プロフィールPROFILE

ブログタイトル
IT行脚の記録 いつのまにか原発ブログ
ブログURL
http://blog.livedoor.jp/masawat1977/
ブログ紹介文
福島第一原発事故を中心に原発関連情報を記録・発信し原発ゼロをめざすサイト
更新頻度(1年)

21回 / 365日(平均0.4回/週)

ブログ村参加:2014/02/06

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、江古田の仙人さんの読者になりませんか?

ハンドル名
江古田の仙人さん
ブログタイトル
IT行脚の記録 いつのまにか原発ブログ
更新頻度
21回 / 365日(平均0.4回/週)
読者になる
IT行脚の記録 いつのまにか原発ブログ

江古田の仙人さんの新着記事

1件〜30件

  • 永卓郎の「経済“千夜一夜"物語」 ★環境破壊で敵視される日本

    ■森永卓郎の「経済“千夜一夜"物語」 ★環境破壊で敵視される日本(12月19日 週刊実話)世界中から非難されても、原発と石炭にこだわる日本!安倍政権のエネルギー政策は、昭和のまんま。日本人が、恥ずかしくて海外旅行に行いけなくなる日も近い...[引用:開始] 国連

  • 日本の五輪聖火リレー出発地で原発事故前の1775倍の放射線検出

    ■日本の五輪聖火リレー出発地で原発事故前の1775倍の放射線検出(12月5日 中央日報)政府や東京電力がいくら隠蔽しても、線量計はうそつかない。Jヴィレッジを訪問した人々はすでに被曝している可能性がある。隠蔽せずに調査し結果を公表せよ。福島の汚染は始まった

  • 福島第一原発事故の関連情報(2019/10~12)

    【最新情報】■高浜原発の再稼働影響、明言せず 関西電力本部長「まず信頼を」■JCO臨界事故20年 東海でデモ行進 市民団体「繰り返すな」■高浜原発40年超運転「影響ある」 町長、金品受領の関電会見受け■暗殺計画も…原発マネー還流事件で再注目される関電の“闇

  • 暴力団癒着の田中復興相が原発被災者の支援打ち切りで「担当外 福島県の責任」と大嘘! 裏では政府が県に打ち切り指示

    ■暴力団癒着の田中復興相が原発被災者の支援打ち切りで「担当外 福島県の責任」と大嘘! 裏では政府が県に打ち切り指示(9月22日 LITERA)政府は、最初から、自主避難者を見殺しにするつもりだったのだ。県は国の僕であり、この関係は明治時代から変わらない。恥ずかしく

  • 相馬郡飯舘村土壌汚染図・メッシュ図

    ■相馬郡飯舘村土壌汚染図・メッシュ図(8月30日 ふくいち周辺環境放射線モニタリングプロジェクト)東京五輪まで一年を切った。飯舘村の最新土壌汚染マップを見て、海外から押し寄せる観光客やアスリートに何と説明すればいいのだろう。「汚染はなかった」と偽証するしか

  • 福島第1原発 排気筒解体工事、試練続く 相次ぐ装置故障・猛暑・台風…

    ■福島第1原発 排気筒解体工事、試練続く 相次ぐ装置故障・猛暑・台風…(8月14日 産経新聞)原発の施設は、どれも、解体することを前提に設計されていないようだ。排気塔の解体だけでも危険極まりなく、いつまでかかるかわからない。台風が襲来すれば放射性核種が飛び

  • 甲状腺がん18人が集計漏れか 福島の子ども健康調査

    ■甲状腺がん18人が集計漏れか 福島の子ども健康調査(7月24日 共同通信)■福島県の甲状腺検査 がん・疑い 17人が報告漏れの可能性(7月25日 NHK NEWS WEB)減ることはない甲状腺がん。事故当時の福島の住民を全員調査しないと実態はわからないのでは?東京五輪まで隠蔽

  • 福島第一原発事故の関連情報(2019/7~9)

    【最新情報】■ロシアの海上原発、北極海へ出発 「海上のチェルノブイリ」と批判も■委員、直前まで知らされず~被曝否定の根拠データ■原発事故直後の一人ひとりの外部被ばく線量は?――福島県民健康調査「基本調査」■指定廃棄物の再測定実施を決定■福島県産ブラ

  • 損害金月内にも請求へ 公務員宿舎未退去者対象 県、家賃の2倍相当額

    ■<原発・福島のいま>損害金月内にも請求へ 公務員宿舎未退去者対象 県、家賃の2倍相当額福島県が原発事故の避難民を救おうとしないのは、知事が官庁のポチだから。請求額の半分でも支援するよう交渉できないわけはない。避難民は、被害者であり犯罪者ではない。なぜ

  • 原発事故から8年…数値が物語る日本「放射能」汚染の実態

    ■原発事故から8年…数値が物語る日本「放射能」汚染の実態(2月8日 女性自身)市民グループが作成した土壌汚染マップ。国の機関は測定もせず隠蔽。福島版チェルノブイリ法の実現と汚染による犠牲者が発生しないことを願うばかりである。原子炉再稼働に反対する。[引用

  • 自主避難者「行き場ない」 都内の国家公務員宿舎退去期限 福島県支援打ち切り、家賃は2倍に

    ■自主避難者「行き場ない」 都内の国家公務員宿舎退去期限 福島県支援打ち切り、家賃は2倍に(5月13日 河北新報)借家住まいの方、突然家賃が2倍になったら払えますか? 国と県の対応に憤りを感じ、帰還政策に強く反対する。県知事の力量が試されている。避難民を救え

  • テレビ各局の“平成事件振り返り”から「福島原発事故」が消えた! 広告漬けと政権忖度で原発事故をなかったことに

    ■テレビ各局の“平成事件振り返り”から「福島原発事故」が消えた! 広告漬けと政権忖度で原発事故をなかったことに(4月30日 LITERA)平成最後のLITERAの記事。広告費に目がくらんで報道の原則を忘れた大手メディア。原発事故を、いくらなかったことにしようとしても、古

  • 廃炉の監視態勢を強化 福島県、独自に中性子線観測 第一原発敷地外

    ■廃炉の監視態勢を強化 福島県、独自に中性子線観測 第一原発敷地外(4月6日 福島民報)福島県は、再臨界を観測するため、中性子検出器を原発敷地外に設置する。よほど、国と東電が信用できないか、再臨界の危険性があるということだろう。そんな地域に民を帰還させてよ

  • 福島第一原発事故の関連情報(2019/1~3)

    【最新情報】■福島県産品「ためらう」過去最少更新 食品の放射性物質意識調査■福島の除染土壌処理、難航 「約束が違う」住民反発■福島第一原発 放射性物質の放出量が前年比2倍に■福島の旧避難区域、居住率23% 古里に戻るきっかけ失う■<震災8年>福島・原発

  • 伊達市住民に100ミリ超~「宮崎・早野論文」検証で指摘

    ■伊達市住民に100ミリ超~「宮崎・早野論文」検証で指摘(3月26日 岩波書店「科学」)100ミリシーベルトを超える被曝の危険性を公表しなかったことは人権無視の犯罪である。国民がどれだけの被曝を被ったのか、隠蔽し続ける日本政府が許せない。被曝が確認された伊達市民

  • 乳児の複雑心奇形手術、福島原発事故後に全国で増加 名古屋市立大学が調査

    ■乳児の複雑心奇形手術、福島原発事故後に全国で増加 名古屋市立大学が調査(3月21日 大学ジャーナルオンライン)乳児が放射線の影響を数百倍も受けやすいことはわかっているはず。手術件数が増加しているなら調査して国の機関が公表すればよい。東京五輪のための隠蔽は

  • 福島第一事故の対応に最大81兆円 シンクタンクが試算

    ■福島第一事故の対応に最大81兆円 シンクタンクが試算(3月9日 朝日新聞)■民間は81兆円と 経産省「福島原発」処理22兆円のデタラメ(3月11日 日刊ゲンダイ)8年目の3.11。経産省が試算したレポートでは22兆円。いったい、国民負担はいくらになるのか。どちらが正し

  • 3.11から8年 “トモダチ作戦”で被曝した米兵23人が癌に 米連邦地裁は米兵の訴訟を却下

    ■3.11から8年 “トモダチ作戦”で被曝した米兵23人が癌に 米連邦地裁は米兵の訴訟を却下(3月10日 YAHOO! JAPAN ニュース)日本の大手メディアでは報道しない、トモダチ作戦での米兵の大量被曝訴訟。訴訟は却下されたが控訴は続くという。この裁判が日本で実施され、日

  • 震災後「放射線ニコニコしている人に影響ない」 山下・長崎大教授「深刻な可能性」見解記録

    ■震災後「放射線ニコニコしている人に影響ない」 山下・長崎大教授「深刻な可能性」見解記録(1月28日 東京新聞)結局、山下教授は地元の人々をだましていた。被曝情報を隠蔽し、講演では無責任な「安全・安心」を反復して原子力ムラを擁護していただけなのだ。政府は、

  • 太陽光関連業者の倒産、過去最多を更新 : 太陽光バブルは終わり、採算悪化か

    ■太陽光関連業者の倒産、過去最多を更新 : 太陽光バブルは終わり、採算悪化か(1月23日 nippon.com)売れない電力を過剰に製造させ私腹を肥やす原子力村。原発に騙され、太陽光に騙された人々。日本のエネルギー産業の国策は根本的に間違っている。そして、倒産した企業へ

  • 11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 福島事故直後 放医研で報告

    ■11歳少女、100ミリシーベルト被ばく 福島事故直後 放医研で報告(1月21日 東京新聞)事故から8年、被曝したこの少女の近くに同様の強い被曝を被った人々はいなかったのか? どこまで続ける国家隠ぺい!原発再稼働に強く反対する。[引用:開始] 東京電力福

  • 東京新聞 <こう動く2019日本>(3)原発 東海第二の再稼働、岐路

    ■<こう動く2019日本>(3)原発 東海第二の再稼働、岐路(1月4日 東京新聞)[引用:開始] 東京電力福島第一原発事故による全町避難が続く福島県大熊町で五月にも、除染を終えた一部地区の避難指示が解除される。福島第一がある大熊、双葉の二町では初めて。ただ

  • 福島第一原発事故の関連情報(2018/10~12)

    【10月】 ■原発・原発事故関連訴訟期日一覧■福島原発「汚染水を海に放出」経産省説明会に地元漁師の怒り ■経産省が放出をもくろむ福島原発トリチウム水 海洋放出の危険性■基準値超えキノコ、ネット出品 一部落札も現在流通せず■説明不備に「不満」噴出 トリチウ

  • 個人被ばく線量論文、同意ないデータ使用か 東大が予備調査

    ■ 個人被ばく線量論文、同意ないデータ使用か 東大が予備調査(12月27日 毎日新聞)原発推進派の東大教授が、本人同意のない被ばく専用データを使用し、被ばく量を1/3に過小評価する論文を捏造していた。これは犯罪ではないのか? 政府は本当の被ばく量を公表するべきで

  • 福島の甲状腺ガンを発病した子供達の市町村を地図化する

    ■福島の甲状腺ガンを発病した子供達の市町村を地図化する(12月27日 福島原発事故の真実と放射能健康被害★)この記事を熟読し、小児甲状腺ガンの実態を把握してほしい。この患者の多発が放射線の影響でないなら、ほかに何があるのか。説明がつかないだろう。真実を公表せ

  • ★中国・韓国・日本... 歴史の真実を探る

    これらの記事の真偽について保証するものではありません。ここに掲載された内容についての問い合わせは各サイトへ行ってください。[全般]■日本はこうして世界の「嫌われ者」になった■英語で世界に発信!UndertakerRachのコピペでGO!■アジア 歴史問題Q&A(外務省)

  • 「原発は正しい」というフィクションを守るために官僚はウソをつく

    ■ 福島第一原発の事故処理はウソやごまかしばかりだ!『除染と国家』著者・日野行介インタビュー【前編】(12月14日 週プレNEWS)■「原発は正しい」というフィクションを守るために官僚はウソをつく――『除染と国家』著者・日野行介インタビュー【後編】(12月15日 週プ

  • 規制外の山からセシウム 山形で採取、出荷のキノコ

    ■規制外の山からセシウム 山形で採取、出荷のキノコ これが福島第一原発事故の実態。事故から7年経過しても、汚染は拡大していることを忘れてはならない。規制されていない地域こそ危険である。検査していないから規制されていないだけなのである[引用:開始] 東京電

カテゴリー一覧
商用