プロフィールPROFILE

日高千湖さんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
夢見月夜曲
ブログURL
http://yumemizukiyakyoku.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
日高千湖のオリジナルBL小説ブログです♪『薄き袂に宿る月影』はこちらへ移動しております。
更新頻度(1年)

256回 / 365日(平均4.9回/週)

ブログ村参加:2014/02/17

日高千湖さんのプロフィール
読者になる

日高千湖さんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(IN) 392位 415位 400位 398位 398位 440位 439位 980,082サイト
INポイント 640 300 900 830 810 900 440 4,820/週
OUTポイント 2,970 1,960 3,770 3,710 3,730 3,750 1,860 21,750/週
PVポイント 3,350 3,930 5,740 5,120 4,250 4,840 5,760 32,990/週
BL・GL・TLブログ 21位 22位 21位 22位 22位 23位 21位 3,234サイト
BL小説 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 960サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(OUT) 440位 466位 476位 475位 485位 534位 526位 980,082サイト
INポイント 640 300 900 830 810 900 440 4,820/週
OUTポイント 2,970 1,960 3,770 3,710 3,730 3,750 1,860 21,750/週
PVポイント 3,350 3,930 5,740 5,120 4,250 4,840 5,760 32,990/週
BL・GL・TLブログ 25位 25位 26位 24位 24位 25位 25位 3,234サイト
BL小説 2位 2位 2位 2位 2位 2位 2位 960サイト
今日 12/07 12/06 12/05 12/04 12/03 12/02 全参加数
総合ランキング(PV) 884位 936位 935位 929位 929位 886位 855位 980,082サイト
INポイント 640 300 900 830 810 900 440 4,820/週
OUTポイント 2,970 1,960 3,770 3,710 3,730 3,750 1,860 21,750/週
PVポイント 3,350 3,930 5,740 5,120 4,250 4,840 5,760 32,990/週
BL・GL・TLブログ 4位 5位 5位 5位 5位 5位 5位 3,234サイト
BL小説 1位 1位 1位 1位 1位 1位 1位 960サイト

新機能の「ブログリーダー」を活用して、日高千湖さんの読者になりませんか?

ハンドル名
日高千湖さん
ブログタイトル
夢見月夜曲
更新頻度
256回 / 365日(平均4.9回/週)
読者になる
夢見月夜曲

日高千湖さんの新着記事

1件〜30件

  • 磯の鮑の片思い・28

     休憩時間に未知久に電話したが、連絡が取れない。すでにレッスンに出掛けたようだ。ドラマの撮影が終わるとアルバムのプロモーション。アルバム発売と当時にライブが始まる。ライブが終わるまで、未知久たちは非常に忙しくなる。 ダンスレッスンならミミちゃんも連れて行ったはずだ。『お疲れさま。タカシの用事は何だったの?』と、メッセージだけ送っておく。「真央ちゃん」給湯室にいた俺を見つけて、純さんが駆け込んでくる...

  • 磯の鮑の片思い・27

     翌朝、未知久はいつものようにミミちゃんを連れて散歩に出た。吐く息が白くなる程の冷え込みではないが、今朝は冷えた。ミミちゃんは白いマントを着せてもらい、「いってらっしゃい」と見送る俺に「どうせあんたは仕事なんでしょ?」という顔で可愛いポーズをしてみせた。公園を何周かして戻るのは大体30~40分後。その間に俺は朝食の後片付けをして身支度を整える。未知久とは入れ違いで出勤だ。「急がないと!」食洗器に食...

  • 磯の鮑の片思い・26

     食事が終わって落ち着いてから、カバンの中の資料をテーブルに並べた。俺としては

  • 磯の鮑の片思い・25

     松沢くんから『OKです』と返事が来て、明後日一緒に食事する事になった。未知久は明後日がライブの打ち合わせで帰りが遅くなる。15時には未知久からミミちゃんとのツーショット写真が届き、夕食にはデパ地下のお惣菜を買ってきているらしい。 17時になったらすぐに会社を出よう、と残りの2時間は集中した。社長が「藤代くんが戻ってきてるんだから、仕事の目処が付いたら帰っても構わないよ」と言ってくれたが、定時までは...

  • 磯の鮑の片思い・24

     今朝もタカシに会った事を未知久に伝えるの、忘れていた。まあ、いいか。そういえば昨日、タカシが近所に引っ越してきたのを未知久は知らなかったな。あれから連絡取ったのかな、とか考えていたら電車がホームに入ってきた。「あっ」松沢くんにメッセージ送るの、忘れてた・・・。帰宅したらメッセージ送るねって言ったな、俺。未知久のスケジュールを確認したまでは良かったが、都合の良い日を考えるの忘れていた。 満員電車か...

  • 磯の鮑の片思い・23

     目覚めると、ミミちゃんは俺の胸の上で寝ていた。どんなに可愛がっても、所詮はミミちゃんカースト最下層に位置する俺だった。誰かに追い掛けられて派手に転んだ夢を見たのは、ミミちゃんの体重の所為に違いない。 昨日のように朝のお散歩に行きたいミミちゃんは、ご飯の後に玄関でウロウロしていた。「未知久が行くなって言ったんだからな」と言い聞かせたが、ミミちゃんは期待を込めた瞳で俺を見上げるのだ。その表情が破壊的...

  • 磯の鮑の片思い・22

    「ごめん!散歩に連れて行かないと・・・」俺は適当な言い訳を思い付けずに、ミミちゃんの散歩を理由にした。だが、松沢くんは食い下がる。「あと一軒だけ。ダメですか?」「ごめんね。帰らないと」「21時まで!それなら大丈夫でしょう?」散歩は嘘だ。こんな時間にミミちゃんを散歩には連れて行かない。どうせ一日中部屋の中を走り回ってるんだし。でも言い訳にはちょうどいいと思ったんだよ。「ほら、汚したシートとか片付けて...

  • 磯の鮑の片思い・21

     松沢くんがタワーマンションの話しに食い下がる事はなかった。色々と尋ねられても答えようのない俺は、それはありがたかったわけだけど。「片平さんちって、すっごいお金持ちなんですね」と言われた時は困ってしまった。 その後はMCの寺崎さんに注意された服の見せ方の話しになった。「服の見せ方、か。俺も正直言ってよくわかんないんだよね。純さんは学生時代から雑誌とか広告モデルをやっていたから心得があったと思うけど、...

  • 磯の鮑の片思い・20

     退社時間になっても、純さんは戻って来なかった。年末のセールや福袋の準備は着々と進んでいるし、新年最初の放送に向けてこれからますます忙しくなる。 2課のテレビは朝からずっと通販番組を映している。他のアパレルメーカーの商品次第で、紹介する商品を変える事もある。商品が被っていた場合は次回の放送分と差し替えたり、他社の販売数を調べて販売数を変えたり。最後の出演の時に一緒だったMCさんの加本さんの賑やかな声...

  • 磯の鮑の片思い・19

     結局、ランチ代の支払いは元セフレ社長に回されてしまった。純さんが食事する度に俺の分まで支払わされる元セフレ社長には、

  • 磯の鮑の片思い・18

     『MIT-3』のタカシは、さすが芸能人だ。芸能人は大して珍しいわけではないけど、やはりオーラが違う。部屋にいる時はそうでもないけど、一歩外に出ると未知久の雰囲気がガラリと変わる事がある。そういう時はスイッチが入っちゃってるから、俺は10歩くらい後退するようにしている。 未知久はちょっとつり目で、顔立ちはクールな印象だ。ダンスは繊細で、どうすれば自分が一番カッコよく、美しく見えるか、指の先まで計算さ...

  • 愛してその悪を知る・5【最終回】~『朧月夜にしくものぞなき』番外編

    ★今回前半部分は18歳未満閲覧禁止です。年齢に達しない方、表現がお嫌いな方は回れ右でお願いします!!(とはいえ、期待してはダメですよ!)  バスタブの縁に手を付いた僕を、信吾さんが後ろから抱き締める。彼の熱い楔を後ろに受け入れて、僕は至上の幸せを噛み締めていた。「・・・ああっ」バスルームにシャボンの香りが充満している。僕のイヤらしい声が響く。バスルームの窓から見えるのは赤い満月だ。赤い月は僕を淫ら...

  • 磯の鮑の片思い・17

     公園ですれ違う人とは、「おはようございます」と朝の挨拶を交わす。ウォーキングするご夫婦、ジョギングする人、犬の散歩をする人。犬種も様々で、中にはミニブタを連れた人もいた。普段ミミちゃんを散歩させているのは未知久だ。犬が

  • 愛してその悪を知る・4~『朧月夜にしくものぞなき』番外編

     銜えたポッキーが無くなると同時に、僕たちの理性も無くなった。まだ片付け終えていない食器とか、グラスとかどうでも良くなって、絡まるようにしてソファーに転がる。信吾さんの襟を掴んだ僕は、「たくさん甘えたい」と言った。信吾さんは嬉しそうに微笑むと、僕の頬を両手で包む。「怜二がそう言うの、待っていたよ」「うん」「最近、帰りが遅いし」「ごめんね。納期が重なってて」信吾さんは不満そうに僕の頬にキスをした。僕...

  • 磯の鮑の片思い・16

     おばあちゃんとお寿司を食べて、ホームまで送ってから俺は帰宅した。以前のように夜の7時に局入りして終わるのは翌日の夕方、とかいう変則な生活ではなくなった。それはありがたいんだけど、今一つ9時から5時までのサラリーマン生活に馴染んでいない俺は、通勤ラッシュ時の電車でへこたれそうだ。そこそこ混んでいる電車から降りた瞬間、深呼吸するのが日課になった。冷たい空気が肺の中に入り、一瞬で生き返る。 本格的な冬...

  • 愛してその悪を知る・3~『朧月夜にしくものぞなき』番外編

     ゆっくりと食事をして、後片付けは2人で。いつもこうしているから食器を持って立ち上がったけど、信吾さんが止めた。「怜は座ってろ」「でも」「今夜は俺がやるから。プレゼントを開けたらどうだ?」「うん!そうだね。電話しないと」「怜!電話は後でいい。みんな仕事中だからね」「でも薫くんとか」「ああ、薫は電話してもいい」「どうして薫くんだけはいいの?」「薫は家にいるだろう?他の奴らには働いてもらわないと!特に...

  • 磯の鮑の片思い・15

     未知久はドラマの撮影とプロモーションで忙しい。京都と東京を行ったり来たりの生活だ。ドラマ撮影にレコーディング。テレビ出演も多いし、今はライブの準備に入っていて、休みは週一あればいい方だった。ドラマ撮影の為に未知久が新幹線で移動しているのを知ったファンが駅で待ち構えていて、毎回警備が大変らしい。と、純さんが教えてくれた。「真央ちゃーん」俺が帰り支度をしていると、純さんがニコニコしながら俺の手を両手...

  • 愛してその悪を知る・2~『朧月夜にしくものぞなき』番外編

     食事の前に本家に電話をして、洋子さんにお料理のお礼と今日伺えなかったお詫びを伝えた。洋子さんは「明日はもっと美味しい料理を作って待っておりますよ」と言ってくれた。「本当にありがとうございました」「怜二、電話はもういいから!天ぷらは熱々のうちに食べよう」信吾さんがスマホに横から割り込んで、洋子さんに聞こえるように大声で言った。本当に大人気ない。「ちょっと待ってて」信吾さんを押し退けようとするが、信...

  • 磯の鮑の片思い・14

     例のコスプレの翌々日、松沢くんは出勤するなり俺に「すみませんでしたっ!」と頭を下げた。「はあ?」いやいや、謝るのは俺の方だよ、松沢くん。うちのバカ久がすみませんでした。「車を回しますと言ったのに、俺」「俺は・・・その、大丈夫だったよ?」いや、ここで疑問符はおかしいかな?松沢くんが首を傾げた。純さんと、よーーーくうち合わせておくべきだったな。「片平さんはオオカミ男と一緒に帰宅したと、社長にお聞きし...

  • 愛してその悪を知る・1~『朧月夜にしくものぞなき』番外編

    ★皆さま、こんばんは。ポッキーの日改め、怜二くんの誕生日11月11日がやって参りました。すみません、10日までに書き上げる事が出来ませんでした。以前よりも書くのが遅いですwww前はSSなら2、3時間で書いてたんだけどなあ・・・。怜二くんは「歳はとらない」予定です(笑)まあ、信ちゃんの主張もないと寂しいかしら?と思いました。ご笑納ください。(注)何歳になったの~?という疑問は捨ててください!!怜二くんは...

  • 磯の鮑の片思い・13

     ミミちゃんは運転席に座った未知久の膝の上。窓枠に前足を置いてちょこんと顔を出し、人間なら「ふふん」と鼻でも鳴らしそうな顔だ。赤いマントを着せてもらって、ミミちゃんは大満足だ。それと言うのも俺が置いて行かれて、未知久と2人でお出掛けとでも思っているのだ。「じゃあ、先に行くよ」「うん。純さんには電話してあるから」未知久がミミちゃんを助手席に移すと、そこに大人しく座った。誇らしげな表情で俺を見るミミち...

  • 磯の鮑の片思い・12

     一緒に朝食を食べたのは、1週間振りだった。白いご飯と玉子焼きと味噌汁。玉子焼きは以前、未知久が料理人の役をした時に習ったのを作ってくれた。あの頃は毎食、玉子焼きだったな。綺麗に焼けるようになるまで未知久はこだわり続け、ひたすら焼き続けた。おかげで玉子焼きは玄人はだしだ。「うん!未知久の玉子焼き、美味ーい!」久し振りの玉子焼きを箸で掴んで、綺麗に巻かれた断面を見ると毎回感心してしまう。「そうか?久...

  • 磯の鮑の片思い・11

    「も、勘弁して」「えーっ!もう?まだ脱がしてないんですけど?」未知久は、赤ずきんちゃんの衣装を脱ぐなという。赤いドレスはすでにドロドロのヨレヨレで、パニエだけがシャンシャンしているのが笑える。「もう、って・・・未知久、マジで、寝ようよ」こいつの体力は底抜けだ。さすが、歌って踊って3時間のライブをこなすだけはある。って感心してる場合じゃない。「明日は休みだろう?」「休みだけど、俺、おばあちゃんに会い...

  • 磯の鮑の片思い・10

    「お、おま、バカじゃ、ないのか!?」未知久は俺をベッドにうつ伏せにした。「さっさと、それ、脱げよ!」暑いに決まっているのに、未知久は着ぐるみを脱ごうとはしなかった。「オオカミさんは、これから赤ずきんちゃんを美味しく頂くのです」「それはわかったって!わかったから!食われてやるから、自分で脱がせてくれ!」「ダーメッ!それはオオカミさんのお楽しみなのだ!」そうだ。変態未知久は、脱がせるのが好きなのだ。「...

  • 磯の鮑の片思い・9

     車から降りる時は未知久のコートを借りた。コートを頭からすっぽり被って、顔と衣装を隠してダッシュでエレベーターに飛び乗った。車の所でもたもたしている未知久にムカムカしながら、俺は「早くしろ!」と急き立てた。誰かに見られたらどうすんだよ!?今、お前はオオカミさんの着ぐるみ着用中なんだぞ!「せっかく可愛い格好してるんだから、もう少しお上品にしろよ」「アホ!走れ!他の住人と鉢合わせしたらどうすんだよ!」...

  • さやさやと流るるが如く・57

     厚志は下津浦が一緒に住んでいるオトコの情報をペラペラとしゃべり始めた。媚びを含んだ瞳が見上げている。厚志に恨みはないが、こういうのが通用するのもあと2、3年だと彼は気が付いていない。 自称・大学生の彼は元はウリ専だが、下津浦はその事実を知らない。彼は厚志が働いているバーに集まってくるウリ専仲間の間で評判が悪い。顔は良いが性格が最悪だ、と皆から嫌われていたそうだ。 ある日、バーにふらりとやって来た...

  • 磯の鮑の片思い・8

     マスクとサングラスだけはしてくれ、と頼み込んだ。未知久は暑いとか、面倒くさい、とかごねたが粘りに粘って着けさせた。職質される確率は上がるような気がするが仕方がない。「純さんと未知久、良いコンビだよね」「だろ?」「祭り好き」「あははっ。祭りと聞くと血が騒ぐんだ」「祭りじゃねえし!」俺の最後の花道を女装で歩ませやがって!だからハロウィンは嫌いなんだよ。「俺の最後の出演だったんだぞ?それなのにコスプレ...

  • 磯の鮑の片思い・7

     『from.N』の放送が終わり着替えようとしたが、純さんが「そのまま帰った方がいいよ」と言って、俺は控室から追い出されてしまった。オオカミの松沢くんが、荷物と花束を持ってくれている。駐車場に行くまでに、何人ものスタッフさんやMCさん、メイクさんやモデルさんに捉まって写真を撮られる。ああ、これがあるから純さんは「着替えずに帰れ」って言ったのか。女装するのもこれで最後だし、次にここへ来るのは何か月か後だ。っ...

  • 磯の鮑の片思い・6

     BGMがハロウィンっぽい曲に変わった。ええっと、なんだっけ?ナイトメアー・ビフォア・クリスマスか?ステージはオレンジ色と紫色のライトで照らされている。こんな格好であそこに出て行ったら

  • 磯の鮑の片思い・5

     俺のハンガーラックに掛けられていたはずのスーツがない。モニターを観ると、加本さんと純さんが新商品の説明をしている。『加本さん、まずは触ってみてください。生地の良さはさすが「NMW」だ、と言って頂けると思います。そしてこの縫製の良さ。このお値段でこの品質は当社ならではです。「from.N」はお手頃なお値段で最高の品質を、を心掛けながら商品をお作りしております』上品なワンピースは、新春のご挨拶やあらたまった...

カテゴリー一覧
商用