searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN
ブログURL
http://monrider1.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
野球好きオヤジのブログです。巨人ファンですが、それ以上に野球好き。独断と偏見のブログになるかも・・・
更新頻度(1年)

165回 / 365日(平均3.2回/週)

ブログ村参加:2014/04/13

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、monrider1さんをフォローしませんか?

ハンドル名
monrider1さん
ブログタイトル
ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN
更新頻度
165回 / 365日(平均3.2回/週)
フォロー
ミッドナイト・インターヴァル/GO-MEN

monrider1さんの新着記事

1件〜30件

  • ボロが出た

    巨人6対ヤクルト14負け投手:サンチェス5勝5敗ボロが出たな。サンチェスは緩急が使えない。球に伸びと精度のどちらかがなければ餌食になると思ってたけど、1イニング3被ホームランはやられ過ぎ。先発コケたら、皆コケた。最後の高梨は投げさせる投手がいなくなったための登板だし、調整登板の様なもので参考にはならない。桜井もデラロサも、もっとテーマを決めて投げ込まなければ。コンディションを作り、維持することが難しい状...

  • やり返し

    阪神1対巨人8勝ち投手:メルセデス5勝1敗糞詰まりのような打線状況で、今日トップに座った松原が得た四球が大きなポイントとなった。四球を得たというより、むしり取った感もあった四球だったけど、その後に打席に立った坂本を楽にしたのかもしれない。作ったチャンスに岡本に結果が出ればと思ったけど、それでも狙いと打ち方に今期の特徴が出たウィーラーのタイムリーが、打線とベンチにわずかな余裕がでた。だから、押し出しと内...

  • 連続トンネル

    阪神4対巨人1負け投手:戸郷8勝4敗これだけ強く雨が降って、劣悪なグランドコンディションでは雨天コールドも止む無しだろう。ここのところの各地の豪雨、雨が降り続いているような時期の試合は勝とうと思えば先制が大事。湿り気の高い土のグランドでは、ゴロはいつもよりバウンドせず、3回に起きたウィーラー、坂本の連続トンネルはゴロに合わなかったことを差し引いても腰が高かった。ここで失点してしまったことが敗因となった...

  • 手も足もでなかった

    巨人0対中日1負け投手:直江1敗1S打線が低調である証でもあった今日の試合。中日柳に見事な緩急と精度のいいピッチングの前に打線は手も足も出なかった。中日柳を褒めなくちゃいけないんだけど、それでも足掻く姿が見たかった。低調な打線はともかく、リリーフ陣が皆好投した。かなり整備されつつあり、肘を下げて球が暴れなくなった桜井のピッチング、球が走ってた大江に目が行った。大きな連勝の後はこんなものかもしれないけど...

  • 工夫しろ

    巨人3対中日1勝ち投手:山口2勝1敗、セーブ:ビエイラ7S相手投手のピッチングがよかったせいもあるけど、わずか3安打。1本がソロ、2本目が2ランで都合3得点。この2安打の間に坂本のヒットはあったけど、それだけ。相手投手の当日の様子は、相対峙する選手はもちろんベンチからの目、ネット裏からのスコアラーからの声もあるからその傾向はつかめるはず。打てる球は少ないだろうけど、対処の仕方に工夫が必要。シーン半ばの梅雨時で...

  • 強い球

    巨人2対中日3負け投手:高梨2勝1敗1S中日大野も巨人サンチェスも、速くはないけど強い球を投げる。大野は最初から変化球を投げても低めへの意識付けができており、攻めてもチャンスはそれほどないだろうと思ってた。サンチェスは最初だけ、球がベルト付近にいっており、両先発の差がるとすればそこだった。球が浮くという表現は好きではない。フォーム的に低めへ行かない投げ方になっているのであり、変化球がすっぽ抜けた場合に浮...

  • 多発した攻めのミス

    DeNA3対巨人2負け投手:高橋8勝3敗ヒットは打てど、作戦ミス、走者の判断ミスが多発したための敗戦。1死1,3塁でのサードゴロで、3塁ランナーは帰塁する素振りでいいところ、本当に帰塁した上でホームへ走るタイミングも悪く、完全なアウト。1死1、3塁で1塁ランナーが仕掛けた盗塁は、打者のカウント3-2だったから、接待に見逃し三振はいけない場面での見逃し三振など。真面目に見てられない酷いミスがこれだけ出れば、点は入らない...

  • 防戦、、、拾った勝ち

    DeNA1対巨人3勝ち投手:メルセデス4勝1敗、セーブ:ビエイラ7Sわずか5安打。そのうち3本がソロホームラン。昨日の降雨中止が響いたのか、相手バッテリーの組み立てに翻弄されてた感があった。降雨中止でスライドした先発メルセデスに、その影響は強かった。捕手に向かって球が左側に入り、打ちごろのボールが多々あった。6被安打の2四球で投球数が100球に近くなり、6回を投げ切れなかった。相手にとっては相性がよくなかっただけに...

  • エース不在の足跡

    巨人10対広島4勝ち投手:戸根2勝1S、セーブ:直江1S4点ビハインド直後の松原の2ランが効いた。間髪入れず、下位打線にいた北村と広岡のタイムリーがでたことで、打線に活気が戻って試合はいい方向へ向いた。支配下に帰ってきた直江は、負傷する以前よりもかなりフォームがよくなり、ちょっと投げては球がシュートして中に入る姿がまるでなく、パーフェクトの3イニング好投だったことは、今後に楽しみも持たせてくれた。唯一気にな...

  • 野球

    巨人0対広島1負け投手:山口1勝1敗被安打1の敗戦。山口も良かったけど、広島・久里もベース版を広く使っての好投。やや巨人優勢かなと思ったけれど、決めに行ったストレートがシュートしてベルト付近の中へ。被安打1だけど、それが先制ホームラン。初回もそうだけど、突っ込み時は8回かな。活発化してきた打線だけど、相手投手が制球よくうまく投げればこう言うこともある。連勝は止まったけど、明日からまた頑張ればいい。これも...

  • リリーフ陣の奮起

    巨人11対広島8勝ち投手:高梨2勝1S、セーブ:ビエイラ6S序盤は緊張感がない言われても仕方がなかった。但し、両軍とも。最後までそれが続いてしまったのが広島で、巨人は田中登板以降は緊張感が保てた。田中は最初の打者に四球は与えたものの、それ以降は立派に抑え、続く鍵谷は出来は指したるものではなかったものの、いやな試合の流れを止めていた。巨人投手陣が与えた四球は7つ。広島投手陣も6つの四死球。試合がだれるところ、...

  • 裏腹

    ヤクルト2対巨人5勝ち投手:高橋8勝2敗、セーブ:ビエイラ6S今日、コンディション不良で昨日投げた戸郷が登録抹消となった。野手はある程度揃ってきた感はあるけれど、野手もけが人続出でその頃を支えていた選手の状態が、使いどころが悪かったせいもあって落ちている。戸郷もそうだけど、ファームに回った菅野、負傷が思った以上に辛かった中川、そしてデラロサなど、投手陣をしっかり構成していないといけない投手たちがいない状...

  • 打線と勝ち運

    ヤクルト3対巨人10勝ち投手:戸郷8勝3敗前回登板と変わらなかった戸郷は、やはり立ち上がりが不安定だった。結果として7回途中まで投げたけど、球数的にこのタイミングでの交代は止むないところ、速いイニングでの打線の活躍が戸郷を勝ち投手にしていた。前回と言い今日と言い、いいピッチングとは言えず、球自体にキレを感じない。土台である下半身に粘りがない手投げのような投げっぷりのせいだろうが、打線の活躍してあり得ない...

  • 5連勝

    ヤクルト1対巨人7中川の故障は、ろっ骨骨折だった。使われ過ぎの疲労骨折のようなものだし、とにかくじっくりしっかり治してほしい中川の離脱は痛いけれど、故障によるものだし、まずはしっかり治し、チームとしては高梨、・大江の両左腕の使いどころがとわれそう。今日の試合は完勝だった。ヤクルト石川は、いくつか浮いたり球目に入る球が必ずあるのでそこを叩けばと思ってたけど、大城の1発はハンガースライダーだったし、岡本...

  • 守りの力

    巨人4対DeNA2勝ち投手:山口1勝、セーブ:ビエイラ4S松原の好プレーといい、岡本の三塁線を守った好守備といい、よく守った感が強かった。松原は3四球を粘って選び、これだけクリーンアップが機能すれば打線としてはよく機能したと思うけど、下位打線が全く機能してなかったのは課題だろうな。立ち上がり力みが多かった山口はどこまで持つかと思ったけれど、帰国して実践登板なしのいきなりのマウンドだったから今日のところは仕方...

  • 凱旋

    巨人6対DeNA1勝ち投手:サンチェス5勝4敗地元でスタメン起用。最近好調に見えた北村の打撃は、それを証明して見せてくれた。スタメン起用も試合信仰上の作戦のために途中交代になったり、その逆になったりしたけど、少ない打席で結果は出ていた。調子がよさそうだという見立ては、その通りだった。丸の1発も丸らしいあたりだったけど、内角寄りの球を思い切りひっぱたくような北村の1発は、こういう1発を見たかったんだという想い...

  • 勝つことへの固執

    阪神1対巨人2勝ち投手:高橋7勝2敗、セーブ:ビエイラ3S両軍ともホームランが出たが、ソロか2ランの差だった昨日の試合。阪神にとっては何の変哲もない試合だったろうけど、何が何でも勝つという結果が求められた巨人には見えないプレッシャーがかかっていた。勝つという結果の固執は7回の投手交代劇に出ていた。たった1球、されどその1球に重みがあったことは確かだけど、よくよく考えてみれば投手高橋に代打を出すタイミングが早...

  • 少しの粘り

    阪神2対巨人6勝ち投手:戸郷7勝3敗試合としては先制したその裏、1失点で抑えられた戸郷のピッチングだtったのだろう。試合開始が遅れ、梅雨時の今、湿気も多くすっきりできない状況において戸郷の腕は本人が思う以上に振れていなかった。球が走らないこの局面で、今日の特徴だったフォークがいい高さから落ちていた。何とか粘れたピッチングは、このフォークが生命線であり、徐々に腕が振れて球が走り始めていた。いいピッチング...

  • 終わったな

    阪神7対巨人1負け投手:メルセデス2勝1敗好調阪神打線を向こうに回し、緩い球を真ん中にあれだけ投げては打たれる。立ち上がりこそよさそうに見えただけに、残念なピッチングとリードだった。役者がそろえば勝てるというほど甘い世界でもないだろう。いないならいないでやり方も配し方もあった中、すべて間違った方向へと動き続けている。開幕当初の方針もどこかへ行ってしまい、阪神という大波の中に飲み込まれてしまった。改めて...

  • 辛っ

    ロッテ5対巨人4負け投手:菅野2勝4敗良くなってるのかそうでないのか、そうでなければ状態を取り戻すまで時間がかかってるのか、ここまで分からなかった。今日の様子を見て、今の菅野には1軍マウンドに登れない状態であることが分かった。多分肘の問題なんだろうけど、故障した箇所はまだ戻っていない。球のキレ、球威、制球力どれをとっても1軍で投げるには、問題があり過ぎ。少しずつ戦力が整備されつつあるところで、今1軍にい...

  • ロッテ4対巨人11勝ち投手:戸郷6勝3敗岡本の3ラン連発が勝ちをもたらしたけれど、気になってた3番が機能し、打線がつながった中だったから余計に印象に残った。初回も3回も松原のヒットから始まりウィーラーが続く展開で、オリックス3戦目の1発で底辺にあった岡本のバットが上向き始め、故障復帰の坂本が5番に座ってバットを振ってるため、視点としては3番と6番のバット。昨日から3番に入ってる亀井の状態はよさそうに見えず、これ...

  • あと1ヶ月

    ロッテ1対巨人5勝ち投手:メルセデス2勝今日改めて思ったけど、メルセデスが一回り身体が大きくなって、球威も急速も増している。その分、エンジンのかかりが遅めだけど、先日に続いていいピッチングだった。先発投手が仕事したのって何時以来だったかな。今日はスミ1で抑えていたことが奏功してたけど、初回だって打たれたヒットはタイムリーを含め2本だったし、7回まで被安打7本のその1失点だけ。8回のようやく松原のあたりが効...

  • キツい

    オリックス6対巨人0負け投手:高橋6勝2敗坂本が抜け、梶谷も一時は菅野も、そして吉川。負傷の坂本が帰ってきそうだと聴いたら、今度は吉川骨折。好調そうだったし、貧打線の中ではウィーラーと並んでアテにできるようなプレーぶりだったから余計に痛い。打順も起用法もよくなく、プレーしてる選手ではなくベンチがかってに呪縛に囚われているように見える。采配を振るい、選手の状態を把握しなければいけないはずのベンチが呪縛に...

  • 貧っ

    オリックス3対巨人1負け投手:サンチェス4勝4敗今の貧打戦では負けるのが当然だった。そんな中、相手が左腕で覚醒した宮城ということで、割と状態がよさそうな松原を引っ込めて石川ではなあ、、、石川がよくないと言うことではなく、使いどころがよくないと言うこと。好調宮城を相手に先制されていては、より状況は悪くなる。昨日9人もの投手を使うと、余計に次の日の投手起用は厳しくなる。今日のような試合でも高梨は起用され、...

  • 酷っ

    オリックス3対巨人3ベンチに入れた投手10人の中、9人も使っての引き分け。松原と亀井はよく打ち、ウィーラーの1本もよく打ったけど、打ったのはそこまで。明らかに投手は使い過ぎで、打たれた中川は球にキレもなく制球もよくなかった。使われ過ぎの疲弊であることは明らか。ベンチが投手起用について、最善策という言い訳の元に使いすぎ。これじゃ、投手は育たず、疲れが積み重なるだけで、松原の1本がなければ負けてるところだっ...

  • 体制

    巨人2対日本ハム4負け投手:2勝4敗試合としてはダメだったけれど、負傷後初登板となった菅野は先日のメルセデスと並んで今後の期待が持てそうな内容だった。ぶっつけ本番の割に思ったよりも修正できてた感じで、次のステップとしては球数なんだろうな。呼称した箇所が肘だけに慎重にならざるを得ないところ、他に先発候補が出てきてない状況ではよく投げていたと思う。酷い状況なのは打線。吉川とウィーラーはある程度の好調さを持...

  • 巨人4対日本ハム6負け投手:戸郷5勝3敗戸郷にとっては、乗り越えなければいけない壁だった。中5日登板での6回までの好投はお見事。100球に差し掛かる7回を投げ切れば、もう一段レベルをあがった投手に慣れるその1歩を踏み出せると思って見ていた。球威は落ちておらず、体力的な面での問題はなさそうに見えたけれど、気の力ともいうべき精神的なスタミナが伴っておらず、ストレートは走っていた者の変化球でストライクが取れてない...

  • 一安心

    巨人6対日本ハム0勝ち投手:メルセデス1勝先制する者の次の1点が取れない展開は西武3連戦をお思い起こさせた。亀井の犠牲フライでようやく追加点。ここが打線的ポイントだったのだろうけど、緊急登板となった大江の好投が引き出していたのかもしれない。投手のポイントがこの大江のピッチングで、イニングをまたいだもののしっかり投げてくれたからこその桜井登板となった。メルセデスは思った以上の好投だったし、球威も球速も上が...

  • 動き過ぎ

    巨人4対西武4先発捕手はもうしばらく炭谷でいいと思う。配球・リード的にも強弱つけ、メリハリが効いている。この炭谷がマスクを被って、先発サンチェスときたら、いつもより長いイング投げてリリーフ投手は休めるかなと思ったけど、結局6人もの投手が投げてしまった。サンチェスにもう1イニング投げさせないと、失点を恐れてリリーフを出すようでは投手なんて何人いても足りなくなってしまう。ビエイラがベンチを外れた意味は分か...

  • 不可思議

    巨人4対西武3勝ち投手:戸根1勝1S、セーブ:ビエイラ2S連投となったのは中川とビエイラ、そして畠。状態が上がらないデラロサ登録ましょうとなったことから、リリーフ陣は手薄となったけど、連投となったのはこの2人とは言え、先発が3回で交代させられたことから、多くのリリーフ投手起用となった。よく3失点で済んだというのが正直な感想だし、12安打も打って4得点というところは物足りなさも感じる。ウィーラーは相変わらずよく...

カテゴリー一覧
商用