図書のささやき
読者になる
住所
駿河区
出身
釧路市
ハンドル名
hondaさん
ブログタイトル
図書のささやき
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/honda1949sato/
ブログ紹介文
文学・政治経済・性と医療・海外情報・芸術スポーツなどの分野の本を紹介する図書案内と読書感想のサイト。
自由文
 古今東西の文学書と最新の新書・文庫本・新刊書など図書館にある本を中心に、図書の紹介と読後の感想やコメントを掲載。  毎日一冊、月曜から金曜まで週5冊、2012年4月から掲載し続けています。
参加カテゴリ

本ブログ / 読書日記

純文学 / 趣味・娯楽書

更新頻度(1年)

219回 / 303日(平均5.1回/週)

ブログ村参加:2014/04/11

※ランキングに参加するとカテゴリ順位・ポイントが表示されます。

今日 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 10/12 全参加数

hondaさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、hondaさんの読者になりませんか?

ハンドル名
hondaさん
ブログタイトル
図書のささやき
更新頻度
219回 / 303日(平均5.1回/週)
読者になる
図書のささやき
  • 1970 「マネの絵画」(ミシエル・フーコー)

    10/18-1970 「マネの絵画」著者名:ミシエル・フーコー 訳者:阿部 崇  出版年月:2019年2月 出版社:ちくま学芸文庫 著者略歴:1926-1984年、フランス・ポワティエ生まれ、コレージュ・ド・フランス教授、訳者略歴:1974年生まれ、東大大学院単位取得、パリ第十大学

  • 1969 「日本人は「やめる練習」がたりてない」(野本響子)

    10/17-1969 「日本人は「やめる練習」がたりてない」著者名:野本 響子 出版年月:2019年6月 出版社:集英社新書981著者略歴:埼玉県生まれ、早大卒、安田火災海上、アスキー、フリー、マレーシアへ、 スペイン語圏ではないマレーシアという国に一寸興味を持ったのは身

  • 1968 「その目の不調は脳が原因」(若倉雅登)

    10/16-1968 「その目の不調は脳が原因」 ――心療眼科医が教える――著者名:若倉 雅登 出版年月:2019年6月 出版社:集英社新書982著者略歴:1949年東京都生まれ、北里大医学部卒、同大助教授、井上眼科病院名誉院長、 ≪まぶしくて見えない! ぼやけたり歪んだりして

  • 1967 「観光公害」(佐滝剛弘)

    10/15-1967 「観光公害」 ―インバウンド4000万人時代の副作用―著者名:佐滝 剛弘 出版年月:2019年7月 出版社:祥伝社新書574著者略歴:1960年愛知県生まれ、東大卒、NHKディレクター、京都光華女子大教授、NPO産業観光学習館専務理事、 ≪東京オリンピック・パラリ

  • 1966 「二度読んだ本を三度読む」(柳 広司)

    10/14-1966 「二度読んだ本を三度読む」著者名:柳 広司 出版年月:2019年4月 出版社:岩波新書1776著者略歴:1967年生まれ、小説家、 ヒトそれぞれ好みはあっても読書の味を知るものは幸い、寺島実郎氏はジェロントロジー宣言―「知の再武装」で100歳人生を生き抜く、

  • 1965 人生も作品!「芸術家たちのプライベート美術館」(講談社)

    10/11-1965 人生も作品!「芸術家たちのプライベート美術館」編者名:講談社 出版年月:2019年3月 出版社:講談社 国内外あちこちの美術館を訪ね歩く旅は未だ進行形、の想いを込めつつ図書やネットで知ることが多くなったが本書は、≪芸術家の創作の場である家、アトリエ

  • 1964 「予測の科学はどう変わる?」(井田喜明)

    10/10-1964 「予測の科学はどう変わる?」 ―人工知能と地震・噴火・気象現象―著者名:井田 喜明 出版年月:2019年5月 出版社:岩波ブックレット1000著者略歴:1941年東京生まれ、東大大学院修了、マ工科大・東大地震研究所などで研究、東大名誉教授、 確かに最近の天

  • 1963 「安楽死・尊厳死を語る前に知っておきたいこと」(安藤泰至)

    10/9-1963 「安楽死・尊厳死を語る前に知っておきたいこと」著者名:安藤 泰至 出版年月:2019年7月 出版社:岩波ブックレット1006著者略歴:1961年生まれ、京大大学院修了、鳥取大准教授、 高齢になって分かることがいっぱいある、中でいちばんはピンピンコロリの死生

  • 1962 「メディア、お前は戦っているのか」(神保太郎)

    10/8-1962 「メディア、お前は戦っているのか」 ―メディア批評2008-2018―著者名:神保太郎 編者:「世界」編集部  出版年月:2019年4月 出版社:岩波書店 毎月「世界」のメディア批評を愉しく読みながら著者はどんな経歴の人なのか興味を持っていたが、〝「四人の「

  • 1961 「革命をプロデュースした日本人」(小坂文乃)

    10/7-1961 「革命をプロデュースした日本人」著者名:小坂 文乃 出版年月:2009年11月 出版社:講談社著者略歴:東京生まれ、立教大卒、日比谷松本楼常務取締役、 香港デモ騒動をみながら思い出す108年前の10月10日の「武昌蜂起」、これが辛亥革命に発展し革命のリーダ

  • 1960 「西洋音楽史を聴く」(前川誠郎)

    10/4-1960 「西洋音楽史を聴く」 ―バロック・クラシック・ロマン派の本質―著者名:前川 誠郎 出版年月:2019年3月 出版社:講談社学術文庫2547著者略歴:1920年京都市生まれ、東大卒、東大名誉教授、国立西洋美術館館長、 目覚めはグリーグのペールギュント、昼はチ

  • 1959 「超ロボット化社会」(新山龍馬)

    10/3-1959 「超ロボット化社会」 ―ロボットだらけの未来を賢く生きる―著者名:新山 龍馬 出版年月:2019年4月 出版社:日刊工業新聞社著者略歴:1981年生まれ、東大卒、同大学院修了、マサチュー大研究員、東大大学院講師、 いますぐにでも欲しい翻訳ロボットや調理

  • 1958 「「考える力」を伸ばす」(久野泰可)

    10/2-1958 「「考える力」を伸ばす」 ―AI時代に活きる幼児教育―著者名:久野 泰可 出版年月:2019年1月 出版社:集英社新書0962著者略歴:1948年静岡県生まれ、横浜国立大卒、現代教育科学研究所、「こぐま会」代表、 ≪今ある仕事の四七%が機械に取って代わられると

  • 1957 「食の実験場 アメリカ」(久野泰可)

    10/1-1957 「食の実験場 アメリカ」 ―ファーストフード帝国のゆくえ―著者名:久野 泰可 出版年月:2019年4月 出版社:中公新書2540著者略歴:1964年東京都生まれ、慶応大卒、同大学院修了、慶応大教授、 若者たちが好むマックもチキンも口にしてみれば意外と旨い、

  • 1956 「ナミヤ雑貨店の奇跡」(東野圭吾)

    9/30-1956 「ナミヤ雑貨店の奇跡」著者名:東野 圭吾 出版年月:2014年11月 出版社:角川文庫ひ-16-9著者略歴:1958年大阪府生まれ、大阪府立大卒、エンジニアとして勤務、作家、江戸川乱歩賞、直木賞、吉川英治文学賞など受賞、他の著書:『放課後』『秘密』『白夜行』

  • 1955 「表現者たちの「3.11」」(河北新報社編集局)

    9/27-1955 「表現者たちの「3.11」」 ―震災後の芸術を語る―編集:河北新報社編集局 出版年月:2015年3月 出版社:河北新報出版センター 2011.3.11の14:46に起った東日本大震災、から8年経って風化し始めた人々の関心、を呼び覚まし後世に伝えるのはArtistaたちの役割

  • 1954 「キャッシュレス国家」(西村友作)

    9/26-1954 「キャッシュレス国家」 ―「中国新経済」の光と影―著者名:西村 友作 出版年月:2019年4月 出版社:文春新書1213著者略歴:1974年熊本県生まれ、対外経済貿易大学教授、日本銀行北京事務所の客員研究員、 ≪いま日本では国をあげてキャッシュレス化を推進

  • 1953 「天才と発達障害」(岩波 明)

    9/25-1953 「天才と発達障害」著者名:岩波 明 出版年月:2019年4月 出版社:文春新書1212著者略歴:1959年神奈川県生まれ、東大医学部卒、昭和大主任教授、同病院院長、 ≪本書は、「創造」「才能」がいったいどのようにして生まれてくるのかを、誰もが知る天才たちを

  • 1952 「財政破綻の嘘を暴く」(高橋洋一)

    9/24-1952 「財政破綻の嘘を暴く」 ―「統合政府バランスシート」で捉えよ―著者名:高橋 洋一 出版年月:2019年4月 出版社:平凡社新書909著者略歴:1955年東京都生まれ、東大卒、大蔵省、内閣参事官、喜悦大学教授、 いよいよ10月から消費税は10%に上がり諸物価は続

  • 1951「レキシントンの幽霊、他」(村上春樹)

    9/23-1951「レキシントンの幽霊、他」 ―村上春樹全作品 1990-2000 3 短篇集Ⅱ―著者名:村上 春樹 出版年月:2003年3月 出版社:講談社著者略歴:1949年京都市生まれ芦屋市育ち、早大卒、小説家、文学翻訳家、欧州滞在、他の著書:『風の歌を聴け』、『羊をめぐる冒

  • 1950 「アール・ブリュット」(エミリー・シャンプノワ)

    9/20-1950 「アール・ブリュット」著者名:エミリー・シャンプノワ 訳者:西尾彰㤗・四元朝子 出版年月:2019年6月 出版社:白水社文庫クセジュ著者略歴:臨床心理士、精神分析家、パリ第8大学、 多彩な表現が私たちの知覚を刺激、「ちかくのたび」展が近江八幡市のボー

  • 1949 「富士山噴火と南海トラフ」(鎌田浩毅)

    9/19-1949 「富士山噴火と南海トラフ」 ―海が揺さぶる陸のマグマ―著者名:鎌田 浩毅 出版年月:2019年5月 出版社:講談社ブルーバックス著者略歴:1955年生まれ、東大卒、京大教授、日本火山学会理事、日本地質学会火山部会長、 明日来てもおかしくないと云う大地震

  • 1948 「「糖質過剰」症候群」(清水泰行)

    9/18-1948 「「糖質過剰」症候群」 ―あらゆる病に共通する原因―著者名:清水 泰行 出版年月:2019年5月 出版社:光文社新書1007著者略歴:1967年愛知県生まれ、北大医学部卒、医師、整形外科病院副院長、 緑内障は糖尿病と深い関係、アルツハイマー病も共通のメカニ

  • 1947 「暴走するネット広告」(NHK取材班)

    9/17-1947 「暴走するネット広告」 ―1兆8000億円市場の落とし穴―著者名:NHK取材班 出版年月:2019年6月 出版社:NHK出版新書590 ネットのCM広告は邪魔でウルサイ、広告が表示されると作業が一時中止されるのも不愉快、テレビのCMも同様だけど同じものを繰り返さ

  • 1946 「大江健三郎」(大江健三郎)

    9/16-1946 「大江健三郎」 ―作家自身を語る―著者名:大江健三郎 出版年月:2013年12月 出版社:新潮文庫  著者略歴:1935年愛媛県生まれ、東大卒、小説家、芥川賞受賞、ノーベル文学賞受賞、 今月の100分de名著(NHK-TV)は大江健三郎著『燃えあがる緑の木』、井上ひ

  • 1945 「仙人と呼ばれた男」(田村祥蔵)

    9/13-1945 「仙人と呼ばれた男」 ―画家・熊谷守一の生涯―著者名:田村 祥蔵 出版年月:2017年11月 出版社:中央公論新社熊谷守一の略歴:1880-1977年、東京美術学校卒、フォービズムの画家、文化勲章(辞退)、著者略歴:1937年新潟県生まれ、東大卒、日本経済新聞社

  • 1944 よくわかる「フランス近現代史」(剣持久木)

    9/12-1944 よくわかる「フランス近現代史」編著者名:剣持 久木 出版年月:2018年5月 出版社:ミネルヴァ書房 編著者略歴:1961年生まれ、静岡県立大教授、 前回(7/11-1899)の小田中直樹著「フランス現代史」に続いて今回は剣持久木著の「フランス近現代史」、フラン

  • 1943 「さまよう遺骨」(NHK取材班)

    9/11-1943 「さまよう遺骨」 ―日本の「弔い」が消えていく―著者名:NHK取材班 出版年月:2019年3月 出版社:NHK出版新書578 葬式やお墓の風習は世界各国あちこちソレゾレ不統一、コノ国でも昔と今は大違いの葬送文化、アチラから戻ってきたヒトは不存在、ソンナに遺骨

  • 1942 「大量廃棄社会」(仲村和代・藤田さつき)

    9/10-1942 「大量廃棄社会」 ―アパレルとコンビニの不都合な真実―著者名:仲村和代・藤田さつき 出版年月:2019年4月 出版社:光文社新書998 著者略歴:仲村=1979年広島市生まれ、朝日新聞記者、藤田=1976年東京都生まれ、朝日新聞記者、 「このままじゃだめだよな

  • 1941 「語りのメソッド」(剣持弘子)

    9/9-1941 「語りのメソッド」 ―イタリアの民話をたずねて―著者名:剣持 弘子 出版年月:2018年12月 出版社:三弥井書店 著者略歴:1933年三重県生まれ、都立定時制高校栄養士、日本女子大講師、執筆活動、 ≪メソッド (method) とは、方法、方式のこと。特定の分野

カテゴリー一覧
商用