searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

トラちゃんさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

人様に資産形成をアドバイスするのがFP。ところがリーマン前後で株とFXで人生転げ落ちてしまいました。

ブログタイトル
FPなのに借金をすることになるなんて
ブログURL
https://kumacyankun.hatenadiary.com/
ブログ紹介文
リーマン前後で株とFXで人生転げ落ちてしまいました
更新頻度(1年)

18回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2014/04/26

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、トラちゃんさんの読者になりませんか?

ハンドル名
トラちゃんさん
ブログタイトル
FPなのに借金をすることになるなんて
更新頻度
18回 / 365日(平均0.3回/週)
読者になる
FPなのに借金をすることになるなんて

トラちゃんさんの新着記事

1件〜30件

  • 転職に疲れた

    コロナ前の売り手市場はどこへやら、一転して求人は買い手市場となっていますね。 会計事務所は、税理士を目指す人はいずれ登録 → 独立前提のため、所長がいかに横暴であろうが印鑑をもらうために我慢と丁稚奉公的なところが多いですが、今の求人を見るとみなし残業40時間込みで22万円とか、仕訳処理数に応じて年収50万円からなんていうものもあったりして労基に抵触するのではというものが多く見受けられます。 日商簿記だけしか持っていなくても巡回監査に行かせたり、丸投げでフォローがなかったり、本来コンサルは税理士の仕事ではと思うのですが、頭数を増やして売上至上主義的な事務所が本当に多いですね。 直前にいた事務所は…

  • 給与が未払いの上、離職票を送ってこない・2

    今日、退職月の締め後10日分の給与がようやく入金されました。 5日遅れなので焦りましたが、あと源泉徴収票を発行してもらえばようやく縁が切れます。 また、離職票は退職の翌日から10日以内に手続きすることが定められているのですが、3週間以上経過してやっと届きました。 何度も催促しても知らん顔で不安にさせられましたが、訂正印だらけの離職票を初めて見ました。 ハローワークから何度も差し戻されて遅れているなどとひと言あってもいいと思うのですが、紙1枚さえろくに書き上げられないのならば社労士に依頼すればいいのに、経費をケチり法律も無視、経営者とは名ばかりで人を雇う資格はまるでありません。 また、事務所にメ…

  • 給与が未払いの上、離職票を送ってこない

    前職の退職から3週間以上経過し、在籍中に2度、退職後に3度催促しているにもかかわらず、雇用主は離職票を送ってこないのでした。 そもそも退職を決めた理由のひとつに、私の雇用保険証を所長の奥様が紛失したことが発覚したため再発行手続きを取ったら、その月の給与をいきなり29000円も控除されたことがあります。 離職票は、現在は離職理由が事業主と労働者で食い違いがないか署名押印させてからハローワークで発行するようになりましたが、退職日に手続きを踏んでいるのに未だに送ってこない上、問い合わせても知らん顔とは、良識というか常識を疑います。 おまけに、締め後の10日分の給与が支給日が到来しているのに支払われて…

  • 退職者には賞与を支払わない・2

    以前勤めていた事務所で、3月に辞意を伝え、7月10日の賞与をもらってから末日をもって退職すると言っていた税理士がいました。 彼は、4月に付与されるはずの15日間の有給はまったくもらえず、さらに40万円は堅かった賞与はゼロ、その代わり10万円の退職金をもらったと言っていました。 一方、私はその事務所で5月に辞意を伝え、彼と同様7月末で退職したのですが、私には退職金はなかったものの、満額の賞与が支払われたのです。 この差は何か? 単に、所長の気分だけなのでした。 税理士法人といえども賃金に対する明確な基準はなく、個人事務所と大して変わりはないのです。 直前に勤めていた事務所も、以前に書いたように事…

  • 退職者には賞与を支払わない

    よく、退職者は賞与をもらえないからもらってから辞めると聞きますが、実際そうなのですね。 夏季賞与の査定期間が12月から5月実績となっていて、前年は6月の最終金曜日支給だったので、普通にもらえるものかと思っていたのですが、なんと所長の奥様は今回の賞与は2週間遅れにすると言っているとか。 私に払わないために、わざわざ支給日の変更ですか。 よほど嫌われているか、あるいは支払えないのか。 そんな裏技をかけられるとは思いもしませんでした。 5月に事業承継があったとき、奥様は「以前の賃金を保証する」と明文化していましたが、あれはどうなったのでしょう? 入所時の条件に年収〇〇円以上となっていて、それを年3回…

  • 雇用調整助成金を悪用?

    今の事務所で目下6月末の退職に向けて有休を消化中なのですが、今日ハローワークから事業主である所長の奥様宛に電話があったことからピンとくるものがありました。 この事務所は有休をとりやすい環境にあり、4人のスタッフは月1~4日は取得しています。 また、スタッフのうち1名が18歳の軽度の障害をもつ子のために3~5月に半日出勤を繰り返していたのですが、これらの自主的な有休取得について奥様は雇用調整助成金を申請する気なのですね。 4月~6月は最大ひとり1日当たり15,000円支給される助成金は、本来コロナ対策で従業員を休ませて給与を60~100%支払った場合に国が補填してくれる制度であるはずですが、時差…

  • 経営側有利に間違えてばかり

    今の事務所の所長が亡くなったのは4月29日なのですが、経営側はすべてが後手後手の割には従業員にろくな説明もなく税理士国保を30日をもって脱退手続きをしていて、私たちは国民健康保険に30日付で加入させられることになったのでした。 経営側と唯一話をしている5科目取得者は健保や雇用保険について疎く、「脱退したから役所で手続きをして」などとスタッフに簡単に言ってきたのですが、喪失証明書もなく手続きができるかと呆れてしまいました。 4月分給与からは保険料が徴収されていたのに5月分給与で返金されていなったため、所長の息子に聞いたところ「税理士国保からまだ振込がないから返せない」との答えでした。 健保手当と…

  • 退職届の受理について再確認

    昨日、2週間ぶりに所長の息子がいたので、先日メールで問い合わせた退職届の受理について再確認しました。 「(事業主の)奥様も確認されていますか?」と聞いたら、「この間メールで返事しましたよね」とのひと言でした。 メールには「確認しました」の一行しかなく、だれがいつ確認したかもはっきりしなかったので聞いたのですが、とりあえず受理されたということなのでひと安心です。 今年に入って所長が体調を崩してから現在に至るまで経営側がほぼ不在で、有休届についても退職届にしても手渡せる状況にはありませんでした。 スタッフにお任せモードの割には決定権も与えられず、一時的に後を引き継いでいる税理士には迷惑がかかるから…

  • 給与を減らされた理由にやっと気づいた・2

    金曜日に出した退職届について、今日何と言われるやらと土日の間中気を揉んでいたのですが、答えは「ガン無視」でした。 所長の奥様は半日以上事務所にいたのに何も言ってきません。 また、所長の息子は先週から税務業務を仮に引き継いでくれている事務所に通っているのですが、やはり何も言ってきません。 所長の息子はだらしないというか誠実でないというか、未だに所得税の確定申告書を顧問先に返していなかったり、所長が亡くなったことを伝えていなかったりするので、もしや封さえ開けていないのではと不安になり、昼頃メールを入れました。 すると、随分時間をおいてから「確認しました」の返信がありました。 理由くらい聞かれるかと…

  • 給与を減らされた理由にやっと気づいた

    今日やっと気づいたのですが、4月分給与が私だけ2万円も減額されていた理由が分かりました。 所長の奥様が社員の入退社を管理しているのですが、3月の終わりに私の雇用保険証を奥様が紛失していたことが発覚したものの、奥様は業務を代行している公認会計士協会から送ってもらっていないと言い張るので、協会に確認の電話を入れたのです。 案の定、2年前に協会はきちんと手続きをして送っているとの回答だったのですが、奥様は私の前職の手続きが電子申請だったから、今回は紙申請であっても発行はされないのだと訳の分からないことを主張するので、「本来雇用保険証は手続きをしたら速やかに従業員に渡すものではないですか? 」と言った…

  • 狭い世界のお山の大将

    高齢の所長が亡くなってから2週間が経ちましたが、事務所ではいろいろ混乱が続いています。 一時期、5科目取得者が税理士登録をするという話があったのですが、彼女は対人恐怖症でアスペルガーなので外出や来客時の同席を頑なに嫌がり、結局所長の息子が合格するまで所長の友人がいったん顧問先を引き取るという形になったのでした。 ただの計算センターで、私たちはこれまでのように申告書の作成や税務相談は受けられなくなってしまったのです。 引き継いだ税理士にも、担当者は直接連絡してはいけないなんて訳の分からない制約つきです。 業務の増加や事業主の変更、保険の脱退など大きな流れが続いているというのに、新たに事業主になっ…

  • 不安がとうとう現実に

    かねてから懸念していたことが現実となってしまいました。 コロナで多くの企業が業績がガタ落ちして失業者が急増し、リーマンショックを超える世界同時不況もあり得るといわれているこの時期に、個人事業主の経営者が急逝してしまったのです。 おまけに税理士なのに自身の事業承継は大失敗、出来の悪い一人息子は20年かけて大学院2つで3科目免除、自力でやっと1科目を取得したものの、税理士登録に必要なあと1科目がどうしても合格できず、所内に税理士がいなくなってしまったため、なんと会計事務所が計算センターに成り下がってしまったのです。 さらにこれからは頼りない息子の下では顧問先から切られる可能性大なのに、「父に言われ…

  • 給与の減額に抗議

    新型コロナの影響で、この2か月というもの経営側も従業員も先が見えない不安な毎日を送っています。 私は会計事務所に勤めているので、連日顧問先から給付金や助成金、借入金の相談の電話がかかってくるのですが、30日の補正予算の成立を待ってから申請を受付などと国は国民の切羽詰まった状況とは裏腹にのんびりしていて、助成金の内容や申請書類も頻繁に改定が入り、申請してもすぐに通るのか不明です。 ところで、 昨日4月分給与をもらったのですが、説明もなく減額されていたので今日抗議しました。 合意のない不利益変更は労働契約法違反であり、担当数が減るどころか今月からさらに2件増やされ、世間ではコロナで時短勤務や時差通…

  • 失業してしまうかもしれない 足音が聞こえる

    個人事業主には定年はありませんが、今私がいる会計事務所の所長は御年80歳の高齢の方で、ここ数か月病院づいてしまっているのでした。 所長には後継ぎがいるものの、40代半ばにして未だ資格を持っておらず、また所内の5科目取得者は対人関係が苦手とかで登録だの開業だのはこれっぽっちも頭にないとのこと、所長に何かあったら入所2年目にして廃業の危機、早くも失業者となってしまう可能性が出てきた私なのでした。 応募や面接のときに経営者の年齢など聞ける訳もなく、私的にはそれなりの理由があって転職を重ねてきたというものの、これ以上はしないつもりと今回臨んだのですが、不可抗力というか、さらにコロナをきっかけにこれまで…

  • 電話テロ・その2

    姉と私は、私が高校2年のときから不仲で、姉が結婚して家を出て行ってから20年以上音信がなかったのですが、父の面倒を見る見ないで姉と妹の仲が険悪になってからというもの、姉は私に度々電話をよこすようになり、母親があんなだから私たちの仲が悪くなっただの、妹が私の悪口を言って聞かせるから真に受けてしまっただのと、まるで自分が被害者であるかのように主張しました。 そしてここ4年近くは義兄が病に倒れたり、姉の子が首都圏で進学や就職し保証人を頼まれたことなどで電話の頻度が増えていったのですが、昨年11月に義兄が亡くなってからは、専業主婦の姉は時間を持て余したのか、増々電話が掛かってくるようになりました。 3…

  • 何度でも何度でも

    今年も残すところあと1か月を切りましたが、経済的な見通しは最悪です。 バカは学習能力に欠けていて、これまでの失敗をちっとも顧みず、同じ過ちを何度でも何度でも犯して手に負えません。 今年1月3日のアップルショック以降ロスカットは一度もなかったのですが、今年前半にはFXの実現利益は100万円を超えていたものの、今は70万円超の実現損失プラス120万円超の評価損失となっています。 あと4週間で改善する見込みは皆無です。 損失の繰越控除を受けるために、毎年確定申告をしていますが、受けたことは一度もなく、単なる手間でしかないので申告するのはもうやめようかとふと思うのでした。 先日、ゾゾの前澤元社長の預金…

  • 電話テロ

    義兄が病に倒れて丸3年を超えましたが、姉からの一方的な長電話にうんざりしています。 以前ブログに書いたことがあるのですが、私は高2頃から母親の金銭問題や父のアル中、姉の過干渉などを理由に家族関係がいったん破綻していたのです。 ですが、ここ5、6年で姉と妹の中が急速に悪化したことをきっかけに、お互い誤解があったとして姉と再び話すようになったのでした。 家族関係には20年以上のブランクがあったことになりますが、姉にはまったく何の世話にはなってはいないというものの、姉はいまだ妹である私の上に立っているという意識があるのではと感じることが多いです。 姉の子は障害を持っているのですが、姉と私はたった3歳…

  • 再びどん底へ

    今年前半の中国とアメリカの激しいバトルはどこへやら、9月に入ってからはイギリスの合意なき離脱も三度目の延期、アメリカの経済指標も世界同時不況もありというエコノミストがいたほどだったのにそれほど悪化しておらず、またしてもやられてしまった私なのでした。 円高基調はあっという間に反転し、毎日含み損が膨らみ続けて瀕死状態です。 「やっぱりね‥」と、前半の利益はあっという間に飛んでいき、借入金はMAXに戻り、預金残高は給与待ちなのでした。 先日、深夜の「じっくり聞いタロウ」という番組で、300万円を元手にウン十億円もの資産を株式だけで稼いだ40歳手前の人の話をしていましたが、アベノミクスは私には真逆に働…

  • バカにつける薬はない・ふたたび

    このブログで過去に何度となくFXをやめるだの、口座を解約すれば取引できなくなるなどと書いてきた私ですが、勤労所得だけで細々と借金を返済していくのはあまりにも年月がかかるし、何の希望も楽しみもなく‥ と言い訳だらけですが、愚かなことになんと今月もう一口座開設してしまったのでした。 原資はすべて借入金というもっともやってはいけないことと分かってはいるのですが、そしてこの9年間、株式投資もFX取引も一度も所得としてではなく損失の繰り越し控除を受けるためにだけ確定申告をしてきたのですが、どこかで全敗は確率論的にあり得ないなどとスケベ心が頭をもたげ、私という愚かな人間はつける薬のない、そして死ぬまで治ら…

  • 死期を選べるのは先立つものがある人だけ

    先日、NHKスペシャルの「彼女は安楽死を選んだ」という番組で、安楽死が容認され海外からも希望者を受け入れている団体があるスイスで、一人の日本人女性が自ら安楽死を選び、亡くなるまでを放送していました。 安楽死を行なった患者さんは多系統萎縮症という難病で、病気の進行にともない苦しみながら自殺企図を繰り返した末に「人生の終わりは、意思を伝えられるうちに自らの意思で決めたい」と、安楽死を望んだのでした。 渡航費用や入院費用など合わせると300万円くらいかかったとのことで、患者さんは50代独身、実家が裕福かまたはこれまでの貯えが潤沢にあったかと思われます。 私の義兄も2年前に脳腫瘍にかかり、これまで抗が…

  • 黙っている方が悲惨なこともある

    義兄が病に倒れて3年目となり、職場復帰と休職を繰り返し、姉も義兄から目が離せない状態で看護に追われ大変そうです。 義兄は社会的地位のある職に就いているので、年収は私と夫を足した額と同じくらいと思われ、姉は結婚以来専業主婦をしているのでした。 入院費用や通院、薬代などいろいろかかり、家計が大変であるのは想像に難くないのですが、FPを持っている私としては、義兄は余命宣告を受けているのだから保険金を生前に受けられるはずだし、傷病手当金や高額医療費の払い戻しもあり、また万一義兄に何かあった場合も、住宅ローンは団信に入っているはずだから以降の返済は免除となるのでは、と思ったりもするのでした。 私と夫は、…

  • 金が絡むと身内でも他人以下

    私は高校生の頃以降、金銭面と精神面においてひどい仕打ちをした家族とは距離を置いているのですが、ここ5年ほどは姉と妹とのトラブルをきっかけに姉と話すようになりました。 私は短大入学時に新聞奨学生となって家を出ようとしましたが、体力があまりにもなく1か月で失敗、その後社会人となって半年で自分の身を守るために家を出てしまったのですが、その直後に家庭内不和の元凶である母親が病に倒れ、それ以降母親が家族に隠れて借金をしまくっていたことなどが明らかになり、その対応に父と姉が追われたのでした。 多少の税金や相続の知識がある今の私だったら、父に母親の借金なんて相続放棄したらよかったのにと言えたのですが、当時父…

  • お金があっても健康は買えない

    私の義兄はちょうど2年前に余命宣告を受け、以降入退院と休職復職を繰り返しています。 まだ50代半ばというのに開頭手術や放射線療法を受け、歩けなくなるほど体の負担が大きいことがあるそうです。 そんな大変な思いをしても、死をわずかに遅らせることにしかならないのでした。 私が姉からそれを聞いて驚いたのは、そんな状況なのになぜ退職させて少しでも負担を減らしてあげないのだろうということです。 姉の送り迎えなしでは職場に行くこともできず、立っているのもつらそうなのに‥ 私は借金持ちの貧乏人ですが、義兄は社会的ステータスのある職業に就いていて、年収は同じフルタイム勤務といえど私の3倍はあるのでした。 ですが…

  • 滞納分の年金を支払いました

    一昨日に確定申告に対する賞与が出ました。 支払利率14%という暴利の個人ローン返済に全額を充てたいものですが、滞納している国民年金5か月分を支払うことにしました。 20歳から加入したとして、例えば59歳まで払った場合支払総額は700万円超となりますが、受給前に亡くなったとしたら、もらえる一時金はわずか30万円にもなりません。 年金は障害を負った場合や配偶者を亡くした場合には大いに助けになることもありますが、前者は直近一年間に滞納がないことが条件なので、結局払い続けている人のものであるし、後者は18歳未満の子がいることなどが条件なので、子のない私には万一そうなった場合には厚生年金部分に頼るだけと…

  • 特別催告状がきた

    8か月前に退職に伴い社保を脱退し、その後自らの手続きなしで第1号被保険者に種別変更が行われ、以来未納付となっていた国民年金について、昨日とうとう特別催告状が届きました。 「保険料を納めることが経済的に困難な場合には、ご本人の申請により保険料の納付が免除または猶予される制度があります」とあるものの、申請したところで所得は世帯合算されるので意味がなく、「法に定める滞納処分を開始することがあります」とか「連帯納付義務者であるあなたの配偶者や世帯主の財産を差し押さえることになります」と文面にある脅しに屈するか、無視するかしかありません。 とはいうものの、私は職業上いろいろな方の申告書や会社の帳簿などを…

  • 司法委員は誰の味方?

    去年、元雇い主を相手に少額訴訟を起こし和解に至ったのですが、請求額30万円に対し和解額6分の1で手を打ったのには、別室で1対1で話したとき、司法委員が「法に照らせば、あなたには1円も入らないよ。相手はもっと上に行くことも考えている」と言ったことが影響しています。 ですが、被告が少額訴訟から通常訴訟への移行を希望したことを考えると、どうにも釈然としないのでした。 少額訴訟は1回で判決が出るので、私が負けると分かっているのだったら、わざわざ移行する理由がありません。 通常訴訟に移行し和解をねらったとするのならば、相手は自分が全面勝訴するとは思っていなかったことになります。 被告は簡裁の調停委員をや…

  • マイナンバーで勝手に管理すればいいのに

    前職で社保を脱退後、国民年金の種別変更を経済的な事情もあってしていなかったのですが、私の言い分としては、マイナンバーで税務署も自治体も個人情報を管理しているのだから、納税者の自主的な届け出を待たず、勝手にそちらで種別変更をすればいいでしょというものがあるのでした。 大体、こちらが支払うべきものは督促だの差し押さえだのと力ずくで何でもしてくるくせに、もらえるものについては自らが動かない限り何も得られず、申請やらいろいろな書類が一定期間の間に要求され、マイナンバー導入のメリットがさっぱり感じられないとつくづく思うのでした。

  • 投資は金持ちのもの

    勤労所得どころか借入金まで投資につぎ込み、リーマンの前には目指せ1000万円と息巻いていたのもどこへやらと、今や年収並みの借金を抱えている私です。 個人ローンの借入利率が、法人が1~3%なのに対して12~15%と法外であるとわかっているものの、コツコツ働いて2~3年かけて返済するしかありません。 ところで、私は職業柄、金持ちの申告書を作る側にいるのですが、つくづく投資とは投下資金をすべて失っても痛くもかゆくもない人がやるものだと思うのでした。 中には、株式投資で年間に1000万円超の損失があり、60歳を過ぎて住宅ローンを3000万円も抱えている人もいますが、近い将来金持ちの親の相続が期待できる…

  • 和解が成立

    少額訴訟から通常訴訟へ移行した第2回口頭弁論で、和解が成立しました。当初被告側が支払うといった示談金プラスほんの気持ちで、思うところが多々あったものの、関与先のセクハラ案件で最高裁まで行ったと威張っている相手に消耗戦は得策ではないと考えた末の結論です。会社の金は俺の金とばかり、週3回のキャバクラ通い、お気に入りの社員の医療費、まったく業務に従事していない嫁の社員旅行同行費などなんでも経費で落とす彼にとって、今回の和解金なんて1、2日分の交際費くらいでしかないものの、今年マスコミをにぎわした某大学の揉め事に関与したやり手の弁護士を雇ったり、社労士を2名雇ったりなど自分の名誉のためにはいくらでも使…

  • 持っていない女の下降しまくりの人生

    夏目漱石の「こころ」だったと思うのですが、「忘却は罪です」という台詞がありました。ですが、忘れられることこそが心のバランスを保っていける人間の能力だと私は思うのでした。真面目に生きてきたつもりだったのですが、私が高校生の頃辺りから母親の執拗な言葉と態度による虐待を受け、早く家を出ないと自分が壊れてしまうとの一心で高校卒業と同時に新聞奨学生を目指したものの、毎朝3時起きで重い自転車を漕いで300部の新聞を配る体力と気力が続かず、初日から鼻血を流し、たった1か月で挫折してしまうという有様で、といって戻るところは実家しかなく、その後2年間は更なる嫌がらせが続き、家族もまるで見ぬふりでした。私は母親は…

カテゴリー一覧
商用