searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

日本旅行・上海さんのプロフィール

住所
中国
出身
未設定

上海にあります日旅国際旅行社(日本旅行上海支店)のスタッフブログです。 主な内容は中国各地の観光地案内や上海で人気のレストランやホテル、お店紹介です。 上記以外にも、添乗日記や上海で行われたイベントのレポートなど、おもしろそうな場所や出来事を、 どんどん紹介していきますので、よろしくお願いします!

ブログタイトル
ぷらぷら〜っと中国 
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/nihon-ryoko
ブログ紹介文
日本旅行(中国・上海)のスタッフが上海&中国の生情報や上海での生活日記をブログでお届け!
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2014/04/04

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、日本旅行・上海さんの読者になりませんか?

ハンドル名
日本旅行・上海さん
ブログタイトル
ぷらぷら〜っと中国 
更新頻度
集計中
読者になる
ぷらぷら〜っと中国 

日本旅行・上海さんの新着記事

1件〜30件

  • <三国志巡り> 荊州・襄陽3日間(2018年 9月出発) 本編③

    こんにちは!お久しぶりです!本日はVPNの調子も良さそうなので、本当に久しぶりにブログのUPしようと思います。<前回のつづき>30分少々で念願の荊州駅に到着~!ホームに降り立つも……ほとんど人影無し。……連休なのにまあ、前回書いたように中国の場合、ホームには時間にならないと入れないから、だから、人が少ないんだよ!と自分に言い聞かせ、改札を出て駅の外へ。れ・ん・き・ゅ・う・な・の・に!!なに、これ!本当に駅前広場ですか?!ここまで人がいないと見事としか言い様がない!まじで連休初日ですよ~。荊州に遊びに来る人が少ないとしても、ここの市民はどこにも行かないの?混雑はもちろん嫌だけど、こんなに人がいないと不安になってしまう。ホテルは荊州城の近くを予約していたので、『3人いるしタクシーでいいか!』となり、タクシー乗り場を...<三国志巡り>荊州・襄陽3日間(2018年9月出発)本編③

  • お知らせ

    <弊社ブロブについてのお知らせ>長らくgooブログにて情報発信を続けてきましたが、現在、中国国内ではgooブログはvpnを利用しないと閲覧できない状態になっています。それに伴い、現在、弊社もブログの引っ越しを検討中です。しばらくの間、更新が不定期になりますので、よろしくお願い致します。(VPNの状況に合わせて更新したいと思います)※引っ越し先のブログが決まり次第、こちらで告知予定です。お知らせ

  • <三国志巡り> 荊州・襄陽3日間(2018年 9月出発) 本編②

    こんにちは、Kです。今日は三国志巡りの旅行記の続きをUPしますね~。(ロンドンより好評の様で嬉しいです!(でも、ロンドンの事を思うと哀しい気も)<前回のラスト>ロビーから外に出て振り向くと【宜昌旅游集散中心】の文字が。汽車駅(バスターミナル)とは書いてなかったです。そして、前を見ると宜昌駅が~~<続きスタート>降車場所の【宜昌旅游集客中心】から、道路を挟んで隣にある【宜昌駅】までは徒歩にて移動。9月後半にも関わらず、強い日差しで暑いのなんの!(日焼け止めを持ってくるの忘れた事を深く後悔しました)回宜昌駅と書きましたが、正しくは【宜昌東駅】です。予想よりも大きくて綺麗だったので、これはきっと高速鉄道(高鉄)の開通に合わせて作られたのかな~なんて思いながら、定番の手荷物チェックを通過して構内へ入りました。(うーん、...<三国志巡り>荊州・襄陽3日間(2018年9月出発)本編②

  • お茶もできます 【???】

    こんにちは、Kです。今日は上海にはまだあるけど、日本ではすでに無くなってしまったお店をご紹介したいと思います。それはどこのお店なのか‥‥‥‥ハーゲンダッツでーす!!日本では【2013年4月25日、新浦安店の閉店】を持って店舗を撤退してしまったハーゲンダッツですが、中国はまだまだ健在です。中国語では【哈根達斯】と書きます。中国の本部は上海にありまして主要都市のショッピングモール内や、人の多い人民広場などに店舗がたくさんあります。数年前に上海に遊びに来た友人に『日本はもうコンビニとかスーパーの、カップかアイスバーしか買えなくて好きだったフレーバーが無いから、ハーゲンダッツに行きたい!』と、せがまれて連れて、最寄りのモールまで食べに行きました。(高かったなあ~)今回は上海でもお洒落なショッピング街としてガイドブックに...お茶もできます【???】

  • <三国志巡り> 荊州・襄陽3日間(2018年 9月出発) 本編①

    こんにちは、Kです。お待たせしました、旅行記の続きをupします。当日の朝、まだまだ全然真っ暗なうちに自宅を出て、青さん、ネコさんとの集合場所へ。なぜ、こんな早朝出発になったかとと言うと…ネコさんのこんな発言があったから。『早朝の浦東空港はマジでヤバい!国内線でも2時間前に行かないと間に合わない!今回は連休なんで、3時間前でもいいぐらいだよ』出張族のネコさんがそう言うのなら…と3時間前到着を目指して4時30分に集合したんです。が……空港到着してみると。『連休だよね?めっちゃ人少ないけど。どうしよう?預け荷物無いし、自動チェックイン出来るみたいだから、もうしちゃう?』『めっちゃ時間あまりますね』『……朝食しましょう!』という事で、さっさと搭乗手続きを済ませて、出発ロビーに向かいました。出発ロビーも早朝の為、まだ空い...<三国志巡り>荊州・襄陽3日間(2018年9月出発)本編①

  • 涼を求めて~ 初夏から夏の新コース登場 !

    こんにちは、Kです。ごめんなさい!先週のブログUPが出来ていませんでした本日ご紹介の記事は本当は先週UPの予定だったのに……間違えて<下書き保存>にしてしまっていました。気を取り直して……今日はは弊社のツアー紹介をお届けします!この夏、日本旅行が自信を持ってお届けする新コースをご紹介!天空のお花畑と呼ばれる【四姑娘自然保護区】で可愛らしい高山植物のフラワーウォッチングとパンダ保護基地でパンダを愛でる癒されコースと、四姑娘だけでなくチベットアパ自治区を4日間かけて「雪山」「渓谷」「動植物」「チベット風俗」の【四絶】をご堪能する2コースご用意しました。この夏、暑~い上海を飛び出して、涼しい高原地帯へ旅行しませんか?<料金>4星ホテル利用(2名様1室利用)大人8480元~子供7400元~(添寝)コースポイント【双橋溝...涼を求めて~初夏から夏の新コース登場!

  • 若者に人気の創作料理レストラン 【70後飯(口巴)】 

    こんにちは、Kです。今日は前々からブログに書こうと思いつつ、ご紹介出来ていない内に何度も行ってしまったお店のご紹介をしようと思います。そのお店とは…【70後飯(口巴)】【70後飯(口巴)】はチェーン店ですので、市内の大きなショッピングモールやデパートの中にテナントとして入っています。日本でいうファミレスに近い感じで、価格的にもそんなに高くないです。メニューを見ても半分ぐらいの料理が30元前後で、50元を超える料理は少数しかないんですよね。また、料理は若い人が好む【創作料理】がたくさんあって、店内を見ても圧倒的に若いお客さんが多いです。(俗に言う、インスタ映え……写真の撮りがいがある料理と言えばいいのかな)百聞は一見に如かず!早速、写真でご紹介していきますね~。※3回行った分を一気にご紹介しますので、写真いっぱい...若者に人気の創作料理レストラン【70後飯(口巴)】

  • ジャッキー・チェン記念館(成龍電影芸術館)

    こんにちはKです。今日はめずらしく上海の観光地を紹介したいと思います。ご紹介するのは、2014年にオープンした「ジャッキー・チェン記念館」です。ジャッキー・チェン記念館(中国語=成龍電影芸術館)は地下鉄2号線・楼山関路駅からタクシーで10分ほどの所にある、長風大悦城(ショッピングモール)と道路を挟んで北側にあります。総面積は3100平米で、もともと廃業した工場跡の建物3つと庭から作られています。話では建設費などの費用はジャッキーが私費を投じたそうで、記念館だけでなく、施設内にはカフェやレストランもあり、そちらもジャッキーのプロデュースだそうですよ。実は、今回ジャッキー記念館へ行ったのではなく、向かいのショッピングモールへ映画を見に行ったついでに、外観だけ撮影してきただけなので、内部の紹介はできませんが、外観の写...ジャッキー・チェン記念館(成龍電影芸術館)

  • <三国志巡り> 荊州・襄陽3日間(2018年 9月出発) 準備編2

    こんにちは、Kです。今日は旅行記の続きをupしますね~。※メンバーの名前は伏せて書いていたんですが、名前を出さずに書くのはなかなか大変なことに気づきましたので、メンバーの名前を書く事にしました。①三国志大好き女子=青さん②仕事以外泊りの中国国内旅行に行った事が無い男性=ネコさん③今回登場の現地集合希望の男性=池さん<前回のラスト>『南京から現地合流したいという奴が…(´Д`)』<今回はここから>すべての予約がやっと終了した出発の10日前に、こんな不穏なチャットが届いて正直、心が折れそうでしたが……『大丈夫!もう高鉄の切符は購入済みらしいので、ホテルだけ予約して下さい』良かった~!!(これから新幹線の予約してって言われたら『どーしよう』って思ったよ)現地合流希望の人について詳細を聞いてみると、私も以前に2回ほど会...<三国志巡り>荊州・襄陽3日間(2018年9月出発)準備編2

  • 発売開始しました! 端午節ツアー(2019年)

    こんにちは!4月から続いた連休ラッシュもいよいよ、端午節で終了ですね~。労働節は急に連休に変更でしたが、お勤め先によっては出勤のままだったり学校がお休みじゃなかったりで……お出かけ出来なかった方も多いとか……。端午節の後はしばらく連休がありませんので、ぜひともご旅行にお出かけ下さいませ。日本旅行でも端午節をお楽しみいただける様に、【目玉価格コース1つ】と今、日本で話題の場所へ行く、【新コース1つ】、本格シーズンを迎える前、若干人の少ないこの時期に最適のコースも用意しています。是非、ご検討くださいね~!まずは1個目!端午節の超目玉価格ツアー印象大紅袍ショー鑑賞大自然と岩茶の郷・武夷山2日間←クリックすると弊社HPへ移動します!◆特別価格大人/2600元子供/2160元(添寝)※家族4人で参加しても10000元!奇...発売開始しました!端午節ツアー(2019年)

  • 珈琲好きにはたまらないお店 【小夜珈琲店】

    こんにちはKです。前回、食レポを脱する為に、三国志巡りの旅行記の連載を始めましたがどうしても紹介したいお店を見つけましたので、今回はそちらを書かせていただきます!(本音はね…紹介したくないんですよ。これ以上、混んで欲しくないから)この何年かで、上海にもカフェが次々とオープンして、美味しいコーヒーを求めて街を彷徨うなんてことは、遠い昔の話になりましたね。本当にこの数年、上海はすっかりカフェブームで街の中はカフェばっかりです。お洒落な店内でアフタヌーンティーとして美味しいスィーツを食べながら飲むコーヒーも、もちろん良いんですが……時には『美味しいコーヒーだけを楽しみたい』って時がありませんか?そんな時にお薦めしたいのが、今日ご紹介する【小夜珈琲店】です。場所は地下鉄2号線・威寧路駅のすぐ近く。すごく地味な看板&店構...珈琲好きにはたまらないお店【小夜珈琲店】

  • 失われた王国・百済の旅(延長戦)

    NTAスタッフのRです。百済のお話が終わったから韓国シリーズも終わり、と行きたかったのですが、思いがけずおまけの物語ができてしまったので、もう一回だけお付き合いください。扶余から晋州に戻ったのは10月3日、翌日1日妻の実家でのんびりして、6日朝の大韓航空のフライトで上海に戻る計画でしたので、5日に釜山に移動しました。扶余の旅でバスばっかりだったので趣向を変えて晋州の駅から列車ムグンファ号で約2時間、ところがこの辺りから雲行きが怪しくなっていました。接近する台風25号、雨も徐々に強さを増します。*晋州の駅にて、雲行きは怪しくなるばかり。*これ以上ないストライクコースで釜山に向かってくる台風25号。私の経験則では、国際便は比較的欠航になりにくいこと、仮になっても臨時便の追加運行が有り最終的にはなんとかなることが多い...失われた王国・百済の旅(延長戦)

  • <三国志巡り> 荊州・襄陽3日間(2018年 9月出発)準備編

    こんにちは、Kです。 旅行会社スタッフでありながら、<食レポ担当>となっている現状を払拭する為、ロンドン旅行記を連載中ですが……どうも、ロンドンは人気が無い様で…(悲しい)弊社は中国にある会社ですし『中国国内旅行を紹介するのが本来の姿だ!』と思い、ロンドンはいったんお休みして、中国の旅行記を始めしたいと思いますー。(ごめんね~ロンドン! 決して時間が経ちすぎて忘れちゃったとかじゃないんだよー)読者の皆さまもせっかく時間を掛けて読むなら、新しい情報の方が良いと思いますので、2018年中秋節に湖北省へ【三国志の史跡】訪ねた旅行の話を書きたいと思いますー!(それでも、もう半年前ですね…すみません)※1人旅じゃなく友人も一緒だったので、ブログには書かないつもりだったのですが、 『書いてもいい?』と、聞いたら『いいよー!...<三国志巡り>荊州・襄陽3日間(2018年9月出発)準備編

  • 失われた王国・百済の旅⑥

    NTAスタッフのRです。さていよいよ百済扶余の旅も3日目、午後からはまた妻の実家晋州に戻る事になります。あと半日、個人的には国立扶余博物館に行って、古都扶余のシンボルにもなっている百済金剛大香炉を見て帰りたかったのですが、チビたちを連れてまた博物館ではさすがにちょっと不平不満が噴出しそうだったので、妻の意見を取り入れて、ホテル扶余ロッテリゾート併設の百済文化団地(街並みを再現したテーマパーク)をお散歩する事になりました。*文化団地の駐車場から振り返って見たホテルの全景*伝統美を意識した大きな円形の廊下が印象的ここまで扶余市内と百済の話ばかりを書いて、ホテルとその周辺施設にはほとんど触れていませんでしたが、折角なのでその辺のお話も少ししたいと思います。きっちり調査したわけではないのであくまで私の印象なのですが、古...失われた王国・百済の旅⑥

  • ブランチが人気 【PS.Cafe】

    こんちには、食レポ担当のKです。今日は3月で本帰国になってしまった友人の『送別会』を兼ねた女子会で利用したおしゃれなカフェを紹介しますー!(THE女子会!って感じのお店&料理でしたよ~)場所は新天地にある【新天地広場】(旧太平洋百貨の所です)地下鉄1号線の【黄皮(こざと編付)南路】からなら地下で繋がっているからとっても便利です。私が行った日も雨だったんですが、傘いらずで助かりました。予約は出来無いと言われたのと、ブランチ客が多いとお店の人から言われたのでブランチが終わった頃を見計らって13時の待ち合わせにしました‥‥が、入店できたのが13:20過ぎ。やっぱり人気店なんですね~。店内はこんな感じ。ビル内のお店なんですが、壁がないのでオープンテラスみたいになっていて明るいです。夜にはBAR&CAFEっぽくなるのかな...ブランチが人気【PS.Cafe】

  • 失われた王国・百済の旅⑤

    NTAスタッフのRです。この連載もはや5回となりました。百済扶余の旅も2日目の午後に差し掛かります。扶蘇山城で散々歩いたので子供達はヘトヘト、朝の出発が遅かった事もあって昼食は1時を過ぎてしまいました。手近にあった簡単な韓国飯屋で刀削麺のお昼ご飯です。やっぱり胃袋の中が温まるとホッとしますよね。さっきまで必要以上に不平不満を訴える事にエネルギーを注いでいたおチビさん達も大人しくなって、妻も一安心と言った表情でした。*韓式海鮮刀削麺*韓式餃子さて、午後からは定林寺です。市内のメインストリートを南に下ること約30分近く、大型の博物館を併設した古刹が見えてきました。シンボルは石で作られた五重の塔、1400年の風雨に耐えその姿を現在に留めています。恥ずかしながら僕も語彙量が足らず、目にした時の不思議な感覚をうまく表現す...失われた王国・百済の旅⑤

  • この冬、上海人に人気の鍋【美味連綿老北京(三刷)鍋】(定西路店)

    こんにちはKです。今日ご紹介するのは、この冬(冬季)上海にいるの中国人に人気の鍋です。いつも中国人の同僚と食事をしている友人が『羊肉の鍋に行こう!』と店名を添えて誘われました。【老北京(三刷)鍋】とあったので、とんがり帽子みたいな鍋を使ういわゆる北京風の【中国式しゃぶしゃぶ】かな~と思って、『久しく食べてないから、いいよ~!』と返事をして、お店で待ち合わせる事になりました。レストランは<定西路>と<延安西路>の交差点を南下すること数分の所にありました。『ここだよね~』(めっちゃ派手!)思わずつぶやいてしまうほど、派手と言うかごちゃごちゃ感の激しい店頭。ここであってるのか心配になったので友人に電話すると、『店内で待ってるよ~』と言われたので、大丈夫かなと思いながらも入店。店内の壁にはなぜか巨大なタコの絵が……そし...この冬、上海人に人気の鍋【美味連綿老北京(三刷)鍋】(定西路店)

  • 失われた王国・百済の旅④

    NTAスタッフのRです。百済扶余の旅の2日目、この日は今回のいよいよ扶余の都城、扶蘇山城に向かいます。泗沘の都を見下ろす高台に築かれた扶蘇山城は、戦時の際は当然籠城して戦う機能を有しますが、平時は王宮の後苑だったそうです。今では山が丸ごと公園のようになっていて近所の人たちのお散歩コースのようになっています。前日も陵山里古墳群でリスに遭遇しましたが、ここでもリスとあっちこっちで遭遇しました。子供達が退屈しないのでパパとしては助かります。山の高台まで上がると泗沘楼という楼閣があり、ここから山の背後に雄大に流れる白馬江を望むことができました。この白馬江こそ扶余の街の母なる河、水運が交易を支えました。古代中国や日本との交易もここが出発点だったことになります。また水が豊かで広い平地に恵まれた扶余は豊かな穀倉地帯でもありま...失われた王国・百済の旅④

  • 失われた王国・百済の旅③

    NTAスタッフのRです。韓国シリーズの3回目、前回は扶余に辿り着いたところでお話を終えました。いよいよ市内へ、バスターミナルからそれほど遠くない距離の場所に1915年に発掘された陵山里古墳群と呼ばれる百済の王族の陵墓が点在しています。一度ホテルに入ってしまうと子供連れてもう一度出てくるのは至難の技なので、大きな荷物を抱えたまま、この陵墓群へ直行しました。*扶余の遺跡群は世界遺産に登録されています。この扶余に都が置かれた538年はちょうど百済から日本に仏教が伝来した年、「ごさんぱい」なんて語呂合わせで昔年代を覚えさせられました。日本は古墳時代の末期、大和朝廷の時代です。同じ古墳でも韓国の古墳は大きな土饅頭、モコモコとしたん感じがちょっと親しみが湧きませんか?公園になっている古墳群を散策していると、リスに遭遇、古都...失われた王国・百済の旅③

  • 2017年 秋【ロンドン&ドーハ 旅行記】旅行編(2日目)vol. 05

    こんにちはKです。今日はロンドン旅行記の続きをUPしますね。2日目は友人のリクエストでショッピングday!終日お買い物となりました。※<旅行編vol.03>でも書きましたが、ロンドンの地下鉄はとにかく高いので1日の限度額をうまく利用する為に、地下鉄を利用しないと行けない場所は同じ日にスケジュールを組む事にしたんです。結果…終日ショッピングとなってしまいました。出発前にまずは朝食を……となり、ホテル内の朝食会場のカフェへ向かいました。ホテル代には朝食が含まれていましたので、入口で部屋番号を告げると、あとはビュッフェ形式なので、好きな物を取って席へ。宿泊代に含まれている朝食は、こんな感じです。パンは写真のタイプとトースト(10枚切りぐらいの薄いパン)のみ。飲物は紅茶とコーヒーとオレンジジュース、ミルクの4種類。その...2017年秋【ロンドン&ドーハ旅行記】旅行編(2日目)vol.05

  • 失われた王国・百済の旅②

    NTAスタッフのRです。前回のお話ではチェジュ島での崔さんとの出会いを中心に、百済に想いを馳せた背景を書かせて頂きました。白村江の戦いは663年、百済の国が滅亡し3年後に、国の復興を目指す百済の遺臣の求めに応じ日本が軍を派遣したことによるものです。よくもまぁこんな時代に海の向こうまで戦争に行ったなぁ、と感心しますが、それだけ百済は身近な国だったと言うことの証明でもあります。*昔教科書に載っていたであろう地図じゃあ、百済ってどんな所?改めて調べて見て驚いたのですが、中国程ではないまでもやはり大陸の国、その歴史は紀元前まで遡り、約700年に及びます。古くは今のソウルに都(慰礼城)を置きましたが、475年に高句麗の侵略を受けて陥落、南側の今の公州(熊津)に臨時的に退避します。その後、改めて538年に今の扶余(泗沘城)...失われた王国・百済の旅②

  • 春節休みのご案内

    こんにちは、Kです。あっという間に1月が終わってしまい、気が付けばもう今日から2月。そして、来週には春節なんですね~。中国の法定休日は<2月4日~2月10日>の7日間なんですが、今年は大晦日の前に週末がありますので、明日から春節休みになる所も多いんでしょうね。実際に上海の街もいつもより車や人が少なくて、静かになっています。弊社の春節休みをご案内します。2月2日(土)~2月10日(日)まで※中国の法定休日の場合、2月2日&3日は出勤日となりますが弊社は休業になります。※休業の間はブログの更新もお休みさせていただきます。それでは、春節明けにお会いしましょう~。(中国在住の日本人の皆様は良い休日をお過ごし下さいませ)にほんブログ村当ブログもランキングに参加しています!『おお~っ!』と思ったら1クリック!(よろしくお願...春節休みのご案内

  • 5月まで開催 【なばなの里・イルミネーション】

    こんにちは、Kです。今日は私としてはめずらしく日本の記事をUPしたいと思います。実は、2018年~2019年の年末年始を実に13年ぶりに日本で過ごしたんです。13年振りのお正月、せっかくだからと中学時代の友人がお出かけに誘ってくれたので、ちょっと足を延ばして、三重県の【なばなの里】まで温泉&イルミネーションを楽しみに行ってきました!【なばなの里】は三重県にある長島温泉と経営を同じくする、<日帰り温泉>施設。公式ホームページはこちら。アクセスですが、名古屋駅にある<名鉄バスセンター4階>から【長島温泉行き】のバスが出ていますので、そちらを利用しました。※詳細は公式HPで紹介しています。片道約40分で到着。なばなの里に先に到着後、バスは長島温泉まで行きますので、乗り越ししない様にご注意ください。(私たちは乗り越しし...5月まで開催【なばなの里・イルミネーション】

  • 失われた王国・百済の旅①

    NTAスタッフのRです。この9月から10月にかけて、韓国を訪れる機会が二度ありました。私の妻が韓国人、という話はこのブログでも何度かさせて頂いていますが、妻と行こう行こうと何度も言いながら実現していなかったチェジュ島旅行、実現する前にお仕事が決まってしまい、9月の初旬にお客様と共にチェジュ島を訪れたのが1回目、2回目は月並みですが、国慶節の休暇を利用した妻の実家への帰省でした。今回のお話はそのチェジュ島からスタートします。*韓国一のリゾート地、青空が印象的な済州のゴルフ場。妻の故郷である韓国にはほとんど毎年足をはこんでいましたが、計画倒れが続いてばかりでチャンスがなかったチェジュ島、思いがけず仕事で初めての訪問となりました。4名のスタッフとチームを組んでの仕事でしたが、誰一人として私が初めてだとは思ってなかった...失われた王国・百済の旅①

  • 中華風・串焼きのお店 【阿里巴巴】

    こんにちはKです。今日は以前上海で駐在していた友人が、久しぶりに上海に遊びに来たので仲間内で食事をした時に、利用したお店をご紹介しようと思います。久しぶりに来た友人に、候補のお店を何件が見せた所……『お肉~~!』とメッセージが届いたので、こちらのお店にしました。中国に住んでいた日本人が帰国して食べたくなる中華の料理と言えば、ほとんどの人が【羊肉串焼】って答えるほど、この羊の串焼きは人気と言うか…恋しい料理なんですね。(火鍋って答えも多いですけどね)火鍋も串焼きもそうなんですが、羊肉が日本ではなかなか無いので、余計に食べたくなるのではないかな~と思ってます。※上の意見はあくまでKの交友関係内での話ですので。では、さっそくお店の紹介です。場所は、楼山関路駅にある【巴黎春天】の4階。このビルなんですが上の階の場合、館...中華風・串焼きのお店【阿里巴巴】

  • あけましておめでとうございます!

    みなさま、新年あけましておめでとうございます。更新日の関係でなかなか元旦にご挨拶ができないのが残念です、まだまだ松の内ですからね、許されますよね~。昨年は皆さまに応援&ご愛顧をいただきまして、誠にありがとうございました。今年も皆さまに喜んでいただける旅行商品の販売に努めてまいりますので、どうぞ変わらぬご愛顧よろしくお願い致します。新年のあいさつをしていますが、社内はまだまだ年末ムード(中国のね)国際都市と言われるようになった上海でも、やっぱり春節が終わらないと、本物の春は来ないんでしょうかね~にほんブログ村当ブログもランキングに参加しています!『おお~っ!』と思ったら1クリック!(よろしくお願いします)にほんブログ村にほんブログ村あけましておめでとうございます!

  • もういくつ寝るとお正月♪(年末のご挨拶)

    こんにちは、Kです。今年も残すところ、あと4日となりました。2018年・中国の年末年始は12/30~1/1までの3日間。中国は春節(旧正月)が本番ですので、1月になってからが本格的な年末なので日本ほど新年迎えるって雰囲気ではありませんが…それでもどこかウキウキしてますね。1年に2回も年越しするなんて、中華圏の人たちは贅沢ですね~弊社の年末年始の休業は下記になります。12/29~1/3まで本日は弊社の年内最後の営業日になります。今年もご愛読ありがとうございました。それでは、皆様、良いお年をお迎えくださいませ。にほんブログ村当ブログもランキングに参加しています!『おお~っ!』と思ったら1クリック!(よろしくお願いします)にほんブログ村にほんブログ村もういくつ寝るとお正月♪(年末のご挨拶)

  • 町の洋食屋さんランチ 【ALBACIO阿魯巴意大利料理】

    こんにちはKです。上海もすっかり寒くなってきて、これからは外に出るのが億劫になりがちですよね。でも出勤中は昼食に出たり、お弁当を買いに行かなければならないわけで…。(えっ、外送する?いや、ほら、それを言ったら書けなくなっちゃうでしょう)という事で、今日はめずらしく【ランチのレポート】をお届けしますー。(ランチはホント久しぶりですね~)ご紹介するお店は、こちら【ALBACIO】2018年5月に弊社近くにできたイタリアンのお店です。同僚から『すごくプリンの美味しいお店だよ』と聞いて、ずっと行きたいな~って思っていたんですが、なかなか機会が無くて……。先日、ちょうどお昼時間に友人が近くへ来ると言うのでここでランチをしてきました。店内はこんな感じです。白を基調にした明るい店内で4~6名が利用できるファミレスタイプの席と...町の洋食屋さんランチ【ALBACIO阿魯巴意大利料理】

カテゴリー一覧
商用