住所
出身
ハンドル名
ワガママ王子さん
ブログタイトル
ワガママ王国
ブログURL
https://wagamamaoukoku.com/
ブログ紹介文
ワガママ王子サマと愉快な国民。
自由文
-
更新頻度(1年)

22回 / 67日(平均2.3回/週)

ブログ村参加:2014/04/12

ワガママ王子さんの人気ランキング

?
  • IN
  • OUT
  • PV
今日 03/22 03/21 03/20 03/19 03/18 03/17 全参加数
総合ランキング(IN) 54,630位 54,630位 43,422位 26,067位 26,089位 26,117位 26,161位 953,096サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 9 0 0 9/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ネットブログ 122位 122位 91位 30位 31位 29位 32位 7,219サイト
ネット生活 10位 10位 6位 1位 1位 1位 1位 230サイト
今日 03/22 03/21 03/20 03/19 03/18 03/17 全参加数
総合ランキング(OUT) 103,497位 106,234位 106,239位 106,160位 106,610位 圏外 圏外 953,096サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 9 0 0 9/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ネットブログ 173位 174位 170位 168位 163位 圏外 圏外 7,219サイト
ネット生活 16位 15位 14位 13位 11位 圏外 圏外 230サイト
今日 03/22 03/21 03/20 03/19 03/18 03/17 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 953,096サイト
INポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
OUTポイント 0 0 0 0 9 0 0 9/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
ネットブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 7,219サイト
ネット生活 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 230サイト

ワガママ王子さんのブログ記事

?
  • 優しさの花が咲いているのに

    そこにあなただけに笑いかける優しさの花が咲いているのにあなたはテレビで見たとか、話題になっていたとかそんなものばかり追いかけてメディアでは紹介されないあなたのためだけに咲く花を見ようともせずに通り過ぎていった

  • 今、そこにある幸せ

    今ある幸せに気づけない人はいつまでも、どこまでも幸せをさがしつづけて彷徨ってどこにもたどり着けずに疲れ果てるそんな君にも安心できるベッドが見つかればいいなと思うよ

  • 愛を知らぬ人

    愛に憧れ愛されたくてたまらない君は愛をふりまくことも知らず愛することも思いつかずにただ、愛されたくてたまらない

  • 愛なき世界

    愛することもしないで愛されたい人が愛を語り愛するばかりで愛されない人が泣いているそんな世界

  • 変わったのは誰

    あんなに通じ合っていた心が、通じ合えなくてあんなに大切にしていた時間が、今は流れなくて僕が変わってしまったのか、君が変わってしまったのかなにが変わってしまったのか、2人ともなのか僕にはわからない僕には、わからない

  • 安堵

    忙しい日々に 心をもまれて床に投げ出したままの心は そっと息をつく相変わらず君は 笑いかけてくれてそのたびに 安堵が僕を包む君を想えば この心は救われるどんな疲れも どんな痛みも君は笑顔と優しさで 取り除いてくれる安らぎをくれる変わらない 

  • 誰かが言ってた 生きることの意味 トイレの壁の落書き 「人は 死ぬために生きる」のだと 優しい風の吹く公園で 「当然の報いだ」と笑う紳士 そのスーツは 何を守るため? あの丘にのぼれば すべてを見わたせると思っていた 風が僕らを包み込み 体

  • 熱帯夜

    眠れない日々は ただ広がり この身すべてを吸い込むように 僕は引き寄せられる 何も悩んでることなどない 不安も 苦しむほどではない なのに寝苦しいのは 壊れたクーラーのせいなのか シーツが汗ではりついて よけいに心を責めるよう 電話からはま

  • もしも 優しさを君が感じてくれたなら あなたの心に 優しさが芽生えたなら それは…誰かのために使ってほしい もしも僕が あなたの心に やさしさの種を ほんの一粒でも たった一つでも種を残すことができたなら それを 誰かのために埋めてほしい

  • まるで夢のよう

    太陽に照らされながら いつもの道を歩く 普段より強く君を感じながら どこにいても 一緒なことに変わりはない どれだけ離れても きっと一緒だから ただ今はすべてが近くて 手をのばせば君は そこにいた それだけで ただそれだけで 心が暖かくなる

  • Last Night

    深く 身体を沈ませながらかすかな疲れと 大きな幸せの中へ身を置いたなぜか安心して眠れたLast Nightいつもより安らぐことができた君がいるだけで ただ君がそこにいるだけで まるで恋人のようだと 考えてみて一人笑ってた すべてが新しくて喜

  • 僕は、君が好き

    僕らが 僕らであるために君に 君でいてもらうために僕が君にできることはなんだろう本当はもっと側にいたくて手をにぎりたくてあなたの肌に触れたくて黒い髪に絡まりたくて山を越え 海を越え ささやく言葉は 君に届いている? 声が 君と僕とを繋ぐ い

  • and life goes on…

    何もする事のない日々 電話も鳴らないあなたがいた日常はまるで 遠い国のおとぎ話 ひとりじゃ生きられないと 本気で思っていた(Days) それでも時間は 無常に過ぎてくばかりで そして人生は続いてゆく 君がいなくても 悲しい気持ちがまるで 街

  • 空へ

    高く跳んで行く人々僕の足は すくむばかり  通り過ぎて行くばかりの人々 いつだってそうどこを見てるの?  ここにいれば 安心できる 何も変わらないから 進む事もなければ 戻ることもない これが満足だと言うのならどうして空を見上げる? これで

  • 【ゆるゲゲ】ゆる~いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争をはじめた

    ゆる~いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争新しいゲームを始めてみた。にゃんこ大戦争とコラボしてたから。ゆる~いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争だ。ゆる~いゲゲゲの鬼太郎 妖怪ドタバタ大戦争こちらもにゃんこ大戦争と同じく配信はポノス。だが、

  • 王子の冒険:洞窟の少女編

    こちらはワガママ王子サマの冒険記。洞窟の少女編でございます。1話:洞窟の入口である日、いつも通り過ぎていた洞窟の奥から聞こえた音。その音に、王子サマは足を止めました。

  • 初めてのキャス画/P!nk中尉

    初めてのキャス画ある日、王子サマがツイキャスで配信をされていると、P!nk中尉サマが遊びにいらっしゃいました。そしてその場で、キャス画を描いてくださるということをおっしゃいました。そうしてすぐにできあがったのが、こちらの絵です。なんともエレ

  • ワガママ王子サマ/東雲作

    王子サマ自画像初めて王子サマの自画像を描いてくださったのは、東雲(しののめ)サマでございました。これが世に出た初めての王子サマの自画像でございます。王子サマ最初にいただいたのはこちらの全身図。王子サマは歌うのがお好きなため、マイクを持ってい

  • 2019年の正月キャス画

    2019年の新春キャス画王子サマには専属絵師がいらっしゃいます。専属絵師は、あきなサマです。あきなサマよりいただいた、今年の新春キャス画でございます。毎回王子サマを実物以上にステキに描いてくださり、本当にありがとうございます。感謝感激でござ

  • 過去記事の再編集をはじめます

    今日から、王子サマのブログにて過去記事「王子の冒険」の再編集を開始します。王子サマの人生、冒険は人との出逢いです。その出逢い、関係を王子サマ視点の物語で書いてあります。よろしければ、お楽しみください。

  • 過去詞の掲載を開始

    †Cruel World†にて、過去作品の掲載をはじめました。†Cruel World†とは王子サマが書かれた詩や物語、言葉などを書いていくブログです。王子サマと詩王子サマは詩を書くのが大好きでした。一時期は毎日詩を作って、メールマガジンで

  • ワガママ王国建国

    そこは、どんな王国王子おはおーじ、僕サマだよ!大臣おめでとうございます、王子サマ!王子なになに、どしたの?大臣今日は記念すべきワガママ王国の建国日でございます!そこは、ワガママ王国。ワガママ王子サマと楽しい国民達が暮らす...

  • ひとつだけ

    最後にひとつだけわがままを聞いてもらえるのなら…誰もいない海へ 二人で行きたい葵い月夜に壊れた夢は恋のためいきに揺られくだけたカケラが悲しいほど輝いている何もわからなくなるほどにスピードあげて今だけは 何も聞かないで行き先も何もかも忘れて言

  • うみ と そら

    暗い海に 輝く月ひとつ頼りなく でも確かに 揺られながらも輝く夢か現実か 今はどっちでもいいただ君が 側にいてくれることそれだけが 全て…寄せては返す波のようにいつまでも君と ゆられていたい波のない海は 退屈を生むからもっと僕をゆさぶってわ

  • 気付いているだろう?切れる事のない絆どれだけ離れてみても僕らは 離れられなかったはなればなれにはならなかった遠のいたり 近づいたりしながら僕らの絆はいつしか 強くなっていたね切れる事のない絆君と僕とのあいだに2000/11/16 初めてネ

  • 雲の裏側は輝いている

    朝から 空は重く空は今にも 泣き出しそうまるで鏡のように 僕の心を映し出す冷たい風が吹いた心のすきまに 吹き込んだ誰も埋める事のできない部分一人で抱える 孤独なところくもりの日の午後厚い雲の隙間から 照らす光はとても輝いていて 綺麗だったそ

  • バスタオル

    雨に濡れた日の午後通いなれた街並みを少し早足で過ぎる人々みんなそれぞれに帰る場所があって家がある一人 たどり着いたこの部屋バスタオルは とても温かくていいにおいがしたかすかに お日様のにおいがしたなぜだか 少しだけ懐かしさが込み上げたあの感

  • 流れゆく日々

    流れゆく日々の僕らには何があったのだろう?今はまるでなつかしい映画のよう優しく 映し出される暖かな陽射しのようなやわらかさあれは 弱さや儚さだったのだろうか?優しさだとおもっていた やわらかさいつも、不安がっていたね嫌いになられることを何ひ

  • Days

    とても長い 時間だったのかすごく短い 期間だったのか僕らが 過ごした Daysどれだけ時が 流れても信じて見つめる先は 同じでありたい1人じゃいられないから 一緒にいるわけじゃないそれは寂しいからじゃなく あなたを必要としている事実中途半端

  • エブリデイ

    毎日が それなりに楽しく過ぎてただ 途中下車が嫌で ここまで来てそれなりの満足 それなりでOKある晩思ったことは それなりに死んでいくのか? ってこと確かに 順調だった風もなければ 波もない山もなければ 谷もない激しさも 安らぎもなかったね