searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール PROFILE

夏生 Natsukiさんのプロフィール

住所
手稲区
出身
南区

シンプルライフ歴23年。学生時代、押し入れ無しのワンルームで物を持たない暮らし方を身に着ける。結婚後、転勤生活へ。子がいても身軽な暮らしを実践、整理収納アドバイザーとなる。平均2年に1回の引越しというハードな経験から得たシンプル思考をブログで紹介中。 現在、札幌にて『整理収納オフィスシンプルビト』主宰。個人宅に出張、整理収納をサービスしています。

ブログタイトル
シンプルライフ手帳
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/simple-life-techou
ブログ紹介文
便利よりも、ちょっとアナログな暮らしが好き。削ぎ落とす勇気と、幸せと。
更新頻度(1年)

175回 / 365日(平均3.4回/週)

ブログ村参加:2014/06/30

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、夏生 Natsukiさんの読者になりませんか?

ハンドル名
夏生 Natsukiさん
ブログタイトル
シンプルライフ手帳
更新頻度
175回 / 365日(平均3.4回/週)
読者になる
シンプルライフ手帳

夏生 Natsukiさんの新着記事

1件〜30件

  • ブログ、ゆっくりの更新になります。

    いつも、当ブログをお読み下さって、心よりありがとうございます。ネットの世界の内外に関わらず、世の中に愉しいことが溢れている中で、このような小さな記事に目をとめて下さることは、私にとって奇跡だと思っています。10年も続けることができて、幸せです。誰かのお役に立ちたい、という気持ちで始めたブログですが、見て下さったり、励ましや感想を頂くことで、自分自身がとても助けられていると感じています。沢山の読者のみなさんがいて下さるおかげで、記事を書くモチベーションに繋がり、暮らしを改善する動機になっています。この先一年間、集中して取り組みたいことがあり、よく考えた末に、ブログの更新ペースをゆっくりにすることに決めました。今後、不定期にはなりますが、無理なく続けていけたらと思います。何卒、よろしくお願い申し上げます。最後までお...ブログ、ゆっくりの更新になります。

  • 片付けは、人の声より、まず自分。

    片付けのノウハウは、今や暮らしに欠かせません。黙っていても、自然に、目や耳に飛び込んでくることがあるでしょう。「一年以上使わないものは手放す」とか、「お気に入りの物だけを残す」など、家をスッキリとさせる為の情報や知識は、広く知れ渡っていて、すでに実践していることが、色々とあると思います。特に、今、このようなブログを見て下さっている方の多くは、片付けの関心が高いのではないでしょうか。日頃から意識していると、知識や情報は増えていきます。私も、色々な本を読んだり、実際に収納用品やインテリア用品を見に行くなどしていますが、知れば知る程、感じることがあります。それは、万人に合う方法や商品などは、存在しないということです。おすすめがあったとして、100人中99人が支持をしても、1人には当てはまらないこともあります。ライフス...片付けは、人の声より、まず自分。

  • キッチンのキレイをキープ。

    毎日、バタバタしながら料理をしていると、キッチンの引き出しや棚の中が、少しずつ乱れていきます。使うたびに、きちんと元に戻していると良いのですが、毎回、丁寧にとは、なかなかならないものです。なぜか、余計な物が入りこんだりしていたりします。慌てて、使っているのでしょうね。キッチンで、ちょっと作業効率が落ちてきたと感じたり、乱れが気になり始めたら、整理整頓のタイミングです。私は、週末の休みを利用して、ちょっとした乱れを整え、作業効率を良くしています。引き出しの中身を全て取り出して、拭き掃除をしたのち、使い易いように並べ直します。また、消耗してきたお箸など、そろそろ捨て時と思える物が出てきたら、ついでに処分します。食品の賞味期限のチェックもします。使いそびれていた食材に気付けるので、ロスがありません。作業していく中で、...キッチンのキレイをキープ。

  • シンプルライフを続けての今。

    シンプルライフを続けていると、目に入るものは、皆好きなものになります。たびたびおこなう、自分にとっての要不要を分けるという「整理」の作業を通して、心に問いかけることが増えます。今、興味のあることや、これからしたいことが良く分かるようになります。逆に、関心が薄れてきている物事も、持ち物を通して、おのずと見えてきます。自分の感情や方向性がわかると、これから手に入れるものに対しても、吟味するようになります。情報を収集することも大切ですが、それ以上に、自分の感覚や直感を大切にするようになります。何でもかんでも目に見えるものを受け入れて、貪欲に吸収するような若い頃とは違い、もっと穏やかで楽に選び取っています。選択に対しての自信は、歳を重ねてからの方が増え、気分良く過ごせる時間も広がっているように思います。好きではない物事...シンプルライフを続けての今。

  • 「とりあえず」置くのを、やめる。

    ものを載せることの出来る場所は、家じゅうにあります。テーブル、床、机、棚、テレビボード、キッチンカウンター、階段、窓際、靴箱・・・・まだまだ出てきます。これらの上に余計なものが載り、さらには、その数が多いほど、雑然とした印象になります。出しっ放しになっていて、「とりあえず」置いている状態のものは、油断していると、いつのまにか増えます。つい、置きたくなるような場所に、一旦何かを置いてしまうと、気が緩み、たちまち、ものが集まってきます。ものの一つ一つには、収納する場所を決めて、寄り道をせずに、まっすぐ元の位置に戻せるのが理想的です。載せることが出来るからといって、どこでも「とりあえず」置いてしまう習慣に気付いたら、まず、意識してやめるようにします。後から、バラバラに置いたものを、一度にあちこちに戻すのは余計に時間が...「とりあえず」置くのを、やめる。

  • 仕事のある平日のお掃除。

    仕事のある日は、家事の時間を取りにくく、中でも、食事支度や洗濯が優先になります。片付けやお掃除の為だけに、続けて1時間取ることは難しいです。ところが、すき間時間を活用して、小分けにすると、案外出来てしまいます。トータルで1時間になります。朝20分、帰宅後の夕方に20分、夕食後から寝るまでの間に20分。集中する20分はあっという間です。寝る前までにリビングを片付け、ほうきか掃除機をかけます。拭き掃除までをしておくと、朝が楽です。翌朝は、キッチンの片付けとゴミ出し、ついでに軽くゴミ箱のお手入れをするだけで、すぐに出掛けられます。帰宅後の夕方は、片付けきれなかったものを片付けたり、不要なものを捨てたりする、予備の時間に充てています。疲れていたら、省いてしまっても良いことにしています。体力的に調子がよく、気分が乗ってい...仕事のある平日のお掃除。

  • 小さなチェンジで、新鮮に。

    家事の動線を意識して、収納の位置を替えてみると、想像以上に動きがスムーズになることがあります。何かの方法を変えようとする時、それまでに慣れ親しんだことから離れるのは、面倒なように感じます。ところが、思い切って変えたことで、得られるメリットが複数あるなら、とても意味のある実践です。新しい方法にも、やがて慣れていき、手も足も自然に動くようになります。頭で考えていても、動かしてみなければ、何事も本当に合うかどうかはわかりません。失敗なら元に戻せばよいのですから、簡単そうなことから、気軽にチャレンジすると良いと思います。収納に限らず、家事の手順や、買い物の仕方、暮らしの周りには、変えて改善できそうな項目が、たくさんあります。小さなことでも、何かを変えると、生活パターンが新鮮に感じます。他の方法はないものか、これから少し...小さなチェンジで、新鮮に。

  • 「散らかり過ぎてまずい」へのご回答。

    片付けられるようになりたい方へ、個人レッスンを提供しています。個人レッスンを受けてくださったお客様とは、レッスン終了後も、アフターフォローをしながらお付き合いさせて頂いております。一緒だと片付けが出来ても、時間が経っていざ一人になると、難しいこともあります。「やる気が出ないので、やる気がほしい」というご相談にも、応じています。そんな訳で、時々、卒業生の方からご連絡をいただきます。先日は、「散らかりすぎてまずいです」と来ました。現状を何とかしたいというお気持ちが伝わってきます。この方はいつも、こうして一言発することで、自らやる気を奮い立たせているのです。それだけで、もう、一歩以上踏み出しています。私は、お困りの状況とお気持ちに共感した上で、「まず、瞬時にゴミと判断できるものだけで良いので、ゴミというゴミを徹底的に...「散らかり過ぎてまずい」へのご回答。

  • 素敵なお部屋にする為のメモ。

    「物との付き合い方」「どうしたら住み心地が良くなるのか」「良い感じのする部屋とは」「取り入れたい色は」・・・今、自分が理想とするお部屋とは、どんな状態なのか。つきつめて、色々な方向からどんどんメモに書き出していくと、本当の思いが、明確になります。想像や思いがふくらむと、その為にすべきことが見えるので、動く力が湧いてきます。沢山ある情報の中からも、必要なものだけを選び取れるようになります。素敵なお部屋にする為に、まず、五感を研ぎ澄ませ、何を欲しているのかを知ることが、最も大切だと感じます。自分や、同居の家族の声をよく聴き、より良いお部屋作りをすることが、行動の質を高めることにも繋がると思いながら、浮かんでくる色々をメモに取っています。最後までお読み下さってありがとうございます。応援のクリックを頂けますと更新の励み...素敵なお部屋にする為のメモ。

  • 気負わない方がはかどる。

    休日、家の中で家族で過ごす時間が長くなると、リビングが乱れてきます。そういう日は、はじめから、乱れるものだと心得ていると、ストレスもたまりません。我が家では、リビングに持ち込んだ私物は、持ち主が元の場所に戻すことをルールとしていますが、休日は、くつろぐ方を重視します。細かいことには目をつぶりますので、普段より、ゆるい空気が流れます。翌朝はスムーズなスタートを切りたいので、寝る前までには片付けます。家族が片付けない分を、ついでに始末する時もあります。くつろいだ後に片付けるのは、面倒にも感じます。名も無き家事は、他にもたくさんあるからです。そんな時、あまり気負わずに、ゆったりとした気持ちのまま、「何となく片付いていたら、OK」として、時間をかけずに適当に済ませるつもりで立ち上がります。ところが、どういう訳か、リラッ...気負わない方がはかどる。

  • 引越しの予習。

    2月ともなると、引越しが決まる人が増え始めます。我が家は転勤族、2年に一度のペースで、引越しを繰り返していました。そのため、転勤の決まるこの時期は特に、引越しのことを思い出します。引越しの可能性がある場合、持ち物の整理をして、ものを減らしておくと、慌てずに済みます。すぐにダンボールに荷物を積めることができるよう、ある程度、ジャンル別にものを分けておくと、便利です。関連のあるもの同士、一緒にします。また、洋服の中でも、この先何か月も着ないシーズンオフのアイテムは、普段使いの服と分け、不要なら処分します。壊れているものや、くたびれた寝具など、新居では使わないと判断したなら、手放してしまいます。新調を考えているものは、入れ替えるのに良いタイミングです。あらかじめ、必要なものに絞って、ジャンル別に分けてまとめます。その...引越しの予習。

  • 年度末の整理は、2月から。

    1年の区切りは、12月までですが、年度で考えると、3月が最終月となります。来月で一区切りとなる書類や、子の学校からのプリントを見直すと、今の時点で手放しても、問題のない物が必ず出てきます。3月~4月は何かと慌ただしい為、書類の整理を2月中に少しずつ行っておくと、とてもスッキリします。スペースが空くと、その分、ゆとりが生まれることが、気持ちのゆとりにも繋がります。忙しい気持ちが、軽減されますし、後から入ってくる書類に対しても、すぐに対応できます。書類は、様々です。気が乗ってきたら、取扱説明書や保証書もついでに見直します。時々チェックしてみると、用済みや期限切れに気付き、手放せる場合があります。作ろうと意気込んで保管していたレシピも、結局作らないなら、それを活用する機会は無いままです。今こそ、作るか処分か、どちらか...年度末の整理は、2月から。

  • たった1分で手に入れる快適収納。

    収納スペースは、至るところに存在します。棚や引き出しの他、カゴやケースなどの収納用品の中。または、棒や壁面、すき間などを利用して、吊るす・引っかける・挟むといった方法による収納スペースもあります。バッグやお財布、さらにもっと小さな入れ物の中も含め、持ち物のある場所全てが、収納スペースです。一旦、配置を決めてしまうと、すぐ日常に溶け込んでいきます。毎回、適切な収納が出来れば良いのですが、実際に使ってみないと分からないこともあります。何となく使いにくいと感じても、改善するという意識が無いと、そのままの場所に収まってしまいがちです。最初の収め方が間違っていると、使い勝手がよくないまま、出し入れの動作に慣れてしまいます。時々、持ち物の置き方を見直すと、思わぬ発見があります。上下左右を入れ替えるだけで、急に出し入れがスム...たった1分で手に入れる快適収納。

  • お掃除、エンジンのかけ方。

    家のお掃除は、範囲が広く、あちこちきれいにしたいという思いとは裏腹に、気乗りしない日もあります。そんな時は、まず一か所だけ、物凄く集中してみることにしています。この時、他のことは考えず、汚れを取り除くことにのみ、気持ちを注いで没頭します。5分も手を動かしていると、たちまちピカピカになり、気分が乗ってきます。きれいな状態を見ると、その方が良いに決まっているので、他の場所もお掃除したくなり、結局は、一か所では済まずに、あちこち動くことになります。はじめから広い範囲を想像して、適当なことを考えながらお掃除するよりも、まず、一か所だけに気持ちを入れて集中する方が、エンジンをかけやすいのです。最後までお読み下さってありがとうございます。応援のクリックを頂けますと更新の励みになります。よろしくお願い申し上げます。↓にほんブ...お掃除、エンジンのかけ方。

  • 冬服、最後のコーディネイト。

    2月の寒さを乗り切ると、徐々に暖かくなります。クローゼットの冬服を着られるのも、今のうちです。組み合わせ方によって、何通りものファッションが愉しめるのに、いつもワンパターンになっているなら、勿体ないことです。手持ちの服で、思いつく限りのコーディネイトを試してみると、意外な発見があります。自分では選ばない色やデザインどうしの組み合わせも、固定概念を外して、挑戦してみると、似合う場合があります。冬だからこそ、明るい色を取り入れると、あたたかみが出て、気分も明るくなります。その結果、服を買い足さなくても満足できたなら、嬉しいことです。クローゼットの服や小物を、もう一度よくチェックして、冬服、最後のコーディネイトを見つけて愉しむのは、オススメです。アイロンを掛けそびれて着ていないなど、メンテナンス待ちの冬服があれば、す...冬服、最後のコーディネイト。

  • 持ち物が多くても、シンプルライフの例。

    活動の数や趣味が多いと、その分、持ち物は増えます。シンプルライフというと、持ち物が少ないというイメージがありますが、私の考えるシンプルライフとは、「目の行き届く量だけを持つ」ことです。持ち物の数が多くても、一つ一つの存在を把握していて、全てを、ローテーションで使いこなせていたなら、シンプルライフだと思います。持ち物が多くても、全てと上手につきあい、管理ができるなら、それはとても愉しくて、豊かな暮らしです。それとは逆に、一見、何となく収納スペースにものが収まっていても、よく見ると、活用していないものが多々あり、存在を忘れているならば、過剰にものを持っていることになります。シンプルライフを目指す時に、ものが多いよりも、少ない方が良いという訳ではなく、自分で管理できる量を持つことを目標に、適量を知ることが大切だと考え...持ち物が多くても、シンプルライフの例。

  • 早めの家事で、体調管理。

    日々の家事、開始時間が遅れると、その分、色々なことが後にずれこんでいきます。寝る時間にも、影響してきます。一度一度は小さなずれであっても、リズムが崩れてくると、やがて、体調にも影響が及ぶのがわかります。情報よりも、自分の身体や心の声を聴くようにしていると、僅かな差に、気づけるようになります。自分が一番良いと思えるリズムを知り、時に見直し、改善して、ベストを維持することがとても大切だと、このごろよく思います。これで良いと思っていたリズムも、年齢や環境によって、変わっていくからです。体調を守るには、様々な方法があり、食事や運動を意識しますが、時間のコントロールこそ、なかなか難しいものです。早め早めの家事で、暮らしのリズムにゆとりを作ることこそ、重要と考えています。最後までお読み下さってありがとうございます。応援のク...早めの家事で、体調管理。

  • お掃除したくてウズウズする。

    いよいよ立春です。とはいえ、雪まつりが始まるこの時期の札幌は、一年の中でも最も寒いくらいなのですが、少しずつ日が長くなるのが、嬉しいこのごろです。春が近づくにつれ、新年度を意識しはじめます。気持ちも新鮮になり、意欲的になっていくのですが、活動をよりスムーズにする為にも、片付けやお掃除は欠かせません。2月からしっかり、無理なく少しづつ、新生活の準備を進めながら、持ち物の整理をしたり、窓拭きにいそしむと、何もかもうまくいくような気がしてきます。我が家は転勤族の家庭です。今は家が落ち着き、家族揃っての引越しはなくなりましたが、例年、2月と8月は、転勤を意識して、いつでも引越しができるように、おもいっきり整理をするという、かつての習慣がいまだに身体にしみついています。それで、立春の頃には、片付けやお掃除がしたくて、ウズ...お掃除したくてウズウズする。

  • 持ち物の整理は、前向きな卒業。

    手に入れた持ち物も、いつかは、整理して、手放す時がきます。手放す決断は、これからの暮らしをより良くする為であり、前向きなことです。それまで必要としていた持ち物を手放す時、私は、「卒業」するのだという気持ちになります。持ち物の全てを、とことん使いきれたら理想的ですが、時には、よく使いこなせないまま、手元からそれを手放す決断をすることもあります。別の場所で役立つと感じたら、お譲りしたり、寄付という手段を選びます。よく使い切り、処分する時も、まだ使える状態で、次の場所を探す時も、自分の手元から放すと決めるのは、次のステップへ進む為です。手に入れた時と、現在とでは、気持ちも状況も変化しています。変化は、進化と捉えて、いつも良い方へと進んでいきたいと思います。そう考えると、手放す決断は、「卒業」です。今まで、手元で暮らし...持ち物の整理は、前向きな卒業。

  • 定期的に入るものを、止める。

    定期購入や、ダイレクトメール、メールマガジンのように、定期的に手元に送られてくるものがあります。一時は、必要性を感じて、受け入れたサービスであっても、すでに役割を終えていたり、効果を感じられなかったり、興味が無くなってしまうこともあります。不要になったと気付いた時点で、支払いの有無に関わらず、すぐに停止の申し出をするとよいでしょう。停止の意志を伝えない限り、次々と送られてきます。受け取ってから手放すまでの、一つ一つは大した手間ではないのですが、ためてしまうと、処理が面倒になり、時間の無駄です。定期購入は、暮らしに見合わなくなっても、ずるずると続けてしまいがちです。本当に来月も必要なのかを、支払いごとに検討する癖をつけると良いでしょう。家族と共有しているものなら、よく話し合います。定期購入は、食品・化粧品・教材と...定期的に入るものを、止める。

  • シンプルライフの、月初め。

    今年も1か月が経ち、月めくりのカレンダーは2枚目です。月初めは、持ち物の整理に適しています。月が替わると共に処分出来る書類を捨てたり、ストックしている食品や薬の期限をチェックするにも、良いタイミングです。また、シーズン中なのに、1か月の間、袖を通さなかった服があれば、気持ちが離れているということです。コーディネイトを見直して、再度着用するか、そろそろ手放すことを検討するか、考えてみます。着なくなった理由を考えると、くたびれてきたとか、好みが変わってきたなど、何かしら出てきます。一つ一つの持ち物に対して、意識をしていると、自分にとって目の行き届く分が、どのくらいなのか、よくわかります。月初めに整理をしていると、1か月の間に、どれだけの物と関わっているかも、見えてきます。スッキリ暮らすには、持ち物の循環を良くするこ...シンプルライフの、月初め。

  • 金曜の夜までに。

    土日の休日を満喫する為に、金曜の夜の間に、できるだけの家事や雑用を済ませておきます。土曜の朝からお掃除や洗濯を始めると、あっという間に午前中が終わってしまうことを、とてももったいなく感じます。金曜までに色々を終わらせ、休日こそ早起きをして、普段できないことをするのが、愉しみになっています。それとは逆に、休日をゆったりと、音楽を聴きながら家事に費やすのも好きです。一日中、雨や雪の予報だと、朝から徹底的に整理をすると決めて、イベント的に行うこともあります。日常の家事がスムーズに行かなくなってきたら、予定の入れ過ぎや、片付け不足を疑い、暮らしの立て直しをはかります。持ち物の整理を定期的に行うと、家事の時間を短縮できるので、これも欠かせないイベントです。いずれにせよ、金曜の夜までに、日常のできる限りの家事を済ませておく...金曜の夜までに。

  • 好きな紙袋から使う。

    買い物や頂き物で手に入る、紙袋や箱。素敵なデザインなら、とっておきたくなります。好きなものだからこそ、いつまでも保管しておくのではなく、積極的に使い道を考えて、普段使いとして愛用しています。丈夫な紙袋は、食料品を入れるのに適しています。ちょっとしたスーパーでの買い物や、冷蔵庫の中で野菜を仕切るのに使っています。トイレットペーパーのストックは、紙袋に移し替えると、収まりがよくて便利です。紙袋は、入口を内側に折り込むと、箱のように使えるので、引き出しの中でも活躍します。紅茶やトワレが入っていた小さな箱は、洗面台に備え付けの引き出しで、愛用しています。コットンや、使い捨てのコンタクトレンズ、石鹸のストックを入れ・・・使い道が色々あります。プラスチック製の収納にも良いものが沢山あり、心惹かれることもあります。しかし、こ...好きな紙袋から使う。

  • キレイな部屋を保つには。

    1.ものは広げ過ぎず、小さい内に片付ける。2.今日は、「あとで」の先延ばしをやめ、「今」思った瞬間に、片付けてしまう。例えばこのように、片付けに対する目標が、一日二つ程度あれば、意識が及びます。目標は、その日の状況によって、替えます。ハードルを上げたり下げたりしながら、その日に出来ることを決めます。キレイな部屋を保つには、今日何が出来るのか、よく考えて動いてみると、「片付けなくちゃ」という義務感よりも、主体的に自分がそうしたくて動いている方へと、意識が変わっていきます。義務感のみで嫌々動くことは、なかなか続きませんが、キレイな部屋を保つその先に、どんな気分で、何をしているのかまでを想像出来ると、望み通りの行動に繋がりやすくなります。その為の目標は、二つ程度が良いと思います。思いつきでぱっと一つだけにするよりも、...キレイな部屋を保つには。

  • いいことづくめの来客効果。

    久々の休日、早朝からお客様が来ることになり、いつもより早起きをして、お掃除を。(実際には最愛の大関、豪栄道関引退のショックで、目が覚めたのですが。)お客様は、その後、当初の予定より遅く到着することになった為、時間が生まれたのでした。元々無い時間が生まれた時には、決まって、普段できない場所の整理や、お掃除に充てます。今回は、キッチンの引き出しのお手入れが、おろそかになり気になっていたので、全て取り出し、拭き上げ、中身をきれいに整え直しました。他には、電子レンジのお掃除を念入りに行うなど、適当に済ませていたことに、手を加える程度なのですが、次第にどんどん気分が良くなっていきます。早朝の作業という効率の良さも手伝って、思いがけず、キッチンは期待以上にきれいになりました。そんな時に、お客様と飲むお茶の美味しいこと。キッ...いいことづくめの来客効果。

  • 余白のある暮らし。

    至るところに、余白を作り、ゆったりとした気持ちで暮らしたいと思っています。実際には、子育てや仕事をしながらの家事の他、複数の趣味に夢中なので、一日はあっという間です。それでも、意識して「余白」を作るかどうかで、気持ちや身体に大きな差がでてくるとわかり、昔ほど無理をしなくなりました。余白を心掛ける場所は、様々です。かばん、冷蔵庫、引き出し、クローゼットといった、日常のあらゆる収納場所。頭や心、お腹の中といった、身体的な方面もです。無になれる時間を作り、あえて考えることをやめたり、よく噛んで、食べることに集中して味わい、腹七~八分目で止めておくようなことです。日々のスケジュールにも、あえて余白を作り、時間を確保することも、含みます。やりたいことは沢山あっても、睡眠を優先することも、翌日の余白作りに、大いに役立ちます...余白のある暮らし。

  • 片付けで買い物が減る。

    日頃から、よく活用しているものだけに絞りこみ、少ない数で暮らしていると、家事はとても簡単になります。その分、時間にもゆとりが生まれるのです。さらにお出掛け前に、片付けやお掃除をすると、気持ちがスッキリして満たされます。頭も冴えてくるので、冷静な判断ができるようになります。きれいになった状態を維持したいので、次に取り入れるものに対しては、慎重になります。出先で雰囲気に流されて、衝動買いすることが減り、計画的な買い物ができるようになります。家の整理と片付けから、無駄を洗い出していくと、買い物が減ります。整理と片付けを習慣にしていると、気分が安定し、さらには、時間やお金の貯蓄が期待できることでしょう。最後までお読み下さってありがとうございます。応援のクリックを頂けますと更新の励みになります。よろしくお願い申し上げます...片付けで買い物が減る。

  • 素敵な想像で眠ると。

    眠る前には、いつもよいことだけを考えます。その日嬉しかったことや、翌日やその先にやってみたいことを思ったりして、愉しい想像を膨らませます。お部屋をより素敵にしたいと思う時にも、眠る前の想像は、効果的です。好きなインテリア本を眺めたり、外出先でピンときたものを思い出しながら、理想の状態を描いていると、自分の中に好きなものがどんどんストックされます。そうしていると、気持ちがリラックスして、質の良い眠りになります。気分よく目覚めることができ、片付けやお掃除するのも、愉しくなってきます。ある日、急にひらめいて、描いていた状態が実現することもあります。眠る前の素敵な想像は、欠かせない習慣です。最後までお読み下さってありがとうございます。応援のクリックを頂けますと更新の励みになります。よろしくお願い申し上げます。↓にほんブ...素敵な想像で眠ると。

  • 紙モノは即リサイクル。

    毎日、外から色々な紙が持ち込まれます。新聞、チラシ、ダイレクトメール、学校や職場から配布されるプリント。買い物をすれば、レシートや紙袋、包装紙、箱などが、持ち込まれます。他にもまだあり、数え上げると、実に様々な紙が入ってくることに、気が付くでしょう。紙モノはくせものです。自分の意志とは関係無しに、持ち込まれるものが多数です。「後で読もう」、「とりあえず取っておこう」と、先延ばしにしていると、処分するタイミングはどんどん延びていきます。試しに、外から入る1週間分の紙モノが、どれだけの量になるのか、一か所にためてみると、想像よりもずっと多いことに驚くでしょう。保留にすればするほど、処理に時間がかかり、厄介です。いつのまにか、家が雑然としてくるのも、紙モノの存在が意外と大きいのです。手元に入ってきたら、すぐに、次の行...紙モノは即リサイクル。

  • 間違ったまま使っていませんか?

    書棚や靴箱、クローゼットなど、収納家具についている棚板の位置は、重要です。整理収納の仕事で、クライアント様のお宅に伺うと、棚板をずらせるにも関わらず、入れる内容が替わっても、棚板は元のままというケースに、よくであいます。棚板をずらすのは、面倒な気がしたり、そもそも、ずらすことを考えたことが無いという方もいます。間違った位置のまま使い続けている方が、意外と多いのです。そのため、スペースに過不足が出たり、出し入れに無理が生じていて、ストレスになっているのです。棚板を適切な位置に入れ替えた途端、出し入れがスムーズになったり、無理だと思っていた収納が上手くいったりします。まさに、「こんな簡単なことなら、早くやれば良かった」という例の一つです。棚板をずらす作業は、やるまでが面倒なのですが、ほんの数分で出来る簡単なことです...間違ったまま使っていませんか?

カテゴリー一覧
商用