searchカテゴリー選択
chevron_left

カテゴリーを選択しなおす

cancel
プロフィール
PROFILE
ブログタイトル
旅人の気ままな独り言
ブログURL
http://gurasapo.blog.fc2.com/
ブログ紹介文
18きっぷを中心とした鉄旅とサッカー観戦(名古屋グランパス)が趣味のオヤジです。
更新頻度(1年)

88回 / 365日(平均1.7回/週)

ブログ村参加:2013/11/02

本日のランキング(IN)
読者になる

新機能の「ブログリーダー」を活用して、半島のタカさんの読者になりませんか?

ハンドル名
半島のタカさん
ブログタイトル
旅人の気ままな独り言
更新頻度
88回 / 365日(平均1.7回/週)
読者になる
旅人の気ままな独り言

半島のタカさんの新着記事

1件〜30件

  • 餘部駅を出発

    山陰・鬼太郎と空の駅を巡る旅 その21山陰本線・餘部駅を去る時間が来ました。城崎温泉行列車に乗り込みます。餘部駅には、初めて下車しましたが、ここでの1時間は、実に有意義に過ごせました。ホーム上には、たくさんの人がいますが結局、列車に乗ったのは、私を含めもう一組の親子連れだけでした。如何に、この場所に車で訪れ、列車の時間に合わせ、ホームに来る人が多いことか。それもこれも、この駅が観光地化されしかもエ...

  • 空の駅・あまるべ③

    山陰・鬼太郎と空の駅を巡る旅 その20山陰本線・餘部駅で下車し、散策路を使い下界にいます。旧橋脚が残され、立派な公園として生まれ変わっています。その為、圧倒的に列車で訪れる人より車で来る人が多い場所となっています。これは、嬉しい事やら、寂しい事やら鉄道ファンは微妙な気持ちになりますね。すぐ目の前の日本海が見える場所にやってきました。上空の駅のホームから見た景色ですがここからも、美しい海が広がります...

  • 空の駅・あまるべ②

    山陰・鬼太郎と空の駅を巡る旅 その19餘部駅で、次の列車待ちまでの時間を使い下に降りて行ってみます。空の駅が完成してから出来たと思われる散策路を使い歩きます。上りなら歩く事をためらいますが、下りですので、問題なく歩けそうです。散策路の途中ですが、橋の全体が見えます。旧橋脚がまじかに。橋を残すにあたり、塗装も施したでしょうが綺麗ですね。中間あたりから見える、日本海の風景です。上空の餘部駅から歩く事、...

  • 空の駅・あまるべ

    山陰・鬼太郎と空の駅を巡る旅 その18山陰本線・餘部駅です。景色が絶景で、幾たびも写真集にも出る有名駅です。いつもは通過するだけの駅でしたが、今回の旅にあえて加えて見ました。鳥取から来た、『山陰ジオライナー』は豊岡に向け、出発していきます。今から、約1時間程、駅を楽しみたいです。ホーム上から、鳥取方面を写しています。この写真から、右側を見なければ、本当に山の中にあるポツンとした何もない駅に見えます...

  • 『山陰ジオライナー』で出発

    山陰・鬼太郎と空の駅を巡る旅 その17それでは、この鳥取駅から快速『山陰ジオライナー』豊岡行きに乗り込みます。8:56 鳥取駅  →  9:46 餘部駅高架駅の鳥取を出発すると、下りが続きあっという間に、都会から田畑が見える田園風景です。東浜海岸付近になると、列車は徐行してくれます。素晴らしい日本海の風景が目の前に。この駅で、鳥取行き列車とすれ違いやはり、あっちの列車の方が旅は似合いますね。その後も、日本...

  • 鳥取駅に到着

    山陰・鬼太郎と空の駅を巡る旅 その16全ての線路に列車が止まる賑わいを見せた無人駅である泊駅でしたが、ようやく、鳥取に向け走り出します。日本海が見え隠れしながら列車は進み、現在、宝木駅を過ぎ、水尻湖の横を通過中間もなく終点の鳥取駅に停車しました。米子から、2時間半以上かけやってきました。この駅からも先に進みますが、乗り換え時間が20分以上ある為、気分転換に外へ快晴の鳥取駅前です。久しぶりにこの地に...

  • 泊駅にて

    山陰・鬼太郎と空の駅を巡る旅 その15倉吉駅に停車していた、普通列車・鳥取行きは出発します。倉吉から二つ目の泊駅に着きました。何もなさそうな風景ですが、構内は広いです。ここでも、少し長めの停車時間がありました。さっそく、辺りを動き回ります。この列車、朝の早い時間帯の為、乗客は多くありません。その為、気軽に外に出ることが出来ます。駅の外にも出ましたが、本当に田舎町の駅です。地図で調べると、日本海も近...

  • 名探偵コナンを窓越しに、倉吉へ

    山陰・鬼太郎と空の駅を巡る旅 その14鳥取県琴浦町にある赤碕駅に停車しています。駅のホームからも、雪を頂いた大山がくっきり見えています。4分間停車の後、出発します。しばらく進むと、赤碕漁港が見えてきます。朝の静かな漁港には、漁を終えた船が数隻見えました。由良駅に止まりました。別名「コナン駅」ということもあり、駅前には、名探偵コナン君がいます。子供が幼き頃、一緒にテレビを見ていましたしマンガ本も集め...

  • のんびりと朝の山陰本線を

    山陰・鬼太郎と空の駅を巡る旅 その13辺りは明るくなり始めていますがまだ、陽が昇る前の淀江駅に停車中。米子を出て、何分も立っていませんが、ローカルな景色が広がり8分の停車時間を終え、鳥取に向け進行方向、右手からはようやく朝日が顔を覗かせ本日も快晴なり大山口駅を過ぎると、遠くには日本海が風力発電も見え日本海は、基本的に風が強いので最適でしょ。右側の車窓は、過ぎゆく大山が右に左に車窓を眺めるのに、忙し...

  • セントレア対岸にて

    GWのある日、初夏の陽気に誘われて少しだけ人と会う為、出掛けた先早く到着した為に近くのセントレア対岸で海と線路を眺めていました。自粛の為、飛行機の離発着もほとんど見られずのんびりとした時間が過ぎただ周りでは、釣り人がちらほらと。名鉄電車が、セントレア大橋にやってきました。今度は、「特急・ミュー・スカイ」が。こんなことをしていると、あっという間に時間に外出自粛要請で、どこにも行けませんでしたがいい意味...

  • 米子駅を出発

    山陰・鬼太郎と空の駅を巡る旅 その12久しぶりの鉄旅、米子で二日目の朝を迎えました。さっそく旅の行動を開始です、今回の旅、正直、コロナウイルス拡大の影響が出始め徐々に自粛ムードが高まっていた時期です。鳥取周辺は、この時、まだ感染者もなく良かったのですが4月以降の状態を見れば、とても旅をする状況ではありませんでした。私が保菌者ではないという保証もありませんし患者が多い県から出かけていることもあり申し...

  • 再び、米子駅へ

    山陰・鬼太郎と空の駅を巡る旅 その11境港駅周辺の鬼太郎ワールドを見て帰りの列車に向かいます。時間が夕方なのか、コロナの影響かわかりません、水木しげるロードの方を眺めますが、人通りは少ないです。私も、この手に興味があったのなら、街を伺おうと思いましたが時期が時期ですから、このまま戻ります。16:21 境港駅  →  17:04 米子駅行きは見れなかったのですが、米子鬼太郎空港です。境線は、はぼ直線に線路が引...

  • 妖怪の街 境港

    山陰・鬼太郎と空の駅を巡る旅 その10初めて乗車した境線で、終点の境港駅にやってきました。別名、鬼太郎駅とも言います。もちろん、この地に降り立つのは初めてです。どんな鬼太郎ワールドが、待っているのかな。駅を出て、すぐ前には境港市観光協会が入ったフェリーターミナルがあります。建物の壁いっぱいに、妖怪たちが描かれています。もちろん、鬼太郎も乗客の皆さんをお出迎えヨッ!街灯も目玉おやじでした。ここは、さ...

  • 妖怪列車に乗車

    山陰・鬼太郎と空の駅を巡る旅 その9米子駅0番線の境港行き列車です。この列車で、初めての境線を楽しみます。15:27 米子駅  →  16:12 境港駅車内も鬼太郎に出てくる妖怪たちが天井いっぱいに広がります。米子から15分、この弓ヶ浜駅に止まりました。ここで、対向列車待ちをします。のどかな場所に駅はあります。正直、ここまではあまり車窓に見どころがありませんでした。人が多いのもありますが、なんとなく乗ってい...

  • 米子駅0番線ホーム

    山陰・鬼太郎と空の駅を巡る旅 その8始発の地元駅を出発し9時間半、米子駅にいます。0番線ホームに向かいます。まずは、ねずみ男がお出迎え。幾度となく訪れた、山陰の交通の要所この米子駅ですがなかなか堺線は乗車する機会がなく、ようやくこの日が初めてでした。もちろん、”おい鬼太郎♪”もいます。このセリフが分かる人は、同世代でしょう。ちらっと、以前この場所に来た時、ホームの上にある、この妖怪モニュメントは知っ...

  • 桜と蒸気機関車

    丁度、桜が満開だった1か月ほど前ある公園に桜現物に出かけてきました。そこで目にしたものは、公園の入り口付近に、なんと蒸気機関車が。もちろん知らずに出かけましたので、思わずサプライズが。まさに偶然の出会いでした。なかなか手入れも施され、保存状態も良好に見えました。思わぬところで、SLとの出会いがあると嬉しいものですね。その名は、D51型499号走った距離は、205万キロ 地球51周の距離だそうです。や...

  • 伯耆大山を見ながら米子へ

    山陰・鬼太郎と空の駅を巡る旅 その7鳥取県にある生山駅に停車していた伯備線列車は米子に向け出発します。車窓に日野川を見ながら、本当にのどかな場所を走っています。実にのんびりしていて、いい感じです。前方には、大山が見えてきました。素朴な風景が広がります。伯耆大山が、まじかに見えてきました。伯備線や山陰本線に幾度となく乗車してきましたがこんなにきれいに大山が見えたのは初めてです。本当に富士山に形が似て...

  • 米子に向け出発進行!

    山陰・鬼太郎と空の駅を巡る旅 その6岡山県の内陸部にある新見駅で約40分程過ごし、次は、米子行きに乗車です。列車は2両編成で、やってきました。13:24 新見駅  →  15:14 米子駅後ろの車両に乗り、2時間程かけ、のんびりと山陰に向かいます。新見を出て、しばらくすると信号停車しました。特急列車通過待ちのようです。数分停車していると、横を『特急・やくも』が通過していきました。芸備線と伯備線が交わる、この...

  • 菜の花とデンシャ

    4月のある日、所用である場所に出かけたところ、すぐ近くに、菜の花が咲き線路がありました。その線路とは、養老鉄道線でした。踏切の音と共に、カメラを持ち出し普段滅多にしない撮り鉄をしてみます。へたくそな写真ですが御勘弁を。でも撮りだすと、意外と面白いですね。あえて場所は言いませんが、遠くには近鉄も見えます。15分位立ち、再び、列車が見えます。あっという間に、電車は通り過ぎていきました。面白かったですが...

  • 新見駅にて

    山陰・鬼太郎と空の駅を巡る旅 その5新見駅です。岡山駅からやってきた列車前方のサポは、すでに新見から岡山に変わり、準備万端です。取りあえず、この駅での乗換時間が40分程あるので一旦、駅の外に向かいます。私の乗車してきた列車の乗客の大半が、芸備線に乗り換えるようでホームの上は、この駅には珍しく混雑しています。確かに駅で降りる人は、ごく僅かでしたね。駅前にある食堂で、昼食です。この食堂、私と同じように...

  • 岡山からは伯備線に

    山陰・鬼太郎と空の駅を巡る旅 その4岡山駅です。ここからは、伯備線に乗車し山陰地方を目指します。そういえば、幾度となく乗ったことのある伯備線ですが太平洋側から日本海側に向かうのは初めてかな。11:14 岡山駅  →  12:47 新見駅岡山から、倉敷までは山陽本線を通り倉敷を過ぎると、右手に大きく迂回し伯備線になります。しばらくすると高梁川にぶつかり、山陽自動車道、山陽新幹線の高架の下を通過。総社駅です。井...

  • 姫路からは、のぞみで

    山陰・鬼太郎と空の駅を巡る旅 その3米原駅から新快速に乗車し、姫路までやってきました。この姫路に降りたのには訳があるのです。大阪方面からは、『特急スーパーはくと』も到着。車内を覗いて見ましたが、かなり少ない乗客で。駅前に出てきました。目の前には姫路城が。ここも久しく行っていませんね。新幹線ホームにやってきました。実は、岡山から先の列車で、11時14分の列車に乗りたいがために、姫路ー岡山間をショートカッ...

  • チューリップ祭

    雨上がりの休日、ぶらりと岐阜県にある木曽三川公園にチューリップ祭が開催ということで、出掛けました。砺波のチューリップ祭が有名ですが、この場所でも、なかなか見事に咲いています。もちろんチューリップ以外の花もあります。無学ですので、花の名は知りませんが・・・この公園、展望台もありますがにっくきコロナウイルスのせいで、中には登れません。上から見る景色も期待できるのですが。チューリップもいろいろな種類があ...

  • 久々の新快速を満喫

    山陰・鬼太郎と空の駅を巡る旅 その27:46 米原駅  →  10;18 姫路駅それでは、米原から2時間30分西日本自慢の新快速に乗り、西に向かいます。次の彦根駅では、近江鉄道の車両が見えます。ここも、まだ未乗車会社ですから、いつかはと思っています。野洲周辺では、新幹線と平行に走りますから競争できます。もちろん勝てませんが大阪湾が見え、須磨の海釣り公園あたりを走行中次は、光に反射して見づらいですが明石海峡大...

  • 久しぶりの鉄活動

    山陰・鬼太郎と空の駅を巡る旅 その1昨年の夏以来、久しぶりに18きっぷでの旅ができます。年末も鉄旅を計画していましたが、病に伏せ断念していました。体調も戻り、嫁を説得して、本日から動きだします。時は、3月の三連休の初日20日がスタート。いつもの如く、この時間だけは譲れない、金メダルの街を謳う早朝の最寄り駅。今回は、コロナウイルスが発生していない山陰地方を目指すということで、西に向かいます。未乗車路線...

  • 二週続けて

    春の陽気に誘われて、なぜか2週続けて梅鑑賞に。車を走らせること約2時間お隣の県まで足を運びました。まあ、それだけ1月2月と暇を持て余していたのですがよく言えば、ここまで体力が戻ったということでしょうかね。ここは、バランスよく紅白の梅が連なります。もちろん初めての場所で、写真を撮るには丁度いい人の数でした。先週の場所でも思いましたが梅の花もよく見ると、今流行りのインスタ映えしますし近くで見れば見るほ...

  • 再開

    ご無沙汰です。久しぶりにブログを再開します。持病が再発して、少し暗黒の世界を彷徨っていましたが無事に生還してきました。今後も『旅人の気ままな独り言』を宜しくお願いします。今年の冬は暖冬で、2月の後半には春の陽気でした。その暖かさに誘われ、体力作りも兼ねて地元の梅まつり会場に出かけてきました。この頃には、身体も至って元気になりどこかに出かけたくて、うずうずしていましたね。梅の花は、桜と比べて少々地味...

カテゴリー一覧
商用