searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

司法書士 西垣哲也さんのプロフィール

住所
愛知県
出身
愛知県

モットーは、垣根を越えたブログです。 司法書士試験の合格はもちろん、会計士や社労士の情報、司法書士実務など、幅広いことを書いていきたいと思っています。

ブログタイトル
日進月歩 司法書士試験合格への道標
ブログURL
https://roadster11110414.blog.ss-blog.jp/
ブログ紹介文
TAC名古屋校で講師をしています。司法書士試験の合格のためのモチベーションがここにあります。
更新頻度(1年)

378回 / 365日(平均7.2回/週)

ブログ村参加:2014/09/12

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、司法書士 西垣哲也さんをフォローしませんか?

ハンドル名
司法書士 西垣哲也さん
ブログタイトル
日進月歩 司法書士試験合格への道標
更新頻度
378回 / 365日(平均7.2回/週)
フォロー
日進月歩 司法書士試験合格への道標

司法書士 西垣哲也さんの新着記事

1件〜30件

  • 日曜日の一日一論点

      復習 一日一論点(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 早速、今日の一日一論点、確認していきましょう。(一日一論点)不動産登記法 地上権者は、地上権の存続期間の範囲内において地役権者となることができ、地上権者を登記権利者として地役権の設定の登記を申請することができる(先例昭36.9.15-2324)。  用益権は、民法でも不動産登記法でも必ず出題されます。 得点しやすいテーマでもあるので、確実に得点できるようにしていきましょう。 以下、不動産登記法の過去問です。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 宅地である甲土地について賃借権の設定の登記を申請する場合は、その申請情報の内容として、賃料の定めを、「乙土地を使用収益する」とすることができる(平27-22-オ)。Q2 地役権の設定の登記を申請する場合において、地役権設定の範囲が承役地の一部であるときは地役権を設..

  • 土曜日の一日一論点

      復習 一日一論点(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 毎日暑すぎますね。 というか、そればかり書いている気もしますが、本当に毎日暑すぎですよね。 くれぐれも、熱中症にならないように、十分気をつけてください。 では、今日の一日一論点です。(一日一論点)会社法会社法440条3項前段 前項の株式会社は、法務省令で定めるところにより、定時株主総会の終結後遅滞なく、第1項に規定する貸借対照表の内容である情報を、定時株主総会の終結の日後5年を経過する日までの間、継続して電磁的方法により不特定多数の者が提供を受けることができる状態に置く措置をとることができる。 前項の株式会社とは、簡単にいえば、官報や新聞などの紙媒体を公告方法とする会社のことです。 以下、過去問です。 今日は、商業登記法です。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 取締役会設置会社における株主名簿管理人の..

  • 週末の一日一論点

      復習 一日一論点(カテゴリー別・リンク)  おはようございます! 暑い日が続きますね。 今日も祝日ですが、出かける予定の方は、熱中症には気をつけてくださいね。 では、今日の一日一論点です。(一日一論点)不動産登記法 所有権の登記名義人が登記義務者となるときは、登記義務者の市区町村作成、または登記所作成の作成後3か月以内の印鑑証明書の提供を要する。 添付情報は、とても大事です。 どういう場合に誰の添付情報を提供するのか。 きちんと理解しておいてください。 まさに、実務でも役に立ちます。 以下、過去問です。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 地上権の設定の登記の抹消を申請する場合においては、登記義務者が登記識別情報を提供することができないときであっても、当該登記義務者の印鑑に関する証明書を提供することを要しない(平25-15-ウ)。Q2 外国に居住する日本人が登記義..

  • 20か月・昨日の講義の急所

      復習 不登法(カテゴリー別・リンク)  おはようございます! 昨日、7月21日(水)は、20か月コースの不動産登記法の講義でした。 みなさん、お疲れさまでした! 昨日は、前回の続きから、順位の変更の登記や抵当権の登記の抹消を中心に解説しました。 また、順位変更に類似のものとして、賃借権の先順位抵当権に優先する同意の登記もありました。  順位変更に関しては、申請情報をもとに、色々と先例を確認していくと効率がよいと思います。  また、抵当権の登記の抹消は、特に、弁済と合併の点が重要です。  どちらが先であるかにより、申請すべき登記の件数が異なるので、よく振り返っておいてください。  では、過去問です。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (過去問)Q1 抵当権の順位の変更の登記の申請は、順位が上昇する抵当権者を登記権利者、順位が下降する抵当権者..

  • 1年コース・昨日の講義の急所

      復習 不登法(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 昨日、7月20日(火)は、1年コースのみなさんの不動産登記法の講義でした。 みなさん、お疲れさまでした! 昨日は、前回の続きの所有権の保存の登記から、区分建物の途中までを解説しました。 所有権の保存の登記は、申請できる人が限られています。 その申請適格者を、まずは明確にしましょう。 このほか、職権で所有権保存登記がされる場合も、正確に理解しておいてください。 また、敷地権付き区分建物ですが、まずは、分離処分禁止の原則をよく念頭に置きましょう。 その上で、例外的に建物のみ、または土地のみを目的としてすることができる登記を整理してください。 そして、建物に関しては、建物のみに関する旨の付記が記録される場合も併せて確認しましょう。 区分建物の分野の試験対策としては、そこが中心となります。 時間がかかるところなので、じっくりと復習をし..

  • 週明けの一日一論点

      復習 一日一論点(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 早速、今日の一日一論点です。(一日一論点)民法民法107条 代理人が自己又は第三者の利益を図る目的で代理権の範囲内の行為をした場合において、相手方がその目的を知り、又は知ることができたときは、その行為は、代理権を有しない者がした行為とみなす。 今年も、代理からは出題がありませんでした。 来年は、高確率で出題されるでしょう。 以下、過去問です。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 復代理人の代理権は、代理人の代理権が消滅しても消滅しない(平4-2-オ)。Q2 無権代理人Aが、父親Bを代理して、第三者Cに対し、B所有の不動産を売り渡した。Bが、追認も追認拒絶もしないまま死亡し、AがBを単独で相続した場合、本人と無権代理人の地位が同一に帰するに至ったことにより、BC間の売買契約は当然に有効となる(平20-6-..

  • 不動産登記法・昨日の講義の急所

      復習 不登法(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 昨日、7月18日(日)は、1年コースの不動産登記法の講義でした。 みなさん、お疲れさまでした! 昨日は、なかなかボリュームたっぷりという感じだったような気がします。 午前の講義では、利害関係人の続きから債権者代位による登記を中心に。 午後の講義では、判決による登記や取得時効の問題、敷地権付き区分建物の基本などを解説しました。 どれも重要なテーマばかりです。 まずは、登記上の利害関係人の承諾が必要となることがあるのはどういう場合か。 改めて、その4つの場面を明確にしてください。 そして、承諾がないと登記の申請が受理されないのか、または、主登記で実行されるのか。 さらに、登記が完了した後は、その利害関係人の登記がどうなるのか、職権抹消されるのか。 こういったあたりを、よく整理しておいて欲しいと思います。 判決による登記は、現状、わ..

  • 土曜日の一日一論点

      復習 一日一論点(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 今日も暑くなりそうです。 熱中症にならないよう、水分補給を欠かさないように心がけましょう。 では、今日の一日一論点です。(一日一論点)民法民法388条 土地及びその上に存する建物が同一の所有者に属する場合において、その土地又は建物につき抵当権が設定され、その実行により所有者を異にするに至ったときは、その建物について、地上権が設定されたものとみなす。この場合において、地代は、当事者の請求により、裁判所が定める。 法定地上権は、とても大事なテーマですね。 この機会に振り返っておいてください。 以下、過去問です。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 Aは、甲土地及びその土地上に存在する乙建物を所有し、甲土地にBのための抵当権を設定した。この場合において、A及びBの間で、将来抵当権が実行されても乙建物のための法..

  • 週末の一日一論点

      復習 一日一論点(カテゴリー別・リンク)  おはようございます! 早速、週末の一日一論点、いきましょう。(一日一論点) 民法民法298条1 留置権者は、善良な管理者の注意をもって、留置 物を占有しなければならない。(2項省略)3 留置権者が前2項の規定に違反したときは、債務 者は、留置権の消滅を請求することができる。 善管注意義務違反も、消滅請求の対象です。 経験上、意外とこれは薄いところかと思います。 ちなみに、留置権は、今年は出題されませんでした。 来年は出る可能性高いと思います。 以下、過去問です。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問) Q1 不動産質権の設定は、抵当権と異なり、現実の引き渡し、簡易の引き渡し、占有改定などの方法によって債権者に目的物を引き渡すことによって効力を生ずる(平20-13-イ)。Q2 Aからその所有するカメラをBが借りていた場合にお..

  • 20か月・昨日の講義の急所

      復習 不登法(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 昨日、7月14日(水)は、20か月コースの不動産登記法の講義でした。 みなさん、お疲れさまでした! 昨日は、前回の続きの共同抵当権の追加設定の登記から、抵当権の変更の登記を解説しました。 そのうち、特に重要なところは、債務者の変更の登記の申請書の添付書面ですね。 この場合、所有権の登記名義人が登記義務者となる場合であっても、印鑑証明書の添付が不要となります。 もちろん、登記識別情報を提供して申請する場合に限ります。 ここは、よく理解しておきましょう。 そして、いわゆる及ぼす変更と及ぼさない変更(正確には、持分上の抵当権とする変更)も重要です。 これらは、正確に登記の目的を書けるようにしておいてください。 また、どういう場合に申請する登記であるかということも、きちんと判断できるようにしましょう。 いずれも使う場面が限定されている..

  • 1年・昨日の講義の急所

      復習 不登法(カテゴリー別・リンク)  おはようございます! 昨日、7月13日(火)は、1年コースの不動産登記法の講義でした。 みなさん、お疲れさまでした! 昨日は、農地法所定の許可、裁判所の許可や登記上の利害関係人の途中までを解説しました 今回は、全体を通じて第三者の許可や承諾というのがキーワードでした。 さらに、その許可は、登記原因についてのものと登記上のものとに分けて理解する必要があります。 このあたりの理解は、少し時間がかかると思います。 ですから、じわじわと理解していっていただければいいかなと思います。 また、裁判所の許可では、共同申請でありながら登記識別情報の提供を要しない例外が出てきました。 これも、すごく大事なことなので、現状、できる範囲でよく整理しておいて欲しいと思います。 では、過去問です。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 破産管財人が、破..

  • 20か月・昨日の講義の急所

      復習 不登法(カテゴリー別・リンク)  おはようございます! 毎日暑い日が続きますね。 熱中症など、暑さ対策はきちんとしてください。 さて、昨日、7月12日(月)は、20か月コースの不動産登記法の講義でした。 みなさん、お疲れさまでした! 昨日は、前回の続きの買戻特約から、抵当権の設定の登記の途中までを解説しました。 ここからしばらくは、特に重要なテーマが続きます。  今回も、かなりの先例が出てきました。  でるトコやテキストなどでしっかり整理しておいてください。  また、添付の根拠などを確認しながら、添付情報も含めて申請情報を書けるようにしていきましょう。  抵当権は、実務では必ず取り扱うものです。  実務はやりがいありますので、ぜひみなさんも1年でも早く合格して、色々と経験を積んでくださいね。  では、過去問です。    ・・・・・・..

  • 不動産登記法・昨日の講義の急所

      復習 不登法(カテゴリー別・リンク)  おはようございます! 昨日、7月11日(日)は、1年コースのみなさんの不動産登記法の講義でした。 お疲れさまでした! 昨日から、いよいよ不動産登記法に入りました。 午前の講義では添付情報を、午後の講義では、相続登記の基本を中心に解説をしました。 まずは、共同申請主義の内容をよく理解して欲しいと思います。 また、添付情報は、どういう場面で誰のものを提供するのか。 さらに、それは何のために提供するのか、ということを少しずつ理解していってください。 相続登記に関しては、民法で学習した相続の知識がそのまま生きてきます。 相続人や相続分など、この機会によく復習をしておくといいと思います。 また、相続人による登記も、学習しました。 最初は、相続登記との違いがわかりにくいかもしれません。 登記原因をよく意識して、両者の違いが理解できるようにしていってください..

  • 日曜日の一日一論点と午前の部

      復習 一日一論点(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 昨日は、東京日帰りでした。 昨日の今日で、朝から2コマの講義というのはなかなかハードですが、頑張ります。 では、今日の一日一論点です。(一日一論点)民法民法252条 共有物の管理に関する事項は、前条の場合を除き、各共有者の持分の価格に従い、その過半数で決する。ただし、保存行為は、各共有者がすることができる。 共有は、頻出のテーマです。 条文と判例、過去問を通じて、よく確認しておきましょう。 以下、過去問です。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 Aが、Bの所有する甲建物を無権原で占有し、甲建物に増築をした場合には、当該増築部分が甲建物の構成部分になったときであっても、Bは、Aに対し、甲建物の所有権に基づき、当該増築部分の撤去を請求することができる(平30-7-ウ)。Q2 甲建物を各3分の1の持分の割合で共..

  • 土曜日の一日一論点

      復習 一日一論点(カテゴリー別・リンク)  おはようございます! 今日は、オートマのイベントがあるため、日帰りで東京に行ってきます。 ということで、早速、今日の一日一論点です。(一日一論点) 民法民法189条1項 善意の占有者は、占有物から生ずる果実を取得  する。2項 善意の占有者が本件の訴えにおいて敗訴したと  きは、その訴えの提起の時から悪意の占有者とみ  なす。 占有権は、条文を丁寧に読むということが特に大事なところです。 条文が、単に占有者と規定しているのか、善意の占有者と規定しているのか。 そういうところに気をつけながら、条文を丁寧に確認してください。 では、過去問です。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 他人の物を賃貸して賃料を受け取っていた者は、その物の所有者から賃料の返還を請求された場合には、自分に本権があると信じていたときでも、これを返還..

  • 今日の一日一論点と午後26問

      復習 一日一論点(カテゴリー別・リンク)  おはようございます! 雨の日が続きますね。 週明けからは天気が良くなるみたいですが、どうでしょうか。 では、今日の一日一論点です。(一日一論点)民法 不動産の所有権が、AからB、BからCへと順次移転したにもかかわらず、登記名義がなおAの下に残っている場合において、現在の所有者のCが、Aに対し、AからCに対する真正な登記名義の回復を原因とする所有権の移転登記手続を請求することは、物権変動の過程を忠実に登記記録に反映させようとする不動産登記法の原則に照らし、許されない(最判平22.12.16)。 1年コースのみなさんは、次回から不動産登記法の講義に入ります。 民法も、定期的に振り返りたいですね。 以下、過去問です。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 Aの所有する甲土地から、Bの所有する乙土地に土砂が流れ込むおそれが..

  • 不動産登記法・昨日の講義の急所

      復習 不登法(カテゴリー別・リンク)  おはようございます! 昨日、7月7日(水)は、20か月コースの不動産登記法の講義でした。 昨日の講義では、前回の講義の所有権の移転の登記の続きから、所有権の変更の登記。 そして、所有権の抹消の登記に、買戻特約の登記の途中までを解説しました。 特に所有権の変更の登記では、一括申請に関する先例がとても大事です。 今年の本試験の択一でも、これに関する問題が出題されていました。 また、所有権の抹消の登記では、利害関係人の問題や登記識別情報などの問題が重要です。 利害関係人については、テキスト1で詳しく解説しましたので、この機会に復習しておきましょう。 では、過去問です。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問) Q1 Aを所有権の登記名義人とする不動産について、その所有権の一部をB及びCへの移転する所有権の一部移転の登記を申請するときは、当該..

  • 民法・昨日の講義の急所

      復習 民法(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 7月に入ってから、一気に蒸し暑くなりましたよね。 早く、秋になって欲しいです。 さて、昨日、7月6日(火)は、1年コースのみなさんの民法の講義でした。 みなさん、お疲れさまでした! 今回の講義では、前回の続きの遺言から遺留分、配偶者居住権などを中心に解説しました。 そして、今回の講義で民法も終了です。 何だかんだとあっという間だったかと思います。 今回の講義の範囲では、遺贈や遺留分、配偶者居住権が重要ですね。 特に、遺留分は改正によってかなり変わりましたし、配偶者居住権も新しい制度です。 まずは、テキストの事例をベースに、条文を確認しながら丁寧に復習しておきましょう。 そして、でるトコを使って、両者を往復しながら、知識を固めていってください。 以下、過去問です。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 封印のある遺..

  • 不登法・昨日の講義の急所

      復習 不登法(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 昨日、7月5日(月)は、20か月コースの不動産登記法の講義でした。 みなさん、お疲れさまでした! 昨日の講義では、前回の相続登記の続きから、所有権に関する登記を中心に解説しました。 法定相続分による相続登記をしたあとに、遺産分割協議が成立した場合の登記や相続人不存在の場合など。 色々な事例が出てきましたので、一つずつ整理していってください。 また、前回の講義の内容ではありますが、改めて、名変に関する先例も振り返っておいてください。 では、過去問です。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1  抵当権の登記の抹消を申請する場合において、当該抹消の登記権利者の住所に変更を生じているときは、申請情報と併せて当該変更を証する情報を提供すれば足りる(平21-27-ア)。 Q2 登記名義人の住所が、数回にわたって移転して..

  • 本試験、一夜明けて

     おはようございます。 本試験から、一夜明けました。 改めて、昨日、受験されたみなさん、本当にお疲れさまでした。 自己採点は、済ませましたでしょうか? 手応えはどうあれ、自己採点は、早めにしておいた方がよいと思います。 本試験はもう終わったわけですし、あとは、結果を受け止めて先に進むべきだからですね。 近年は、択一の基準点も低めですから、択一の点数が伸びていなくてもチャンスはあるかもしれません。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・ さて、簡単に本試験の雑感を書いておきます。 午前ですが、憲法と刑法は、比較的得点しやすかったかと思います。 刑法の盗品等の罪は、個人的にはそろそろ出るかと思っていました。 民法は、今年も代理は出ませんでしたね。 錯誤も時効も、改正部分を中心に聞いていました。 売買や賃貸借などもそうでしたね。 このあたりは、オートマ過去問やでるトコをしっかりやっていれば、解け..

  • 本試験お疲れさまでした!

      今日、本試験を受験されたみなさん、本当にお疲れさまでした! とにかく疲れたことでしょうね。 さて、今のところの個人的な印象は、午前も午後も例年どおりのような感じです。 午後の不動産登記法の択一が、割と難しかったというか、解きにくい問題が多かったと思います。 特に、第26問のような問題は、勘弁願いたいですよね。 ただでさえ午後は時間が足らないのに、択一で記述式みたいな形式の問題はやめて欲しいものですね。 これは、正答率は低そうです。 午前の民法は、改正部分をガッツリ聞いてきたなという印象を受けました。 オートマ過去問の予想問題が、割と役立ったのではないでしょうか。 これから、細かいところを色々と精査していきます。 基準点は、昨年と同じくらいか(午前25問、午後24問)、午後は下がるような気がします。 一昨年は、午後は22問でしたね。 22~24問の範囲でしょうか。 どうなるでしょうね。 ..

  • 昨日の講義の急所とエール

      復習 民法(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 昨日、7月3日(土)は、1年コースのみなさんの民法の講義でした。 みなさん、お疲れさまでした! 日曜日が本試験という関係で、今回は、いつもと違って土曜日の講義となりました。 そして、その昨日の午前の講義では、途中から、相続編に入りました。 また、午後の講義では、単純承認や遺産分割などを中心に、遺言の途中までを解説しました。 相続編は、とても大事なテーマです。 相続は、民法が終わった後に学習する不動産登記法に直結するからです。 今回のところでいうと、相続分の計算ですね。 これが、とにかく重要です。 もっとも、その前提として、相続人を正確に特定できる必要があります。 ここを間違えてしまうと、いかに計算が正しくできても、相続分の数字が違ってきてしまいます。 ですので、まずは、相続人を正確に特定できるように、事例を通して何度も復習してく..

  • 本試験直前の一日一論点

      復習 一日一論点(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 本試験を受験するみなさんにとっては、本試験前日の一日一論点となりますね。 後ほど、簡単に本試験当日の心得を書いておきます。 ということで、いつもと同じように、今日の一日一論点です。(一日一論点)不動産登記法 地上権者は、地上権の存続期間の範囲内において地役権者となることができ、地上権者を登記権利者として地役権の設定の登記を申請することができる(先例昭36.9.15-2324)。  用益権は、得点しやすい科目です。 得点しやすいところでは、確実に得点できるようにしたいですね。 以下、過去問です。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 宅地である甲土地について賃借権の設定の登記を申請する場合は、その申請情報の内容として、賃料の定めを、「乙土地を使用収益する」とすることができる(平27-22-オ)。Q2 地役権の..

  • 週末の一日一論点

      復習 一日一論点(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 今週の日曜日は、いよいよ本試験ですね。 本番まで、やるべきことはいつもと同じです。 ということで、今日の一日一論点です。(一日一論点) 会社法会社法620条1項 持分会社は、損失のてん補のために、その資本金の額を減少することができる。会社法626条1項 合同会社は、第620条第1項の場合のほか、出資の払戻し又は持分の払戻しのために、その資本金の額を減少することができる。 条文の主語が、持分会社となっているのか、合同会社というように限定しているのか。 こういうところは、気をつけたいですね。 以下、商業登記法の過去問です。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 合同会社が、社員の退社に伴う持分の払戻しにより資本金の額を減少する場合において、その払戻金が剰余金額を超えないときは、社員の退社による変更の登記の申請..

  • 不動産登記法・昨日の講義の急所

      復習 不登法(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 昨日、6月30日(水)は、20か月コースの不動産登記法の講義でした。 みなさん、お疲れさまでした! 昨日の講義では、相続と遺贈の問題、そして名変の途中までを解説しました。 ちなみに、名変からはテキスト2に入りました。 不動産登記法も、折り返しですね。 さて、昨日の範囲では、遺贈の手続が大事です。 遺言執行者がいる場合といない場合で区別して、申請情報と添付情報、よく整理しておいてください。 名変については、前回の一括申請の点も、よく振り返っておいてください。 ちなみに、一括申請では、いくつかテクニカルな問題が出てきてましたよね。 共有不動産で一部の共有者の持分に第三者の権利が設定されているときは、よく注意しましょう。 登記記録を見て、どんな権利関係になっているかを読み取れるようにしていってください。   では、過去問です。   ..

  • 民法・昨日の講義の急所

      復習 民法(カテゴリー別・リンク)  おはようございます! 昨日、6月29日(火)は、1年コースの民法の講義でした。 みなさん、お疲れさまでした! 昨日の講義では、養子縁組を中心に解説をしました。 まず、重要な点は、縁組と代襲相続の関係ですね。 この点は、日曜日の講義の最後に解説したところではありますが、とても大事なところです。 縁組前の子、縁組後の子に分けて、しっかりと整理しておいてください。 あとは、縁組障害ですね。 縁組は、婚姻と比べると少々複雑といえます。 でるトコを利用して、一つずつ整理してもらえればと思います。 以下、過去問です。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 Aが、Bとの婚姻の届出と同時に、Bの前の配偶者との子Cと養子縁組の届出をしていたときは、AとBが離婚すると、A及びCの間の養子縁組は当然に解消される(平21-22-イ)。Q2 養子である未..

  • 不登法・昨日の講義の急所

      復習 不登法(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 昨日、6月28日(月)は、20か月コースの不動産登記法の講義でした。 みなさん、お疲れさまでした! 今回は、前回の続きの所有権の更正の登記から一括申請の途中までを解説しました、 所有権の更正の登記は、記述式でも択一でも出題される重要なテーマです。 更正登記ができるかできないかという点から、更正後の事項の書き方や申請人に利害関係人。 整理すべき点は多いですが、一つずつ潰していってください。 そして、この機会に、登記上の利害関係を有する第三者についても復習するといいと思います。 では、過去問です。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ (過去問)Q1 A所有の不動産について所有者をBとする所有権の保存の登記がされた場合は、所有権の登記名義人であるBをAに更正する所有権の更正の登記はすることができない(平7-24-ア)。Q2 ..

  • 民法・昨日の講義の急所

      復習 民法(カテゴリー別・リンク) おはようございます! 昨日、6月27日(日)は、1年コースのみなさんの民法の講義でした。 みなさん、お疲れさまでした! 昨日の講義から、本格的に親族編に入りました。 その午前の講義では婚姻関係、午後の講義では親子関係を中心に解説をしました。 婚姻については、婚姻意思の問題や、婚姻障害、婚姻の取消しといったところが特に重要です。 中でも、婚姻の取消権者は、よく整理しておいて欲しいなと思います。 また、テキスト1でも出てきた権限外行為の表見代理と日常家事債務に関する判例ですね。 この機会によく振り返っておいてください。 さらに、財産分与と債権者代位権、詐害行為取消権に関する判例も要復習です。 親子関係ですが、嫡出否認の訴えは、その要件を正確に確認しておきましょう。 そして、父子関係を否定するための手続を、推定される嫡出子、推定されない嫡出子。 それぞれで..

  • 日曜日の一日一論点

      復習 一日一論点(カテゴリー別・リンク)  おはようございます! 今日は、6月最後の日曜日ですね。 今日もいつもどおり、一日一論点です。(一日一論点)不動産登記法 元本確定前の根抵当権につき、会社分割による根抵当権の一部移転の登記を申請するときは、登記原因証明情報として、承継会社の登記事項証明書(または会社法人等番号)を提供すれば足り、分割契約書の提供を要しない(先例平27.10.23-512)。  抵当権や根抵当権の手続は、とても大事です。 以下、過去問です。   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・(過去問)Q1 根抵当権者をA株式会社とする元本確定の登記がされた根抵当権の登記について、会社分割を登記原因とするA株式会社からB株式会社への根抵当権の移転の登記を申請する場合には、登記原因証明情報として、当該会社分割の記載のあるB株式会社の登記事項証明書を提供すれば足りる(平28..

カテゴリー一覧
商用