飲み込めない 飲み込みやすい食事にする 胃もたれで食事量が減る 脂や繊維の多い食事はほどほどに 高齢者は、体の機能や筋力の衰えなどで、食事にさまざま注意が必要になってきます。 時に、それらが原因で食事が食べられなくなり、栄養不良に陥ることもあります。 高齢者の食事を考える上で気を付けたいポイントについて書いていきます。 高齢者の食事で起こりがちな問題 高齢になると、食事に関するさまざまな問題が起こってきます。 それらは、主に加齢による機…

  • 高齢者の食事で気を付けたい4つのポイント

    高齢者の食事で起こりがちな問題 水分の摂取が少なくなる 水分をこまめに摂取 食べ物を噛む力が弱まる 入れ歯を調整する&噛み切りにくい食材を避ける 食べ物をうまく飲み込めない 飲み込みやすい食事にする 胃もたれで食事量が減る 脂や繊維の多い食事はほどほどに 高齢者は、体の機能や筋力の衰えなどで、食事にさまざま注意が必要になってきます。 時に、それらが原因で食事が食べられなくなり、栄養不良に陥ることもあります。 高齢者の食事を考える上で気を付けたいポイントについて書いていきます。 高齢者の食事で起こりがちな問題 高齢になると、食事に関するさまざまな問題が起こってきます。 それらは、主に加齢による機…

  • 介護に関わる4種類のリハビリテーション専門職

    理学療法士(PT) 作業療法士(OT) 言語聴覚士(ST) 視能訓練士(ORT) 介護に深く関わるリハビリテーション リハビリテーション専門職として、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士の4種類があります。 それぞれ人体の機能回復や応用能力のリハビリに携わる似通った医療職ですが、その役割には明確な区分があります。 リハビリテーション専門職4種類について、それぞれの役割の違いを比較しながらご紹介します。 理学療法士(PT) 理学療法士は、理学療法という治療方法を使って、日常生活の中で必要な基本的な動作能力の回復のために、トレーニングを実施する医療専門職です。 理学療法とは、基本的な動作…

  • 介護に関わる4種類のリハビリテーション専門職

    介護に深く関わるリハビリテーション 理学療法士(PT) 作業療法士(OT) 言語聴覚士(ST) 視能訓練士(ORT) 介護に深く関わるリハビリテーション リハビリテーション専門職として、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、視能訓練士の4種類があります。 それぞれ人体の機能回復や応用能力のリハビリに携わる似通った医療職ですが、その役割には明確な区分があります。 リハビリテーション専門職4種類について、それぞれの役割の違いを比較しながらご紹介します。 理学療法士(PT) 理学療法士は、理学療法という治療方法を使って、日常生活の中で必要な基本的な動作能力の回復のために、トレーニングを実施する医療専門…

  • 高齢者がペットを飼う時に気をつける事

    ペットを飼うことによる利点 飼い主に何かあったら・・・ マイナス面も理解する 命を考える ペットを飼うことによる利点 高齢者のペット問題が深刻化しています。一人暮らしの高齢者は増える一方ですが、それに比例するようにペットを飼う高齢者も増えています。 確かにペットを飼うことにより人は非常に癒されますし、散歩などで一緒に外に出れば、同じ様にペットを飼っている人との交流も芽生えます。 そうなることで、一人暮らしの孤独感からも救われますし、人とのコミュニケーションを積極的に取るようにもなり、内向きになりがちな高齢者もいきいきとした毎日が送れるという利点があります。 飼い主に何かあったら・・・ しかしそ…

  • 高齢者がペットを飼う時に気をつける事

    ペットを飼うことによる利点 飼い主に何かあったら・・・ マイナス面も理解する 命を考える ペットを飼うことによる利点 高齢者のペット問題が深刻化しています。一人暮らしの高齢者は増える一方ですが、それに比例するようにペットを飼う高齢者も増えています。 確かにペットを飼うことにより人は非常に癒されますし、散歩などで一緒に外に出れば、同じ様にペットを飼っている人との交流も芽生えます。 そうなることで、一人暮らしの孤独感からも救われますし、人とのコミュニケーションを積極的に取るようにもなり、内向きになりがちな高齢者もいきいきとした毎日が送れるという利点があります。 飼い主に何かあったら・・・ しかしそ…

  • 介護職のパワハラによる人間関係のトラブル

    介護職におけるストレス原因第1位は、何だと思いますか? 実は、「職場における人間関係のトラブル」なのです。 介護職と聞くと「キツイ、苦しい、汚い」のいわゆる「3K」仕事だと思いつきやすいのですが、実際のところ、介護職を選ぶ人は、お年寄りが大好きだったり、誰かの役に立ちたいという尊い志を持って始めている人が多く、高齢者のお世話や体力的な面が大変という点ではそこまでストレスは感じていないようです。 それよりも、同僚との足の引っ張り合い、リーダーや上司からのパワハラなど、人間関係のトラブルで心が折れてしまうことの方が多く、そこが辛くて介護職から離れてしまう人も少なくありません。 せっかく胸に抱いた尊…

カテゴリー一覧
商用