searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE

matsuさんのプロフィール

住所
カナダ
出身
奥州市

自由文未設定

ブログタイトル
ひぐらしフライ
ブログURL
http://flycanada.jugem.jp
ブログ紹介文
バンクーバー島のトラウト、サーモン、スティールヘッドのフライフィッシングについて書いてます。
更新頻度(1年)

14回 / 365日(平均0.3回/週)

ブログ村参加:2013/11/05

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、matsuさんの読者になりませんか?

ハンドル名
matsuさん
ブログタイトル
ひぐらしフライ
更新頻度
14回 / 365日(平均0.3回/週)
読者になる
ひぐらしフライ

matsuさんの新着記事

1件〜30件

  • バレ癖が治らない

      スークリバー、一日置いてまた出掛けてきました。この下流域のプールに大量のサーモンがスティしているのは、ちょっと珍しく、普通は上流に向かうのですけど、この遅れてきたグループはこのままこの浅瀬のプールでペアリングを行うの

  • 雨がサーモンを引き上げたスークリバー

      二日程、まとまった雨が降ったヴィクトリア。はたして雨が呼び水となって、シーズン前半、少なかったサーモンの数が増えているのか、スークリバー。というわけで土曜日の午前中、再びスークリバーへ。通常、スークリバーのシーズン後

  • 島の日本人フライフィッシャーたち

    島の日本人フィッシャーのサーモン釣行のリポートが私のところに送られてきているので、今回はそれを紹介します。キャンベルリバーのH君とナナイモのKさん。私のブログを通じて知り合ったバンクーバー島の日本人フライフィッシャーの仲間達ですね。H君は私

  • 回復の兆し、スークリバー

      1週間ぶりのスークリバー。この日は早めに家を出て、朝7時半には川に到着。明日がサンクスギビングデーなので、川はサーモンで埋まり、また釣り人も3連休ということで非常に多くなるというのが、例年の光景なのですけど、今年はや

  • 残念なスークリバー、自作のシャンク

      週末、再びスークへ。朝完全に出遅れて、川に着いたのが9時を過ぎてました。うーん、もしサーモンの数が増えてなくて、釣るスポットが少ないと土曜日ということもあり、ちょっとキツイかなと思いながら、準備をして川へ降りてきます

  • スークリバー、初日

     今年初めてのスークリバーへ。今年、島中央部の川はシヌークサーモンの遡上が遅れているのか、数の少ないのか、釣りの状況としてはどうも芳しくない模様。そうこうしているうちに月末になり、スークにサーモンが入ってるとの情報が入り、午前中だ

  • 空振りだったLQリバー

      先週、LQ(リトル•クィルカム)リバーへ行った釣り仲間サムからの情報では、まだ川にはシヌックは入っていないとのこと。今週は雨も降ったし、大丈夫だろうと土曜日に出掛けてきました。ブリッジ脇に車を止めて、キャン

  • 北のシヌックサーモン、新しいロッド

     先日、カウチンへトラウトの釣りに出かけたのですけど、川の水位がとても低く、釣りのポイントが限られてしまい、早い流れで小振りなレインボーを2匹釣っただけに終わってしまいました。島の気候はまだ完全に夏モードで水温も高く、雨もかなり長

  • 2020 Eve River #3

    最上流のプール先端。ここから中盤までがフィッシングスポット。  2日目の昼頃、二人の日本人フィッシャーはキャンプ場を離れ、その後の3日間は単独釣行となりました。朝6時半に起きてコーヒーを淹れて、ランチ用のサンドイッチを作

  • 2020 Eve River #2

    プールのサーモンは産卵のためにボディが変化している。この終盤の時期はフレッシュな個体はもう少ない。  初日の午後、釣り始めたのはアッパーコーナープールで、ここのプールは一見サーモンの数がやたら多いので釣り易いと思ってしま

  • 2020 Eve River #1

      8月恒例、3泊4日のイヴリバー釣行、無事戻ってきました。昨年、サーモン遡上の数が少なく釣りにならず一晩で帰ってきた私は、今年のイブリバーに期待する気持ちはとても高かったのですけど、事前情報どうり、今年は十分な数が遡上

  • ワンダフル、SIMMS

       2年ほど前に買ったSIMMSのウェイダーが両足首の付け根あたりから、ジワジワと水が染み出して、時折補修剤などを塗ったりしていたのだけど、問題は解決されてきませんでした。私の場合、今は冬場の釣りはしていない

  • 再びキャンベルリバー

      前回の釣行から約10日が過ぎました。来週にはイヴリバーへ釣りキャンプへ行くので、今週は大人しくフライの準備でもと思ったのですけど、気持ちの良い安定した夏の陽気に誘われて、再びキャンベルリバーへ。なんせ、週2日だけ働い

  • 2020年、最初のサーモン釣行

       本当に久しぶりのブログ更新となります。2年ぶりくらいでしょうか。釣りはやっていたのですけど、写真の方のブログに時間を取られてしまい、こちらの釣りブログの方は放置状態になっていました。ところが、アクセス数を

  • ブログ、引っ越します

       みなさま、ご無沙汰しております。 ここのところ写真の活動に時間を取られて釣りに行くことが出来ず、このブログも更新出来ていない状況が続いてました。ただ8月から10月のサーモンの釣りに関しては例年通

  • 最終便のサーモンにはエッグパターン

      ここのところ雨の日が続くバンクーバー島。釣行前夜もかなりの強い雨が降りましたが、朝方、何とか止んでくれたので、釣り場へ向かうことに。天気予報では、降ったり、止んだり、晴れ間が出たりと、いつもの気まぐれな島のお天気パタ

  • サーモンは光りモノが好き

       1週間ぶりのスークリバー。10月も下旬に入り、スークリバーの河畔の紅葉がピークとなっております。サンクスギビングの後から連日快晴が続いており、雨が一切降ってません。早朝こそ気温は5、6度まで落ちるのですけ

  • ラインの重さ、メーカー推奨を信じるな

        通常、サーモンの釣りがピークのこの時期、週2回ほどは川へ向かうのですけど、さすがに先週の爆釣の後は心身の疲れもあり今週は丸々休むことに。身体を休め、補充するフライを巻きながら、もし大型サーモン

  • トランス状態

       再びスークです。やっと単独釣行。川の状態はピークで釣り易いというのは知ってたのですけど、結論から言うと自己最高、記録的に釣りました。朝の8時から午後3時まで、昼まで20匹ほど、後は数えてませんので分かりま

  • トラウト用#5スイッチロッドで大型サーモン

      この日の釣行も連れがありました。ロジャーとローンでボートフィッシングの仲間。私は時々サーモンのオーシャンフィッシングに誘われて海に出るのですけど、ブログの方には一応フライの話を中心ということで一切その海釣りのエピソー

  • 素人フィッシャー、サーモンに挑戦 その2

      素人サーモンフィッシング2日目は、秋晴れの広がる素晴らしい天気に恵まれました。10月に入ると島は雨が次第に増え、雨季に入ります。晴れの日が続く夏場とは違い、その天候は予測できません。さて、前回素人2人組は仲良く1匹づ

  • 素人フィッシャー、サーモンに挑戦

      今回もまたまたゲストを伴ったスークのサーモン釣行です。日本からのゲスト2名で、二人とも全くフライをやったことが無いという正真正銘の素人フィッシャーということなります。何でそんなど素人がわざわざ日本からカナダへサーモン

  • 日本の源流イワナ師、サーモンに挑戦

       スークリバーの釣行2回目。この日は、私にしては珍しくゲストをお連れしました。ブログを通じて連絡を下さった日本人のIさんで、今現在、1年間の予定で英語勉強のためにビクトリアに滞在してます。仕事をリタイヤして

  • サーモン用のウーリーバーガー

      先日、フライに対して超セレクティブだったサーモンは、チャートリュースのウーリーバーガー系フライのみに反応しました。実はこのことは私の今期の計算をかなり狂わせてしまうのです。昨年、グリーン系はほとんど使わず、もっぱらブ

  • スークリバー、 初日

        先週、LQでの釣りが不発だったので、今週は心機一転、釣り場を変えることにしました。ちょうど、一昨日、スークの釣り人Dougからメールがあり、ピークにはまだ早いけど、ボツボツ釣れ始めているよ、と

  • オーラのない川

       ナナイモのサムからLQ riverにキングサーモンが入ったとの連絡があり、早速、行って来ました。今年も8月中旬のピンクサーモンの釣りから約一ヶ月のブランク。10月にフライ未経験のおじさん二人がサーモンを釣

  • フライでサーモンを釣るために その3

      シリーズの最終回。今回は「フライの選択」の話と「バイトのオンオフ」の話です。初回に別項目でお題を立てたのですけど、この二つのトピックは実は関連性が深いので一緒にまとめます。 川の底を取るためのラインのセッテ

  • フライでサーモンを釣るために その2

      前回、フライがサーモンの層に届くラインシステムの話をしました。今回はそのフライの見せ方です。 まずサーモンに関する基本的な知識をちょっと確認。川でのサーモンは基本的に食を断ちますので、フライを食の対象として

  • フライでサーモンを釣るために その1

      サーモンが川に沢山いるのに釣れない人、こちらでも割と多いです。先日も、北の川で他のフィッシャーと話をする機会があったのですが、サーモンの群れを前にして、全くバイトが取れずかなり落ち込んでおりました。私は日本ではサーモ

  • サーモンキャンプ 2018 その3

        2日目の朝から3日目最終まで、ほぼこの上流のスポット一箇所で釣ってました。まあ、50メートルほどのランなので上行ったり、下行ったり、メインの群れを休ませるために、さらに上流の小さなプールへ出か

カテゴリー一覧
商用