searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

なかさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
ただ好きだという、この気持ち。
ブログURL
https://kisschoko.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
お仕事系BL小説ブログ。医療系シリーズ中心に更新中。基本あまあま、時々じれじれヒリヒリ。R18あり。
更新頻度(1年)

43回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2014/06/22

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、なかさんの読者になりませんか?

ハンドル名
なかさん
ブログタイトル
ただ好きだという、この気持ち。
更新頻度
43回 / 365日(平均0.8回/週)
読者になる
ただ好きだという、この気持ち。

なかさんの新着記事

1件〜30件

  • 【覚え書き】ありふれた風景35

    【初出】2019.08.12-? 拍手お礼ページに掲載************ わあ、これに至っては、いつまで表示してたのかさえ覚えてないという!(泣) 地下に潜ってる期間のどこかで、拍手御礼ページは画像のみに切り替えたんですけども、はてさて、それはいつだったか・・・まあもう別にどうでもいいか←え そんなこんなで、一年前の夏のお話です。2020年の夏とのギャップかすごい(苦笑) だけどいつかきっと、こんな日常に戻れる日が来ますよ...

  • ◆ありふれた風景35(7)◆

     ああこのひと本当にずるい、と長谷川は内心、白旗を掲げる。 このタイミングで、しかも医者の顔じゃなくあくまで恋人の顔のままでそういうことを言われたら、こっちはもう、ぐうの音も出ない。医者としても、恋人としても。 振り回されっぱなし、手のひらの上で転がされっぱなし。そんな状況が、でもちょっと心地よくもあって、尚更どうしようもない。「・・・皮膚科に診てもらう暇がなくて、適当な市販薬を塗ってますけど。でも...

  • ◆ありふれた風景35(6)◆

     絶句した長谷川の横で、向井はなおも言葉を継いだ。最早その口調は完全に面白がっていて、それが長谷川にはくやしい。「邪推の内容について説明するとだな。そういうところに付けられたってことは、手を掴まれて、頭の上あたりで固定する形で腕の内側を露出させられたのかな、とか。他にいくらでも愉しい場所があるのに敢えてそこ、てのも、一周回ってむしろいいかもな、とか。あと、」「って、これ以上まだ何かあるんですか!?」...

  • ◆ありふれた風景35(5)◆

    「そっか。そりゃ失礼」 くす、と笑って向井は言い、洗い物を手伝ってくれた。長谷川が洗った皿を受け取って、布巾で拭いてから戸棚に仕舞っていく。 水切りかごに並べて一晩放っておいても別に構わないのだが――というか、どちらかが単独でそうやって片付ける方が多いのだが――、並んでシンク前に立つという行動自体が嬉しくて、長谷川も敢えて止めなかった。 そして向井は、ついでのようにしてこう言う。「おまえがどういう奴か...

  • ◆ありふれた風景35(4)◆

     即時型反応は、虫刺されによるアレルギーのタイプのひとつで、虫に刺された直後から痒みや赤み、ミミズ腫れなどの反応が現れるが数十分で治まる、というものだ。 向井の言う通り、刺された回数――つまり年齢によって、遅延型から即時型に変化していくことが多い。 教科書的に更にいうならば。 乳幼児期は遅延型反応が顕著に起こり、幼児期から青年期にかけてはどちらの反応も起きるが、青年期から壮年期では即時型反応のみとな...

  • ◆ありふれた風景35(3)◆

    「僕、昔から、虫に刺されるとこんなふうになっちゃうんです。刺されたばかり時は痒みも腫れも大したことないのに、時間が経つとひどくなって。特に、間歇的な痒みが深刻ですね。最短でも一週間くらいは続くかな」 こんな主訴、向井はきっと聞き慣れていて、もう回答も頭の中に浮かんでいるだろうに。 それでも長谷川の話を切ろうとはせず、ただ頷きながら聞いてくれている。 それがなんだか嬉しくて、でもその一方で素人のよう...

  • ◆ありふれた風景35(2)◆

     夏でも長袖のシャツに固執する、その本当の理由。 それを自覚するたびに長谷川は、情けないようないたたまれないような、それでいてどこかくすぐったいような、複雑な気分になる。 夏の長袖シャツなんて、単純に暑いし、それこそ素肌にくっつくし、だから袖口を二、三度折り返さずにはいられないのだけれど。 それでも着続けるのは単に、 向井と同じ格好がしたいから。 恋に落ちたばかりの頃も、パートナー同士となって五年...

  • ◆ありふれた風景35(1)◆

    「あれ? 長谷川、」 向井にそれを見つけられたのは、夕食の後片付けに取りかかろうとした時だった。「これ、どうした?」 重ねられた皿を取ろうと伸ばした腕――上腕部内側のやや手首寄りの位置に、ひとつだけぽつりと盛り上がった小さな発赤。それを指さされ、長谷川は苦笑した。「ああ、これ。ただの虫刺されです。蚊かな。通勤の時、つい袖口をまくってしまうので」 夏場でも長袖のワイシャツを着るようになったのは、向井の...

  • 【覚え書き】ありふれた風景34

    【初出】2019.04.30-2019.08.11 拍手お礼ページに掲載************ いやもう、これ書いてから一年ちょいですか・・・軽く呆然。書いた当時のこと、全然覚えてません←おいおい。 アップしたのが四月末ですから、新年度から新しい生活に入った数多の新人さんたちとそれを指導する方々へのエール、的な感じで書いてた・・・んじゃないでしょうかね? あれイヤだ、ほんとに覚えてない(笑) まあそんなこんなで、研修医くんに手こずる長...

  • ◆ありふれた風景34(7)◆

     眉尻を下げた長谷川に、向井はニッと笑ってみせる。「おまえは間違ってないよ。そんなナメた態度で医療に関わられたら、迷惑だ。まして患者にしてみりゃ、迷惑どころか犯罪に近いものがある。もしそいつがこれでパワハラだの何だの言い出すようなモンスター系だったとしても、出身大学にきちんと説明すれば頭を下げて引き取っていくさ。それにな」 ふと、向井は表情を改めた。それからおもむろに言葉を継ぐ。「そういう輩は同業...

  • ◆ありふれた風景34(6)◆

    「まあ見てろって。そんなスカしたことを言ってられるとこをみると、外科系や救急はこれからなんだろ? 体育会系の恐いおっさんたちにこてんぱんに叩きのめされて、お願いですから総診に入れてくださいって縋ってくるぞ」 笑いの気配をまだ語尾に宿したままで向井がこう言って、長谷川はぷいとそっぽを向いた。「そんなことしても入れてやりませんよ、あんな不心得者」「そうだな。今のメンタリティのまま成長しないんだったらな...

  • ◆ありふれた風景34(5)◆

     ――だからこの先、専門領域を選ぶとなっても、苦労する科には行く気なくて。 ――消去法で選ぶことになると思うんですけど。そういう意味では総診、アリかなって思うんですよ。 ――要は他科へ振り分ければいいんですよね? そこまでで業務終了なんですよね。「僕、つい、怒鳴っちゃって。ふざけんな、って」 消え入りそうな声でそう続けると、向井はこらえきれなくなったように爆笑した。 どうやら、ステータスという単語が出た...

  • ◆ありふれた風景34(4)◆

     そう提案してはみたけれど、鼻先で笑われただけだった。で? と有無を言わさない口調で催促され、長谷川はしぶしぶ打ち明けた。「中学生の時、憧れてたんです。保健室の先生に」 ついうつむいてしまいながら、長谷川は当時のことをぽつぽつと語った。 中学に進学した頃の長谷川は、神経性の胃痛や頭痛を起こしがちだったこと。 そんな時に保健室に行くと、養護教諭は決して追い返したりはせず、いつも優しく迎え入れてくれた...

  • ◆ありふれた風景34(3)◆

     答える長谷川の声は、自然と小さくなった。「・・・誰彼構わずなんて訊いてないですよ。向井先生だけです」 で、どうなんですか。そう迫ると、向井はうーんと唸りながら視線を泳がせた。「そうだなあ、俺の場合は・・・自分の性格と適性を考慮した結果、かな。自助努力で能力を身につけていけば、ある程度誰とでも対等に話ができる職業であることがまず第一。で、その中でも、些細なヒントをもとに診断を自在に組み立てられる総診とい...

  • ◆ありふれた風景34(2)◆

     それはまあ、と頷いてから。 長谷川は、複雑な気分で問い返した。「・・・今みたいなことがスッと言えるってことは、向井先生にもそんな頃があったってことですか?」「そりゃそうだよ」 と向井はまたもあっさりと言った。「どんな職業でもそうだろうけど、医者なんてのは特に、一度とことんぺしゃんこにされて、根底からアイデンティティを崩壊されとかないとまずいだろ。でなきゃ、ナントカに刃物を持たせるようなもんだ。危な...

  • ◆ありふれた風景34(1)◆

     自分が研修医だった頃、どんなふうだっただろうか。 そんなことを最近、長谷川はよく考える。 初期研修医だった頃。そしてレジデント時代。 いずれもまだ、昔といえるほどの年数を経てはいない。なのに随分、遠いことのような気がするのは――「向井先生のせいですよ」 敢えて断じた長谷川の向かい側で、向井はさも心外だというような眉を上げた。 お互い残業で遅くなり、夕食はそれぞれ病院で簡単に済ませてはきたものの、向...

  • 誰がために鐘は鳴る◆あとがき

     終了いたしました・・・! 久々の向井×長谷川、いかがでしたでしょうか。  いやー、戻ってこられるとは思わなかったです(笑)。いやほんとに。 沈黙していた間は、小説を書く部分が、なんというんでしょうか、死に絶えた? みたいな状態でしたね。 なのにどうして再開できたのか、自分でも判りません←おい。 だけど、今この時期にこのお話が書けて、良かったです。 事実は小説より奇なり、と昔から言いますけれども、今、...

  • 誰がために鐘は鳴る(24)

    「はるかさんの処・・・は、なつめちゃんがいるし、直接の会話は避けた方がいいでしょうね。メモと一緒にお菓子でも差し入れましょうか」 長谷川がこう言うと、向井も淡々と頷いた。「そうだな。モノの選定はおまえに任せていいか」「了解です。あと、『もう一品』ですね。また二人分に戻してもらいましょう」 これには向井は、あからさまに嬉しそうな顔を見せた。しかも、「あそこのメシ、久々だな。楽しみだ」 などと言うので、...

  • 誰がために鐘は鳴る(23)

     思わず目を見開いた長谷川に、向井は真剣な顔で説いた。「そもそもウイルスとの闘いに勝つカギは免疫力だぞ。それを高めるには、おまえにしっかり触れて充填するのが一番手っ取り早いんだ」「栄養ある食事と充分な睡眠、とかじゃないんですか!?」「それと同じレベルで、おまえが必要なんだよ」 ここで向井はじろりと長谷川を見やった。「何だよ。おまえは違うのか? 俺のことは別に要らない?」「っな、わけないでしょう! 僕...

  • 誰がために鐘は鳴る(22)

    「けど、ベッドはまだ別々にしておいた方がいいですよね」 つい浮き立ちそうになる気持ちを抑えつけるべく、長谷川は努めて冷静な声音を出した。「定期的な換気を施行して、共用部分は適宜アルコール消毒して、タオル類も別々に分けて使って、在宅時にも基本的にはマスク着用、適切な距離を保ちつつ接する。・・・こんな感じですか」「まあな」  向井も淡々と頷いた。そして同じく淡々と、こう続けた。「でも、神経質になってたら...

  • 誰がために鐘は鳴る(21)

     政府が打ち出した大規模な景気回復策が、懸念や批判の声を振り切ってスタートしたその日。送られてきた写真に、長谷川は目を疑った。 ――明日、ホテルを引き払う。病院にも寄るんで、そっちに帰れるのは昼前くらいになるかな。ってことでまた宜しく。「例の政策の一環だよ、ってのは冗談だけど」 その日から三連休だったので、長谷川は超特急で回診を済ませて帰宅し、待ち受けていた。そして向井は、本当に戻って来た。昨日もお...

  • 誰がために鐘は鳴る(20)

     いいえ結構です、と言えたら格好がついたのに。 そんなこと、・・・絶対、されたい。「ほんとですか?」 現に長谷川はすがるような声音でこう言ってしまい、向井にまた笑われて、その笑顔に見とれていたせいで、大事なことを聞き忘れた。 次はいつ帰ってこられそうですか、と。 七月に入ってもやはり状況は好転しなかった。二日続けて国内の一日の感染者数は百人単位で増加を続け、WHOからは事態悪化の警告が発せられた。 実務...

  • 誰がために鐘は鳴る(19) ♥

     その言葉通り、翌日の土曜に向井は本当に帰ってきた。コンビニのビニール袋をひとつ、ぶら下げただけの身軽さで。 そうして、日曜も長谷川とともに過ごし、月曜には再びホテルに戻っていった。 その二日間の、甘くて濃密な時間。思い出すだけで、長谷川の身体は芯から熱くなる。 まずは浴室に連れ込まれ、全開にしたシャワーの下で抱き合った。 界面活性剤を使用した洗浄後なら、多少濃厚接触しても問題ないだろ。これが向井...

  • 誰がために鐘は鳴る(18) ♥

     向井の声。ベッドで耳にする時よりももっと隠微に響くのは、溜まっていたからだろうか。それともこのシチュエーションのせい? いずれにしても、もっと欲しくてたまらない。もっと深く、耳孔を通して身体の芯まで、跡をつくほど激しく蹂躙して欲しい。 はあはあと肩で息をつきながら、長谷川は震える手を伸ばして携帯を取った。床の上に置き、間近に顔を寄せて、再び腰を高く立てる。『ヒクヒクしながら、どんどん呑み込んでく...

  • 誰がために鐘は鳴る(17) ♥

     熱を上げていく向井の声に合わせて、長谷川は夢中で手を動かした。 更に感じる体位を求めて、中心を扱く手はそのまま、もう片方の手でハーフパンツを下着ごと引き下ろして片足を抜く。改めて両膝をつくと前屈みになり、ローテーブルの上の携帯に耳を寄せていく。 「あぁゥんっ、せん、せいもっ、」『ああ、俺もこすってる。おまえのと重ねて握りこんでる――判るか』「んっ、んくっ、ん、先生、」『・・・長谷川っ、』「あぁあっ・・・...

  • 誰がために鐘は鳴る(16) ♥

     そもそもその部位は向井にいいだけ開発されていて、向井がその気になったら長谷川はそこだけでイかされてしまうほどなのだ。 かなりの間、多忙のあまり自慰さえしていなかったこともあって、長谷川の中心はすっかり猛ってしまっていた。 そこへ、『・・・イッたか?』 こんなことを愉しそうに問われて、耳朶がカッと燃えた。「まだ、ですよっ! 先生に直接されたのならともかくっ、」 自分では当然且つ正しすぎる反論だと思っ...

  • 誰がために鐘は鳴る(15) ♥

    「んっ、・・・ん、」 舌を前後させ、架空の指をしゃぶる。知らず、喉を反らしていた。はっ、と呼気が鼻に抜ける。幻のバニラの味が、口腔内に広がっていく。『ん、先生、・・・もっと』 もっとください、とねだった声は、喉に絡んで切なく掠れた。無意識に左手が動いて、人差し指で半開きの唇をなぞる。これは自分の指なのだと判っていても、舌を這わさずにいられない。『先刻より甘いな。・・・うん、もっと、な』 湿った声とともに、...

  • 誰がために鐘は鳴る(14)

     その瞬間。 長谷川の中で、何かが堰を切った。先生、と、すがりつくようにして呼んでしまう。「先生、・・・向井先生」『うん』 深い、向井の声音。目に見えない腕に抱きしめられるのを、長谷川は確かに感じた。 だが足りない。その証拠に、言葉が勝手に溢れ出る。「逢いたいです。先生のこと触って、・・・先生にも触って欲しっ、」 自分が何を言っているのか判らない。どうしたらいいのかも。胸が熱い。喉も、耳朶も目頭も。身体...

  • 誰がために鐘は鳴る(13)

     送信後すぐに、向井から着信があった。 こっちからかけるつもりでいたのに、と長谷川は舌打ちした、つもりが、口元は呆気なくも緩んでしまっている。 せめて声音だけでも引き締めようと、長谷川はソファからラグへと滑り降りた。姿勢を正して軽く息を吸い込み、通話ボタンを押す。「・・・先生、お疲れ様です」『お疲れ。どうした? 何かあったか』 電話の向こうから、向井の声が流れ込んでくる。無意識にまぶたを閉じていた。...

  • 誰がために鐘は鳴る(12)

     せき立てられるような気持ちを懸命に抑えながら、長谷川は帰宅後のルーチン作業を忠実に辿った。 まず不織布のマスクを外し、これはビニール袋に入れてゴミ箱へ。次いで下着以外の着衣を全て脱ぎ、洗濯用の紙袋に入れる。洗濯の利便性の問題からスーツはもうずっと着用していない。だから今日も、袋の中で積み重なったのはワイシャツとチノパン、そして靴下だ。 その後、手洗い及び帰宅後に触った部分の洗浄。それが済んだらシ...

カテゴリー一覧
商用