FUNK OF AGES
住所
南区
出身
ハンドル名
groovyhallastoopidさん
ブログタイトル
FUNK OF AGES
ブログURL
http://blackfunk.blog.jp/
ブログ紹介文
Funkin For Fun, Keep On Groovin
自由文
-
更新頻度(1年)

161回 / 281日(平均4.0回/週)

ブログ村参加:2014/10/15

groovyhallastoopidさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,126サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,926サイト
R&B・ソウル 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 299サイト
ブラックミュージック 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 48サイト
今日 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,126サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,926サイト
R&B・ソウル 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 299サイト
ブラックミュージック 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 48サイト
今日 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,126サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
音楽ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 27,926サイト
R&B・ソウル 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 299サイト
ブラックミュージック 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 48サイト

groovyhallastoopidさんのブログ記事

1件〜30件

  • 1980 / B.T. Express

    1980 / B.T. Express Roadshow '80 70年代のニューヨークを代表するファンク・バンドのひとつ、BTエクスプレス。70年代半ばには、「Do It('Til You're Satisfied)」や「Peace Pipe」などの大ヒットを飛ばし、その汗臭くタフで埃っぽいディスコ・ファンクはなかなかに魅力

  • In God We Trust / Brand Nubian

    In God We Trust / Brand Nubian Elektra '92 ニュー・スクール名盤として名高い1stアルバム『One For All』リリース後、中心メンバーのグランド・プーバが脱退してしまったブランド・ヌビアン。MCとしてのスキルやキャリアがグループ内で突出した存在で、プロデュース/

  • Cockadoodledo / Momma Stud

    Cockadoodledo / Momma Stud Virgin '91 ロスで結成された黒白混合5人組バンド、モマ・スタッド。どうやら現在も活動を続けているようだが、アルバムは1991年の本作『Cockadoodledo』1枚のみ。91年当時に自分が本作を買った最大の理由は、あのバーニー・ウォーレルがプロ

  • General Crook

    General Crook Wand '74 シカゴのシンガー・ソングライター/キーボード奏者、ジェネラル・クルック。80年代にウィリー・クレイトンに楽曲提供したことが最も知られている実績だと思うが、60年代末から自身のシングルをリリースするなど活動しており、アルバムは本作1枚の

  • Eddie Bo's Funky Funky New Orleans

    Eddie Bo's Funky Funky New Orleans Funky Delicacies '99 「The Hook And Sling」をはじめ、数々のファンク・クラシックを生み出したニューオリンズのシンガー/プロデューサー/鍵盤奏者、エディー・ボー。シングル・デビューは50年代半ばなれど、初めてアルバムをリリ

  • Where I'm Coming From / Stevie Wonder

    Where I'm Coming From / Stevie Wonder Motown '71 スティーヴィー・ワンダーが初めてセルフ・プロデュースを行ったアルバムは1970年の『Signed, Sealed, Delivered I'm Yours』だが、(質は高いが)まだ従来のモータウンのポップ公式から逸脱するほどの作品ではなかっ

  • Creative Sounds Of The Organization / Organization

    Creative Sounds Of The Organization / Organization Wirl '74 バルバドス産レア・グルーヴの激レア盤として知られるクリエイティヴ・サウンズ・オブ・ジ・オーガニゼーション。まさかこんなブツまで4年も前にアナログ再発されていたとは知らなかった(CDでは再発されて

  • Skin / Ephraim Lewis

    Skin / Ephraim Lewis Elektra '92 UK出身の男性R&Bシンガー、イーフレイム・ルイスの唯一のアルバム『Skin』。本作がリリースされた92年当時、本国UKで80年代末に瞬く間に広がったグラウンド・ビートは既にピーク・アウトし始め、代わりにアシッド・ジャズが勢いを見せて

  • Scars And Pain / Jemini The Gifted One

    Scars And Pain / Jemini The Gifted One Mercury '95 ブルックリン出身のMC、ジェミニ・ザ・ギフティッド・ワンのプロモ・オンリーの7曲入りEP盤。本作のトピックはやはり、全盛期のバックワイルドとオーガナイズド・コンフュージョンがそれぞれ2曲ずつプロデュースして

  • The Live Mix Part 2 / Breakestra

    The Live Mix Part 2 / Breakestra Stones Throw '00 ロサンゼルスを拠点に活動するファンク・バンド、ブレイケストラ。彼らの最大の特徴は、その名前の由来にもなったのだろう、ブレイクビーツを生バンドでノンストップで演奏するスタイル。当初カセットテープで出回った

  • Loose And Juicy / The Pazant Bros. & The Beaufort Express

    Loose And Juicy / The Pazant Bros. & The Beaufort Express Vanguard '75 プーチョ&ザ・ラテン・ソウル・ブラザーズのメンバーとして、ラテン・ジャズ・ファンク傑作の『Jungle Fire!』や『Yania』などの録音にも参加したエディーとアルのパザント兄弟。60年代末頃から

  • Reaching Out / Freda Payne

    Reaching Out / Freda Payne Invictus '73 モータウンの専属ライターとして夥しい数の名曲・ヒット曲を生み出した作曲チーム、ホランド・ドジャー・ホランド。彼らがモータウン離脱後に設立したレーベルであるインヴィクタス及びホット・ワックスは、モータウンがLAに去っ

  • Savege! / Don Julian

    Savege! / Don Julian Money '73 50年代から自身のヴォーカル・グループを率いて活動していたという、テキサス出身のミュージシャン、ドン・ジュリアン。彼が73年に制作したブラックスプロイテーション映画のサウンドトラック『Savage!』は、『Superfly』クラスとは言わな

  • Moods And Grooves / Ju-Par Universal Orchestra

    Moods And Grooves / Ju-Par Universal Orchestra Ju-Par '76 ジュ・パー・レコーズは1976年から1978年のごく短期間存在したデトロイトのレーベルで、Discogsによるとその間のリリース数はアルバム・シングル合わせて僅か10枚のみ。そんな弱小ドマイナー・レーベルの1st

  • My Mind Set Me Free / The House Guests meet The Complete Strangers & Bootsy, Phelps & Gary

    My Mind Set Me Free / The House Guests meet The Complete Strangers & Bootsy, Phelps & Gary Shake It '19 ブーツィー・コリンズがJB'sを脱退したのがおそらく1971年3月、ブーツィーがPファンクに本格合流した最初のパーラメントのシングル「Up For The Down Stroke」

  • Do Your Thing / Isaac Hayes & The Bar-Kays

    Do Your Thing / Isaac Hayes & The Bar-Kays Now-Again '16 アイザック・ヘイズの『Shaft』に収録された19分半にも及ぶ大曲「Do Your Thing」。(大幅に尺を縮小して)シングル・リリースもされたこの曲は、ヘイズの代表曲のひとつでもあるが、実際にレコーディングされ

  • The Wooden Glass Recorded Live featuring Billy Wooten

    The Wooden Glass Recorded Live featuring Billy Wooten Interim '72 ニューヨーク出身のヴィブラフォン奏者、ビリー・ウッテンは、70年代に入るとインディアナポリスに活動の拠点を移す。70年代初めにはグラント・グリーンのバンドに加入。ほどなくしてグリーンのバンド

  • It's Your Thing / Senor Soul

    It's Your Thing / Senor Soul Double Shot '69 ウォーの前身バンドとして語られることも多いセニョール・ソウル。Discogsにはセニョール・ソウルのメンバーとして、BBディッカーソン、チャールズ・ミラー、ハロルド・ブラウン、ハワード・スコット、ロニー・ジョーダン、

  • Flute Funk

    フルート。ファンクやソウルではあまり重用されることのない楽器。サックスやトロンボーン、トランペットなどホーン・セクションをバッチリ揃えているファンク・バンドでも、そこにフルート奏者が含まれていることはかなり稀だ。しかし、ヒップでメロウ、妖しくもミステリア

  • In Togetherness "Mr. D.J." / Judy Pollak featuring 33 1/3

    In Togetherness "Mr. D.J." / Judy Pollak featuring 33 1/3 Chatsford '77 白人女性シンガーのジュディ・ポラック+デトロイト周辺で活動していたらしいコーラスの黒人男性3人により録音された本作。リリース元のレーベルは、本作とここからのシングル1枚の合計2枚をリ

  • Bobby Boyd

    Bobby Boyd Tiger Lily '76 ニューヨークで結成されたボビー・ボイド率いるバンド、コングレス。その後バンドはフランスへと渡り録音されたアルバム『Bobby Boyd Congress』はレア・グルーヴ名盤と知られているが、アルバム・リリース後にボビーは1人でアメリカへ帰国。フ

  • 20Ten / Prince

    20Ten / Prince NPG '10 『Musicology』 『3121』 『Planet Earth』とメジャー・レーベルからのリリースが続き、またヒットも記録したことで何度目かの黄金期を迎えた00年代半ばのプリンス。しかしながら、その後はまた気紛れに表舞台から遠ざかったように見え、活動が分

  • Game Plan/Actual Facts / Lord Finesse

    Game Plan/Actual Facts / Lord Finesse Penalty Recordings ’96ディギン・イン・ザ・クレイツの番頭格、ロード・フィネスがこれまでにリリースしたオリジナル・アルバムは3枚のみ(未発表曲集などは除く)。どの作品も好きなのだが、やはり最高傑作は3rdアルバム『The Aw

  • Shuckin' 'N Jivin' / Johnny Lewis Quartet

    Shuckin' 'N Jivin' / Johnny Lewis Quartet Jaro '72 60年代からプロとしての活動を開始したというシアトルのサックス奏者、ジョニー・ルイス。70年代に入ると自身のカルテットを結成、地元のライヴ・ハウスのハウス・バンドとして起用された。本作『Shuckin' 'N Jivin'

  • Money / Nath & Martin Brothers

    Money / Nath & Martin Brothers Kabana '74 アフリカ最大の人口を誇るナイジェリアは、アフロ・ファンク大国でもある。当ブログでこれまでに取り上げたアフロ・ファンクものの作品の大半がナイジェリア産。やはりアフロ・ビートの開祖、フェラ・クティの影響力は絶大で、

  • It's About Time / Marvin Holmes

    It's About Time / Marvin Holmes BDR '83 ベイエリアのマイナーなレーベル、ブラウン・ドアを主宰し、自身のバンドであるジャスティスを率い同レーベルから2枚のアルバムをリリースしたギタリスト、マーヴィン・ホームズ。その2枚のアルバム『Summer Of ’73』『Honor Th

  • Message From West To West Luv N' Haight Collection

    Message From West To West Luv N' Haight Collection Seven Seas '03 ファンク/ジャズ・ファンク/レア・グルーヴを中心とした発掘・リイシュー作業で知られるカリフォルニアの名門レーベル、Luv N' Haight。『Bay Area Funk』や『California Soul』などの優良コンピレ

  • Afro-Desia / Lonnie Smith

    Afro-Desia / Lonnie Smith Groove Merchant '75 オルガン・ジャズ・ファンクの大家、ロニー・スミス。70年代初頭まではブルーノートからリーダー作をリリースしていたが、71年には新興のクドゥへ移籍し『Mama Wailer』をリリース。しかしどういうワケかクドゥからはこの

  • Wide Open / General Kane

    Wide Open / General Kane Motown '87 ウォー人脈の後ろ盾を得て77年にアルバムをリリースしたブーティー・ピープルを前身とする、LAの超重量級ファンク・バンド、ジェネラル・ケイン。バンドを主導するリーダーでベーシストのミッチ・マクドウェルは、Pファンクからの影

  • Cutting The Chord / Mother Freedom Band

    Cutting The Chord / Mother Freedom Band All Plutinum '77 ミッキー&シルヴィア・ロビンソン夫妻の主催するニュージャージーのレーベル、オール・プラチナムからリリースされた、マザー・フリーダム・バンドの唯一のアルバム『Cutting The Chord』。このバンドの素性に