住所
徳島市
出身
ハンドル名
チワワママさん
ブログタイトル
奇跡の石ころ
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/ishikoro46/
ブログ紹介文
我が家には沢山の奇跡の石ころがあります。その石ころ達に背中を推されて、ブログを作ることにしました。
自由文
石について語り合える、石友達がとても欲しいです。
更新頻度(1年)

30回 / 218日(平均1.0回/週)

ブログ村参加:2014/09/11

チワワママさんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 03/24 03/23 03/22 03/21 03/20 03/19 全参加数
総合ランキング(IN) 23,348位 24,684位 22,065位 22,008位 18,715位 18,831位 18,844位 953,410サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 0 20 10 0 10 30 0 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美術ブログ 402位 407位 395位 390位 365位 364位 363位 8,281サイト
古美術・骨董 14位 14位 14位 15位 14位 14位 14位 149サイト
コレクションブログ 171位 181位 162位 161位 134位 134位 134位 7,425サイト
鉱物・岩石・化石 2位 3位 2位 2位 2位 2位 2位 121サイト
今日 03/24 03/23 03/22 03/21 03/20 03/19 全参加数
総合ランキング(OUT) 48,545位 47,692位 53,677位 53,657位 45,172位 44,983位 47,577位 953,410サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 0 20 10 0 10 30 0 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美術ブログ 649位 646位 711位 701位 642位 629位 639位 8,281サイト
古美術・骨董 20位 21位 20位 20位 20位 19位 18位 149サイト
コレクションブログ 372位 372位 424位 422位 357位 360位 374位 7,425サイト
鉱物・岩石・化石 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 121サイト
今日 03/24 03/23 03/22 03/21 03/20 03/19 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 953,410サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 0 20 10 0 10 30 0 70/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
美術ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 8,281サイト
古美術・骨董 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 149サイト
コレクションブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,425サイト
鉱物・岩石・化石 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 121サイト

チワワママさんのブログ記事

?
  • 美しい化石 ベレムナイト パイライト

     大変ユニークで、美しい化石を紹介しようと思います。化石には植物(木やシダ)貝 昆虫 動物等々、ユニークな所では、オーストラリアから、恐竜の骨格がすべて、美しくオパール化されたものが出土されたりと興味は尽きません。最近私はロシア産の中生代 ジュラ紀のイカ

  • 長石フアン 3 ラブラドライト

     憧れの長石族を紹介していますが、最終回は、この長石フアンを書こうと思うきっかけを作ってくれた、ラブラドライトの原石を紹介します。私はラブラドライトは好きですが、やっぱり原石にこだわりがあって、美しい原石には中々出会えずにいました。でも最近、幸運にもラブ

  • 長石フアン 2 ムーンストーンと氷長石

     憧れの長石族の石達 第2弾は ムーンストーンと氷長石を紹介します。  私はアマゾナイトと同じくらい、ムーンストーンが好きで、原石をずっとミネラルショップの方にリクエストしていました。でも中々巡り会うことが出来ませんでした。でも、「念ずれば花開く」の詩の様

  • 長石フアン 1 アマゾナイト

     私の大好きな 永遠の憧れの石 長石族の石達をじっくりと紹介しようと思います。   長石族というのは、大きなグループで、ムーンストーン(正長石他)サンストーン(オリゴレース他) ラブラドライト(鉱物名同じ) アマゾナイト(微斜長石)等々、とても個性的で魅

  • 生まれたままの ハーキマーダイヤモンド

     暫く石の工芸品が続きましたので、そろそろ原石がとても恋しくなってきました。久しぶりの原石に相応しい、生まれたままでも、ダイヤモンドの原石より美しい水晶を紹介しようと思います。  アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ハーキマー郡で採れる、ダイヤモンドの様に、

  • 奇跡の工芸品 最終回 象牙

     石の工芸品を、石の種類別に紹介していますが、永くなりましたが、最終回に石ではないのですが、どうしても大好きで、紹介したい工芸品を紹介しようと思います。今は入手も難しくなった、象牙の工芸品です。でもそんな貴重な、そして魅力的な象牙だからこそ、大切に、丁寧

  • 奇跡の石工芸品  14 色々な石達 ルビー他

     石の工芸品を石の種類別に紹介していますが、第14弾はあまり見かけない、我が家でも、数少ないちょっと珍しい石の工芸品を紹介しようと思います。 最初の写真は、ルビーの亀です。華やかなルビーの一杯入った原石に可愛らしい亀が彫刻されています。黒っぽい原石部分も

  • 奇跡の石工芸品 13 水晶

     美しい石の工芸品を、石の種類別に紹介していますが、第13弾 水晶の最終回は、心洗われる様な瑞々しい透明感とガーデン水晶の様に、景色も一緒に楽しめる水晶の工芸品達を、たっぷりと紹介します。 最初の写真は水晶の龍です。水晶の部分だけで、高さ26cmあり、透

  • 奇跡の石工芸品 12 紅水晶

     美しい石の工芸品を、石の種類別に紹介していますが、水晶 第3弾は ローズクォーツこと、紅水晶を紹介します。  ローズクォーツは微細な結晶が分散しているため、透明な物は珍しく、殆ど曇りやひび(クラック)が入っています。また塊状で産出される事が多く、結晶にな

  • 奇跡の石工芸品 11 紫水晶

     美しい石の工芸品を、石の種類別に紹介していますが、水晶 第2弾は、アメシストこと、紫水晶の工芸品を紹介しようと思います。 アメシストの紫色は鉄分によるもので、含有量が多いと紫色が濃くなります。また250℃前後で加熱すると、前回紹介した黄色いシトリンに変わ

  • 奇跡の石工芸品 10 黄水晶

     美しい石の工芸品を、石の種類別に紹介していますが、第10弾は水晶を色別 種類別に紹介しようと思います。鉱物趣味は水晶に始まり、水晶に終わると言われていますが、水晶の工芸品も奥深く、色によっても個性的で変化にとみ、見る人を飽きさせません。そんな魅力的な水

  • 奇跡の石工芸品 9 ラピスラズリ

     美しい石の工芸品を、石の種類別に紹介していますが、新年最初は、日本では、「瑠璃」と呼ばれ古くから親しまれてきたラピスラズリの工芸品を紹介しようと思います。美しい群青色を英語で「ウルトラマリン」と表現しますが、はるばると海を超えて来たという意味で、シルク

  • 奇跡の石工芸品 8 ラブラドライト

     美しい石の工芸品を、石の種類別に紹介していますが、第8弾はクリスマスのイルミネーションの様に華やかな游色が美しい、ラブラドライトを紹介します。ラブラドライトの工芸品はコレクションが少ないので、磨き石と、貴重な原産地標本の原石も一緒に紹介します。 ラブラ

  • 奇跡の石工芸品 7 孔雀石

     美しい石の工芸品を、石の種類別に紹介していますが第7弾は孔雀石を紹介しようと思います。石の工芸品も奥が深く、原石を超えるほどの輝きを放つものがあり、見る者を魅了します。孔雀石も研磨される事で、美しさを増す石だと思います。 ロシアのロマノフ王朝の女帝エカ

  • 奇跡の石工芸品 6 蛍石

     美しい石の工芸品を石の種類別に紹介していますが、第6弾は、前回紹介した瑪瑙同様に、カラフルな色彩が魅力的な、工芸品としては、あまり見かけない、蛍石の工芸品を紹介します。  最初の写真は、蛍石の木立ちに停まる小鳥たちです。透明感のある美しいフローライトに

  • 奇跡の石工芸品 5 瑪瑙

     美しい石の工芸品を石の種類別に紹介していますが、第5弾は色々な色が個性的な瑪瑙の工芸品を紹介します。    前回までの石の工芸品は上品な色合いですが、少し地味で寂しい感じでした。それに対して瑪瑙はカラフルで見ていても私達を愉しい気分にしてくれます。そんな

  • 奇跡の石工芸品 4 寿山石

     美しい石の工芸品を石の種類別に紹介していますが、第4弾は、寿山石の工芸品を紹介します。 寿山石は、中国 福建省寿山で採れる石材で、高級印材として有名です。山抗 水抗 田抗の三種類があり、田抗は田黄石と呼び「石中の王」とも呼ばれています。黄金入手は簡単だが

  • 奇跡の石工芸品 3 グリーンアベンチュリン

     美しい石の工芸品を石の種類別に紹介していますが、第3弾はインド翡翠こと、グリーンアベンチュリンを紹介しようと思います。 グリーンアベンチュリンは綺麗な緑色をしていることから、インド翡翠とも呼ばれていますが、翡翠ではなく、緑色の石英の事です。産地がインドで

  • 奇跡の石工芸品 2 ネフライト

     色々な石の工芸品 第2弾は軟玉こと、ネフライトの美しい工芸品を紹介します。ネフライトには色によって、青玉 黄玉白玉(玉)などそれぞれに個性的で、翡翠に比べると、少し柔らかく、細工し易いせいか、少しお手頃価格です。でも中国の故宮博物院では、翡翠の工芸品は少

  • 奇跡の石工芸品 1 翡翠

     石の工芸品は、今までにも原石を紹介した後で、単品で紹介していたのですが、じっくりと原石の種類別に紹介しようと思います。原石は、人の手をかけずに、芸術的に美しいですが、石の工芸品は石の美しさと人間の超絶的技術によって芸術的に高められます。そんなそれぞれに

  • 珠玉のお勧め石の本 3冊と ジュエリーの様な果実

     石の紹介は 一休みして、石愛に溢れた素敵な愛読書 3冊を秋の夜長に紹介しようと思います。私も4年以上も凝りもせず、石のみのブログを書く位、バカが付く石好きなのですが、とても足元にも及ばない石愛と、才能を兼ね備えた3人のミネラルライターの珠玉の本 3冊です。

  • 追伸 アフリカの石 モリブデン鉛鉱 エトリング石

     先週完璧に我が家のアフリカの石を紹介し終えていたつもりでしたが、本当に私は抜けていて、しっかり、数点紹介し忘れが見つかりました。追伸になりますが、紹介しようと思います。  先週京都のミネラルショーに、行って来ました。とても盛況で、その時もアフリカの石も

  • 南アフリカの石 2 菱マンガン鉱 滋賀石 杉石

     遥かなる悠久の大地 アフリカの石第12弾 最終回は、南アフリカの石を2週間に分けて紹介していますが、フィナーレにふさわしい大好きな、華やかな石を紹介しようと思います。 次の写真は南アフリカ 北ケープ州 クルマン ヌチュワニンク第2鉱山産の 菱マンガン鉱で

  • 南アフリカの石 1 アホー石 パパゴ石他

     遥かなる悠久の大地 アフリカの石第11弾は最終回になりましたが大好きな南アフリカ産の石を、前編 後編に分けて紹介しようと思います。 次の写真は南アフリカ リンポポ州 メッシーナ鉱山産のアホー石イン 水晶です。リンポポ州は南アフリカ北部 ボツワナ ジンバ

  • ナミビアの石 2 ツメブの宝 白鉛鉱他

     遥かなる悠久の大地 アフリカの石第10弾は ナミビア後編ツメブ鉱山産の石達を紹介します。 ナミビアと言えばツメブと言う程、ツメブ鉱山は鉱物コレクターにとっては外せない産地です。「鉱物のデパート」「自然の鉱物博物館」と呼ばれ、鉛をはじめ銅 ニッケル 錫 金

  • ナミビアの石 1 アホー石やフルオロアパタイト他

     遥かなる悠久の大地 アフリカの石も我が家のコレクションでは残すところナミビアと最南端の南アフリカのみとなりました。両国共豊かな鉱物産地で大好きな国で、目が離せません。そんな魅力的なアフリカ南部の石を数回に分けて紹介しようと思います。 まず第9弾はナミビ

  • マダガスカルの石 日本式双晶 デマントイド他

     遥かなる悠久の大地 アフリカの石第8弾は、マダガスカルの石を紹介します。マダガスカル共和国は、モザンビークの対岸で、アフリカの東に位置する島です。アフリカからの分離大陸と言われていますが、住んでいる人々はブラックアフリカ系ではなく、どことなくインドネシ

  • コンゴの石 ダイオプティーズ他

     遥かなる悠久の大地 アフリカの石第7弾は、コンゴの石を紹介します。コンゴはコンゴ民主共和国とコンゴ共和国があります。鉱物ラベルにはコンゴとしか書いてないものも多く解る範囲での地名です。 コンゴはアフリカでも有数の鉱物産出国として有名で、美しい鉱物が流通

  • ジンバブエ マラウィ マリの石 ユークレース他

     遥かなる悠久の大地 アフリカの石を北の方から紹介していますが、第6弾は我が家のコレクションの少ない国の原石を紹介します。ジンバブエと マラウィと マリの石達です。 最初の写真は、ジンバブエ マショナランド州 カロイ ムワミ鉱山産のユークレースです。ジン

  • タンザニアの石 2 ツァボライトとタンザナイト

     遥かなる悠久の大地 アフリカの石第5弾は、タンザニアの石後編を紹介します。 タンザナイトやツァボライト等々の美しい鉱物多産地区アルーシャ州メレラニ鉱山産の原石達です。 最初の写真は、タンザニア アルーシャ州 メレラニ鉱山産のツァボライト パイライト グ