怖い話・恐怖体験談を集めてみた
読者になる
住所
豊島区
出身
豊島区
ハンドル名
怖い話・恐怖体験談を集めてみたさん
ブログタイトル
怖い話・恐怖体験談を集めてみた
ブログURL
http://kowaitaiken.blog.jp/
ブログ紹介文
怖い話、恐怖体験、不思議な体験などをネット上から集めてジャンル別にまとめたサイトです。
自由文
当ブログの記事はネット上から収集した怖い話をカテゴリー別へ整理し掲載しております。 また、引用元の文章の誤字脱字や校正作業を行っていますが、原則として内容の意味合いを損ねるような変更などはしておりません。 当ブログの性質上、閲覧されている読者様の身に危険が及ぶ恐れもございますので、閲覧の際は全て自己責任という旨をご理解の上でお読み下さい。
更新頻度(1年)

2265回 / 343日(平均46.2回/週)

ブログ村参加:2014/09/17

怖い話・恐怖体験談を集めてみたさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,137サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 40 40 30 30 70 40 60 310/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,006サイト
都市伝説 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 84サイト
心霊・怪談 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 110サイト
恐怖体験 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 45サイト
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(OUT) 21,895位 22,791位 23,713位 22,863位 22,109位 22,212位 20,529位 975,137サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 40 40 30 30 70 40 60 310/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 201位 214位 226位 213位 199位 203位 182位 13,006サイト
都市伝説 5位 7位 5位 6位 5位 5位 5位 84サイト
心霊・怪談 7位 7位 8位 6位 6位 7位 6位 110サイト
恐怖体験 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 45サイト
今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,137サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 40 40 30 30 70 40 60 310/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,006サイト
都市伝説 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 84サイト
心霊・怪談 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 110サイト
恐怖体験 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 45サイト

怖い話・恐怖体験談を集めてみたさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、怖い話・恐怖体験談を集めてみたさんの読者になりませんか?

ハンドル名
怖い話・恐怖体験談を集めてみたさん
ブログタイトル
怖い話・恐怖体験談を集めてみた
更新頻度
2265回 / 343日(平均46.2回/週)
読者になる
怖い話・恐怖体験談を集めてみた
  • 【心霊・幽霊系】家賃安いけど幽霊と同居

    海外生活していたときに見聞きした怖い話をしていく。NYの格安アパートアメリカ。これは日本人留学生(知人の弟)が海外で体験したという話。彼はNY暮らしをしてたんだが、NYは基本的に家賃が高い。安い物件となると、ちょっと安全を無視した地域になるという。

  • 【不思議系】無意識に水面を歩く

    友人の話。大学生の折、サークル仲間と渓流でキャンプをしたのだという。季節は夏で丁度良い感じの砂地もあったので、西瓜割りをしようという流れになった。ジャンケンで負けた後輩に目隠しをさせ、その場で三度身体を回してから挑んでもらう。見当違いの方に向かうの

  • 【日常に潜む怖い系】覗かれてるのは思い込みではなかった

    当時は高校生が携帯を持ち始めたくらいの頃で、18歳のその子は携帯を持っていなかった。今のうちからバイトをして、大学生になったら自分で買うんだと言っていた。俺は彼女より年上で、二年長くそのバイトをやっていたので、会うとよくバイトや勉強のことで話しかけられ

  • 【不思議系】河童の大切な物を盗んではいけない

    昔馴染みの話。山間の実家で暮らしていた頃、彼はよく川で泳いでいたという。ある夏の日、友人と連れ立って、普段は誰も行かない淵の方へ泳ぎに行った。楽しく泳ぎ遊んでいる内、友人の一人が奇妙な物を見つけた。淵の深みに、一抱えもある木箱が沈められていた。一

  • 【心霊・幽霊系】出るっていわれる寮を見に行ってみた

    今から20年ぐらい前のことなんだが、ある女性が会社の寮に住むことになったんだが、そこは畳部屋の古いアパートを会社が借りきってる寮だった。それで部屋が二つ空いてて彼女は角部屋を希望した。そこは室内に御札が貼ってある部屋で、会社の人からも「でるらしいよ」と

  • 【不思議系】蛞蝓人間に出会ったことがある

    田舎に住んでた子供の頃、地元から一つ向こうの山で遊んでるうちに迷った。泣きたい気持ちを堪えながら、闇雲に歩いていると人の声がする。安心してそっちに行ってみると変なものがいた。ガリガリに痩せた3mぐらいあるやたらでかい人間?が、蛞蝓みたいな体に人間の顔

  • 【心霊・幽霊系】樹海にそういう気持ちで入っては行けない

    怖くもないし実体験でもない伝聞になるんだけど良い?俺がまだ大学生だったころの話。真っ赤な服きたおネーさんたちが紙袋に入ったモデムを手渡ししてたころ。WEBチャットのひとつで、俺は自称・霊能力者のDさんと出会ったんだ。平日も土日祝日も関係なくチャット

  • 【不思議系】深夜2時に畑で突っ立ってる

    2時ちょい過ぎに小腹空いたら近所のコンビニへ買い出しに行った。帰り道、街灯から10m離れた所に看板みたいな物体あるから、あれ?こんな所に看板あったっけ?と思いつつも近づいたら爺さんで、畑の方向いて制止してた。もしかしたらヤバイモノ見てるのかも?と思っ

  • 【日常に潜む怖い系】間接的に人を殺してしまったのかも

    もう十年以上前、専門学校卒業して2~3年ほどフラフラして、そろそろ職探ししないと、とハロワに行ったら、とある給食委託会社(病院やら老人ホームやらの食事を作る会社)を紹介された。面接行ったら人手が足りなかったみたいで即採用。新しく出来た老人ホームに配属さ

  • 【動物・怨念・呪い系】沼の埋め立てで出てきたもの

    3年前に山に囲まれた大きめの沼の埋め立てを請け負ったんだけど、人工沼で周りも人工湿地帯だったのね。まずは水抜しないと重機入らないからって事でバイパス作って抜いたわけ。沼の中央には祠があるのも気持ち悪かったんだけど、水抜が終わる頃によくお墓にある戒名とか

  • 【都市伝説系】人の命を吸って生きている

    怖い話か微妙だが。うちの母親が看護師で、たまにその手の話し聞くんだが、母親が働いてるとこ脳外科なんだけど、そこの患者さんでいくつかは聞いてないが、けっこう年のいった植物状態のばあちゃんがいたらしい。母親が言うには内臓も弱ってていつ死んでもおかしくない

  • 【心霊・幽霊系】俺が自動販売機を使えない理由

    深夜、バイトの帰りに人気の無い通りを原付で走ってた時のこと。真夏でその時はすごくノドが乾いていて、少し遠くに自動販売機を見つけた時はもうカラカラだった。自販機の前で原付止めて、小銭入れ出しながら何飲もうかな、ってボタン眺めてたんだけど、ふと誰かの視線

  • 【動物・怨念・呪い系】呪われた家系は実際にある

    うちの店によく来るクレーマーの家系が洒落怖だった。・学生時代のある日父親が何の前触れもなく発狂し母親を刺し殺す・その後父親はムショ入り前に「自分の車で」頭を轢き潰して自殺・育ての親の祖母が突然大量の「河原の石」を飲んで自殺・その祖母の遺体を、何故か祖

  • 【日常に潜む怖い系】枕の中で孵化して・・・

    うちの旦那は蕎麦枕が好きでずっと愛用していたんだけど、ある日の早朝、ふと目が覚めたら、枕が布団から飛び出て畳のうえに放り出されてた(寝相悪い)。その畳の上、ちいさい黒い虫がうようようようよ大量にうごめいてるのが薄明るい朝日のなか視界に入って、飛び起きて

  • 【不思議系】カーテンをよじ登る小人

    ジャンルがわからないのでここで。カーテンてひだひだになってて、山あり谷ありみたいな形状してるじゃないですか。子供の時、寝る前に何気なくカーテン見たらそこに変な奴がいたんです。大きさ20センチくらいで蛍光オレンジ色の小人みたいな奴。そいつがカーテンの

  • 【心霊・幽霊系】有名バンドの心霊体験

    芸能人の怪談で言ったら昔ごきげんようで、リュシフェルってバンドのVo.が話してた生き霊の話が怖かった。それは彼がバンドを率いて全国ツアーを行っていた時のこと。彼がツアー先のホテルでベッドに腰を下ろして一息ついると、急にベッドの下から何者かに足首を掴まれ

  • 【日常に潜む怖い系】飼い猫を殺してしまった心境

    我が家には小さいながらも庭がある。人は怖がって入ってこない。昔の話になるが、ある晩寝苦しさに目覚めると、井戸ポンプを動かす音が聞こえた。さては水泥棒だな?と、縁側の雨戸の隙間から見てみると、当然暗くてよくわからない。が、まあ人間の大きさなら影くらい

  • 【心霊・幽霊系】俺のベッドの下には何かがいる

    洒落怖では無いのですが自分にとって怖かった話。これは高校の時の話だ。自分には6つ下の弟がいるんだが、当時居間以外には自分の部屋にしかゲームが無かった。弟は夜な夜な自分の部屋に忍び込んでPS2で遊んでいた。ゲームをやる時は自分が壁際のベッドで、弟はベ

  • 【日常に潜む怖い系】激痛だったけど、そんな事態だとは思わなかった

    中学2年の頃の話。新学期の校長の挨拶で使う重い朝礼台は校庭端の倉庫から運ぶが、その作業は体育教師に指名された生徒4人でやる。俺はたまたまその一人に指名されたが、靴がすっぽ抜けたらケガすると思って靴ひもをきつくしめあげた。いっせーのせで台を持ち上げたら

  • 【不思議系】山裾でみつけた鳥居

    知り合いの話。夏祭りが終わった夜、村外れの山裾を一人歩いていた。行く手の方角から、ズルズルと何かが擦れるような音が聞こえてくる。やがて月明かりの下、音の主が眼に入ってきた。道を横切って塞いでいる、黒光りする長い生き物。蛇のように見えた。太さは彼が

  • 【心霊・幽霊系】死んだ母親がまだ家にいるらしんだが

    年の離れた弟が居て弟がまだ3歳位の時に母親が亡くなった。それからは父親と自分と弟と祖母の四人で一軒屋に暮らしていたんだけれど、二回忌を迎えた辺りで弟が「家の中にお母さんが居る」って言い出した。いつ見るの?って聞くと夜中に目が覚めたら枕元に立っていたり一

  • 【日常に潜む怖い系】ATMから出てきたお札を見て驚愕

    K県にある某銀行内のATMでお金を下ろしたときのこと。手に取った1万円札がなんとなくいつもち違う印象に見えた。古いセピア色の写真のような、古びて薄茶色になったような、乾燥してちょっと固くなった古紙のような違和感。しばらくじっと見てたんだけど、ふと裏返

  • 【不思議系】海辺でゆらゆらと揺れている

    小学生の頃の話。毎年夏は海のそばにあるいとこの家に、何日間か泊まりに行っていた。いとこはひとつ下の女の子で、子供心に彼女の両親のどちらにも似てないなと夏に顔を合わせるたびに思っていたけど、まあそんなこと深く考えもせず毎日遊んでた。その日は波のゆるい

  • 【日常に潜む怖い系】調子に乗った女だから被害届だしてやった

    一昨日の話。自転車で走行中、コンビニの駐車場から一時停止もせずに車が出てきてぶつかりそうになった。すると、その車の運転手(30代位、すんげぇアゴのしゃくれたドブス)が怒鳴ってきた。相手の言い分は、車が優先だ、どけやボケ等ひどいものだった。この時点で

  • 【心霊・幽霊系】マンションで起きた転落事故の真相

    修羅場ってのは事件でもいいのかな?4階建ての1階に住んでたんだが、深夜2時くらいに女性の悲鳴で目が覚めた。なんだー?と思って部屋から廊下に出たら、2つ隣の部屋の女性がブルブルしてて泣いてる。部屋の奥を指さして「人・・・!死んでる・・・!」とか言うもん

  • 【不思議系】あいつ、やっぱり自殺するつもりだったのかな

    中学校の時、寺の坊主の息子が同級生にいた。昔から割と仲がよかったんだが、中学入学ごろを境にどんなに親しい友人でも何故か自分の部屋にだけは入れてくれなくなった。ドがつくほどの田舎なので留守でも鍵をかけない家が多く、そいつの家も例にもれず鍵をかけてないこ

  • 【日常に潜む怖い系】俺が嫁に殺されると思った瞬間

    結婚して4年目のころ、会社に可愛い事務の女の子が入ってきた。さすがに浮気する気はなかったけど、その子のことは気になっていた。ある日、飲み会にその子も来ることになり、俺はいい気分で飲んだ。青いチェックのワンピースを着てたんだけど、清楚で可愛くてドキドキ

  • 【日常に潜む怖い系】警察って結局そういう体質

    身の回りで警察盲信してる人多くてビクーリするよ。あいつらは死なない限り動いてくれないと思ってるから。(ストーカー法が出来てましになったとは思うけど)事件を未然にふせいだなんて、出世に何の関係もないらしいし。

  • 【動物・怨念・呪い系】呪われた田んぼがある

    山陰地方だけど、米を作ると廃人が出る田がある。被害に遭うのは地区内にいる田の所有者の血縁者のみ。若い者ばかり皆精神を病む。稲は必ず植えなければならないが、稲刈りをしてはならない。春には枯れた稲を田にかき込む。俺が小学生のころ、所有者が田の一角で赤米

  • 【不思議系】一瞬目を離した隙を狙ってるグループ

    子どもの頃誘拐?されかけた。私はくそ生意気で、気に入らないことがあると「もういい!」ってすぐすねるめんどくさい子どもだった。家族、親戚と旅行してたときにいとこと喧嘩して怒られたのが面白くなかったので、いつものように「もういい!知らない!」と駆け出したけ

カテゴリー一覧
商用