searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

ホロホロさんのプロフィール

住所
未設定
出身
未設定

自由文未設定

ブログタイトル
tek-tekウォーキング
ブログURL
https://blog.goo.ne.jp/tek-tek930
ブログ紹介文
歩くの大好き。歩けばこころもからだもぽかぽか。 歩いて季節の移ろい綴ります。
更新頻度(1年)

102回 / 365日(平均2.0回/週)

ブログ村参加:2014/01/01

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、ホロホロさんの読者になりませんか?

ハンドル名
ホロホロさん
ブログタイトル
tek-tekウォーキング
更新頻度
102回 / 365日(平均2.0回/週)
読者になる
tek-tekウォーキング

ホロホロさんの新着記事

1件〜30件

  • チラ見のカケス

    フィールドでは2度目の出会いのカケスです。2度ともチラリとしか出会えません。いつか、じっくり出会いたいカケスです(10月6日撮影)カケス遠くでピントがイマイチですがね、出会えたことが嬉しい!この写真一枚だけで、すぐに飛んでしまいました。鳴き声は良く聞こえるのですが、姿を見つけるのは難しいです。公園では渡りのキビタキやエゾビタキが見られました。キビタキ雌エゾビタキ枝から枝へと忙しく飛び移り、虫を取っていました。ツミこのツミは幼鳥。足元には狩られたメジロがいます。メジロは気の毒でしたが、ツミは幼鳥ながら小鳥を狩れるまでに成長したようです。今シーズンはカケスが多く見られるとカメラマンさんたちが噂していました。まだ、私はじっくり見たことがないので、いつかどんぐりでも食べているシーンを見たいものです。チラ見のカケス

  • モズ・キビタキ雌など

    この日の目的はノビタキでしたが、すでに去ってしまったようです。野原では数羽のモズが高鳴きしながら縄張り争いの真っ最中でした(10月3日撮影)モズ雌モズは水元公園のあちらこちらに到着していて、珍しい野鳥ではないですが、私は今シーズンは初めての出会いなので、嬉しい!モズの高鳴きを聞くと、秋になったのだと感じます。セグロセキレイセグロセキレイも久しぶりに出会いました。キビタキ雌秋の渡りのキビタキに出会えました。黄色いオスもいたようですが、すでに御隠れになって、出て来てくれませんでした(^^;)水辺にはカモたちも到着していました。ハシビロガモヒドリガモカモたちもやって来て、公園も冬鳥たちの季節になりつつあります。今年はどんな野鳥が見られるのか、楽しみです。前の記事に水元公園のヒガンバナを載せましたので、よろしくお願いい...モズ・キビタキ雌など

  • 水元公園の彼岸花とアサザ

    先日、水元公園へ野鳥撮影に行った際、見事なヒガンバナの群生に出会いました(10月3日撮影)ヒガンバナアサザ続いて、次の記事でこの日に出会えた、野鳥をアップいたします。水元公園の彼岸花とアサザ

  • エゴノキの実とヤマガラ

    四連休の最終日、2月以来、半年以上ぶりに水元公園へ行きました。主人は犬と散歩で、私は2時間の約束で探鳥です(9月22日撮影)ヤマガラが「エゴノキの実」を食べたり、貯食するために運んでいました。ヤマガラとエゴノキの実のこうした光景は毎年、都内の公園へ見に行っていたのですが、今年はコロナ禍で行けません。諦めていたのに、近場の公園で見られたことは、この日一番の成果でした。エゾビタキエゾビタキは旅鳥で春と秋の渡り時に日本へ立ち寄ります。春は繁殖のため日本より北の国へ渡り、秋は越冬のため日本より南の国へ渡ります。その途中で栄養補給と休息のために日本で羽を休めます。眉班が薄くて、顔が白っぽいエナガ。通称「千葉エナガ」と呼ばれています。千葉県周辺で見られる顔が白いエナガ水元公園の川向こうは千葉県だから、いるのかな・・・白花の...エゴノキの実とヤマガラ

  • コバルトブルーに光る・カワセミ

    渡りの夏鳥を捜しに行った公園。あたりが暗い池の中に青い光が灯っています。カワセミです。光沢のあるコバルトブルーの背中は暗い中にぽっと灯りが灯っているように見えました。昨日(9月17日(木))撮影カワセミは何度か池に飛び込み餌を捕ってきました。小エビのようなものをとりました。こちらは小魚かな?石の上にあった、黒い物(虫?)小エビ以上のように何度かカワセミは水中から餌をとってきました。コンデジですが、なんとか飛んでいるシーンを撮りたいと挑戦しました。周囲が暗いので、ssを上げられません。荒い画像になりますが、iso6400ss1/250にして撮りましたが、技術がなくてブレブレ写真ばかりで、ボツ写真になりました(^^;)(参考までに一番上の静止画写真はiso1000ss1/30)渡りの夏鳥には出会えませんでしたが、い...コバルトブルーに光る・カワセミ

  • 蝉はツミ幼鳥の大切なご飯

    マイフィールドにほど近い都市公園てツミが繁殖し、雛が孵ったと鳥友さんから情報をいただきました。猛暑の中、朝の家事もそこそこに見に行って来ました。巣の中に雛がいました(8月13日撮影)真っ白のフワフワの雛ではなく、孵ってから日にちが経っている茶色っぽい色の羽で、しっかりした顔つきです。暫くすると巣を飛び立ち枝に止まりました。もう、巣立ちした雛だったのです。「はーい!こんにちは」幼鳥は巣立ちしても巣に戻るのですね。この公園から渡りのために移動するまでは、生まれた巣に戻るのは当たり前の行動かな・・・この日の最高気温は35度予報。木陰は少し涼しいですが、熱中症を恐れて、30分くらいの撮影で公園を後にしました。あとで聞いた話では私が帰った後、親鳥が小鳥の餌を幼鳥たちに与えていたそうです。朝方は雨で珍しく涼しい日でした。午...蝉はツミ幼鳥の大切なご飯

  • オオヨシキリ・トンボを捕まえる

    昨シーズンから近場の河川敷葦原でオオヨシキリが見られるようになり、昨年は繁殖に成功し、幼鳥も見られました。今シーズンも再び、やって来て、営巣し、無事に雛が孵りました。長い梅雨がやっと開けて、日差しが戻って来た暑い日。そろそろ、オオヨシキリの巣立ち雛が見られる頃です(8月4日撮影)親鳥がシオカラトンボを捕獲後ろから大きな口を開けて、巣立ち雛が登場!オオヨシキリのお子様、「ご飯ちょうだ〜い」とおねだりする・・・親鳥はこの幼鳥には与えず、咥えて葦原に消えました。巣の中にまだ、巣立ちしない雛鳥がいるのかも・・・この後、お預けをくらったこの子は一人で草はらをつついていました。もう、一人で餌取りができるのでしょうね。同じ日のオオヨシキリの数種のショットです。木止まりした幼鳥。いかにも幼鳥らしく、可愛い感じがします。綱渡りし...オオヨシキリ・トンボを捕まえる

  • プルメリアの花が咲きました!

    今朝、プルメリアの花が咲きました。3年くらい前に園芸店で買ったプルメリア。今まで花は咲きませんでした。ところが今年、初めて蕾を付け花開きました。(8月16日午前7時撮影)情熱的な色のお花でした。南国を思わせる色ですねー!東京も連日の猛暑で南国?それ以上?買ったときはどんな色の花が咲くのか気にしていなかったのかな?8月6日撮影購入以来、夏は葉っぱばかりの木に花芽らしきものが、延びているのを発見。かなりワクワク8月12日撮影花芽がハッキリしてきました。8月14日撮影もう少しで花開きそう。日に何度も見てしまいます8月15日撮影もう一息で開花〜!ついに今朝、開花しましたー!8月16日撮影鼻を近づけてみると花は甘い香りがしました。冬は葉っぱも全部落ちてしまい、茎だけになります。家の中の暖かい場所に置いています。主人から「...プルメリアの花が咲きました!

  • みんなでゲットー! カワウの集団採餌

    残暑お見舞申し上げます梅雨がやっと明けたら、猛烈な暑さがやって来ました。マスクをしての外歩きは息苦しくて、買い物以外は閉じこもっています。今年は猛暑とコロナの「特別な夏」ですね。梅雨明け前の先月末、川でカワウたちの集団採餌を見かけました(7月28日撮影)おびただしい数のカワウが帯状になり、一方向へバシャバシャと泳ぎ進みます。遠くでもその騒がしさが聞こえてくるようです。潜ったり、羽ばたいたりしながら、進みます。みんなでバシャバシャしたり、潜ったりしながら、魚を浮き上がらせているのかな?こんなに騒がしい集団が来たら、魚もびっくり!慌てふためいてしまいますね。魚を捕まえた子は逃げながら食べます。そうしないと、後ろの子に取られてしまいます。一頻り泳いだ後は順次、羽ばたいて海の方へと飛んでいきました。集団に気がついてから...みんなでゲットー!カワウの集団採餌

  • ♪チャッ・チャッ・チャッ♪ セッカのさえずり

    「ヒッヒッヒッ、チャッチャッチャッ」と河川敷に響く、セッカの鳴き声。スズメ(14cm)よりも小さいセッカ(13cm)その姿を探しますが、なかなか見つけられません。やっと見つけましたが、少し遠かったです(7月21日撮影)セッカ(雪加):スズメ目/セッカ科/L13cm/留鳥または漂鳥セッカ雄のさえずりは「ヒッヒッヒッ」と空に舞い上がり、下降しながら「チャッチャッチャッ」と鳴きます。小さな体ですが、声は河川敷に良く響きますよ。同じ日、セッカの他にホオジロとヒバリにも出会えました。ホオジロ(頰白):スズメ目/ホオジロ科/L17cm/留鳥または漂鳥今年、河川敷に現れたホオジロ、この日も健在で美しい歌声を聴かせてくれました。ヒバリ(雲雀):スズメ目/ヒバリ科/L17cm/留鳥または漂鳥巣作りの材料集めですね。♪チャッ・チャッ・チャッ♪セッカのさえずり

  • コチドリ幼鳥とイソシギ

    前ブログと同じ日に葛西臨海公園鳥類園下の池で出会えたコチドリ幼鳥とイソシギです(7月12日撮影)コチドリ幼鳥あどけない表情のコチドリ幼鳥。羽を広げました。尾羽も広げて、綺麗です。体の大きさの割りには翼が長いですね。全長16cm、翼を開くと44cmほどだそうです。長距離渡るので翼が長いのです。コチドリ(小千鳥):チドリ目/チドリ科/L16cm/夏鳥イソシギコチドリ幼鳥と似た感じのイソシギ。コチドリより一回り大きい(イソシギ全長20cm/コチドリ全長16cm)餌ゲットー!採ったのは何?イソシギ(磯鷸):チドリ目/チドリ科/L20cm/留鳥コチドリ幼鳥とイソシギ

  • コムクドリ・クロツラヘラサギ

    久しぶりに葛西臨海公園へ鳥撮影に行ってきました(7月12日撮影)今年3月から4ヶ月ぶりです。そろそろ、夏鳥のコムクドリたちが秋の渡りで公園に立ち寄る時期です。例年通り、「鳥類園下の池」のネムノキに群れで止まりました。コムクドリコムクドリ雄鳥類園海側対岸の水路の護岸にクロツラヘラサギがいました。クロツラヘラサギは冬鳥のはずですが・・・?突然現れた水上バイクに驚いたのか、飛んで行ってしまいました。このクロツラヘラサギは風切り羽根の羽先に黒色がないので、成鳥で良いのでしょうね・・・浜辺ではハマボウが咲き始めています。コムクドリ・クロツラヘラサギ

  • ヒバリ

    河川敷には多くのヒバリが住んでいます。空高くに舞い上がり、美しい囀りも聞かせてくれます。最近は梅雨空続きで、河川敷に行っていませんが、少し前に撮影したヒバリの写真です。ヒバリ(6月16日撮影)砂浴びヒバリも砂浴びをするのですね。スズメの砂浴びは数度目撃しましたが、ヒバリは初見。水浴びは綺麗になりそうですが、砂浴びはかえって汚れそう(^^;)砂はジャリジャリしてて、ダニが良く取れるのかな?ブルブルブルと羽繕いヒバリの餌取り(6月30日撮影)子育て中の親ヒバリです。夢中で餌探しをしていました。虫さんゲットー!すぐに飛ぶ。雛に与えるため、巣へ飛んで行ったものと思われます。巣立ちしたばかりの幼いツバメたち(6月30日撮影)河川では巣立ちしたツバメの幼鳥がたくさんいました。少し飛んでは地面で一休みしています。飛ぶ練習をし...ヒバリ

  • 都会のツミ・今年も雛が誕生

    都内の公園で今年もツミの雛が誕生したそうなので、ママチャリで行ってきました(6月27日撮影)周囲のCMさんの話では、4羽の雛が孵ったそうです。2羽の雛はもう、だいぶ成長していました。表情はあどけなくて、黒目が綺麗です。右は母鳥のお尻で、巣の中にいる雛に食事を与えています。この撮影日から十日余り経った、今頃は巣立ちした雛もいる頃でしょうか・・・都会のツミ・今年も雛が誕生

  • カワセミ・求愛給餌

    カワセミの求愛給餌が2回見られました(6月18日撮影)下嘴が赤いメスは移動せず、同じ枝でオスが餌を持ってくるのを待っています。下嘴が黒いオスが餌を咥えて戻ってきました。オスがメスへ餌を渡します一仕事終えたオスはキリッと良い目をしています(^^)2回目の求愛給餌、オスは手前から餌を咥えて登場!オスは給餌を終えるとノンビリしたりと小休止です。短時間で2回のオスからメスへのプレゼント渡しが見られましたが、交尾行動は見られませんでした。無事、夫婦になれたかな・・・?カワセミ・求愛給餌

  • ミヤコドリ・居残り?!

    ミヤコドリは冬鳥なのですが、東京湾では渡らずに夏を越す群れもいます。マイフィールドの河口でも毎年、越夏しているミヤコドリが見られることがあります。今回は8羽のミヤコドリがいました。同時に冬鳥のスズガモも20羽以上の群れが居残っています(6月16日撮影)ミヤコドリ(嘴が赤)とスズガモミヤコドリ、スズガモの水浴びに驚き、飛びのく!「スサー!」とストレッチウミネコ私の近辺では漂鳥のウミネコ。薄茶色の幼鳥たちがやって来ました。コチドリどこで繁殖しているのかな・・・ミニトマト(6月21日撮影)今朝、赤い実を6個収穫。甘すっぱくて、とても美味しかったです🍅インドハマユウずっと前(10年以上)に友人から頂いたハマユウミヤコドリ・居残り?!

  • 高らかな「さえずり」・ホオジロ他

    春になると野鳥たちは美しい「さえずり」を聞かせてくれます。オスはメスへの求愛の為、囀ります。それと自分の縄張りを主張する為に囀るそうです。昨日、河川敷で囀っている3種の野鳥に出会いました(6月16日撮影)ホオジロ美しい囀りが辺りに響き渡っています。枯れ木のてっぺんでホオジロが囀っていました。初めて囀りを聞きましたが、澄んだ綺麗な歌声でした🎶オオヨシキリ河川敷に響く一際大きな鳴き声はオオヨシキリの「ギョギョシー、ギョギョシー」の囀り。美しい囀りとは言えませんが、この声を聞くと「夏が来たー」と感じられます。オオヨシキリも葦原に生えている木のてっぺんで囀っています。ヒバリ河川敷ではお馴染みのヒバリ。春の囀りは複雑で美しい歌声です。歌いながら空、高くまで登ります。天まで届く歌声です♫高らかな「さえずり」・ホオジロ他

  • カルガモ親子連れ

    カルガモが毎年、繁殖している川で今年も親子連れが見られました。このカルガモは4羽の雛を連れていました(6月4日撮影)可愛いですね💕キンクロハジロ本来なら冬鳥のキンクロハジロは繁殖地へ渡ってしまい、今の時期にはいません。ですが、私がここで居残っているキンクロハジロを見るのは今年で6年目です。多分、毎年、同じ個体だと思います。体の一部(多分羽?)が悪くて、渡らないのでしょうか・・・長い間、この川で暮らしているので、それなりに生きる術を持っているのでしょうね。🥒🥒🥒🥒🥒🥒庭の植物です🌺🌺🌺🌺🌺🌺キュウリ、初収穫です。2株の苗から各一本づつ採れました(6月5日撮影)ナツツバキ(6月9日撮影)紫陽花(鉢植え)・・・6月9日撮影カルガモ親子連れ

  • ツバメの泥集め

    春に渡ってきたツバメは今、巣作りや子育ての真っ最中です。河川敷のわずかな水たまりの泥を「咥えては飛び、咥えては飛び」と巣作りのため、何度も繰り返していました(6月2日撮影)泥と一緒に枯れた草も巣作りには必要なのですね。着地〜!スズメが僅かな水たまりで水浴びし、ビショビショですくさ原で一休み川には冬鳥のカンムリカイツブリがまだ、いました。もう間も無く、河川敷にツバメの巣立ち雛が降りてくると思います。親に餌をもらったり、飛行訓練をしたりする様子が見られます。ツバメの泥集め

  • まだ、いた! 「旅鳥のシギ」

    久しぶりに広々とした海が見たくて、東京湾までママチャリ漕ぎましたもう、いないと思っていたシギが3種見られました。予想外のことでワクワクしながら、撮りました(5月30日撮影)チュウシャクシギキアシシギは3羽いました。キョウジョシギキョウジョシギは群れでいることが多いので、1羽でいるのは意外。肉眼では気が付きませんでしたが、PCでトリミングして見ると右足の踵から下が欠損しています。1羽でいるのは仲間と一緒に行けなかったのかな?片足が不自由でも餌取りもできるし、なんとか生き抜いてほしいものです。この後、人が接近してくると飛んで行ったので、羽は問題なさそうです。コチドリこちらは上の個体とは別のエリアにいたコチドリたち縄張り争いをしていました。逃げる相手を鳴きながら、しつこく追い詰めていましたよ(^^)春の渡りのシギは今...まだ、いた!「旅鳥のシギ」

  • 久しぶりの探鳥「ヒバリ、オオヨシキリ」

    東京の緊急事態宣言は昨日(5月26日)解除されました。そこで早速、マイフィールドの河川敷まで探鳥しに行ってきました(5月26日撮影)春の渡りのシギ・チドリが何か、いるかなと期待しましたが、もう、渡ってしまったようで、その姿は見られませんでした。葦原にやって来る夏鳥のオオヨシキリは今年も見られました。2羽同時にいました。両方ともオスなのかオス、メスなのかは判断がつきません。ヒバリが美しい囀りを聞かせてくれました。揚雲雀、青空だったら、良かったのに・・・久しぶりに野鳥を探して、撮影し、楽しかったのですが、なぜか、とても疲れてしまいました。ずっと、家に閉じこもっていて、体力が落ちたのかな(^^;)公共交通機関で行きたい探鳥地が数カ所あるのですが、今は我慢です。当分の間は自転車と徒歩での探鳥です。河川敷に咲いていたシロ...久しぶりの探鳥「ヒバリ、オオヨシキリ」

  • 自粛中なので庭の植物を撮りました。

    今日、大阪府などの関西では緊急事態宣言の解除されました。東京など首都圏と北海道はまだ、継続となりましたね。野鳥撮影はできていないので、庭で撮った植物などです。ギボウシ・・・緑が綺麗です(4月16日撮影)ハナミズキ(4月22日撮影)ハナミズキは木の上に向けて咲くので、二階から撮りました。アゲハチョウがハナミズキの花の蜜を吸っています(5月1日撮影)キヌサヤの花(4月28日撮影)20個以上の実が採れました(5月7日撮影)毎日、このくらいの数の実が採れて、美味しく食べました。今は葉にたくさん虫がついてしまい、実もあまり成らなくなりました。ヒメウツギ(4月30日撮影)シャクヤク(5月10日撮影)9個の蕾が見事に咲いてくれました。今はもう、枯れてしまい、刈り取りました。名前を忘れてしまった白い小さな花(5月10日撮影)シ...自粛中なので庭の植物を撮りました。

  • アオバズクの羽根かな?

    前ブログは今年のお正月の事でした。今回はさらに年を遡って、昨年の夏のことです。昨年(2019年)7月二十日過ぎ頃、アオバズクの雛が巣立ったとネット情報で知りました。早速、現地へ行って見ましたが、残念なことに親子は移動した後でした。それでも、どこかにいないかなと付近を探すと、一枚の大きな羽根が落ちていました。アオバズクの羽根に違いないと思い、拾って来ました。ネットで調べると、この羽根はアオバズクのものに似ています。はっきりとは確証はできませんが、アオバズクの羽根だと思います。約26cmの長さなので、風切り羽根なのでしょうか?親子の姿が見られなくて、ガッカリした私にアオバズクが残していってくれた贈り物だと、勝手に想像しています(^^)このアオバズクは2019年6月6日に撮影しました。雄が「付近の樹洞で抱卵している雌...アオバズクの羽根かな?

  • 今頃になって、アップします。

    2020年1月11日撮影今年の始め、高尾山近くの場所へ「コノドジロムシクイ」という珍しい野鳥を見に行って来ました。川沿いに居るものだと思い込んで行きましたが、実際に居たのは川から一本、脇道を入った住宅街。行って見てびっくり!大勢の・・・約50人ほどのCMさんがカメラを構えて撮影していました。狭い道路の住宅街での撮影はまずいと思いつつ、数カット撮りました。コノドジロムシクイ(小喉白虫喰):スズメ目/ズグロムシクイ科/L14cm/迷鳥珍鳥は15分〜20分で現場を離れました。せっかく遠くまで来たので、同じ京王線沿いの「高幡不動尊」へお参りに。高幡不動尊は成人するまで住んでいた市内なのでとても懐かしくお参りしました。「密です!」この頃はコロナなど想像もできなかった、幸せな時期でした。五重塔<高幡不動尊ハイキングコースで...今頃になって、アップします。

  • スズメの水浴び

    未投稿の写真がありましたー。親水緑道を散歩中にスズメちゃんが水浴びしていました(3月9日撮影)先日、買い物途中の公園で黄緑色の桜の木を見つけました。咲いている時期や黄緑色の花からこの桜は「御衣黄桜」だと思います。スマホのカメラで撮りました(4月10日撮影)スズメの水浴び

  • 庭の花など

    庭で咲いた花を撮り溜めていました。野鳥を撮りに行けないので、花を撮りましたが、野鳥より難しいです(^^;)ラッパ水仙(3月12日撮影)小さい花の水仙(ミニ水仙)(3月12日撮影)花桃(3月23日撮影)ムスカリ(3月30日撮影)ハナニラ(4月3日撮影)チューリップ(4月3日撮影)葉牡丹の花(4月3日撮影)黄色いカタクリの花(4月12日撮影)我が家で採れたほうれん草(3月30日撮影)冬に蒔いた(昨年のいつだったか?)ほうれん草の種。少し頼りないけど、ちゃんとほうれん草になりました(^^)この日は2回目の収穫でした。*お詫び昨日アップした「シジュウカラ」の記事は都合で未公開とさせていただきました。「いいね。」などを押して応援いただいた皆様、お詫びと共に御礼申し上げます。庭の花など

  • ヤマガラと間違えた!! 「 シジュウカラ」

    前ブログと同じ日、親水緑道にヤマガラが来たー!と喜びました(4月5日撮影)肉眼ではオレンジ色の小鳥が来たので、「ヤマガラ」だと思いました。撮った画像を見ると胸がオレンジ色のシジュウカラでした。なぜ、胸が薄オレンジ色なのかわかりません。ネットで調べましたが、ヒットしませんでした。こちらは普段見慣れている胸が白いシジュウカラ。上の胸が色づいているシジュウカラとは違いますよね。この普通のシジュウカラと胸がオレンジ色のシジュウカラは一緒に行動していました。近くの川には夏羽に変わりつつあるユリカモメがいました。この足環は行徳野鳥観察舎でつけられたのかな?ここの野鳥は「緊急事態宣言」が出される二日前に早朝散歩で撮影しました。4月7日に緊急事態宣言が出されてからは散歩も行ってません。なんの懸念もなく野鳥を撮っていた日々がはる...ヤマガラと間違えた!!「シジュウカラ」

  • 名残の桜とオナガ

    先ほど、「緊急事態宣言」が発令しました。今が踏ん張りどころということです。この後は「スティホーム」買い物以外は家にいるようにします。「緊急事態宣言」前、近場の早朝散歩で撮った名残の桜とオナガです。オナガ(4月5日撮影)ヒヨドリ(4月3日撮影)4月5日撮影今晩はスーパームーンとのこと。コンデジで撮ってみました。明るくて大きなお月様を見て、気持ちも明るくなりそうです。名残の桜とオナガ

  • 今季、庭に来たメジロ

    前ブログではシジュウカラ、今回は今シーズン、庭に来たメジロです。いつも2羽で一緒にミカンを食べにやってきました。ご夫婦かも水浴び虫を捕っていました。シジュウカラと一緒に水を飲んでいました。ヒヨドリはミカンの皮まで食べちゃいましたよ(^^)メジロも3月半ばまで、毎日のように来ていましたが、その後は姿を見せなくなりました。桜の蜜などを吸いに行ったのでしょうね。今季、庭に来たメジロ

  • 今季、庭に来たシジュウカラ

    最近、外出していないので、新しい写真がありません。まだ、アップしていない写真を投稿させていただきます。昨年12月から最近まで庭でシジュウカラに餌付けしていました。ペットボトルにひまわりの種を入れてます。多い時は5羽くらいのシジュウカラが入れ替わり立ち替わり、種を食べに来ていました。朝、雨戸を開けるのを待っていて、ツピツピと餌をねだっているように鳴いていました。最近は一時ほど頻繁には来なくなりました。毎年のことですが、4月になると来なくなります。餌が種から虫などに変わるのでしょうかね?今シーズン、綺麗な鳴き声と可愛い姿を楽しませてもらいました。今季、庭に来たシジュウカラ

カテゴリー一覧
商用