プロフィールPROFILE

あらちんパパさんさんのプロフィール

住所
北海道
出身
北海道

日本食が無形文化遺産に登録された今、『昆布』の良さを世界へアピールできる大きなチャンスでもあります。北海道の昆布は世界でも認められる食材の一つだということを日本人の皆様には特に知っていただきたいです。

ブログタイトル
こんぶログ
ブログURL
http://arachinpapasan.jp/
ブログ紹介文
海野菜でお馴染み!!『昆布』をテーマに採取から出荷、歴史や調理法など様々なことを紹介してます。
更新頻度(1年)

56回 / 337日(平均1.2回/週)

ブログ村参加:2014/08/06

あらちんパパさんさんのプロフィール
読者になる

あらちんパパさんさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(IN) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,689サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
料理ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 33,303サイト
食材・宅配食材 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 391サイト
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,822サイト
1日1食・1日2食健康法 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 78サイト
地域生活(街) 北海道ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,663サイト
稚内情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 25サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(OUT) 75,900位 78,929位 66,461位 66,574位 66,688位 66,834位 66,877位 977,689サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
料理ブログ 2,486位 2,585位 2,273位 2,266位 2,283位 2,307位 2,279位 33,303サイト
食材・宅配食材 15位 17位 14位 14位 16位 16位 15位 391サイト
健康ブログ 1,719位 1,822位 1,425位 1,436位 1,444位 1,456位 1,444位 30,822サイト
1日1食・1日2食健康法 9位 10位 7位 7位 9位 10位 10位 78サイト
地域生活(街) 北海道ブログ 632位 653位 572位 584位 578位 576位 563位 5,663サイト
稚内情報 6位 6位 6位 6位 6位 6位 6位 25サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,689サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 0 0 10 10/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
料理ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 33,303サイト
食材・宅配食材 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 391サイト
健康ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 30,822サイト
1日1食・1日2食健康法 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 78サイト
地域生活(街) 北海道ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 5,663サイト
稚内情報 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 25サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、あらちんパパさんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
あらちんパパさんさん
ブログタイトル
こんぶログ
更新頻度
56回 / 337日(平均1.2回/週)
読者になる
こんぶログ

あらちんパパさんさんの新着記事

1件〜30件

  • はぼまい昆布しょうゆら~めん

    平成4年から平成20年の17年間お世話になった北海道根室市。当時、お刺身を食べる時は必ずといってよいほど使っていた、はぼまいの昆布しょうゆ。根室を離れ10年以上も経つと、あれ程常備していたはぼまい昆布しょうゆは、あらパパさんちから姿を消し、あらパパさんの味覚の記憶も薄れていた。そんな時、歯舞漁協監修のはぼまい昆布しょうゆら~めんをいただくことができました。食す!当時常備し使っていたはぼまい昆布しょうゆの...

  • ヤヤンコンブをゲットしたぜ!!

    暖かい秋が続いていたかと思いきや…、道内各地、一氣に寒さが厳しくなってきました。今年の春まで住んでた稚内からは初雪の便りも…。重い腰を上げ、そろそろ車のタイヤ交換をしなければならない。一昨日、先ずは娘の車のタイヤ交換から。娘の車のタイヤ交換といっても、自宅倉庫にあるタイヤを積み込み、札幌から室蘭まで行かなくてはならない!! 未だ親バカ全開です。タイヤ交換にかこつけ、実は娘の誕生日を祝うのも目的。本日の...

  • 流通と昆布製品の価格

    令和元年、北海道昆布の水揚げが全道的に少ない。その影響か、上等級の製品価格は頭打ち(限界ギリギリ)のようですけど、下等級の製品価格はこれまでも十分に高価であったはずの価格が更に上回っています。ところによっては、上等級と下等級の差が殆どなくなってしまった昆布製品もあります。昆布の流通に限らず全ての商品は、生産者から卸売業者へわたり小売業者へと流れていきます。そしてその逆方向に貨幣が流れてくるのですけ...

  • 生モノ優先

    利尻礼文島の夏はウニ漁が盛んで、ウニ漁が出ると昆布の検査と集荷は午後から行います。秋になるとアワビ漁が始まるけど、海のシケる日が続く季節でもあるので、アワビ漁が出て昆布の検査と集荷を後回しにする日は、ここ数年あまりなかったような氣がします。今年は昨日今日と関係地区のアワビ漁が出たものだから、午前中はアワビ漁と集荷の見学をしてました。採取してる漁業のテクニックは人それぞれだと思うのですけど、何たって...

  • あらパパさんの鮭の好き嫌い

    近年は年に一度だけ作るイクラの醤油漬け。数年前までは年に何回も漬けたし、醤油だけでなく塩漬けとか味噌漬けなんかも作って楽しんでました。何故、漬けなくなってきたかというと、鮭の生臭さが苦手になってきたんです。旬の物なので身体が欲しがるのだけれど、舌と胃袋が拒否するんです。鮭を使った食べ物で食べると吐く物と、何とか食べられる物、逆に好物な物を少しだけ羅列してみます。自分でいうのもなんですけど、ちょっと...

  • 鮭のチタタプ

    アイヌが食べてたという本物の鮭のチタタプを、出来るだけ忠実に作って味見したいと以前から思っていたので、今回入手した立派で新鮮な鮭を使って作ってみることにしました。出来るだけ本物に近い作り方にしたかったんですけど、メスだったので白子がない。氷頭と中骨、ヒレと血抜きしたエラ。これを細かく刻んで塩を加えて出刃包丁でチタタプ!身はほとんど入ってないので粘着するまでチタタプする度に具材が飛び散る!それでも何...

  • 自然と不自然

    まだまだ忙しさが続いてるあらパパさん。毎年のこの時期には、出張の疲れや様々なストレスが蓄積されて、一氣に身体の中から様々な症状でデトックスがあります。今年は38度以上の高熱が5日間も続きました。流石に、何でだべ?と不安になるほどでしたけど、自身の自己治癒力を信じ乗り越えました。身体がクリアになった清々しい体調で今月も休日返上、昆布検査を頑張ます。したけど、昆布ないな~。下等級と加工用が主体で、上等級...

  • 日和見の判断が難しい

    昨日は昆布検査終了から30分後、物凄い雷とともに豪雨&停電。ナイス判断でした。本日は昆布検査開始早々豪雨&霰で日和見。https://youtu.be/52gJhmA-47c強い西風の吹く中、西側が検査地区なので様子を見に浜周りをしたり雨雲レーダーとにらめっこしたりと、漁協担当者はあずましくない日和見だったと思います。だってさ、豪雨になったかと思えば青空が広がって、そうかと思えば横殴りの霰が降ってきてまた晴れる、この繰り...

  • 乾燥した昆布と生の昆布

    あらパパさんの仕事は乾燥した昆布の品質を見極める検査員。検査するだけでなく製品づくりの指導も重要な仕事なんだけど…。なぜこうなるのか分からないものもある。例えば、白粉と間違われる珪藻類の付着した昆布。不思議な模様のある珪藻は一体なんなのか?こういった種類なのかさっぱり分からなかったんだけど、波打ち際に打ち上げられた完熟された生昆布を見て回ると、なるほどなぁ~、そうかそうか、そうゆーことかと独り頷く...

  • もう、真面目に働くのやめようぜ

    今の時代、クソが付くほど真面目に考えたって働いたっていいことなんか何もないし面白くもない。しかも、このままじゃ職を失う可能性も大きい。正規流通する未検搬出楽しく氣楽に仕事を続け、他人に求められる仕事をするとなれば、日本人の真面目さは捨てなきゃならない時代になりました。真面目を捨てろといっても、不良になれってことではないからね。失敗を恐れず何事も挑戦しようっていうことさ。保守ばかりじゃ何も始まらない...

  • 天然利尻昆布をFREE食材へ

    利尻島へ出張中のあらパパさんが贔屓している宿は「ぐりーんひるinn」というゲストハウス。自炊が出来るので大変ありがたい。一般的な宿の飯や店屋物、コンビニ弁当ばかりでは出張が長引くと耐えられない。宿が空いていれば必ずここを優先にしている。今回もまた、利尻昆布でダシをとった汁物や鍋を楽しんだのだけれど、他のお客様へも利尻昆布のダシの魅力を知っていただきたい。そんな思いから天然の利尻昆布をFREE食材として台...

  • あらパパさんのつぶやき

    あらパパさん達、昆布の検査員の仕事って何なんだべね?昔あった北海道水産物検査条例の精神って何なんだべね?今ある北海道こんぶ製品の規格標準及び格付機関の登録に関する基準を定める要綱って今更必要なんだべか?要綱に従ってアホみたいに動いてるのって、登録格付機関のあらパパさん達くらいで、漁業協同組合及び漁業者の責務って何なんだべ?都合の良いものは検査をしないとか都合の悪いものだけ検査するとかそもそも検査が...

  • いつもと違うスタイル

    利尻島産リシリコンブの製品指導で島内各浜を巡回中です。道内各地、昆布の生産者が減り高齢化も進んでいます。しかも、自然豊かで海も綺麗な利尻島や礼文島では、昆布も生えないし生育もしなくなってきたというのだから、あらパパさんも生産者も参ってしまう。漁業者に集まっていただかなくては始まらない製品指導会なんだけど、会場の自治会館すら開いてないゼロ人のところもあって、流石にあらパパさんも悲しくなりました。来年...

  • シンプル鍋

    利尻島出張中のあらパパさんは、毎年お世話になってます「ぐりーんひるinn」に泊まっています。ここはゲストハウスなので、様々な地域や国々から訪れる観光客が入れ替わり立ち替わりやって来ます。夜、共有スペースの食堂、南十字星では、英語と台湾語と韓国語、そこへ片言の日本語が混ざった賑やかな会話があります。英語も台湾語も韓国語も分からないあらパパさんは9割5分の話は通じてないけど、片言の日本語で少しだけ参加する...

  • おらほの常備菜

    毎日、暑いですね(札幌市) 北海道の東で生まれ育ったあらパパさんにとって連日の真夏日と猛暑日は… こたえるわ~ あらママさんも、毎日汗だくになってパート先から帰ってくるんだけど、ご飯は作りたくないよね わかるわ~ もうね、おかずなんて作らなくていいから、あるものだけで食べよ ぬか漬け、納豆、梅干、昆布の佃煮風・・・ 昆布の佃煮風? そう、以前、昆布大使仲間の松田真枝さんが紹介した『きくらげと昆布のバ...

  • 昆布製品規格の説明会

    走りと後の規格って知ってますか?白くなった昆布と言っても、白粉と荒れ葉では選び方が違うって知ってますか?著しい白粉とか傷の程度ってどういったものをいうのかわかりますか?海洋性付着物って何を指すのか、そしてどの程度のものなのかご存知ですか?知ってるか知らないかでは労力も金額も大分損することになりますよ。昆布の検査員のあらパパさんは、漁業者が苦労して作った製品をできるだけ不合格や格下げはしたくないので...

  • 北海道の食文化はアイヌの食文化を受け継いでいます

    根室産の真イワシが近所のスーパーに並んでいました。一笊5匹で150円がタイムセールで100円。あらパパさんは迷わず購入。チタタプ チタタプ チタタプ チタタプ活きの良いイワシとかニシンとかサンマが手に入ったら迷わずタタキで食べたい。ネギや薬味とともに叩いて塩や味噌で味付けする、一般的に言うナメロウなんだけど、北海道でいうタタキっていう食べ方は、アイヌの食文化から伝わったものではないかとあらパパさん...

  • リシリコンブ産地の繁忙期が始まります

    北海道の東では既に、さお前昆布検査が終盤となり夏昆布の採取と説明会が開催され忙しい最中と思います。あらパパさんの担当するリシリコンブの産地、北海道の北でも昆布採取が始まりましたので、本日より昆布製品に関する説明会で各地順次開催予定です。昨年までとは違い、事務所の移転で札幌からの出張対応になった分、行き帰りの移動日が日程ロスとなり、身体にも負担がかかるので体調管理には今まで以上に気を使わなければなと...

  • オープンキッチン

    オープンキッチンってのを体験してきました。オープンキッチンといっても、台所の形状などの使い勝手を体験するということではなく、様々な会話の中からメニューを考えたり、味付けを変えてみたりしながら料理を楽しむという感じの食卓を体験してきました。今回お誘いを頂いたのは、6年前にあらパパさんへ昆布のことをお話してくれませんかと声をかけてくれて、あらパパさんの昆布普及活動はここから本格的に始動したといっても過...

  • さお前昆布を食べようプロジェクト開始

    昆布の需要は依然として落ち込む一方ではありますけど、ダシ用昆布の需要は北海道昆布を盛り立てる様々な方々の努力の甲斐あってか、近年は伸びてきてるように感じています。反面、〝食べる昆布〟として有名な北海道の道東で水揚げされているナガコンブの〝さお前こんぶ〟の需要は、ものすごく落ち込んでいます。大きな原因は、食べる昆布を多く消費されてきた地域の方々が〝食べなくなってきた〟ことではないかとあらパパさんは思...

  • 都会で昆布干し体験

    スーパーに生の魚が売ってるように、昆布も生の状態で売っていると、都会のど真ん中で昆布干し体験ができる。そして、色々な何に発展する予感もあります。漁業者がどれだけの手間と時間をかけて仕上げるかを、ほんの少しだけでも知ることができるので、普段使っている昆布の価値観も変わってくると思うんだよね。生の魚を捌いて味付けして干して自家製の干物を作る様に。種(苗)を植えて家庭菜園で野菜を収穫する様に。昆布だって...

  • 延棒こんぶ

    タトルにあります『延棒こんぶ』は、金の延棒にあやかり、あらパパさんが考案した〝昆布の仕立て方法〟  現代の昆布を取り巻く環境の中、いろいろと考えてみました生産者と消費者がこれ以上減らないよう生産者にはできるだけ簡潔な生産方法と、それに見合った安定した価格消費者には美味しさの品質保証と、安価に提供のできる仕組み日本の食文化を担ってきた北海道昆布の本質から迫ってみました1000年以上も前から、日本...

  • 「クックパッドニュース」に掲載されました

    あらパパさん、お恥ずかしながらクックパッドにレシピを掲載してます。昆布消費拡大へ少しでも貢献できないかなと思っているのですけど、なかなか続けることは出来ず、掲載はたったの8レシピだけ…。それでも、1週間で1000件近くの方々がご覧になってるようです。今日はクックパッドニュースに、裏技!ダシガラ昆布の細切り方法が掲載されました。昆布を使っていただいてる方々に、少しでも役立てたら嬉しいですね。 ...

  • これからは、あまりこだわらないことにします

    日本の食文化を担ってきた昆布。無形文化遺産に登録された和食には欠かせない昆布。昆布離れした現代人の食生活にとって昆布は救世主食材。海外にも注目されている昆布。昆布は素晴らしい食材。北海道には様々な種類の昆布がある。昆布の種類の違いで使い方には向き不向きがある。旬の昆布は最高に美味。採取時期によっては…。天日乾燥と乾燥機乾燥の違い。消費の低迷、生産者の不足。こだわってきた思いを羅列したらキリがないの...

  • 海藻オーケストラ

    昆布は一年生と二年生が混在しています。今時期なら素人が見ても一目瞭然?リシリコンブ以外にもスジメやワカメの他、詳しい方なら何種類もの海藻が混在しているのが見えるでしょう。磯場は緑藻、褐藻、紅藻のオーケストラです海草(海藻じゃないよ)も生えてるよ...

  • 2019利尻産リシリコンブの繁茂状況

    利尻島に出張中のあらパパさんから新着情報です。昨年増産だった利尻産の天然リシリコンブ。今年は全然ダメか…と思いきや。生えてるところには生えてるようです。全体的に減産なのは間違いないけれど、わずかな希望を抱く。モッサモサに揺らぐ昆布を眺めながら、昆布増産につながる仕掛けを妄想中。あーして、こーして、あーやって…...

  • 久々に心弾んでます

    札幌へ引越し1ヶ月、新たな職場に出勤して10日ほど経ちました。実はさ、小心者のあらパパさん、引越しする前から都会の生活と仕事に不安とか恐れを感じて、交感神経と副交感神経のバランスを崩してました。その影響で、つい先日まではひどい気管支ぜんそくと高血圧と足のむくみが…。都会のストレスをデトックスするための好転反応だったのでしょう、10日ほど続いたひどい咳も今ではクリアな呼吸に。1ヶ月ほど続いた165/110の高血圧...

  • 連続小説「なつぞら」の名シーン

    4月1日からNHKの連続小説「なつぞら」が始まりました。第4話のあるシーンをみて、あらパパさん自身の生き方や考え方にも重なってしまうほど、心の底から感動し涙しました。子供のころから昆布に生かされてきたあらパパさんは、昆布の採れる漁師町で生まれ育ち、昆布の検査員になってからも同じ環境で家庭を持ち、この春、愛する息子と娘が同時に独り立ちしました。氣付けばあっというまの50年。あらパパさん夫婦も昆布の採れる漁師...

  • 昆布、早く送って

    愛知県へ旅立った息子から「ダシ昆布を早く送って」と急かされました。先日、あらパパさんもあらママさんも愛知県への引っ越しに同行したのだけれど、その時の準備の一つ、食料や調味料などを買いそろえる時のことでした。あらパパさん「一人暮らしだから好きなものを作って何を食べてもいいけれど、ちゃんとダシをとって作った味噌汁だけは食べてほしいな~」「日本人にとって味噌汁は完璧な食べ物で、これさえ摂っていればミネラ...

  • 昆布検査前の受験者の心境

    あらパパさん達こんぶの検査員は、昆布を採取し製品化する漁業者個々の昆布倉庫を巡回して、昆布の検査を行うのだけれど、氣持ちの良いものではありません。他人のモノに対して良いとか悪いとか注意をしたり手直しを要求したりするわけですから、気持ちが良いわけありません。嫌なものです。漁業者も検査前はドキドキするとか、眠れなかったとか、嫌なものだとおっしゃいます。実際、あらパパさんは検査を行うほうなので、検査され...

カテゴリー一覧
商用