たっちゃんの古代史とか
住所
埼玉県
出身
埼玉県
ハンドル名
たっちゃんさん
ブログタイトル
たっちゃんの古代史とか
ブログURL
http://tacchan.hatenablog.com/
ブログ紹介文
適当に日本古代史・ユーラシア古代史の研究しております。最近は古代史の電子書籍書いてます。
自由文
-
更新頻度(1年)

33回 / 365日(平均0.6回/週)

ブログ村参加:2014/06/14

たっちゃんさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 全参加数
総合ランキング(IN) 10,265位 10,633位 10,261位 9,232位 8,655位 8,927位 11,855位 972,179サイト
INポイント 20 30 0 10 20 90 30 200/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 20 10 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
歴史ブログ 32位 34位 33位 30位 27位 29位 41位 4,165サイト
日本史 9位 9位 8位 8位 7位 7位 10位 575サイト
考古学・原始・古墳時代 17位 18位 17位 16位 15位 15位 17位 209サイト
今日 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 全参加数
総合ランキング(OUT) 54,374位 51,548位 43,017位 43,234位 43,323位 43,473位 48,857位 972,179サイト
INポイント 20 30 0 10 20 90 30 200/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 20 10 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
歴史ブログ 144位 133位 84位 84位 89位 90位 115位 4,165サイト
日本史 20位 20位 16位 15位 16位 17位 17位 575サイト
考古学・原始・古墳時代 30位 28位 24位 26位 24位 23位 23位 209サイト
今日 09/16 09/15 09/14 09/13 09/12 09/11 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 972,179サイト
INポイント 20 30 0 10 20 90 30 200/週
OUTポイント 0 10 0 0 0 20 10 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
歴史ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 4,165サイト
日本史 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 575サイト
考古学・原始・古墳時代 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 209サイト

たっちゃんさんのブログ記事

1件〜30件

  • 台風15号で鉄塔が倒壊する未来を予言していた謎のぐるぐる

    先日猛烈な勢いの台風15号が直撃してました。 うちは屋根の工事が終わらなくて、そのさなかに台風が来たのでヒヤヒヤしてました。 ブルーシートをガチガチに固定したのだけど、さすがに風速45~60m級。 ビュおおおおと唸りを上げて森の木々を揺さぶり続け、山の斜面にドオオンとぶつかったりする大風で、ブルーシートが揺さぶられてました。 幸いにも新装した屋根の構造は、割と頑強だったらしくて壊れなかった。 アスファルトルーフィングと安いスレートは屋根を保護、シートは外れなかったので雨漏りはなかったです。 その台風で鉄塔が倒れたとか 各地で停電とか断水が続いてるとか、家が破壊されたとか色々被害が出てるらしいで…

  • 2つ目の富士の幻影を見た

    9月2日、世間的に残暑厳しい中でお出かけしました。 山奥を出発して平野部に達すると、コンビニで新しいカードを使おうとして問題がでました。カードの向きが違うと、使えないことに気がつかなかったのです。コンビニと銀行をさまよい、カスタマーサポートに問い合わせ、やっとの思いでカードを使いこなしました。 そうして炎天下で無駄に長時間も自転車こいでると、汗だくの汗臭の地獄となって反応されたり。バッテリー切れで帰りの坂道は登山状態になって時間をかけて登るなど散々。ブルーシートのかかる自宅に帰ると、疲れ果てて昼寝しました。 まぁ、こんなのは人生の些細なヒトコマであって、割とどうでも良いのですが。 キリン ウイ…

  • JAL123便が墜落する瞬間に放送してたテレビ番組が事故を予言してた件

    屋根のdiyリフォームは、解体が進まないので丸ノコ使いだした。 スピード上がった。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 引っ越して、もうテレビを見なくなって、3年目。 スマホでヨウツベは見るけれども、ネットでもテレビ番組をじっくり見るなんてのも無い。 生放送を見てると、気持ち悪いとしか思えない。 だから生活から完全に排除しました。 今もバカだけど輪を掛けてバカ過ぎる子供だった、1980年代の頃。テレビはけっこう好きだった記憶があるのですよね。 それでも日航機墜落事故のニュースは、テレビで見た記憶がまるっきり無いです。 がきんちょな頃は世間の出来事なんか、何にも関心がなかったせいか。 大規…

  • イライラの語源はイラ、アバヨの語源はアベオだった。古代日本語に古典ラテン語が含まれている件

    古代の日本語には古典ラテン語が入ってる Classical Latin - Wikipedia 不思議の要素は日本の国土や俺の存在だけでなく、古代の世界にも詰まってる。そんなことを実感させるのは、古代の言語を眺めてるときです。 日本語はユーラシア語のごった煮が正解なのだと、低学歴的な直感で考えるのですが。以前にも色々と記事にしてました。 古ラテン語を学んだことはないですが、どうやらイタリア語やフランス語など、南欧言語の古い形態だとか。古ラテン語は、英語の元になってる古ゲルマン語にも近く、印欧語の祖語に最も近いというレベルの、とにかく古いやつです。 「古典ラテン語」の範囲で言えば、紀元前1世紀か…

  • diyで屋根修理の準備と28日の爆音

    28日夜の、東京電力の鉄塔の高圧線の爆音がすごかった。 きのうの東京電力の鉄塔の高圧線の爆音 pic.twitter.com/818nrI8OqN — たっちゃん@古代史研究 (@t7a7t0o1) July 28, 2019 これが1日、1時間おきに10~30分継続したりすることがあるのですよ。 引っ越しの直後から、時々起こる。幻聴じゃない。 ドーン!ドドーン!含め、 何故か大騒音は俺が出してることにされ、2年間にわたり近隣の中高年から嫌がらせされまくったのだが。 真相は飛行機が落とす未知の爆音だったり、自衛隊の爆音だったり、あとは高圧線の爆音、近隣がわざとらしく出す騒音だったりするわけなの…

  • 高輪ゲートウェイから発想するスターゲイトの実在性

    この話については俺の想像なので、ぜんぜん現実に沿ってないかもしれないです。 しかしエスパーと呼ばれたことがある俺なので(どこで)、想像が何故だか良く当たることがあると評判らしいです(え)。 山手線の新駅 なんか山手線に新駅が出来る。高輪ゲートウェイ駅。 画像や航空写真みると、なんか宇宙船っぽい巨大な建物みたいです。 ちょうど芝浦水再生センターのゆるキャラ、アース君の視線の先にあるようです。 目と鼻の先に、中央リニア新幹線の品川駅もできるとか。 これまで山手線の駅といえば漢字で3~5文字で、秋葉原駅、東京駅、西日暮里駅とか田端駅とかそんな感じだったです。それが令和時代に高輪ゲートウェイと始めてカ…

  • ヤマガタがマガダに見マガうモノガタリ

    ふとした瞬間に考えること。 今年も墓参りも親戚づきあいもしないのだろうなと。俺みたいなバケモノがいれば迷惑だろうから、潔く身を引きたいわけなのですが。 さらに、これから自分が一人で人知れず死ぬ瞬間や、死んだ後朽ち果てて発見された後、どうなるのか。 なにかのサービスに事前に登録してお金を払って予約していれば、孤独死の直後に火葬や散骨などの処理まで対応してくれるのだろうか。 探してみようかと。そんな孤独死対応な良心的サービスないですか。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ヤマガタ 羽黒山 (山形県) - Wikipedia ヤマガタがマガダに見マガうモノガタリ (山形がマガダに見紛う物語)…

  • 癒(いやし)の語源と邪馬壱国(病国)から気づいた「卑弥呼のキリスト信仰らしきもの」と言霊の仕掛け

    最近は重曹やクエン酸効果で体の状態は良かったのだが、ストレス過剰なせいか痛みがでたりした。それで自己治癒力を高めようと、熱いお湯で温めてみたり、色々試しているところ。 不愉快ばっかりでストレスだらけだと、精神的に自己治癒力を高めることは難しくなるらしいです。 治癒の「癒」といえば、邪馬台国の倭国大乱を鎮め、癒やしたらしいのが卑弥呼でした。 この邪馬台国と卑弥呼は、どうも「病(やまい)」とも無関係では無かったようです。この辺から、想像し難かった西側世界との奇妙な繋がりも見えてきたりしました。 ちなみに17日に風呂にいた、アシダカグモ。つかまえてビニール袋に入れて観察してみた。 胴体が笑ったおじさ…

  • 富士山の語源が徐福さんだったことの証明

    富士山 - Wikipedia 南海トラフ大地震 なんか最近、南海地震のニュースばっかりですね。 なんかい地震ニュースやってんだろう。だじゃれ。 南海トラフのニュースは、何故かメディアがあんまりにも煽りまくっている件。 そういや最近の政府発表では、南海トラフ巨大地震の想定死者数を、23.1万人とか言ってるらしい。 23万人なら切りが良いのに、何故か「.1」をくっつけて「231」にしてるのが、超絶意味深。 「太鼓の達人」の隠し音楽で、悲鳴が続くのと同じくらい意味深だと思いました。231。123神示。◯月31日なのだろ~か。 あと韓国のサッカーの選手が、トロフィー踏んづけていました。On the …

  • 平城京の名前の由来が平塚だったかもしれない件

    ていせつ、たいせつですか。 定まった説と書く定説は、正解も含まれるけれど、間違いも含まれているようだから。 20年前の教科書と今の教科書の同じ歴史的出来事を、読み比べてみれば分かります。20年前の定説がまるっきり違う解釈になっていたりする。 早合点や鵜呑みして落ち着く前に、ちょっと考えてみたら、ホントの答えが出るかもしれないので、いろいろ検討するのが習慣づいていますが。 「何と(710)素敵な平城京」 「鳴くよ(794)坊さん平安京」 「いい国(1192)作ろう鎌倉幕府」 最近の鎌倉幕府の始まりについても教科書では定説が覆っていて、「いい箱(1189)作ろう鎌倉幕府になっているとか。 そういえ…

  • 太陽と月と日本の139

    太陽 - Wikipedia 39はネガティブなだけじゃなかった 近ごろは人の運命っていうものの真相が、ちょっとだけ把握できるようになった。 人生は他人に左右され、生かされ殺され、時には人為的に犯罪者に落とされてしまうという現実が。・・・・と言っても信じない人はいるかもですが。 個人や集団に対する心理作戦、メディアによる大衆コントロール、電磁波的な科学のちから、それと結びついた呪術や魔術の行使。 そういったものが前提にあって、支配者の思い通り方向性の決定がされてしまう。それが世界の現実なのであろうと。 そしてその運命みたいなものは、ある程度は自分で抑えられる、変化できるということも、分かってき…

  • 魏略の魚豢は卑弥呼に近い倭人だったかも

    なんか、令和時代って、アレですね。 変換できない。 礼和、例話、例羽、れいわ、レイワ、reiwa・・・・・ 令和が、禾口→ネコ という解釈がツイッターで話題ですね。もうネコの時代が確定らしい。 ところで「れいわ」って、たつやに似てますね。 ・・・カオスな未来が浮かんで来ますよね。 令和と書いておいたほうが良いですね、ネコですけどね。 コレ書いてたら雷が、ピカッ!ドドドドーン!と鳴った。 雷の、お礼は(礼和)、要らねーですよ。 本日も雨。連日のように雨。 魚豢と卑弥呼 最初に卑弥呼のことを魏に伝えたのは、「魏志倭人伝」の陳寿という人じゃかったとか。 魏志倭人伝の元になった書物に「魏略」があり、こ…

  • 2019年の春散歩で気がついたこと

    先日(15日)に久しぶりに散歩した。 心臓の動機が酷くなってたのであんまり無理してないですが。 それでこの世界について、ちょっと気くことがあったりしました。 ナイスビューを実感できる数少ないポイント。 樹々のトンネルみたいな感じになる林道。 これまた空の青さと新緑。 空を見上げると樹木の天井。 木は上に伸びるという法則を無視して、ひたすら横に伸びていく樹木の枝々。 道端にはワラビっていうかクサソテツ。太陽系のスパイラルな法則に従って、スパイラルに広がる。これの新芽がブラックホール的に渦を巻いたコゴミで、美味しかったりする。 断崖の上にはこれまた芸術的な樹林。のぼって景色を確かめてみたいのだが・…

  • 崇神天皇の桑間宮と池から想像できた吉野ヶ里遺跡の正体

    崇神天皇の話がしばらくなかったのですが、久しぶりにひとつ。 この前に佐賀の吉野ケ里遺跡の話をまとめていて、ちょっと気づいたことがあったんですよね。 いつも古典やネット情報をかき集めては、想像と洞察を繰り返して答えを導き出しています。当てずっぽうの作り話みたいですが。俺の当てずっぽうも意外と当たっちゃうこともありますのでね。 1・崇神天皇というのは、卑弥呼が男装した姿 もう何年も前に思いついたこの説、流行ってませんが、いまも一貫しています。 その内容は、 (1)崇神天皇は太安万侶がまとめた「古事記」の序文では「后(きさき)」と高貴な女性的な扱いになっている (2)卑弥呼は日御子・日巫女で天照大神…

  • アテネのアクロポリスの要素が吉野ヶ里遺跡の設計図に含まれていたか

    一見シテ無関係なところに関係性ヲ見いだせる・・・。これはたぶん潜在的な深い処では無関係ではなく、運命的繋がりもあるからなのだろうと。そんな感じもするのですが。 そう言えば新たな元号の「令和」についても、なんか同じようにして運命を感じさせる響きを持ってました。 今回は考古学者も見落としてしまうであろう、佐賀の吉野ヶ里遺跡とギリシャにあった、アテネの繋がり。ちなみにこの記事は2週間くらいから書いてますが、時間を掛けるごとに気づきが多くなるというのは分かっています。 古代アテネのアクロポリス 自分自身が高台に住んでいると、古代の人が高台を好んだ理由は分かったりします。 ・高台は海のそばなら確実に津波…

  • 縄文海進は実際何メートルだったのかは縄文遺跡が教えてくれる

    ネットの情報を見ていると縄文海進についての話題も色々出てくるのですが、低学歴なりに気になりました。 通説では縄文海進は地球が温暖な時期、いまより海水面が平均2~4m程度、あるいは5mほども上昇していたという話。 その海進は弥生時代以降も続いていて、平安時代ですら今より1~2m高く、茨城や千葉の霞ヶ浦は太平洋と繋がって香取海になってたりしました。 香取海 - Wikipedia 一方でググってみると、 縄文海進は60mで、今より海抜は60m高かったとか書いているブログやサイトが普通にあったりします。 60mっていうと、関東平野は北関東まで含めて完全に水没してます。 その差は10倍以上。 縄文海進…

  • 天武天皇の八色の姓にはイエス・キリスト信仰と大和民族大陸起源に繋がる思想が隠されていたかもしれない件

    最近も日ユ同祖論を否定する傾向が高いようですね。 個人的には何でもいいですが、今後も日ユ同祖論支持の方向で行きたいと思います。 前回の記事 ・天武天皇がどれだけ秦の始皇帝を手本としたか分かる話 耶蘇 例の犯人はヤスでした。 しかしむかしの日本では、キリスト教といえば耶蘇教なんて言われてました。 この耶蘇というのは「Jesus」の音写だったりしたのですが。 Jesus→耶蘇→ヤソ→YAS→YES→イエス」だったりしました。要するにイエス(jesus)に漢字を当てて耶蘇としたのです。 世界大百科事典内の耶蘇の言及 【耶蘇会士日本通信】より …1598年ポルトガルのエボラで出版された《日本シナ両国を…

  • totoのAfricaを見てたら気づいた不思議な既視感

    日常を過ごしていて、自分の運命を感じる出来事とか。 偶然に自分と状態や出自と重なりあうと感じる出来事とか。 あったりしませんか、なんとも偶然的なかんじで。偶然というのは、意図せず物事が整合している状態のことですが。 しかし果たして偶然とは、こんなに都合よく練り上げられるものかと。 偶然なんか、この世界には1つもないという発想は、よく考えるようになりました。 世界は太古より一貫して、偶然や自然に見せかけられた作り物だという仮説が、頭をもたげてしまいました。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ https://youtu.be/FTQbiNvZqaYより 舞台はなにやら古びた建物。 怪しい装飾…

  • 天武天皇がどれだけ秦の始皇帝を手本としたか分かる話

    こんにちわ、以前に書いたとおり、何も教えられず悪い方悪いほうに導かれて、フルボッコにイジメ抜かれて生きてまして愛国心も消失してしまった日本人です。 ちなみに家紋は鷹の羽の家でしたが、もうどうでもいいです・・・。 そんなこんなで不条理コースを突き進む中、ある時に天武天皇のことが頭によぎることがありましたので、死ぬ前にちょっと書き残しておきたいと思います。 それにしてももう死ぬとか言ってから25年は経っているので、なかなかしぶとい俺って。 八色の姓(やくさのかばね)は何か変 天武天皇-ウィキペディアより 脳裏をよぎった天武天皇。 このかた、7世紀に壬申の乱で先代の弘文天皇をぶち殺し、そのまんま皇位…

  • 「東経ヒミコ度」が示唆する運命の存在

    以前から個人的運命とか世界的な運命については書いてたのですが。今回は卑弥呼ちゃんが教えてくれる、運命的むすびつきについてちょっと。 本日の散歩の写真(2月5日) ところで爆音飛んできたり、隣のおばさんに深夜から朝まで壁をぶっ叩かれ過ぎて動悸が酷くなった心臓、近ごろもまだ胸が苦しかったりする。股間の異常があったり、なにより思考の異常で悩まされていたりする。 それにしても、接続が頻繁に切れて一生懸命かいた仕事用記事が全部消えたり。 連日爆音が飛んできたり、隣のおばさんはそれを俺のせいにして叩き返したり。 世の中や芸能人がうざかったり。年上な複数の大人からも、中学生のいじめや差別みたいなことされ続け…

  • 冬景色 2019年1月

    先日、1時間ほどの登山した時(近所を歩いただけ)の冬景色。 平野部 青い空にたなびくような枝 斜面 尾根 ちょうど正面に飛んできた自衛隊機 駿河湾も見える 青い空に葉っぱが無くなった落葉樹の写真が、かなり素敵に撮れた1枚であった。 やるべき命題は完了していない。まだ俺は死ねない。 にほんブログ村 ↑ クリックお願いしますm(_ _)m。

  • 緯度・経度から導かれる数秘術と運命的つながり

    緯度経度から数秘術が導き出せるのか 地球儀 - Wikipedia 緯度や軽度というのは普段まるで意識しないですが。世界で最初に経緯度線が描かれたのは、2世紀の古代ローマの学者プトレマイオスが記した「ゲオグラフィア」の地図だったとか。 このころには西洋では極東の地形は認識されておらず、当然ながら日本が東経135度などという数字に当てはまるとは、誰も知らなかったようです。 初期の世界地図 - Wikipedia 東経線や北緯線が日本の古地図に描かれだしたのは、江戸時代の中期ごろだったとか。 そして九州は東経130度、京都は東経135度、江戸は東経139度というふうに、グリニッジ子午線を基準として…

  • 歌川国芳の浮世絵に現れる未来視の暗号

    歌川国芳 - Wikipedia 明けまして別におめでたくありませんでした。 そもそも新年とかどうでもいいし。灰色、曇り空をモットーに引きこもりで生きていきますが。 自称正義による猛烈な悪意が襲いかかってきて、普通の人は死ぬレベルです。不愉快極まって殲滅されればいいのにと思いながら、地道に受け流してやっていこうかと。 ・・・・・・・・・・ 江戸時代のスカイツリー そう言えば一度も行ったこともないし、今後も行かないであろう、東京スカイツリーです。2011年に完成して以来、 「どうも江戸時代からその存在を予見されてたのでは?」という見方がありますね。 その主役は、江戸後期に浮世絵師だった歌川国芳と…

  • 鳩槃荼と件と艮の金神

    止めどなく穢れた思考が涌き出て、ぐるぐるループする苦しい日々が続いた。 べつに嫌いでもない人の名が唐突に思い浮かぶと、ののしる言葉が付きまとってはそれを打ち消した。 嫌がらせや嘲りを楽しんでいる無数の人々の悪意が、澱み無くまっすぐに伝わってくる。 無理やり悪人に仕立て上げて粗探しをしては面白がる、そんな汚れた風潮を肌身にずっしり感じる。 頭痛がしたり不眠、あるいは寝すぎなど体のリズムも乱れてる。 本日は昼過ぎの2時まで寝てしまった・・・。 夢や幻想やお伽噺はリアルに隣り合うせいぜい一富士二鷹三茄子程度の目出度い夢なら、何も問題なかったのに。・・・子供の頃から俺が見てきた夢があるのですが。 それ…

  • 天比登都柱から見えてくる倭国の人柱文化

    人生が崩壊している低学歴低収入の隠遁者です。 それにしても幸福だけど頭がアレな人々による、不幸のどん底に落とす呪術と策略が蔓延っている世界について考えてばかりいてもアレなので、明るい話題で書いてみようと以前から気になってた天比登都柱についてちょっと思いついたことをしたためていたのですが、いつもどおり暗い内容になってまいりました。どうぞ。 人口と生口 人の口と並べて書けば、それは人間の数を表す「人口」になったりする。これは考えようによっては、なんか奇妙な表現に感じたりするところ。「人数」「頭数」といえばいいところを、ヒューマンのマウスで人口だなんて。 口は食べ物を取り込む口のことで、つまり人口と…

  • 高千穂の大量殺人事件と天岩戸神話の接点

    人生のあらすじ 何故か家族や親戚からも医者からも、悪いところも直されず注意もされず放置され、駄目なほう駄目なほうばかりトコトン進んで常に失敗を繰り返したりして、何故か瞬時に完全な悪者とであると周知が行き届いていて、知らない大勢から膨大な嘲笑と嫌がらせを連日食らう日常が当たり前で、これら一連の流れがどんな時でも常に固定化されていて、傷つけられては牙をむいてきたような人生の低学歴でした。 きょうも隣のおばさんが玄関ドアでドッカン!ドッカン!嫌がらせ。飛んでくる騒音を俺が出してると決めつけ、一々キチガイ風に暴れるおばさんなのでイライラする・・・とはいえ気になる出来事があったので、腐った脳みそで考えを…

  • 夕日が綺麗だった今日の散歩

    10月にコンビニ行って以来、35日ぶりに遠出した。近頃の自分にとっての遠出は、1時間以上の徒歩か自転車の移動しかない。 1時間以上歩くと、日頃の仕事と嫌なことのストレスも少し晴れるようだった。 いつの間にやら迎えていたらしき紅葉の見頃も、そろそろ終わる時期に差し掛かっていた。雲もない快晴だったので、夕日も綺麗に見えた。 ケヤキかなにか。 落石が多い坂道。 ちらっと見える海。 夕日。 今日の出来事 ・仕事やすんだ ・何ヶ月ぶりかに昼過ぎまで寝た ・洗濯と掃除した ・散歩行った ・棚のDIYの続きした(屋根造りの練習) にほんブログ村 ↑ クリックお願いしますm(_ _)m。

  • 意富の神はヘブライの神だったのか(日ユ同祖論)

    意富比神社 灯明台 - Wikipedia 意富比 先日アイヌの日ユ同祖論についての記事を書いたら、胆振について興味深いコメントいただいたので、それについて。 ・胆振のアイヌとヘブライとフルとイシンの関係 上古に見られる意富比(おおひ)神社の名が、どうも胆振と同様にヘブライ(イブリー)からきているのではないかという説。 要するに、 ヘブライ・イブリー → 胆振(いぶり) ヘブライ・イブリー → 意富比(いぶひ)→いふひ→おほひ →おおひ こんな感じでまとまってきました。アイヌの方では胆振として残り、大八洲(日本)のほうでは意富比の名で残った可能性はあるかと。 ちなみに「意(い)」と読むのは古代…

  • 小説「首都消失」にまつわる勝手な妄想

    これは「自分の存在が世界に波及しちゃってる」に関係する内容なので、否定的に見られておかしくないです。また低学歴がなんか言ってる程度の、変な読み物として取り扱ってください。 この傾向の話をすれば、単なる妄想とか与太話であろうとか、「自分が特別だとでも思ってるのか」的に嘲笑されてしまう感じです。 といっても俺の場合、ご承知か存じませんが、生まれる前から全てが特殊な事情で満たされていましたので。無視はできないところなのですよね、個人的に。 首都消失(徳間書店)kindle版 小松左京 一時期ちょっとハマった小説といえば、小松左京のSF作品なのでした。 この人は日本三大SF作家とか言われるくらいの凄腕…

  • 「うそーん」ユーラシア大陸に連続していたヤマト系地名

    中国には「ヤマト」という地名が彼方此方に散在している・・・それをグーグルマップで調べ尽くしたのは、2012~2014年頃でした。 それで2014年出版の電子書籍に、その地図を入れていました。 電子書籍「日本の地名の真の由来と神武東征のカラクリ仕掛け」より 野馬図(ヤマト)、野場吐(ヤマト)、邪瑪吐(ヤマト)・・・ 明らかにヤマトみたいな地名が大量です。古代に扶余や匈奴のあった範囲と重なるようでした。 内蒙古自治区の架瑪吐は「カマト」なのでは?と指摘されそうですが、現地で「ジャマト」の音が残ってきていたと考えられて、そういえば倭の邪馬台は「ジャマト」と読めてしまうので、ここに取り上げていました。…