tek-tekウォーキング
読者になる
住所
出身
ハンドル名
ホロホロさん
ブログタイトル
tek-tekウォーキング
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tek-tek930
ブログ紹介文
歩くの大好き。歩けばこころもからだもぽかぽか。 歩いて季節の移ろい綴ります。
自由文
-
更新頻度(1年)

131回 / 333日(平均2.8回/週)

ブログ村参加:2014/01/01

ホロホロさんの人気ランキング

  • IN
  • OUT
  • PV
今日 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 全参加数
総合ランキング(IN) 17,829位 19,607位 19,463位 19,393位 19,380位 21,171位 26,688位 975,557サイト
INポイント 20 0 10 10 20 20 20 100/週
OUTポイント 0 0 0 20 10 0 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 211位 243位 241位 236位 241位 266位 342位 11,858サイト
ウォーキング 6位 6位 7位 6位 4位 7位 10位 330サイト
今日 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 全参加数
総合ランキング(OUT) 58,070位 58,766位 54,306位 54,221位 65,556位 77,193位 77,215位 975,557サイト
INポイント 20 0 10 10 20 20 20 100/週
OUTポイント 0 0 0 20 10 0 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 1,042位 1,085位 978位 966位 1,205位 1,440位 1,440位 11,858サイト
ウォーキング 19位 20位 18位 17位 26位 33位 32位 330サイト
今日 10/21 10/20 10/19 10/18 10/17 10/16 全参加数
総合ランキング(PV) 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 975,557サイト
INポイント 20 0 10 10 20 20 20 100/週
OUTポイント 0 0 0 20 10 0 0 30/週
PVポイント 0 0 0 0 0 0 0 0/週
アウトドアブログ 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 11,858サイト
ウォーキング 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 圏外 330サイト

ホロホロさんのブログ記事

1件〜30件

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ホロホロさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ホロホロさん
ブログタイトル
tek-tekウォーキング
更新頻度
131回 / 333日(平均2.8回/週)
読者になる
tek-tekウォーキング
  • ミヤコドリとセッカ

    ミヤコドリが来ていないかとマイフィールドの川へ探鳥に行きました(10月1日)夏の間は来ていなかったミヤコドリですが、この日は潮が引いた河口で約20羽で餌取りをしていました。ミヤコドリ背景はコサギ気が強そうなウミネコにビビるミヤコドリ河川敷で見かけたセッカ可愛い小鳥さん💌ミヤコドリとセッカ

  • 初めて出会えた「アカゲラ」

    初めてキツツキの仲間の「アカゲラ」に出会えました(9月29日)葛西臨海公園の西側エリアを通りかかったところ、カメラマンさんが手招きしています。アカゲラがいたのです。数分ですが、アカゲラを初見・初撮りできました。教えてくださったカメラマンさんに感謝です。アカゲラ後頭部が赤くないので、この子はメスでしょうか・・・赤いお尻(下尾筒)アカゲラ(赤啄木鳥):キツツキ目/キツツキ科/L24cm留鳥初めて出会えた「アカゲラ」

  • 私も滝行したかった! キビタキ雌

    前ブログの続きです(9月26日)キビタキ雄が水浴びしていた滝にキビタキ雌もやって来ました。木々の中でキビタキ雌滝の橋に止まりましたが、この時は水場には行きませんでした。キビタキ雄が水浴びをしているところに現れたキビタキ雌キビタキ雌のキビ子さん暫し、キビ男くんの水浴びを眺めていましたが、キビ男くんはどきそうにもないと思ったのか、この後、諦めて飛び去りました。水場の側にいたムシクイ(センダイムシクイ?)ヒヨドリのヒヨちゃん、気持ち良さそうに水浴びしていました。ツツドリも木々の中に来て、一瞬ですが、見かけました。台風19号、悲惨な爪痕を残して過ぎ去りました。あまりにも広い範囲で甚大な被害が出てしまいました。尊い命が奪われ、たくさんの方が被害に遭われました。筆舌に尽くしがたい災害に言葉もありませんが、亡くなられた方にお...私も滝行したかった!キビタキ雌

  • キビ男くん・滝行をする

    やっと、キビタキ雄に出会えました(9月26日)木々の中で見られただけでも、嬉しいことですが、この日は滝がある水場で水浴びも見せてくれました。滝に打たれはしないから、滝行ではないのですが、滝のそばで水浴びなので「滝行」と大げさなタイトルにしました(^^;)キビタキ雄危険な台風19号が近づいて来ました。日本各地で影響を受けそうです。このままの進路で行くと東京は台風の右側で風が強そうです。川に囲まれた我が家、強風はもちろんですが、水害もとても不安です。大きな災害にならないように祈るだけです。皆様もどうぞ、万全の注意を払い、お気をつけてやり過ごしてくださいませ。キビ男くん・滝行をする

  • キビタキメス・ムシクイ・コゲラ

    前ブログ(9月19日)に続いて、立ち寄りの夏鳥を探しに行きました(9月22日)キビタキメス黄色いオスには相変わらず、出会えませんでしたこの子はコサメビタキでしょうか?撮っている時は、ヒタキ類とだけしかわかりませんでしたが、コサメビタキだとすると嬉しい出会いでした。今季初。?ムシクイ頭も羽も見えないので、何ムシクイか私にはわかりませんコゲラコゲラも久しぶりに見かけました。キビタキメス・ムシクイ・コゲラ

  • トウネンなど

    今日から10月に入りました。秋なのに日中の東京の気温は30度と真夏並み。今年は暑さがなかなか和らがないですね。この時期になると、水路で見られるトウネン。3羽が餌取りをしていました(9月19日)トウネン(当年):チドリ目/シギ科/L15cm/旅鳥名前の由来:当年(トウネン)は「その年生まれ」と言う意味。トウネンが小さいので「1歳のような小さい鳥」と言う意味(野鳥の名前より)暗いところでキビタキ雌ムシクイ何ムシクイ?「下の池」でコガネムシを捕まえたオナガ帰り道、旧江戸川で見かけたイソヒヨドリ雌イソヒヨドリは久しぶりの出会いです。夏鳥を探しに行きました。途中の水路で可愛いシギの「トウネン」に出会えました。夏鳥はキビタキメスとムシクイに出会えました。トウネンなど

  • 紅白の彼岸花

    今年の彼岸花は彼岸明けから、見頃になりました。紅白の彼岸花を数カ所で撮影しました。紅白の彼岸花

  • 夏鳥、立ち寄り・・・キビタキ雌

    日本で子育てした夏鳥たちが南の国へ帰る季節になりました。都市公園には渡る途中の夏鳥が一時、立ち寄ります。そんな夏鳥を求めて、探鳥したところ、キビタキ雌に出会えました(9月17日)キビタキ雌黄色いキビタキ雄もチラリと見かけましたが、待てど出て来ませんでした(^^;)<ここからはこの公園にいた漂鳥や留鳥たちです>ヤマガラシジュウカラ足元にある大きな芋虫を咥えて、木の枝で食べました。カワセミ雄小魚取りに頑張ってましたー!夏鳥、立ち寄り・・・キビタキ雌

  • 「ツツドリ」は毛虫が大好き!

    過去2度、ツツドリに出会いましたが、いずれも遠くから。今回、水元公園で近くからツツドリを見られました。それもお食事中の場面が撮れました(9月14日)赤っぽい(赤型)子もいました。このノーマル型のツツドリさんは上記写真の場所とは違うエリアです。公園には数羽のツツドリが飛来しているようです。ツツドリ(筒鳥):カッコウ目/カッコウ科/L33cm夏鳥⭐︎ツツドリの名前の由来鳴き声が、竹筒や茶筒の口を手のひらで叩くと出る音に似ているから「筒鳥」(野鳥の名前より)森の中でエゾビタキ高い木の上を飛び回っていました。首が痛くなりました(^^;)アサザ(ごんぱち池)この日、ツツドリを十分撮れて満足して、午後1時頃、公園を後にしました。その後、午後2時頃、ヨタカが見つかったそうです。後日、顔見知りのCMさんにお聞きしました。残念で...「ツツドリ」は毛虫が大好き!

  • 鳥類園「下の池」にて・・・ホシゴイ、サンコウチョウなど

    前ブログ、オオソリハシシギと同じ日、葛西臨海公園「下の池」で出会った鳥たち(9月12日)ホシゴイ(ゴイサギの幼鳥)アオアシシギお疲れのようで、眠っていました。コチドリサンコウチョウハクセキレイに追い回されて、一瞬、松の木に止まりました。これ1ショットのみで、すぐに林の中に入ってしまいました。私は葛西臨海公園でサンコウチョウは初見です。アイリングの青が薄いので、幼鳥でしょうか?鳥類園「下の池」にて・・・ホシゴイ、サンコウチョウなど

  • 渚にて・・・オオソリハシシギなど

    葛西海浜公園の西渚でオオソリハシシギに出会えました(9月12日)オオソリハシシギ上に反った長い嘴、シックな色と模様の羽。美しいシギだと思います。この鳥は幼鳥でしょうか・・・「コサギさん、こんにちは!」ウミネコは大きいですね。オオソリハシシギ・全長39cmウミネコ・全長47cm頭、カキカキブルブル水に浸かりました。水浴びを期待しましたが、やりませんでした(^^;)波打ち際でトビが休んでいました。セグロカモメ?かオオセグロカモメ?の幼鳥トウネンの小群以上、渚で見られた水鳥たちでした。色がついていない地味な野鳥たちでした(^^)フラットテンプレートから旧テンプレートに戻しました。写真はミヤコドリのウォーキングを選びました。今まで、フラットテンプレートから「いいね」や「応援」押していただいてお礼申し上げます。渚にて・・・オオソリハシシギなど

  • ヤマガラのエゴの実運び

     ヤマガラがセッセセッセとエゴの実を運ぶ季節になりました。エゴの実を咥えては、森の中へ運んでいます。冬に備えて、貯蔵しているのだと思います。この様子が見たくて、今年も都内の公園へ行きました(9月5日)         運ぶばかりではお腹が空きますね。時々はお食事しています。  公園の池ではカワセミの幼鳥もいました。  色とりどりのサルスベリが満開です。  台風15号は東京湾を直上し、関東地方を直撃しました。台風の目、間近の我が家、今日3時頃から強烈な風雨で家が揺れ、とても眠れませんでした。幸い、我が家付近では大した被害もなかったですが、千葉をはじめとする近県で大きな被害が出ました。酷暑の中での復旧作業は過酷なものです。被害に遭われた方々にお見舞い申し上げます。 ヤマガラのエゴの実運び

  • ソリハシシギなど

      所用が立て込み、鳥撮影になかなか行けませんでした。昨日(9/3)マイフィールドへ行ってみました。 メダイチドリ   ソリハシシギ2羽    スズメが昆虫を食べるのに格闘していました。  ハクセキレイ親子まだ、子育て中です。親鳥は餌をすぐには与えません。子供が口を開けて「ちょうだい」アピール 結局、与えていました。このようにして、親離れをさせているのでしょう。 ソリハシシギなど

  • 水元公園のオニバス

     水元公園は東京で唯一、オニバスが自生しています。今年も花が咲きました。葉っぱは直径1.5Mほどの大きな葉ですが、花は小さい(直径4〜5cmくらい?)紫色が鮮やかで美しいです。 池の全面にひしめき合うようにして、広がる葉。  オニバスは植物全体にトゲがあり、そこから「鬼蓮」と名付けられたそうです。オニバスは名前に「ハス」とつきますが、スイレン科の植物でハス科ではないそうです。 葉に生えているトゲ 葉を突き破って咲いてます。 イトトンボが止まりました。   水元公園のオニバスについては下のサイトに詳しく説明されています。水元公園のオニバス   ゴンパチ池のチョウトンボ   水元公園のオニバス

  • 蓮の花とカルガモ

     水元公園のハスの花とカルガモを撮影しに行って来ました(8月22日) カルガモ2羽やっと、ハスの花が咲いている池に泳いで来てくれました。 カルガモ・トンボ・ハスのスリーショット(^^)     以上のハスはオニバス池のそばの水路で撮りました。 このハスは森を抜けた丸池(通称)の花。たくさん咲いていました。蓮の花とカルガモ

  • 在庫から〜「オオヨシキリとスズメの給餌」

    猛暑やいつ雨が降って来るかわからない天候不順で鳥撮影に行けません。新規の写真がないので、まだ、アップしていない在庫写真です。今年の夏は近くの河川敷でオオヨシキリが繁殖していました。巣立ったばかりの雛鳥が見られました。写真は全て7月31日に撮りました。オオヨシキリ巣立ち雛親鳥から雛鳥への給餌親鳥が餌を咥えて逆さになり、雛鳥はホバリングで受け取る。下方の枝には別の雛鳥が止まっている。この日4羽の巣立ち雛が確認できました。スズメ親子の給餌餌を食べ終わり、雛鳥はストレッチ。親鳥はまた、餌を探しに飛び立ちました。オオヨシキリは8月3日までいたのが確認できましたが、その後は姿を見かけません。もう、移動したようです。5月初旬にこの葦原にやってきて、ギョギョシー、ギョギョシーと一日中、鳴いていたオオヨシキリ♂。梅雨の長雨、低温...在庫から〜「オオヨシキリとスズメの給餌」

  • 暑ちちー! オナガの水浴び

    今日(8月17日)もまた、猛暑日。親水緑道でオナガが集団水浴びをしていました。初めは一羽だんだんとまた一羽と飛んできます5羽でジャブジャブしたり、水を飲んだりしていますオナガの写真は午後3時頃。買い物の帰りにオナガが水浴びしていたので、急いでカメラを取ってきて、パチリ親水緑道、早朝散歩で見かけた花や猫デュランタライム芙蓉の花ミソハギ綺麗なニャン(猫)草をかじってました以上、今日、親水緑道で見かけた鳥や花でした。暑ちちー!オナガの水浴び

  • 2019秋の渡り始まる・キアシシギ

    昨日、東京の気温予想は33度で連日35度続きより涼しそうなので、久しぶりに鳥観察に行ってきました(8月14日)潮が引いた川の干潟にはキアシシギ6羽の小群がやって来ていました。キアシシギ(黄脚鷸):チドリ目/シギ科目/L25cm/旅鳥日向はとても暑いので橋の下のに避難しましたが、涼しい川風ではなくドライヤーのような熱風が吹いて来て、ちっとも涼しくありません。キアシシギたちも暑いのか口を開いていました。日本より北の繁殖地からの帰り道に立ち寄った日本。暑くて驚いているかも暑いはずです、昨日の東京の最高気温は36度だったそうですコムクドリ(小椋鳥):スズメ目/ムクドリ科/L19cm/夏鳥枝かぶってますが、コムクドリがいます。良いところに出でくれるのを少し待ちましたが、暑くて、ギブアップですムクドリ(椋鳥):スズメ目/ム...2019秋の渡り始まる・キアシシギ

  • 「ひまわりの種とカワラヒワ」&2羽のサシバ

    カワラヒワはひまわりの種が好きなようです。毎年、同じ公園で撮っています。今年のひまわりの花は早く咲き終わったようで、絵になる花とカワラヒワは見られませんでした。カワラヒワがひまわりの種をムシャムシャ食べていました。このカワラヒワは胸に縦斑が見えるので、幼鳥のようです。7月27日撮影7月30日撮影前ブログのコムクドリを撮っていると、遥か上空を2羽のサシバが舞っていました(7月30日)側にいらした観察の方が「サシバ」だと教えてくださいました。「ひまわりの種とカワラヒワ」&2羽のサシバ

  • 珊瑚樹の赤い実とコムクドリ雄

    今年も珊瑚樹の木にやって来たコムクドリを撮りに行って来ました。コムクドリ雄(7月27日撮影)この写真の日は夕方近くに行ったので、コムクドリが出たのはこれ一回だけでした。後日、もう、一度午前中に行きました。7月30日撮影後ろ姿。暗い木で光がないので、背中のメタリックブルーの光沢が足りませんね。珊瑚樹の実を食べているのではなさそうです。赤い実も咥えますが、赤い実よりも熟した黒い実が好きなようです。この日は実を食べている場面が撮れなかったので、また、行きたいのですが、連日の猛暑では出かけられません。ムクドリ幼鳥こちらはコムクドリ(L19cm)よりもずっと大きいムクドリ(L24cm)コムクドリもムクドリもスズメ目/ムクドリ科で同じ鳥の仲間です。珊瑚樹の赤い実とコムクドリ雄

  • 河川敷のウミネコとオナガ

    河川敷の草はらにウミネコが点在していました(7月18日)総勢50羽くらい。水辺で見ることが多いウミネコですが、時々、河川敷でマッタリしています。繁殖地から移動して来たのかもしれません。ウミネコ成鳥薄茶色のはウミネコ幼鳥河川敷の木々の中にオナガの幼鳥がいました。ごま塩頭のオナガの幼鳥給餌親鳥は餌探しに一生懸命でした。河川敷のウミネコとオナガ

  • 満腹・コムクドリ

    暑中お見舞い申し上げます。暑い毎日ですが、今日で7月もおしまいですね。日にちが経ってしまいましたが、秋の渡りのコムクドリの群れが見られました(7月11日)コムクドリ雌大きな虫を捕まえました。「あっちで食べようー」っと大きな虫を飲み込むのに岩の上で悪戦苦闘していました。無事食べ終えるとまったり。「お腹いっぱいで眠くなったわ」ミズキに群がるコムクドリたちまだ青い実ばかり・・・黒い実、ないかな・・・ネムノキにとまるコムクドリ雄アカメガシワにとまるコムクドリ幼鳥?葛西臨海公園鳥類園で見られたコムクドリ以外の野鳥ヨシゴイコチドリハマボウも咲き始めていました。満腹・コムクドリ

  • 不忍池のハスの花

    今日、朝方は雨でしたが、晴れて来たので上野不忍池にハスの花を見に行きました。まだ、花は少ししか咲いていません。着いたのがお昼頃でしたので、花も閉じていました。ピンクの夾竹桃が優しい感じです。不忍池の白い鳩さん、元気でした。蒸し暑くて、熱中症が心配で不忍池は早々に退散しました(^^;)この後、今日のもう一つの目的であるパソコンを見に秋葉原までウォーキング9年近く使っているPCがスムーズに動かなくなりました。写真を編集するのにもサクサク動かず、時間がかかります。もう、限界なのでしょうね。大手販売店で見ましたが、高い〜!もう少し、このPCで我慢かな・・・不忍池のハスの花

  • ササゴイ幼鳥

    二つ前の記事のやオオタカ幼鳥を撮り、その足で電車に乗り換え、ササゴイの幼鳥が出ているか見に行きました(7月9日)池にいましたー(^^)カルガモとササゴイ幼鳥ササゴイ幼鳥は喉から胸に縦班があるのが特徴ですね。幼鳥2羽が仲良く杭止まりです。一人前に冠羽が逆立っていますゴイサギが飛んでキター!驚いた後はストレッチでリラックス木止まりこの日は今の時期ならではのオオタカ幼鳥とササゴイ幼鳥が見られて、満足した公園巡りでした。ササゴイ幼鳥

  • 雨にも負けず・オオヨシキリ

    梅雨の長雨、くずついた日々。気温も低く、オオヨシキリの雛は無事に孵るのか、気がかりでしたが、無事に巣立ち、幼鳥が出てました。オオヨシキリ巣立ち雛(7月15日)2羽の幼鳥親鳥が餌を運んできました貰えなかった子が「ちょうだ〜い」と親鳥に催促している・・・親鳥は餌集めに大忙し(7月17日)今日は久々に日が差し、幼鳥の目に光の粒が入りました(7月18日)近所でモズが見られるのは初秋ですが、もう、いました(7月17日)近所の河川敷ではオオヨシキリが3〜4箇所で営巣したと思われます。これから、もっと巣立った幼鳥が見られそうです。巣立ち雛が見たくて、毎日のように見に行った甲斐があり、幼鳥が見られました。悪天候の中、親子ともに頑張ってます雨にも負けず・オオヨシキリ

  • オオタカ幼鳥

    都内の公園で今年もオオタカの繁殖が成功し、巣立った幼鳥を見に行ってきました(7月9日)オオタカ幼鳥地元の方のお話では4羽の雛が孵って、1羽はなくなり、3羽が巣立ちました。3羽のうち小さかった1羽は保護されたとか・・・近くの場所にいるとの情報もありました。この写真は元気な2羽の兄弟です。大きな体の幼鳥です。親鳥を呼んでいるのか、大きな口を開けて鳴いています。兄弟の下の子。上の子より少し体が小さい。この子もピューピュー♪と鳴いています。噴出ー!こんな場面をアップして失礼しますー(^^;)フンを出して、飛び立ちました。残念ながらピントボケでした。この幼鳥たちはまだ、自分では餌が獲れないそうで、親鳥から給餌されているそうです。オオタカといえども餌取りが上手くなければ、生きることは難しいとのこと。この子たちも無事に成鳥に...オオタカ幼鳥

  • 身近な野鳥の幼鳥・親鳥は子育て中

    今の時期、河川敷や散歩コースでは身近な野鳥の幼鳥が見られます。また、引き続き子育て中の親鳥は虫などの餌取りに精を出しています。ハクセキレイ幼鳥河川敷でハクセキレイ幼鳥がマッタリしていました。懸命に餌取りしていたので、お疲れなのですね。ムクドリ親が子供に給餌していました。スズメ幼鳥玄関のポーチに迷い込んで、パニクっていました。急いでカメラを持ってきて、パチリ。そっと傘の先で追いやると歩道に飛び、へたり込んでいました。すぐに親鳥が迎えにきて、飛んで行きました・・・良かったね(^0^)ヒヨドリ幼鳥今日、庭から♪ピューピュー♪と聞きなれない鳥の鳴き声がします。物置の上でヒヨドリの幼鳥が親を呼んでいるようです。すぐに親鳥と一緒に飛んで行きました。アオサギ若鳥アオサギが人通りの多い親水緑道で見られました。アオサギは警戒心が...身近な野鳥の幼鳥・親鳥は子育て中

  • 今季初見・コアジサシ

    以前のブログ記事の「大賀ハス」を見てから、浜辺へコアジサシを観察に行きました(6月25日)コアジサシは例年、近所の川で見られるのですが、今シーズンはいなくて、この浜辺で今季初見です。コアジサシ親子可愛い雛が2羽、見られました。親鳥が小魚を給餌していました。コアジサシの中に少し違って見える鳥がいました。左端の鳥です。この鳥は周囲のCMさんのお話ではコアジサシの幼鳥ではないかとのことです。お疲れなのか、ダウンしています。こちらはコアジサシ成鳥。小魚を渡したいけど、お相手がいないようで、咥えたまま飛び去りました。浜辺ではシロチドリが抱卵していました。今シーズン、初めてコアジサシに出会え、その上、雛ちゃんも見られて、とても嬉しかったです。いつも、ご覧いただきまして、ありがとうございます。ブログ更新間隔が空いてしまい、失...今季初見・コアジサシ

  • 青空に向かって・オオヨシキリ

    うっとおしい梅雨空が続いています。西日本では大雨の注意警報も出ています。被害が出ないことを願います。マイフィールドのオオヨシキリが青空に向かって、歌っていました(6月16日)こんな青空が懐かしいです!オオヨシキリシング・シング・シング🎶歌ってない姿も見てねヒバリヒバリも青空で歌っていました。青空に向かって・オオヨシキリ

  • 古代から蘇った「大賀ハス」

    約2000年前の古蓮の「大賀ハス」。昭和26年に東大の大賀博士が千葉市の地層から掘り出した蓮の実が開花した、古代のロマンを秘めた美しい「大賀ハス」を見に、千葉公園へ行って来ました(6月25日)シンボルキャラクターの「ちはなちゃん」。オオガハスの妖精をイメージしているそうです。池にいた鳥左からマガモ?アヒルキンクロハジロキンクロハジロはこの時期は繁殖地へと渡っている頃ですが、まだ、いました。どこか故障していて、居残っているのでしょうか・・・古代から蘇った「大賀ハス」

カテゴリー一覧
商用