searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

窪田恭史のリサイクルライフさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
窪田恭史のリサイクルライフ
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/hardworkisfun
ブログ紹介文
古着を扱う横浜の襤褸(ぼろ)屋さんのブログ。日記、繊維リサイクルの歴史、ウエスものがたり、リサイクル
更新頻度(1年)

86回 / 365日(平均1.6回/週)

ブログ村参加:2014/09/27

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、窪田恭史のリサイクルライフさんの読者になりませんか?

ハンドル名
窪田恭史のリサイクルライフさん
ブログタイトル
窪田恭史のリサイクルライフ
更新頻度
86回 / 365日(平均1.6回/週)
読者になる
窪田恭史のリサイクルライフ

窪田恭史のリサイクルライフさんの新着記事

1件〜30件

  • 2020年4月アクセスランキング

    4月7日、東京ほか5つの都道府県に緊急事態宣言が出され、ほどなく全国に拡大しました。色々と慌ただしくしているうちに5月、先の見えない状況を不安ととるか、そもそも先というのは予測不能なものだと考えるか。それは、それぞれ受け止め方次第ですが、少なくとも自分が今ここにいるというという事実だけは見失わないようにしたいものです。もう一つ、日本は春の衣替えのピークを迎えつつあります。既に弊社HPでもお知らせしておりますが、世界各国で外出制限、企業活動停止等の措置が取られている結果、現在衣類リサイクルの流れは完全にストップしている状況です。今の段階で具体的にいつ動き出すかを申し上げることは困難ですが、みなさまには衣替えをお済ませになられた後も、衣類の排出はできる限り7月以降までお控え頂き、衣類発生の分散にご協力いただけますよ...2020年4月アクセスランキング

  • 2020年3月アクセスランキング

    桜が見頃ではありますが、世界中で猛威を振るう新型コロナウィルス一色でそれどころではなかった3月でした。今日から新年度ですが、昨今の状況は1年後と雖も誰にも予想できないということを思い知らされます(1年前の今日は新元号の発表がありり、新時代のムードでした)。僕の子供も入学式が中止、授業も5月に延びるのではないかという雰囲気です。みなさんも公私にご苦労されていると思いますが、1日も早い正常化を目指して辛抱していきたいと思います。さて、その様な中で3月も沢山の方にブログをご覧いただきありがとうございました。3月にアクセスの多かった記事、トップ10をご紹介したいと思います。詳しいことは分からないのですが、3月上旬に新型コロナウイルスの影響で全国で休校が相次ぎ、給食用牛乳が窮地に立たされたことから、酪農家を応援しようとい...2020年3月アクセスランキング

  • ようやくFACSの認定とれました

    新型コロナウィルス感染拡大防止策として、神奈川県知事から外出自粛要請の出た3月最後の週末。その上、29日(日)には桜が満開にもかかわらず、関東地方を寒波が多い、温かい横浜でも暖冬の今年としては初めてといってよい積雪が見られました。このように家にこもらざるを得ない時間をどう過ごそうかということで、3年半ほど前からやろうと思いながらやらずじまいで来ていた、FacialActionCodingSystemのFinalTestに挑戦することにしました。FacialActionCodingSystem(FACS)というのは、表情分析のパイオニアであるP.エクマン、W.V.フリーセンらが開発した、表情分析の分析ツールの事です。このFACSによる表情のコード化(2009年のアメリカのTVドラマ『ライ・トゥ・ミー嘘は真実を語る...ようやくFACSの認定とれました

  • 鈴華荘行ってきました!-創作中華(飯倉片町)

    昨年8月にオープンした、日頃公私でお世話になっている状元楼さんの姉妹店「鈴華荘」。ちょうど9月から半年間、月1で神谷町へ行く用事ができ、昨日はその最終日の打ち上げということで、ようやくお邪魔することができました。飯倉片町の交差点、フェラーリの販売店の隣にお店はあります。中洋折衷の高級感のある店内は、1920年代の上海租界をイメージした状元楼本店の流れを汲んでいるようにも感じられますが、より現代的、都会のオーセンティック・バーに少しカジュアルな要素も感じさせる、重厚感がありながらも重すぎない雰囲気です。冒頭の写真は、好物の「鶏肉の唐揚げ油林ソース(油淋子鶏)」ですが、6名で色々試してみたかったので、今回はアラカルトで行くことにしました。写真右側の徳利は甕だし紹興酒。実は状元楼さんには弊社の社名入りの徳利を作ってい...鈴華荘行ってきました!-創作中華(飯倉片町)

  • 福岡県産パクチーを愉しむ会-福扇華(半蔵門)

    3月20日、風は強かったですが、暖かな春の陽気。今週開花した桜も一気に進むことでしょう。僕個人としても今年に入って初めての三連休、お誘いいただいた「福岡県産パクチーを愉しむ会」のため、半蔵門にある福岡県のアンテナレストラン「福扇華」(福岡)へ行ってきました。広々としたモダンな造りの店内は、福岡の特産品販売や工芸品が飾られ、もちろん福岡産の食材、食器を使ったメニューを愉しむことができます。半蔵門駅から皇居方面に向かって5分かからないくらいですので、アクセスも便利ですね。早速ですが、ぬる燗のパクチー酒(冒頭写真)から。そして初めに生産者の久留米、香月菜園代表、香月勝昭さんよりパクチー生産を始めてから生産量日本一になるまでのお話や、パクチーへの想いなどを伺いました。香月菜園さんでは、パクチー以外にも様々な葉物野菜を生...福岡県産パクチーを愉しむ会-福扇華(半蔵門)

  • 野毛界隈おじさんぽー百萬石・鳥鳥・宮川橋もつ肉店

    ご縁あって、おじさん4人で野毛界隈をはしごしました。桜木町駅の改札で少し観察したのですが、帰宅ラッシュの時間帯、桜木町駅南改札を通過した電車1本分の降客で、マスクをしていなかったのは28名ほどでした。それ位、皆さんマスクで感染症ないし花粉症対策をされているようです。最初にお邪魔したのは、鮪で有名な「百萬石」。ここへ来るのは7、8年振りですが、初めに軽くマグロづくし。まずお通しが本格的過ぎて、お通しとは思えません(冒頭写真)。正式な名前は分かりませんが、鮪の竜田揚げ煮のようなものです。続いて、スパイスの効いた鮪カマの唐揚げ。ケンタッキーフライドチキン並にしっかりと味付けがしてあります。そして名物、鮪の中でも一番おいし部位と言われる、脳天(ハチの身)の刺身。柔らかく旨味があり、これはぜひお勧めしたいです。さらに豪快...野毛界隈おじさんぽー百萬石・鳥鳥・宮川橋もつ肉店

  • 水芭蕉・谷川岳の試飲会に行ってきました

    3月4日、群馬・永井酒造さんの「水芭蕉」と「谷川岳」の試飲会へ行ってきました。試飲会場は東神奈川の「ほっこり酒処千」です。年に1、2回こうした試飲会が催されるのですが、行けたり行けなかったりで、「鶴齢」以来1年振りの参加となりました。永井酒造さんがあるのは、群馬県利根郡川場村。北には尾瀬ヶ原があり、利根川の源流域に位置する川場村。硬度50mg/ℓほどの良質な軟水が豊富です。上の写真はこれから試飲する「水芭蕉」の仕込み水。いつもYMSでお世話になっている、米・食味鑑定士の芦垣裕さんによれば、川場村は「雪ほたか」と呼ばれる、「米・食味分析鑑定コンクール国際大会」で10年連続金賞受賞、2016年には「世界一高いお米」としてギネス認定されたという、高級ブランド米(コシヒカリ)の産地でもあるそうです。また、人口3,500...水芭蕉・谷川岳の試飲会に行ってきました

  • 2020年2月アクセスランキング

    連日コロナウィルスに関連する報道が世間を賑わせ、世界的な混乱は収まる気配を見せませんが、一日も早い終息と、日常の正常化を願っております。さて、早くも3月となりましたが、2020年2月にアクセスの多かった記事、トップ10です。まず1つ順位を下げ3位でしたが、先月に引き続き「2020年新年会を開催しました」に多くのアクセスがありました。常連の2位「エコノミーとエコロジーの語源」は35ヶ月連続、5位「Yema(イェマ)-フィリピンのお菓子」は14ヶ月連続です。6年半も前に投降した記事、9位「葉巻とお酒のマリアージュを楽しむ会」が突然のランクイン、原因は不明です。4位「やっとたどり着いたパエージャ・ランチーCASADEFUJIMORI(関内)」は、さすが地元の老舗という気がいたします、多くのアクセスがありました。2月は...2020年2月アクセスランキング

  • 第16回ネゴシエーション研究フォーラムに参加しました

    2月22日、日本交渉協会主催の第16回ネゴシエーション研究フォーラムに参加してきました。今回は、日本交渉学会副会長であり、一橋大学法科大学院特任教授、そして国際弁護士の射手矢好雄様より「ライシャワー博士の思い出と交渉の極意」と題してお話しいただきました。ライシャワー博士とは、故エドウィン・O・ライシャワー元駐日大使(1910‐1990)のことです。ライシャワー博士は占領時代の色が濃く残る1961年に駐日大使として赴任。「イコール・パートナーシップ(対等な日米関係)」を掲げ、日米関係の改善と強化に尽力されました。1972年の沖縄返還も博士の努力が大きく影響したと言われています。日本交渉学会も日本交渉協会も共に日本における交渉学のパイオニアである藤田忠先生が設立された団体であり、ライシャワー博士を交渉のロールモデル...第16回ネゴシエーション研究フォーラムに参加しました

  • なぜか戻ってきたくなる味ー元祖赤のれん和亭/久留米ラーメン玄竜

    近頃は福岡に行ってもラーメンを食べることはめっきり少なくなりました。嫌いになったというのではなく、今や関東はおろか海外でも九州ラーメンが普通に食べられるようになった、つまり一般化したためかもしれません。しかし、それでもやはり戻ってきたくなる味があります。それが僕にとっては「赤のれん」。かなり前、まだ渡辺通5丁目にお店があったころにブログでもご紹介していますが、23年前、福岡で仕事をしていた頃、最初に住んでいた部屋の近くにあったのが、この「赤のれん」。因みに、引っ越した部屋の近くにあったのが、当時はまだ小さかった「一風堂」です。当時24歳だった僕は、この二つのお店には本当にお世話になりました。渡辺通から大名に移転したのは2013年。移転して7年が経とうとしていますが、移転後は一度も訪れたことがありませんでした。し...なぜか戻ってきたくなる味ー元祖赤のれん和亭/久留米ラーメン玄竜

  • 実は初、げんこつハンバーグーさわやか 富士錦店

    今年も営業所行脚の時期になりました。2003年に開所した富士営業所へは幾度となく足を運んでいるにもかかわらず、実は静岡県のソウルフードともいうべき、ハンバーグの「さわやか」に行ったことが一度もありませんでした。横浜にも「ハングリー・タイガー」という、国内ファミレスの元祖すかいらーくよりも古いハンバーグチェーンがあるのですが、横浜で50年近く生きていながら、実は「ハングリー・タイガー」にも行ったことがありません。外でハンバーグを食べるという経験自体があまりないのかもしれません。このブログでも「カウベル」ぐらいかと思います。有名な「げんこつハンバーグ」ですが、つなぎを使わず、玉ねぎなども入っていない、純粋に肉のうまみが楽しめる炭火焼きハンバーグ。熱した鉄板の上にボールのようなハンバーグが乗っており、テーブルで店員さ...実は初、げんこつハンバーグーさわやか富士錦店

  • 社内の対立・紛争を前進に変えるー第117回YMS

    2月12日、mass×mass関内フューチャーセンターにて、第117回YMS(ヨコハマ・マネージャーズ・セミナー)を開催しました。今回の講師は、僕が日本交渉協会で普段お世話になっている、コンサルタントの向展弘さん。「社内の対立・紛争を前進に変える」と題し、交渉学とも非常に共通点の多いコンフリクト・マネジメントの入門についてお話しいただきました。経営学者のチェスター・バーナードは、組織の成立要件として、1.共通目的2.貢献意欲3.コミュニケーションを挙げました。しかし、たとえ共通目的や貢献意欲を持っていたとしても、人の認識にはそれぞれ差異があるので、組織を形成すれば多かれ少なかれ対立(コンフリクト)が生じ得ます。コンフリクト・マネジメントとは、そのような対立が生じた場合に、それを放置せず積極的に問題解決を図ろうと...社内の対立・紛争を前進に変えるー第117回YMS

  • やっとたどり着いたパエージャ・ランチーCASA DE FUJIMORI(関内)

    今年で開店50年、横浜におけるスペイン料理の老舗ながら人気店ゆえになかなかお邪魔することのできなかった、カサ・デ・フジモリへついに行ってきました。平日のランチなら入れるのではないかと思い、お昼を少し外した13時に行ったところ、ちょうどお店が空いており、無事二人席を取ることができました。ところが、我々が入ってから続々とお客さんが入ってこられ、程なくしてお店は満席に。到着したタイミングが幸運だったようです。因みに、通りを挟んだ向かいには「バール・エスパニョール」という、その名の通りのスペイン・バルがありますが、こちらも系列店です。平日のお昼としてはちょっと多いかと思ったのですが、折角来たのでパエージャ・ランチを頼むことにしました。初めに、スペインの前菜3品盛合わせ。数ある前菜から3品選べるのですが、「スペイン風オム...やっとたどり着いたパエージャ・ランチーCASADEFUJIMORI(関内)

  • 2020年1月アクセスランキング

    あっという間に2月ですね。今年はあまり寒くないので、あまり2月という実感がわきません。新型コロナウィルスが世間を賑わせております。インフルエンザも相変わらず流行っておりますので、みなさまくれぐれもご自愛ください。さて、2020年1月にアクセスの多かった記事、トップ10です。年が改まり、どのような動きとなったでしょうか…。個別記事のトップは、「2020年新年会を開催しました」でした。弊社フィリピン工場の「NakanoTonyehX'masParty2019」も6位に入り、変わらぬご厚意に心より感謝申し上げます。また、3位「10年目に向け、感謝をこめてー第115回YMS」、5位「歯と心身の不思議な関係―第116回YMS」と、YMS(ヨコハマ・マネージャーズ・セミナー)関連の記事もダブルで上位にランクインしました。こ...2020年1月アクセスランキング

  • うま味しみわたる濃厚パエリアースペイン食堂石井(旗の台)

    久しぶりに『孤独のグルメ』(Season6第9話)に登場したお店、旗の台にある「スペイン食堂石井」さんに行ってきました。【過去に掲載した、『孤独のグルメ』に登場した店】中国家庭料理楊(Season1)羊香味坊(Season6)カヤシマ(Season1)青山シャンウェイ(Season4)スペイン系ですと、過去にはバスク料理の「ビオッツア」、シェリー酒の「しぇりークラブ銀座店」を取り上げたことがありますが、スペイン料理というと大勢で食べるというイメージがあり、あまり行くことがなかったように思います。しかし、こちらのお店では、パエリアが1人前から食べられます(珍しいことではないのかもしれませんが)。冒頭にあげた写真は、「魚介のパエリア」。正直、これまで僕が抱いていたパエリアのイメージは、「見た目の豪華さの割に、味が淡...うま味しみわたる濃厚パエリアースペイン食堂石井(旗の台)

  • 2019年12月アクセスランキング

    これまで原則月初に更新していたアクセスランキングですが、前月の解析結果が出るまでに数日を要するということが分かりました。そこで今月はランキングの更新を調整のため2度行い、来月以降は更新時期を少し遅らせることで、前月のランキングをお知らせすることにしようと思います。さて、2019年12月にアクセスの多かった記事、トップ10です。まず、6位「創業85周年の集い-キックオフミーティング2019」がついに6ヶ月連続のランクイン。新たな常連記事となりつつあります。そしてかつての常連、8位「久村俊英さんの超能力を目撃してきました」が3ヶ月ぶりに復活しました。2位「エコノミーとエコロジーの語源」は33ヶ月連続、9位「Yema(イェマ)-フィリピンのお菓子」は12ヶ月連続です。12月は大きく分ければ、上の常連記事か、セミナー系...2019年12月アクセスランキング

  • 2020年新年会を開催しました

    1月11日、ホテル・キャメロットジャパンにて弊社新年会を開催いたしました。年始でご多用の折にもかかわらず、年々多くの皆様にご参加いただき心より感謝申し上げます。本年は総勢188名となりました。会場入り口には、ホテルのパティシエの皆さんによる本物の「お菓子の家」が飾られていました。オープニングのPVは、2020年から創業90周年を迎える2024年までの5年間のテーマ「織りなす成長、未来へ」を昨年開所いたしました、総合物流施設「エコムナ」の上空写真と共にお送りしました。本年は弊社社長が体調不良により失礼いたしました。社長に代わりまして、窪田より年頭のご挨拶を申し上げました。昨年のラグビーW杯から流行語大賞にも選ばれた”OneTeam”、そして日本代表が口々にしていた”SamePage”(「複数の人が同じ考えを持って...2020年新年会を開催しました

  • 2020年新年会を開催しました

    1月11日、ホテル・キャメロットジャパンにて弊社新年会を開催いたしました。年始でご多用の折にもかかわらず、年々多くの皆様にご参加いただき心より感謝申し上げます。本年は総勢188名となりました。会場入り口には、ホテルのパティシエの皆さんによる本物の「お菓子の家」が飾られていました。オープニングのPVは、2020年から創業90周年を迎える2024年までの5年間のテーマ「織りなす成長、未来へ」を昨年開所いたしました、総合物流施設「エコムナ」の上空写真と共にお送りしました。本年は弊社社長が体調不良により失礼いたしました。社長に代わりまして、窪田より年頭のご挨拶を申し上げました。昨年のラグビーW杯から流行語大賞にも選ばれた”OneTeam”、そして日本代表が口々にしていた”SamePage”(「複数の人が同じ考えを持って...2020年新年会を開催しました

  • Menu de Noël-ROTISSERIE★BLUE②

    【IMG_6070】恵比寿ガーデンプレイスタワー39階に2017年8月26日にオープンした、旧友のお店「ロティサリーブルー」。全面ガラス張りの窓側席からは、ご覧の通り東京の夜景が一望できます(写真は目黒方面です)。良い席をご用意いただき、ありがとうございます。今回は12月24日にお邪魔したので、普段とは違うクリスマスメニューをご紹介したいと思います。アミューズグール(一口大のオードブル)、シェフ特選黒毛和牛のタルティーヌ(パン、バゲットをスライスしたものに何かを塗ったもの)、キャビアを添えて。アントレ・フロワード(冷前菜)、オマール海老と彩りトマトの冷製ソースピストゥ(ニンニクと新鮮なバジル、オリーブ油から作るプロヴァンスの冷たいソース)。アントレ・ショード(温前菜)、フォアグラのポアレ、ベリーとバルサミコのソ...MenudeNoël-ROTISSERIE★BLUE②

  • 歯と心身の不思議な関係―第116回YMS

    芸能人じゃなくても歯は命!皆様、ご自分の歯を大切にされていますでしょうか?僕は若い頃、詰め物のとれた歯を放置しっぱなしにしたり、随分と無頓着だったと反省しています。さて、年も改まり、2020年(令和2年)最初の第116回YMS(ヨコハマ・マネージャーズ・セミナー)をmass×mass関内フューチャーセンターにて開催しました。今回の講師は、オハナデンタルクリニック関内院長の宮路早苗様。肩こり、腰痛、膝痛、頭痛、腱鞘炎まで、原因は歯から?「ストップ鎮痛剤!慢性痛は、まず歯を疑え!」と題し、歯と心身の驚きの関係についてお話しいただきました。歯科なのになぜ「オハナ」なのかと思っていたのですが、「オハナ」とはハワイの言葉で家族という意味なのだそうです。その名の通り、院内は患者さんにリラックスしていただけるよう、ハワイをイ...歯と心身の不思議な関係―第116回YMS

  • クラフトビール、魚、そしてショウガー暁タップス ビアロバタ 芝大門

    昨年12月6日、世田谷区経堂のクラフトビール醸造所、「暁ブルワリー」さんが展開する、ビールと和食のお店、「暁タップス芝大門」へ行ってきました。名前の通り、店内には囲炉裏があり、それに惹かれて選んだお店なのですが、どういうわけか魔が差してカウンター席を選択。静かにしていたかったのかもしれません、お通しは、エイヒレ、ホタルイカの一夜干し、ぶなしめじ、舞茸を七輪であぶり、塩でいただきます。これだけも結構ビールに合って楽しめます。「暁ホワイト」。通常、ビールは大麦麦芽を使いますが、小麦麦芽も使うのが白ビール。独特の爽やかさ、白ビールにありがちな乳酸飲料のようなニュアンスはあまり強くなく、飲みやすかったです。炭火焼の魚料理は時間がかかるというので、生ハム盛り。切り落としの生ハムがたっぷり盛られています。スタンダードな「暁...クラフトビール、魚、そしてショウガー暁タップスビアロバタ芝大門

  • 御錦天-上海・中華料理

    11月25日、中国出張で上海・外灘(バンド)に残る古い西洋建築に入っている、お洒落な中華レストラン、御錦天へ行ってきました。外灘は19世紀後半から20世紀前半にかけて上海租界のあった地区で、今でも当時の西洋式高層建築が建ち並ぶ、上海随一の観光名所です。上海租界というと思い出すのが、子供のころプレイしたボードゲーム、「上海トレーダー」(1988年発売)。これです!30年ぶりに屋根裏から引っ張り出してきました。どういうゲームかというと、恐らく19世紀末~1930年代頃の上海租界を舞台に、プレイヤーがそれぞれ列強(英・米・仏・露・独・日)の商人となり、あの手この手の悪どい手を駆使して金を儲け、革命軍がやってくる前に金を持って飛行場から脱出するというゲームです。上海にドイツ租界はない(日・露は共同租界)とか、ロシア帝国...御錦天-上海・中華料理

  • Nakano Tonyeh X'mas Party 2019

    ナカノ株式会社は本日より2020年の営業を開始いたします。本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。さて、本日の話題は昨年12月20日に行われた、弊社スービック工場恒例のクリスマス・パーティの模様です。冒頭の写真は会場であるホテルのビーチから撮影した、スービック湾の夕焼け。スービックは夕日がきれいなことで知られていますが、今年も良い写真が撮れました。国民の83%がカトリック、プロテスタントを含めると90%がキリスト教徒というフィリピンでは、クリスマスはとても大事なイベントです。弊社のパーティは他愛もない気楽なものですが、それでもオープニングは真面目に神に感謝をささげるクリスマスソングを歌います。それが終わると、毎年の幹事によって少しずつ趣向が変わるものの、カラオケコンテストやダンスコンテストなど現地の従業員が企画...NakanoTonyehX'masParty2019

  • 2019年11月アクセスランキング

    11月4日は、2007年に現在の三代目ブログを開設した日です。12月は全く更新ができませんでしたが、ブログも何とか13年目に入ることができました。PVも200万件を超え、ご覧いただいた皆様には心より感謝申し上げます。さて、2019年11月にアクセスの多かった記事、トップ10です。このアクセスランキングも131回目になりますね。まず、6位「創業85周年の集い-キックオフミーティング2019」がついに5ヶ月連続のランクイン。新たな常連記事となりつつあります。そしてかつての常連、8位「久村俊英さんの超能力を目撃してきました」が2ヶ月ぶりに復活しました。2位「エコノミーとエコロジーの語源」は32ヶ月連続、9位「Yema(イェマ)-フィリピンのお菓子」は11ヶ月連続です。11月は大きく分ければ、上の常連記事か、セミナー系...2019年11月アクセスランキング

  • 10年目に向け、感謝をこめてー第115回YMS

    更新が大変遅くなりましたが、去る12月11日、横浜中華街、菜香新館にて第115回YMS(ヨコハマ・マネージャーズ・セミナー)を開催いたしました。12月は恒例の、そしてYMSとして10回目の忘年会でした。すっかり板についてきた「令和」最初のYMS(すっかり忘れていましたが、昨年4月まではまだ平成だったのですね)は、第2回沖縄大会も含め、以下のような内容をお届けしました。第103回横浜市の再生成可能エネルギー100%達成を楽しみにしています!第104回”TOKYOディープ!”が見たYOKOHAMA第105回『横浜ウォーカー』から考える“ジモト”って何だろう?第106回コーヒーは楽しい!〜まだまだ広がるコーヒーの楽しみ方〜第107回農業の可能性は無限大、横浜農家の挑戦!第108回第2回沖縄大会第109回最新IT技術の...10年目に向け、感謝をこめてー第115回YMS

  • 歴史的接戦、インパルス及ばずー2019 JAPAN X BOWL パナソニック vs富士通

    新年あけましておめでとうございます。12月は立て続けに出張が入った関係もあり、全くブログを更新できませんでした。本日はアメリカン・フットボールの日本一を決める「RICEBOWL」が行われましたが、こちらはそれに先つ12月16日に行われた、社会人リーグの頂上決戦、「JAPANXBOWL」の記事です。昨年に続き2年連続の観戦となりました。決戦の舞台に立ったのは、オービック・シーガルズ(2010年-2013年)以来の4連覇を目指す、富士通フロンティアーズと2015年以来のXBOWL制覇を目指す、パナソニック・インパルスです。因みに、前回パナソニックが優勝した時には、その後のRICEBOWLの観戦に行きました。1Q、富士通のキックオフ、パナソニック陣16ヤード付近から試合開始。WR頓花選手へのパスやRBミッチェル選手の...歴史的接戦、インパルス及ばずー2019JAPANXBOWLパナソニックvs富士通

  • 2019年10月アクセスランキング

    令和元年も残すところあと1月となりました。僕にとっては仕事の上で重要な節目の年でしたが、今月は出張続きであっという間に終わってしまいそうです。来年は21世紀になってから20年、東京オリンピックも開催されますね。さて、2019年10月にアクセスの多かった記事、トップ10です。まず、10位とはいえ社内行事である「創業85周年の集い-キックオフミーティング2019」が4ヶ月連続のランクイン。同イベントの記事はその前の9年も掲載していますが、外部から有名な講師を呼ぶようなこともなく、社員だけで行った行事であるにもかかわらず、全く不思議です。そのせいなのか、定番の3記事のうち、5ヶ月連続だった「『上田和男さんバーテンダー歴50年を祝う会』に参加してきました」が15位に後退しました。3位「エコノミーとエコロジーの語源」(3...2019年10月アクセスランキング

  • 日本実務能力開発協会交流会(第17回)に参加しました

    11月23日、札幌にて日本実務能力開発協会の交流会に参加させていただきました。年2回の交流会ですが前回5月は参加できず、1年ぶりの参加となりました。この日、僕にとってはこの冬一番の寒さで、初マフラー、初セーター、初手袋だったのですが、札幌の皆さんが口々に「今日は暖かいね、マフラーいらないくらい」とおっしゃるのにびっくりしました。講師の上前拓也先生。毎回交流会は勉強会と懇親会の二部構成で行われますが、今回の勉強会テーマは、「交流分析と質問会」でした。「交流分析」は、アメリカの精神科医、エリック・バーンが1950年代後半に提唱した、人格と個人の成長と変化における体系的な心理療法の理論を言います。バーンは、人間にはP(親)、A(大人)、C(子供)の3つの自我状態があると仮定しましたが、弟子のジョン・M・デュセイは、こ...日本実務能力開発協会交流会(第17回)に参加しました

  • 価値交換型ビジネスの時代-第44回燮(やわらぎ)会

    2019年11月22日、日本交渉協会の第44回燮会に参加してきました。燮会は交渉アナリスト1級会員のための交渉勉強会です。いつもの通り、燮会は二部構成。僕が担当させていただいている「交渉理論研究」の今回のテーマは、「期待効用理論批判」。前回の期待効用理論を受け、それに対する幾つかの批判(アレのパラドックス、エルスバーグのパラドックス、プロスペクト理論)について取り上げました。これらの批判はいずれも、現実の人間行動が期待効用理論には従わないことを示すものですが、今回出席された1級会員のみなさんは、合理的選択をされる方が多かったようです。「交渉理論研究」の内容は、随時日本交渉協会HPの「交渉アナリストニュースレター」でもご紹介していきますので、どうぞそちらもご覧ください。次回はこうした批判を受け、H.ライファによる...価値交換型ビジネスの時代-第44回燮(やわらぎ)会

  • 【講演メモ】「戦国武将に学ぶ経営術」

    11月20日、横浜中小企業懇話会の経営者セミナーにて、静岡大学名誉教授、文学博士、小和田哲男様のお話しを拝聴する機会がありました。こちらは、「戦国武将に学ぶ経営術」と題したご講演のメモです。イントロでは、NHK大河ドラマの時代考証という仕事がどういうものなのか、お話しがありました。たとえば、これは小和田様が手掛けられたものではありませんが、2016年に『真田丸』というドラマがありました。主人公の名前は真田信繁。かつては真田幸村と呼んでいましたが、本当は信繁が正しく、このドラマでは「信繁」が採用されました(1985年の『真田太平記』では、「幸村」でしたね)。こうした歴史研究の移り変わりを反映するのも大事なお仕事のようです。【戦国時代のキーワード】1.弱肉強食2.合従連衡3.下剋上1.下剋上と立身出世願望1)「負け...【講演メモ】「戦国武将に学ぶ経営術」

カテゴリー一覧
商用