searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

カテゴリーのご意見・ご要望はこちら
cancel
プロフィール
PROFILE

ケイスケさんのプロフィール

住所
守山区
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
H大好き美人妻との生活
ブログURL
http://wonderwife.seesaa.net/
ブログ紹介文
妻と義母の驚くべき性癖に翻弄される日々。ある時、妻の悪戯によって義母は私の体を求め始めたのです。
更新頻度(1年)

集計中

ブログ村参加:2014/01/15

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ケイスケさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ケイスケさん
ブログタイトル
H大好き美人妻との生活
更新頻度
集計中
読者になる
H大好き美人妻との生活

ケイスケさんの新着記事

1件〜30件

  • トップギアのまま股間を突き続けた義母

    その時はついに訪れました。 義母は何かにとりつかれたかのように トップギアのまま 食卓の下で私の股間を突き続けたのです。 そして私の我慢もついに限界を 迎えようとしていたのです。 私の具合を心配する妻に至近距離から 見つめられている中、 だんだん妻の顔が遠のいていくように 感じられました。 そしてついにその時を迎えたのです。 目を閉じていると…

  • 妻に見つめられながら義母の股間攻撃に耐え続け

    妻の手が私の額に当てられている時に 義母の足は食卓の下で 容赦なく私の股間を突いてきました。 その激しい振動に必死に耐えていると 妻は私の具合が悪いと勘違いしたようで 「大丈夫?顔色悪いよ」 と心配そうに見つめてきたのです。 そんなに見ないでくれ・・・。 心の中でそう願っても妻は 私の顔をじろじろと見てきたので 私は妻に見つめられながら 義母…

  • 自分の娘の前で私をイカせるつもりなのか

    妻に顔を近づけられている間も 義母は食卓の下で私の股間を 脚で激しく突いてきました。 いったい何がしたいんだ、この人は。 自分の娘の前で私をイカせるつもりなのか。 それだけは絶対に耐えなければなりませんでした。 そして妻の前でひっしに平生を装い続けたのですが 妻は一度興味を示したものには 食いついてくるタイプだったので 熱でもあるのではないかと、 …

  • 義母は、私の股間を容赦なく

    妻は私にちょっとテレビを見てよ、 というつもりで、軽く肩を叩いたようなのですが 私が思わぬ恥ずかしい声をあげたことで 「どうしたの?」と怪訝な顔で 私を間近から見てきたのでした。 「な、なんでもないよ」 そう言っている間も 正面に座る義母は、私の股間を容赦なく 脚攻めしてきたのです。 「あなた、おかしいわよ。ほんと大丈夫?」 妻は私が顔を歪めて…

  • 義母の股間攻撃は容赦なく開始されました

    私が椅子に座るとすぐに義母の股間攻撃は 容赦なく開始されました。 すでに二度果てていても、その脚攻撃に 私の股間は敏感に反応してしまいました。 こんなはずじゃないのに・・・。 私は自分の体が恨めしく思えました。 そして義母は相変わらず冷徹な笑みを浮かべながら 私の反応を楽しんでいるようでした。 その時でした。 隣の席でテレビに夢中になっていた妻が …

  • さあ早く座りなさい。すぐにイカせてあげるから

    ふたたび食卓に戻り、椅子に座ろうと数rと 私の椅子の上には、すでに正面に座る 義母の脚が置かれていました。 さあ早く座りなさい。すぐにイカせてあげるから。 義母はそんなふうな顔で私のことを 見ていました。 お義母さん、もうこんなバカなことは 止めてください。 私の訴えるような眼差しさえ 義母は完全無視で脚を私の椅子から 降ろそうとはしませんでし…

  • ドSでドスケベな熟女にしか見えませんでした

    義母の容赦ない脚攻めによって 私はふたたび食卓で果ててしまったのです。 しばらくして目を開けると 正面に座る義母は、私にだけ見えるように 笑いながらVサインを作っていました。 なんなんだこの人は・・・。 もう義理の母というよりも ドSでドスケベな熟女にしか見えませんでした。 そして私はふたたびトイレに向かったのです。 いつ終わると分からない義母か…

  • 義母は私をその脚でまたイカせるつもりのようでした

    義母はもう容赦がありませんでした。 ふたたび私をその脚でイカせるつもりのようでした。 妻にだけは絶対に気づかれてはいけない。 私はそれだけをずっと気にしていました、 幸い妻はテレビに夢中で、私が今どういう目に遭っているか 分かっていませんでした。 そして義母はそれをいいことに振動をより 強めてきたのです。

  • ふたたび下半身を襲う義母の脚

    しばらくしてトイレから食卓に戻ると 食事を終えた義母はまったりと お茶を飲んでいました。 お願いですから早く帰って下さい、 そんな願いもむなしく、 私の顔を見ながらいたずらな笑みを 浮かべているのでした。 そして、まさかの脚攻撃がまた 食卓の下ではじまったのです。 ウソだろ・・・。 義母はどこまで自分を辱めれば気が済むんだ、 義母の目を見なが…

  • 義母の脚攻撃で果ててしまった私

    妻に肩をポンポンと叩かれて 私は目を開けました。 「ねえ、ちょっとあれ見てよ」と 妻はテレビの方を指さしていて 幸い私の方は見ていませんでした。 どれくらいの間、食卓の椅子で 目を閉じていたのか、私には分かりませんでした。 義母の脚攻撃で果ててしまった私は 今自分がどれほど惨めな状況なのかを 分かっていました。 ふと正面に座る義母を見ると 相…

  • 椅子に座ったまま果ててしまったのでした

    食卓を挟んで正面に座る義母は 私の表情を見るとすぐに食卓の下で続けられていた 脚攻撃を止めました。 しかし、もはや私の体は限界を越えてしまい 隣にいる妻がテレビにくぎ付けになっていることを なんとなく確認すると、私はそのまま 椅子に座ったまま体を震わせて果ててしまったのでした。 その時、正面に座る義母の顔を見ると 口に手を当てて必死に笑いを堪えてい…

  • 義母の絶妙な脚攻撃

    義母の絶妙な脚攻撃は延々と続き もうこれ以上耐えられないところまで 私の体は追い詰められていました。 私がイキそうになると義母は脚の動きを 止めるのですが、脚の動きが止まっても 体の中の余韻が消えることはなかったのです。 隣に座る妻はテレビに夢中で幸い私の異変には 気づいていませんでした。 そして私はもうこれ以上耐えることを ついに諦めたのでした…

  • もう勘弁して下さい

    義母の片足でのピストンは次第に激しくなり 私はもう箸を持つ手を止めて耐えるしかありませんでした。 すこしでも気を許すとイってしまいそうだったのです。 すると義母は、微妙に脚先の力を変化させて 激しく、弱く、強く、激しくを繰り返し 私の歪んだ顔を見て楽しむのでした。 もう勘弁して下さい、そんな表情で正面に座る 義母に無言で訴えかけても、義母は相変わらず …

  • 義母の何とも言えないネチッこい攻め

    食卓を挟んで正面に座る義母の片足が するっと私の開いた両脚の間に忍び込んでくると 義母はゆっくりとその脚先をピストン運動し始めたのです。 それは、何とも言えないネチッこい攻めでした。 私は少しずつ下半身を駆けあがって来る刺激に 耐えながら、隣に座る妻には気づかれないように 食事を続けるしかありませんでした。 そして、義母の顔を見ると、私に優しく微笑み…

  • 私を脅すHな義母

    義母が食卓の上に置いたスマホの画面には 私の恥ずかしい姿が映し出されていました。 目を閉じて口を半開きにしたまま 何とも言えない恍惚な表情を浮かべているのです。 義母はそれを私に見せながら またも微笑みかけてきました。 それは私に対する脅しに他なりませんでした。 そんなものを隣に座る妻に見られでもしたら、 どうなるか分かりませんでした。 そして私…

カテゴリー一覧
商用