searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

Qさんのプロフィール

住所
兵庫県
出身
兵庫県

自由文未設定

ブログタイトル
Qの日々是好日
ブログURL
http://tumujikazeq.seesaa.net/
ブログ紹介文
Qがてきとーに綴っていきます。音楽、ファッション、株、節約、グルメ、旅行、ランニングなど。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2014/08/18

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、Qさんの読者になりませんか?

ハンドル名
Qさん
ブログタイトル
Qの日々是好日
更新頻度
集計中
読者になる
Qの日々是好日

Qさんの新着記事

1件〜30件

  • サプリでの筋肉痛の予防

    今日は筋肉痛とサプリの関係についてです。 筋肉痛や疲労回復には休養も大切ですが、それと同様に栄養も必要です。筋肉をつけるにはたんぱく質が重要というのはご存知ですね。 このたんぱく質をもっと細かくしたものをアミノ酸と言っています。 このアミノ酸は傷ついた筋肉を修復する際に重要なのはもちろんですが、筋肉痛の予防にも一役買っています。 では筋肉痛の定義からおさらいしましょう。 筋肉痛は激しい運動や筋ト…

  • 筋肉痛の回復とアルコールの関係

    まず最初に結論として、飲酒と筋肉痛の回復ですが、これらは相反するもので、飲酒が筋肉痛や筋肉とっては百害あって一利なしです。 飲酒ははそれだけで、筋肉繊維を壊す作用がありますので、筋肉痛になった壊れた筋線維の回復の妨げにもなります。 それでは具体的に、飲酒が及ぼす影響についてみていきましょう。 筋肉を増やすには、たくましい体を作るのに必要な男性ホルモンが必要になってきますが、飲酒により男性ホルモン…

  • ふとももの筋肉痛を緩和する方法 ハムストリング

    ふとももの裏の筋肉は、ハムストリングと言われ、歩いたり走ったりするときの原動力となる筋肉です。 よく陸上競技の短距離選手がここの筋肉を鍛えていますね。 では、筋肉痛を緩和するストレッチについて、今日もやっていきましょう。まずは床に体育座りをします。 そして右足をそのままで、左足を曲げたまま、横に倒します。 右足を胸に付くようにゆっくり両手で抑えていきます。 胸に右足をくっつけたまま、体をゆっくり…

  • 足先の筋肉痛を緩和方法

    足の指先にも筋肉はたくさん存在しており、もちろん筋肉があることから筋肉痛にもなります。 足の指には体を支えたり、体の左右の動きに対してのバランスを整えたりする働きがあります。 もちろんその部分が疲労してくると下半身などの体の筋肉にも影響を及ぼしてきます。そんな状況を打破するためにストレッチをしていきましょう。 まず足の親指をつかみ足の甲の方向へと伸ばしていきます。 今度は逆に足の裏側へと伸ばして…

  • ふくらはぎの筋肉痛を緩和する方法 ヒラメ筋

    次に、ふくらはぎの筋肉であるヒラメ筋について、考えていきたいと思います。 まず、ヒラメ筋の働きですが、体が前に倒れないように維持し体のバランスや歩行や、つま先立ちを行う際に使われます。 立っている際には、よくこの筋肉が使われますので、けっこう疲労しやすい筋肉だといえます。 それではさっそくふくらはぎ(ヒラメ筋)のストレッチについて考えていきましょう。 まず1つ目です。 正座をした状態になり、右足…

  • 胸、お腹の筋肉痛を緩和する方法

    胸、お腹の筋肉痛はつらいですよね、なんといっても笑うとお腹が痛い。 面白いのに思い切って笑うことができない。これはしんどいですね。 今から少しでも早く、胸やお腹の筋肉痛を改善するストレッチについて説明させていただきます。 まず、胸についてですが、胸は前傾する姿勢を良くとると疲れたりします。 歩きスマホとかしているとその傾向は強いですね。 猫背の人も気を付けましょう。 さて、さっそくやっていきまし…

  • すねの筋肉痛を緩和方法

    今度は、すねの筋肉痛を軽減する方法です。 ここはよく普段運動してない方が特に筋肉痛や疲労を抱える場所と一般に言われています。 足首の曲げ伸ばしの繰り返しや足先を挙げることによるすねの前の筋肉痛や筋肉疲労です。 あとは意外に体の他の部分でもそうなんですが、反対側の筋肉疲労により引き起こされるということです。 今回の場合でしたらすねの反対側ということでふくらはぎということです。 なぜ反対が疲労すると…

  • ふくらはぎの筋肉痛を緩和する方法 ヒラメ筋

    次に、ふくらはぎの筋肉であるヒラメ筋について、考えていきたいと思います。 まず、ヒラメ筋の働きですが、体が前に倒れないように維持し体のバランスや歩行や、つま先立ちを行う際に使われます。 立っている際には、よくこの筋肉が使われますので、けっこう疲労しやすい筋肉だといえます。 それではさっそくふくらはぎ(ヒラメ筋)のストレッチについて考えていきましょう。 まず1つ目です。 正座をした状態になり、右足…

  • 胸、お腹の筋肉痛を緩和する方法

    胸、お腹の筋肉痛はつらいですよね、なんといっても笑うとお腹が痛い。 面白いのに思い切って笑うことができない。これはしんどいですね。 今から少しでも早く、胸やお腹の筋肉痛を改善するストレッチについて説明させていただきます。 まず、胸についてですが、胸は前傾する姿勢を良くとると疲れたりします。 歩きスマホとかしているとその傾向は強いですね。 猫背の人も気を付けましょう。 さて、さっそくやっていきまし…

  • すねの筋肉痛を緩和方法

    今度は、すねの筋肉痛を軽減する方法です。 ここはよく普段運動してない方が特に筋肉痛や疲労を抱える場所と一般に言われています。 足首の曲げ伸ばしの繰り返しや足先を挙げることによるすねの前の筋肉痛や筋肉疲労です。 あとは意外に体の他の部分でもそうなんですが、反対側の筋肉疲労により引き起こされるということです。 今回の場合でしたらすねの反対側ということでふくらはぎということです。 なぜ反対が疲労すると…

  • ふくらはぎの筋肉痛を緩和する方法 腓腹筋

    ふくらはぎの筋肉痛を緩和する方法を考えていきましょう。 ふくらはぎの筋肉には腓腹筋(ひふくきん)とヒラメ筋というのがあります。 腓腹筋は外側と内側にあり、足をあげるときやジャンプや直立歩行を維持するときに働く筋肉です。 つま先立ちするとこの筋肉が動いているのがわかります。 またふくらはぎは大きな筋肉になっており、ここを動かしたり、マッサージをすることで血流をよくすることができます。 ここの筋肉が…

  • ふとももの筋肉痛を緩和する方法 縫工筋 中臀筋

    ふとももの筋肉の中には「縫工筋(ほうこうきん)」と「中臀筋(ちゅうでんきん)」といわれるものがあります。 「縫工筋(ほうこうきん)」と「中臀筋(ちゅうでんきん)」ですが、あまり大きな筋肉ではありませんが、からだのバランスを保つ、なくてはならない筋肉です。 静止して立っている際には、股関節が動かないように、固定したり、歩行する際には、片方が地面から離れている瞬間時に骨盤のバランスを調整する働きがあります。…

  • ふとももの筋肉痛を緩和する方法 内転筋

    今日は、ふとももの内側である内転筋と呼ばれる筋肉痛を少しでも早く治すストレッチについてやっていきましょう。 まず、内転筋の筋肉痛や、痛みは一般に普段の生活以上に使う際に起こります。また今持っている関節の柔軟性をより超えた力がかかるとなりやすいです。 その筋肉痛の多くは、筋肉の端であります。 疲労がたまると筋肉が硬くなり、筋肉に与えるダメージも蓄積されやすくなってきます。 そして、内転筋の働きは、…

  • ふとももの筋肉痛を緩和する方法 ふとももの前の筋肉

    さて、ふとももの筋肉痛を緩和するために、今日もストレッチをお伝えします。 ふとももの筋肉痛は、よく急に全速力で走ったりすることで、よくなります。 それでは、そんなふとももの筋肉痛を改善するストレッチをご紹介します。 今日はふとももの前のき筋肉についてです。 ではさっそく、壁や柱などの近くに立ち、伸ばしたい足と反対側の手を壁に当て、バランスをとりながら、伸ばしたい足の甲周辺を伸ばしたい足側の手で確…

  • 股関節、お尻の筋肉痛を緩和する方法

    お尻にはかなりの筋肉がありますので、ここも筋肉痛になりやすい場所ですね。 また、ここ周辺の筋肉を柔らかくすることは腰痛防止にもつながります。 ではさっそく説明していきますね。 まずごろんと横になり、天井を見ましょう。 次に右足を折りたたみ、胸に持ってきます。 そこで足を両手で固定します。 足をそのままゆっくりゆっくり胸の方に近づけます。 これでお尻の筋肉がのびてきているのがわかりますね。 これを…

カテゴリー一覧
商用