searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

Floatingさんのプロフィール

住所
イギリス
出身
未設定

Floating on water から引っ越してきました。

ブログタイトル
Floating on water
ブログURL
https://floatingonwatermeditate.blogspot.com/
ブログ紹介文
ミャンマー人の相方と二人、第3国に暮らして早や十数年。流れにまかせてりゃ、どっかに辿り着くだろう。
更新頻度(1年)

40回 / 365日(平均0.8回/週)

ブログ村参加:2014/02/06

本日のランキング(IN)
フォロー

ブログリーダー」を活用して、Floatingさんをフォローしませんか?

ハンドル名
Floatingさん
ブログタイトル
Floating on water
更新頻度
40回 / 365日(平均0.8回/週)
フォロー
Floating on water

Floatingさんの新着記事

1件〜30件

  • ココナッツウォーターの思い出

    ワタシが始めてミャンマーを訪れたのは、いまから14年前、2007年のことでした。 当時のミャンマーは、民主化前の軍事政権の真っ只中。 気軽に観光旅行にいける雰囲気ではなかったのですが、義父の病状が思わしくなく、「今行かなかったら後悔する!」とミャンマー行きを決行したのです。...

  • 乾季のミャンマーはほこりっぽい。

    昨年から続くコロナ禍も収まらない内に、今年二月にはクーデター勃発という、踏んだり蹴ったりのミャンマー。 夫(ミャンマー人)はいつも言います。 「ミャンマーは、呪われている。」 地下資源も豊富だし、気候も農業に適しているし、普通にしてたら、かなり裕福な国になれるはずなのです。 戦前...

  • ミャンマーで両替の不思議

    ミャンマーでクーデターが起こって以来、なんか暗い我が家です。 それでなくてもコロナ禍のせいで、長い間ミャンマーに里帰りできていないので、今の状況では、コロナが収まっても、ミャンマーに里帰りできる見通しが立ちません。 そんな暗い気分の中、昔の里帰りの時に取った写真なんかを、つらつら...

  • 次にミャンマーに行けるのはいつになるかなあ。

     2021年2月1日、 ミャンマーでクーデターが起こって 以来、夫(ミャンマー人)は、とても落ち込んでしまっています。 募金活動とか、CRPH(Committee Representing Pyidaungsu Hluttaw:アウンサンスーチー率いるNLD党員で、今回のクーデタ...

  • アイ ハブ ワクチン!

    先日、コロナウィルスのワクチンを接種してきました。 英国では、既往症のある人とか60歳以上の接種中だと思っていたのですが、 ワタシが住む地域(ロンドンの田舎)では、早くも40歳代に順番が回ってきたようです。 ワタシ(48歳)と夫(44歳)、二人そろって同じ日に、かかりつけのお医者...

  • ミャンマーでクーデター

    今日(2月1日)の朝、いつものようにワタシを起こしに来た夫(ミャンマー人)が、開口一番に言いました。 「悲しい知らせがある。ミャンマーでクーデターが起こった。」 「えええ。」 2020年11月に行われた選挙に不正があったとして、軍がアウンサンスーチーや大統領などを拘束し、「群が国...

  • 夫の再就職に伴い、朝活を始めます。努力目標です。

     英経済、過去300年最悪の落ち込みの中での就職活動 をしていた夫。 https://floatingonwatermeditate.blogspot.com/2021/01/300.html その中の一社から、ほぼ内々定をいただいた段階で、過去300年最悪の経済にも関わらず、空...

  • 20年。長かったような、短かったような。

     ふと気がついたら、今年は、ロンドンに来て20年目の年です。 長かったような、短かったような。 ロンドンで語学留学して、夫(ミャンマー人)と結婚して、就職して、フラット買って、住宅ローン完済して、セミリタイアした20年でした。 でも、イギリスの年金受給開始まで、まだあと19年もあ...

  • 英経済、過去300年最悪の落ち込みの中での就職活動。

    ハッピーニューイヤー! 地球上の殆どに人にとって、散々な一年であったであろう2020年が終わりました。 多分、占いで2020年の運勢が悪い人が地球上に急増したので、こんな事になったんやと思う。 新年、2021年はどんな年になるかなあ。良い年になってほしいなあ。 さて、英国の財務大...

  • 壮大な責任転嫁

    知らない間に、長い間ブログを書いてませんでした。 英国では、サマータイムが終了すると、ガクッと日が暮れるのが早くなってしまいます。 あれよあれよという間に、どんどん寒くなり日が短くなって、柄にもなく、どうやら少し落ち込んでしまっていたようです。 英国で冬を越すのは、今年で20回目...

  • 親切をやり散らかす人達

    時々、テレビ番組で、有名人が「昔、あれそれこういう事ですごくお世話なった人がいて、その人を探し出してお礼を言いたい!」と、会いに行く企画がありますよね。 あれ、やっと探し出した人に、有名人が、「あの時お世話になった〇×です。あの時はお世話になってありがとうございました!」って突然...

  • 30分で40万使ったマダムの見る世界

    30分で40万のお買い物をしたマダム。 30分で40万。   https://floatingonwatermeditate.blogspot.com/2020/10/3040.html その買いっぷりに、かなりビビッてしまっていたのですが、翌日も同じメンバーでアユタヤ遺跡観光で...

  • 30分で40万。

    昔々、まだワタシが日本でOLをしていたのは、1990年代の後半の事でした。 ワタシは、大学在学中にバブルが崩壊し、そのまま就職活動戦線に突入した、初期の氷河期世代にあたるのですが、なんとか就職した後も景気が上向くことはありませんでした。 当時は最悪だと思っていた就職戦線も、今思え...

  • 禁酒月間:あとは下り坂を下るだけ。

    ワタクシの 10月禁酒月間(Go Sober for October)も、とうとう終わりに近づいてきました。 残すところ、あと6日。 一週間を切ったら、もう後は、惰性で坂道を下るのみです。 先日書いた、 禁酒月間中の心の中 を覗いてみると、 https://floatingonw...

  • 禁酒月間の一つ目の山

    本日、禁酒月間13日目です。 元大酒のみのワタシが、1カ月の禁酒をどんな心持ちの乗り切るのか。 先日の記事では、禁酒月間中の心の動きを予想してみました。 禁酒月間中の心の中   https://floatingonwatermeditate.blogspot.com/2020/1...

  • 破産管財人の仕事

    夫の会社がコロナ倒産し、破産管財人が入って絶賛清算処理中です。 そろそろ、真剣に腹をくくる時が来た 。 https://floatingonwatermeditate.blogspot.com/2020/09/blog-post_23.html 倒産発表後、会社の経営陣は早々に退...

  • 人から嫌われる仕事

    仕事を探す時、できることならば「人から嫌われる仕事」は避けたいものです。 「人から嫌われる仕事」と言っても、色々ありますが。 ぱっと思いつくのは、借金取りとか。 借金取りとまではいかなくても、債権回収のコールセンターとか。 コールセンターってのは、内容によっては(債権回収とかノル...

  • 禁酒月間中の心の中

    ワタシにとって、10月は禁酒月間であります。 語呂合わせ好きの英国人が、10月を禁酒月間と設定し、チャリティー活動をやっているからです。 なぜ、語呂合わせ好きかと申しますと、10月の禁酒月間は Go Sober October と呼ばれているからです。 Sober (シラフ)と ...

  • オナラ話は、日常会話か否か。

    読書日記の方に書いたのですが、先日テレビで、おもしろい英単語に遭遇しました。 それは、 Flatulent  単語帳:Flatulent  https://undertheduvettimetoread.blogspot.com/2020/09/flatulent.html どん...

  • そろそろ、真剣に腹をくくる時が来た。

    コロナ禍の中、夫の会社が倒産しました。 倒産が発表された時に書いた記事 受難のサラリーマン人生  ( https://floatingonwatermeditate.blogspot.com/2020/07/blog-post_10.html ) 失業カルマ   ( https:...

  • 007は二度死ぬ

    英国のテレビ放送では、ちょくちょく古い007映画を放送しています。 ある日、テレビ番組表に007映画っぽいタイトルの映画があったので、チャンネルを回してみたらば、ロジャー・ムーアがジェームス・ボンドをやってるやつでした。 夫:ロジャー・ムーアかあ。彼は、けっこう最近亡くなったね。...

  • 何事も、欲張ってはいかん。

    約二年半前にセミリタイアした時、まず最初に取り組んだのが「お酒を減らす事」 フルタイムで働いていた時のワタシは、ただでさえお酒が好きな所に、ストレスのダブルパンチが入り、結構な量のお酒を消費していたのです。 でも、セミリタイアしてストレスが減ったおかげで、2018年には年間休肝日...

  • 一難去ってまた一難

    ここ数日、めまいに悩まされています。 料理中、ちょっとかがんでお鍋の火加減を見たあと、通常体制に戻った時にフラッ。 野菜を切っている最中、特に体制を変えたわけでもないのに、突然フラッ。 体制を変えた時にフラっとする程度ならまだなんとかなりますが、特に体制を変えてないのにフラフラす...

  • 必要最低限の生活費、節約生活チャレンジの感想

    コロナウィルスによる引きこもり生活で、我が家の毎月の支出は大幅に減りました。  会社に行く日の昼食代や、時々行ってた外食代・パブ代が無くなったからです。 おまけに、夫婦とも在宅勤務になって通勤交通費もかからなくなったし。 (英国では、原則、会社から通勤交通費は支給されないのです。...

  • 高枝切りバサミ

    最近、我が家の庭が森のようになってます。 雑草の森。 あまりにもミドリミドリしているので、カワイイ小鳥さんとかが遊びに来てくれたりして、それはそれで楽しいのですが、やっぱりモノには限度があります。 さすがの我が家も、重い腰を上げて、庭の手入れをする事にしました。 とは言え、まず夫...

  • 分数の読み方

    日本の方と話をしていて、英語のレベルの話題が出てくると、「日常会話程度」をいう言葉が良く出てきます。 例えば、「1年間語学留学に行っても、身につく英語は日常会話程度、ビジネスレベルの英語ができないので帰国後の就職が難しい。」とかね。 でもワタシ的には、英会話は、日常会話が一番ハー...

  • 二重国籍問題(その2)

    二重国籍問題。書いてたら長くなってきたので、一旦休憩。 先日の記事、 二重国籍問題(その1) の続きです。 https://floatingonwatermeditate.blogspot.com/2020/08/blog-post.html (その1)では、ワタシ(と日本)の二...

  • 二重国籍問題(その1)

    今日の郵便に、茶色い封筒が混じっていました。 英国では、茶色い封筒といえば、お役所からの手紙です。 他の手紙は放っておいても、なにはともあれ、茶色い封筒だけはすぐに開封して、中身を確認しなければなりません。 まあ、それを見越して、わざわざ茶色い封筒で送ってくるダイレクトメールもあ...

  • 一枚の古いデニムシャツ

    夫(ミャンマー人)が、結婚前から持っているお気に入りのデニムシャツ。 古いけど、縫製もしっかりしていて、デザインも素敵。全然、古臭い感じがしない。 来た時のシルエットがすっきりしてるから、きっと裁断が良いのね。 ちょっとフレンチコネクションみたいな感じ。違うけど。 ふと、そのシャ...

  • ホホの肉のたるみ。

    鏡を見て、歳をとったなあ、としみじみ思う事。 それは、ホホの肉のたるみ。 ワタシは、ラッキーな事に、歳の割には、あまりシワはないのですが。 なので、ほうれい線とか、そういう悩みはないのですが。 っていうか、ほうれい線って、どの線なのか、いまだによくわからないのですが。 でも、ホホ...

カテゴリー一覧
商用