ヒゲジイのアル中患者よもやま話
読者になる
住所
兵庫県
出身
岩手県
ハンドル名
ヒゲジイさん
ブログタイトル
ヒゲジイのアル中患者よもやま話
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/19510204
ブログ紹介文
朝から飲酒で「廃人=死の淵」まで経験してしまったヒゲジイの断酒中に思い浮かべた「よもやま話」。
自由文
-
更新頻度(1年)

90回 / 313日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2014/09/26

ヒゲジイさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(IN) 7,160位 7,444位 7,262位 7,521位 7,561位 7,791位 8,643位 974,893サイト
INポイント 60 20 40 40 60 50 30 300/週
OUTポイント 180 90 60 110 220 70 80 810/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
メンタルヘルスブログ 78位 82位 82位 84位 85位 84位 98位 28,326サイト
アルコール依存症 3位 3位 3位 3位 3位 3位 3位 355サイト
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(OUT) 12,159位 13,752位 13,604位 13,681位 13,483位 14,139位 13,540位 974,893サイト
INポイント 60 20 40 40 60 50 30 300/週
OUTポイント 180 90 60 110 220 70 80 810/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
メンタルヘルスブログ 144位 181位 175位 174位 175位 191位 177位 28,326サイト
アルコール依存症 5位 6位 6位 6位 6位 8位 6位 355サイト
今日 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 10/09 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,893サイト
INポイント 60 20 40 40 60 50 30 300/週
OUTポイント 180 90 60 110 220 70 80 810/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
メンタルヘルスブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,326サイト
アルコール依存症 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 355サイト

ヒゲジイさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ヒゲジイさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ヒゲジイさん
ブログタイトル
ヒゲジイのアル中患者よもやま話
更新頻度
90回 / 313日(平均2.0回/週)
読者になる
ヒゲジイのアル中患者よもやま話
  • 教師のいじめ事件は内ゲバ?

    このところ世間を呆れさせているのが神戸・東須磨小の教師いじめ事件です。40代の女性教師1人と30代の男性教師3人の計4人が、20代の男性教師1人を集団でいじめていたと言うのです。他に20代の女性教師2人も被害者だったという報道もあります。羽交い締めにされた若い男性にカレーを無理矢理口に押し込む様子が動画でも報道されていましたので、ご覧になった方も多いと思います。この動画を見る限り、子供じみた悪ふざけとも見え、陰湿ないじめとは思えないぐらいです。ところが、動画での登場人物が全員教師であり、どうやら空いている理科教室(?)での出来事らしいのです。被害男性の言うことを聞かないようにと、加害者側が教室で子どもたちに公言していたという事実もあったそうです。そうであるなら教師として断じて許しがたい行為です。なぜ、こんな事態...教師のいじめ事件は内ゲバ?

  • “自立は、依存先を増やすこと 希望は、絶望を分かち合うこと”

    以前、『アル症の回復には複数の依存先を』(2019.5.31投稿)という記事をブログに掲載したことがあります。産経新聞だったか、新聞のコラムに触発されて書いた記事でしたが、該当する記事も著者もわからずじまいでした。それが、ひょんなことから著者がわかりました。熊谷晋一郎氏という東京大学先端科学技術研究センター准教授で、小児科医でもある方です。熊谷氏は、『当事者研究』という研究領域に携わる研究者であり、自身も脳性麻痺の当事者だそうです。因みに『当事者研究』とは、障害や病気の当事者が、グループで経験を分かち合いながら自身の困りごとを探求することで問題を解決していこうとする試みのことだそうです。ところで、アルコール依存症(アル症)者の回復には、グループで集まって自身の体験を語り合うことが最も有効と言われています。そのア...“自立は、依存先を増やすこと希望は、絶望を分かち合うこと”

  • 人間のポカを機械がカバー

    人手不足のせいか人件費を切り詰めるためなのか私にはわかりませんが、外食屋さんではどこでも自販機が花盛りです。元町東口にあるトンカツ専門店『松○屋』でもそんなシステムを採用していて、自販機で食券を買うと自動的に注文まで済ますことができます。その『松○屋』で最近始めたのがマグロ三色丼(ネギトロ、キュウリを刻んだ山形だし、長芋トロロの三種ネタ)。価格が500円とワンコインで済む手軽さと、サッパリした食感に食欲をそそられます。そんなわけで早速、自販機画面で品物を選び、小銭入れから大きめの銀色硬貨を1枚取り出して投入口に入れました。もちろん入れたのは五百円硬貨のつもり、例の如く思い込みです。ところが一向に食券が出て来ません。お釣りのボタンが点滅していたのでそれを押すと、何と百円硬貨が1枚出て来ました。取り消しボタンも押し...人間のポカを機械がカバー

  • “認知バイヤス” ってこんなこと?

    「台風18号は、朝鮮半島に上陸した後日本海に抜け、その後温帯低気圧に変わる見込みです。」一昨日・昨日は、こんな台風情報を耳にした人が多かったと思います。これを聞いてほとんどの人が「温帯低気圧なら、今度も一安心か!」と安堵したと思います。私も、以前からそう思い込んでいました。ところが、実際はそうでもなさそうなのです。一昨々日のニュースで、気象予報士の方がこんなふうに解説していました。「温帯低気圧に変わっても、勢力が衰えない限り却って強風の吹く範囲は拡大します。」これは“目から鱗”な情報でした。そこで、改めて台風と温帯低気圧をネットで調べてみると、それぞれの定義はこうなっていました。●台風は、熱帯低気圧が発達して風速が17.2m/sを超えたもの。●温帯低気圧は、寒冷前線(冷たい空気が暖かい空気に追いついている場所)...“認知バイヤス”ってこんなこと?

  • 再び、話の切り出し方について

    先日コープで買物を済まし、店先のベンチに腰掛けていたときのこと。隣の町内に住む男性がこう声をかけてきました。「H町からずぅーと歩いて来たんだけど、吸い殻が一杯落ちたままだったね。」いきなりだったので私には何のことかわからず、返答に困ってしまいました。「・・・あそこは私の守備範囲じゃないし、仕事でやっているわけでもないし、・・・」しどろもどろになって私はこう返しました。私のゴミ拾いがイイカゲンだという非難と受け取ってしまったのです。「いや、余りに目に付いたものだから、自分もゴミ拾いをやってみたんだ。大変だよねぇ!」そう言うと彼は去って行きました。私を非難していたわけではなかったのです。このときになってやっと思い出しました。以前も、この人は同じようにぶっきらぼうな話し方をし、私も同じように少し気色ばんだことがあった...再び、話の切り出し方について

  • 女性ならではの特性?

    久々に、2ヵ月に1回通院しているアルコール依存症(アル症)専門クリニックに行ってみました。前々回の受診では、主治医のS先生に元気がなく、自ら老人ボケが進んでいると嘆いていました。その背景には、跡取りにと目論んでいる息子さんとうまくいってないことも窺えました。そんなわけで、今回はどんな様子か興味津々の受診でした。さて、S先生の診察室・1診に入ってみると、意外に上機嫌で迎えてくれました。「今日は、2診で息子が診察しているんだ。やはりアルバイトでない医者はいいね!」どうやら、息子さんとのわだかまりが解消されたようでした。「見ましたよ。顔は余り似てなくて良かったですね。背が高いのはお父さん譲りのようだけど・・・?」「そうそう、背が高いのはウチの家系だからねぇ。顔と性格は・・・」家族の話になったので、頃合いを見計らってこ...女性ならではの特性?

  • ブログ開設から丸5年

    アルコールの後遺症PAWSのひとつドライドランクを記事にした『断酒中のハイテンションは危ない!(ドライドランク)』(2014.9.06投稿)で始めたこのブログ、お陰様で開設から丸5年が経ちました。“にほんブログ村”のヒゲジイさんのプロフィールを見ると、開設日が2014年9月26日になっていますが9月6日の間違いです。写真一つない文章だけの記事なのに、それでも読んで下さる方々がいてのこと、どんなに励まされたことか計り知れません。開設して丸3年のとき、このブログの目的は次の3つと書きました。●アルコール依存症回復への闘病記録●認知行動療法“言語化”の実践記録●自分の“認知のゆがみ”を知ることこれらは今でも変わっていません。最近はこれらに加え、よくこなれた文章表現になるよう試みてもいます。そこで、目的にもう一つ加える...ブログ開設から丸5年

  • 気力に萎えが?

    近頃、やはり老いてきたなぁと認めざるを得ません。体力的にもさることながら気力に萎えも出てきたのです。先週金曜日の朝、いつも通りラジオの音で目覚めました。横になったまま、うとうとしている内にラジオが止まったようです。再び目を開けると腕時計は6時過ぎを指していました。仕方なく起き上がってヴェランダに出てみました。外は雨で暗く、気温も下がってひんやりした朝でした。腕時計をよく見ると秒針が止まっていました。そのことに気づいた途端、少し気落ちしてしまいました。実際は7時過ぎだったので何とか気を取り直し、ブログに記事を投稿しました。ですが、後は読むのにも書くのにも気乗りせず気力が萎えてしまいました。つい二度寝をしてしまい、次に目覚めたのはお昼過ぎでした。日課にしている市役所行きは、已む無く止めにしました。実は最近、こんなふ...気力に萎えが?

  • 自助グループで内紛が!(下)

    「アルコホーリク・アノニマス(AA)は、経験と力と希望を分かち合って共通する問題を解決し、ほかの人たちもアルコホーリズムから回復するよう手助けしたいという共同体である。」(AAミーティングハンドブック序文より)AAはたくさんの小グループからなっていますが、正確な数ははっきりしません。ルールらしきルールがないに等しいので縛りがゆるいというのが特徴で、よい意味でイイカゲン(好い加減?)な組織です。そのため、それぞれの小グループにチェアパースン(チェア)という世話役を置いて運営されています。それだけにチェアには幅広い裁量が任されていて、なかには自分の天下と勘違いする輩もいて内紛になることもあるようです。私の属しているのもそんな小グループですが、最近チェアの不適切な司会者選任を巡ってつまらない内紛が起こり、そのためグル...自助グループで内紛が!(下)

  • 自助グループで内紛が!(上)

    「アルコホーリク・アノニマス(AA)は、経験と力と希望を分かち合って共通する問題を解決し、ほかの人たちもアルコホーリズムから回復するよう手助けしたいという共同体である。」(AAミーティングハンドブック序文より)AAはたくさんの小グループからなっていますが、正確な数ははっきりしません。ルールらしきルールがないに等しいので縛りがゆるいというのが特徴で、よい意味でイイカゲン(好い加減?)な組織です。そのため、それぞれの小グループにチェアパースン(チェア)という世話役を置き、幅広い裁量を任せて運営されています。それだけになかには自分の天下と勘違いする者もいて、内紛になることもあるようです。私の属しているのもそんな小グループですが、最近つまらない内紛のために分裂が現実味を帯びてきました。小グループを脱けると言い出す人が次...自助グループで内紛が!(上)

  • 老女とイヌと死んだネズミ?

    (予めお断りしておきますが、記事中に微妙な描写部分があります。)お馴染みの東屋のある公園での出来事です。ゴミ拾いをしながら園内を半分ほど回ったとき、シルバーカーを押しながら公園に入ってくる老女が見えました。目が合ったので私が会釈すると、その老女もニッコリと応えてくれました。歩くのに少し不自由なぐらいでごくごく普通に見えました。耳の垂れた小型犬が一緒で、彼女の先をリードなしで歩いていました。彼女の向かう先にふと目を向けると、何と児童用遊具の側にネズミの死骸が転がっていました。公園隅のフェンス近くではなく、これ見よがしに人の通るところにコロリとです。「ネズミがいるから気を付けて!」はっきり“死んだ”と言わなかったからか、声をかけても反応ナシでした。イヌもイヌです。死骸を嗅ぎもしないで何もなかったかのように通り過ぎて...老女とイヌと死んだネズミ?

  • 警備員の兄(あん)ちゃん

    今回は金曜日の男、コープで警備員をやっている兄(あん)ちゃんの話です。失恋の痛手からやっと癒えて、気分は平和と言っていましたが、どうやら身辺に変化の兆しがあったようです。「どう?相変わらず平和か?」と問いかけてみたら、兄(あん)ちゃんニヤリと笑い、「ちょっとネ、平和ではなくなったんですよ。」「何か、胸がザワザワすることでも?」「当り!!!この前、メルアドと電話番号を交換した娘ができたんです。食事だけで2万かかりましたけどね。」「そりゃ、おめでとう!!!女と付き合うには金がかかる。それぐらい投資だと思えばいいんじゃないの?!」「実はネ、三つ叉かけてんです。そんなのでいいのかな?」「それも投資でいうリスクヘッジのようなもん。だから別に気にしなくていいと思うよ。」思わず口任せに出たリスクヘッジだったのですが、いい機会...警備員の兄(あん)ちゃん

  • うれしさで “惑う”? それとも “迷う”?

    9月になりました。当地では騒がしいクマゼミ、アブラゼミに代わり、先週辺りからやっとミンミンゼミの鳴き声が聞こえ始めました。ヒグラシの甲高い鳴き声はまだ聞こえてきません。さて今回は、想起障害にまつわるエピソードを二つご紹介します。なかなか言葉を思い出せない想起障害、老化現象であるばかりか老化促進薬アルコールの後遺症PAWSでもあります。「こんなときは普通、何て言うんだっけ?」こんな迷いをしょっちゅうしています。私には深刻なことなのでこれまで度々記事にしてきましたが、今回もその続編としてどうぞ。*****夙川で週1回あるAAのミーティング、その帰り道もゴミ拾いの定番コースになっています。その日はいつになく空のペットボトルと空き缶が多い日でした。コースの終盤、パンパンに張ったレジ袋を3つもぶら下げて幼稚園前を通りかか...うれしさで“惑う”?それとも“迷う”?

  • うれしい異変(?)が・・・

    私のゴミ拾いコースの中で最悪としていた公園で最近、うれしい異変(?)が起きています。どうやらゴミ拾いに新しい仲間が加わったらしいのです。この公園の入り口には東屋が二つあり、そのベンチ周りは吸い殻や灰皿代わりにされた空き缶が散らかり放題でした。それらを片付ける際、空き缶から吸い殻を取り出すだけでも結構時間を喰われたものですが、最近はよく片づけられていて私の出番がないときもあります。公園周りの植え込みについても、以前はペットボトルやプラスチック製菓子袋がそこかしこに潜り込んでいたのですが、最近は隅々まで目が行き届いていて一段とキレイになっています。今まで巡回し続けていたので、この公園のゴミ拾い仲間には3つのグループがいることを知っています。その一つは、公園前に住む1人の若いおばさん。もう一つは、週1回日曜日に活動し...うれしい異変(?)が・・・

  • パソコンのストライキに無力?

    先週金曜日の夕方のこと、スリープ状態にしていたパソコン(PC)が電源を入れても動かなくなりました。日付表示のない背景画面は出るのですが、どのキーを叩いてもパスワード入力画面に変わってくれないのです。PCの調子が狂うと、自力で修復するなどほぼ無力な私です。強制的に電源を切る方法も知らなかったので、そのまま放置しておくしかありませんでした。高がPCのストライキですが、この事件で久々に焦るは、不安になるは、イライラするはで案の定、生活リズムの大幅な乱れを味わうハメになりました。PCのトラブルに無力は何も今に始まったことではありません。現役のサラリーマン時代なら、トラブル対処法をほとんど知らなくてもほぼ無難に済んでいたからです。時代の風潮からかOA化が進み、仕事上やむを得ず社員一人ひとりがPCを持たされたのは40歳代半...パソコンのストライキに無力?

  • やったぜ、AAのミーティングで司会を20回!

    昨年の8月に初めてAAのミーティングで司会をやってから、早くも1年になります。この間、都合20回も司会の機会を与えてもらいました。最近は、挙手して積極的に発言してくれる人も現われ、司会が板に付いてきたと言ってくれる仲間もいます。司会をして思い知らされたのは、テーマがいかに大切かということです。出席者の記憶を呼び起こし、自ら経験を語り出すように仕向けられるのは、偏にテーマ如何によります。もちろん、司会者が導入のために話す内容もそれなりに大事なのですが、導入話の方は出だしの1、2分でテーマの趣旨をうまく説明できれば上出来で、後は出たとこ勝負でどうにでもなるようです。最初の頃は、会の進行上、どのタイミングでどんなことを言うべきか、私も理詰めでシミュレーションしてみたものです。が、当てにならない私の記憶力では、これも無...やったぜ、AAのミーティングで司会を20回!

  • 台風情報では雨雲レーダー予測画像が超優れモノ

    先週の台風10号、被災された皆様には心からお見舞い申し上げます。先週一杯は、この関連ニュースで持ちきりでしたが今回は、その台風10号の進路予測ニュースで思い知らされたことを書いてみます。断酒6ヵ月目から定期的に通い始めたAAのミーティングですが、今まで欠席したのは台風が直撃したときと姉の葬儀のときだけだったような。15日に予定していたミーティングでは司会をすることになっていたので、この台風10号の進路予測には何時になくヤキモキしていました。警報が出るようだったら欠席も已む無しと決めていたからです。そんなゆとりのなさが私に予断を生んだようです。せっかくニュースで流されていた重要な情報を見落したり、見過ごしたりしていました。自分の迂闊さを思い知らされたのは次の二つのことからです。一つは、接近中の台風が勢力を弱めてい...台風情報では雨雲レーダー予測画像が超優れモノ

  • 回復は、家族の方こそ時間がかかる?

    アルコール依存症(アル症)の人は、断酒しても家族と離れて一人暮らしをしている人が多く、家族と同居できている人は少数派のようです。その点、一旦別居して離婚したにもかかわらず、再び連れ合いと同居している私などは珍しい事例だと思います。AAのミーティングでも、同居していた家族の話はよく出ます。一向に酒を止めようとしない自分に家族が匙を投げてしまったとか、家族と衝突を繰り返して散々迷惑をかけたとか、飲酒時代を悔やむ話がほとんどです。が、当然ながら現在同居中の家族の話をする人は希です。先日のミーティングでは珍しく、同居中の連れ合いの話をした女性仲間がいました。「(断酒して丸6年が過ぎた)自分は落ち着いて来ていると思っているのに、夫はいまだにカリカリしていて話す言葉にトゲがある」のだそうです。この話で、亡くなった仲間から以...回復は、家族の方こそ時間がかかる?

  • 一番おいしかった水は水道水?!

    試飲で酒の飲み比べは何回もしているのですが、水の飲み比べはしたことがないのでは?そんな水の飲み比べを初めて経験しました。先週の水曜日に市役所前広場であった、市の水道局主催の試飲イベントでのことです。テーブルの上に炊飯器ほどの大きさの保冷給水器が3つ置かれ、A、B、Cと名付けられたそれぞれの水を飲み比べてアンケートに答えるというものです。飲む順番はA、B、Cの順でした。私の感想はと言うと、Aは少しキリッとした口当たり、BとCはやや円やかな口当たりで、Aが一番おいしいと感じました。その場に居合わせた他の人たちも同じような感想だったようです。種明かしはアンケート用紙に書かれていました。Aは淀川水系の水を主成分とする水道水、BとCはいずれも市販のペットボトル水で、それぞれ南アルプス系と六甲山系の軟水でした。ところで水の...一番おいしかった水は水道水?!

  • “病感” がある?

    二ヵ月ぶりに元町のアルコール専門クリニックに行ってきました。前回は、S先生が自らボケ宣言をしたのでビックリさせられました。当然私の関心は、専らS先生のその後にありました。いつものようにしばらく待たされた後で診察室に呼ばれました。S先生、前回の診察時とは打って変わって顔の表情が生き生きしていました。問診では、ゴミ拾いをまだ続けているかとか、ビタミンB1配合剤は他所で出してもらっているかとか、経過確認すべきポイントをしっかり聞いてきました。問診ついでにこんなことも教えてくれました。「夏バテ対策には、ビタミンB1配合剤とビタミンCが一番。私も、この二つは欠かさないようにしているんです。」以前のS先生そのものでした。診察室を出ると、私担当の相談員Nさんが丁度通りかかりました。早速、Nさんを呼び止めて情報交換となりました...“病感”がある?

  • 記憶が ♪“飛んで飛んで~”

    先週の金曜日のことです。まだお昼前なのに、気温は既に32℃を上回っていました。コープの店頭で、日陰にあるベンチに腰掛けていたとき、週1回このお店を担当している警備員の兄(あん)ちゃんがやって来ました。「アレッ、今日は月曜日?先週もここで会ったよね、それも確か月曜日だった?」「何言ってんですか、今日は金曜日ですよ!それと、月曜日は臨時のときだけで、前回会ったのも先々週のことです!」「えぇーっ、先々週?本当~?!」まだ納得していない私の顔を見て、スマフォを取り出すとスケジュール表を確かめて見せてくれました。「ほら、先週は東灘のお店に行っていて、ここには来ていません。」「そうか、じゃぁ先週私は何をやっていたんだろう?」「記憶が、老化で♪“飛んで飛んで~”じゃないですか?シッカリして下さいよ!」近頃、記憶力が戻って来た...記憶が♪“飛んで飛んで~”

  • 日日是好日

    樹木希林の最後の映画『日日是好日』を見てきました。黒木華、多部未華子らとの共演で、昨年10月の初公開から既に9ヵ月経っています。市と市の教育委員会の主催なので、私のようなものにはほぼ評価の固まった映画を楽しめるいい機会となっています。「8歳の時、イタリア映画『道』を家族で一緒に見た。ちっともおもしろくなかった。」冒頭場面のこのナレーションから、人生の奥行きの深さを茶道という芸の“道”に絡めてみようとする制作意図が見て取れました。物語は、典子(黒木華)、美智子(多部未華子)二人の新弟子と師匠の武田先生(樹木希林)との3人だけの稽古場風景を軸に、典子の日常生活や四季折々の自然描写を織り交ぜて進みます。ここぞという場面には、含蓄のある言葉がサラッと仕込まれていて、まるで人生の道標のようでした。ここでは、それらの言葉か...日日是好日

  • “ほどほどに” というのがわからない

    この間の参議院選挙投票日のことです。休日なので市役所通いは叶いませんが、体調維持のために日課としているゴミ拾いは欠かせません。いつものコースの途中までと決め、バス通りに面した公園に向かいました。公園に入ったら、見覚えのある老人がこちらに歩いて来るのが見えました。80歳過ぎでしょうか、足もとが少しふらついているものの杖なしで歩いていました。「お久しぶりです。最近、あまり出歩いていないのでは?」「選挙だからね、久々に直ぐそこの投票所に行ってきた。・・・相変わらずゴミ拾いか、元気だねぇ?!」「空元気ですよ、空元気。こうでもしてないと体調が悪くなるんでねぇ。」大して広くもない公園を一巡りして戻ってみると、ジイさんベンチに腰掛けていました。「歩けなくなったらお終いですよ!おじさんも、もっと歩かないとお宅のイヌみたいになっ...“ほどほどに”というのがわからない

  • “人の振り見て我が振り直せ”

    毎年6月末から7月にかけてのこの時期は、不安定な梅雨空のせいか気分的に調子が乗らない時期のようです。落ち込むほどではないのですが、とかく気が散って集中力も薄れがちです。感受性のアンテナもひん曲がっているらしく、妙に神経に障ることが多いようです。自助会AAのミーティングでも、そんな雰囲気が感じられます。この時期、自ら挙手して発言する人が多くなっているのです。ミーティングでは、“言いっぱなし聞きっぱなし”以外にもルールがあります。その日のテーマが司会者から出された後、司会者の指名を待って発言するのもルールの一つです。自ら挙手して発言する人は、それだけ胸にわだかまりを抱えていて吐き出す機会が欲しいのです。ですから挙手して話すのも、テーマ以外の話題となるのも別に問題ではありません。たとえそんな場合でも、しかるべきマナー...“人の振り見て我が振り直せ”

  • カラスの営巣を防ぐ剪定

    今頃になってこんなことを言うのも何ですが、剪定って役立つものだと見直してしまいました。植栽の形を整える、あの剪定のことです。日頃道で目にするのは、車道との分離帯にある植栽の剪定や、街路樹の枝下ろし剪定などです。枝が伸びすぎて美観を損ねるとか、電線に掛かりそうだからとか、あるいは風害による倒木を防ぐためというのがその目的のようです。このような目的以外にも、剪定には意外な効用が期待できるとわかりました。当たり前と言えば当たり前ですが、幹と枝を“見える化”するのに役立つということです。昨年秋のこと、公園内の大きな樹木が枝下ろし剪定されているのを目にしました。ヒマラヤ杉などは、せっかく大きくなった枝までも情け容赦なく切り落とされて無残な姿になり果てていました。枝振りがよくなって左右対称に緑の茂った姿が優美だったのですが...カラスの営巣を防ぐ剪定

  • 流し目とおしゃべり

    ゴミ拾いの途中、鯉のいるせせらぎ脇のベンチで一服していたときのことです。学校帰りの女の子3人が連れだってやって来ました。背恰好からして小学4、5年生ぐらいでしょうか。例のごとく彼女たちはおしゃべりに夢中だったのですが、中の一人が通りすがりにチラッと流し目をこちらに送ってきました。「(えっ、あんな歳でもう流し目?)」さすがの私もドッキリしました。当たり前ですが、媚びを売るような色っぽい仕草ではなかったですし、蔑んでいたとも思えません。あくまでも見てはいけないものを見てしまったという雰囲気は見て取れました。「(そんなに可笑しな恰好をしているのかなぁ?)」顔に何か付いていないか、思わず掌で顔を拭ってみたものです。それから間もなくして、今度は小学校の校門近くでのことです。ここは週一回のゴミ拾いの巡回コースで、相変わらず...流し目とおしゃべり

  • 電子カルテの落とし穴

    糖尿病治療のために3ヵ月に1回定期通院していますが、その県立病院での話のつづきです。ここの病院では電子カルテが採用されていて院内はすべてオンラインで繋がっています。受診1週間前の事前検査の日、会計の窓口でこんなやり取りがありました。「いつもより500円高いような?!お手数ですが、調べて貰えますか?」と私。毎回の医療費はしっかり頭に入っていました。「調べてみましたら、前回からCRPという検査項目が追加されていました。今度の診察のとき、先生にお聞きしてみられたら?」と、前々回と今回の診療明細書を手渡されました。診療明細書にはそれぞれで受けた検査項目が記録されていて、CRPの追加が一目瞭然でした。前回の検査以降に追加されていたということは、主治医がT先生に交替した時期と一致します。引き継ぎがうまくいってなかったのか、...電子カルテの落とし穴

  • 記憶が飛んで晩飯ナシに

    ブラックアウトの話ではありません、悪しからず。糖尿病で3ヵ月に1回定期通院していますが、その事前検査の予約日が先週の金曜日でした。当初、金曜日には次のような予定を組んでいました。先ず、朝7時に家を出て歩いて西宮の県立病院に行き、8時半過ぎに採血してもらう。9時過ぎに会計を済ましたら、その足で神戸に移動して10時に人と会う。昼過ぎに家に戻ったら昼寝をし、起きたらしばらくネットサーフィンしてその後に晩飯の工面をする。(この日は相方にも映画を見る予定があって、そのため帰りが遅くなるので自分で晩飯の工面をしなければならなかったのです。)ところが、木曜日の夜になって急に予定変更となりました。最初に神戸での待ち合わせが先方の急用のためキャンセルされました。まぁ仕方ないと思っていたところ、相方が次のよう言って来ました。「明日...記憶が飛んで晩飯ナシに

  • 蝉の “鳴き初め”

    一週間前の月曜日、道で蝉の抜け殻を見つけました。昼まっ最中だったせいか辺りに鳴き声はありませんでした。2日後のNHKのニュースで、私の近所にある図書館の敷地内でクマゼミが鳴いていたという報道がありました。やはりあれは今季最初の蝉の抜け殻だったのかと納得しました。去年は7月2日、今年は一日遅れの3日、蝉の“鳴き初め”は去年とほとんど同じです。この季節、最初に鳴く蝉はニイニイゼミが普通のはずですが、クマゼミが先に鳴き始めるということもあるのでしょうか。晴れ間の見えた昨日の朝は、早くからクマゼミの賑やかなこと。せっかくの涼しさが半減しそうなぐらいでした。愈々、蝉時雨が鬱陶しく感じられる夏がやって来ました。ところで、私のところで聞こえる蝉の鳴き声は、ニイニイゼミ、クマゼミ、ツクツクホウシ、ミンミンゼミ、ヒグラシの5種類...蝉の“鳴き初め”

  • 妄想の落とし子?

    不法投棄になるからヤバイという自覚があったら、“人目に付かないところに隠すように捨てる”。これが4年間道のゴミ拾いをして散々思い知らされた“ヤバイゴミ捨ての法則”です。この法則をキッチリ守って(?)捨てられたゴミの何と多いことか!先日、私が公園で目にしたシロモノは、この法則の真逆を行ったゴミでした。真っ昼間といい、公園の東屋といい、一見して買ったばかりの品物をレジ袋ごと置き忘れた(?)と勘違いしたぐらいでした。東西に二つある小さな東屋の一方には、ベンチに腰掛けた年輩のおばさんがいました。因みに、ここのベンチは中央の柱を四角に囲んで板を張り渡したもので、東西南北の四方向に面して座ることができます。彼女が腰掛けていたのは東向きのベンチ、その脇の北向きのベンチの足下には品物で膨らんだレジ袋が二つ置かれていました。「あ...妄想の落とし子?

カテゴリー一覧
商用