北の小さな町から
読者になる
住所
七飯町
出身
函館市
ハンドル名
macotoさん
ブログタイトル
北の小さな町から
ブログURL
http://macoto.blog.jp/
ブログ紹介文
日々の暮らしを綴っています。美しい景色など楽しい話題をお届けしたいと思っています。
自由文
-
参加カテゴリ

地域生活(街) 北海道ブログ / 函館情報

更新頻度(1年)

305回 / 350日(平均6.1回/週)

ブログ村参加:2014/04/09

※ランキングに参加するとカテゴリ順位・ポイントが表示されます。

今日 10/18 10/17 10/16 10/15 10/14 10/13 全参加数

macotoさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、macotoさんの読者になりませんか?

ハンドル名
macotoさん
ブログタイトル
北の小さな町から
更新頻度
305回 / 350日(平均6.1回/週)
読者になる
北の小さな町から
  • 『さよならの儀式』 宮部みゆき

    宮部みゆきの『さよならの儀式』を読み終えたところです。近未来のなんとなくSF風な8つの短編からなっており、それぞれ現実とは少しずれた不思議な世界を舞台にしています。現実の世界を見まわしても、気候、環境、紛争、経済そして政治など、人為的なことばかりなのにもう人

  • チューリップの植え付け

    園芸愛好家の皆さんは来春に向けていろいろと準備をされていることでしょうね。私も毎秋に何かしらの球根を購入して植えているのですが、今年もチューリップを100球ほど植えました。本当は掘り返して植え替えるといいのでしょうが、面倒でほとんど植えっぱなしです。どんな花

  • 屋根が真っ白に

    朝起きて窓を開けたらログの屋根が真っ白になっていました。今年初めての降霜です。晴天でしたので、放射冷却だったのでしょう。あまり強い霜ではありませんでしたが、一気に紅葉が進みそうな感じです。

  • なんとなく秋色

    朝晩はめっきり寒くなり、今日からストーブを焚き始めました。夏の花に代わって、菊が庭の主役になっています。

  • なごりのバラ

    道東の内陸部では氷点下に下がって初氷や初霜が降りたところもあるようです。函館新道沿いや大沼湖畔も少しずつ色づいてきました。我が家の庭にも雪虫が舞い始めています。今年の夏は何かと忙しくて、殆ど手入れができなかったバラですが、赤とんぼが飛び回るころから少しず

  • 越中おわら月見の盆 (動画)

    八尾での「越中おわら月見の盆」の様子を動画でも撮ってきましたので、さわりの部分を少しだけご覧いただければと思います。なにぶんにも1台のコンデジで、写真と動画の両方を撮りましたし、街道筋が暗いので、この程度の映像しか撮影できませんでした。雰囲気だけでもお伝え

  • 『うたといきる』コンサート

    「体育の日」の今日は穏やかな良い天気になりました。でも最低気温は6℃、最高気温17℃ですから、ひょっぴり肌寒い感じがしました。午後2時から大沼セミナーハウスで、「うたにいきる」と題するコンサートがありましたので、聴いてきました。函館在住のソプラノ歌手・次藤正

  • 東京駅

    越中の旅はすべて終わり、北陸新幹線を乗り継いで、飛行機で帰ります。人情良し、風景良し、民謡良し、お酒良し、そして食べものは最高ときていますから、 越中大好きです。近いうちにまた来たいと思います。東京駅では飛行機の搭乗まで少し時間がありましたので、丸の内側か

  • 越中おわら月見の盆

    すっかり暗くなり、7時から町流しがスタートです。狭い街道筋にはボンボリに灯が入り、いい雰囲気です。胡弓の哀調のある音色と独特の節回しのファルセットの歌声がどこからともなく聴こえてきます。艶やかで優雅な女踊り、そして勇壮な男踊りが「越中おわら節」の切ないメロ

  • 「越中おわら月見の盆」オープニング

    いよいよ「越中おわら月見の盆」が開幕です。まず小学校の特設会場でオープニング・ステージがあります。富山県の三大民謡「越中おわら」「麦屋節」「こきりこ唄」の紹介、そして簡単な「越中おわら」の踊り方教室などもあります。「越中おわら」は地元・八尾町ですし、「麦

  • 越中八尾へ

    七尾へやって来ました。今回の旅の目的だった「おわら風の盆」を観るためです。ご存知のように「おわら風の盆」の本祭は9月上旬の3日間ですが、その期間に押し寄せる観光客は30万人ともいわれており、聞くところによるとほとんど身動きが取れない状態に陥るそうです。そんな

  • 富山のソウルフードを食べて富山城へ

    富山のソウルフードと言えばブラックラーメンですね。なんでも富山人は黒いものがお好きとのことです。そんなことで、富山に来たからにはブラックラーメンを食べずに帰るわけには行きませんので、「西町大喜」で食べてみることにしました。函館で黒いものと言えばイカ墨です

  • 岩瀬で美味しいお酒を

    岩瀬地区は北前船で賑わったところだけに、多くの造り酒屋さんが軒を並べています。また、立山からの清らかな水が豊富ですし、日本有数の米どころだけに、昔から美味しいお酒が造られてきたのだと思います。そんな造り酒屋さんの一軒、桝田酒造店に寄ってみました。巨大なヒ

  • 北前船で賑わった岩瀬地区へ

    宇奈月駅から富山地方鉄道、あいの風とやま鉄道と乗り継いで富山駅へやって来ました。富山駅のすぐ近くのホテルにチェックインです。翌日は朝からポートラムという電車に乗り東岩瀬駅を目指していきます。約20分で「岩瀬エリア」に到着です。富山市の北部、富山湾と神通川・

  • 祖母谷温泉へ

    黒部峡谷トロッコ電車の欅平駅から約2.5km上流にある秘境の祖母谷温泉へ行ってみました。奥鐘橋を渡り断崖絶壁の山道を40分ほど歩きますと、黒部川の支流沿いに素朴な温泉が見えてきます。そうそう、「ポツンと一軒家」の道のような感じです。ここは白馬岳や唐松岳への登山道

  • 黒部峡谷トロッコ電車

    翌朝は黒部峡谷のトロッコ電車に乗車です。宇奈月温泉から終点の欅平までの約20km間を約1時間20分で結んでいます。電車は、一般的なオープンカー、特別列車、ちょっと豪華なリラックスカーがあります。寒いですから行きは530円をプラスしてリラックスカーにしてみました。オ

  • 宇奈月温泉でゆったりと

    3日目の宿は宇奈月温泉にしました。小さな町で、駅から美術館やホテルまで数分という距離ですが、送迎をしてくださるということで、すべてホテルの車で送迎していただきました。宿は川沿いの「やまのは」という大きなホテルにしましたが、さすがにトロッコ電車の発着地という

  • 黒部峡谷 セレネ美術館

    少し早く宇奈月温泉に着きましたので、駅からすぐ近くにある「黒部峡谷 セレネ美術館」へ行ってみることにしました。1993年に「黒部峡谷の大自然を絵画芸術を通して未来へ伝える」ことを基本理念に開館したとのことです。平山郁夫、塩出英雄、福井爽人、田渕敏夫、竹内浩一

  • 富山県側の下界へ

    弥陀ヶ原から美女平(977m)までバスに乗ります。立山黒部アルペンルートの室堂から美女平までの富山県側には天狗平、弥陀ヶ原の2か所の停留所がありますが、途中から乗る場合は事前予約が必要です。バスは標高差1000m、距離にして15kmほどを30分で降ろしてくれます。美女平か

  • 弥陀ヶ原で一泊

    室堂平からバスに乗り立山黒部アルペンルートを高低差500mほど下って標高1930mのところの弥陀ヶ原のホテルに一泊です。弥陀ヶ原一帯も紅葉のクライマックスを迎えていました。室堂平から降り続いている雨はやみませんが、室堂平ほど寒くはありませんので、カルデラ展望台コー

  • 息をのむ美しさの立山室堂

    ついに立山黒部アルペンルートの最高地点の立山室堂へやって来ました。台風18号くずれの温帯低気圧が接近ということで強い雨と風になり、防寒対策と雨具を着ないととても歩けるような状態ではありません。ここでは少し時間をとって歩く予定でしたが、室堂平周辺しか無理なよ

  • 黒部ダムから立山室堂へ

    二日目もアルピコ交通のバスで信濃大町駅を経て立山黒部アルペンルート長野県側入口の扇沢駅へと向かいます。扇沢駅で針ノ木隧道というトンネルを走る関西電力のトロリーバスに乗り換えますと、15分ほどで黒部ダムに到着です。扇沢駅の標高は1433m、黒部ダムの標高は1470mで

  • 蕎麦の郷、旧北安曇郡美麻村へ

    長野駅東口からアルピコ交通のバスに乗り45分ほどで、白馬と信濃大町の分岐点にある集落、旧北安曇郡美麻村(現大町市美麻)に到着です。千曲川の支流・犀川を眺めながら山あいの狭い道を辿ってきます。朝に函館を出発したのですが、交通の便が悪くて待ち時間などを要したこと

  • 一路、富山県へ

    10月とはいえ半袖でも暑いくらいの函館を飛び立って、富山県へ行ってきました。少しお休みをいただいて10月2日から6日間ほどのプチ旅行です。初日は東京まで飛行機で飛んで、北陸新幹線で長野市まで行き、そこからアルピコ交通のバスに乗り換えて大町市までの行程です。台風1

  • 今年最初の栗拾い

    雑木林の中には栗の木が何本かあるのですが、早く実がなる種類の栗拾いが出来るようになりました。「桃栗三年柿八年」といいますが、この木は5年ほど前に苗を購入して植えたもので、今年は木が大きくなったこともあり、毎日両手に抱えきれないほどの収穫があります。まったく

  • 『夏の騎士』 百田尚樹

    百田尚樹の『夏の騎士』を読みました。『永遠のゼロ』ではゼロ戦のパイロットを主題に描いていましたが、この作品は子供を主人公にしたものです。強くて名誉と勇気を重んじる騎士団を結成した小学6年生の男の子3人が繰り広げるひと夏の冒険物語です。百田版「スタンド・バイ

  • スキーシーズン券の申し込み

    腰が不調だったものですから、今年のスキーのシーズン券はどうしようかと考えていたのですが、MRIの結果でOKサインが出ましたので、購入することにしました。早割は今月中に購入しないといけませんので、午後からプールへ行く途中にスキー場へ寄って申し込んできました。数年

  • 今年最後の草刈りかな

    今日は仕事がフリーですので、午前中は雑木林の下草刈りをしました。今月初めころから腰が痛くて、草刈りや運動は控えるようにしていましたので、草でぼうぼうになっていました。痛み止めと張り薬で様子を見ていましたが、先日MRIを撮りましたところ、大きな異常がないことが

  • 植えっぱなしの手入れせずの菜園ですが・・・

    台風17号はそれほど大きな影響もなく過ぎ去り、今日は台風一過の良い天気になっています。春に苗や種子を植えてから殆ど手入れをせずに植えっぱなし状態の菜園。雑草園と化しています。枝豆、キュウリなどはほぼ終わりましたが、トマトやピーマン類、インゲンなどはまだまだ

  • "The Danshaku Lounge"『尺八と津軽三味線の世界』

    "The Danshaku Lounge"で開催されている"「寄り道は秋だって面白い」september 8days"。秋分の日は和の競演と言うことで、尺八と津軽三味線の演奏会がありました。函館在住の尺八奏者・森岡恵四郎さんと八雲で活躍されている津軽三味線奏者の杉本雅人さんの素晴らしい演奏を

カテゴリー一覧
商用