searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ディライト訪問医療マッサージさんのプロフィール

住所
垂水区
出身
兵庫県

訪問マッサージとは、寝たきりの方や足腰が不自由で自力通院が困難な方、脳血管障害の後遺症によるリハビリが必要な方、末期がんの疼痛緩和が必要な方のご自宅や施設に、鍼灸あん摩マッサージ指圧師が訪問し、健康保険が適用できる訪問医療マッサージ。ディライト訪問医療マッサージ|神戸市垂水区、須磨区、西区、三木市、明石市の在宅訪問リハビリマッサージ。http://www.de-light.jp/

ブログタイトル
訪問マッサージの現場で。。。|ディライト院長日記
ブログURL
http://de-light.hatenablog.com/
ブログ紹介文
自力通院が困難な方、脳梗塞血のリハビリ、がんの疼痛緩和が必要な方へ健康保険を使った訪問マッサージ。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2014/07/10

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ディライト訪問医療マッサージさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ディライト訪問医療マッサージさん
ブログタイトル
訪問マッサージの現場で。。。|ディライト院長日記
更新頻度
集計中
読者になる
訪問マッサージの現場で。。。|ディライト院長日記

ディライト訪問医療マッサージさんの新着記事

1件〜30件

  • 必要な言葉を伝える

    こんにちは! ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。 久しぶりのブログ更新、失礼いたします(汗) 例によってサボっておりました、 元気にしておりますので またちょくちょく書かせていただきますね(^_^;) さて、さきほど仕事から帰って何とはなしに テレビをつけましたら NHKで「プロフェッショナル」という番組がやっておりました。 www4.nhk.or.jp 今日は「美尻トレーナー」の岡部友さんという方。 存じ上げませんでしたが、 「どんなことしてるのかな」 と気になったので、何気なく観ておりました。 (個人的に美尻にはあまり興味はありませんが(笑)) その方がクライアントの女性のトレーニ…

  • どのような物語を生きるか。

    こんにちは! ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。 最近、施術の現場で痛感していることがあります。 「人生における物語の必要性」 です。 人は多かれ少なかれ、常にある種の「物語」を生きていると思います。 この世に誕生してから、出会いや経験、あらゆる出来事を通して独自の世界観、価値観を作り上げていきます。 置かれた環境その他によって、みなそれぞれものの見方や考え方が異なる、いわば 「それぞれの物語を生きている」 のではないでしょうか。 「平和で穏やかな日常」という物語もあれば、「山あり谷あり人生はジェットコースター」という物語もあるかもしれません。 どのような人生を歩むとしても、前を向いて…

  • 毎日が、初日。

    こんにちは! ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。 本日より当院は新年の業務をスタートしております。 年末年始のお休みを経て、身体も心も充電完了! 新鮮な気持ちで施術に臨みます。 このような節目は気持ちを新たにするいい機会になりますが、 できることならば今年は日々まっさらな気持ちで、 昨日とはちがう今日を意識的に創り出していきたいと思います。 毎日を悔いのないように、全身で生きていけますように! (この文章は今訪問先の施設にて、お風呂に入られている利用者様を待っている間に書いています。スキマ時間も有効活用(笑))

  • 追い風も向かい風も。

    こんにちは! ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。 テレビで年始恒例の箱根駅伝を中継しています。 1月の冷たい空気をものともせずひたすら前を向いて走る選手。 苦しさに顔を歪ませながら 前で待つ選手に少しでも早くたすきを渡すためだけに。 大舞台でみずからの限界を超える力を、 何か見えない力に引きつけられるように けっして冷静さを失わずに走り切る。 入れ替わる順位、 勝利を確信された者が失速し、 あきらめない者たちが猛烈に追い上げる。 周りの声が聞こえているのか、もはや自分の声だけなのか。 この人たちには穏やかな正月も、 家族と過ごす時間もまるで別世界のことなのだ。 彼らの姿を見ている自分に…

  • 新年を迎えるにあたり。

    謹賀新年 ディライト訪問医療マッサージ院長の徳地です。 旧年中は大変、お世話になりました。本年もなにとぞよろしくお願いいたします。 さわやかな朝の空気とともに新年を迎えられたことをうれしく思います。 例年、正月というとどうしても生活リズムを乱してしまい、 食べ過ぎ、食べ過ぎ、夜ふかし、運動不足の ダラダラした時間をおくっていたのですが、、、 経験上何もいいことはなく、 むしろあとで立て直すのに苦労したり、後悔することばかりでした。 そこで、今年はできるだけいつもと変わらず、 いやそれ以上にこの休みの時を密度の濃い充実した時間にしようと決めて、 年末より意識してきました。 まずは何をするにも惰性…

  • The whole man must move at once.

    こんにちは! ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。 先日、ある方の施術が終わり、 次の方のお宅へ向かう車の運転中、 ふと次の言葉が浮かんできました。 “The whole man must move at once.” 以前、そう、かなり昔のことだと思いますが、 何かの本に、やはり引用というかたちで書かれていた言葉です。 もう詳しい内容は忘れてしまいましたが、 意味としては、 「その人のすべて(全人格)が同時にことにあたらねばならない」 という感じだったように思います。 (ずいぶん昔のことなので、間違っているかもしれませんが、、、) 言葉の解釈は人や状況によってさまざまなものとなるかと思…

  • 自分が考えた考えは自分が考えたと考えていた。

    こんにちは! ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。 先日からいくつかの本を読んでいて、 偶然にも同じようなことに触れている箇所があり、 いろいろ考えるヒントが得られました。 その書かれていた内容というのが、 「人が何か行動を起こすとき、普通は自分が決断したと認識しているが、 実際はそれよりも先に脳からの指令が出て、それを自身が決めたことだと 誤認識しているだけである」 というものでした。 分かりやすく言うと、 (以下、引用) 日々の暮らしの中で、立ち上がる、言葉を話す、腕を振り回すなど、脳はあらゆる行動について決断を下す。だが、決断を下した直後に脳は二つのことをする。 一つは、決断を意識…

  • どうしても心配してしまうときは。

    こんにちは! ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。 台風がまたもやって来ましたね。 これを書いている現在(9月30日夕刻)、 風がきつくなってきました、 雨も降ってきています。 前回のことがありますので、 あらためて無事にやり過ごせるよう、 注意しつつ備えたいと思います。 さて、 施術の現場で多くの方に日々接していますが、 時として、利用者様の中に 「ものすごく心配性な方」 がいらっしゃいます。 中には脳やその他身体的な疾患に伴う症状として そのような状態にある方もおられますが、 元々の性格といいますか、 生来、あるいは人生の過程において そのような傾向にある方もおられるわけです。 人は…

  • 見知らぬ相手にすべてを見抜かれたと思わせる方法

    こんにちは! ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。 今日は手短に、 最近読んでおもしろかった本をご紹介します。 こちらがその本 ↓ 超常現象の科学 なぜ人は幽霊が見えるのか 作者: リチャード・ワイズマン,木村 博江 出版社/メーカー: 文藝春秋 発売日: 2012/02/11 メディア: 単行本(ソフトカバー) 購入: 1人 クリック: 206回 この商品を含むブログ (9件) を見る オカルトや怪奇現象ともいわれる超常現象を、 科学的、心理学的な視点から解明、説明しようという 試みで書かれた本です。 出版されてから6年以上経っていて少々古い本ですが、 内容は刺激的です。 こういう本、…

  • 身体の声をキャッチできる人とは。

    こんにちは! ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。 前回は、 「身体の声を聴く」 ことがどういうことなのか、 少し具体的にご説明しました。 「身体からの【感覚】をしっかり受け取って認識する」 ということでしたね。 その身体の声を、 うまくキャッチできる人とそうでない人がいる、 ということを最後に述べました。 今日はそのことについて、 食生活を例にして考えてみようと思います。 その前に、 参考までに以前に書いた記事です ↓ (脳のはたらきの面から身体の声を解説しています) 思考が暴走を始めたとき - 神戸 ディライト訪問医療マッサージ 昨日・今日・明日 身体が生命を維持するために 栄養素、…

  • 聴こえていますか、あの声を。

    こんにちは! ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。 台風が過ぎ去ったあと少し涼しくなったので このまま順調に秋めいていくのかと思ったら、 昨日、今日と日中は蒸し暑かったですね。 東京方面ではゲリラ豪雨がまたあったりと、 まだまだ落ち着かない空模様です。 さて、前回の続きです。 身体にいいもの、 健康になれる食事は何か。 実はそんなものはないのだということを書きました。 けれども、 何を食べればいいのか、 に対する判断基準、 みちしるべになるものはあるということです。 結論から申しますと、 それは 「身体の声を聴く」 という一言に尽きます。 言葉にすると極めてシンプルで わかりきったような…

  • 何を食べたらいいのですか?

    こんにちは! ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。 さて、先日から 食生活のことでいろいろ書いてみましたが、 ここで、よく聞かれる質問、 「何を食べたら身体にいいのですか?」 にお答えしておこうと思います。 結論から言いますと、 「何を食べたら身体にいいのかは わからない」 です。 はい、以上です。終わり。 あまりにも素っ気ない返答で怒られてしまうかもしれません。 でも、本当にそうなのです。 これを食べていれば大丈夫! というものはないのです。 身体に必要な栄養素は、 ある程度はっきりしています。 主なものをあげると、 (必須栄養素としては意見が分かれる こともありますが、一般論として)…

  • 70点主義のススメ。

    こんにちは! ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。 数日前のブログで、 食生活に関して 「食べ過ぎに注意しましょう」 ということを書きました。 何を食べるか、どう食べるか、 ということも大切だけれども、 そもそも 「身体が必要としている以上に食べること」 が、もっとも影響が大きいですよ、 ということでした。 人の心情として、 「身体にとっていいもの」 を摂ることには比較的意識が向きやすいのですが、 「身体にとってよろしくないこと」 をやめる、ストップする、ということからは、 どこかで目を背けたい、 避けて通りたい、 という意識がはたらきやすいようです。 そこには 深層心理的にいろいろ理由…

  • 治癒力はいつでも100%

    こんにちは! ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。 日頃、施術をおこなううえで 肝に銘じていることがあります。 それは、 「身体を治すのは施術ではなく、 ご本人の持つ自然治癒力によるもの」 ということです。 人間を含めた生物には 生まれながらに自然治癒力という、 傷ついた身体を自分で治してしまう 能力を持っています。 おかげで、 日々大小様々なけがや病気になっても よほどのことがない限り、最終的に回復します。 傷口はふさがり、鼻水はいつか止まります。 それは意識しないでもいつも働いている 身体のしくみです。 病院で手当や手術、あるいは薬をもらったりと 治療をうけたとしても、 自然治癒力が…

  • 何を食べるかよりも、まずは食べる量を。

    こんにちは! ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。 前回に引き続き、 日常生活での当たり前が病気や症状の原因になっている、 そんな例のいくつかをあげてみたいと思います。 今回は 「食生活」 に関して書いてみようと思います。 まず、日々の食事で問題になるのが、 「食べ過ぎ」 です。 何を食べるか、どう食べるか、 それももちろん大切なことだと思いますが、 やはり何をおいても 食べる量が多すぎる、 必要以上にエネルギーを摂ると、 身体に不具合が生じることが多くなります。 まず、口から入った食物を胃や腸で消化する際に、 身体はエネルギーをかなり使います。 もし、遅い時間に食事をして、 おなかいっ…

  • カチューシャ外しながら、、、

    こんにちは! ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。 最近、施術の現場で あらためて思い出した大切なことがありました。 ある女性の利用者様ですが、 ひどい頭重感(頭が重く感じられ、座っているのもしんどい)、 眼を開けるのもしんどい、 耳鳴りがする、不安感が強い、等々 首から上の強い症状に悩まされています。 はっきりした原因が不明なので、 原疾患の脳梗塞、 頸動脈狭窄などによる症状を疑いながら、 精神状態も考慮に入れた 様々な可能性を探りつつ施術をおこなっています。 その方を施術して数回経過した頃、 話の流れは忘れてしまいましたが会話の中で、 日常的に カチューシャ(※) をつけている、 と…

  • 同意書問題2018待ったなし!

    こんにちは! 訪問医療マッサージ ディライトの徳地です。 今日は現場での仕事が終わったあと、 月に一度のミーティングでした。 今回一番話し合ったことが、 来月から内容が変わる、 訪問マッサージの同意書のことでした。 (※同意書というのは、利用者様が健康保険を使って 訪問マッサージを受けるにあたり必要となる、 主治医が発行する診断書のような書類のことです) この同意書に記入する項目が より細かく厳格になったので、 それへの今後の対応が必要になるという話です。 同意書に書かれる内容によっては、 保険適応での施術が難しくなる、 さらには、 当院の収入に大きく関わってくるという、 見方によっては非常に…

  • プリン体は共犯者なのか!

    こんにちは! ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。 先日、空いた時間にスマホをいじっていたら、 こんな記事に出会いました。 wedge.ismedia.jp 世間にあふれる栄養情報、健康法には 根拠のうすい、あるいはまったくないものが たくさんありますよ、 という内容でした。 くわしくは、ぜひ本文に目を通していただくと おもしろいと思います。 私もふだんから、健康にたずさわる者として インターネットや一般書、専門書など、 興味や関わりのありそうな分野には あれこれ目を通しているので、 この記事に書かれていることには ほとんど賛成、納得なのですが、 この先生のように、データをしっかり提示し…

  • 「神の手」の真実

    こんにちは、訪問医療マッサージ ディライトの徳地です。 前回は、 施術において感覚を大切にしている、 ということを書きました。 身体の発している声を聴く、という姿勢、 施術者側の在り方のようなもの を考えてみました。 さて、 感覚を重視する、ということですが、ならば、知識や技術は必要ないのか、 というと、けっしてそんなことはありません。 人の身体に関わるうえで、解剖学、生理学、病気に関する知識は 欠かせません。 そもそも、 私たちマッサージ師、鍼灸師が 施術をおこなう前の段階で、相手が施術の対象者かどうか、 そこの判断をしなくてはいけません。 施術の現場にいると、 ときとして急性の疾患で 専門…

  • 感覚を感覚する。

    こんにちは! ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。 このところ、施術を行う際に意識していることがあります。 「感覚を大事にする」 ということです。 今更ながら、ですが、あらためて深めています。 感覚と言っても、いろいろあると思うのですが、 施術の現場では、まずは 利用者様の身体が発している動き、 身体の声とでもいいましょうか、 そこに意識を集中するようにしています。 力を入れてグイグイ押したり、 なにも考えずにただ型をなぞっているだけでは けっしてわからない、微細な動きです。 そっと、しかしぴったりと密着した手で 身体に触れていると、いろんな情報が入ってきます。 細かく揺れていたり、ゆっ…

  • 地震のニュースに思う。

    台風が過ぎ去ったかと思うと、 今度は北海道で大きな地震が発生してしまいました。 立て続けの災害に、言葉もありません。 このたび被害に遭われた方々には、こころよりお見舞い申し上げます。 電気を使えないということが、 ここまで生活に影響するとは思っていませんでした。 それだけ電力に頼って成り立っているのが、 現代社会だということなのですね。 便利だということは、 それを失ったときの影響も大きいということを 痛感しました。 世界的に情報化社会が押し進められ、 インターネットを介してあらゆる物や情報、お金までもが やりとりされるようになりました。 今後もこの流れはますます加速していこうとしています。 …

  • 台風一過の夜に思うこと。

    こんにちは! こんばんは! ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。 昨日の台風は、かつて経験したどの台風よりも激しく強いものでした、、、。 あらかじめニュース等を見て想定はしていたのですが、 たしかに危険を感じるレベルでしたね。 業務は午前中で切り上げたので、 直接被害をこうむることはなかったのですが 自宅の窓を打ちつける雨に、それはまるで 「洗車機の中にいるよう」 でした! さいわい、周囲に大きな被害はなかったのですが、 友人知人のなかには停電、断水、車両故障など、 生活に支障が生じているところもあり、 あらためて災害への備えを考えることになりました。 今回、海上空港や港が甚大な被害を受…

  • こんな暑い季節だからこそ、、、

    こんにちは、訪問医療マッサージ ディライトの徳地です。 猛暑、酷暑、なんとも言えない日々が続いていますが、 いかがお過ごしでしょうか? 先週末は2日間、ひさしぶりに東京へ出向いてセミナーを受講してきました。 東京はやはり暑かったです(^_^;) 一日目はリラクセンスボディセラピー本講座 相手も自分も共に、心も体もゆるんだ感覚を再び思い出そう! - リラクセンスボディセラピー協会ホームページ 二日目はリハビリ技能士上級講座 日本訪問リハビリテーション技能士協会は訪問鍼灸マッサージ施術の患者様の“当たり前”を取り戻す資格です。 まったく異なるタイプのセミナーを二日間、みっちりインプットしてきました…

  • 身体の声が聴こえる

    こんにちは、訪問医療マッサージ ディライトの徳地です。 先日も月に一度の「訪問リハビリ技能士上級講座」に参加してきました。 上級講座も早くも3回目。 毎回そうなのですが、状態をしっかり評価して、 そこから考えて推察して施術を組み立てる、 そのトレーニングをみっちり一日おこないます。 今回は姿勢や動作から状態を分析、身体の連動を読み解くことや、 あらためて身体への接触の仕方、緊張を解消する理想的な方法を探りました。 丁寧に身体を診ていくなかで、気づいたこと(思い出したこと?)があります。 皮膚の上に手を置く、それだけでも身体から多くの情報を受け取れるということです。 言い換えるならば、身体の声が…

  • 考えて考えて感じて動く。

    こんにちは。訪問医療マッサージ ディライトの徳地です。 先日、『訪問リハビリ技能士』の上級コースがスタートし、 朝から一日、みっちりと考える力を養ってきました。 実際の症例をもとに、どのように機能回復を図っていくか、 参加者がおのおの考えて意見を出し合って進めていきます。 自分では気づかなかった点や意外な発想を聞くことができ、 そこからさらに考えが発展していきます。 答えを初めから与えられてそれを覚えるというのではなく、 自分の持てる知識と技術から道筋を作っていく。 とてもワクワクする楽しい学びです。 そもそも、現場で私たちが関わらせていただく利用者の方々も、 一人として同じ身体の方はいないし…

  • 新年あけましておめでとうございます!

    遅くなりましたが、みなさま新年あけましておめでとうございます! 訪問医療マッサージ ディライトの徳地です。 どうぞ本年もよろしくお願いいたします! 新しい年を迎えてもう10日が過ぎたんですね! まあ、なんと早いこと(^_^;) 訪問マッサージの現場は今年も変わらずフル回転でスタートしています! 気持ちも新たに進んでいきたいと思いますが、 今年はとくに具体的な目標を今のところ決めていません。 ちょうど年末年始にかけて自宅の整理、模様替えをしたのですが、 これが頭の中を整理するのにも大いに役立ったようで、 ちらかったアイデアや感情がすっきりとしてきました。 落ち着いてこれからのことを考えて、行動に…

  • 独居高齢者の在宅看取りはどこまで可能か

    こんにちは! ディライト訪問マッサージ 院長の徳地です。 久しぶりの投稿になってしまいましたね、、、 さて、今日(昨日?)はこちらのシンポジウムに出席してきました ↓ 第18回 在宅ホスピスケア実践シンポ「独居高齢者の在宅看取りはどこまで可能か」 タイトルのとおりです。 ご自宅で最期を迎えられる方の看取りについて、 実際に現場で従事されている方々の、生のお声を聴く貴重な機会をいただきました。 しかも、ぶっとおしで7時間!! でも、あっという間の時間でした。 様々な角度から、いろんな先生方のお話を聴くことが出来たので、 充実の一日になりました(*^_^*) 私自身が、今まで実際に施術の現場で本当…

  • 自分で考えるって楽しい!

    こんにちは、訪問医療マッサージ ディライトの徳地です。 昨日は、月に一度のリハビリテーションセミナーを受講するため東京へ。 気合いが入り過ぎて一時間前に空港に到着^_^; すがすがしい朝を迎えました。 時間に余裕が出来たので、窓越しに飛行機を眺めながら有意義に読書できましたよ。 さて、今回のセミナーはパーキンソン病をテーマに、 その病態やリハビリテーションの技術についてみっちり一日の学びでした。 学んだといっても、ただ知識を習得したわけではありません。 具体的なリハビリテーションの方法については、 まず参加者が自分のあたまで考えるという、 脳内フル回転の内容です。 おかげであたまを休めるひまも…

  • 新スタッフが加入しました(^o^)

    こんにちは、訪問医療マッサージ ディライトの徳地です。 遅くなりましたがご報告です☆ 先月4月の後半に、当院にまた新しいスタッフが加わりましたー。 ご紹介いたします☆ 林 勉 (はやし つとむ) 1983年生まれ 34歳 東京都出身 あん摩マッサージ指圧師 趣味:野球、バイク、ギター、ゲーム その他、、、 ひと言: 「神戸はいいところですね!じっくり腰をすえてがんばります!」 (写真は、先日誕生日を迎えて院内でお祝いをしたときのものです) 東京から単身神戸に引っ越してきて、 早くも新しい環境にすっかりなじんだ様子です(*^_^*) やる気元気陽気にあふれていますので、 これからバリバリ仕事をこ…

  • この世界の片隅に

    こんにちは、訪問医療マッサージ ディライトの徳地です。 先日、こちらの映画を観てきました。 www.youtube.com 昨年の11月に公開される前から気になっていて、 ずっと観たいと思いつつ今に至っておりました、、、 太平洋戦争まっただ中の広島県呉市を舞台にした作品 ストーリーといえるような起伏に富んだ展開があるわけではないのですが、 戦時下を背景に淡々と日常が描かれ、 そこに暮らす普通の人びとの喜びや悲しみ、 状況の変化に振りまわされつつも 置かれた境遇でそれぞれたくましく生きていく姿に、 凛とした美しさを感じたのでした。 訪問マッサージの現場でお会いする利用者様のなかには、 まさにこの…

カテゴリー一覧
商用