プロフィールPROFILE

鎌倉雄介さんのプロフィール

住所
神奈川県
出身
未設定

主著=『鎌倉理論で株が見えた』(講談社)、『4勝1敗の株』(徳間書店)、『僕たちはこれで株のプロになった』(徳間書店)

ブログタイトル
鎌倉雄介の株道場
ブログURL
http://kamakurayuusuke.blog134.fc2.com/
ブログ紹介文
知られずして忘れられたる相場師・鎌倉雄介が自らの株式投資を相場師生命を賭して公開。
更新頻度(1年)

232回 / 333日(平均4.9回/週)

ブログ村参加:2014/02/25

鎌倉雄介さんのプロフィール
読者になる

鎌倉雄介さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(IN) 12,903位 13,133位 11,845位 13,006位 14,738位 13,856位 14,069位 977,775サイト
INポイント 30 10 40 30 10 30 0 150/週
OUTポイント 70 50 30 20 50 40 40 300/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 340位 340位 307位 331位 360位 343位 338位 13,645サイト
専業投資家 4位 4位 4位 4位 4位 4位 4位 174サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(OUT) 21,728位 22,845位 22,883位 23,844位 24,877位 28,135位 28,902位 977,775サイト
INポイント 30 10 40 30 10 30 0 150/週
OUTポイント 70 50 30 20 50 40 40 300/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 793位 824位 825位 853位 883位 949位 958位 13,645サイト
専業投資家 7位 7位 7位 7位 8位 10位 8位 174サイト
今日 11/12 11/11 11/10 11/09 11/08 11/07 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 977,775サイト
INポイント 30 10 40 30 10 30 0 150/週
OUTポイント 70 50 30 20 50 40 40 300/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
株ブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 13,645サイト
専業投資家 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 174サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、鎌倉雄介さんの読者になりませんか?

ハンドル名
鎌倉雄介さん
ブログタイトル
鎌倉雄介の株道場
更新頻度
232回 / 333日(平均4.9回/週)
読者になる
鎌倉雄介の株道場

鎌倉雄介さんの新着記事

1件〜30件

  • メニコン、ウィザスは大化けの素質十分

    12日の相場は、前日に続き、小型株中心に上げた。騰落銘柄数を見ると値上がり1270に対し値下がり787(これは前日とほぼ同じ)だから、普通なら指数等は小幅高になるところだが、日経平均は188円(0.81%)と、かなりの上げになった。これはファストリ、ソニー等の寄与度大の銘柄が大きく上げたためで、主力大型株は高安まちまちだった。このためTOPIXは0.33%の値上がりにとどまった。JQは0.33%高、マザーズは0.30%安だった。こ...

  • 第一精工SP高、ウィザスが超絶決算発表

    11日の相場は日経平均こそ下げた(60円=0.26%安)ものの、小型株中心に上げるものが多くTOPIXも0.07%のプラスだった。JQは0.40%高、マザーズは1.15%高だった。アテクトは1392△93で08日の下げのちょうど半分を取り返した。今回の決算の内容がよく知られるようになれば、全値戻しから一段高という展開も十分考えられよう。ブックオフ(推)は1030▼124まで売られる場面があって終値は1065▼89。どうしても、アテクトの例で...

  • ブックオフの決算もアテクト同様、好決算だった

    09日は場中にアテクトが、引け後にブックオフ(推)が、それぞれ決算を発表、その内容が嫌気され、アテクト1299▼186(終値)ブックオフ1053▼101(PTS最終値)と、そろって急落した。アテクトについては、前稿で書いたとおりだが、ブックオフの追い打ちには、正直参ったと思っていた。それでも、ブログでこれについて書くのはお勤めと、とりかかった。ところが、なんと、ブックオフについても、アテクトと同様のことが起きた。同社...

  • アテクトの決算は問題なし、急成長に向け発進

    アテクトが08日、11時30分に9月中間決算を発表した。これを嫌気して株価は一時1261▼224まで急落、終値も1299▼186(JQ値下がり率3位)だった。私は場中は、よほどのことがない限り場を離れないのだが、この日はよんどころない用事で東京に出かけて帰宅したのが14時過ぎ。アテクトの決算内容も詳細は承知していなかった。ただ、そうひどい数字でもないのに、よくここまで売るなとは思ったが、何せ、日本電産、ソフトバンクG、マニー...

  • ディップはRPAで年間売り上げ倍増へ

    07日の相場は小動きだった。日経平均は27円(0.11%)高、TOPIXは0.22%高だった。騰落銘柄数では、値下がり銘柄の方が、やや多かった。JQは0.06%高、マザーズは0.28%高だった。依然、分かりにくい値動きが目立つが、極めつけは、少し前に半導体関連として。挙げたことがある日東紡。前日引け後、中間決算を発表したわけだが、悪い内容で、通期予想も下方修正した。朝方、早い時間の気配も前日比大幅安だったのだが、立ち...

  • ディップ、アテクト、ウィザス、東洋製缶G

    2379 ディップ(東証1部) 株価 3045▼30(11月06日終値)   出来高=226000株(11月06日) (売買単位=100株)実質予想PER=16.2倍(2021年2月期。四季報予想の経常利益に基づき算出) 05月14日=1502円~3105円=11月05日(月日=年初来安値~年初来高値=月日)自信度=☆☆☆推奨度=☆☆☆4241 アテクト(JQ) 株価 1478▼12(11月06日終値) ...

  • 松風、アテクト、メニコン、洋缶がいい動き

    05日の相場は大幅高となった。前日のNYダウが115ドル(0.41%)高し01日の301ドル高分と合わせると416ドル高したことを受けての日本株高だったわけである。なおNYダウは7.15日に付けた値段を抜き、史上最高値となった。日経平均は401円(1.76%)高、TOPIXは1.66%高だった。ただ、小型株などには下げる銘柄もそれなりにあり、値下がり銘柄は356あった。JQは0.56%高、マザーズは0.24%高にとどまり、東証1部の大幅高に...

  • 松風は反発必至か

    3連休で、海外市場は大きく動いているわけだが、その前に、11.01日の日本株の動きについて書いておこう。10.31日同様、主力株が堅調な一方、中小型株は売られるという展開になった.日経平均は76円(0.33%)安、TOPIXは0.03%安だった。ただ騰落銘柄数では値上がり773に対し値下がり1305で、かなりの値下がりというのが実感だろう。規模別でみると、大型部指数のみわずかなプラスで、中型、小型はマイナス、特に小型は0.28%...

  • 前日とは正反対の展開

    31日の相場は、前日の正反対で、値下がり銘柄の方が値上がり銘柄より多い中、日経平均は84円(0.37%)高(TOPIXも高かったが、わずか0.07%高)だった。大型株指数はプラスだったが、小型株、中型株ともマイナスだった。要するに主力大型株は上げたが、中小型株は下げたのである。材料の出たソニーが4.08%高、ソフトバンクGし、ファストリも大幅高し日経平均高に大きく寄与した。こうした流れの中、当道場銘柄は、好調なス...

  • 松風、宝印刷、メニコンが快調に上げる

    30日の相場は、指数等では実態が分からない奇妙なことになった。日経平均株価が131円、0.57%の値下がりになったのに対しTOPIXは0.19%の値上がりになった。騰落銘柄数でみると、値上がり1341に対し値下がり757だから、TOPIXの方が実感を反映していそうだ。ファストリ2.24%安に加え、日本電気5.83%安、東エレク31%安などの影響が、こうした日経平均の大幅下げにつながったわけである。鎌倉式実感日経平均を算出すると(134...

  • 小型株もいい動きに

    29日の相場は引き続き堅調で、日経平均は107円(0.47%)高となり、これで7立会日続伸で、年初来高値も更新が続く。TOPIXは前日わずかにマイナスになった反動で、この日は日経平均を大きく上回る0.86%高だった。電気・ガス業、空運、倉庫・運輸関連業、陸運業、小売業の5業種が値下がりしたのだが、内需が売られたわけである。相変わらず、半導体(5G、IoTを含む)関連銘柄の人気が続いている。この日は東エレク、SCR...

  • 松風1700円乗せ、宝印刷は高値更新を狙う

    ようやく、中小型株にも日が差してきたのかもしれない。28日の相場は、日経平均67円(0.30%)高、TOPIX0.00%安だったわけだが、大型株指数もマイナスもだった。一方、小型株指数はプラス、中型株指数もわずかながらプラスだった。半導体関連の大幅高が目立った。東エレク2.90%高、SCREEN3.8%高のほか、アテクト、日東紡、JSR、東洋合成など挙げるときりがない。JQは0.68%高と、久しぶりにそれなりの上昇率だ...

  • 松風、東京応化が強い動き

    25日の相場は小幅高だった。日経平均は49円(0.22%)高、TOPIXは0.29%高だった。値上がり銘柄は6割弱で値上がり銘柄の方がはるかに多かったわけだが、主力大型株には値下がりするものの方がむしろ多いくらいだったためである。悪材料が依然影響しているソフトバンクGのほか、ファストリ、ソニー、トヨタ、日立、小松なども下げた。当道場銘柄はまずまずの値動きだった。松風(推)は1605▼37まで下げる場面もあったが、終値...

  • 主力株一色の中、松風は踏ん張る

    24日の相場は主力大型株中心に上げた。日経平均は125円(0.55%)高だった。しかし値上がり銘柄が1112に対し値下がり銘柄も936もあり、かつソフトバンクGが2.94%安、ファストリも0.84%安だったことを考慮すると、いかにいたその他の日経平均採用銘柄が軒並み大きく上げたがが分かるというものである。TOPIXは0.34%高だった。JQは0.45%高、マザーズは0.90%高だった。グーグルが量子コンピューターを使い「量子超越」を...

  • 松風は株価2000円でもPER18倍

    23日の相場は、小型株中心に多くの銘柄が値上がりした。日経平均は76円(0.34%)高、TOPIXは0.59%高だった。テキサス・インスツルメンツ(TI)が22日に発表した決算で、10-12月期について弱気のについて売り上げ見通しを出したことでTIの株価がPTSで急落、この余波で、日本でも東エレクが4.11%安になるなど、半導体関連が軒並み安となった。ただし東京応化は4275△20と上げた。JQは0.50%高、マザーズは1.02%高だった。こうした...

  • 物色動向がどうなるかを注視

    現在、日経平均先物は191円高になっている。ここアメリカ株(NYダウ、NQ指数)が安くても日本株(日経平均、TOPIX)は高いことが珍しくない。海外投資家の間で、日本株割安、組み入れ比率が少なすぎるという見方が強まっていることも、こういう現象の背景にありそうだ。アメリカ株のPERが18倍台なのに対し、日本株は14倍台と割安というわけだ。ただし日本とアメリカのPERは、ほとんどいつもアメリカのほうが高く、私の記憶では2ポ...

  • 松風は年初来高値更新から実態評価へ

    21日の相場は、小幅高ながら、幅広く買われ、日経平均は18日に続いて連日の年初来高値更新となった。日経平均は56円(0.25%)高、TOPIXは0.41%高だった。値上がり銘柄は1432、値下がり銘柄は616だった。規模別では小型株の値上がり率が一番だった。JQは0.24%高、マザーズは0.58%高だった。JQやマザーズの銘柄を売って、東証1部の銘柄に乗り換える動きが顕著なわけだが、ワークマン(JQ)は、この日も7440▼110と下げた。10.16日の...

  • 至るところに台風被害が‥‥

    ラグビーワールドカップを見るべく、まずはブログ、次に夕食のスケジュール。昨日、道志に向かったわけだが、八王子ー大月間の通行止め解除の時間が、なお不透明なため、御殿場ー山中湖経由で向かう(前稿で河口湖も入れたのはミス)。ナビがあてにならず、多少戸惑ったが何とか3時間弱で到着。家に着く前に2時過ぎ、ホロホロに寄り情報収集。道志は風も雨もそれほどではなく、被害もほとんどなかった模様。ところが唯一と言ってい...

  • 道志も鎌倉も大変なことに

    【道志村は惨憺たる状況か】2日前だったと思うが、山梨県警だったか大月警察だったかから電話があった。ちょっとお聞きしたいことがあるが、今よろしいかとおっしゃる。立会時間中だったので、簡単なことならとお答えしたら・・・・女児行方不明事件で監視カメラを調べているが、その過程で、あなたの車が映っていたとのこと。やるじゃあないか警察さん!と驚きつつ、あの日あの事件出来(しゅったい)の少し前、私はホロホロ(レス...

  • 松風、川澄化学の動きに注目

    17日の相場は、期待通り小型株優位の展開かと思わせたのもつかの間、次第に日経平均だけ頑張る展開になっていった。日経平均はほぼずっと小高く推移していたわけだが、引けにかけ下げ、結局21円(0.09%)安だった。ただ、値上がり銘柄数650に対し値下がり銘柄数1418が示すように、多くの銘柄が下げた。例によって、ファストリ、ソフトバンクGのそろい踏みに加え、ソニーなどが大きく上げたために小幅安にとどまったわけである。金...

  • 松風、ブックオフ、トラザクがいい動き

    16日の相場は、前日のNYダウ高、円安を受けて大幅高となった。日経平均は266円(1.20%)高(ファストリの3.90%高が大きく寄与)、TOPIXは0.70%高だった。一方、マザーズは前場の前半にはマイナスに転じ、その後は下げ幅を拡大、終値は1.00%安、JQも後場後半には力尽きマイナスに転じ、終値は0.09%安。最近は、小型株、特にマザーズの弱さが目立つが、16日はそれが際立っていた。こうした中、当道場銘柄は、後場に入って危うい...

  • 小型株はじり高で終える

    15日の相場は、幅広く買われ、大幅高となった。日経平均は大幅高で始まった後もじり高展開となり408円(1.87%)高、TOPIXも1.58%高だった。どちらかと言えば大型株優位だったが中小型株もほぼ追随した。。JQは0.66%高、マザーズも0.59%高と、東証1部に比べ小幅高にとどまった。当道場銘柄は、はじめは軟調な銘柄も少なくなかったが、次第に好調な値動きになり、大半の銘柄が上げて終えた。トランザクション(推)は1円安で始ま...

  • 米中暫定「部分合意」でNYダウは大幅高

    台風19号、大変だった方もいらっしゃるかと思います。避難所生活とかとんでもないことになった方がないことをお祈りしています。我が家の辺りは、前回をはるかに上回る大風だったのですが、前回で倒れるべき木の大半が倒れてしまったせいか、意外に倒木などは少なかったようです。それでも新設したばかりの電動シャッターが吹き飛んだとか、屋根の一部損壊など、ご近所にも、それなりに被害を受けた方がいます。小生のところは、家...

  • トランザクションの決算を分析

    前日のNYダウは182ドル高だったわけだが、10日寄り直前のNYダウ先物(CME)は、それを帳消しにするくらいの下げとなっていた(あまり正確ではないことをお断りしておく)。こうした状況下、日経平均は、ほぼ前日の終値と同水準で始まった。その後すぐに下げ足を速め9時半頃には250円近い下げまであったのだが、そこから猛反発、結局96円(0.45%)高で終えた。この乱高下はNYダウ先物の値動きにほぼ連動したものだった。日経平均が...

  • わけもなく乱高下する相場

    前日のNYダウは結局314ドル(1.19%)の大幅安となったわけだが、日本株は比較的小幅な下げにとどまった。CMEのNYダウ先物が小幅高で推移したことが好影響を与えたのかもしれない。日経平均は228円安で始まったわけだが、これが最安値となり、じりじり戻し結局131円(0.61%)安。TOPIXは0.30%安にとどまった。日経平均採用銘柄はじめ、主力大型株の多くが下げたため、このような結果になったが、騰落銘柄数では値上がり銘柄の方...

  • おかしな値動きの深層を探る

    08日は日経平均、TOPIXとも1%近い大幅高となった。にもかかわらず、中小型株に多いわけだが、わずかな上げにとどまったり、かなりの下げとなった銘柄も珍しくない。トランザクション(推)、ブックオフ(推)などである。逆に、少し前までやみくもに下げ続けていた銘柄は、軽快に戻し始めた銘柄もある。オリコン、ファンデリー、松風(推)などである。これら5銘柄のここ1か月前後の値動きをまとめてみた。A=急騰後急落トランザ...

  • ブックオフは上昇局面入りか

    07日の相場は、小動きだった。先週末のNYダウは大幅高だったものの、その後のNYダウ先物がかなりの下げになっっていたうえ、円相場も円高気味のため、こうした動きになったと思われる。日経平均は35円(0.16%)安、TOPIXも0.01%安だった。ただ騰落銘柄数は値上がり・値下がりとも同じ1015というちょっと珍しい結果になった。JQは0.33%高、マザーズは0.24%安だった。当道場銘柄は高安まちまちだった。ただ、先週末の松風(推)...

  • NYダウは373ドル高したが…/ブックオフが好月次発表

    03日のNYダウは一時の大幅安から猛反発、結局122ドル高で終えた(利下げ期待の高まりのため)。これを受けて04日の相場は小幅高で終えた。日経平均は68円(0.32%)高、TOPIXは0.26%高だった。JQは0.38%高、マザーズは1.28%高だったマザーズの場合、長らくじり安を続けてきて反騰機運が高まっていることが背景にあるわけだが、上げている銘柄の大半は、上場後日の浅い銘柄及び比較的上場間もない銘柄であり、全般が強いわけでは...

  • 日経平均437円安を軽傷でしのぐ

    前日のアメリカ株はNYダウは494ドル(1.86%)安、NQは1.56%安だった。これを受けた日本株も大幅安で始まり、そこからさらに少し下げ幅を拡大、その後は小幅な値動きで、結局日経平均は437円(2.01%)安、TOPIXも1.72%安で終えた。幅広く売られ、全業種が値下がりした。ただ、値上がり銘柄は159(値上がり1963)あり、暴落というほどではなかった。当道場銘柄は、こうした大幅安には、通常比較的強いのだが、この日も、さほど大...

  • NYダウは続急落

    02日の相場は前日のアメリカ株の大幅安を受けて下げた。9月の米ISM製造業景気指数が47.8と大幅に悪化したことがアメリカ株安(NYダウは344ドル=1.27%安)の原因だが、日本株は比較的軽微な下げにとどまった。日経平均は107円(0.49%)安、TOPIXは0.42%安。しかも騰落銘柄数では値上がり1057、値下がり1007で、値上がり銘柄数の方が多かった。JQ、マザーズはそれぞれ0.14%、0.21%の下落。こちらはそろって値下がり銘柄の方が...

カテゴリー一覧
商用