プロフィールPROFILE

大宮蕨さんのプロフィール

住所
蕨市
出身
久留米市

自由文未設定

ブログタイトル
大宮蕨通信-The Orange Time-
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/omiyawarabi
ブログ紹介文
大宮アルディージャについていろいろと・・・
更新頻度(1年)

92回 / 365日(平均1.8回/週)

ブログ村参加:2014/09/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、大宮蕨さんの読者になりませんか?

ハンドル名
大宮蕨さん
ブログタイトル
大宮蕨通信-The Orange Time-
更新頻度
92回 / 365日(平均1.8回/週)
読者になる
大宮蕨通信-The Orange Time-

大宮蕨さんの新着記事

1件〜30件

  • さいたまシティカップvsクラブ・ナシオナル・デ・フットボール

    NACK5スタジアム大宮で行われた試合は、大宮アルディージャ0-1クラブ・ナシオナル・デ・フットボールで負けてしまいました。前半、個々が孤立し攻撃のリズムが作れないアルディージャ。ナシオナルの組織的な圧力に屈しほとんど「前へ」力を作れないまま前半を折り返します。後半、52分、ナシオナルの間合いを外す技ありのクロスを決められ失点を許してしまったアルディージャ。何とか反撃に出たいところでしたが、攻撃のリズムを作れないアルディージャ、ナシオナルのディフェンスを崩すことが出来ずそのまま逃げ切られ負けてしまいました。組織力の違いを見せつけられての完敗でした。とにかく攻撃のコンビネーションが悪く、バリエーションが少ない。不用意に3バックでボール回しをして前に出ていったところをカウンターを貰う。この試合後のSC相模原との練習...さいたまシティカップvsクラブ・ナシオナル・デ・フットボール

  • あけましておめでとうございます

    初詣は、氷川神社。今年は、年男です。ここ何年か屋台に「梅が枝餅」があるのが嬉しい。今年も食べてきました。あけましておめでとうございます

  • 2019大晦日

    今年の締めの写真。(Jビレッジカップ優勝)2年連続アカデミー(U18)。来年はトップチーム写真も欲しいです。来年もよろしくお願いいたします。2019大晦日

  • Jリーグインターナショナルユースカップ第3節vsBKヘッケン

    長野市営陸上競技場で行われた試合は、BKヘッケン1-1大宮アルディージャU18のドローでした。前半、前線からプレスをかけリズムを掴んだアルディージャU18。19分、GKと一対一となった大澤がペナルティーエリア内で倒されPKを獲得、それを大澤が落ち着いて決め先制します。しかし、その後は好守を見せ粘るヘッケンを崩せず、前半を折り返します。後半、反撃に出たヘッケンに押され気味のアルディージャU18。慌てることなくしっかりとした守備を見せていましたが、74分、一瞬後手になったところを突かれ失点してしまいます。その後の決定機を決めきれなかったアルディージャU18、結局そのままドローに終わってしまいました。3年生が抜けた後とは思えないくらいまとまったいい試合をしていただけに、唯一のミスと言ってもいい失点が痛い試合でした。後...Jリーグインターナショナルユースカップ第3節vsBKヘッケン

  • 三送会

    例年、志木グラウンドで行われる三送会ですが、今年は志木グラウンドの不良の為、SGRUMFUTSALSTUDIOで行われました。今年もJビレッジカップ優勝、Jユースカップ3位、プレミアEAST6位と楽しい観戦生活が送れました。プロ、大学へとステップアップする3年生の活躍を楽しみにしています。3年間お疲れさまでした。三送会

  • 2019プレミアEAST第18節vs清水エスパルスユース

    清水ナショナルトレーニングセンター(J-STEP)で行われた試合は、清水エスパルスユース2-0大宮アルディージャU18で負けてしまいました。前半、7分、ゴール前の混戦を止め切れず先制点を許してしまったアルディージャU18。すぐさま反撃に出ますが、あと一歩のところで清水の好守にも阻まれ決めきることが出来ず、前半を折り返します。後半、前半同様前に前に出たいアルディージャU18。しかし、どこか堅さの目立つプレーに思うような攻撃を作ることができません。逆に57分、再びゴール前の混戦から失点すると、最後まで自分たちのリズムを取り戻すことが出来なかったアルディージャU18、そのまま逃げ切られ負けてしまいました。前半の決定的チャンスを決めることが出来なかったことが焦りを呼んだか、自分たちのサッカーができないまま終わってしまい...2019プレミアEAST第18節vs清水エスパルスユース

  • 2019シーズン最終戦

    2019J1参入プレーオフ1回戦、NACK5スタジアム大宮で行われた試合は、大宮アルディージャ0-2モンテディオ山形で負けてしまいました。イレギュラーな仕事があり最後2試合のリーグ戦とプレーオフを観に行くことが出来ず、いまいち実感がわきませんが、今日の試合が今シーズン最終戦となり、J1昇格はなりませんでした。今シーズンは、若手の台頭が著しく、高木監督のもとチーム一丸となって戦って来ただけに残念な結果になってしまいました。(最後までシモヴィッチの評価は食い違いましたが・・・)出来れば来シーズンもこの路線でいってほしいと思いますが、J23年目、さらに厳しい状況が待っているのも確か、気持ちを切り替えて立ち向かっていって欲しいです。2019シーズン最終戦

  • 2019プレミアEAST第16節vs柏レイソルU-18

    日立柏総合グラウンド(人工芝)で行われた試合は、柏レイソルU-180-0大宮アルディージャU18のドローでした。前半、積極的に前へ出るアルディージャU18。ゴール前までは迫るものの柏の守備を崩すことが出来ず前半を折り返します。後半、前半同様前に出るアルディージャU18。何度か決定的場面を作りますがあと少しのところ決めきることが出来ません。結局そのままドローに終わってしまいました。強い風と雨という悪条件の中での試合でした。そんな中、最後まで諦めず前へ出続けたアルディージャU18でしたが、ゴールは生まれず、悔しい試合になってしまいました。FW柴山大澤MF高田西谷谷口林DF鈴木福井村上田中GK久保得点無交代79分柴山→山崎89分大澤→新井(成)2019プレミアEAST第16節vs柏レイソルU-18

  • 2019リーグ戦vs栃木SC

    栃木県グリーンスタジアムで行われた試合は、栃木SC0-0大宮アルディージャのドローでした。前半、栃木のタイトなプレスにリズムか掴めないアルディージャ。それでも何度か決定的場面を作りますが、あと一歩のところで決めきれず前半を折り返します。後半、細かいミスから栃木のカウンター貰いリズムがつかめないアルディージャ。大前、富山、最後は山越を投入しパワープレー出ますが、どうしてもフィニッシュが作れません。栃木に寛大な判定にも苦しめられゴールを奪うことが出来なかったアルディージャ、そのままドローに終わってしまいました。前への意識は感じられましたが、最後まで自分たちのリズムを取り戻すことが出来ず、消化不良な試合になってしまいました。ただ落ち込んでる暇がないのも確か、残り2試合やり切るしかありません。2019リーグ戦vs栃木SC

  • 2019Jユースカップ準々決勝vs清水エスパルスユース

    Jビレッジスタジアムで行われた試合は、清水エスパルスユース0-1大宮アルディージャU18で勝利しました。前半、立ち上がりこそ清水に押し込まれる場面を作られたものの徐々に自分たちのリズムを取り戻したアルディージャU18。何度か決定機を作りますが、最後のところで清水の堅い守備に阻まれ崩すことができないまま前半を折り返します。後半、ミドルシュートをまじえ積極的に前へ出るアルディージャU18。しかし、清水の堅い守備をどうしても崩せず後半が終了、そのまま10分ハーフの延長戦に入ります。延長前半、少し疲労が見え始めるアルディージャU18。お互い決定機を決めきれないまま延長前半を折り返します。延長後半、柴山に代え山崎を投入し膠着した状態を打破したいアルディージャU18。この采配が見事に成功します。105分、スルーパスに飛び出...2019Jユースカップ準々決勝vs清水エスパルスユース

  • 2019リーグ戦第39節vs柏レイソル

    NACK5スタジアム大宮で行われた試合は、大宮アルディージャ2-1柏レイソルで勝利しました。前半、前線からプレスをかけ前に出るアルディージャ。3分、少し前への意識が強すぎたか柏のカウンター貰い失点、先制を許してしまいます。それでも慌てず積極的に前へ出続けると42分、石川のチャージのこぼれ球を拾った奥抜、そのままドリブルで切り込むと、最後は相手GKをかわしゴール同点とします。さらに勢いづいたアルディージャ、44分、ファンマのスルーパスを受けた奥抜のシュートは枠をそれたものの、シノヅカが折り返したボールを茨田が押し込み逆転に成功して前半を折り返します。後半、前半同様前へ出るアルディージャ。何度か決定機を作りますが追加点を奪うまでは行きません。逆に徐々にパワープレーにでた柏に押し込まれる展開になりますが、最後まで一体...2019リーグ戦第39節vs柏レイソル

  • 2019リーグ戦第37節vs徳島ヴォルティス

    熊谷スポーツ文化公園陸上競技場で行われた試合は、大宮アルディージャ2-3徳島ヴォルティスで負けてしまいました。前半、19分、CKからトリックプレーに出た徳島に少し不運もあり失点してしまったアルディージャ。22分、高い位置でボールを奪ったバブンスキーのゴールで同点に追いつきましたが、45分、一瞬ルーズになった酒井の守備から失点を許し前半を折り返します。後半、守備的になった徳島を攻めあぐねるアルディージャ。70分、CK、酒井のヘディングシュートが決まり同点に追いつきますが、73分、少しプレスがもたついたところから裏を取られ失点、再びリードを許してしまいます。再びの同点そして逆転を狙うアルディージャでしたが、この試合どこかスピード感に欠ける攻撃、思うように「前へ」の力が作れず、そのまま逃げ切られ負けてしまいました。台...2019リーグ戦第37節vs徳島ヴォルティス

  • 2019プレミアEAST第15節vs浦和レッドダイヤモンズユース

    埼玉スタジアム2002第2グラウンドで行われた試合は、浦和レッドダイヤモンズユース0-2大宮アルディージャU18で勝利しました。前半、13分、スルーパスに飛び出した柴山がGKとの1対1を制し先制したアルディージャU18。38分にも柴山からのパスを受けて飛び出した高田がゴール決め、2点リードで前半を折り返します。後半、後が無くなった浦和の反撃を受けるアルディージャU18。その攻撃をしっかりとした守備で凌ぐとそのまま逃げ切り勝利しました。少し前がかりになった浦和の一瞬の隙を見逃さなかった柴山の活躍もあり奪い取った2点を後半、組織的な守備でしっかりとカギをかけて零封、理想的な勝利でした。また、台風で順延、試合中も雨が降る中での難しい試合になりましたが、チーム一丸となって乗り切った勝利でもありました。FW大澤柴山MF高...2019プレミアEAST第15節vs浦和レッドダイヤモンズユース

  • 2019Jユースカップ1回戦vsカターレ富山U-18

    堀崎公園グラウンドで行われた試合は、大宮アルディージャU183-0カターレ富山U-18で勝利しました。前半、前に出る富山に押し込まれるアルディージャU18。その攻撃を受け止めると35分、前のめりなった富山の裏のスペースに飛び出した大澤からのパスを柴山がゴールを決め先制。さらに混乱する富山ディフェンス陣の隙を突き大澤が38分、39分と連続でゴールを決め3-0で前半を折り返します。後半、体制を立て直してしっかりとディフェンスラインを引いてきた富山を思うように崩せないアルディージャU18。それでも何度か決定機を作りますがゴールとはいかず、そのまま逃げ切り勝利しました。不用意に前に出てくる富山の隙をついての3連続ゴール、快勝だったと思います。観ている方としては後半も追加点と欲のでる試合でしたが、こういった展開でありがち...2019Jユースカップ1回戦vsカターレ富山U-18

  • 2019ファンフェスティバル

    2019ファンフェスティバル

  • 2019リーグ戦第34節vsV・ファーレン長崎

    NACK5スタジアム大宮で行われた試合は、大宮アルディージャ3-0V・ファーレン長崎で勝利しました。前半、積極的に前に出て仕掛けるアルディージャ。16分、酒井からのパスを受けた奥抜がそのままドリブルで持ち込みゴール、先制して前半を折り返します。後半、守りの布陣をひいてそこからカウンターを狙うアルディージャ。長崎の攻撃をことごとく退けると、72分、CKの競り合いでPKを獲得、これをシモヴィッチが一旦は弾かれたものの跳ね返りを落ち着いて押し込み追加点を奪います。さらに、82分、茨田のスルーパスをうけた渡部がドリブルで持ち込みダメ押しのゴールを決めたアルディージャ、そのまま逃げ切り勝利しました。一見、長崎がボールを支配した試合に見えても思うような攻撃はさせない強固な守備から、先取点、追加点を奪っての勝利、快勝だったと...2019リーグ戦第34節vsV・ファーレン長崎

  • さいたまサッカーフェスティバル2019

    さいたまサッカーフェスティバル2019に行って来ました。浦和レッドダイヤモンズU-140-3大宮アルディージャU-14浦和レッドダイヤモンズOB2-1大宮アルディージャOBさいたまサッカーフェスティバル2019

  • 2019リーグ戦第33節vs東京ヴェルディ

    NACK5スタジアム大宮で行われた試合は、大宮アルディージャ2-0東京ヴェルディで勝利しました。前半、積極的に前へ出るアルディージャ。立て続けに作った決定的場面が正面を突きなかなかゴールを奪うことが出来ませんでしたが、22分、シノヅカのCKが直接ネットを揺らしゴール、先制して前半を折り返します。後半、反撃に出た東京にしっかりと守りの布陣をひきカウンターを狙うアルディージャ。65分、全く機能しないシモヴィッチを諦めファンマを投入すると、76分、酒井がスラしたボール、ファンマのトラップのこぼれ球を酒井が押し込み追加点を奪います。その後も東京の攻撃を守り切ったアルディージャ、そのまま逃げ切り勝利しました。全体的には守りのサッカーになったものの、先取点、追加点を効果的に奪っての勝利、内容のあるいい試合だったと思います。...2019リーグ戦第33節vs東京ヴェルディ

  • 2019リーグ戦第32節vs横浜FC

    ニッパツ三ツ沢球技場で行われた試合は、横浜FC0-0大宮アルディージャのドローでした。前半、積極的に前に出るアルディージャ。何度か決定的場面を作りますが決めきれず前半を折り返します。後半、決定的場面を作るも枠をとらえることが出来ないアルディージャ。逆にカウンターを貰いヒヤリとさせられる場面を作られるなど厳しい展開を強いられます。62分シモヴィッチ、69分バブンスキー、82分富山を投入し打開を図るアルディージャ。しかし、決定的場面はあるも決めきれず、そのままドローに終わってしまいました。決定的場面はあるも、枠を捉えられなかったり、正面を突いたりと見ていてもどかしい試合でした。そんな白熱する試合でも戦わない選手が一人、62分、上手くいかない流れを変えるべく投入されたシモヴィッチでしたが、フリーでボールを受け、前方に...2019リーグ戦第32節vs横浜FC

  • プレミアEAST第13節vsジュビロ磐田U-18

    NACK5スタジアム大宮で行われた試合は、大宮アルディージャU180-1ジュビロ磐田U-18で負けてしまいました。前半、ゴール前までは迫るもののフィニッシュが思うように作れないアルディージャU18。何度かチャンスを作ったものの決めきれず前半を折り返します。後半、攻勢に出たアルディージャU18。何度か決定的場面を作りましたがそれを逃すと、磐田のカウンター攻撃にやや押される展開になります。87分、前がかりになったところをカウンターを貰い失点してしまったアルディージャU18、そのまま逃げ切られ負けてしまいました。コンパクトにパスをつないでくる磐田と良い攻撃もあるもちらほらとミスがあるアルディージャU18、やや押される展開にはなったものの決して勝てない試合では無かっただけに悔しい試合になりました。まさに決めるところで決...プレミアEAST第13節vsジュビロ磐田U-18

  • 第31節vsFC町田ゼルビア

    NACK5スタジアム大宮で行われた試合は、大宮アルディージャ1-1FC町田ゼルビアのドローでした。前半、3分、櫛引のクリアミスを拾われ失点してしまったアルディージャ。すぐさま反撃に出たいところでしたが、シモヴィッチにボールを集める作戦はことごとく機能はせず、前半を折り返します。後半、全く機能しない、むしろブレーキに感じるシモヴィッチのポストプレーにこだわるアルディージャ。徐々に「前へ」の力を失うと、ドリブルを多投して前に出てくる町田の攻撃に押される展開になります。68分、ようやくシモヴィッチを諦めファンマを投入したアルディージャ。すると、再び「前へ」の力を取り戻し、73分、ファンマからパスを受けた三門のクロス、ファーサイドに入ってきたシノヅカのヘディングシュートが決まり同点とします。これで息を吹き返したアルディ...第31節vsFC町田ゼルビア

  • 2019プレミアEAST第12節vs青森山田高校

    青森山田高校グラウンドで行われた試合は、青森山田高校2-2大宮アルディージャU18のドローでした。前半、風上に立ち積極的に前に出るアルディージャU18。32分、中山からのパスを受けた瀬良が切り込みゴールを決め先制します。しかし、43分、FKを直接決められ失点、前半を折り返します。後半、57分、ゴール前に切り込んだ高田からのパスに飛び込んだ新井(成)のゴールが決まり再び突き放したアルディージャU18。しかし、風上を上手に使い前に出てくる青森山田の反撃に押され始めると、73分、一瞬マークがずれたところをつかれ失点してしまいます。前へ出る青森山田、カウンターのアルディージャU18、目の離せないスリリングな展開。青森山田のラフプレーと疑惑のハンド判定にも折れず、チャンスを作ったアルディージャU18でしたが、ゴールは生ま...2019プレミアEAST第12節vs青森山田高校

  • 2019プレミアEAST第11節vs市立船橋高校

    NACK5スタジアム大宮で行われた試合は、大宮アルディージャU180-0市立船橋高校のドローでした。前半、積極的に前に出るアルディージャU18。ゴール前には迫るものの決めきれず、最後に訪れた最大の決定機も市立船橋の体を張った守備に跳ね返され前半を折り返します。後半、攻勢に出た市立船橋に押し込まれるアルディージャU18。その攻撃をGK久保の好守もあり凌ぐと、そのあとは両チームとも決め手がだせず膠着した展開になります。結局、アディショナルタイム、アルディージャU18の決定機が決まらなかったところで終了、ドローに終わってしまいました。お互い自分たちの時間帯に決めることが出来なかったことが試合を難しくしてしまいました。後半、「前へ」の意識が少し薄れた時間があったことが残念な試合でした。FW瀬良新井(成)MF早乙女谷口中...2019プレミアEAST第11節vs市立船橋高校

  • 2019リーグ戦第28節vsジェフユナイテッド市原・千葉

    NACK5スタジアム大宮で行われた試合は、大宮アルディージャ2-1ジェフユナイテッド市原・千葉で勝利しました。前半、積極的に前に出るアルディージャ。9分、CK、河本のヘディングシュートが決まり先制すると、市原・千葉のラフプレーに惑わされることなく試合を優勢に進め、27分、小島のパスを受けた奥井がゴールを決め前半を折り返します。後半、市原・千葉の攻撃をしっかりと守りながらカウンターを狙うアルディージャ。何度か決定機を作りますが相手GKの好守にも阻まれゴールを奪うことが出来ません。逆に86分、クリアミスを決められ失点してしまいます。勢いづく市原・千葉でしたが、この後の攻撃を凌ぎ切ったアルディージャ、そのまま逃げ切り勝利しました。河本、シモヴィッチ潰しとフェアプレー精神に欠ける市原・千葉のサッカーに引き込まれることな...2019リーグ戦第28節vsジェフユナイテッド市原・千葉

  • 天皇杯3回戦vsヴィッセル神戸

    NACK5スタジアム大宮で行われた試合は、大宮アルディージャ0-4ヴィッセル神戸で負けてしまいました。前半、積極的に前へ出るアルディージャ。やや押し気味に試合を進めますがゴールを奪うまではいかず、逆に20分、FKを直接決められ前半を折り返します。後半、48分、プレスが甘くなりコンパクトさを欠いた守備を狙われ失点をしてしまうアルディージャ。その後も集中を欠いたプレーからボールを奪われると、孤立した3バックを狙われ54分、68分と失点してしまいます。この後も精彩を欠いたアルディージャ、そのまま負けてしまいました。サッカーができたのは前半だけ、後半は攻撃にも守備にも集中力を欠いたプレーが目立ち、ある意味当然の結果となってしまいました。蒸し暑いコンディションでつらいのは分かりますがそれは相手も同じ、相手はそんな中、自分...天皇杯3回戦vsヴィッセル神戸

  • 2019リーグ戦第27節vsファジアーノ岡山

    シティライトスタジアムで行われた試合は、ファジアーノ岡山0-1大宮アルディージャで勝利しました。前半、いきなりヒヤリとさせられたものの、その後立て続けに決定機を作るアルディージャ。しかし、相手GKの好守にも阻まれゴールを逃すと、機能し始めた岡山の守備を崩せず、膠着状態のまま前半を折り返します。後半、試合は優勢に進めるも岡山の体を張った守備になかなか思うようなサッカーが出来ないアルディージャ。じりじりとした時間が過ぎた65分、FK、ここで投入された大前のシュートがゴールネットを揺らし、待望の先取点を奪います。そして、この後も優勢に試合を進めたアルディージャ、そのまま逃げ切り勝利しました。まるで大前の為に準備されたようなFKのチャンス、完璧に近いFK、さすがに好守を見せていた相手GKも反応が出来ず、見事なゴールでし...2019リーグ戦第27節vsファジアーノ岡山

  • 2019リーグ戦第26節vsモンテディオ山形

    NACK5スタジアム大宮で行われた試合は、大宮アルディージャ3-2モンテディオ山形で勝利しました。前半、前線からプレスをかけ積極的に前へ出るアルディージャ。4分、FKから失点してしまい先制を許しますが、19分、シノズカのCK、シモヴィッチが頭で合わせ、同点とすると、28分、小島が落としたボールを受けたシモヴィッチが相手をかわしゴール、逆転に成功し前半を折り返します。後半、54分、守備が後手となり失点を許してしまったアルディージャ。勢いづく山形の攻撃を受けてカウンターを狙う展開になりますが、72分、櫛引のクロス、相手GKが跳ね返したボール、茨田のダイレクトボレーが無人となったゴールネットを揺らし再度リードを奪うと、その後を守りぬき勝利しました。山形に寛大な判定を繰り返す笠原寛貴主審にやり辛さを感じる中先制を許す、...2019リーグ戦第26節vsモンテディオ山形

  • 2019リーグ戦第24節vsレノファ山口FC

    NACK5スタジアム大宮で行われた試合は、大宮アルディージャ1-0レノファ山口FCで勝利しました。前半、立ち上がりから積極的に前へ出るアルディージャ。何度か決定機を作りますがゴールを奪うまではいかず前半を折り返します。後半、反撃に出た山口に守る時間が増えたものの優勢に試合を進めるアルディージャ。68分、大山のパス、バブンスキーのシュートは相手GKに跳ね返されますが、そのこぼれ球を大前が決め先制します。この後の山口の反撃を守り切ったアルディージャがそのまま逃げ切り勝利しました。ゴール前を固めてくる山口になかなかゴールを奪うことができませんでしたが、最大の決定機を決めきっての勝利でした。今シーズン、精彩を欠いた場面が多かった大前、彼らしいキレのある決勝ゴールが飛び出し、復調の兆しが見えた試合でもありました。2019リーグ戦第24節vsレノファ山口FC

  • 日本クラブユース選手権グループステージ第1日vs名古屋グランパスU-18

    前橋フットボールセンターAで行われた試合は、大宮アルディージャU-180-1名古屋グランパスU-18で負けてしまいました。前半、ゴール前までは行くもののフィニッシュが思うように作れないアルディージャU-18。名古屋にややボールを握られる展開になりますが、落ち着てその攻撃を防ぎ前半を折り返します。後半、名古屋にボールを握られながらもカウンターをみせるアルディージャU-18。62分、ミドルシュートを決められ失点、先制を許してしまいます。35分ハーフのこの試合、後の無くなったアルディージャU-18、ここから怒涛の反撃を見せます。しかし、何度か作った決定機も相手GKの好守とバーに阻まれゴールを奪うことが出来ません。最後、ゴールインしたのではというところまでいきましたが、無情のノーゴール判定、そのまま逃げ切られ負けてしま...日本クラブユース選手権グループステージ第1日vs名古屋グランパスU-18

  • 2019リーグ戦第24節vs京都サンガF.C.

    京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場で行われた試合は、京都サンガF.C.3-2大宮アルディージャで負けてしまいました。今日は、DAZN観戦でした。奥井、畑尾が欠場、スクランブル状態のディフェンスライン、高木監督もいろいろ考えての苦肉の策だったし、選手も頑張っていましたが、小さなほころびを見逃してはもらえませんでした。それでも最後まで諦めず2点を返したのは大きいし、そこに大前が絡んでいたのは収穫だと思います。話はずれますが、DAZNの実況・解説者のクオリティーの低さ、明らかに事前準備を怠って放送に臨んでいるとしか思えないし、お金をとって良いレベルでない。2019リーグ戦第24節vs京都サンガF.C.

カテゴリー一覧
商用