気づきインプットと行動アウトプットで成功する方法
読者になる
住所
姫路市
出身
姫路市
ハンドル名
motoさん
ブログタイトル
気づきインプットと行動アウトプットで成功する方法
ブログURL
https://wakuwakutuhan.jp/chitei/
ブログ紹介文
自己実現をするための方法はただ一つ。インプットしたことをアウトプットするのではなく、アウトプットするためにインプットをする。すれば欲しい情報のみが自然と入り、無駄のない生産性の高い行動を可能とし、目的に最短で達成することができます。
自由文
-
更新頻度(1年)

21回 / 22日(平均6.7回/週)

ブログ村参加:2014/05/21

motoさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(IN) 23,571位 23,901位 24,236位 24,563位 24,723位 24,843位 24,930位 974,975サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 0 0 20 20 0 0 0 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 400位 411位 421位 429位 426位 422位 426位 13,007サイト
人生・成功哲学 15位 15位 17位 17位 17位 16位 17位 849サイト
心理学 10位 10位 11位 12位 13位 14位 13位 422サイト
メンタルヘルスブログ 742位 771位 777位 780位 787位 783位 788位 28,324サイト
心理カウンセリング 34位 34位 34位 34位 36位 37位 36位 961サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(OUT) 54,246位 54,687位 54,831位 59,519位 78,302位 77,826位 77,867位 974,975サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 0 0 20 20 0 0 0 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 788位 799位 799位 900位 1,328位 1,306位 1,326位 13,007サイト
人生・成功哲学 17位 17位 17位 23位 34位 31位 33位 849サイト
心理学 22位 23位 23位 25位 35位 37位 40位 422サイト
メンタルヘルスブログ 2,100位 2,130位 2,152位 2,278位 2,789位 2,803位 2,838位 28,324サイト
心理カウンセリング 59位 55位 54位 57位 80位 82位 85位 961サイト
今日 10/15 10/14 10/13 10/12 10/11 10/10 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 974,975サイト
INポイント 10 10 10 10 10 10 10 70/週
OUTポイント 0 0 20 20 0 0 0 40/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
哲学・思想ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,007サイト
人生・成功哲学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 849サイト
心理学 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 422サイト
メンタルヘルスブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 28,324サイト
心理カウンセリング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 961サイト

motoさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、motoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
motoさん
ブログタイトル
気づきインプットと行動アウトプットで成功する方法
更新頻度
21回 / 22日(平均6.7回/週)
読者になる
気づきインプットと行動アウトプットで成功する方法
  • 会社勤めをしながら「自分の市場価値」を高める方法

    会社が潰れても、食べていける人と、食べていけない人がいる。 この違いは、「他人からどう思われるか」という人と、「他人のために何ができるか」と思える人の違いではないかということです。 会社勤めに人は、上司にどう思われるかなど、社内の評価はどう

  • 有言実行の陥りる「罠」・不言実行の「底力」

    自らが行動する前に、何かを宣言し、それを実行してみせる「有言実行」というスタイルは、華があるものです。 「オレはやるぜ!」っていう宣言を掲げ、見事に達成している姿に憧れを抱く人も、尊敬の眼差しを向ける人も少なくない。 あなたは、「有言実行」

  • 今日、「星の王子さま」という小説を読みました

    僕はほとんどといっていいほど、本を読まない。 というより、読書自体が苦手なんです。子どもの頃からずっと。 そんな読書ムリな僕が、今日、「星の王子さま」という小説を読んでみた。 理由は、「何となくこれならオレにも読めるんちゃうか」って思ったか

  • 不幸アピールは、ほどほどに。

    「自分には悪いことばかりが起こる」 「自分は頑張っているのについてない」 「自分には運がない」 などと言えば、周りは、「それは大変だね」と、言ってくれます。人は他人に共感されることで、喜びを感じることができます。 だから、自分についてのネガ

  • リアルな現実世界の無駄な時間は、もう一人の自分

    あなたは、本当に大切なことに時間を使えていますか? ディズニーの代表キャラクター・ミッキーマウス。 そんなミッキーが「世界のディズニーテーマパーク内でただ1人」という噂はご存知でしょうか。ミッキーは魔法で世界各地に移動しているというのです。

  • 「先入観」にとらわれてしまうもう一つの原因

    人には少なからず固定観念や思い込みがある。先入観にとらわれて本質を見落とすことが少なくない。 知識や経験をもとに物事を判断するのは大事なことだが、先入観が強すぎると誤った判断につながる。 先入観に関する有名な話があります。 見た目は普通のプ

  • 間違った完璧主義と目指すべき完璧主義

    Microsoft Windows(マイクロソフト ウィンドウズ)は、マイクロソフトが開発・販売するオペレーティングシステム (OS) の製品です。 現在パソコンといったら、ほとんどの人がWindows(ウィンドウズ)を搭載したパソコンをイ

  • コト消費の商売は「感動 + 感謝 = 感激」

    「商売とは、感動を与えることである」 電機メーカー「ナショナル(現在:パナソニック)」を一代で築き上げ、経営の神様とも称された実業家であり技術者でもあった、松下幸之助氏の名言ですね。 遡ること1960年代の高度経済成長期からバブル全盛期は、

  • 根拠のない自信に秘められた「知られざる根拠」の正体

    世界に通ずるトップアスリートの方たちはみんな口々にこういいます。 「勝ちます」「必ず結果を出します」「1位を取ります」「金メダルを穫ります」 これって、もちろんそれまでの練習や実績といった根拠もある程度あると思うのですが、どちらかと言うと「

  • ほとんどの人は気づいていない。目標を達成するための必要なこと

    そもそもの話、達成できない目標は目標じゃない。 たとえば、「よくわかんねーけど年収1億稼げるようになりたい」「留学したい」「痩せたい」「有名になりたい」というのは、ぜんぜん目標ではありません。 これらはすべて、願望。切望(切ない希望)です。

  • 「個人の時代」到来に在する矛盾と懸念

    組織から個人の時代へ ─── 。 “ オレ様 ” が支配する封建制度は崩壊し、資本主義が生まれたように、時代は新しい体制へと移ろっていく。 「個人」の時代が訪れる。「個人が活躍できるビジネスモデルが増えてくる」とされている。 昨今、“ 1つ

  • 「逆境」に直面した時はこう考えてみよう

    「あのアスレチックスのハドソン投手は、できれば対戦をしたくない苦手のピッチャーですか?」 「いえ、彼は、私というバッターの可能性を引き出してくれる素晴らしいピッチャーです。だから、私も練習をして、彼の可能性を引き出せる素晴らしいバッターにな

  • 「言葉の力」で悩みを解決するこんな考え方

    悩みってのは、解決しようとしても解決できないもの。 悩まないようにしよー、って強引に思いこませようとしても悩みに対するストレスがもっと強いストレスになってしまう。 悩みは悩みでしかないし、自己解決しようとすることは正直なとこ、「あきらめる」

  • 独創性がある人はどこからオリジナリティーを見つけ出すのか

    独創性とか、オリジナリティーとか、個性があるとか言ったりするよね。 独自の考えで新しい物事を創り出すという意味で、なんかこう、フワッとアイデアが浮かんでくるようなイメージがある。 デザイナー、IT系、科学者、画家、写真家といったクリエイティ

  • 「不安」との付き合い方を考えてみた

    誰もがすぐに「不安]になりやすく、もっと楽観的な人になりたいと思う。 だけど、「不安」には大切な役割があり、感じにくくなってしまってはまずいことにもなりかねない。 たとえば、ケガをすると痛みを感じるよね。 痛みは、「身体に何らかの異常や異変

  • 成功を共有する「人を巻き込む力」で限界を突破する

    世の中には、自分ひとりできる事はたくさんあります。 子どもの頃から「できる事は何でも自分でしなさい」と親や先生から言われてきました。 「何でも自分でしなさい」は、いつまでも親に頼らないで、自分ひとりでできる事はやってみよう、という「自立」を

  • スマホがない生活で感じたメリットデメリット

    インターネットは非常に多種多様なコンテンツがありまくりだ。 今や「スマホ」は体の一部とでもいうべきか、時間を確認する以上についつい見てしまう。 そして、思っていたよりも時間が経っていた、ということに。 「見てはいけないと思っているのに、見て

  • 行動力を上げるために今すぐできる「○○」を意識しよう

    人は長~い歴史の中で「行動力」があるからこそここまで進化してきた。 頭の中で思考するだけ、ポシティブな言葉を発するだけでなく、じっさいに「行動」しなければ成功も失敗もまわりの反応もない。 だが、いかんせん「行動力がある方がいい」それがわかっ

  • 「承認欲求」にかくされた陰の言葉

    「承認欲求」とは、人に褒められることで、自分の存在を周囲に認めてもらいたいと感じる気持ちをいう。 アメリカの心理学者である アブラハム・マズローが提唱した理論で、「人間は自己実現に向かって絶えず成長する生きものである。」という仮定の下、「人

  • 「利己的行動」と「利他的行動」のジレンマ

    自分と同じように得をしたいと考える相手がいて、相手の考えや行動を考慮した上で、自分が最も得をする最適な方法を決める必要があります。 「相手がいる状況の場合、どんな行動をとるのかベストか?」を考える。 つまり、自分と1人以上の相手がいる時、自

  • 「決断は早い方がいい」その理由について

    やるべきか、やらざるべきなのか? 「やる」か「やらないか」迷う人がいる。 じつは、人というのは、迷えば迷うほど、その時間が長ければ長いほど、「やらない」という選択をする。 というのも、あらたな「決断」というのは時間の経過に比例して、「現状維

カテゴリー一覧
商用