searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

たのしさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
シンプルシングル
ブログURL
https://karappo92.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
質素で謙虚に小さく暮らす。旅と本好きの50代 一人暮らし。
更新頻度(1年)

40回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2014/08/16

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、たのしさんの読者になりませんか?

ハンドル名
たのしさん
ブログタイトル
シンプルシングル
更新頻度
40回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
シンプルシングル

たのしさんの新着記事

1件〜30件

  • 50代でもネットカフェ

    質素で静かな暮らし

  • 見栄えが良くても

    質素で静かな暮らし

  • 身体に良いおやつ

    質素で静かな暮らし

  • ポタージュ生活

    質素で静かな暮らし

  • 理想の人

    「大切なのは、自分のしたいことを自分で知ってるってことだよ」  スナフキン私が20歳位の学生の頃とある先生が「いまだに自分がこれでよいのか迷ってる」と語った。多分その先生は30代後半から40歳位の年齢ではなかったかと思うが20歳の自分にしてみればすごく遠い存在の大人に見えたのでそんな歳になっても迷うんだと思った記憶がある。そんな私も50代前半。いまだに何をしたらよいのか迷っている。したい事は一応あって挑戦し...

  • 日本すごい

    散らかった部屋が嫌だ→掃除、片付けが面倒→いっそ何もなければ→捨てたい→断捨離→シンプル生活→ミニマリスト→禅興味のある事を探索していたら禅にいきあたった。禅とは座禅くらいしか知らない。そんなわけもありなんぞやと調べるようになった。茶道も俳句も生け花も無駄なものをそぎ落としシンプルですっきりしているように思える。歴史的に見てどの順番で発生したのかわからないがすべて禅の「捨ててしまえ!」という教えに通じて...

  • したくない事

    最近読んだ本に「したくない事」を書いてみようと言う項目があった。したくない事は沢山あるが書き出すとなると案外難しい。「ちょっと来て」と呼び出されたくない「あなたってこう思っているでしょ」と決め付けられたくない。理不尽に怒鳴られたくない八つ当たりされたくない。したくない事と言うよりされたくない事になってしまった。されたくない事はまだまだあるがすべて仕事関係だ。結局したくない事とは「仕事」なのだろう。...

  • 神様と来世

    願いが叶うという京都の鈴虫寺に3年程前に行った。そこのお地蔵様はわらじを履いていて願えを叶えにやってくるのだそうだ。しかし神様は忙しいからか私のとこにはまだ来てない。あいつのとこは後回しと思っているのかもしれない。しかし神様の気が変わって突然私のぼろアパートに来る事があるかもしれない。その時のためにいつも部屋を綺麗にしておこうと思った。神様はホコリとガラクタが嫌いなような気がする。神様も中々来てく...

  • 物は物

    以前は好きな物に囲まれて暮らすのって良いなと思っていた。どこぞの家具、どこぞの皿、どこぞの洋服。お気に入りに囲まれる生活、うっとり。100円ショップの食器とか使っていたので、何か良い物に買い換えたいと流行りの物を調べているうちに情報の多さに疲れてきて100円でもブランド品でも食器は食器だろうがという気持ちになってきた。例えが皿になってしまうけど、料理を乗せるだけなのにいちいちどこぞの皿です!と自己主張し...

  • 充電と解放

    充電して出直すのも良いけれど今の状態で充電したらますます混乱しそう。今の私は余計な物を溜め込みすぎているのであらゆる物から解放されたい。部屋の荷物はスッキリしたけど心まではスッキリしない。片付ければ何か変わるかしらと思ったけど悶々と悩む日々がなくなる事はなかった。片付けだけで親の介護とかの悩みが消えるならばもっともっと荷物を減らすんだけどな。スッキリしない原因は起こってもいない事の心配ばかりしてい...

  • 良い習慣

    何をするのも億劫です。何かをする前に頭の中で予行練習みたいなのをしてしまう。例えば入浴する前、服脱いで身体洗ってと考えている内に面倒くさくなりやめてしまうことがある。買い物に行く前もあそこ歩いて信号渡ってスーパーでカゴ持って店の中を一周するのかと考えてる内に行きたくなくなる。しかしこんな自分でも身体が自然に動いている事がある。それは帰宅時の手洗いとうがいなのだけれどこれだけは習慣になっている。やら...

  • もやもやすること

    ミニマリストとか持たない生活というのに憧れ本を読んだりいろんな人のブログを読んだりしていた。私もものに縛られない暮らしがしたいと強く思った。ふと海外ではどんな風なのかと調べたら何か日本とは違うかもと感じ始めた。身の回りのものしか持たずに生活している人もいるけれど、ミニマリストの部屋というのを見るとものがない殺風景な部屋という訳ではなくて品の良い高級そうな家具でシンプルにまとめられた部屋が多い。それ...

  • 私だけの世界

    昔から自分というものがない。本当は嫌いなのに相手に合わせて好きと言ったり好きなのに嫌いと言ったりする事しばしば。白黒は心の中でははっきりしているが態度はグレーのまま。八方美人です。自分が傷付く事を恐れているので相手にも口当たりの良い事ばかり言う。なので対人スキルは悪くないと思うけど人と合うと気分を害さぬように気を使い過ぎてしまう。世界が私のような人ばかりだったらどうなるか?揉め事が無い平和な世界に...

  • 捨てたいと思う気持ちも捨てる

    「放下着」ほうげじゃく全部捨ててしまいなさいと言う意味の禅語。「これ以上捨てるものがないのですが何を捨てろと? 」と言う人に「捨てたいという気持ちも捨ててしまえ」と語った。執着の心を手放すと自由になれる。すべてを手放した時本当に大切な物が見えてくる。とのこと。充分に物を減らしたつもりでもまだまだ「あれもこれも捨てたい、捨てなきゃ!」と思うことがある。本当はその気持ちまでも捨てさることが大事なのだろ...

  • 流れに乗るために

    頑張らない戦わない諦める無用な力を抜いて川の流れに乗るように暮らしていきたい。(いけたら、いけたらいいな)思えばいつも肩に力が入っている。限界まで頑張ってしまい途中で投げ出すはめになる。出来ないならばいっそ投げ出してしまえという状態になる。現実の川は激流だったり水がなかったりするから小さないかだが必要だ。小さないかだに乗るために荷物を減らそう。体重も軽くしよう。とにかく精神的にも身体的にも身軽にな...

  • 自分が恥ずかしく思えたこと

    Youtubeで音楽を聞こうと思い色々と探していたら、ローランドさんの超ミニマリストの自宅公開というのがお勧めに出てきた。いつもミニマムとかシンプルで検索しているからだろう。用途別に一種類しか持たないっていうのは私と同じだ!と思った。必要な物しかない私もミニマリストと名乗れるよなと感じたこともあったけど動画を見ていたら1Kのぼろアパートに住んでてミニマリストってのもおかしいよな…と思った。私の場合ただの貧乏...

  • 楽にする

    とにかくすべてにおいて面倒くさがりだからできれば生活全般やりたくない事だらけである。やるとしてもできるだけ簡単に済ませたい。暮らしを楽にするための地味な改善点。1.トイレットペーパーを3倍の長さのに替えた。少し高いけど交換の頻度が減り楽になった。2.洗濯洗剤を「ポンッと入れるだけ~」のジェルタイプにした。いちいち計って入れなくてよいから楽。それにいつもつい多めに洗剤を入れてしまってたので洗剤の減りも早...

  • 捨てるものは色々ある

    自分の歳の多さに結構ズシンとくるものだ。人に年齢を言うのが恥ずかしい。聞かれもしてないのに「一度も結婚した事ないんです。すみません」と誤りたくなる。おひとりさまの世界でも一度も結婚した事がない人が一番底辺にいるような気がする。気がするだけです。恥ずかしながら良い人と出会ったり仕事関係で人生一発逆転を密かに願っていた。しかし少しづつ願っていた人生というものに見切りをつけていかなければいけないんだろうな...

  • ほどほど

    「ほどほど」 可もなく不可もなく。私が得意なのは中途半端。私はだらしない完璧人間。もともと0か100の考えしかなくてやる時は徹底的にやるけどやらない時はやらない。やってて100が出来なかったら投げ出してしまう。100ができないと思えば挑戦すらしない事もあった。頑張りの糸が切れてしまったら布団に逃げる。我慢が足りない。2~99の間で過ごしたい。ほどほどの人間でいたいと思うのです。...

  • 占い師

    生きていくのも嫌になる程行き詰まった時某占い師のとこに行った事がある。第一声が「死なないで」だった。そしていつか理想の人に出会えるからと聞いてもないのに言われた。そして現在このまま独り身だろうな…とは思ってはいるものの理想の人にいつになったら出会えるのだろうとやきもきし始めている。出会う気満々の時は出会えないものだからいつか出会える、出会うに違いないと思っている間は無理だろう。なんて余裕をかましている...

  • デジタル断捨離

    断捨離を3周くらい行い自分の身の回りにあるものは必要なものだけ、さっぱり。増える事はあってももう捨てる物はないと思ってました。しばらくぶりにインスタグラムですっきりした部屋の写真とか見たいなと思ったらスマホの画面からアプリが消えてた。最近新しいアプリをダウンロードしようとした際容量がなくて何個か削除したのだが間違えて削除してしまったのかもしれない。アプリの絵だけ削除してしまったのなら再びログインす...

  • 暖炉に憧れて

    部屋で音楽を聞く時になるべくなら静かで知らない曲がいいと思うようになった。知らない曲の方が読書する時とか邪魔しない。Youtubeに作業用の音楽(ジャズ)とかひたすら流すとこがあって良く聞いていたが暖炉の映像と共に音楽を流すチャンネルを見つけた。私が住んでいるアパートはWifiが無料で使えるので電気代は気になるけど映像を流すと暖炉がある気分になっていい感じだ。北欧の国で暖炉の映像をテレビで流して高視聴率だった...

  • ちょっとがっかり

    最近デンマークが気になっていて図書館の本をホームページで検索して探して予約するのですがデンマークというキーワードで引っかかった本。42歳、女は日常から逃げ出すように旅に出た。スーツケースだけを持って。辿りついたのは海辺の田舎町。北欧デンマークの日常、屈託のない人々のやさしさの中で、孤独な女の心は次第に紐解かれていく。こんな説明文を見たら予約せずにはいられない。「犬に堕ちても」ヘレ・ヘレ切り詰めた言葉...

  • ヒュッゲの世界を堪能する

    ヒュッゲ(Hygge)とは、デンマーク語で人と人とのふれあいから生まれる温かな居心地のよい雰囲気という意味の言葉デンマークの本を読んでるとヒュッゲという言葉に出会います。最近デンマークの暮らしの本を読んで医療や教育、福祉の充実さを羨ましく感じてた。その国に行ってみないと本当の事はわからない。不幸な人、政治に不満のある人もいるかもしれないけど。デンマークの事が気になってちょっと調べてたら、ちょうど今上野の...

カテゴリー一覧
商用